PCとPDAの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今年に入ってから、頻繁に記事投稿時のエラーが続き、思い切ってMovable Typeのバージョンを上げがてら新規に設定したにもかかわらず、状況は改善されません。
なんの問題もなく投稿できており、システムの入替なども全く行っていなかったのに突然エラーが頻発するようになり、最近では新規の記事の投稿自体が苦痛になってきています(そのわりには、頻度は以前よりも上がっているのですが)。

まったくゼロから設定し直せば何とかなるのかもしれませんが、記事投稿やレイアウト変更のたびに長時間をかけて再構築を必要とするシステムそのものが無駄ではないか、という結論に達しました。
ためしにWordpressを導入し、これまでの記事をすべてインポートしてみたところ、ほぼ問題なく動いているようです。サーバの処理能力の問題か、記事投稿時に多少もたつくことはあっても、数時間にわたって何度繰り返してもエラーメッセージを返し、しまいにはLaCoocan自体のエラー表示(ページが存在しない)を返してくるようなことはありません。
投稿だけでなく、レイアウト変更やデザイン変更などでも再構築がないぶん、気軽に修正できますし、精神衛生状態編よろしいように思えます。

時間が十分にあれば、サーバの設定を一からやり直すなり、WEBで情報を集めて解決策を探るなりといったことができるのでしょうが、そういうわけにも行きません。
そんなわけで、今後はWordpressで運用しているほうをメインに更新していきます。

 引越先「d-mate weblog」(Wordpressによる運営)

このブログの読者の80%はGoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果からのものです。
したがって、旧記事は消さずにそのまま残しておきます。以前にもXREAからこのLaCoocanに引っ越したことがあるのですが、検索結果が新しいものに入れ替わるのに、だいたい1年以上かかりました。たぶん今回もそうでしょう。
引越が落ち着くころに、今度はWordpressで問題が発生しないことを願うばかりです。

下記で簡単に紹介したWEBサービス「Things」に10月2日にログインしてみると、見た目がすっかり変わって、グレーとブルーを基調としたデザインになっていました。
画面左上のロゴも、「Somethings」に変わっていて、まさに一新した感じです。

 Thingsというサービスを試用中です
 Firefoxのスタートページにしている4つのWEBアプリケーション

ただし、ボタンの位置や機能などは全く変化していないので、使うぶんにはなんの問題もありません。見た目が変わってちょっと慣れないのと、全体にハードで暗めの印象になったのとで、とまどいはありますが。
変化の理由ですが、ようはデスクトップアプリケーションの「Things」とは別物である、ということを明らかにするためのようです。勝手に似せたWEBサービスをスタートして、「提携できなかったのはぼくらのせいじゃないよ」って言っているようにも見えるんですが(苦笑)。なんにせよ、良いサービスに仕上げていってほしいですね。

 Our recent updates(Thinkers)

企画の仕事にいると(といっても「企画」にもいろいろですが)、普段の仕事ではそう多くの締切に追われるわけではなく、数ヶ月とか半年の期間で進めるものが多いです。
このため、ある程度のスパンで何らかのマイルストーンを設定しておかないと、ギリギリになってから「あ、あれやっておけば良かったのにもう間に合わないよ!」と後悔することになります。というか、何度も後悔してます。
GTDという考え方はいくつかのサイトやブログでの解説を読んだだけですのできちんと理解しているとはいえませんが、とりあえず思いついたステップを書き出しておいて順番に片付けていく、という考え方は有効でしょうね。

もともとは記憶力と馬力に自信があったこともあり、若いころはあまり細かくタスク管理をしなくてもなんとかなっていました。
当時は、それほど大がかりで責任のある仕事をしていなかったことも大きいでしょうね。いまやっている仕事の中では、タスクを切り分けて部下や同僚に任せることも多いのですが、当時はその一つを担当していたにすぎない、ともいえます。
年を取って、一応は仕事の責任範囲が拡がってきて(といっても職場によります。本社の企画部門よりも、小規模事業部門のトップのほうが個人の責任は広かったりする)、さすがに記憶と馬力を頼りにはできなくなりました。タスク管理なんかは、本来ならもっと若いころに体質化しておかなきゃならないのですが、まあ、今さらながら手をつけざるを得なくなってきたというわけです。

以前の部下の1人は、不要コピー用紙(いわゆる裏紙)を裁断したメモ用紙にタスクをどんどんと書き出し、終わるとシャッシャッと線で消していました。けっこう細かいことまで貸し出していて、本人が記憶力の良いほうだけに「君ならそんなんいらんだろうに」と思ってました。
けれど、あと10年経つとみんな記憶力は低下するわけで、こういうクセがついていることはある程度の年齢になってから苦労しないで済むだろうな、と思います。

さて、タスク管理といえば自分でやる仕事だけでなく、部下の管理でもあります。
部下に任せるとはいっても、自分のタスク全体を部下に放り投げて結果だけを受け取るなんていうのはやっぱりナンセンスで、タスクを切り分けた上で適切な意思決定の範囲と困難度のあるまとまりで任せるのが重要です。その意味で、私がつきあっていた上司はなかなかの「任せ上手」でした。
そのもので育った私も任せ上手だったら良かったのですが、マネジメントというのは経験して失敗しないと身につかないことも多いもんです。部下や同僚のタイプによって、タスクの渡しかたも変えなきゃなりませんし、けっこうやってみると難しいもんです。
ある程度区切って渡しておけば、周辺まで含めて出してくるのもいれば、本当にいったことしかやらないのもいます。途中でアウトプットを出しながら適宜相談をかけてくるタイプもあれば、ギリギリまで相談もせずにどかんと出してくるのも。相手の行動パターンを見てちょっかいを出す方法やタイミングをはかるのも、それなりのスキルが必要。
いちいち考えながらやっているようではまだまだ甘くて(しかも考えた結果があたるとは限らない)、良いマネージャはこのあたりの切り替えが体質化されているというか、考える前にやれている感じです。

最近はまた「自分でやる」領域が比較的多い仕事になっているのですが、上述のとおり記憶力と馬力は劣化することはあっても逆はなかなかないので、けっこう苦労してます。
GDTって、若いころには「そんなのなくたって仕事はできる」「忘れっぽい人には便利だろうね」などとなりがちかもしれません(きっと20年前の私なら、そういってたでしょう)。けれど、若いころの能力はいつか必ず劣化する、という前提に立てば、こうした思想やツールを使えるようになっておくのは、とても大事なことだと思います。

事前によく調べずにエイヤッとシステムを入れ替えちゃう私も悪いんですが、新たな問題が発生。
サイトのテンプレートを入れ替えた際、再構築にあまりに時間がかかっていたのでそのまま放置して外出し、帰宅後にアクセスログを見てみると、なぜか集計ができています。テンプレートを入れ替えたばかりなので、アクセス集計のタグがまだ書かれていないはずなのになぜ?
アクセスが記録されているURLをクリックすると、デザイン変更前の見にくいページが表示されます。前後のページに飛ぶと、新デザインだったり旧デザインだったりとまちまち。

一体何が起こっているのかとしばらく考えたのちにわかりました。
Movable Typeの3では生成された記事別アーカイブファイル名に「_(アンダースコア)」が使われていたところを、Movable Type 4では「-(ハイフン)」を使うようにデフォルト値が変わっていたのでした。つまり、古いアーカイブがそのまま残っていて、各種検索サイトではそちらが引っかかるので、旧アーカイブへのアクセスが記録されていた、というわけ。
設定画面をあちこち探って、個々のテンプレートの編集画面から設定変更ができることを突き止め、ただいま記事アーカイブを再構築中です。経験上、1時間弱かかるはず。

なにか合理的な理由があってのデフォルト値変更なのでしょうが、記事の中で別の記事にリンクを張っていた場合に、自動的に修正してくれるわけではないので、常にファイルが二重になっていないとリンク切れを起こしてしまいます。
さらに深刻なのは、記事単位に検索エンジンに拾われている以上、URLが変わってしまうと検索サイトからたどり着く読者はしばらくのあいだ旧アーカイブでしかアクセスができないことになってしまいますね。
パーマリンクといっておきながら、買ってに書き換えちゃ、いかんように思います。少なくとも、テンプレート変更作業の際に「ファイル名変わるけど良いかな?」と聞いてほしかった(まあ、テンプレート一覧画面にきちんと書かれているんですけどね、そもそも変わっちゃうなんて思っていないし)。

とりあえず再構築が終わったら、ちゃんと旧アーカイブ名に統一されているかの検証です。面倒だなあ。おかげでシステム部門の苦労がちょっと体験できましたけどね(そんなもんじゃないよって叱られそうですが)。

...ひとまず、必要なアーカイブとインデックスページの再構築が終わって、サイト内部でのリンクも正常になり、検索結果から記事アーカイブを開いても最新の状態で開けるようになりました。記事アーカイブの再構築は、案の定何度もタイムアウトになってリロードを繰り返し、都合2時間近くかかってしまいました。
@niftyのLaCoocanサーバの処理能力不足なのか、Movable Typeの問題か、あるいは私の凡ミスなのか、未だによくわかりませんが、もうちょっといろんなことがスムーズに動いてほしいな、と思ってます。

今年の春先から、このブログに新規の記事をエントリしようとすると、3回に2回くらいはサーバの反応が返ってこなくなる症状が出ています。
MovableTypeのバージョンは3.32aと少し古いままだたのですが、何か設定をいじったということもなく、設置当初はスムーズにできていた操作に失敗するように。
なにせ、記事投稿のたびにエラーが出て何度か試しているうちに「記事は投稿されたけど、再構築されておらず反映されない」という状態になります。ひどいときには同じ記事が3つ投稿されているのが30分後にわかったりするので、削除して再構築。時にはその再構築がタイムアウトで失敗。
これでは不要な負荷がサーバにかかるばかりか、記事投稿したことがどこにも通知されないので、各種の検索に引っかからなくなってしまいます。

さてはniftyめLaCoocanのサーバにユーザーを詰め込んでサーバの負荷が高くなっているんじゃなかろうか、と疑っていました(正確には、いまでもどうだかと思ってますが)が、Niftyからは「何のトラブルもなくサーバは運営できてる」との返事(信じていませんが)。
とはいえ、やれそうなことはやってみようと、MovableTypeを4.21にアップグレードしてみることに。

ダウンロードして回答したファイル群をサーバにftpで移し、フォルダ名をこれまでバージョン3で使っていたものに変更、設定ファイルをコピーしてmt.cgiを開いたら、途中までは順調に。
けれど、既存ブログのデータベースをアップグレードする段階で、「使用されていないテンプレートマップを削除しています...」が表示されたきりストップ。一体なんでしょうか。
ウィンドウを閉じてmt.cgiを再度呼び出しても、mt-upgrade.cgiに飛ばされて毎回同じ箇所で止まります。これでは、新規投稿も何もできません。

こういう時は、問題のmt-upgrade.cgiを削除するとか、乱暴な方策しか思いつきません。もう少し穏やかな方法はないものかとネットを探ってみても、なかなかピッタリしたものは見つかっていません。
この文章も症状が改善されるまでは投稿できないわけで、さて、どうしたものか。

...と、書いたあとで、初心に帰って必要ファイルを再度FTPでアップロードしなおし、cgiを走らせました。
どうやら、今度はアップグレードに成功したみたいです。良かった良かった。
まずはこの記事をテスト代わりに投稿してみます。さて、気になるサーバの反応は、どうなっているでしょうか。

...やってみましたが、バージョンアップ前と全く状況は変わりません。
@niftyには問題を報告して改善の要望中ですが、LaCoocanを検討されているかたがありましたら、今しばらく様子を見たほうが良いかと思います。
無料で利用できるサーバ(たとえばXREA)よりも、有料サービスが不安定でエラーが多いというのはいかがなもんでしょうか。

<10月1日追記>
MovableTypeを4.21に変えてからの状況ですが、サイトのデザイン変更をしたあとでの全体再構築になんと47分かかりました。さすがにそれはないだろう、という感じです。以前はタイムアウトで止まる以外は、10分くらいでしたから。
もちろん、新規投稿がエラーになるのも相変わらずで、管理画面を表示するのさえ数分かかるありさま。サーバ変えようかと本気で悩むほどです。
一体何が原因なのか、ホントに他のユーザーからはなんの苦情もないとすれば、私がとんでもない設定のミスをしているのか、謎は深まります。

ATOKとのつきあいはかれこれ20年近くになります。

たしか会社にATOKが標準搭載された東芝のPCがあったのでした。だいぶ初期のバージョン、とはいってもATOK6から7くらいだったと思います。このころにスペースキーで変換、文節区切りの移動は左右矢印、下向き矢印で確定、という基本動作が身についちゃいました。
その後、自分で買ったマシンにはエーアイソフトの「WX」シリーズを買ったのですが(当時、ATOKの単体発売前だったと思います)、操作方法や表示色はATOK風にカスタマイズして使っていました。たしかWXはその柔軟なカスタマイズ(と、低価格)が売りだったはず。
自宅のマシンでは、ATOKを2バージョンおきくらいにアップグレードして、使い続けています。現在はATOK2006です。

前置きが長くなっちゃいましたが、Macを買ってわりと早い段階で探したのが、標準のかな漢字変換「ことえり」をATOK風のキー設定に変える方法です。
ところが、私にしてみれば「標準であって当然」のこの設定が、いくら探しても出てきません。調べてみると、設定ファイルを書き換えることで対応するんだとか。そんなめんどくさい。
やれば一瞬なのでしょうが、それが面倒でやらなくなるのが「老い」というものでしょうか。この段階で萎えてしまい、まだやってません(今度の週末にでもやろうかと思います)。
そんなわけで、未だにMacでは文章を書いておらず、VMWareでWindowsXPを動かし、秀丸エディタとATOKの最強コンビ(?)を使っています。

で、今回Ubuntuを設定してみて、かな漢字変換の設定を開いてみたところ、ちゃんと「ATOK風設定」が選べました。使ってみると、確かにあのキーバインドで、ほとんどストレスなく使えます。
エディタは「gedit」が標準で使えるのですが、あとはこれを普段使っている「秀丸エディタ」と同じ配色に変更すれば、ここ15年ほどの文章作成環境にだいぶ近づけることができます。ちなみに、私の秀丸エディタはずっと、背景色が黄色、文字色が濃紺、現在行は紅色の下線と決めています。なんか、背景が白だと文章が書ける気がしません。

現在のところ、私のiMacで文章を作成する環境としては、一番がWindowsXPとATOK、秀丸の組み合わせ、二番がUbuntuで標準のかな漢字変換とgedit、そして最下位がOSXでことえりとテキストエディットの組み合わせです。
OSXにとっては、「標準ならMS-IMEとメモ帳の組み合わせとの比較でなくちゃ」という感じでしょうか。その場合でも、標準で「ATOK風設定」ができるMS-IMEに、私は軍配を上げます。
AppleとしてはATOKに負けない環境を提供している自負があるのかもしれませんし、PCからの移行者対策はMS-IMEでことたれり、ということかも。けれど、ATOK風の設定ファイルひとつを追加することくらい、簡単だったんじゃないかと思うのですね。
たったこれだけのことで(面倒だからといじらずに済ませている私が横着なだけにせよ)、文章作成環境としてUbuntuに劣る評価を受けるのでは、Appleも本意ではないだろうと思うのですが...

ことえりのキー操作をATOK風に変更してみて、それでもだめなら、OSX用のATOKでも買いましょうか...なんか本末が転倒している気が、するのですが。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の試用レポート第3弾です。
第1弾第2弾>も併せてご覧ください。

<将来性を考えるとRAW>
従来のP-5000もかなりの完成度だったので、P-7000ではバックアップなら「差分バックアップ機能」、液晶画面ではAdobeRGB比の色域の拡大や視野角の拡大など、それなりに大きいけど改良の範囲に止まっています。
今回まったくの新機能として搭載されたのが、対応デジタルカメラでのRAWファイルの現像機能です。

RAWは高画質だけど、PCでの現像が前提になることやデータ量が大きくなることもあって、あまり使っていないかたも多いんじゃないでしょうか。私の使っているカメラはニコンのものですが、初期のD1のRAWファイルからも最新のD3やD300と同様の色合いでの現像が可能です(NikonのCaptureNXを使用)。
将来に渡って写真を楽しむためにも、使えるのならRAWで撮影をしておくと良いと思います。

一方で、RAWの現像にはPCが必要ですし、カメラメーカーによって方法も異なります(サードパーティのソフトウェアで現像すれば、同じ手順になりますが、多くはカメラに付属のソフトを使うでしょう)。
今回、P-7000で搭載されたRAW現像機能を使えば、さまざまなカメラのRAW現像を、同じ手順で行うことができます。これは、PCの操作に慣れないかたがたにとっては大きなメリットになります。

<では、手順を順番に>
まずはバックアップした写真の中から、現像するRAWファイルを選んで表示させます。
「Menu」ボタンを押して中から「編集」を選ぶと、「この画像を現像」という項目があります。これを選んで「OK」すると、「処理中です」というメッセージののちに現像操作の設定画面が出ます。


最初に出てくるのは、パラメータを選んで現像する簡易な操作画面です。
「標準」「人物」「風景」「夜景」「忠実」「モノクロ」という6つのパラメータを選ぶことで、面倒な設定なしで適切な条件が設定されます(「忠実」以外はJPEGからのレタッチでも使えるパラメータです)。
パラメータを選ぶと、右上に現像後の色合いをシミュレートした写真が表示されますから、個々のパラメータについて設定が頭に入っていなくても、好みの結果を探すことができます。

「マニュアル設定」も可能で、これを選ぶと今度は「ホワイトバランス」「露出・コントラスト・彩度」「カラーバランス」「シャープネス・ノイズリダクション」といった個々の条件設定ができるようになります。
それぞれの条件はスライダーで変更でき、数秒のタイムラグはありますが、左右に並んだ右側にレタッチ後の結果シミュレーションが表示されます。結果を常に確認しながら操作できますから、さまざまな条件を納得行くまで好きなように組み合わせてのレタッチが可能です。
設定が済んだら現像を開始します。1枚あたり現像には3分ほどかかります(パラメータを選んでの現像でも、マニュアル設定でも、あまり時間は変わりません)。現像・レタッチ後の写真を適当なフォルダを選んで保存して完了です(当然ですが、勝手に上書きしたりはしません)。

<手軽にレタッチの楽しさを>
デジタルカメラの性能がかなり向上して、カメラ任せで撮影したJPEGファイルをそのままプリントしても、相当満足できる結果が得られます。レタッチは必ずしも必要ではありません。
しかし、デジタル一眼レフはレタッチを色々と試しても色合いやコントラストが崩れにくい、高画質な写真を記録してくれます。レタッチによって露出の狂いを補正するだけでなく、よりイメージに近い写真に仕上げることができます。

多少の違いはあるものの、JPEGからのレタッチでも同じような操作ができます。
RAW現像だけでなく、JPEGでも簡易なレタッチ機能が使えることで、これまで「何となく面倒」とレタッチを敬遠してきたかたでも、気軽に試せるようになるでしょう。また、PCでのレタッチになれたかたにとっても、手元にPCがない場合でもある程度の作業をして店頭等でプリントできますから、撮影してからプリントにしたり、人に見せたりというタイムラグが大幅に縮まります。

単にバックアップするだけでなく、デジタル写真を楽しむための万能機に、「P-7000」は近づいたといえるのではないでしょうか。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の使用感レポートです。
Vol.1はこちらに。

<この機能を待っていた! ユーザーも多いのでは?>
P-5000はあえてモデルチェンジが不要なほど、完成度の高い商品だったと思っていましたが、今回の新機能のうち「差分バックアップ」は、「買い換えちゃおうかな?}と心が揺らぐほどの変化です。

以前の機種では、バックアップ機能はメモリカード内の写真まるごとを保存するように設計されています。
つまり、写真を撮っていてまだ一杯にならないうちにバックアップを取り、そのまま初期化せずに追加で撮影をすると、次のバックアップ時には先ほどすでにバックアップ済みの写真まで、再度取り込まれてしまうのでした。

これだと、使用方法は次の3つに限定されてしまいます。
 1.写真が二重、三重になるのは気にせずに都度バックアップを取る
 2.バックアップの都度、メモリカードを初期化して使う
 3.1日撮り終わるまで、バックアップしない

長期旅行中の私のスタイルは、1と3の混合でした。
でもこれだと、同じ写真が何度も保存されてディスク容量も無駄、バックアップ時間も無駄です。また、その日が終わってのバックアップでは、「さっきの写真、どうだったかな~」と確認する楽しみがありません。

<差分バックアップは必須の機能だったんだ>
P-7000が他のフォトストレージ商品と違うのは、なんといっても高性能の液晶画面がついているところです。
つまり、撮った写真をすぐに美しく(そこそこ)大きな画面で観られることが、この商品の大きな魅力なのですね。

けれど、差分ではない、フルバックアップしかできないとなると、撮ったらすぐにディスクに移して鑑賞、という使い方がちょっとやりにくい。
カードの写真をそのまま観ることは可能ですが、なにかあって写真が消えたりしたら嫌だし(漠然とした不安です)、とはいえ毎回バックアップするのは時間がかかります。メモリカードはあまり不要な初期化はしたくないし(これも実際には問題ないかもしれませんが)。

撮った写真のバックアップを作ることだけでなく、撮ったその場で観られる、という使い方をもっと気軽にできるようにするには、差分バックアップは必須の機能かもしれません。

<バッテリが不安、というかたのために>
バッテリそのものは以前の機種と同じものですが、カタログ上は、80GBぶん以上のデータ転送が可能になっています。
私の場合、プロカメラマンではないので、旅行中にたくさん撮るといっても毎日100~300枚の間。これは1200万画素のD300でも、4GBのカード一枚か、せいぜい2枚で足りる量です。

したがって、小分けにして500MBほどで10回バックアップを取ったとしても、液晶画面で写真を確認し、あるいは人に見せたりする余裕は十分にあります。
おそらく、ほとんどのユーザーにとっては予備バッテリは不要でしょう。バッテリの継ぎ足し充電による劣化を気にするのなら、ふたつあっても良いかな、という程度です。

1週間の旅行で充電器が不要、というわけにはたぶん行きませんが(バックアップ用途だけに絞れば、もしかしたら足りちゃうかも)、これまで4,5回旅行に持参して、バッテリ切れで肝心なときに...という経験はありません(P-5000での話ですが)。

<差分バックアップを使って、撮った写真をその場で楽しめます>
差分バックアップ機能で、写真を撮ったその場で、重複を気にせずにフォトビューワに移せるようになりました。
スナップ写真を撮った、すぐに撮った相手に確認してもらうことも簡単だし、相手がSDカードのカメラなどを持っていれば、その場でコピーしてあげるのもほんの数ステップでできます。この手軽さは、どんな小型ノートPCでもかなわないでしょう。

6~7万円という金額は、今だと「Eee PC」などの低価格ミニノートと競合する金額です。次の旅行に向けて、どちらにしようか迷っているかたも多いのではないでしょうか。
私は、使うときの手軽さ、コミュニケーションツールとしての使いやすさなど、いろいろな点で「撮った写真をあれこれ楽しむ」ことに特化して作られた「P-7000/6000」に軍配を上げます。2年もすればしょぼくれた旧機種になってしまうPCと違って、2年後にも快適に写真ライフを支えてくれること請け合いです。

今は、起動時に次の4つを同時に開いています。

 Things(Thn.gs)
 Google Reader
 Google Calender
 紙copi Net

紙copi Netは今日から使い始めてみましたが、簡単なメモや情報などをストアしておけば、別のPCからでも参照・加工できるので、ネットワークディスクよりも簡単手軽に情報の一時置き場として活用できそうです。
昼休みにブログ記事の草稿を書くこともあるのですが、これだとわざわざ自分宛にメールで送っておいたりしなくても、自宅で仕上げて掲載できます。便利そう。

閲覧しているサイトの情報をワンタッチでクリップする機能もあり、これも使いようで便利そうです。従来だとRSSリーダーならばスター(ピン)をつけたり、SBMでブックマークしたりしていましたが、短期的に参照して消しても良いタイプのクリッピングならば、これが手軽です。
あとはスマートフォンでも快適に動作すれば、いうことありません。iPhoneは動作確認対象のようですが、先日故障してしまったEM・ONEでは快適に使えたのだろうか...

ブログの草稿などを管理する場合に便利だと感じたのは、文中のURLをダブルクリックすると、ウィンド中でプレビューしてくれる機能です。
これで、リンクURLが意図通りのものになっているかどうかが簡単に確認できます。なんかこう、すごく便利で意味もなく使いたくなります。

ThingsはオンラインのTODO管理ツール(GTDツール)ですが、以前ちょっと書いたとおり公私わけることなく、とりあえず気になっていることやそのうちにやらなければならないことなどを記入しておけます。オフィスでも自宅でも、WEBにつながってさえいれば管理できるのが良いですね。

Googleのふたつのサービスは改めて説明の必要もないですね。
Calendarはもともと使い込んでいたわけではなかったのですが、上記の通りEM・ONEが壊れてしまったので、私的なスケジュール管理はGoogle Calenderのデータを取り込んだiCalと、iPodを同期させて参照しています。オフィスからはiCalに直接アクセスできないので、仕事の予定はGoogle Calenderに。
PDAないしスマートフォンをどうするか確定したら、Calendarのほうは不要になるかもしれません。
いずれにせよ、こうした普段使うアプリケーションの多くがネット上に置かれるようになると、Google ChromeのようにWEBアプリケーションをショートカットにして個々に起動して使うというのが当たり前の姿になっていくのかもしれません。

iMacを購入してすぐにやったことは、矛盾しているようですが一緒に買ってきたWindowsXPのインストールでした。
BootCampでは何の問題もなく動いているのですが、Parallelsではなぜかうまく起動できず、しかたがないのでVMWare Fusionを使って。Macを再起動せずにWindowsも使えるようにしています。

VMWareにせよParallelsにせよ、なにもWindows専用のユーティリティではありません。
朝からの二日酔いがなかなか抜けてくれないこともあって、気晴らしに他のOSも試してみようと思い立ち、Ubuntuをセットアップしてみました。
Ubuntu Japanese Teamのサイトからたどって日本語ローカライズされたISOイメージをダウンロードし、VMWareからセットアップします。ものの30分もかからずに簡単に、いささかあっけなく完了してしまいました。何だか簡単すぎて、拍子抜けするほどです。だいぶ以前、AT互換機にLinuxを(Laserだったか、Slackwareだったか...)セットアップした時には、ネットにつなぐまでも結構面倒だった記憶があったのですが、簡単になったものですね。開発メンバーに感謝です。

Firefoxなどのアプリケーションも既にインストール済みですので、本当に起動すればすぐに使えるようになっています。私がWindowsよりもMacを使っていて気持ち良く感じることの一つに、スクリーンフォントの美しさがあります。Ubuntuでもアンチエイリアスのかかった非常に美しいフォントで表示され、Windowsのビットマップフォントよりもずっと見やすく、きれいです。
いまこのテキストは「gedit」で書いていますが、表示用フォントは「VL Pゴシック」を使っています。フリーで利用できるのでWindowsでも使ったことがありますが、表示ははるかに美しく感じられます。

考えてみると、WindowsでもMacでも、使っているのはFirefoxがほとんど。どのOSを使っても、それほどやれることに違いはないわけです。
PCの性能はWEBサイトの閲覧などの基本的な用途ならば、ローエンドのマシンでも十分なほど高まっています。5万円台の低価格ノートの流行は、それらでも十分な性能を持っているからこそです。こうなると、PCの価格に占めるWindowsの価格は無視できない水準にあるといえます。OEM価格は私たちがパッケージで購入する金額とはもちろん違うでしょうが、低価格PCの原価に占めるWindowsの割合はかなりのものでしょう。
初心者のサポートなど、難しい問題もあるのでしょうが、これだけのOSが無償で使えるのに、いつまでもWindowsに拘泥する必要はないのだろうな、と思えます。

下記のリンク先で紹介されていた、WEBのTODO管理ツール「Things」を使い始めました(「Thin.gs」じゃなく「Thn.gs」なのでお間違えのないよう)。

 メーラーのようにフォルダで管理できるGTDツール『Things』(CREAMU)

最初にどうでも良い話から。
上で「TODO管理ツール」と書きましたが、最近は「GTD」のツールといった方が通りが良いんでしょうか。どうやらGTDはただのTODO管理ではなく、物事を前に進める思考法とテクニックが合わさったようなもののようには見えますが...

まあとにかく、Thingsを始めました。
最初に登録が必要ですが、メールアドレスと名前と好きなパスワードを入れるだけ。すぐに使い始められます。
操作方法も直感的でわかりやすく、今日から始める緊急度の高いことなら「Today」を選んでから画面下にある「New」ボタンをクリックして、やるべき事柄と期日を書き入れるだけ。
緊急度がそれほどなければ「Next」、まあそのうちにという程度なら「Someday」を選んで入力しますが、ドラッグ&ドロップで変更も簡単にできます。

タグも入れられて、タグ単位で表示したりもできます。複数タグはカンマで区切ればOK、タグ一覧がウィンドウの上部に並ぶので、クリックするだけで表示の絞り込みができます。
GTDは気になっていることをとにかく書き出すものらしいので、テレビの買い換えとかもう少し先で良いことも入力しちゃえば良いんでしょうね。

期日を入れると、「left ○ days」と表示が出ます。ちなみに過ぎちゃうと「overdue ○ days」になってますね(すでに積み残しがある...)。overdueの部分は地の色もピンク色になって、いかにも「急いでね」という感じでナイスです。

タグによる分類だけでなく、プロジェクトごと(Projects)や領域ごと(Areas)の分類も可能です。それぞれ箱を作って、アイテムをドラッグ&ドロップするだけ。
同じ箱に分類すると、TodayやNextの画面でもひとまとまりで表示されますので、仕事が順番に進んでいる感じが出てグッド。ただし、あまりにたくさんたまっていくと戦意喪失してしまい逆効果かもしれません。

実は、私はPDAや管理ツールでのTODO管理をきちんと運用できたことがありません。
過去にはLotus Organiserを使ったり、Linux Zaurus上でPIMソフトウェアを使ってみたりしましたが、どれも長続きしませんでした。TODOリストを作る前に手をつけた方が早いし、逆にリストに延々と残っている項目があると嫌になってしまうし。
なので、今度の「Things」も続くかどうかはわかりません。
けれど、これまでと違うのはネットにつながっていればどこからでも管理が可能だということです。オフィスと自宅の双方で使えるというのは、会社で急にプライベートな用事を思い出したときにメモしておけるし、逆もありで便利そうです。TODO項目なので、仮にだれかに見られても内容がわからないように記述することも簡単です。

WEBアプリであるということは、逆にいえば、ネット接続環境がないと全然使えないということを意味します。
実はつい先週まで使っていたイーモバイルの「EM・ONE」が故障してしまっています、症状は電源が入らなくなるというもので、まだ修理にも出していません。なので、PDA(スマートフォン)のWEBブラウザでも快適に使えるかどうか、まだ検証できていないのです。
iPhone/iPod touch用のアプリケーションとしても用意されているようなんですが、こちらも常時接続を前提にしているんでしょうかね。軽くサイトを読んだのだけどわかっていません(同じ名前だけど全然関係ないもの,という情報も見かけました)。
もうしばらく使ってみて、どんな運用にしていくか、あるいはやめちゃうか、考えてみようと思います。

夏休みに我が家に仲間入りしたiMac、長年のWindows使いとしては当然というか、BootCampでWindowsXPが使えるようにセットアップしました。
別にWindowsVistaもあるのですが、どうも動きが鈍くて不安定だし、Parallelsのような仮想化ソフトでMacOSXの中で動かすことを考えて、動作の軽快なXPを新規に購入してきました(というより、以前使っていた自作マシンも、最初からXPにしておくんでした。現在我が家には使っていないVistaが放置されてます)。

どうもBootCamp領域にWindowsをセットアップする段階でちょっと失敗したようで、ParallelsからはBootCamp領域のWindowsをうまく起動できません。「複数のWindows領域があって...」とかなんとか。
一度はうまくいったのに2度目からはダメで、とりあえずよくわからないので(笑)、VMWareを使ってひとまずうまく動いています。動作速度もそこそこです。
Parallelsで一度だけうまく起動できた際にマイクロソフトに電話をかけてアクティベートしたのですが、今度もまた3日以内にアクティベートするようにメッセージが出てしまいました。面倒だなあ。

とりあえず常用のFirefoxと秀丸をインストールしただけで、まだきちんと環境を整えていませんが、記念にブログに投稿してみます。
こんなこと、Macからやっても一緒なんですけどね...

「こんなコトできたらいいな」があっという間に実現されていくのは、爽快なようでもあり、自分自身の想像力の限界を実感するのが残念なようでもあり...
下記の記事で少し前に書いたのですが、ようは「携帯電話から3Gの通信網で自宅のサーバにある音楽や動画を呼び出し、鑑賞できるようにしてくれたら、大容量のハードディスクつきiPodより便利なのに」という「できたらいいな」です。

 なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?

記事中にも書いてますが、ドコモの「ポケットU」は知ってます。でもあれ、ちょっと中途半端。わざわざ音楽や動画を変換しておかなきゃならないのはナンセンスですね。通信帯域に限界があるのはわかってますが。

で、先日見かけたニュースがこちら。

 自宅のiTunesライブラリを3G経由で再生するiPhone用ソフト(AV Watch)

こちらも再生できるのは音楽だけ、しかもDRM付きのはダメ、などの制限がありますから、まだ完璧というわけじゃありません。でも、普段PCに保存してある音楽がそのまま再生可能というのは、かなりの前進ですね。
ドコモのサービスも、せめて音楽は再変換なしで扱えればいいのに、と思います。音楽を聴くのは携帯電話だけ、という人はさすがに多くないでしょ。

AV Watchで紹介されているソフトも、送り出し側で再圧縮しているような記述がありますから、音質面での不安もありますし、地下鉄などの圏外で聴き続けられるほどのバッファはあるのか、といった疑問も残ります。
けれど、「できたらいいな」は確実に「もうできるよ」になっていくんですね。

いったいいくつめのコンピューターになるのか、数えるのも大変なのですが、我が家の最新コンピュータとして、本日iMacがやってきました。
昨年の夏頃に組み立てた、キューブ型べアボーンを使ったPC(OSはWindows Vista)がとにかく調子悪く、使っていると30分から数時間おきに勝手にリブートを繰り返し、しかもサービスパックがインストールできないなどの症状が治まらず、嫌になってしまったのです。

実はこれが我が家の最初のMacではなく、既に妻がMacBookをしばらく前から使っています。
見た目の美しさはもちろんのこと、iTunesでの同期の早さ、ネットワーク上のNASを参照するスピードと安定度など、調子を崩したままのVistaとはえらい違い。買い替えるならMacにしようというのは、しばらく前から決めていました。

とりあえずは標準アプリでwebを閲覧したりメールを読んでいるだけですので、Macならではの快適さを実感できている訳ではありません。
けれど、久しぶりのメーカー製のマシンということもあって、安定して動作しているだけでもとにかくありがたく感じられます。見慣れたiTumesやFirefox(これだけはとりあえず入れた)の画面も、ずいぶんと印象が違って見えるのが不思議。液晶画面が多少明るすぎるようにも感じられますが、調整方法はあるでしょう。

ずっとDOSとWindowsばかりを使ってきましたので、まだ勝手がわからないところが多いのですが、ネットで探せばたいがいの問題には解決策が見つかる時代です。あせらずのんびりと、このスタイリッシュなマシンとつきあってくことにします。

技術の進歩やビジネスの拡大というのはめざましいもので、こうあってほしいなあ、と思っていることは、けっこう順番に実現するものです。私が考えつくことは、ずっと早くにだれかが考えていることなので、当たり前っていえば当たり前なんですが。

 映像ソフトからポータブルデバイスへ「転送」新潮流「デジタルコピー」の可能性を探る(AV Watch)

くわしくは上の記事を読んでください。
簡単にいうと、BDやDVDソフトを購入すると、iPodやPSPなどの携帯動画プレーヤで視聴できるデータが添付される、というものです(ソニーのSPEはiPod非対応らしい...)。「デジタルコピー」あるいは「セカンドセッション」と呼ばれるサービスで、アメリカの市場でいくつかのソフトに試験投入されている段階です。
iPod用のデータは、当然iTunes経由で転送するのですが、添付されてくるデータ用DVD-ROMには動画そのものは収録されておらず、オンラインでの認証後にダウンロードするようです。

あ、ちなみに私の希望は下記に。
「DVD買ったら、携帯プレーヤ用のデータくらいはおまけにつけてよ~、500円とか250円くらいなら追加でもいいからさぁ」てな感じです。

 映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい
 結局、iPodを新調

まだまだアメリカでの実験段階ということで、仮に旅行などで対応したソフトを購入しても、日本のiTSのIDではダウンロードはできないようです。残念。

日本では未だにiTSでの映画や番組の配信が本格的にはなっていませんし、すぐに実現できそうにも思えないのですが、記事によると12月発売の「マトリックス」のBD-BOXにはデジタルコピー用のDVD-ROMが添付されるんだとか。
どんなデータ形式で、どのような認証手続きが必要なのかはわかりませんが、ちょっと楽しみな話です。とはいえ、「マトリックス」ですか...きっと買わないだろうなあ。

日本ではiPodやPSPじゃなく、携帯電話への対応も考えないとユーザー層が拡がりませんね。
とはいえ、miniSDカードにさくっとコピーして、なんていう自由度の高いものにはできないでしょうし(というか、携帯メインのユーザーは、わざわざPCでの認証手続きとデータ転送なんか、やりたくない人が多そうだし)、まずは過度な期待控えつつも、12月を待ってみましょうか。
面倒になるんだったら、iPodとPSP専用で良いですよ、携帯無視無視...とかいっても、だめでしょうねやっぱり。

最初に自分自身にクギを刺しておくと、今回あわててiPhoneを購入するつもりはありません。
理由は、「ソフトバンクが好きじゃないから」「auの家族割に遠隔地の母を人質に取られているから」「16GBじゃ不足なので、結局iPodを別に持ち歩くから」などなど。

それでも、「iPhoneいいかも」と思うのは、Appleが同時にスタートするサービス「MobileMe」のゆえ。
くわしくはAppleの解説サイトでビデオガイドを見てもらえると一目瞭然ですが、ようはWEB上のサーバをベースとしてPCやスマートフォンなどに情報を「プッシュ」することで、メールやコンタクト先、スケジュールなどを常に最新の状態に保つサービスです。
私は以前に、これをPCやPDA同志が定期的に無線通信で同期してくれないかな、と妄想していたことがあるのですが、Appleは私の妄想よりもずっとずっとスマートに、これを実現してくれたわけです(思えば、この妄想記事を書いてから4年で世の中はずいぶん変わったものです)。

先日、iPod touchを使っている妻から、「Google Calendarに登録しているスケジュールをiPodに同期して参照したい」と頼まれてちょっと調べたんですが、iCalを経由して実に簡単に同期できることがわかりました。
iCalからGoogle Calendarを参照に行き(公開していないカレンダーでも読みに行けるところが便利)、そのまま同期するだけで、あっけないほど簡単。この場合、あくまでデータの参照なので、iCalやiPodで追加や修正を行ってもGoogle Calenderには反映されませんが、妻は入力はすべてGoogleでやるので問題ないとのこと。
MacにiCalが標準でインストールされているからこそ簡単にできたことで、ここで「さて、OutlookとActiveSyncを買ってきて...」というハードルがあったなら、端からあきらめていたでしょう。

もちろん、私が使っているイーモバイルのEM・ONEでも、Outlookとのカレンダー等のデータ同期が簡単にできます。でも、OutlookはWindowsの標準アプリケーションではありません。
Google CalenderとEM・ONEとを同期させるにも、別途アプリケーションを探してきて設定する必要があります。
AppleとMicrosoftとでは事業領域も違い、置かれた環境も違いますから、一概に「Microsoftダメじゃん」とも言い切れないのはわかるのですが、Google Calenderと自宅のPCとiPod、という3つを連携させるための手順が、こうも圧倒的に違っているのは事実です。
ここにMobileMeというサービスが、手間なしのデータ同期手段を提供してしまっては、サービスパックひとつをあてるのに四苦八苦せざるをえないWindowsを我慢して使い続けるのが疑問に思えてきます。
もしかしたら、Macに乗り換えてiPod touchをPDAとして買っちゃう、なんていうのもアリかもしれません。

 ソフマップとマウスコンピューター、ニコンユーザー向けPC(デジカメWatch)

期待して見ると、脱力すること請け合いです。
ようするに、重い重いニコンのRAWデータ処理ソフト「Capture NX」を快適に動かせるスペックのPCに、当のソフトと解説本をバンドルしただけ。一応、黒い筐体ではありますが、赤いラインのワンポイントとか、軍艦部に燦然と輝く「Nikon」ロゴとか、あるいはコンクリート床に落としても壊れないタフさといったニコンっぽさはありません。

なんかこう、もうちょっと一工夫がないといけませんよね。
CPUが「Core 2 Duo E6700」で、メインメモリも2GBと、重たいソフトも安心して動かせそうなハイスペックは良いのですが、それって別に他で手に入らないものではありません。
カードリーダーが標準なので、SDカードだけでなくコンパクトフラッシュも簡単に読めそうです。けれど、RAWファイルを多用しているユーザーならば2GBとか4GBといった大容量のカードを使っている可能性が高いですから、高速のデータ転送ができないとデータのコピーだけで数十分以上もかかってしまいます。何も記述はありませんが。

デジタル一眼レフで大量の写真を撮るユーザーがPCを使う際のボトルネックや処理の流れをちゃんとつかんで企画されたようには思えません。
液晶ディスプレイとのセットもありますが、フォトレタッチを前提とするなら、デュアルディスプレイの提案もあってしかるべきでしょう。メモリーカードからの読み出しにしても同様ですし、最近のカメラはほとんどUSB接続ではありますが、IEEE1394を省いているのも疑問です(実際にD1シリーズをつなぐユーザーは、少数だったとしても)。

この企画、ニコンがどの程度関わったものなのかはわかりませんけど、ちょっと安易すぎたんじゃないでしょうか。
赤いラインは別としても、ニコンというブランドがもつ、「写真機そのものの存在感や積み重ねられたイメージ」をうまく使えていません。結果として、ソフマップやマウスコンピューターはどうでも良いとして、「こんなの許可するなんて、ニコンも落ちたもんだ」という印象。

イーモバイルの「EM・ONE」はどのくらい売れたのか、よく知りませんが、使用開始して2週間になろうとする現在のところ、他のユーザーを見かけたことはありません。
ブログへの訪問者数は相変わらず多いですから、注目されていることは、間違いないのですけどね。

使い始めた当初、スピードテストを繰り返しては「早い、早い」と喜んでいたのですが、使っているうちにどうも「遅い」と感じることが増えてきました。
インストールされているOperaでさまざまなWEBサイトを閲覧しているのですが、アンテナ3本で軽く1Mbpsのスピードでつながっているのに、表示が完了するまでじっと我慢を強いられることが多いのです。

レイアウトが複雑だったり、写真や図版が多かったりといったサイトで、この傾向が顕著。つまりは、情報を受け取るスピードに、受け取った情報をレンダリングして表示するスピードが、追いついていないようなのです。
当然ながら、テキスト主体でレイアウトが単純なサイトは、かなり快適に表示できます。きっと掲示板を専用ビューアで読んでも、同じく快適なのではないでしょうか。

W-ZERO3[es]を使っていた時には、データ通信のスピードがボトルネックに感じられていました。
そこは、イーモバイルのHSDPAで解決されたのですが、今度はPDA自体の処理能力がボトルネックになってしまっているわけです。ひとつの問題が解決したら、2番目が出てきたのですね。

もっとも、この問題は「EM・ONE」をモデムとしてPCにつなぐことで解決はされます。
PCならば処理能力は十分で、理論値では最大3.6Mbps(実際にも、2.2Mbpsまで経験してます)のスピードをフルに活かせることでしょう。
とはいえ、「EM・ONE」本体だけで、PCをADSLでつないだのと同じようなWEB閲覧環境を手に入れられる、という期待は裏切られるでしょう。32kbpsや64kbpsといったスピードよりははるかに高速ですが、これ以上は望みません、というほどの満足感でもありません。

買って使って、初めてわかることもたくさんあります。今回はそれが、「本体の処理能力のせいで、WEB閲覧はやっぱりPCには及ばない」ということでした。
PDAそのものの処理能力も高まるででしょうし、なによりも、このサイズの機器単体で通信ができるという手軽さが最大の魅力ですから、私にとって致命傷とはいえません。むしろ、エリアの限定があるにせよ、これだけの環境を手軽に持ち歩けるということは画期的です。
ブログ記事やニュースサイトなどを渡り歩きながら検討中のかたが多いかと思いますが、こうしたマイナス情報も考え合わせた上で、結論を出されると良いと思います。

さて、本日はイーモバイル「EM・ONE」をもって東海道新幹線に。
東京駅の新幹線ホームではもちろんアンテナ3本で、スピードテストでも1.2Mbpsという結果。実際にWeb閲覧は快適です。

発車して新橋を過ぎたあたりで一度接続が切れましたが(圏外表示ではない)、すぐに再接続できて品川から数分間は全く問題なく通信が可能です。時折アンテナの表示本数が減ったりはします。
新横浜の手前、線路が掘り下げられている場所などで不安定になり、多摩川を過ぎたあたりでしばらく圏外。新横浜駅で再び接続できましたが、通過後(止まらない車両だったので)1分ほどで圏外に戻り、それきり復帰はしませんでした。

東京~新横浜間はだいたい15分強ですから、東海道新幹線で東京を出た後は、16~7分が通信可能時間となりそうです。
新横浜から静岡までの40分ほどはトンネルも多く、auやdocomoなどが通信・通話できるようになったのも最近のことですから、イーモバイル単独での環境整備は難しいのかも、という気が。

今回は名古屋で降りましたが、もちろん名古屋駅の新幹線ホームでも使えています。(帰路では名古屋出発後5~6分後に圏外に突入、東京~名古屋間の1時間40分のうち、イーモバイルサービスエリアは20分ぶん、というのが今回の実験結果です)
名古屋駅のシンボルといえるJRタワーズの高島屋でもちゃんとつながりましたが、場所によって速度は200kbps~700kbpsくらい。思ったほどの速度ではありませんでしたが、実用十分です。

いろんな場所で手軽につながるのは、便利でありがたいことです。
EM・ONEのような(PCに比べれば)コンパクトな機器でWebのさまざまなサービスをフルに高速で使えるようになれば、データをたくさん記録したPCを持ち歩いて紛失や盗難に気を配る必要も大きく減りますね。

最近では新幹線の車内でPCを使うのなんて当たり前の光景になりましたが、データの確認とかメールなど、EM・ONEやW-ZERO3で十分な用途も多いでしょう。
軽くてコンパクトな端末と、高速な通信網の普及は、出張や移動の多いビジネスパースンにとっての福音となるのではないでしょうか。

あとはバッテリーが標準でもう少し長く使えるようになってくれると良いですね。便利になるほど実使用時間は伸び、その分、長時間のバッテリー駆動が求められます。
今は新幹線の最前列にいるので、コンセントが使えていますが、このコンパクトな機器をAC駆動しているのは、やっぱりちょっと滑稽ですよね。

高速のHSDPAは魅力だけど、サービスエリアの狭さに不安があるイーモバイルですが、今朝の状況です。
私の通勤は途中から地下鉄に乗り換えるのですが、地上を走る鉄道社内でもうまくネットワークにはつながりませんでした。

アンテナは3本表示され、インジケーターも緑、接続済みを示すアイコンも表示されていたのですが、「Yahoo! Japan」のトップページを表示したきり、どのリンクをクリックしても反応なし。
直通運転で地下鉄に入ってからも、緑インジケーターのままで、電源を入れ直すと急に圏外表示に。
おそらく地上にいる途中で圏外か、電波状態が悪くなっていたけれど、表示が変わらなかっただけではないかと思われます。
帰宅時には同じ路線でつながっていましたので、少々不安定なだけかもしれません。

いずれにせよ、地下鉄は仕方ないとして、地上を走っている鉄道で安定して通信ができるように、もっとがんばってほしいところ。
まあ、こういうのはある程度時間が解決するものですので、そんなに悲観はしていません。

電車を降りてから少し時間があったので、地下鉄の駅改札を出たところにあるパン屋の併設カフェでコーヒーを飲んだのですが、ここでも圏外。
けっこう深い場所にある駅なので、現状では仕方のないところかと思います。
また、東京駅八重洲地下街のお店でも圏外表示は変わらず。地下関係は今のところ難しいようです。

ちなみに、西新宿にあるビルの14階のオフィスでは3本アンテナが立っており通信も可能です。speedtest.jpによれば538kbpsでしたから、自宅の室内とほぼ同じくらい。
携帯電話も最近までは入りにくい場所だったので、それなりに健闘といえるでしょうか。
地下街は打ち合わせや時間調整で使うことが多いので、早めに整備が進むことを望みます。

当エントリは、EM・ONEにて零号テキストエディタを使って書き、Operaにて投稿したものです。

3月31日に早速受け取ってきたイーモバイルの通信機能付きPDA(と、言い切ってしまいましょう)「EM・ONE」のファーストインプレッションをば。

<外観など>
店頭のデモ機を触ったかたは実感していると思いますが、薄いです。そこそこ重さはあるのですが、シャツのポケットにも入りますし、鞄の中でも収まりがよいでしょう。
毎日持ち運ぶことを考えると、「小ささ」よりも「薄さ」のほうが大事だと思いますので、これは大歓迎。

<画面・キーボード>
さすがに4インチのWVGAワイド液晶は見やすくてきれい。
W-ZERO3[es]の小さな画面を、眉間にしわを寄せてのぞきこんでいたのとは大違いです。やはり必要十分なサイズというのはあるということでしょう。
キーボードも幅は同じくらいですが縦に広がった分、楽に操作できます。打ち間違いもかなり減りそうですが、今のところはキー位置の微妙な差に指が慣れていない段階です。
慣れてくれば、ブログのエントリ作成もかなり容易になるでしょう。Linux Zaurusのキーボードよりは、少し使いにくいのかな、という程度です(ATOKの変換効率が良いので、トータルでは上です)。

<ネット接続>
自宅の奥の方は、auの電波も不安定なのですが、何とかつながります(もっとも、自宅では無線LANを使ったほうが安定してますけど)。
室内で500kbps強、窓際で800kbpsほどと、私の環境では最大値の3.6Mbpsにはほど遠い数値ですが、実用上はそれほど問題ありません。
Operaの起動がW-ZERO3に比べると圧倒的に早いので、気が向いたらさっとつなぐことができます。
すでにあちこちで指摘されているとおり、YouTubeは実用的ではありません。サイトによっては500kbps程度の動画はちゃんと再生できますから、ちょっと納得ゆかないのですが仕方ないですね。

<導入ソフト>
スケジュール管理は横長の画面構成が活かせそうという理由で「さいすけ」を選びました。母艦のOutlook経由でデータの移行は簡単です。
テキストエディタは「零号」、そしてTMPMCをとりあえず。
これからいろいろなかたの環境を参考に、使い勝手を良くしていきたいと思ってます。

<その他>
PDFのビューア自体は変わりませんが、やはり画面が広い分、読みやすいですね。
Officeなどの添付ファイルも同様だろうと思います。
電話ではないので、メールはPOPでPC同様に読むか、GmailなどのWebサービスを使うことになりますが、ネットにつながらないと読めずに困る場面もあるかもしれません。

結論としては、通信サービス圏内に自宅や勤務地があれば、現時点では最強に近いPDAではないでしょうか。
毎日のようにPCを持ち歩く人でなければ、これだけのコンパクトなマシンで一通りのデータが読め、ネットにも高速につながります。公衆無線LANサービスと契約していれば、さらに実用度は高まるでしょう。
私の周囲でも、クリエなどのPDAが店頭から消えてしまい困っている人がいるのですが、月々5980円のランニングコストが納得できるなら、ビジネスパースンの情報ツールとしては「買い」だと思います。

ゆびきたっす!

| コメント(0) | トラックバック(0)

予告した通り、本日からサービスが開始されたイーモバイルの通信端末「EM・ONE」を買ってきました。
一通りの設定やソフトウェアのインストールを終えたところです。

画面が大きく、横幅も広いので、Webはとても見やすいですね。
通信速度もかなり速くて、テキスト中心のサイトをみている分にはほとんど不満はありません。
ただし電波が弱いのか、自宅の奥の方では接続が不安定になります。

ひとまず、記念の初投稿です。

PDAはIBMが「WorkPad」を出したころから使っていますから、けっこうになります。もう紙の手帳でのスケジュール管理に戻る気はありません。
とはいえPDA自体はあまり売れなかったようで、「冬の時代」とさえいえるような状況が続いていました。2005年の初め頃には、「PDAはこのままなくなってしまうのではないか」と諦めかけていたような状態。
ようやく一昨年頃からウィルコムが「W-ZERO3」を発売しヒットさせたのが刺激となってか、スマートフォンという形で、徐々に拡がりを見せている感じです。

私は「IBM WorkPad」、「Handsprings Visor Prism」、「Sharp Zaurus SL-C750」とほぼ2年おきに買い換え(いずれも前の機種が壊れての買い換えでした)、昨年夏からはウィルコムの「W-ZERO3[es]」を使っています。
用途はほぼ80%がスケジュール管理、あとはメールとWEBです。電話としては使わないのでアドレス帳はほとんど触っていませんし、マルチメディア系はiPodの担当ですので、「ネットに接続可能な電子スケジュール帳」が私にとってのPDAといえます。

こうした用途でW-ZERO3[es]を使ってきて残念な点がいくつかありました。
必ずしもウィルコムやシャープの責任にはできないものも含めて列記します。

<意外と圏外>
ほとんどないのですが、たとえば毎日通る地下通路が圏外なので、「帰るコール」ならぬ「帰るメール」がとても出しにくい。
また、東京都内の割と駅に近い場所にあるわが家でも、奥の方では入りません。

<メール一本で時間かけ過ぎ>
都度、認証をかけてIP網に接続するためでしょうが、地下鉄の停車時に書いておいたメールをさくっと送りたいだけなのに、もたもたとして間に合わないこともしばしば。これは、歩行時の送受信でも同じです。

<画面が小さくてつらい>
コンパクトさの代償ではありますが、やはり若い頃とは違います。メールを読んだり、自分のスケジュールを確認するのに眉間にしわを寄せる必要は、ない。ただ、字を大きくするにもアプリの画面設計とのかねあいで難しい面もあります。

<Operaさん、遅すぎです>
起動に時間がかかる上に、画面が消えているだろうからと復帰のために「PWR」ボタンを押すと終了してしまう。アプリケーションによってこのボタンで終了するかどうかの挙動が違っているのはどうかと思う(これはウィルコムのせいじゃないですけど)。

<メモリ容量少なすぎます>
受信したメールがたかが数百通で一杯になってしまうのなら、携帯電話のように一定数を超えたら古いものを自動削除してくれればいいのに。SDカードをメールの保存フォルダにする方法ってあるんでしょうか。

<やっぱり中途半端>
電話機とPDAのいいとこ取りを狙ったのかもしれませんが、結局は中途半端かな。携帯と同様のテンキーによる予測変換入力もそれほど使いやすくはないし、相手のメールを自動で引用してくれるのは良いけど、消しちゃおうと「クリア」を長押しすると...Operaが起動するんですよね。いや、わかってるんだけど...
結局、インプットスタイルで両手で使うのが一番使いやすくて、それが可能な場面は決して多くはありません。

<メールソフト、使いにくいです>
デフォルトで受信日時が全て表示されないのは、モバイル機器のメールとしては失格。表示を調整しても起動し直すと忘れちゃってるし。
アドレス帳に登録している名前なのに、返信時にはアドレスしか表示されないので不親切。電話なのに、PCの画面をそのままに作っては、使いにくいだけです。でもこれって、EM・ONEでも同じのがついてくるんですよね。
(2007.3.17意味不明の文章を修正しました)

特にメールに関する不満はかなり深刻で、年明けくらいからはメールに関してはauの携帯電話がメインになっています。
auでの受信メールは全て自動転送しているので、長めの返事を書かなきゃいけないときだけ、W-ZERO3の出番。待ち合わせなどの簡単なメールは携帯電話のほうが、やはり簡単で快適です。

それなら、PDAとしてスケジュール管理がやりやすく、必要に応じてWEBが使えればよい(GmailやRSSリーダーなど、主要な情報リソースは最近WEB上にありますから)、というわけで、予約してしまいました。イーモバイルの「EM・ONE」です。
最近はすっかり用心深くなって、こうした機器は登場して半年くらい待って評価が固まってから手を出すのが常だったのですが、今回は予約してしまいました。よほど気が変わることのない限りは、3月31日に入手して使い始めることになります。

上に書いたとおり、全ての用途をひとつの機器ですませよう、というのはやめてしまいました。通話とプッシュメールは携帯電話で、スケジュール管理とWEBはPDAでと使い分けです。
サービス開始当初は通信可能エリアも狭いでしょうし、使い始めると新たな不満が見つかるのかもしれません。ワンセグなんていらないし(サッカーのA代表の試合くらいなら...)、電池が4時間というのも気に掛かります。250gなのでちょっと重たいし。
少なくとも、店頭デモ機で試した結果では、Operaの起動も早いしホイールによるスクロールはとても便利、キーボードはW-ZERO3[es]よりも、そしてVAIO UXよりもずっと使いやすいように感じられました。どうせなら、データ通信が開通するのは31日からで良いのだから、早めに端末だけもらえればいいのに。

パッケージ不要

| コメント(0) | トラックバック(0)

年が明けて最初の買い物は、手持ちのソフトウェアのバージョンアップでした。
最近はどれも低価格になっている中で、ずっと高止まりの「Photoshop」と「Illustrator」にそれぞれ2万5千円ほど。そしてこちらもアドビに買収されてしまったMacromediaの「Studio」には5万円ほど。あわせて10万円以上をソフトに使ったのは久々のことです。

ずっと使ってきたPhotoshopのバージョンは5.5、Illustratorは9.0でした。Macromedia関連ではFlashは5.0、そしてDreamweaverとFireworksに至っては4.0と、いずれも5年以上前のバージョン。
WEB作成やグラフィックデザインを仕事としているわけではないので、旧バージョンでもそれなりに使ってきたのですが、下記サイトにあるとおりのアドビの方針変更を前にやむを得ず。いずれも次のバージョンからはあ婦グレード対象から外れてしまうことがわかったからです。
 アップグレードポリシー変更について
どうやら、もともとMacromediaのバージョンアップに関するポリシーだったのを採用したようですね。高機能とはいえ、元が高価なんだからもうちょっと考えてよ、と思うのですが。

上記のうち、私が使っているのはMacromediaの製品です。PhotoshopとIllustratorはもっぱら妻が使っているもの。
DreamweaverとFireworksはもともとセットになった商品が数万円で売られていたのですが、前々回のバージョンアップに際してプロ向けの性格を強め、一気に値段が上がっていたのでした(なので、バージョンそのままだったわけ)。Flashもバージョン5の頃に5万円ほどで買った記憶があるんですが、今では9万円近いんですな、やれやれ。

で、5万円で買ったStudioのパッケージですが、なんと、中身はCD-ROMが2枚と免責事項の書かれた薄いパンフレットのみ(各言語1ページです)。
そりゃあ、マニュアルなんて邪魔になるだけですしね。無駄といえば無駄なんですけど、だったらいっそのこと厚さ3センチ近い箱なんかに入れるのをやめてCD-ROMと冊子を輪ゴムで止めて渡してくれればいいのに、と思いました。
ソフトウェアの箱って、邪魔なんですが捨てにくいんですよねえ。

しかも、今回は買ってくる前にアドビのサイトから30日間使える評価版をダウンロードしてインストールしてあったので、CD-ROMから導入したのは(多分使わない)Contributeだけです。あとはシリアルナンバーを入れただけ。
これなら、多分オンライン決済してシリアルを発行してもらえばそれで良いんじゃないの? という感じです。
ソフトウェアって使用権の売買ですから、こうなっちゃうのは仕方ないんですけどね。使いもしない分厚いマニュアルも、何かを買ったという気分にさせてくれるという点では、それなりには役に立っていたということでしょうか。

先日、会社で仕事に使っているPCが久しぶりに更新されました。
更新に先立って、データをバックアップするツールが配布されたのですが、バックアップの対象はデスクトップとMy Documentsのみ。その他のフォルダについては手動でバックアップを取り、新マシンへリストアする必要がありました。

マシンが新しくなると、使いやすい環境を整えるのが手間なのですが、中でも問題は電子メールです。
私のマシンには過去6年半ほどに送受信したメールがすべて保管してあり、これが約4GBもありました。職場のファイルサーバにバックアップするのに2時間ほどかかり、さらに新しいマシンにコピーするのに3時間以上。
おかげでほぼ半日メールが使えず、午後になってようやく環境が復旧できました。さすがに電子メールが使えないと不便ですね。メールなしでもできる仕事はいくらでもあるのですが、なんというか、「今この瞬間に重要なメールが来ているんじゃないか」などと不安になって精神衛生上大変よろしくありません。

会社のマシンというのは、だいたい4年くらいで更新されます(まあ、スパンは組織によって違うでしょうけど)。
すると、次にマシンを交換するのは4年後、この6年間で4GBたまっていたメールのフォルダは、おそらく6~7GBになっていることでしょう。そのときまでにネットワークの速度が変わっていないとすれば、次回は5時間以上かかるわけです。
まあ、ほんとに古いデータはアーカイブしてどっか別のフォルダに放り込んでおけばいいのでしょうし、それ以前に大事なデータなら週次とかでバックアップを取るべきなのでしょうが、なかなかできないんですよね。

個人のPCでも、デジタルカメラの画素数も増え、動画データなんかもあわせるととてつもない量のデータを扱うようになってきています。
もちろん、ミラーリングなどでなければ日常のバックアップだってこまめにとるのは不可能になってきていますし、ディスクを買い換えた際のデータコピーにも気の遠くなるような手間と時間がかかるように。4GBでもいい加減いやになっているのに、下手をするとあっという間にテラバイトのオーダーに。
たまり続ける写真などを4~5台の外付けディスクに入れるのではなく、ネットワークドライブで一括管理して...などと思っているのですが、実際の工数を考えるとやる気がするすると衰えてしまいます。もう、十分なネットワークスピードとセキュリティさえあれば、データは全部ネットワークの向こう側に預けたい感じですね。

最初にノートPCを持ち歩くようになったのは、コンパックから軽量のノートPCが発売されたころですから、1993~1994年ころだったと思います。
それから、つい最近の2006年初めまで、実に12~3年に渡って私の仕事カバンにはノートPCが入っていました。よほどの事情がない限り、毎日2kg前後にもなる(ACアダプタなんかがありますから)PCを持ち歩いていたことになります。

これだけ長いこと続けていたPC持ち歩きをやめるには、ふたつの理由とひとつのきっかけがありました。
理由のひとつは、だんだんとひどくなってきた肩こりと腰痛、そしてふたつめは盗難や紛失などのセキュリティ対策です。
直接のきっかけは、クリスマスに妻からのプレゼントとして、薄手で洒落たビジネスバッグをもらったこと。
一緒に百貨店で選んだのですが、上記の背景があって「そろそろPCを持ち歩くのはやめよう」と思っていたので、あえてPCを常に携帯するには容量の不足するものを選択しました。

以来、出張や外出先で使う必要がある時を除いて、PCを持ち歩くことはなくなりました。
会社のメールは携帯電話から読めますし、添付ファイルを開く必要があれば最寄りの事務所によってPCを借りられます。出先でのプレゼンの場合でも、事前にデータを送っておいて先方でPCを用意してもらうことにしました(さすがに客先では難しいですが、社内会議などであれば問題ありません)。
資料などを持ち歩かねばならないときは、最小限に絞ってプリントアウトするか、PDFファイルをW-ZERO3で読めるようにしておきます。ただし、機密性の高いものの場合には危険なので、そもそも持ち歩かないようにしています。

以前はちょっとした思いつきを書き留めておくのにも、わざわざ喫茶店を探して腰を落ち着け、PCを開いていました。使わにゃソンソン、という感じ。
けれど、いまはW-ZERO3でさっとメモして自分宛にメールを送っておくか、あるいはA5サイズのメモパッドに書き留めています(これを携帯で撮影して同僚に送っておけば、とりあえず情報共有やコメントをもらうことくらいは可能です)。
ちなみにメモパッドがA5なのは、喫茶店のテーブルや膝の上など狭い場所でも十分に使えることが理由ですが、字の大きさに留意すれば130万画素程度の携帯カメラで十分に読める大きさに写ることもメリットです(筆記具も0.7mmの水栓ボールペンを使って大きめの字を書くようにしています)。

PDAが一時ほどの勢いを失い、むしろ最近では紙の手帳の便利さが見直されているように思えます。スケジュール管理だけでなく、日々の記録を手軽に自由に書き込めますし、紙を挟み込んだり貼り付けたりも簡単です。紙ではやっかいだったアドレス帳は、携帯電話に任せられますし。
私自身はスケジュール管理はPDA(というか、いまはW-ZERO3)でやっていますが、日々の記録は上記のメモパッドで、無理にデジタル化してリンクさせたり、ということはしていません。デジタル化のメリット(編集やコピーが簡単)と、紙のメリット(扱いやすく見やすい)を自分なりのバランスで組み合わせるのがよさそう。

PCをカバンから追い出してわかったことは、PCがカバンの中身としては重すぎるために、何でもその中で完結させなければもったいない、と自分が思いこんでいたこと。言い換えれば、PCなんか持ち歩かなくなって何とでもなる、というのを認めたくなかったんだろうと思います。
PCはこれからも小さくなるでしょうし、W-ZERO3のような小型の情報機器でできることはこれからも拡大し続けるでしょう。どこかで、もう一度PCをカバンに呼び戻すことがあるかもしれません。そのときには、良いバランスでPCとその他の道具とを使い分けられるように思います。

私がいま使っているPCは、2003年に購入したIBMのThinkPadです。
持ち歩くことを優先したので、X31という1スピンドル機、CPUはPentium M/1.4GHzでメモリは768MB。2003年に買ったというのにOSはあえてWindows2000バージョンを注文したもの。

このマシン、普段のメールの送受信やWEBの閲覧では、性能に全く問題を感じません。
強いていえば画面サイズが不足気味ですが、自宅では19インチCRTディスプレイにつないで1600×1200ピクセルの広大な画面を使えます。どうせなら2画面で使えれば良かったのですが、まあたいした問題ではありません。

ではなぜ次のPCなのか? 犯人はニコンです。
私が使っているデジタルカメラは、ニコンの「D2H」というデジタル一眼レフ。たった400万画素ですし、オートホワイトバランスが良くないだの高感度ノイズが多いだのと悪口を言われるものの、そこらのコンパクトデジカメを蹴散らす実力派(と、思ってます)。
処理が高速なのと、400万画素とデータが小さいため、RAWとJPEGを同時記録してJPEGで構図やピントをチェック、気に入ったものをRAW現像してレタッチという手順を踏んでいます。
このときに使っているのが、ニコンの「Nikon Capture」というソフトウェア。ホワイトバランスや色合いの調整、明るさの変更などが非常にやりやすく、ほとんどPhotoshopなどの画像加工ソフトは不要なほど。ただし、ちょっとばかり動作がのっそりしていて、ThinkPadで400万画素を処理するにも多少ストレスがある程度。
サブ機の同じニコン製「Coolpix8400」の800万画素RAWデータともなると、かなりの忍耐を要します。

それでも、たまのことなので我慢の範囲だったのです。
ところが、新たにニコンから登場したソフト「Capture NX」が前任者をはるかに上回る重量級。正直なところ、400万画素のRAWデータを処理するのも忍耐の限度ギリギリ一杯です。
しかも、このソフトが実に高性能で、これまでできなかった特定の色合いの部分だけの自由な加工が簡単にできます。一度使ってしまうと、前の「Nikon Capture」には戻れないほど。ニコンのダイレクトショップでニコン商品の登録ユーザー向けの優待販売があったので、さっさと注文してしまいました。

注文したは良いが、さすがに現在のPCでは常用はかなり苦しいです。
メモリを差し替えて1GBにするという案もありますが、これだけでそう劇的な変化はないでしょう(動かしていると、CPU使用率が100%のまま延々と止まっていることがあるので)。
そんなわけで、ぼちぼちPCを新調の時期かなあ、と。
重い「Capture NX」が快適に動き、しかも数年以内に1000~1500万画素クラスのカメラに買い換えても対応できるもの。しかも、この時期ならばWindows Vistaに十分な性能であってほしい。ただし、基本は常時稼働させているので電力消費があまりに大きいのは困る(いまがノートPCですから)。となると、最新の「Core 2 Duo」なんかは良さそうですね。

メールやWEB程度ではPCの性能はこれ以上いらない、というのは以前からいわれていることです。それでも、私にとっての「Capture NX」など、たったひとつでもPCの性能を要求する用途があれば、新しいPCの需要は生じるのですね。
iPodやW-ZERO3などでみるための動画エンコードなども、CPU性能が果てしなく要求される用途のひとつかもしれません。
いまは一家に一台から一人一台に広がりつつある途上でしょう。けれど、電源を切られている時間も多いはず。それなら、家庭に高性能のCPUを複数積んだユニットを置いておき、各部屋から必要に応じて演算パワーを使うほうが、効率的なのかも。動画エンコードなんかは、夜間とか留守中に全パワーで済ませるわけです(ホントはテレビ録画の段階で、自動的に携帯デバイス用の動画ファイルを作成してくれるともっと良いんですが)。
ついでにいえば、空調のコントロールとかも全部やってもらえると楽で良いですね。技術的には十分可能なんでしょうが。

5月27日に発売になった「VAIO type U」、既にいろんなところで評価や使用感を読むことができるようになっています。
私はといえば、すっかり悩んじゃっています。

買えるか、買えないか、といえば買えます。
もうすぐボーナスも支給されますし、「どうしてもほしい」と言えば、妻も反対はしないでしょう(その代わり、立て続けにD200を買うとか、レンズを新調するというのは、ナシですけどね)。
コンパックが「Contura AERO」という小型ノートを出して以来の携帯PCファンとしては、久々に出てきたこの魅力的なPCを前にして、迷っている方が不自然とも思います。

でも、type Uでなければ、いまこれがなければできないこと、というのは意外に少ないのですよね。
CF型の通信カードももっておらず、公衆無線LANによるネットワーク接続サービスにも加入していませんので、外出先でのインターネット接続はできません。よってメールも読めなければWEBもみられない。
GPSで道案内といわれても、そうそう不案内な場所をほっつき歩いているわけでもありません。食事のたびに写真を撮ってブログの更新をしているわけでもないし。
音楽はiPodで聴きますし(結局、何事もなかったかのように動いています)、動画を持ち出すのも面倒で...

結局、考えられる用途は仕事用のデータを出張時に手直しするとか、ブログの文章を書くといったことだけなんですね。
ネット接続といっても、外出先で多用するのは乗り換え案内で携帯電話で十分。ブログの草稿はZaurusで十分(これはスケジュール管理用に常時もってますから)となれば、残るのは仕事だけ。

デジタルカメラの一時ストレージとしても使えるでしょうけど、それなら15~20万円のPCを買うよりも、マイクロドライブの予備を買った方がずっと安いし実用的です。
そもそも私のいまの暮らし自体が、PCを常に持ち歩くことを前提としないものになっています。休日ならPDAさえ不要。
ほら、あっという間に、type Uの用途はなくなっちゃいました。あとはもう、「ほしいからほしい」しか残ってないのですね。

同じ金額で何が買えるか?
ザックリ20万円と考えると、上述の通りNikonのD200が買えます。あるいは、交換レンズが1本か2本。
フルスペックハイビジョンパネルにこだわらなければ、32インチ程度のテレビにも手が届くでしょうし、そろってきたハイビジョン対応のHDDレコーダだっておつりが来ます。
置き場所を考えねばなりませんが、ものによってはワインセラーも買えちゃう金額。
家電以外でも、クローゼットにジャケットとシャツを何枚か追加できるでしょうし、ちょっとしたレストランで数回食事も可能。
アメリカ西海岸なら二人で往復できますし、アジアンリゾートなら滞在費まで含めて足りちゃうくらい。

んじゃ、買わなきゃ良いだろっ、ということなんですけどね。
type Uを買うは、デジタルカメラ屋家電の購入よりも、旅行とかレストランでの食事に似ているように思います。必要性に迫られて買うのではなく、数ヶ月くらい、わくわくした気分を味わうための消費。
こういうお金の使い方って、理屈じゃなく「たまにぱっとやる」こと自体が大事なわけです。その意味では、勝手からあまり使わなくなっても、対価に見合った効用は得ているので、使い道なんてなくてもかまわないとさえいえます。レストランで食事するときに、栄養価だとかカロリーだとかを根拠にメニューを選ぶのって、つまらないでしょ。
問題は、食事や旅行は夫婦で楽しめるのに、type Uを買って楽しいのは私一人であること。妻が、せめて10万円くらいのものをほしがってくれれば、話は早いのかもしれません。エステに行くとかね(笑)

ソニーから久々に「VAIO type U」の新商品が発表されました。
ちょうど、少し前にインテルの「UMPC」やマイクロソフトの「ORIGAMI」などの発表があって、超小型PCに関する話題が増えていた時期だけに、かなり話題になっています。
もっとも、こうした小型PCは一部のファンから熱狂的に受け入れられる割には販売は伸びず、しばらく姿を消す、という歴史を繰り返しています。今回が何度目の正直になるのかわかりませんが、熱狂するファンのひとりとしては今度こそ成功してほしいものです。

くわしくはソニーの製品情報サイトで見ていただくとして、外見はスライドしてキーボードが出てくるなど、超小型PCの先輩格である「OQO」や昨年末から大人気のPHS「W-ZERO3」を感じさせます。

上述の通り、私は小型PCがかなり好きなのですが、最近はすっかりPCを持ち歩くことは少なくなっています。昨年の暮れにカバンを新調する際に従来よりもずっと小さいものを選んだこともあって、出張時でさえPCレスということも少なくありません。
近頃では会社のデータが入ったPCを持ち歩くこと自体がリスクになりますし、仕事上の役割が変わって私自身が大量のデータを持ち歩く必要が減ってきたことも大きいです。
プレゼンの際にも、資料は事前に事務方に送っておき、当日は体ひとつということも増えてきました。

こうした環境だと、ACアダプタを含めると1.5kgにもなるノートPCをカバンにいれて持ち歩くモチベーションは相当低下します。
会社のメールなども添付ファイルを除けば携帯電話で見られるようになっていますし、返信も可能。添付ファイルは出張先の部署に転送しておいてもらえますし、PCを常に携帯しなければできないことが、どんどんと減ってしまっています。

どうしてもノートPCを必要とするビジネストラベラーは、あきらめて1.5kgを許容しているでしょうから、type Uが新たに切り開くべきユーザーは今現在はPCレスで活動している人達でしょう(小型PCそのものが好き、という層は、ここではおいときます)。
したがって、たとえ500g強といえど、追加の荷物を増やすためには相応のメリットが求められます。PC携帯のメリットは、自分がいる場所がオフィスになる、というものでしょうが、そのためにはPC単体ではなく利用する環境の整備のほうが遅れています。

ネットワークへの接続しかり、オンラインのストレージしかり、どんどんと改善されてはいますが、もう少し簡単なものにならなければ、携帯PCの活用は技術に明るく新しいサービスを試すこと(そしてがっかりすること)に慣れた人びと以外に広がるには不足です。
具体的には、取り出したVAIOの電源を入れて指紋認証でログインすると、既に社内ネットワークへのログインが行われ通信時間を気にせず利用できる、そんな環境が整わなければ現在PCレスで出張している人にメリットを実感させることは難しいでしょう。

今回、マイクロソフトとインテルが時を同じくして超小型のPCというアイディアへのコミットを表明したのは、こうした環境が整っていく大きなきっかけになるかもしれないと期待しています。
今回登場のtype Uは、ハードとしては文句なくOrigamiの第1弾よりも優れたものですが、ビジネスとしての成功にはまだまだ超えるべきハードルが多く、それはソニー一社では解決できないものではないかと思います。

さて、type Uを買うのかどうかですが...店頭でキーボードの使いやすさなどを確認してからじっくり考える、ということになると思います。それまでには、ブログなどでも多くのユーザー評価を目にする機会があることでしょうし。
iPodの調子が悪いですし、同じような値段ならばD200も買えます。どれもこれも、というわけには行きませんから。

sad iPod...

| コメント(0) | トラックバック(0)

本を2冊読み終えたので、感想を書きたいところなのですが、なんとiPodの調子が悪く、触っていたら「sad iPod」の表示が...
うわー、壊れていないと良いのですが(新型買えるじゃん、というのはおいといて)。

そんなわけで、落ち着いて感想が書けませんのでまた後日にします。
ちなみに、読み終えたのは次の2冊。

 「サンクト・ペテルブルグ」小野文雄著(中公新書)
 「「分かりやすさ」の罠」仲正昌樹著(ちくま新書)

ええっと、大変に困っております。
かつて私がパソコンに関心を持ち始めた頃、ちょうど1988~89年頃にほぼ毎号買っていた雑誌「ASAHIパソコン」の最終号が、店頭にないのです。
3月15日号なのでそれほど時間が経っているわけでもないでしょうに、私の行動範囲の書店には一冊もなし。期待をかけたヨドバシカメラの新宿西口マルチメディア館2階でもみつからず。

ここ10年ほどはまったく購入していなかった「ASAHIパソコン」ですが、まだパソコンといえばNECのPC-9800シリーズが主流で、マックがその高価さのゆえに「シャッキントッシュ」と呼ばれていた頃の、私のパソコンへの思いのつまった雑誌でもあります。
ぜひ最終号は入手したかったのですが、ちょっとで遅れてしまったのでしょうか...
明日以降、範囲を拡げて探索してみようと思います。

<追記>
しばらく買っていなかったのですっかり忘れていましたが、「3月15日号」が出るのは「2月28日」なんですね。
このところ、パソコン雑誌のコーナーに目を向けることも少なかったので、うっかりしていました。これは朝日新聞社から直接バックナンバーとして買うしかないかも。雑誌代とほとんど変わらない送料が、かかるんですよねえ。

私はZaurusのユーザーです。使っているのはSL-C750ですので、現在のキーボード付きのVGA液晶タイプになってから2代目のちょっと古い機種。購入が2003年5月ですからかれこれ3年近くになります。
PCやデジタル機器好きのかたであれば、3年もあれば一度くらいは買い換えや買い増しをしているくらいかと思いますが、私の場合、この手の機器は基本的に使えるうちは使います。実は音が鳴らなくなっているのですが、スケジュール管理には不要なので気にしていません。

この間、Zaurusはメモリの増強やハードディスクの搭載など改善が施され、今日(2006年3月7日)最新機種である「SL-C3200」が発表されました
ハードディスクが4GBから6GBに増強され、新TOEICテストに対応した学習コンテンツが追加されたようです。ハードウェアとしてはディスク容量の追加のみの変化のようですから、マイナーチェンジといえるかと思います。
別売りの動画変換ソフトについても触れられていますが、どうやら今回のZaurusの売りは「辞書やマルチメディアコンテンツを大量に持ち運べる英語学習機」であるように見えます。

ハードディスクを内蔵していることから、大量のコンテンツを持ち歩くには良さそうに思えるのですが(プリインストールの学習ソフトも充実しているようですし)、果たしてiPodに比べてアドバンテージがあるか、となると少々疑問に思えます。
iTunesとポッドキャストという、音声・動画コンテンツを効率的に検索・受信・管理する環境がないこと、この差はかなり大きなものだといわざるを得ません。
たしかに、ポッドキャストの音声ファイルはMP3がほとんどですから、ディスクに保存して再生するぶんには同じ、動画だって変換可能だしテレビ番組を変換する手間はiPodでも同じです。けれど、何をするにも一手間必要なZaurusの環境に対して、iTunesのなかで一通りの作業が完了し、つないで更新するだけで最新のデータがコピーされるiPodの使用環境ははるかに快適です。

シャープは家電メーカーとして液晶テレビやDVDレコーダなどをつくっているのですから、これらと連携して語学番組を簡単に持ち出せるようにすれば、強みになっただろうにと思えます。別にZaurusの母艦がPCである必要はなく、DVDレコーダであってもかまわないわけです。
まあ、大型液晶テレビで見ると想定されているのは地上波デジタルのHDコンテンツであり、それらにはコピーワンスのコントロールがかかっているのでZaurusで気軽に持ち出せる環境はつくりにくいのでしょう。けれど、少なくともあと5年はアナログ放送は続くのですから、これを活用しない手は、ないと思うのですけどね。

こうしてみると、Zaurusが英語学習機となったように見えるのは、ハードディスク内蔵という特長を活かすためにいろいろ考えた結果残った可能性のひとつに過ぎなかったように思えます。
スケジュール管理などのPIMだけではPDAの高コストが正当化できないのははっきりしている、けれど音楽再生ではiPodなど携帯プレーヤはおろか携帯電話にさえ勝ち目がない、一方で英語学習熱は高まっているが決定的な学習機は存在していない、よし、これだ。そんな感じだったのではなかったかと。
PDAという商売が難しい環境にあることは理解できますし、思い切った投資ができる状態ではないのでしょうが、消去法で残った用途に向けてソフトをプリインストールするだけでは、ユーザーの価値は実現できないように思えます。PDAファンとしては寂しい限りですが、旧来型のPDAという商品は、本当に終わりつつあるのかもしれません。

昨年あたりから「iPodのおかげで高級イヤホンが売れている」という話を良く聞きます。
iPodに標準添付されてくるイヤホンがそれほど音が良くない、というのはiPodが登場した頃からいわれていたことで、一昨年の暮れに妻用にiPodを購入した際にも、まずやったことは手持ちのイヤホンとの使い比べでした。
案の定というべきか、iPodの付属品はなんとなく芯が細いというか、薄っぺらい音に感じられたため、複数試したなかで一番まともだったソニーのカナル型のものを常用するようになりました(まったく同じではありませんが、こんなのです)。

私のほうも半年ほど遅れてiPodを手に入れ、妻と同じソニーのイヤホンで使い始めましたが、耳に入れる部分が外れやすく使っているうちになくなってしまいました。
やむを得ず他のイヤホンを試したところ、耳の穴にはめ込むインナイヤー型だったために地下鉄内の騒音が盛大に聞こえるようになり、とてもじゃないが英語のリスニングなどは不可能でした。それまでは遮音性がそれほど高くないとはいえ、まがりなりにもカナル型だったために気になっていなかったのです。

私はもともとヘッドホンステレオを大音量で聴くほうではなく、iPodのボリュームも下から4分の1程度です(といっても、使用するイヤホンによってでる音量は違いますが)。
このため、こちらからの音漏れで人に迷惑をかけることはあまりないと思うのですが、外の音が聞こえすぎては音楽を楽しむにも、英語リスニングにも適しません。
というわけで、再びカナル型のイヤホンを探して最終的に決めたのがSHUREのE3cです。

私が聴くのは音楽ではモダンジャズや1970年以降のマイルス・デイヴィスが中心ですので、E3cの自然なバランスと個々の音がきれいに分解できる性能にはかなり満足できています。
もっとも、1970年代のマイルスの音楽は録音の段階でかなり音が混ざり合い、渾然としたカオスのようなものですから、解像感重視よりも低音重視イヤホンで聴いてもそれなりには迫力があるのでしょう。このあたりになると、好みの問題でしょうね。

カナル型の代表選手ともいえるE3cはさすがに遮音性能もバッチリで、音を出さなくても耳栓として使えるほど(使っているのはフォームタイプのスリーブです)。
肝心の音のほうも、自然なバランスを好む私にはちょうど良かったようです。また、英語リスニングには人の言葉が自然に聞こえるほうが良いでしょうし長時間聴いていても着かれないことが大切なので、ドンシャリ型の低音強調タイプは向かないのではないかと思います。
価格的にはワンランク値段の高いE4cでも良かったのですが、購入の当時は出たばかりでヨドバシの店頭には在庫がありませんでした。どんな音か聴いたことがないのでわかりませんが、3000円程度のイヤホンからE3cにしたときの変化がかなり劇的でしたので、ちょっと待っても良かったかもしれません。まあ、十分満足していますけどね。

いまでもちょっとだけ気になる存在は、ノイズキャンセルタイプのイヤホンやヘッドホンです。ソニーでいえばこのタイプ「パパが英語に目覚めたら」によると、

さっそく買って試してみた。地下鉄の車内でノイズキャンセラーのスイッチをオンにすると、電車のゴーッと言う音がシューッという音に変化する。それほどボリュームを上げなくても英語の微妙な発音がはっきりと聴き取れる。

だそうです。E3cには装着が実にめんどくさく、しかもきちんと装着しないとちゃんとした音に聞こえないという特徴があり、脱着簡単なタイプはけっこううらやましいのです。
しかも、この機種には航空機のなかで使えるアダプタがついているとのことで、長時間かけっぱなしになることの多い国際便のなかでも使えるというのはかなりよさそう。あのなかでは10時間以上も「ゴーッ」という音にさらされますから。

いずれにせよ、手持ちのCDをまるごと持ち出せるiPod、あらゆるジャンルの音声番組やビデオが配信されるポッドキャスト、そして周囲の音に惑わされることなく集中できる高性能のイヤホンと、移動中の語学学習環境はたった数年の間に飛躍的に変化しました。
こんな環境があるのだから、なかなか勉強時間が確保できなくて...なんていう言い訳はできませんね。

engadetで紹介された3.5インチの大画面搭載のビデオiPodの噂ですが、添えられた予想写真(イラスト?)はなかなか購買欲をそそるイメージになってます。
ThinkSecret:本当のビデオiPodは今春登場する(日本語)
Apple still at work on true video iPod?(English)

3.5インチといえば、現在の2.5インチディスプレイの約2倍の広さ、私が使っている2代目のiPod photoに比べると...やめておきましょう。
ちょうど昨日、昼食中にひとりの上役が買ったばかりの5GビデオiPodで写真を見せてくれましたが、ディスプレイの大きさが違うだけで、かなり写真の印象が変わるように思いました(WEBサイトでも、同じような写真でも大きく表示すると全く違って見えますしね)。単に写真を見て楽しむだけでも、大画面はかなり有利でしょう。もっとも、バッテリの持続時間が心配になりますが。

また、iPodやPSPで視聴できるビデオファイルを簡単に作成できるソフトウェアやハードウェアの紹介記事も目立っています。
iPod/PSP用動画作成の決定版?変換にチャプター分割、転送までこなす無料ソフトは結構スゴイ(デジタルARENA)
カノープス、PCI Express x1対応MPEG-2/4ハードウェア変換カードなど(PC Watch)
iPodだけでなくPSPやW-ZERO3、そして携帯電話など、持ち歩いて使う機器でのビデオ視聴環境が徐々に一般化してきたこともあって、ビデオファイルを準備する環境も急速に整いつつあるように思えます(もちろん、iTMSもあります)。HDDレコーダーだけでなく、MPEG形式などでハードディスクに記録するビデオ機器なども増えてきましたし、携帯機器でビデオを持ち出すのはますます簡単になるでしょう(地上波デジタルのコピーワンスは、こうした楽しみ方を阻害してしまうものと理解しています)。

ただ、実のところ、私自身はこのところ携帯ビデオをあまり使っていません。
VAIOでMPEG1で録画し、MPEG4などにファイルサイズの小さい形式に変換して持ち出すというスタイルでNHKの語学番組などを通勤電車などでみていたのですが、半年ほど前にとつぜんVAIO純正ソフトの「ビデオエクスプローラ」がすべての録画ファイルを読み込めなくなってしまい、以来ほったらかしになってしまっているのです。
また、Zaurusのオーディオ関係が故障しているらしく、雑音しか聞こえてこないことも先日発覚。iPod購入以来、音楽プレーヤとしては使っていなかったので気がついていませんでした。

いずれにせよ、通勤電車で15分程度の語学番組を携帯機器でみるというのは、時間の活用としてはけっこう充実感あるもの。
幸い、Zaurusは同じ機種(SL-C750)を妻がもっており、最近はあまり使っていないので無期限で借りられる状態にあります。
VAIOのハードディスクで肥やしになっているビデオにもそろそろあきらめがつきましたから、また携帯ビデオライフを復活させてもいいかな、と思ってます。噂の大画面ビデオiPodが本当に春に出てきたら...うーん、かなり魅力的ですが、やっぱり買わないかも(使えるものがあるうちは、よほど大きな差がない限り買い換えをしないのが私の買い物の基本なので)。

こういっては身も蓋もないのだが、私がかなりの新しもの好きであるのは間違いない。特に携帯できるサイズのノートPCについては、新機種が出るたびに興奮気味にあちこちのWEBサイトを渡り歩いては使い勝手の評判を確かめ、ここが素晴らしいとかちょっと実用的じゃなさそうだとか言っては妻をやきもきさせている。彼女にしてみれば、次から次へと新商品を欲しがられてはたまらないだろう。

未完成品の魅力

| コメント(0) | トラックバック(0)

ちょっと古い話になるのだが、パソコン通信での仲間内でPKOという活動を行っていたことがある。もちろん、国連とは全く関係なく、「パソコン 環境 お助け隊」略してPKOである。PC-98担当とMac担当とがおり、パソコンを購入した仲間やその家族のもとへでかけてはフリーソフトなどを使って使いやすい環境設定と使い方の指導をするのが主な活動。もちろん、その前後には参加者全員で食事をしたり、というオフライン・ミーティングでもあった。

小学校の頃は理科が好きだったが、中学・高校と進むにつれて本(とくに小説)を読む方がおもしろくなっていった。高校1年のとき、地元の工業大学には行きたくなかったという単純な理由で(私は中学高校を過ごした土地を、ついに一度も好きになれなかった)文系に宗旨替えしてからは余計に理科系の勉強をサボり始め、物理の成績などかなり悲惨なものだった(唯一の例外は化学で、こちらは卒業まで上位だった、なぜ私が化学だけは楽しみ続けることができたのかは不明だ)。

PDAと携帯電話とのスケジュール管理比較のエントリーには、「Days of SpeakEasy」経由でかなり多くのアクセスをいただいた。最近でも「スケジュール管理」という語を含む検索でこのweblogにたどり着く方が多いようで、多くの方にとって関心あるテーマなのだろう。

以前のエントリーで、私が本当に待ち望んでいるのはPDAサイズのフル機能PCだと書いた。そこで触れた海外で参考出品されている小型PCのひとつに、Vulcan社の「FlipStart」があり、シアトルで開催中の「WinHEC 2004」で操作できるサンプルが展示されたという。出荷は今年の終わり頃ということで、順調なら年末のクリスマスシーズンには実物にお目にかかれるかもしれない。

スケジュール管理の道具として、片手で簡単に操作ができる携帯電話は、両手での仕様が前提となるPDAに勝る。思いついたとき、備忘録やスケジュールをすぐにその場で入力できるだけではない。メールの送受信や目についたものをさっと撮影するなど、携帯電話で簡単にできる一方で、PDAには難しいことがたくさんあり、しかも多くの場合携帯電話の機能で用は足りてしまう。
「PDAコンソーシアム」に掲載されたエッセイの主張は、こんなところだろうか。それゆえ、PDA(エッセイ本文では「携帯端末」となっている)は携帯電話並みの操作性や、あるいはそれ以上の楽しさ、使い勝手の良さを実現しなければ、今以上の普及はしないだろうという問題提起と読める。なるほど、これは納得が行く。少なくとも、エッセイに登場する場面では。

私が毎日持ち歩くPDA、それがシャープの「Zaurus SL-C750」だ。
このマシンの特長は、幾多のファンサイトで語られ尽くしているので繰り返すまでもないが、実用サイズのキーボード、美しいVGA解像度の液晶、そしてPCのデータをそのまま持ち込める柔軟性だ。購入したのが2003年の春(たしか5月の中旬だった)なので約1年ほどになるが、今のところトータルでは満足しており、買い換えの予定はない。それどころか、妻が社内昇格試験に通った際、合格祝いとして同じ機種をプレゼントしたのでわが家にはこのマシンが2台ある。

レンズ交換式一眼レフタイプなどの高額なデジタルカメラユーザーの間で、とあるデジタルオーディオプレーヤが大流行である。そのプレーヤは、CREATIVE社の「NOMAD MuVo2 4GB」。7cm四方より小さめで100gほどの携帯音楽プレーヤで、4GB分の内蔵メモリにMP3やWMA形式の音楽を記録して楽しむことができる。
この手の話題に敏感な方々にはもうすっかりおなじみの話題なので、今さら解説の必要もないかもしれないが、この「内蔵メモリ」がデジタルカメラでも使われるCFカードと同じ大きさのハードディスク、マイクロドライブであったのだ。分解して取り出したドライブは、対応するデジタルカメラであればとくに問題もなく使用できる。問題なのは価格だった、この4GBのマイクロドライブは単体では7万円以上のものなのに、「NOMAD MuVo2 4GB」は税込みで3万円弱。分解してカバーやプレーヤとしての基盤を捨ててしまっても、十分に元が取れるほどの価格差なのだ。これでは単体のマイクロドライブを買うのは損をした気分になってしまう。

私がCD-Rドライブを買ったのはちょうど流行り始めの1997年、たった4倍速で-RWディスクも使えず、しかも安定性確保のためにSCSI接続で5万円近くした。購入の主な目的は簡便なデータバックアップの方法がほしかったことだったが、音楽CDを作成できるという話にも興味津々だった。
学生時代には食費を削ってLPレコードを買っていたのだが、ちょうど結婚したころにLPプレーヤの調子が悪くなっていた。毎日インスタントラーメンなどの粗食に耐えながら買い集めたLPがゴミになってしまうのはいかにも忍びないし、同じものをCDで買い直すのも業腹だ(それに、CDで発売されていないものも結構ある)。そこで、プレーヤが生きているうちにCD-Rドライブで音楽CD化してしまえば、安心して聴ける。私はそう思った。

なんとなく面倒で先伸ばしてきたことを実行して、「どうしてもっと早くやらなかったんだろう?」と思うことが多い。いや、仕事の話ではなく(もちろん、仕事でもそんな経験は嫌というほどしているのだけど)、今回は「SPAMフィルタ」の話だ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちPCとPDAカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはHBRです。

次のカテゴリはblogとコミュニケーションです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja