Englishの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

かれこれひと月近く迷っていたのですが、電子辞書を買いました。
これまで使っていた電子辞書、カシオのXD-LP9300は妻へお下がりに。発売予定のイタリア語辞書コンテンツを追加する予定です。2005年3月に買ったので、3年半弱使いました。
英語コンテンツ充実モデルということで、英英もOxfordのDictionary of EnglishやThesaurusがあったし、英和活用大辞典も重宝しました。

さて、今回買ったのは、同じくカシオのドイツ語モデル、XD-GP7150というモデル。41,800円で18%のポイントがつきました。
この辞書、ドイツ語に関しては和独・独和だけでなく独英大辞典やOxfordの独英・英独辞書が収録されています。独独がオプションですが、これはしばらくしてドイツ語がおおむね読んで意味が取れるようになった段階で追加しても良いでしょう。

問題は英語関連の辞書です。
カシオの第二外国語モデルに収録されている英語関連辞書はすべて共通で、英和中辞典はプログレッシブ、英英はOxfordのAdvanced Learner's Dictionaryで、英和活用大辞典もThesaurusもありません(英語類語辞典はありますが)。
ようは、英語に関しては並みの辞書ということになります。これでは、ドイツ語学習には良くても英語の学習にはちょっともの足りません。

電子辞書の多くは辞書コンテンツを追加することができるのですが、売られている追加コンテンツには限りがあります。
カシオでいえば、Oxfordの辞書は全く売られておらず、英英辞書は学習辞書が2種類あるのみ。私がよく使っていたOxford Dictionary of EnglishやThesaurusは追加できないのです。
一方で、英語重視モデルに追加できるドイツ語の辞書は独和・和独と独独のみ。やはり独英・英独はありません。「ドイツ語モデルへの英語辞書追加」「英語モデルへのドイツ語辞書追加」のどちらのアプローチを採っても、理想の組み合わせにはなりません。
ドイツ語を始めようか、と思って1ヶ月近くになり、すでに文法解説を読んだりNHKのラジオ講座を聴き始めているにもかかわらず、ずるずると辞書の購入を先延ばしにしていたのは、こんなわけでした。

問題が解決したわけではないのですが、いつまでも迷っていても仕方ありません。
結局は、英英関連の辞書が弱くなることを承知の上で、ドイツ語モデルを購入しました。追加した辞書は、英和活用大辞典とリーダーズ英和辞典/リーダーズ・プラスです。独独辞典は必要になったら購入することにして今回は見送りです。
英活とリーダーズは追加コンテンツの中でも値段の張るほうだったので、結局6万円近くの出費になってしまいました。語学ってお金かかりますね...って、紙の辞書ならもっと安いですが。

しばらくこれで使ってみて、どうしても不満が出るようならまた考えます。
おそらく、不満が出るようになる頃には、英語もドイツ語もそれぞれ少しマシになっていることでしょうし(そう願いたい)。
ひとまず目指すレベルとしては、英語ではそれほどストレスなく多様なトピックについての雑談ができる程度。ドイツ語は旅行時にレストランやお店での基礎的な会話ができて、現地の案内やパンフレットなどの短文を理解できる程度。来春までに、なんとかしたいと思ってます。
「Common European Framework of References for Languages」で考えると、英語ではB2レベル、ドイツ語はA2レベル、くらいでしょうか。これから5年くらいをかけて、ドイツ語とスペイン語くらいをB1レベルに到達されられたらと思っています。

幸か不幸か、日常の仕事では一切英語に触れずにすんでしまうので、私の英語学習の目的はもっぱら好奇心です。できなかったことができるようになること自体がうれしい。
この「うれしさ」には、旅行先で出会ったかたと数分話が弾んだ、とか、英語で書かれた雑誌やパンフレットでもそうストレスなく内容を把握できる、といったことも含まれます。

とはいえ、仕事で英語を使わねばならない、半年後に留学を控えている、といった状況ではありません。それゆえ、到達すべき英語コミュニケーション力のゴールも、そう明確ではありません(ない、といっても良い)。
そこで、最近はひとまず「Common European Framework of Reference for Languages(以下CEFR)」のB2レベルをゴールにおいています。現状の英語は、B1からようやくB2に手がかかったくらい。
CEFRでいう「B2」レベルの水準については、日向清人さんのブログに解説がありますので参考にしてください。特に下記のエントリ(上中下の三部作ですが)がわかりやすいかと思います。
 「(上)使える英語とは何か」(日向清人のビジネス英語雑記帳)

社会人の英語学習の手法として、やはりもっとも手っ取り早いのは英会話教室でしょう。
学校にもよるでしょうが、毎週1時間のレッスンならば月々1~2万円の出費ですから、安定した収入があれば何とかなる金額です。独習では続かない人でも強制的に学習時間が確保できますし、予習が必要だったり宿題が出されたりすれば、さらに学習時間が延びます。
とはいえ、これだけ多くの英会話教室がある一方で、掲示板やブログなどでは「英会話教室なんて無駄」あるいは「効率的とはいえない」といった評価をときおり見かけます。

仮に毎週1時間ずつ2回のレッスンを1年続ければ、2時間×45週(お休みもあるので)で、90時間の学習時間を確保できます。それぞれ1時間の予習・復習を加味すると135時間。
個人的な経験からは、中学・高校での最小限の文法知識と基礎的な単語力があれば、これくらいでTOEICであれば600~700点、CEFRでいえばA2レベルくらいには到達できるんじゃないでしょうか。

ひとつは、やはり強制的に学習する時間を確保することの大切さです。
日常的に英語を使わざるをえない環境に身を置くならともかく、そうでないのなら、仮に学習意欲と意思力に優れた人でも、自らに一定の枠をはめて行動した方が効率がよいことがあります。
ふたつめは、テキストです。
市販の本は駄目だと思ったらすぐに買い換えられます。「この本は全然駄目だよ」なんて否定するのも簡単。けれど、勉強ってちょっとあわないからといって乗り換えてばかりでは前進しないものです。好き嫌いはあっても、ひとつのテキストに沿って学習を進めることが、結果的には近道になります。
みっつめは、実践の中で文法を扱うことです。
文法無視でただただ単語羅列型の会話を続けることに重きを置いていたのではある程度以上の上達は望めないように思えます。会話を学びながら、完了形や仮定法がどんな場面で使われるのかを学ぶことで、使える表現のバリエーションを増やせます。

自ら英語を使う環境を獲得できる人にとっては、金を使って英語を話しに行くのなど、ばからしく思えるかもしれません。けれど、それって少数。
一方で、英会話教室にただ漫然と通い続け、予習の復習もせずにいたのではほとんど効果は望めません。当たり前ですよね。
英会話教室に否定的な意見って、そもそも英会話教室を必要としない環境の人たちからのものだったり、全く努力をせずに授業料をドブに捨ててしまったタイプの人たちからのものだったりしますので、鵜呑みにする前にちゃんと吟味したほうが良いかと思います。

もちろん、英会話教室にもいろいろなタイプがあるでしょう。
私がたまたま通っていた教室で、まあ割と効率よく学習が進められたからといって、その経験がすべての人に当てはまるわけではありません。
けれど、中学高校での記憶がうっすらと残っているけれどブランクがけっこう長くなってしまっていて、ひとまず旅行で楽しめる程度の英語を習得しようとするなら、英会話教室は有力な手だてといえるんじゃないかと思います。

普通は長くて2~3年くらいだろ、とかいわれそうですが、いま通っている英会話スクールには6年半近くになります。
最初は職業訓練給付金の対象となる中級クラスから始めて、半年ごとにレベルを上げて4年半前からはほぼ同じ名称のクラスでテキストの難易度が少しずつあがってきました。でもさすがに同じような内容に飽きてきて、この春からは価格の安い会話中心にクラスに変更しています。

会話中心クラスなので、予習といっても半ページにも満たない文章を読んでディスカッションの準備をしておくだけのことなので、30分くらいで済んでしまいます。宿題もないので、前のクラスよりも数倍ラクになりました。以前は予習に1時間、宿題に30分は必要でしたから。
仕事はラクなほうがありがたいのですが、勉強はラクだと身につきません。
とりあえず現状維持はできていると思いますが、苦労していないぶん、得るものも小さいといったところでしょうか。これは授業料も半分ですから仕方ないでしょう。

英会話スクールのディスカッション中心のクラスでは、テキストの会話を読んだり与えられた課題をこなしたりしている間は気にならない問題が表面化してきます。
それは、「きっとこの人とは日本語で話していてもつまらないだろうな」という相手と政治やら社会やら文化やらのさまざまなトピックで会話を成立させなければならないことです。要するに、つまらない相手との会話は、使う言葉が日本語だろうが英語だろうがつまらないことに変わりはありません。

英語が下手なのはお互い様なので、表現が見つけられずに止まってしまったり、何を言っているのかわからなくなるのは気になりません(ただし、喋りながら突然沈黙して辞書をひき始めたり、指名されていきなりへらへらと笑い出すのは勘弁してね)。
ただ、テーマとまるで関係のない話を始めたり、ロクに準備もしてこないで手に余る話題を展開し始めたりするのにつきあうのは、少々我慢強さが必要です。英語にかける労力の半分でも、基礎教養を高めるのに費やしてくれないかな、と苛立つこともしばしばです。精神鍛錬のために授業料を払っているわけではないのでなおさら。
考えてみれば当たり前のことで、英会話スクールは英語を話し、聞く訓練をする場所であって、内容のある会話を楽しむ場所ではありません。きっとものすごい教養の持ち主がクラスに入ってきたら、私に対して似たような印象を持つでしょう。

英語を訓練するきっかけとなり、実際になんとか基礎的なコミュニケーションが取れる程度にしてくれたスクールには感謝しつつも、いまの契約期間が終わったら、よほどの新提案がない限りはお別れかな、と思ってます。
ここから先は、もう少し違った方法での訓練が必要でしょう。
とはいえ、日常的に英語を使う必要もなく、独習のみではすぐに元の木阿弥になっちゃうのでは、とも思うのですけどね。でもそれだけのために毎年10万円とか20万円をかけるのも、無駄なんでしょうね。

別記事で書いたとおり、NHKラジオの外国語講座の録音を始めました。

学生の頃は、レコードなど高価でなかなか買えませんでしたから、音楽といえばFM放送のエアチェックでした。録音媒体はもちろんカセットテープです(オープンリールのデッキ、ほしかったっけなあ...)。
最近ではラジオを聴く機会がほとんどなくなってしまい、妻が持っていたラジカセがあるのですが、スイッチを入れたのはこの数年で2回くらい。

ラジオの外国語講座を聴くにしても、リアルタイムでは聴けない(平日の昼間ですから)ので、録音は必須です。
今どきカセットテープというのもなんだし(うちに初代ウォークマンとか、あるんですけどね)、iPodで聴きたいとなるとMP3でタイマー録音ができて、パソコンへのデータ転送が簡単でないと困る。
となると、選択肢はそんなにありませんでした。ひとつはサン電子のの「トークマスター」、もうひとつはオリンパスの「ラジオサーバ」です。いずれも書店ルートで売られているので、存在自体はだいぶ以前から知っていたもの。

ハードディスク内蔵で録りためておけるうえ、タイマーで就寝時に音楽なんかも聴けそうな「ラジオサーバ」のほうが魅力的だったのですが(大杉先生のポッドキャストも聴いていますし)、やはりこれは据置で使うものです。
室内の一番電波状態の良い場所におけて、しかもPCの横に移動するのも簡単にできる、という観点で「トークマスタースリム」を選択しました。iPodとほぼ同じサイズなので、窓際の棚の上などに置いておくことも可能です(わが家は、リビングの奥の方だと携帯電話の電波さえ不安定になる、電波状況の悪い場所なのです)。

案の定、わが家では窓のすぐ横にあるテレビボードの一番上の棚におかないと、AM放送はノイズまみれになってしまいます。ラジオサーバでは大きくておけない場所でした。
メモリは2GBと、単体で放送を録りためるには不足しそうですが、PCにコピーしてiPodで聴くのが基本なので、せいぜい1週間分くらいが記録できれば良いので問題ありません。
Windows用のユーティリティソフトが添付されていて、PCにつないでタイマー録音の設定ができるのは大変楽ちんでした。予約毎にフォルダわけしてファイルを作ってくれるので、どの番組かがわかりやすい(でないと、録音時間から特定しなくちゃならない)のも便利です。

妻のリクエストでイタリア語とフランス語の講座も録音しているので、英語・ドイツ語とあわせて毎日けっこうな数になりますが、数日使った段階ではなんの問題もなく、きちんと録音できています。
単にラジオを録音するだけ、メモリもたったの2GBでSDカードはSDHC非対応、作りもとてもやすっぽくて高級感もありません。これで39,800円というのはかなり利益の乗ったお値段じゃないかと思うのですが、代替手段の少ないニッチな市場ですので仕方ないかな。あと1万円安ければ、かなりお買い得感があったのですけど。

先日取り上げた週刊東洋経済の特集、『最強の「読書術」』で紹介されていたのがきっかけになったのか、この数日間で「Soundview Summaries」「Soundview Executive Book Summaries」といった検索語でたどり着くかたが多いようです。
Google検索でなんとトップに表示されるのが、下記のページです。

 「ビジネス書ダイジェストのススメ ~ Soundview Executive Book Summaries」

上の記事にも書きましたが、このサービスは毎月2~3冊ずつ、アメリカで話題のビジネス書を8ページのサマリーにして届けてくれるというものです。
サマリーの内容は、PDFファイル、HTML、マイクロソフトのeBook、PalmのPDAで読むdoc形式、そしてサマリーを朗読した音声ファイルがMP3で提供されます(なお、4ページの書評については朗読データはありません)。この中から自分にあったものを選んで読めば(聴けば)、あまたも今日から国際ビジネスマン...かも。
東洋経済では、日本語だけでは周回遅れ、なんていう刺激的な文字も躍っていましたが、たしかに翻訳を待たずに話題の本を「読んだ気になれる」というのは大きいでしょうね。サマリーでも中心となるアイディアはちゃんと理解できますし。

1年契約で、価格は情報を届けてもらう媒体によって変わります。
一番高いのは、サマリーの印刷物とCDのセットで$199、続いてCDのみが$189、印刷物のみが$179、そしてお得なオンライン契約が$119です。2年契約、3年契約ならばここから割引があり、さらにお得です。
CDはEnhanced CDになっていて、上記のファイルが収められているほか、CDプレイヤーで音声を聞くことができます(もちろん、iTunesなどでリッピングして携帯プレーヤへの転送も可能...てか、MP3ファイルも入ってますけどね)。

私は前回の更新からCD送付からオンライン版へ変更しました。なんといってもこれだけで$70の差は大きいです。
PDFファイルも好きなときにオンラインで取り出せるので、メディアなど不要(契約したときには、オンラインのみという形態はなかったのです)。
申込はとても簡単で、Soundviewのサイトからすべてオンラインで済ませることができます(右端にある、「Subscribe Now, Click here」というバナーからどうぞ)。クレジットカード決済ができますので面倒はほとんどありません。

Subscribeすると、オンラインでのユーザー登録ができるようになります。
だいぶ前なので手順は忘れてしまいましたが、たしか契約時のNo.を入れてメールアドレスやらを登録した記憶があります。ユーザーIDとパスワードは、自分で設定できます。
私の場合、CD送付の契約後にオンラインサービスが始まったので、最初からオンライン版で申し込むと手順は少し違っているかもしれません。

以後は、サインインすると好きなときに「My online summaries」にアクセスして契約が始まってからのすべてのサマリーを好きなときに取り出すことができます。
私の場合、2005年12月分からの契約ですので、これまで32ヶ月分のサマリーにアクセスができます(残念なことに、さらにさかのぼってアクセスが可能になるサービスは、今のところありません)。
PCでの利用はもちろんですが、普段持ち歩いているイーモバイルのEM・ONEでもサイトへのアクセス、データのダウンロードともに問題なくできます。携帯電話でも可能だとは思いますが、PDFファイルは600~700KBあるので試したことはありません。PDFファイルを携帯電話で表示させてみたことはありますが、画面サイズや表示領域の点であまり実用的とはいえませんでした。
MSのeBook形式ならずっと小さくなるようですから、試してみても良いかもしれません。Pocket PC用のReaderもありますし。私が以前PCで試したときには、フォントサイズの調整がうまくいかなかった記憶があります。もちろん読む分にはちゃんと読めました。

私の場合、アナログではありますが(あと、環境にも優しくないのですが)、PDFファイルをプリントアウトして読むことが多いです。もとがレターサイズなのでA4に印刷するとちょっとだけ小さくなりますが(97%くらい)、読むのに不便なほどではありません。
画面で読めないことはないのですが、EM・ONE程度の表示領域ではどうしても拡大表示しないと辛いですし、途中でどこを読んでいたかわからなくなってしまったり。やはり紙はラクです。
もしPDAや形態で読もうとするならば、一手間かかりますが、HTML形式から文字情報だけを(サマリーではイラストや図はまず使われないので)コピーしてテキストファイルにしてしまうのが一番かもしれません(PDFからも選択してコピーできますが、HTMLからのほうが改行などが入っていて読みやすいです)。

英語が不得手で、というかたには、HTML形式がおすすめです。
ブラウザで表示させてから、Googleツールバーのボタン一発で翻訳すれば、まあなんとか内容の理解の助けになる程度の日本語にはなります(もっとも、一度に翻訳できる分量に制限があるのか、後ろのほうが英語のままだったりしますが)。
このあたりは、英語リーディングの訓練と情報収集とを同時にやろうとするか、情報だけを効率よく採り入れるかによって選べば良いと思います。

さて、音声ファイルのほうですが、私はたまにしか聞きません。
さすがに英語圏で売ることを前提とした商品なので、読むスピードはもちろん速いです。よほどがんばらないと、途中で呪文になってしまいます。通勤中に聞いていても、ふと車内アナウンスに気を取られた瞬間に話が見えなくなることも。
テキストを眺めながら音を聞くという方法ならば、ついて行けるんじゃないかと思います。ただし、サマリーそのものを読むのではなく、いちぶ表現が違っていたりするので要注意(おそらく朗読は最終稿じゃなく手前くらいの原稿をもとに吹き込んでるんじゃないかと推測)。

良いことずくめのようなサービスですが、送られてくるサマリーは向こうで決められていて、選ぶことはできません。
アメリカでの流行り廃りがあるのか、最近ではリーダーシップに関する本がやたらに多いのですが、ジャンルを絞ることもできません。年に30冊ほどのビジネス書サマリーが来るけれど、そのすべてが苦労して英語を読んだ甲斐があったものになるとは限りません。むしろ、5冊に1冊くらい自分の問題意識にあっていたものがあれば、良しとする程度かも。
さらには、ちょっとぼーっとしていると積ん読(実際には積まれてもいませんけど)になっちゃう危険性もありますので、$119の価値があるかどうかは活用次第です。

300ページの原書を読むには、たとえば私の場合だと(他の読書も並行していることもあって)半月くらいかかっちゃいます。
本当にしっかりと読み込みたい本があればそれでもかまいませんが、まずは主たるアイディアだけを拾うことが目的ならば、サマリー送付サービスはそれなりにリーズナブルな選択ではないかと思います。月々にしたらたかだか1,000円ちょっとの出費ですから、ちょっと無駄遣いを減らせば良いくらい。
興味があるなら、まずは1年間、契約してみて判断してはいかがでしょうか。

大人になってからの英語学習では、自己の目的に照らして適切な水準や領域を定め、コストを投入しなければならない。「大は小を兼ね」ないよ、という指摘です。

 「雑記 ◆大は小を兼ねない」(カメハメハ日記)

ちなみにこの文章はサッカーの話題から急に「このように」とつながって面食らうのですが、前の記事からの続きのようですので、さかのぼって読んだほうが作者の意図をきちんとつかめるようです。

さて、英語学習の目的といわれると、私なんぞは困ってしまいます。
会社の近くの英会話スクールに行き始めてかれこれ7年目に突入して、週に一度のレッスンはそのスクールでの最上位クラス(ディスカッション、ライティングを含むビジネス英語のクラスです)で5年目。最初の数年に比べると最近はすっかり維持モードで英語でのコミュニケーション能力が向上している気はしません。
いまここでやめたら、数年で元に戻っちゃうんだろうな、と思って続けているようなものかもしれません。マンネリ気味なのと、仕事では英語を使う機会はほぼゼロであることもあって、6月からはもう少し幅の広いテーマでのディスカッションが中心のクラスに変更の予定。

仕事では使わないし、英語話者の友人がいるわけでもないので、英語学習のたったひとつの目的は年に一度か二度の旅行ということになります。
旅行先でたまたま同じテーブルで食事をするとか、そんな人とちょっと話ができたら楽しいだろうな、というくらいの英会話で十分。あとは困ったときや何か相談したいときに必要十分なコミュニケートできれば良いわけです。なので、そんなに難しいわけじゃありません。

旅行で英語を使えるようにしたいのに、ビジネス英会話でプレゼンテーション資料を作ったりミーティングのロールプレイをしたり、というクラスにいること自体が大きな矛盾と思われるでしょうが、これはもうひとつの趣味と関係しています。
私は本が好きですが、その好きなジャンルのひとつが、ビジネス関連の論文や専門書です。仕事術だとかコーチングだとかのいわゆる「ビジネス本」ではなくて、もう少し理屈っぽいのが好み。簡単にいうと「Harvard Business Review」あたりです。

そんなわけで、読書趣味の一環としてビジネス関連英語の知識やスキルを求めること、そして旅行時にちょっとした会話を楽しめる英語力を求めること、私の英語学習の目的は大きく二つ。
この二つには修得すべきスキルに大きな差があります。
前者では主にリーディング中心でことが足りる(実際に英語で仕事をする機会は今のところないので、読めればOK)し、後者だととにかく会話です。これまではどちらかといえば得意なリーディング中心に、やってきましたが、そろそろ軸足を移しても良いだろうということで、上記の通りクラスを変更することにしました。

私が英語学習にかけているコストは、スクールの授業料(年に25万円ほどが、今度は13万円ほどに)、レッスンの時間と宿題・予習の時間(120~150分/週)、英文の雑誌購読料(3万円/年くらいかな)、そして英文を読む時間(たぶん60~120分/週)です。
あわせて、年に20~30万円と150~200時間くらいでしょう。これで、旅行時には何とかなる程度がやっと維持できているだけなので、相当投資効率は低そう。少なくとも旅行時に困らないように、という目的に対してはリターンは低いですね。読書趣味についても、読むスピードや難解な文章の理解力が早々上がっているわけでもないので、限界効用はかなり低く、赤字といって良い。
英会話スクール通いで大きな限界利益が出ていたのは、最初の3年くらいではなかったかと思います。

冒頭で紹介した記事の主旨は、大人が英語を学ぶためには時間とお金、そして勉強の努力といった投資が必要なのだから、自分が求めるゴールにできるだけ効率よく到達できるよう、考えるべき、ということかと思います。
もちろん、著者もリターンなど求めずにやりたいようにやる学習を否定しているわけじゃなく、目的があって英語を学ぶならば(そして多くの学習者には目的があるでしょう)、というアドバイスをしているわけです。

私の現状は上述の通りで、どちらかといえば曖昧な目的は持ちながらも、好奇心とか興味だけでなんとなく続けている状態。とはいえ、英語を学ぶことや、TOEICで高得点を取ることが自己目的化するほどのめり込んでもいません。
結果的には「大は小を兼ねる」かな、と期待しているところもあります。
けれど、『普通の人は、「洋書がスラスラ読め、洋画が100%わかり、きれいな発音で流暢に話し、そして知性的な文章が書ける」という領域には絶対たどりつけません。』(冒頭のリンク先より引用)というのはたしかにそうだろうな、と思いますので、もう少し効率を出せるよう、今年後半期は英語に割く資源とその使い方を工夫してみようかな、と思ってます。

今のところ、「洋書は日本語の三割くらいで読め、ディズニーのアニメならわかり、10分くらいは楽しく会話が続けられ、最小限のメモやメールは書ける」程度ですので、一度ここからどこまで行きたいのか、考えてみましょう。

その昔は雑誌が好きで、カメラ、PC、文具など興味ある分野のものを良く買っていました。狭い部屋の中でうずたかくバックナンバーが積まれ、読み返すでもなく引越の都度捨ててきたのは、いまでもなんだか申し訳ない感じがしてます。
WEBで多くの情報が入手できるようになり、こうした商品情報系の雑誌を買うことはほとんどなくなりました。もっとも、めざす情報や商品がぼんやりしているときなど、かつての情報誌のほうが便利だったので、完全な代替にはなっていないのですが。

で、いま現在、定期購読をしている雑誌はひとつだけ。「Harvarad Business Review」です(以下、長いのでHBRと略します)。日本語の「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー」(これも長いので、日本語HBRとします)ではなくて英語で書いてあるほう。
わざわざ英語のを購読している理由は三つあります。

ひとつは、英文リーディングの訓練用として。
私の英語力は、リスニングとスピーキングは人並み(ヨーロッパ共通参照枠でいうと、B2以上B1未満、くらいです)、ライティングはかなり訓練不足・経験不足、けれどリーディングはかなり頑張れます、というくらいです。
で、苦手を克服するよりも得意を伸ばすのがラクだし楽しいので、趣味と実益を兼ねて関心あるテーマの論文が多いHBRの購読を始めたというわけです。日本語でさえ、通読するのには2時間以上かかる雑誌のですので、毎月読み切る論文は3つくらいでしょうか。

ふたつ目の理由は、お値段が安いから。
日本語HBRは一冊あたり2,000円、年間定期購読料は20,000円です。2ヶ月分お得ですな。これに対してHBRは年間購読料が17,777円です。両者とも税・送料は込みのお値段なので、英語版の方が安いのですね(ちなみに、アメリカとカナダでは$99なのでさらに安いです)。
紙質も良くしっかりとした作りの日本語HBRと比較すると、雑誌の体裁などはだいぶ落ちるのですが、通勤時に持ち運ぶことを考えると逆に軽くて扱いやすかったりもします。値段のチープさだけでなく、質のチープさも実はメリット。
日本語HBRは、どうも「購読していると箔がつく」みたいな効果を狙っているのか、無駄に上質で重たいように思うのですけどね。

そして大切な三つ目の理由は、過去の論文へのアクセスです。
HBRはその掲載論文全てをWEBに掲載し、検索によって求める論文を探すことができます。もちろん、リプリントの注文もすぐに可能です。また、太っ腹なことに最新号の論文の多くがWEBならば無料で読めるのです。ためしにHBRのサイトをご覧ください。最新号の目次の横に「FREE」と書いてあり、これらは実際に無料で読めますし、プリント用のページもあります。
さらに、上記の17,777円の「Basic Subscription」では、過去1年間のバックナンバーを同様に読むことができます。上記サイトには「Readers' Most Recommended」というカラムがあり、最近の記事の中からの読者推奨論文が並んでいます。定期購読していれば、雑誌が手許になくてもここから人気の記事を見つけて読めるわけです。
そして、私が契約している「Premium Subscription」ならば、5,000円アップの22,777円にはなりますが、さらに過去のバックナンバーの論文を読めてしまうのですね。これはもう、出血大サービスと言って過言じゃありません。
ためしに「Michael E. Porter」で検索してみると、1979年3月号の「How Competitive Forces Shape Strategy」から2008年1月号掲載の「The Five Competitive Forces That Shape Strategy」まで、20の論文がリストアップされており、Premium Subscriptionの契約者である私はこれらを全てWEBで、あるいはプリントアウトして読むことができるのです(なぜか、両論文のタイトルが似てますね...)。
日本語HBRは買った雑誌をずっと保管しておかなければ論文は読めなくなっちゃうけど、HBRならばPremium Subscriptionを続ける限り、古い雑誌は捨ててもOK、というわけ。

最近の日本語HBRは人気の論文がすぐ翌月には訳出されることもあって、けっこう良い雑誌だと思います。価格差だって、翻訳の手間と日本語オリジナル論文があることを考えれば、むしろ安いといえるかもしれません。
けれど、上記3つめの過去論文の検索と全文閲覧サービスの存在は決定的です。読み捨ててしまう雑誌とは違って、過去の論文であっても良いものは繰り返し読まれるHBRだからこそのキラーコンテンツ/キラーサービスといっても過言ではないでしょう。異動になって急にHRM関連の知識が必要、といった際にも、ひとまず検索で論文を一覧で出し、ポピュラーなものからつまんでいく、ということができるのです。
もちろん、こうして閲覧できる記事を勝手にコピーして配布することは禁じられており、あくまで読めるのは購読者本人。とはいえ、システム的に歯止めがあるわけではありません。不正コピーのデメリットと、読者サービスによる顧客維持のメリットとを判断した結果なのでしょう。

日本だと類似の存在は「一橋ビジネスレビュー」あたりでしょうか? でも、日本語HBRと同様に定期購読で2割ほどお得になりますよ、という以外のサービスは実施していないようです。
妨げになっているのは不正コピーか、権利関係か、はたまた業界常識なのか、よくわかりません。リプリントの販売がどれほどの規模で、不正コピーが脅威になるのかどうかも、私には材料がなく判断はできませんし、あとで書籍にして売る妨げになる、という判断が働いているのかも。はたまた広告主への配慮かな。
けれど、その日、その週、その月に消費されて捨てられるものならばともかく、数年後にも参照されうるコンテンツを持っている雑誌ならば、その特性を活かしたサービスをなぜやろうとしないのか、疑問に思われてなりません。
言葉という参入障壁を良いことにイノベーションを怠ると、環境変化には対応できないこと、ビジネス誌こそが良くわかっていると思うのですが...

TOEIC公開テストのスコアが以前受けたときよりもずいぶんと親切になっていて、リスニングとリーディングの両セクションについて、それぞれ4ないし5項目ずつの「Abilities Measured」が表示されています。
これで自分の得意分野と不得意分野がわかるというわけ。

リスニングのほうは、過去4年間にわたってスコアがほとんど伸びていない実態を反映して、いずれの項目でも80%台の正答率が並びます。Averageが62~79ですから、80台は悪くはないけどね、という程度。
個別に見ると、多少高いのは後半二つ、「短い会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」と「長めの会話、アナウンス、ナレーションなどにおいて詳細が理解できる」で、もうすぐ90台。

一方で、上二つの項目、すなわち会話の中での情報をもとにした「要点、目的、基本的な文脈を推測できる」がダメ。つまり、「ストレートに聞き取れたことしか理解できていない」ということになるでしょうか。このあたりは、途中で内容を見失うことも多く、会話のテーマはわかるけど細部が聞き取れていないこととも関連していそうです。
いずれにせよリスニングは意識的に訓練したことがないので、そろそろ本腰を入れねばならないということでしょう。実際の会話でも、相手の話が聞き取れずにきょとんとしてしまうことが多いのです。

さて、本題はリーディング。
スコア的には全て90%以上、「文章の中の情報をもとに推測できる」「ひとつの文章の中でまたは複数の文章間でちりばめられた情報を関連付けることができる」は100%です。
ここで低いのは「語彙が理解できる」の90%。リスニングと並んで私の英語の弱点である語彙力の不足が、見事に指摘されています。なにせ、私の語彙不足はかなり深刻なもので、予備校の最初の単語力チェックテストで高校卒業者の最低水準にやっと引っかかった程度なのです(たしか、数百語とか千語とかいったレベル)。

このリーディングの結果を見て感じたのは、私の場合、リーディングでスコアが伸びてきたのは英語力だけのおかげではないということです。
もう少し肉付けしていうと、もともともっている日本語での読解力に、英語が追いついてきた(もちろんかなり差はありますが)、という状態なのではないかと。

私はちゃんと書かれた日本語であれば、文章を読んでいる途中で文意や筋立てを見失うことはほとんどありません。TOEICのリーディング問題が全て日本語で書かれていたら(ないですけど、TOJICなんていうテストだったら)、ほぼ全問正解できる自信があります。
この4年ほどで出題文、問題文共に日本語に近いレベルで理解できるようになったので、それほど迷うことなく正解にたどり着けるようになったのではないかと思います。事実、今回の試験でも、問題文に未知の単語がある場合以外は、ほとんど迷わずに回答することができました。

私のリーディングのスコア(今回は460でした)を支えているのは、どうやら英語力ではなくて国語の読解力です。
TOEICの問題で問われる推定や文脈理解は、決してとんでもなく難しいものではありません。たぶん、日本語ならかなり多くのかたがたが制限時間内に80%程度の正解を出せるものじゃないかと思います。
ある程度英文が読めるかたならば(つまり基礎的な文法や語彙が身についているなら)、英文読解というよりも文章の読解そのものの訓練をすることで、リーディングのスコアは飛躍的に伸びる可能性があるように思えます。

そこで、TOEICで700以上のトータルスコアをお持ちで、リーディングが300点台からなかなか向上しないかたにおすすめしたいのは、日常にあふれる「TOEIC出題文のような日本語」を短時間で読み、ポイントをしっかりと理解する訓練です。
会社で回ってくる通達や通信販売での出荷案内、取引先からの案内文など、この手の素材は身の回りにいくらでもあります(学生さんには難しいかもしれませんが)。これらを15秒とか30秒で確実に読み取り、重要なメッセージはどれかを的確につかめるようになれば、英文でも同様に早く正確な読解が可能になります。

短い文章を終えたら、次は1ページ2ページある文章で続けると良いでしょう。
大学受験の勉強法として、新聞の社説やコラムを要約する、なんていうのがありましたが、わざわざ要約して作文する必要はありません(続きませんから...)。とにかく短時間でポイントを見極めながら読むだけ。速読法なんかにも似たのがあるかもしれません。
文章を短時間で読み取るスキルは、英語を離れてもけっこう役立つものですし、20代30代の若いうちならば訓練でいくらでも伸ばせると思います。
もっとも、読解力よりも文法や語彙がネックとなっている場合には、別のアプローチが有効かもしれませんけどね。

本日(12月23日)、遊んで帰宅するとTOEIC事務局からのクリスマスプレゼントが届いていました。11月に受験した127回TOEICのスコアです。

結論からいうと、前回よりも30点増えて880点。これでTOEIC受験4回目、足かけ4年半でレベルAに到達しました。
とはいえ、TOEIC事務局のいう「Non-Nativeとして十分なコミュニケーションができる」とはさすがにいえません。レベルCの「日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュニケーションも出来る」あたりが実態じゃないかな、と思います。

過去の3回の受験では、リスニング・リーディングともにスコアは伸びてきたのですが、今回はリスニングのスコアが425から420へと、わずかではありますが落ち込みました。もともと765点だった2002年の段階でリスニングは410点あったので、ほとんど伸びていません。
かたや、リーディングは今回460。パーセンタイルでは99%となりました。初回が355でしたから、この間の115点分の伸びのうち、リーディングが105点を占めていることになります。

過去に何度か書いているとおり、私の英語力はリーディングに偏っています。
読むだけなら、おそらく相当面倒な文章でも大丈夫。Harvard Business Reviewよりも難解な英語にはなかなかお目にかかりません。映画でも、英語字幕があれば内容をほぼ100%理解する自信はあります。
一方で、リスニングのほうは全然で、英会話スクールでもリスニングのクラスではかなり苦戦しています。
目下の目標はとりあえず900を超えることですが、リスニングを伸ばさないことには難しいでしょう(リーディングでフルスコアを出して、ようやく915になるのですから)。

いろいろなブログを見ていると、リーディングよりもリスニングのスコアが高いかたのほうが多いようです。今回の平均スコアでも、リスニングは309.9に対してリーディングは260.0t、リスニング優位は明白。
というわけで、次の受験時に900を目指すにはリスニングの訓練が不可欠のようです。
まずは海外のドラマやドキュメンタリーを英語で聞くところから始めてみようかと思います。

英語学習について書かれたブログはたくさんあって、面白いものや参考になるものがたくさんあります。
読んでいると、学習法というのは実に人それぞれなのだなと感心しますし、毎日こつこつと学習を続けている人が多いのには頭が下がる思い(私はどちらかというと、波が激しいほうなので)。
特にTOEICの受験対策や感想などは、ほとんどの英語学習ブログ(と、便宜的に呼んでおきます)に共通の話題。時間内に解き終えるノウハウなどは、けっこう役立つものが多いように思えます。

一方で、かなり広範囲に流布しているけれど、疑問を持たざるを得ないノウハウというのがあって、その筆頭がPart7の読解問題に関するもの。
これは以前読んだ参考書にも書いてありましたし、同様の記述のあるブログをたくさん見かけるのですが、ようは問題文を全部読んで理解するのは時間の無駄で、問題を読んでからどこに答えがあるのかを探せば早く解ける、というテクニック。
たしかに、これをやると全文を読むよりは早く問題を片付けることができます。その意味では、受験ノウハウとしては悪くないかもしれません。

でも、あなたはなぜTOEICを受けているのですか?
もし、会社や学校に求められて何が何でも一定以上のスコアを獲得せねばならないのなら、それはそれで良いかもしれません。あるいは単に履歴書を「TOEIC800点」という言葉で飾りたいのならば。
けれど、英語学習の到達度を測るために受験しているのなら、テクニックに頼って点を稼ぐのは本末転倒です。

TOEICの読解問題で出題されるのは、eメールや案内文、広告など(したがって、あの程度は「長文読解」ではない)。ここから正しくエッセンスを読み取れるかどうかが主に問われているところ。精読は必要ないにせよ、短時間でこうした英文を読んで内容を大きな誤解なく理解できる能力が必要です。
実際にこうした英文に触れるとき、そこには明確な「問題文」などはありません。TOEICでスコアを伸ばすためだけに問題文から本文に戻る読み方を繰り返していては、いつまでたってもまともなリーディング力は身につかないでしょう。
逆に、英文をきちんと読む訓練をしていれば、あの程度の英文を時間内に読み終えられないということは少ないと思います。学問に王道なしなどといいますが、ちょっと楽そうだからと藪に入り込んでも、意外にそこは回り道かもしれないのです。

問題文に対応する部分を、いち早く本文から見つけることも英語力のひとつだと強弁はできるかもしれません。
しかし、それが英語によるコミュニケーションにどう役立つのでしょうか? 先ず問題文ありきで答えを探すコミュニケーションってどんなの? 半ページの案内文だから良いけど、10ページの文章だったらそんな読み方は無理。
たかがTOEICで実力以上のスコアを獲得するためのテクニックなど、本来身につけたい英語でのコミュニケーション力とはほとんど関係がありません。

私の実感では、TOEICは実際の英語運用能力が低くても高いスコアを獲得できるタイプの試験です。新形式はまだ一度受けただけですが、その傾向はむしろ強まったように感じられます(たとえば、リーディングに偏った私のスコアは、おそらくかなり高めに出ているでしょう)。
そもそも受験者の中での相対評価をするだけの試験です。本来の英語運用力からは外れた受験テクニックで点数を稼いだからといって、何かの資格が手に入ったりするわけではありません。TOEIC800点、だけど「TIME」程度さえ読めない、なんてものすごく格好悪いと思うのですが、どんなもんでしょうか。

先日受けたTOEIC試験会場で、気になったことがふたつあります。
ひとつは、試験の受験者の態度、そしてもうひとつは主催者側の事務能力というか、アルバイトへの指示の不徹底です。

受験者のほうは単純な話です。
今回から、試験前に受験票を回収する際、本人確認をしっかりとするために身分証明書を机におくよう、指示がありました。同時に、携帯電話の電源が切れていることの確認も行われます。
私が周囲の10名ほどを見渡した範囲では、少なくとも3名が身分証明書を出しておらず、1名は運転免許証を裏返しに(しかも受験のしおりなどとぐちゃぐちゃにしたまま)置いていました。

学生か社会人かわかりませんが、この程度の指示を指示どおりにできないというのは、もし仕事をする気ならば、早い段階である方面の能力については見限られる可能性が高いです。まだ間に合いますから気をつけた方が良いでしょう。
免許証裏返し君に至っては、その前に「受験票・解答用紙・筆記用具・時計を除いては全てしまうように」という指示さえ無視して「受験のしおり」などを最後まで出しっぱなしにしていたので、かなり重症。
仕事をする上で、やるべきことをきちんとやれない人物は、他にそこそこの能力があってもそれほど評価も感謝も信頼もされない、と思っておいたほうが良いです。
同時に、指示どおりに身分証明書を提示していないにもかかわらず、見て見ぬふりをして通り過ぎる試験官もいけません。仕事ならばちゃんとやるべき。

主催者側の問題は、試験終了時にはっきりしました。
TOEICでは試験問題を持ち帰ることが禁じられており、回収された解答用紙と問題がきちんとそろっているかを確認したのちに退場が許されます。
会場には100名近い受験者がいたのですが、試験官は予め列ごとに人数を数えてホワイトボードに記入していました。ここまではOK、あとは列ごとに回収して数が合っているかをチェックすれば良いわけです。

会場の机は、最前列が全て空いていました。単純に考えれば、列ごと(あるいは机のブロックごと)に回収した解答用紙と問題用紙を一度最前列に集め、数を数えてOKならば裏返す、といったチェックをすれば簡単に終わります。
ところが、3名いたアルバイト学生(とおぼしき若い女性達)は、好き勝手に回収を始めてしまい、回収後は教壇の上にどんどんと積み重ねていきます。一応は数えているようですが、ひとつのブロックではちゃんと回収せずに受験者から注意される始末。問題用紙と解答用紙は列やブロックをまたがってごっちゃにされてしまっているため、予め数えてあった人数はなんの役にも立ちません。
やむを得ず総数があっているかどうかのチェックに切り替えたものの、終わったのかどうかよくわからないままに「ちょっと時間がかかってしまっていますので、これで退場いただいてけっこうです」ということに。
あのー、そんなチェックなら、簡単に問題用紙を持ち出せますよ。

これ、どう考えても事前にアルバイト学生に回収の際の手順がまともには指示されていないことの表れです。とりあえず集めて数えろといわれれば、そのようにする人もいるでしょう。
大量のアルバイトを集めないと運営できないのなら、誰がやっても確実に数をチェックできるよう、手順を考えておくべき。本部がやってくれなければ試験官が工夫すべきです(試験官自身も大学職員等のお手伝いなんでしょうけどね)。
TOEICの主催団体は、ちょっと仕事の依頼の仕方を考えないと、高い受験料を取るわりには運営はお粗末、なんていう評判を立てられかねません。

11月26日に第127回のTOEICを受験してきたのですが、すでに書いたとおり時間が10分以上余り、「問題が簡単になったんじゃないか」と思ったほど。
さっそく今回のTOEICを受験したかたがたのブログをちょっと回ってみましたが、やはり「初めて時間が余った」といった声がけっこう多い様子。特にリーディングセクションでの難易度が少々低めだったということでしょうか。
少なくとも、時間が余ったからといって「ふっふっふ、英語力は確実にアップしていたのじゃ」などと満足感に浸っていて良いわけじゃ、ないようですね。

で、本題なのですが、受験者のブログを見て回ったときに、数名のかたが書いていたのが「40過ぎのオジサンがいて場違いだった、会社の命令で受けてるんだろうけど大変」といったお言葉。
ああ、オレも周囲の若者にそう思われたんだろうなあ、などと思ったんですけどね。それって大きな間違いですから。

なぜオジサンがTOEICを受験すると、「会社の命令で」「昇格試験のためにやむを得ず」になっちゃうんでしょうか。
学生諸君は全員が就職のためのTOEIC受験ですか? 多いかもしれないけど、それだけじゃないでしょ。20代の諸君は全員が転職キャリアアップの準備ですか? それも全員じゃないはず。
オジサンTOEICだって、必ずしも会社の命令で仕方なく、じゃないのです。単純に英語が好きだったり、旅行や趣味のためだったり。TOEICは受験者が多いので情報や参考書も豊富だから選んだだけかもしれませんよね。

かくいう私も、会社は無関係。たしかに私の勤務先でもTOEIC受験がある段階の昇格試験で必須条件になっていますが、もうそこはだいぶ前に突破しちゃってますし。仕事で英語を使う機会もほとんどありません。
私が英語の勉強をしてるのは、ひとつは海外旅行の際にコミュニケーションで困らないように、ふたつめはHarvard Business Reviewなどの海外の経営学・マーケティング情報に触れられるように、これだけ。お仕事も会社も関係なし。

経営とかマーケティングとか、それって仕事じゃん、と思われるかもしれませんね。
でもこれ、趣味なんです。私は大学で経営管理論のゼミにいました。組織論やマーケティングなどの論文を読むのは、仕事を始める前からの趣味で、おそらく仕事を引退してからだって読むでしょう。歴史や社会問題に関する本、あるいは小説を読むのと、私の中ではあまり変わりません。
たまたま仕事に役立てることがあったとしても、それはホントにたまたま。だいたい、仕事のためにそんなに苦労して英語の文献を、しかも休日に読みますか?

オジサン達が若者を十把一絡げにして評価したがるのと同様に、若い人たちにとってもオジサンはおおざっぱなまとまりとしてのオジサンなんですよね。
でも、学びというのは大学卒業までで終了するものじゃない、というのはおわかりだと思います。オジサンが突然英会話スクールに通い始めたからといって、それは仕事の必要じゃなくて単なる好奇心からの行動かもしれないのです。
多くの大学の教室には、相変わらず20歳前後のかたが並んでいるのでしょうけど、いろいろな年代の学生が同居するようになるのは決して遠い将来ではないと思います(たぶん、そんな風景はちょくちょく見られるようになっているんじゃないでしょうか)。
なので、次にTOEIC受験会場でオジサンの姿を見ても、「会社の命令なのね、かわいそうに」などと同情する必要は、ないんですよ。

94人のデータから電子辞書利用の実情を読み取るのが妥当なのかどうかには目をつぶるとしても、下記の記事、ヘンじゃありません?

 たくさん入っているポータブル電子辞書、でも使うのは英和/和英/国語辞典(Yahoo!ニュース)

あ、オリジナルのニュースはこちらです(japan.internet.com)
ええっとですね、どのような調査シートを使ったのかが明記されていませんが、電子辞書のユーザーに「ポータブル電子辞書の中の、どの辞典をよく使用しますか。」と尋ねたら、この調査のトップスリーである「英和」「国語」「和英」が多くなるの、当たり前じゃないですか。
この記事、「国語辞典、英和辞典、和英辞典のみの低価格ポータブル電子辞書をどこか作ってくれないだろうか。」という結論のお馬鹿さ加減もさることながら、データを調べ、読むという行為について大きな勘違いをしています。

そもそも、聞けば必ずそう答えるであろうことが容易に推測できる回答を、麗々しく発表する段階で、調査会社としては営業スキルが不足しています。
この手のリリースを出すのなら、ちょっと目をひく情報、なるほどなと思わせる発見のある結果や分析をチラリと披露するのでなければ、見込み客を引きつけることなどできません。結果の詳細を有料販売するのがビジネスなのだから、営業活動はもっとちゃんとやらないとダメです。
この発表からわかるのは、この調査をした人々は当たり前の情報をわざわざ調査して、やっぱりそうでしたと公表する程度のスキルの持ち主である、ということです。

辞書に関する調査とした場合、「英和」などというのはあまりにもおおざっぱ。
電子辞書をかなり使い込んでいるユーザーならば、英和辞書も使い分けています。もちろん英和だけでなく、英英辞書やシソーラス、コロケーションなどの利用頻度も(少なくとも他のおまけ機能よりは)ずっと高いでしょう。
公表されている情報から見る限りは、調査から何を知りたいのか、どんな人々のどんな行動を調べたいのか、といった意思が感じられません。ただ漫然と、辞書というものについて尋ねてみました、というところ。たとえ営業活動のためのお試し調査であっても、こうした漫然とした調査をする機関はあまり良い評価はもらえないと思いますよ。

で、出した結論が「国語辞典、英和辞典、和英辞典のみの低価格ポータブル電子辞書をどこか作ってくれないだろうか。」なんですよね。
ハイ、冷静に考えましょう。30も40もおまけが入ってるのにたった数万円で買える電子辞書、おまけコンテンツを全部抜いたからといってどのくらい安くなると思いますか? まさか辞書が3つだけだから5000円でけっこうです、という妄想、してないですよね?
所詮は、こんな感想しか書けない程度にしか、辞書というものを使っていない人物が企画した(のではないかもしれませんけどね)調査結果、お金を出して買う人っているんでしょうか。少なくとも、真面目に辞書のマーケティングをしている人は、見向きもしないと思います。
まったくお粗末な仕事としか、いいようがない。

今日(11月26日)は第127回のTOEIC公開テストでした。
通っている英会話スクール(AEON)で講師陣も全員で受ける、というので、勧めに従って受験してきました。9泊11日の旅行から帰った直後だけに、リスニングは多少有利かとも思っていたのも理由の一つ。

今回の試験、結論からいうと初めて試験時間が余りました。ただしたった10分ほどです。
前夜に公式問題集をやったときにも10分余ったのですが、理由としてはPART5を15分、PART6を10分で片付けることができたから。PART7のリーディング問題では50分ほどを使えることになり、1問について3分ほどで終われば40分で終わるという結果。時間配分は前夜の模試とほぼ同じでした。
10分あると、気に掛かった問題を見直す時間が十分にあり、実際一問だけあとで見直して回答を変えました。あっているかどうかはわかりませんけどね。

手応えとしては、前回のスコアくらいは何とかなるかな、という感じ。
とはいえ、TOEICスコアは相対評価ですから、問題の難易度が下がれば受験者の平均点も上がり、過去の問題との比較からもそれほどスコアがインフレーションを起こすとも思えません。まあ、800を切らなければそれで良いかな、というくらいです。
ちなみに前夜の公式問題集の結果は、リスニングで11問、リーディングで15問間違えてトータルスコアは835~920でした。まあ、850に届くかどうかくらいですかね。

以前は、TOEICで800点以上というと英会話には全く苦労しないほどの実力と思っていたのですが、実際にはそんなことはありませんね。
日常会話だってちょっと早口で話されるとついて行けませんし、何をしゃべるか考えながらではなかなかスムーズな会話ができません。そこそこ決まり切ったやりとりなら苦労しない、という程度です。

会場は学生さんから20代前半くらいと思われるかたがほとんどでした。
毎回思うのは、TOEICはかなりビジネスの場面に特化した試験ですので、英語が得意でもビジネスでの用語や言い回し、あるいはビジネス場面での常識にそれほど慣れていない若い方にとっては、けっこう難しいのだろうな、ということです。
リーディングが時間内に終えられない、という声も良く聞くのですが、話題となっているコンテクスト自体が理解しにくいからかもしれません。

私自身にとっては、TOEICの「長文」はかなり難易度の低いものに思われます。
おそらく、海外のWEB通販を日常的に使っていればあまり迷うこともないでしょう。私は毎月「Harvard Business Review」を定期購読していますが、TOEICでの読解13問を全て読むよりも、HBRを2ページ読む方がしんどいと感じます。
TOEICのリーディングを早く終えたいかたは、あのレベルの文章を読むよりも、少しレベルが上の英文をある程度の量読み続けるのが良いように思います。

まあ、結果が出ていませんので、偉そうなことをいっている割にはスコアは伸びないかもしれません。
それでも、私の現時点での英語力は800でもできすぎ、という程度だと思っていますので、結果はどうあれ、次への課題が見つかれば良いかな、と思ってます。

アクセス解析のおかげで、このブログにきてくださったかたがどんなキーワードで検索されてきたかがわかるのですが、やはり多いのは「小学校英語 必修化」という語句(一応念のためですが、アクセス解析ではアクセスしたかたのプライバシーはわかりませんのでご安心を)。
文部科学相の発言などもあって、相変わらずホットなテーマといえそう。

もちろん、教育はとても大事だと思いますので、この件についても賛成・反対両方からさまざまな意見が出てくるのはよいことだと思います。私も、毎日というわけではありませんが、このテーマについて書かれたブログを読み歩くことが増えました。
とはいえ、単なる印象とか感情だけで反対や賛成を声高に論じても、お互いに得るところは少ないんじゃないの、と感じることもしばしばです。
中でも目立つのは次の3つです。
・学校教育に対する過剰な期待感
・誇張される英語の「必要性」
・並立できる国語教育と英語教育との対立概念化
これらのいずれもが、さしたる根拠もなく各論者の中で前提となってしまっていて、議論がかみ合わない原因となっているように思えます。

●学校で教わっても身についてないのは、英語だけじゃない

まず気になるのは、多くのかたがたが「自分は中学高校と英語の授業を受けたが全然話せない、日本の英語教育は根本的に変えないとダメだ」という実感から意見を組み立てていることです。裏を返せば、「ちゃんと教えてくれれば英語を話せるようになったのに」という根拠のない主張、というか繰り言。
賛成論にせよ(だから若年のうちから始めるべきだ、等)、反対論にせよ(いまの教育ではやっても無駄、等)、そもそも「自分が身につかなかったから学校教育に問題がある」という姿勢は正しいのですか? という違和感が消えません。
「中学・高校での教育のうち、オトナになって応用可能な程度に身につくのはごくわずかで、あとはほんの数ヵ月間"わかった気になる"だけ」というのが、英語に限らず学校教育の現状といえるんじゃないでしょうか。そんなことない、と思うかたは、紀元1世紀までのローマの版図拡大によって地中海世界にどのような変化がもたらされたか、A4サイズに1枚のレポートを書いてみてください。これ、中学校で確実に習ったはずですよ。
数学も社会も理科も、もちろん多くのかたが「大切だ」とおっしゃる国語も、小中高と習ってきた膨大な知識のほんの一部しか、身に付いていないように思えるのですがいかがでしょうか。

ほとんどのオトナはアルファベットが読めるし、「An apple」は「リンゴ」「An orange」は「オレンジ/ミカン」だと認識できる。それって数学や歴史であなたが理解し、記憶にとどめ、日常生活や会話の中で応用可能な知識とさして変わらないのではないですか。
誰もが興味を持てた分野については、そこそこ学校で習ったことを憶え、役に立つわけでなくても図書館で本を借りたり、関連するテレビ番組を見たりして多少の知識を持っているのではないかと思います。公教育では多くの子供たちの広い知識欲に個別に応えることは難しいので、一定の範囲を決めて幅広い知識を紹介するのです。英語はその中の一部でしかない。
英語に関心を持ち、あるいは面白いと思った子供は将来英語の使い手になれるかもしれません。小学校でできることは、その入り口を設けることでしかないように思えます。「しか」と書きましたが、門前払いではなく、うまく関心を引きつける入り口を作るのはとても難しいことです。毎日のように多くの教師たちがその実現に苦労されていることでしょう。小学校での英語教育が、単独で「英語が苦手な日本人」の解決策になるなどという思い込みは危険です。

●英語ができないと就職できないとか昇進できないといったデマには辟易

そもそも、なぜそんなにまでして英語を学ばせなくてはならないのか、についての思い込みも激しすぎるように思えます。
やれグローバル化だ、やれ就職にも英語は必須だと、とくに熱心な英語教育業者などは脅しつけるように英語の必要性をうったえます。ひどいのになると、「TOEICやTOEFLのスコアが一定以上なければ有名企業には就職できない」だの「一流企業では社内会議を英語で行っている」だの「英語ができないものは昇進できない」だのと、ほとんどでまかせに近い。アホなこといいなさんな、なんで日本企業が日本国内でやる会議で、わざわざ効率を落として英語をしゃべらにゃあかんの。一部の企業が何らかの目的でやってるだけのことを、いきなり世間一般に広げちゃダメです。

いずれにせよ、英語が話せなければ生きていけないなんてことは、ありません。不自由なく英語が話せれば便利だし、可能性が広がることはたしかですが、その程度のことだという認識をきちんと持って冷静に考えるべき。
国際的な取引やコミュニケーションの機会は増え続けており、英語を使わざるを得ないケースに突き当たる可能性は高まっているでしょう。けれど、それが全てではありません。

必要だから教える、は、必要ないからやめる、に直結します。
歴史や化学は、ほとんどの人にとって英語よりもずっと「必要度」の低いものです。ならば学校で教えるのはやめます? 時代に応じて子供たちに幅広い入り口を示すことが必要なのであって、オトナが自分たちのルサンチマンをはらすために急に英語英語と騒ぎ立てるのはあまりに身勝手。そして教育業者が声高に英語の重要さをうったえるのは、単なる営業活動と聞き流すことも重要です。

●国語教育に力を入れること=英語には触れさせないこと、じゃないでしょう

また、とくに反対論を唱えるかたがたの多くが、国語教育に力を入れろとおっしゃる。ええっと、小学校卒業時に、いま使っている日本語の基礎をきちんと学び終え、美しい日本語の使い手になっていたと言い切れるかた、手をあげてください。
小学生の日本語なんて、ひどいもんです。流行には弱いし、仲間内で符帳をつくって遊ぶのは日常茶飯事だし、ゲームやアニメやネットなど新しい言葉を仕入れるネタには困りません。だいたい、今も昔も、学校を出て社会人になって最初に教えられるのは、身なりや言葉遣いじゃないですか。言葉なんて、一生かけて身につけるものです。
国語教育に改善の余地がありそうだ、ということは多くのかたに共有された問題意識だと思います。ならば、英語教育と同様に、なぜ必要なのか、小学校ではどこを目指すのかを具体的に示して別個に議論すべきです。でないと、永遠に到達できない目標を定めてしまうことになりかねません。子供たちと教師を、オトナの妄想の犠牲にしてはいけません。

だいたい、学校以外の場所で子供たちは毎日英語に触れています。子供たちを英語を含む外来語から切り離して純粋培養できるならばともかく、否応なしに日本語以外の言語や、日本人にはなじみの薄い物事のとらえ方、考え方に触れながら生きていかねばならないのです。
小学校では国語を大切に、といってたかが週に1単元の英語教育に反対するかたは、それ以上に"有害な"情報から子供たちをどうやって"守る"のかを示していただきたいな。ネット接続は禁止だし、もちろん英語の曲や映画やドラマも禁止ですね。日本語を学ぶ大切な時期に第二言語は有害、などとしたり顔で語るのなら、横溢する英語情報からの悪影響をどう排除するのかを先に考えていただかないと。
すでにあって、無視できないものとは共存していかねばならないでしょう。無視したり、相手を破壊したりではなく。

話を戻すと、国語教育の充実と、小学校での英語教育(あるいは異文化コミュニケーション)の導入とは両立できるもののはずです。
英語を国語教育や日本人のアイデンティティ(!)の敵とみなして非難する人をときおり見かけるのですが、もうちょっと頭を冷やしてはいかがでしょうか、という感想しかもてません。少なくとも、この状態では議論にならんだろうなあ、と。
大人たちは教育問題を語るのが大好きですが、子供たちにとっては毎日の問題ですし、教師をはじめとした教育関係者にとっては仕事の環境を大きく変える話。議論は大いに良いとして、いい年をしたオトナがあまりに短絡な思い込みや業者の甘言を鵜呑みにしてわめき立てるのは、当事者にとって非常に不幸なことではないかと思います。

英語に関しては私は人のことをとやかくいえるわけではなく、つい4年前までは英会話教室に通うわけでもなく、「ある朝目覚めたら英語ペラペラになってないかなあ」などと妄想していたクチです。
ときおりはてなブックマークで英語学習に関するブログがとんでもない勢いでブックマークされているのを見ると、ああ、英語ってそういうものなんだな、と再確認できます。

そういうものなんだな、というのは、気になるし使えるようになりたいとかなり強く願っているけど、そのための苦労や投資を考えると手を出せずに、ただ気になっているだけの状態が続く、という感じ。
気になっているので、英語学習に関する人気エントリーがあると反射的にブックマークしてしまうかたも多いのでしょうね。たとえば、最近びっくりしたのが下記の記事です。

 Podcasting(TOEIC900 英語勉強法)

見ればわかるんですが、ただのアフィリエイト目的サイトで、情報は皆無といって良いもの。podcastはアップルやソニーのプレーヤで聞けます、たとえばこんなニュースサイトがありますといってリンクを三つ。あとはiPodやらのアフィリエイトリンク。
にもかかわらず、この記事のブックマーク数は今日現在で157。中におひとりだけ「これはひどい、アフィリエイト」タグを付けているかたがいらっしゃいますが...

今日の人気エントリーに入っているものにも、上記とは違いますが、首をかしげざるを得ないものが見つかります。

 インターネット時代のお手軽英語勉強術――リーディング編(ITmedia Biz.ID)

このブックマーク数が180です(10月12日22時半現在)。
この記事、なんだか真面目に社会人の英語学習法を考えて書いたとは思えません。なんかこう、適当に英語ネタでいってみるか、Googleツールバーのポップアップ辞書って意外と知られてない感じだしね、とかいったノリで書いた感じ。
それでも、こんなに多くのかたが参考になる、あとで参考にできるだろう、と判断されたのですね。不思議。

私がなぜこの記事がダメだと思うか、書きます。
まずは紹介されている辞書ツールは、たいした助けにはなりません。
著者の徳力氏もおそらくお気づきだと思いますが、Googleツールバーの辞書ツールは、かなり基本的な単語しか訳してくれません。これを使ったくらいで、英語のブログエントリを怖がらずに読めるなどということがないのは、1時間も使ってみればわかります。本当に辞書をひかないとわからない単語は、意味がポップアップされないのですから。

しかも、単語の意味がわかることが、英語がわかることではありません。
辞書ツールでわかるのは単語の意味だけ。このレベルの辞書で助かる読者にとって問題なのは、長いセンテンスで主語と述語を適格につかむことや、関係詞の指す対象や句・節の区切りをきちんと把握することです。ポップアップ辞書にはこれは不可能。もちろん、熟語の意味だってわかりません。
この辞書ツールが役立つのは、中学高校で習った文法の知識はきちんと残っていて、文章の構造はほぼ理解できるけど、とてつもなく語彙力がなくて単語は中学3年間にならったものさえ危うい、という読者くらいじゃないでしょうか(もっとも、知らぬ間にバージョンアップされてどんどんと使い勝手が良くなる可能性は、ありますが)。

Googleツールバーに辞書ツールがあるからといって、学習に役立つ英語のブログを読むことなんて、徳力氏が書いてるほど簡単じゃないわけです。
また、英語を読んで単語の意味さえわかれば文意が取れる読者にとっては、このおまけの辞書など気休め程度にしかなりません(辞書ひく前出ればラッキー、という程度)。
たしかにこの記事を読んで「やってみるか」と思い立つかたが何人かいれば、それはそれで価値があるのでしょうけど、その結果「やっぱりダメじゃん」になっちゃうのでは元の木阿弥ですね。

また、「英語は勉強したいけど、社会人だと仕事が忙しくて勉強するヒマがない」と思っている人がやってみようと思い立ったとして、読むサイトはきちんと選ぶべきです。
たとえ趣味や関心領域と重なったとしても、書いてる英文がちゃんとしている保証なんかありません。日本語を学びたい海外の高校生が、2ちゃんねる用語が数行おきに出てくるブログを読んでいる姿を想像してみましょう。
梅田さんのブログを紹介して責任を逃れるんじゃなく、新聞社やメディアのサイトでも何でも良いから、おすすめのサイトを紹介するのが親切というものでしょう。

ちなみに、私がビジネスパースンにおすすめするとしたら、次のサイトです。
 FC NOW - The Fast Company Weblog
 business2blog:B2Day
また、辞書ツールに関しては「Personal Dictionary(PDIC)」「DokoPop!」をおすすめします。シェアウェアなので有料ですが、たしか「英辞郎」を買うとライセンスつきのはずですので、辞書データも入手できて一石二鳥でしょう。

「DokoPop!」を使えば、未知の単語や熟語上で右クリックをすると登録された辞書(私は「英辞郎」を使ってます)からの意味がポップアップ表示されます。マウスオーバーのように何でも表示される鬱陶しさがありません(ただし、OperaやAcrobatで使えないのが難点)。
しかも、さすがは英辞郎で、ほとんどの単語や熟語で意味が表示できます。これだと、ときおり未知の単語や表現の出てくる英文をPCで読んでいくのが非常に楽になります。
少なくとも、Googleツールバーの辞書とは、次元が違っていると思いますよ。おすすめです。

小学校の英語教育に言及するかたによく見られるのが、「そんなことよりも、美しい(正しい)日本語をきちんと教えてほしい」という発言です。
そういわれると、なんとなく「そうだよな、最近の日本語の乱れは目に余るしね」と思っちゃうのが、大きな問題。そうやってそれが実現できるのか、阻害要因は何かを考えなければ、一種の思考停止です。

こうした発言の主は、たとえば小学校での国語の時間を増やすことで、子供たちの日本語の乱れをただすことができると思っているのでしょうか。
少なくとも、英語教育よりも国語を、という発言が要求しているのは、学校教育におけるリソース配分を国語に重点化するように、ということになるはずです。でも、それって本当に有効な解決策になりうるのでしょうか?

誰でも昔は子供だったわけですが、自分が子供のころに使っていた日本語が「美しく」て「正しかった」と言い切れるかたはどれほどでしょうか。私もはっきりとした記憶はありませんが、相当ひどかったであろうことはたしかです。
「いまよりはマシだった」とおっしゃるかもしれませんが、さらに上の年代からはどう見えていたかを考えると、それほど説得力はありません。
子供たちが日常接する日本語は、教師が授業中に使うものばかりではなく、むしろ、友達との会話やテレビの視聴からのものが多いはず。そして親が使う言葉でしょう。
テレビのバラエティ番組はいうに及ばず、多くの親御さんたちは子供の前で「美しく、正しい」日本語を意識して使っているでしょうか。近所の子供のいる前で、乱れた言葉を使わぬように気を遣っているでしょうか。かなりの個人差があると思います。

躾の問題でも同じような構造があるわけですが、親が自分で使えもしない、そして目指してさえいない「美しく、正しい」日本語を、学校で教師が子供に教え込んでくれると期待するのは、あまりにムシの良い話。我が子に汚らしい言葉をさんざんインプットしておいて、浄化は学校任せなんて話はありません。
子供が「美しく、正しい」日本語の使い手になることを望むのなら、まずはバラエティ番組などを見せるのをやめ、家庭内でも使う言葉に気をつけることから始めねばなりません。先ず隗より始めよ、当たり前ですね。事実、私の友人でもきちんとした言葉遣いのできている家の子供は、けっこうちゃんとした日本語の使い手に育っています。
日本語が乱れているとして、それは「子供たちの日本語が乱れている」のではなくて「かなり多くの日本人の日本語が、乱れている(そしてそういう日本語の使い手が、子供を持ち育てている)」のです。

ところで、小学校のうちから「美しく、正しい」日本語を話す子供って、そもそもちょっと不自然じゃありませんか? 子供の言葉なんて流行に踊らされ、仲間内の符帳にあふれていて当然のもの。
どちらかといえば、10代から20代を過ぎるあいだにさまざまな経験を積んで、まともな日本語を学び、身につけてきたのではないかと思うのです。「正しい日本語を」なんていう主張は、それができなかった(と、自分なりに思っている)大人たちが、「これからの子供たちには」と思っているだけの話ではないでしょうか。自分が努力せずに子供に期待しちゃいけませんよ。
そして、この構造って、英語教育に期待するのととてもよく似ていますよね。

教育を語るとき、子供たちにとってのメリットを考える以前に、自分のルサンチマンの代償を求める大人が多いように思えるのです。ゆとり教育だって、当時の大人たちが望んだ結果だったのではありませんか。
あまりお粗末かつ陳腐な理屈で、子供たちを振り回さないようにしたいものです。

下記の記事において、先日の伊吹発言の詳細を読むことができました。

 先日の伊吹発言(公式発表)(女教師ブログ)

まず私も含めてですが、こうした元情報によらずに新聞報道を読んだだけで判断をするのは、やはり危険ですね。
たとえば朝日新聞による「私は必修化する必要は全くないと思う。美しい日本語ができないのに、外国の言葉をやったってダメ」という記事からは、いかにも頑迷な国家主義者が英語教育に反対しているかのような印象を受けます。伊吹氏の本音がどこにあれ、少しかわいそうな報道でしたね。
とはいえ、文部科学省のサイトで読める伊吹氏の発言を見ても、氏が小学校での英語教育にはやはり熱心とはいえないことがうかがえます。

9月29日の伊吹発言を改めて読んでみましょう。下記の発言からは英語の運用力をあくまでもオプションととらえ、さほど重視していないさまが見て取れます。

私は英語教育をやること自体は反対ではないんです。例えばお菓子を食べる、おいしいケーキを食べるということは、余裕があればやればいい。しかし、おいしいケーキや和菓子を食べるということは決して悪いことではないけれども、基本的に体を維持していくために大切なたんぱく質やでんぷん質などが十分体に摂取をされた上で、なお余裕があれば食べればいいのではないかと思います。先ほど言ったように、中央教育審議会で色々な方が色々な立場からご議論なさっているので、その議論を聞かせてもらったら良いし、私は私のご意見をそのときに申し上げたいと思います。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

国際語としての英語運用能力は、食べなくてもかまわないお菓子ではなく、必須栄養素になりつつあるという認識は、お持ちではないようです。

また、英語教育に慎重であるべき根拠は、次のように示されます。

皆さん同時に学力の低下や、日本語の乱れということも報道されていたりしていらっしゃるわけでしょう。だから僕は記者の皆さんにむしろ伺いたいのだけれども、今の学習指導要領などに決められている時間の配分の中で、英語をやったほうが良いと思いますか?
 そしてもうひとつ、よく検証しておかないといけないのは、今も国際的な感覚を磨くだとか、外国人に触れて外国のものの考え方を聞くとか、そういうことは総合的な学習の時間の中で、現にやっているわけでしょう。英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。外国の人が来て、外国の歴史や自分たちの国の実情を話してくれるのを聞くということは英語教育なのか、これは受け止め方によると思います。
 これはもう、色々な立場で意見が違いますから、私は私の意見を押し付けるつもりはありません。国会の場で皆で教育基本法改正の議論をして、各々の価値観、判断を出し合って、国民の前にさらして理解していただき、皆さんにも報道していただきたいと申し上げているのと同じことです。英語教育は悪いとは僕は言わないけれども、優先順位を考えるとどうなのかなということです。余談ですが、私の子どもは英国で生まれて3つまで英国で育ったけれど、日本に帰ってきて1ヶ月もしたら、英語なんて全然話さなくなってしまった。人格形成や基本的な素養を身につけさせる中で、国際感覚を磨くとか外国の文化に触れるとか、そういうチャンスを小学校で何らかの形で設けるというような打ち出しであれば、非常に良いですね。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要

3歳まで英国で暮らしたけれど1ヶ月で英語を忘れたという伊吹氏のお子さんが、いったい何を立証しているのか不明で(少なくとも、小学校高学年において英語教育に時間を割く優先度が低いことの証明には、なっていません)、こうした無関係の事例をとりあげて議論を煙に巻くのは、そこら中で"オトナ"が良くやっていること。たしかに「意見を押し付け」てはいませんが、無用なエピソードで議論をすり替えようとするのは、こうして読むととてもいやらしく感じられるものです。

冒頭ブログのリンクをたどって、改めて2006年3月に出された中教審の提言(リンク先PDF文書)を読んでみました。
内容としては、スキルとしての英語よりも、異文化を理解する国際コミュニケーション力の醸成が目的であること、その中で、必要な英語のスキルについても教えることが、ここでいう小学校での英語教育であるようです。
ちなみにこの提言、たった24ページのものなので、このテーマに関心のあるかたは読んでおいて損はないと思います。

現実場面を考えると、たとえば異文化に触れるといっても全てを日本語で行うのでは、社会科の授業とあまり代わり映えしません。提言の主旨である国際コミュニケーション力の醸成を考えるならば、外国語を使ってみる、という活動は不可欠でしょう。
けれど、根本的に「ABC」が読めも書けもしない子供たちが、どうやって英語でのコミュニケーションを体験するのでしょう。提言の中でも、挨拶や簡単な会話などの言語活動が必要であることが述べられています。リンゴの絵を示して、下にカタカナで「アッポー」とか書いて読ませるのでもない限り、やはり授業のどこかでアルファベットを教えることは必要であり、「I」は「わたし」であり「apple」は「りんご」であることを知る必要があるのです。なんのことはない、中学一年生の英語の授業がスライドしてくるわけ。

小学校での英語教育が、英語そのもののスキルを目的としないといっても、最低限のスキル(アルファベットの判別ができるとか、単語という概念を持つこと)が不要なわけではありません。
伊吹氏は「英語教育というのは、言葉のニュアンスから見ると、アルファベットから教えるような感覚になってしまうんですよね。」と否定的に取り上げますが、アルファベットを一切教えずして、英語を母国語とする人とどんなコミュニケーションが可能なのか、教育の現場は困ってしまうのではないでしょうか。
提言の内容、文部科学大臣の言葉、そして実際の教室で行われるであろうこととには、とても大きな距離がありますし、そこで苦労するのは教師たちであり、誰よりも子供たちです。

日本人として生きていく最低限の素養が十分身についているならば、そして色々な文化、違う民族の人の文化を理解する態度を養うとか、そういう趣旨であれば、小学校の中でやっても良いし、アルファベットから会話を教えるということまでやるということであれば、それは日本人として生きていく最低限の素養をマスターした上でやった方が良いのではないかということです。(文部科学省 平成18年9月29日大臣会見概要
伊吹氏はこうもいいますが、「日本人として生きていく最低限の素養」をどう定義するかによっては、高校生や大学生だって英語を学んでは行けなくなってしまうじゃないか、社会人の英会話教室通いも論外、ということになりませんかね。その気もないのに、「もう一段高いレベルの仕事ができるようになったら、昇格を考えるよ」などというのと同じ。ムービングターゲットは、蜃気楼のようにいつまで経っても到達できないものです。

英語のスキル教育と、国際コミュニケーション力とは、分離して片方だけを教えられるものではありません(まあ、中国語やスペイン語でも可能ですが、いずれにせよ外国語のスキル教育とは不可分です)。
それを無理矢理観念の中で区分して、一方は認めるけど、もう一方には賛成できない、という発言をこの大臣はしているわけです(中教審の提言は、不可分であることを認めた上で、どちらが目的であるかを明確にしているに過ぎない)。結果としては、分離できない以上はどちらも実行できない、というのが結論にならざるを得ません。
いってみれば、伊吹氏は提言の内容を指示する体裁は整えつつも、それが実行不可能な環境作りを狙っているように思えるのです。この人物、やはり文部科学大臣として教育改革の担い手とするには、不安が大きいのですがいかがでしょうか。

文部科学大臣が、小学校での英語教育の必修化に否定的な見解を述べ、話題になっているようです。
別の記事では英語をお菓子にたとえているようですが、英語が必須ではないと考えているこの大臣の国際感覚や教育観、大丈夫ですかね?

 伊吹文科相:英語必修に慎重な考え示す(MSN毎日インタラクティブ)

私は何度か書いているとおり、小学校での英語教育必修化には消極的ながら賛成しています。理由は以下のとおり。

賛成する理由としては、これからの子供たちが英語なしで一生生きていけるとは思えないし、英語を捨てることはかなり選択肢を狭めてしまうであろうこと。そして、いまやアルファベットは日常使う文字のひとつであること。
消極的にならざるを得ない理由は、小学校で英語といっても何を教えるのかがあいまいなまま導入の話ばかりが進んでいるように見えること、そして教員の質と量が確保できるのか疑問であることです。

小学校での英語必修化に反対する理由として、上記の伊吹文化相もそうですが、「美しい(正しい)日本語の教育が先決」というのがあります。
でもね、今すでに日本語が「正しく」教えられていないと思っているんですよね? だったら、まずやるべきことはゆとりだの総合学習だのといっていないで、授業の量を増やすことじゃないでしょうか。週に1時間を英語に振り向けるから、国語教育がだめになるのではありません、すでに自分たちの手でだめにしてしまったのです。
授業の時間を増やし(戻し)、そこで国語教育を充実しつつ同時に英語の時間を捻出することは、不可能ではないでしょう。

もうひとつ、誰でも気がつくことですが、算数も社会も理科も、日本語で教えていますよね。これって日本語教育じゃないのですか? 教師が児童と話す時間のすべてが日本語教育です。親が子と話す時間のすべてが日本語教育です。
それをどうすべきかをろくに議論もせずに、年にたった30時間ほどの英語教育を槍玉に挙げたって何も解決しません。

そもそも、現実に英語教育が行われていない以上、国語力の低下(と思われている現象)の原因は英語にはありません。むしろ、国語力の低下など私が子供のころから(つまりはゆとり教育よりずっと以前から)いわれていること。
また、優先順位の議論をするにしても、国語教育と小学校での英語教育充実の二項目だけで議論をすべきではないことは明白です。英語教育よりも優先度を低められる活動は、ゼロではないはずです。
「やっぱ国語が大事だよなあ」などと伊吹文化相に共感されるかたは、ご自身がこの単純な議論のすり替えに乗せられていないかどうか、きちんと考えたほうがよさそうに思えます。
職場でのコミュニケーションでもみなさんが経験されているとおり、苦しい理屈付けの裏側にはあまりきちんと説明したくない本来の理由があるものです。

ときおりネタのヒントをいただくブログのエントリです。

 「アンティオックはどこの国?」(On Off and Beyond)

私もタイトルを見たときに「うーん、アンティオックって聞いたことのない土地だよな」と思ってたんですが、本文の冒頭に「Antiochian Orthodox Church」とあるのを読んで「それってアンティオキアのこと?」と納得。

歴史の授業は、どちらかといえば嫌いだったというかたが多いのでしょうけれど、私は中学・高校を通じて一番好きな科目だったといえます。
暗記が苦痛だったという記憶はほとんどなくて、試験前になると百科事典などをかき集めてノートを作るのが無上の喜び。当然、世界史は倫理社会と並ぶ得意科目でした(なぜか、日本史にはそこまでの情熱が沸かなかったのですが)。

そんなわけで、アンティオキアとかアンティオケイアといってもらえば、セレウコス朝シリアの都市であったとか第1回十字軍もきたっけな、とか、それなりに親しみにある地名。
ところが、「アンティオック」と読まれるとなんのことやら。きっと上記エントリの会話に私が立ち会ったら、最後の最後までアンティオキアには思い至らずに終わったかも。

同じような話は他にもあって、アメリカでワインを頼んだときに「おすすめはバーガンディ(Burgundy)だ」といわれていったい何じゃそれ、と思っていたら、なんとブルゴーニュ(Bourgogne)のこと。
なのにボルドーはボルドー、しかしシャンパーニュはシャンペーン。一貫性がないことこの上ありません(当たり前ですが、「シャンパーニュください」というと「シャンペーンね」と言い直されます。ちょっと悔しい)。

私が大好きだった高校の世界史の授業でも、同様の問題がありました。
この教師、なぜか歴史上の人物を英語読みさせたがる人で、「エカチェリーナ」でも一応正解なのですが、かならず「これは英語読みしてカザリンだ」と訂正されたものでした。だったらフランス王でも「アンリ」じゃなく「ヘンリー」で「シャルル」じゃなく「チャールズ」だろうとか思うとそれは違うのですね。こちらも一貫性なし。

日本の歴史教育では、だいたいはその人物が活躍した現地の発音を尊重しています。
「ジュリアス・シーザー」「アントニー」ではなく、「ユリウス・カエサル」であり「アントニウス」。地名もしかりで、「セントピータースバーグ」とか「アセンズ」とかはいいません。全てがそうとはいえないまでも、現地の音を尊重するのが基本姿勢といって良いでしょう。

英会話をやっていると、このあたりの感覚が狂ってきます。アメリカではとにかくアルファベットを自分たちの都合の良いように読むことが多いよう。
これはさまざまな人びとが集まる場所である以上仕方がないのかもしれませんが、冒頭にあげたとおり「アンティオック」になってしまうわけで、日本人としては基礎教養が役立たなくなってしまう。おまえ、「アリスタートル」や「シセロー」もしらんのかとバカにされかねないのですが、「アリストテレス」や「キケロ」くらいみんな知ってます。
ぼやいてどうなるもんでもないのですが、こういった固有名って使う機会がなければ英語でどう発音されてるんだろうかなんて気にしていないもの。文章を読んでいてもあまり気にならないものだけに困っちゃうんですよね。

いつも拝読している英語関係のブログの記事で、「Buzzwords」について触れられていました。

 Buzzwordsという名のまやかし(日向清人のビジネス英語雑記帳)

冒頭に出てくる「ビジョン」や「パラダイム」くらいよく使われる言葉が、内容のない流行言葉の「Buzzwords」とは思いませんが、流行の横文字を持ち出すのは説得というよりは「煙に巻く」ためであることが多いのはたしかですね。ましてや、英語でコミュニケーションを、というときに使いまくるのは危険そうです。
一方で、こうした言葉を好むのが「コンサルティング関係」「経営企画部」「経営評論家」というのはどうかな、と思います。意外と、勉強熱心な普通の管理職が好んで使いますし、一方でコンサルタントや管理・企画部門はあまり考えずに流行言葉を垂れ流すようなことはしません(知識をひけらかすことではなく、相手を説得するのが大事な仕事ですから)。

まあ、Buzzwordsの是非はともかく(たしかに空虚なものも多い一方で、共通言語になった狭い関係の中では問題意識の共有に便利なことはたしかなのです)、私が気になったのは次のくだりです。

また、「日本語化」しているものまであります。よく交渉が続いているときに、The ball is in their court.という言い方を聞きますが、テニスで、「ボールが相手方のコートにある」と言うのと同じで、要は、こちら側からボールを打ち返してある以上、今度は、相手の番だ、お手並み拝見というほどの意味です。例えば、先日、テレビのインタビューに答えて、自分は待っている方だということで、谷垣財務大臣が「ボールはもう向う側に行っていますからね」という言い方をしていました。アメリカ留学帰りの財務官僚がはびこらせているのでしょう。

谷垣氏がどこからこのフレーズを憶えたかは知りませんが(アメリカ留学帰りの~などという単なる憶測による決めつけはちょっと下品ですね)、コミュニケーションに際してボールをたとえに使うのは、わりと一般的なじゃないかと思います。
ただし、私が良く耳にするのは、テニスコートではなくキャッチボールのイメージですね。「こちらからボールを投げた状態です」「今度はこっちが投げ返す番だから」といったフレーズで、交渉ごとなどをボール(=条件・意向)にたとえているわけです。

少なくとも私の周囲でこのたとえを使っているかたは、留学帰りでもなければそもそも英語に堪能なかたがたではありません。もとが「The ball is in their court.」といった英語表現にあったとしても、輸入されてからそこそこ時間が経ち、より身近なキャッチボールのイメージに転化したように思われます。

このボールのたとえ、実際にはどこからきたんでしょうね?
少なくとも、「アメリカ留学帰りの財務官僚がはびこらせ」たものでないことは、たしかだと思うんですけど。
まあ、上記エントリの主題は、こういった流行言葉を不用意に使う危険、あるいはお構いなしに使われる不快感だと思いますので、谷垣氏がテニスボールと軟球のどちらを思い浮かべているか、なんてどうでもいいんですけどね。

<2006.8.29追記>
参照しているブログのエントリですが、引用部分も含めてかなり書き直しをされたようです。
したがって現状ではこのエントリの内容と齟齬が生じているのですが、書き直すことはせずにこのままにしておきます。先方にお願いしたいのは、誤字訂正程度ならともかく、ここまで大きな修正をするならば、ひとこと説明を加えるか、以前の文章を残して修正していただきたい、ということですね。

先日、「Ask Naotake!」で、レストランで「まあまあ」であること、あるいは「おいしい」ことを伝える表現についての質問をとりあげていただきました。Naotakeさん、ありがとうございます。
とはいっても、件のキャストが公開されたのはもう2週間も前で、既に次のエピソードが公開されてしまっています。相変わらず周回遅れに近い状態で聴いているもので、お礼まで遅くなってしまいました。

なるほど、「まあまあ」というときにはちゃんと問題点を指摘するのがよいのですね。
こういってはなんですが、アメリカでの「けっこうおいしい」食事って、日本にいれば「こんなもんかな」という程度のことが多いです。
有名なステーキ店だというので入ってみたら、確かに中はおいしいけど表面は炭のように焦げていてはがして食べなきゃならないとか、付け合わせのブロッコリーが生じゃないかと思うくらい固いとかは日常茶飯事。今度行くときには、「固い」「焦げすぎ」「塩っ辛い」などの表現をチェックしていくことにします。

さて、旅先のレストランでの会話についてですが、実は質問を書いたエントリではちょっと説明不足のところもありました。
私の旅行先というのは、普通の街ではなくてフロリダ州オーランドの「Walt Dinsey World」が非常に多いです。入るレストランというのも、このリゾート内のテーマパークやホテルのレストランが主ということになります。
もちろんチップのためのお愛想ではあるのでしょうが、乏しい経験から感じるのは街中の普通のレストランよりもかなり頻繁に話しかけてくるように感じます。相手の英語力にもよるのでしょうが、「どっからきたの?」「ここには何回目?」「このホテルに滞在してるの? いいところでしょう。実はおすすめがあって...」「もう○○には行った?」など。
リゾートでの顧客の満足度を高めるために、積極的にコミュニケートしようというのがキャスト教育に組み入れられているからでしょうが、普段英語を使う機会の少ない私にとっては、かなり貴重な英会話実践の場がレストランというわけです。

もっとも、土地柄か英語といってもスペイン語風の発音をする人が多くて、英会話スクールやNHKの番組での英語とはかなり違って聞こえます。今のはまさか英語じゃないだろう、と思っていたら、やっぱり英語だったということが何度も。
これからもフロリダが旅行先の多くを占めるのなら(あと南カリフォルニアなんかもそうですが)、英語の次にスペイン語を習った方が良いかも、なんて考えています。

私のTOEICのスコアについては以前も書きましたが、昨年夏の結果が最新で850です。
内訳は、ListeningとReadingが仲良く425ずつ。周辺で700前後以上のスコアをもつ人の話を聞くと、どちらかといえばListeningのほうが好スコア、という人が多くて私は少数派。周囲でのヒアリング結果では、私はListeningや語彙力では劣っている一方で、読むのは得意なほう、といえるんじゃないかと思います。

英文を読むのが楽になった時期については、割と明確に憶えています。
職場の近くの英会話スクールに通い始めて、最初は会話を中心に文法や表現方法を学ぶクラスを1年半続けました(AEONに通ったことのあるかたならばわかると思いますが、CheckPoint、ViewPoint、FocusPointをそれぞれ半年ずつ、という流れです)。
その後、ビジネスに関連するトピック(Financial Times誌の記事抜粋)を中心に毎週4ページずつ進むクラスに入り、毎回レッスン前の予習に2時間をかけざるを得ないようになりました。これが直接のきっかけ。

一回あたり英文を読む量は、ちょうどテキスト1ページ分ほど、これに問題文などもありますから、わからない単語や表現にぶつかるたびにいちいち辞書にあたっていたのではいつまで経っても進みません。むしろ、文脈から判断できるところは調べずに読み進み、全体を理解してから辞書を取り出す、という読み方に変わらざるを得ませんでした。
単純なことですが、これを半年間続けた結果、テキストに掲載されている文章ならばほとんど辞書なしで理解できるようになりました。すぐに訳せない単語でも文脈で判断できますし、動詞にしてもおおまかな意味は取れることのほうが多いです。読むリズムを壊して辞書をひくのではなく、概要を理解してから細部に入る読み方のほうが、ずっと効率的です。
毎週ある程度の分量を読み続けたことと、いちいち辞書にあたる前に辞書なしで概要をつかむ訓練をしたこと、この2点が大きかったのではないかと思っています。

続いて、その年の秋口にアメリカの大学でマーケティングや組織運営を学ぶ短期コースに参加する機会がありました。
出国前、事前課題としてHarvard Business Reviewの記事が10本ほど送りつけられてきました。さすがになかなか進まず、渡米して明日から授業が始まる、というタイミングで7割以上の未読を残してしまいました。背に腹はかえられません。移動中も読み続け、授業前夜も2時までかかって全てを読み切りました。もちろん、このときも辞書をひく時間などありません。おおまかに内容が理解できればそれでよい、と決めて辞書なしで済ませました。

実のところ、この研修の初日にZaurusにセットアップしてあった辞書ソフトがうまく動かなくなり、電子辞書ももっていなかったので2週間の研修を辞書なしで切り抜けざるを得なかったのです(つまり、辞書をひきたくても手許にはなかったわけで、こんな状態で良くもまあ、2週間を乗り切ったものです。というよりも、せっかくの海外研修というのに準備が悪すぎましたね)。
ここでも、英会話スクールのテキストよりもワンランク難易度の高い、しかも分量が数倍のテキストを、短時間・辞書なしで読まざるを得ない状況に追い込まれ、何とかしたことが自信につながりました。帰国後、定期購読を開始したHarvard Business Reviewは、いまでも毎月届いています。

そんなわけで、私がおすすめする英文読解をいまよりも楽にできるようになる秘訣は、次のふたつです。
・とにかく続けて読むこと
・いちいち辞書をひかずに概要をつかむ訓練をすること
もちろん、辞書をひかずに読み続けると、なんとなくわかるけどしっかりとは理解できない単語というのが増えます。こういった語彙は読むのは大丈夫でも、会話では使えませんから、ちゃんと辞書にあたることは重要だと思います。
とはいえ、とにかく一定以上の長さの英文を短時間で読めるようにするには、けっこう効果的なんじゃないかな、と思ってます。まずはWEBサイトのニュース記事くらいから、始めて見ると良いかもしれません。

先日のエントリでおすすめした、英語表現&シリコンバレーの生活文化を紹介されているポッドキャスト「Ask Naotake!」。7月に入って第44回が公開されていますが、こちらで紹介したのがばれてしまい(笑)、Shownotesからリンクいただいてます。
「ブログで『いつも聞いてます』という例」をShownotesに貼っておきます、とおっしゃっていたのがこのブログのエントリでした。

こちらのポッドキャスト、リスナーからの質問やコメントをメールやブログへのコメント、トラックバックなどさまざまな方法で受け付けています。
私も質問を考えたこともあったのですが、公開されてすぐにではなく一週間遅れで聞くことも多くて下手をすると周回遅れ(次の回がすでに公開済み)なんてことも多くて機会を逸していました。
せっかくの機会ですので、以前から困っている英語表現についてトラックバックで質問を書いてみようと思います。

私は仕事ではまったく英語を使わないため、実践で英語を使うのは年に1,2回の旅行の時だけです。行き先はアメリカがほとんど。
旅行といえばおいしい食事、というわけでレストランに入ることも多いのですが、あちらはチップの習慣があるためか、食べていると頻繁にウェイターやウェイトレスがやってきては「どう、おいしい?」「おかわりは?」などと声をかけてきます。
で、基本的には「Good!」などと答えるのですが、これを平坦にいうと「まあまあ」といった感じに聞こえてしまうようで、「Great!」「Wonderful!」などと大げさに強弱をつけて返したり、「Where does this salmon come from?」とか訊いてみたりするのですが、地元のものならともかくあまり話が盛り上がらないことも多くあります。
食事がまあまあだと相手にそれとなく伝えたり、あるいは逆にすごく気に入っていることをうまく伝える表現って、あるものでしょうか?

そういえば、ツール・ド・フランスのドーピング騒ぎには驚きましたね。
私の知人に長年ツール・ド・フランスを撮り続けているカメラマンがいらっしゃるのですが、先日、ランス・アームストロングが連覇を続けた1999年から2005年までの写真集が発売されました。その名も「マイヨ・ジョーヌ」
もし、ここをご覧になっている中にツール・ド・フランスやランス・アームストロングのファンのかたがいらっしゃいましたら、ぜひ手に取ってみてください。

今日(6月28日)はずいぶんとたくさんのページビューがあったようです。
読まれている記事を調べてみると、月曜日に投稿した「6月23日読了 ~ 「危うし!小学校英語」鳥飼玖美子著(文春新書)」と、「義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも」の二つでした。テクノラティでの検索結果からお越しのかたがかなり多いようです。

最初は、いずれかの記事がはてなブックマークにでも拾われたかと思ったのですが、そうでもありませんでした。なるほど、小学校での英語教育必修かというのは、かなり注目を集めているトピックなんですね。
私自身は小学生の子供を持っているわけではありませんから、この件については当事者ではなく、感想めいたことしか言えないのですが、こうしてブログに書いていることで微力ながらも「小学校での英語教育開始に賛成する」という世論形成に手を貸してしまうわけで、もうちょっときちんと考えてみようと思います。

前回紹介した本での著者鳥飼氏の主張するところでは、小さな子供のうちに語学教育を始めることが、外国語を身につける上でのアドバンテージにはなりにくいこと、むしろ、小学校のうちは異文化とのコミュニケーションの面白さを感じさせることが重要であるとされています。
私自身は、学校での勉強は(少なくとも中学卒業の頃までは)まったく苦にならなかったほうですので、仮に小学校で英語の授業が始まり「ABC」が習えたら喜んで飛びついたことだろうと思います。とはいえ、その後20歳を迎えた頃の英語力が、2年前倒しの英語教育によって変わっていたとは思えません。中高6年間の英語が、8年になったところでなんの違いもなかったであろうことは間違いありません。むしろ、会話中心になったといういまの教育を受けていたら、会話もままならない上に、文法知識も不十分、ということになったようにさえ思われます。

その意味で、小学5年6年の2年間に、たかだか年に35時間の基礎的な英会話体験授業を施したところで、その授業内容によって日本人の英語力が飛躍的に向上するわけなどない、という風に思います。前から書き続けているとおり、私が小学校での英語教育開始に賛成するのは、身の回りにこれだけ英語があふれている以上、「ABC」くらいは中学入学前に読めたほうが良いだろうと思うからです。また、中学高校の英語は、会話ではなく文法教育によって英語がきちんと読め、会話の基礎力をつけるものであるべきだと考えています。
会話だのビジネスだのと騒ぐ前提に、正しい基礎力が必要だという点で、鳥飼氏の主張とはあまり距離がないのかもしれません。英語教育の前倒しには賛成でも、英語教育を会話中心にすることには反対、というわけです。したがって、いまの流れにある小学校での英語必修化には、反対を唱えるべきなのかもしれません。
英会話など、40を過ぎてからでも週に1回スクールに通えばなんとかなります。いや、何とかするためにこそ、文法教育は重要です。トラベル英会話に毛の生えたような授業を受けて、文法の知識もないままに社会に出ても、使える英語が話せる人の比率は今と変わらないのではないでしょうか。

私には、現在の中学高校での英語教育の実態がわかっていませんので、かなりトンチンカンなことをいっているかもしれません。
ただ、間違いなく言えることは、日本人の英語力はたしかに文法や読解に偏っていたものの、それを否定して軽視することは百害あって一利なし、その基礎力の上に会話によるコミュニケーション力を上乗せするべきであるということです。そして、そのための教育とは標準会話パターンを反復練習することではなく、むしろ異文化を受け入れると同時に自分が育った文化をきちんと体現できる、語学以前のコミュニケーション力の醸成であるように思えます。

小学校からの英語の必修化について、まだ結論は出ていないのですが、私の周囲では割と肯定派が多いようです。
この本では、小学校での英語教育必修化の流れを、親のルサンチマンと産業界の要求に教育側が迎合している図として警告を発しています。産業界が人材育成の手間を省いて即戦力としての英語使いを求めている、といった指摘はあまりにも大括りに過ぎ、単なる印象論ではないかというふうにも思えるのですが、全体的には、小学校での英語必修化が引き起こす問題をしっかりとまとめているように思えます。

以前、こんなエントリを書きました。

 義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも(d-mate weblog)

日常会話に代表される「コミュニケーション力」に偏重した英語教育は、トラベル英会話には役立っても、仕事に使えるものではない。むしろ、基礎文法を学び英語による情報受信力を高めることの方が重要ではないか、ということを書いたつもりです。
その基礎訓練の開始時期、すなわち「ABC」を習い始める時期を中学1年から小学5年生に繰り上げるくらいは、やっても良いのではないか、と私は思っています。この程度ならば、英語教育のプロでなくとも現役の小学校教員の負担ともならないでしょう。

週に1時間といえば、必修科目としても年間35時間です。そんな時間で一体何ができるでしょうか? とても実践的なコミュニケーション力が身に付くとは思えません。
本書でも何度か指摘されていますが、小学校で少しばかり早めに英語を習ったからといっても、そのアドバンテージは半年程度しかもたないのだとか。だとすれば、中学1年生前半の授業を2年間前倒しする程度では、さしたる違いはないかもしれません。
上記エントリでも書きましたが、私はこれだけ英語情報が氾濫する世の中なのだから、中学1年で「ABC」だなんてナンセンスに思えるので、うまくスタート時期を早めて効果が上げられるならそうしたら、という程度の消極的な肯定派ですので、もし、デメリットのほうが大きいのであれば、従来どおりでも問題はないと思います。

むしろ、本書に書かれているとおり、既に中学高校での英語教育の軸足が「会話」に移されてしまっていることの方が問題。読み書きができないのに、会話訓練によって子供たちが国際人になれ、仕事で英語が使えるようになれる、と思っている人たちが多いとすれば、言い方は悪いですが、その人たちは言葉というものをあまりに安易に考えています。
本書でも繰り返し述べられていますし、私も上記エントリで書いたとおり、当たり障りのない挨拶と世間話ができる程度では英語力とはいえない。そんな程度で良ければ私だって数年前からできています。それでも、英語の本は読むのに1ヶ月かかるし、このエントリ程度の文章だって英語で書くには数倍の時間を要するでしょう。もちろん、ビジネスの交渉ごとを英語でなんて、とても考えられません。

本訴には冒頭で指摘したような、著者の印象論で論を進めるような疵があります。
けれど、会話偏重の英語教育を、環境さえ整わぬままに親のルサンチマンを燃料として推進することの危険さについては、十分に伝わります。小学校からの英語教育導入に賛成する、特にお子さんをお持ちの方々は、本書でなくてもかまわないので、一度反対意見や消極意見にも目を通した上で、意見を固めることをおすすめします。

何のこっちゃわからないタイトルですが、深い意味はないです。
下記のリンク先記事ですが、内容は別として、私は非常に強い違和感を感じました。

 RTC Vol.13『企業人と起業家 -エスタブリッシュとベンチャーと』(FPN)

何が違和感かというと、「エスタブリッシュとベンチャー」というフレーズ。
「エスタブリッシュ」は「Establish」ですよね? 「設立する、制定する、確立する」といった意味の他動詞です。で、「ベンチャー」のほうは「Venture」でしょう、「危険、冒険的事業」といった意味の名詞です(ただし「思い切って~する」という他動詞でもありますが、平常のビジネス文書の文脈では、新規に起業された事業や企業を指すのが一般的でしょう)。そもそも、動詞と名詞を並べるのはヘン。

上記のイベントの表題をもう一度みると、「企業人と起業家 -エスタブリッシュとベンチャーと」とあります。前後が対応関係にあるというのが妥当でしょうから、「企業人」が「エスタブリッシュ」に、「起業家」が「ベンチャー」に、それぞれ対応しているのでしょう。
となれば、大手企業の勤め人や経営者を示すと思われる「企業人」が、他動詞としての「Establish」に対応するのは明らかな間違い。既に地位が確立された企業に勤めているのであって、大手企業を自ら確立した人びとではないのですから、彼らに対応すべき言葉は「Establishment」です。
現に、上記記事の本文中では「エスタブリッシュメント」が使われており、「エスタブリッシュ」はイベントのタイトルのみで使われている言葉。

おそらく、「エスタブリッシュメントとベンチャーと」にすると長いし、「と」が連なって語呂が悪いから、程度の理由で「エスタブリッシュ」になったのでしょうけれど、実にいい加減。
試しに「エスタブリッシュ -エスタブリッシュメント」で検索してみると、出るわ出るわ、「エスタブリッシュメント」を指すと思われる文脈で使われている「エスタブリッシュ」が。間違いにいちいち目くじらを立てるのも大人気ありませんが、このような言葉への鈍感さは、私には受け付けられないものです。

同様に「トライアンドエラー」というのも見たり聞いたりすると、勘弁してよ、と思うフレーズのひとつ。
もともと「試行錯誤」を表す成句は「trial and error」。「トライアンドエラー」がこれだけ広がってしまうと、既に「日本語としては正しい」といっても良いのかもしれませんが、だったら「試行錯誤」と言えばいいじゃない、と思うのですね。カッコつけて英語を使って、しかもそれが不正確なまま広がるのって、すごくカッコ悪い。
「Try」には名詞としての用法もあるにせよ、多くの日本人はこの単語を動詞として覚えているはず。それなのに、「error」という名詞と並べて使っても違和感を感じないのは、私にはちょっと不思議。まあ、「トライアンドエラー」という「日本語のフレーズ」として憶えているってことなんでしょうけど。

そんなわけで、このままだと近い将来「Establishment」の意味で「エスタブリッシュ」を使う人はどんどん増えるのかもしれません。
言葉は生き物で、変化していくのは当然。変化の中には「独擅場」と「独壇場」のように誤用が一般化したものは少なからずありますし、それが悪いということではないのでしょう。いい悪いの話じゃなく、少なくともイベントのタイトルに「エスタブリッシュとベンチャーと」なんて書く人たちは、私を対象外としているんだろうな、というのが率直な感想。まあ、たいしたことじゃないんですけどね。ぶつぶつ。

しばらく英語学習ネタを書いていませんでした。
毎月送られてくる「Harvard Business Review」と「Soundview Executive Summaries」を消化するだけで、読む方は手一杯という状態です。おかげでRSSリーダーに登録している英語のブログは未読がたまる一方。やっぱり日本語を読む方が楽ですから...

ポッドキャストのほうも、前のエントリに書いたとおり最寄り駅と会社の徒歩10分弱で聞いているため、登録しているものを消化し切れていない状態が続いてます。あまり放置すると、iTunesが「最近聞いてないからダウンロードしてないよ」と言ってくるのですね。
ものによっては1時間を超えるので、英語で聞き続けるのはけっこう骨が折れることもあって、ちょっと登録を見直しして20~30分くらいのものに絞ろうかとも思っています。

そんな中で、ほぼ欠かさず聞いているのがタイトルにも書いた「Ask Naotake!」です。
ちょっとした英語表現を毎回紹介してくれるのですが、けっこう話が脱線しまくるところがお勉強っぽさを感じさせずに気軽に聞けますし、脱線そのものが記憶を強化してくれるようにも感じます。
ベイエリアでの生活エピソードなどが出てくるのも楽しみのひとつです。聞いているうちに旅行に行きたくなってくるのは良し悪しですが...
ご自身では毎回のように「早口で...」とおっしゃるのですが、私はちょうどテンポ良く、しかもきちんと聞き取れるスピードだと思います。美声ですし。

ブログはこちら
 Sotto Voce: The Art of the Blog
ポッドキャストのShownotesはこちらに
 Ask Naotake!

一回の長さは20~30分くらいですので、私のスタイルでも朝晩の往復で聞き終わるくらい。ずっと喋りっぱなしではなく、podsafe music networkからの曲紹介もあって私にとってはちょうど良い長さ。
かなり人気のポッドキャストだと思いますから、既に登録しているかたが多いかもしれませんが、おすすめします。

下記のエントリで述べられていることに基本的に賛成。

 ちょっと違うんじゃないか(そのおとこ、和田につき)

おっしゃるとおり、外国語を学ぶということは、その国や地方の文化を学ぶことであり、さらにはそこに暮らす人びとの物事のとらえ方や考え方を学ぶことです。
英語圏の人びととときちんと話そうとするならシェイクスピアや聖書の最小限の知識は持っていた方が良いし、ひとつひとつの表現を「慣用句だから」と暗記するだけでなく、その成り立ちまでさかのぼって調べてみることがとても大切だと思います。
言葉の背景にある歴史や文化を学んで初めて、国際人といえることは間違いありません。

ちなみに、下記のエントリでも聖書やシェイクスピアについて触れられていました。「できれば暗唱できるように」って、やっぱり英語での話ですよねえ(笑) たしか、ジョブズが作った「NeXT」にはこれらが最初から保存されていたのではなかったでしたっけ?

 お題バトン「アメリカ」(やじゅんの世界ブログ)

私は「華麗なるギャツビー」は未読ですし、聖書もシェイクスピアも日本語訳でつまんでいる程度なので、あまり偉そうなことをいえたものではありません。ただ、ちょっとした表現や比喩などに、こうした基礎教養が必要とされるものが出てくることは2年ほど前にアメリカの大学で短期間の受講をした際にも感じたことでした。

翻訳された小説を読んでいても、聖書に基づいた比喩表現や逸話は多いですし、それらを「新約聖書の~による」なんていう脚注で理解した気になってもすっきりはしません。私はかつてSFの熱心な読者でしたが、ハインラインの作品に頻出する聖書の引用や登場人物名に込められた共通イメージなんかはやっぱり実感できませんでした。
留学や海外勤務など海外に住むだけでなく、文学や映画などを楽しむ上でも、こうした知識はあればあるほどよい、といえそうです。

一方で、英語にはもうひとつの側面があります。それは国際語としての英語です。
たとえば日本語だけを話す私がベトナムに行ったとします。現地でのコミュニケーションのためには日本語を話す人を見つけるか、私がベトナムの言葉を学ぶ必要があります。けれど、それって結構たいへんですよね。それよりもお互いが英語を学んでおけばそれなりにコミュニケーションが可能です。
世界中どこへ行っても、英語を話す人はそこそこいるでしょう。日本語を話す人の数よりは圧倒的に多いはずです。英語を母語とする人びととではなく、外国語として英語を学んだ人びとと話す上での英語は、必ずしも英語圏の基礎教養や考え方とリンクしている必要はありません。

新聞や雑誌、WEBサイトなどの情報も圧倒的に英語のものが多いですから、英語を読むことで受信可能な情報量は飛躍的に増加します。仕事の内容によっては、英語による文献を読めなければ話にならない、ということもあるでしょう。
こうした文献には、聖書やシェイクスピアはあまり登場しないか、その部分が理解できなくても困らないことも多いはずです。

もちろん、ベトナムにはベトナムの歴史や風土、文化があるわけですから、ベトナムの人びとと英語でコミュニケーションを取る上では、英語というスキルの他に知っておかねばならないことがたくさんあります。一方で、日本人として日本の文化や歴史についてきちんと語れることも必要でしょう。

こうしたコミュニケーションのために、とにかく英語で相手の話を理解し、自分の考えを表現できるようにする訓練は、早くからやっておいた方が良いと思います。
その訓練の入り口は、会話ではなく「読み書き」じゃないのか、というのが先日書いたエントリの主旨です。子供のうちに音から英語に慣れさせようと「How are you?」を繰り返すのは、決して効果の上がる学習方法とはいえないと思います。

重要なのは、「道具としての英語」と「国際人としてのコミュニケーション能力」とをきちんと切り分けて、教育現場にどのように組み込んでいくかを考えることだと思います。道具が使えるだけでは国際人ではないし、いかに教養があろうと英語がからっきしでは限界がある。当たり前なんですが、良く置き去りにされがちなんですよね。

先だって、「英語を流し読み」というエントリを書いたのですが、やはり流して読める文章と、難しいものとがあります。
比較的読みやすいのは、新聞社の記事や雑誌記事のような文章です。主語・述語がはっきりとしていますし、なによりもこうした文章には一定の様式というか、決まり事があるので展開が予想できます。たとえば、データが示されたあとには多くの場合、その調査の情報などが付記されているといったものですね。

逆にブログの文章はそうそう流し読みができません。
もちろんものによるのですが、主語や述語、目的語が省略されていたり、文法の間違いがあったりと、手強いです。砕けた表現などは読んでも雰囲気しかわからないですし、肯定しているのか、皮肉っているのかが今ひとつぴんと来ないことも多いです。
まあこれは流し読み以前の問題で、ボキャブラリーや表現の理解度の問題なのですけどね。

自分がどんな風に流し読みしているか、ちょっと紹介してみたいと思います。
お題は前回と同じサイト、「HBS Working Knowledge」から「Why Your Employees Are Losing Motivation」です。

この文章は、まず冒頭に全体のサマリーが書かれています。たった3行ほどですので、ここは横着せずにきちんと読みます。じっくり読んでも30秒もあれば十分。

Business literature is packed with advice about worker motivation - but sometimes managers are the problem, not the inspiration. Here are seven practices to fire up the troops. From Harvard Management Update.

「従業員のモチベーションについて書かれたビジネス書は多いが、それを向上すべきマネージャがむしろ問題となっていることも多い。「Harvard Management Update」から、人びとを奮い立たせる7つの秘訣を紹介する。」てな感じでしょうか。

次は著者表示ですが、もちろんすっ飛ばして(笑)、本文をパラグラフごとに眺めていきます。

Most companies have it all wrong. They don't have to motivate their employees. They have to stop demotivating them.

ここで私が拾った語句は「have to stop demotivating」です。表題とサマリーから企業における従業員のモチベーション低下に関する文章だということはわかっていますので、導入部にはおおいの場合問題提起があるはず。それが上の部分。モチベーションを下げない工夫が必要、というわけですね。

The great majority of employees are quite enthusiastic when they start a new job. But in about 85 percent of companies, our research finds, employees' morale sharply declines after their first six months - and continues to deteriorate for years afterward. That finding is based on surveys of about 1.2 million employees at 52 primarily Fortune 1000 companies from 2001 through 2004, conducted by Sirota Survey Intelligence (Purchase, New York).
ここで拾ったのは次の語句です。「majority of employees」「enthusiastic」「a new job」「85 percent」「morale sharply declines」「based on」。 85%もの企業において、最初は熱心に仕事に取り組む従業員の多くが士気の低下を生じている。これがこのパラグラフの内容です。再度目を通すと士気低下が明らかになるのが6ヶ月目で、さらに1年後に向けて低下し続けることがわかりますが、ここは枝葉。 「based on」という語句からざっと目を通すと「Survey」とあるので、後半が参照した調査結果の紹介だということがわかります。関心があればここの記述をキーワードに検索して細かな内容に目を通しますが、ひとまず無視。
The fault lies squarely at the feet of management - both the policies and procedures companies employ in managing their workforces and in the relationships that individual managers establish with their direct reports.
「fault」「at the feet of management」を読んだ時点で、まあ良いかな、というパラグラフです。ようするに、前のパラグラフで提示された従業員の士気低下は、マネジメントの失敗であるということです。その後に続くのはどんな失敗であるかの説明であることが容易に想像されますので、余裕があれば目を通します。
Our research shows how individual managers' behaviors and styles are contributing to the problem (see sidebar "How Management Demotivates") - and what they can do to turn this around.
「managers' behaviors and styles」「the problem」「turn this around」とありますから、以下を読むとマネージャの行動やスタイルがこの問題にどう影響し、そして改善するために何ができるか、ということが書かれていることがわかります。サマリーにある7つの秘訣が始まるのだな、と理解できるわけです。

全文をやっていくと長大になってしまいますので、最初の区切りまででやめておきますが、サマリーを除く4つのパラグラフを上記の単語を広いながら意味を取るだけなら、おそらく1分はかからないはずです。ざっくりサマリーとあわせて1分以内が目標。
そもそもこれらをあわせて150語足らずですから、普通に読んだとしても1分程度で理解できなければ、たとえばTOEICテストのリーディングセクションではかなり苦労するのではないかと思います。

上記で拾った語句を見ると、やはり動詞と名詞が多いですね。「誰が、どうした」を囓り取っていけば、文章の大意はわかるというわけです。
なので、基本的には日本語の流し読みと変わらない、ということがいえるのじゃないかと思います。日本語は母語ですから重要な箇所を拾うのが容易ですし、漢字という便利な文字があるので主語述語が目に飛び込んできやすいのも確かです。けれど、英文でも数を読んでいけばそれほど困難ではないと思います。特に、こうした論文の要約や新聞記事の場合にはやりやすいでしょう。

英文の場合は重要そうな語句が拾えたとしても、意味がわからないというケースもありますが、これも特定の分野で一定量を読むことで徐々に解決できる問題ではないかと思います。
基本的には関心のある分野の英文を読むのですから、日本語での知識バックグラウンドはもっているわけで、そこに英語による表現を加えていくことはそれほど困難ではありません。このあたりは、昨年秋にかなり評判になった梅田望夫さんのエントリでも指摘されていますね。
 Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:親切バージョン(My Life Between Silicon Valley and Japan)
私が英文を読むのが苦痛にならなくなった経緯というのは、割と明確にわかっているのですが、それはまた別にエントリを起こそうと思います。

英語を流し読み

| コメント(0) | トラックバック(0)

Harvard Business ReviewやSoundviewなど、英文を読むときには日本語よりもずっと多くの時間を要します。
最近少し話題になった「読書速度測定」のチェックでは2800字内外と、日本語ならばそれなりの速度で読めるのですが、英文だとA4用紙に印刷された文章に10分近くかかってしまいます。

日本語で2800字というのは、精読時間ではなくページをくりながらざっくりと内容を把握する読み方。いわば流し読みスピードです。
内容の難易度にもよりますが、英文のときのように一文一文をじっくりと意味を取りながら読み進めると、半分以下にスピードは下ってしまうでしょう。
文章の内容や状況に応じて、じっくりと読むときもあれば、急いで主たるアイディアをスキャンすることもあります。日本語の場合は、その調整が無意識にできているのに対して、英文の場合にはそれがうまくができず、いつも精読になってしまうので時間がかかってしまう訳です。

経営学の最新研究や、ビジネス情報などは日本語に翻訳されるまでかなりの時間がかかるものも多く、英語文献からの情報収集は重要です。しかし、英文は常に精読、日本語の5倍から10倍も時間がかかるのでは、結果として英語からの情報収集が極めて時間効率の悪いものにならざるを得ません。
そこで、試しに英文の流し読みを試みてみました。
テキストは、Harvard Business SchoolのWorking Knowledgeから、「Can You Manage Different Generations?」という記事です(内容については、別途エントリを起こす予定です)。

方法としては、文章をスキャンしながらポイントとなる単語(主に動詞と名詞、そしていくつかの形容詞)を拾い読み、全体で意味が通じていて前後の文脈と違和感がなければOKとして進んでいくやり方です。ちょうど、日本語の文章で漢字で書かれている単語を拾いながら論理構成を頭の中で再構成しながら進んでいくのと似ています。
A4にプリントして2ページと少しという長さの文章でしたが、この方法によって5分ほどで読みきることができました。英語に慣れ親しんだかたから見れば鼻で笑われそうなスピードですが、私にとってはけっこうなスピードでした。

文章そのものがかなり平易で読みやすかったということもたしかですが、この方法はかなりいけそうな感じです。どうしても理解できないときだけ、精読モードに入るようにすれば、英文を読むスピードが倍近くになるかもしれません。

断言するほどしっかりと考えての意見ではないので「...かも」つきなんですが、中央教育審議会が小学校5年生からの必修化を提言したというニュースに触れて考えたのがこのタイトルの内容です。
YOMIURI ONLINEの記事によると、これを歓迎する立場は、早くからの教育によって英語でのコミュニケート能力が向上することを重視しており、コミュニケートとは主に会話を指すようです。
一方で、教育現場の体制不足や時間不足などの課題も多く、国語教育を重視すべきという反対意見も根強いようです。

英会話ができる、というのをどうイメージするかによって、英語教育に求めるものはかなり異なります。
日常会話とトラベル英会話程度を指して「英会話」「英語コミュニケーション」と考えるなら、通じれば何でも良いわけですから、ひたすら会話力だけを求める教育を望むでしょう。
一方で、ビジネスの場面ではより正確な言葉遣いが必要ですし、むしろ英語を読み書きするシチュエーションがはるかに多くなります。できるだけ早く正確に文章を読み、主張を間違いなく文章にできる能力が求められるでしょう。
小学校からの英語教育の導入に肯定的なかたがたは、上記のいずれの立場に立つのかを考えておかないと、始まった途端に「こんな授業じゃ役に立たない」と落胆することになりかねません。

私はといえば、インターネットに限らず英語がここまで広がってきている中、中学1年生に「ABC」を教え始めるのは実態にそぐわないと思いますし、2年ばかり早めても良かろう、という消極的な賛成派。
ただし、小学校から会話力だといってネイティブスピーカーと喋らせるのは、英語への興味をかき立てるためには必要でも、本筋ではないと考えます。小学校・中学校では会話などどうでも良いからしっかりとしたリーディングの能力、つまり一定量の英文を読んだときに確実に内容を理解できる能力をつけるべきだと思っています。小学校で教えるなら、中学校で必要な英語教育の土台をつくっておく、というもので十分です。
国語教育の重視を理由に反対する論者も多いでしょうが、ひとつは英語を読む力によって情報収集力に差が開いてしまうという現実を認めるべきでしょうし、これまでの教育で国語力は確実に低下している現状を打破する提案を同時に提示すべきでしょう。英語か国語か、ではなく、英語も国語も、を実現する基礎力を考えねばならないように感じます。

私は大学卒業後はほとんど英語には触れずに、4年前から英会話スクールに通い始めましたが、スクールのクラスでいつも強く感じることがふたつあります。
ひとつは、中学校までの文法の基礎のあるなしで、中級クラスでの修得度に極めて大きな差が出るということです。時制や仮定法といった概念をとりあえず理解しているのと、ほぼ完全に忘れ去っているのとでは、家を土台から造り始めるか、間取りを変更してリフォームするかというほどの差があると私は思います。
もうひとつは、上位クラスに移るほど、その人がもつ「会話の引き出し」の豊富さで差が開くということ。海外での居住経験があり英語そのものは実に流暢でも、テキストの内容や講師とクラスメートの話す内容が全く理解できなければ、会話には参加できません。

話すべきことがあり、中学校程度の文法力があれば、手持ちのボキャブラリーからなんとか表現をひねり出して会話をつなぐことは可能です。相手にはストレスとなるかもしれませんが、少なくとも対話は成立します。
一方で、テーマとなっている事柄についてなんの意見もまとめられなければ、対話は成立しません。使える表現の丸暗記反復訓練でも相当の力はつくのでしょうが、基礎をおろそかにしては限界は明らか。「天気が良いね」「野球が好きなんだ、イチローのファンだよ」「ニッポンでは桜の季節にお花見をします」などという、単なるice-breakerをいくら流暢に話せても、30分以上の会話は無理でしょう。なので会話会話と大騒ぎする英語熱には、私は懐疑的です(電車などでよく見かける最大手の英会話スクールの宣伝文句も、私には全く魅力がありません)。
中学までに基礎的な文法とリーディングの力を身につけ、次のステップとしてディベートや文章作成など、英語を用いたコミュニケーション力の拡大に進んでいくのが良いのではないでしょうか。

もちろん、私は英語教育の専門家ではありませんので、10代の成長段階にあった教育の手順になっているとは限りません。社会人として振り返ったときに、この順番が良さそうだと思っているに過ぎません。
上記のステップを正直にやっては、英語への興味を早々に失ってしまう子供が増えそうですから、関心を持たせつつ確実に基礎力を重ねる工夫が必要でしょう。多くの英会話スクールが注力している分野でもあると思いますから、学校と英会話スクールとが共同でカリキュラムを開発するといった実験もあって良さそうに思います。
いずれにせよ、「中学高校と6年もやったのにしゃべれるようにならない」から「日本の英語教育はダメなんだ」というのは大きな間違い。いまあるものを否定するのはすごく簡単なことですが、少なくとも日本にはかなり広く「簡単な英語なら読んで理解できる人々」が存在することをしっかりと評価しなければならないように思えるのです。

このブログのテーマのひとつは英語学習ではあるのですが、あまりダイレクトに英語学習に関連したエントリが多くありません。
というのも、私自身はそれほど特筆すべき学習法を実践しているわけではありませんし、日々の勉強内容を日記風に書き付けておこうというつもりもないからです。日常的に英語を使う環境でもありませんから、毎日の生活のなかで英語に関連したトピックというのも少なくなりがち。

それでも、英語学習に関するサイトやブログを読むのは好きで、今日読んでいたのは以下の記事です。

 TOEIC高得点でも英語が話せるとは限らない?(All About)

タイトルを見て「おっ」と思いさっそく読んでみたのですが、記事としてはTOEICスコアと英語のコミュニケーション能力に関する文章の「枕」だけが掲示されたもので、上記の記事そのものにはそれほどたくさんの情報はありません。

TOEICのリスニングセクションのスコアは聞き取りだけでなくスピーキングも含む会話能力と、そしてリーディングセクションのスコアは読むだけでなく書く能力と、それぞれ密接な関係がある、というのはTOEICの公式サイトにも書かれています。
一方で、これが必ずしもあたらない、という研究成果もあり、上記の記事はその紹介までで終わってしまいます。ちょっと尻切れトンボというか、予告編みたいなものでしょうか。
より深く考察した続編に期待したいと思います。

記事中で紹介されているTOEICスコアと英語コミュニケーション力との創刊に疑問を呈する論文というのは、下記のものです。

 Correlations between active skill and passive skill test scores

それほど長いものではありませんが、とりあえずAbstractとConclusionだけを読んでみました(かなり横着ですけど)。
TOEICテストのスコアとインタビューテストのスコアは、かなり高い相関を示した。しかし、母集団をTOEICの高スコア者に絞ってみると相関は低下する。これは、TOEICで高ストアを取るが英会話の経験に乏しい者が増えるからだそうです。
また、ビジネス場面で使われる英語コミュニケーションを想定してつくられた「BULATS」のライティングスコアとTOEICのスコアとの相関も、それほど高くはなかったのだとか。

TOEICのスコアの割には英語を使った経験の少ない、コミュニケーション能力の低い者がいる、というのは実に耳の痛い話です。
私もTOEICスコアは850とそれほど低い方ではありませんが、実際に英語を使ってだれかとコミュニケートするのは週に50分の英会話スクールのみといっても過言ではありません(あとは毎年1週間ほどの旅行)。このため、実際の会話力はTOEICスコアほどのことはなく、まあとりあえず形になっているという程度。
ちなみに一昨年アメリカに出張に行った際に、移動のマイクロバス運転手と1時間ほど話して評価を求めたところでは、「Enough!」というのが私の会話力です。

TOEICについていえば、問題集や参考書でしっかりと対策をして、高いスコアを出すための勉強というのは確実に存在すると思います。
現に、昨年私は春に800を取ったあとで夏に再度受験し、試験前3週間ほどで参考書を2冊読み込んで850を取りました。やった内容は、主にリーディングセクションの頻出パターンの問題を解き続けただけです。
そんなわけで、私に関していえば、TOEICスコアは英語によるコミュニケーション能力を反映していません。まあ、弱い相関があるかな、という程度のものです。
むしろ、TOEICスコアを人に知らせると「英語ならあいつに任せればなんとかなる」と期待してもらえるので、その期待に応えるように実力は後からついてくる、という効果のほうが高いように思えます。

いま、次の本を読んでいるんですが、ものすごく苦労しています。

 「現代企業の組織デザイン」 ジョン・ロバーツ著/谷口和弘訳

苦労している理由は、主に二つあります。ひとつは私の責任、そしてもうひとつは翻訳を担当された谷口氏のものです。
私の責任とは、最近きちんとした理論に基づいた本を読むことが少ないので、論文調の硬い文章について行けていないことです。ちょっと集中力を欠いていると読んでも読んでも頭に入ってこない、このあたりは新書とは違います。
一方で、谷口氏の責任はいくらなんでも、という翻訳の文章です。例えば、次の一説をご覧ください。

<原文 原書ペーパーバック版3ページより>

These changes are aimed at improving the performance of the firms adopting them. Increased competitive pressures drive their adoption, and new technology makes many of them feasible for the first time. Falling barriers to international tarde and investment, the rise of information technology (especially the Internet), and improved transportation mean that a firm's competitors are not just the old local rivals,but many be from antwhere.

<訳文 日本語版3ページより>

企業は,そうした変化を試みることによって業績向上を意図している.競争圧力の増大によって,変化が促進されるようになった.そうした試みの多くは,まず新技術によって実行できるようになった.国際貿易や海外投資にたいする障壁の撤廃,情報技術(とくに,インターネット)の台頭,そして輸送の改善といったもののために,ある企業にとっての競争相手は,旧来の地域的に限定されたローカルな企業だけではなくなった.むしろ,世界の至るところから出現するようになったのである.

原文はAmazon.comで「SEARCH INSIDE」機能を用いて閲覧、引用しました。

いかがでしょう? 私個人の感覚では、英文のほうが5倍も読みやすいです。少なくとも上記の引用部分では辞書にあたらねばならないような表現や単語もありませんし、決して難解な文章とはいえません。
一方で、訳文のほうはお世辞にも読みやすいとはいえないように思えます。

英文を翻訳する以上、読みやすい日本語にするのは容易なことではないと思います。
事実、私が自分で訳してみたところ、やはりこなれた日本語にはほど遠いものになってしまいました。

<試訳 上記と同じ箇所>

企業はこれらの変化を通じて業績を高めようとしている。激化する競争により変化は早まっており、その多くは新しい技術によって可能となったものである。国際貿易と投資における障壁の撤廃、インターネットに代表される情報技術の進歩、そして改善された輸送などによって、競合相手は従来のようにローカル企業だけでなく、世界中のあらゆる場所に存在するようになった。

谷口氏とどっこいどっこいといったところ。なので、一概に氏の翻訳をけなす気にはなれません。また、こうした本はいち早く日本語で紹介されることが大事で、こなれた日本語を目指して出版が遅れるよりも、多少の難がある状態でも早いほうが価値があると思います。
けれど、それにしてももう少し...と思ってしまうのですね。谷口氏ご自身の文章は、「訳者あとがき」を拝見する限りでは実に論理的、簡潔で明快なわかりやすいものであるだけに、この訳文が惜しまれます。少なくとも、同僚にはちょっと勧められないな、という感じです。

というわけで、この本は私にとって「もしかしたら原書で読んだほうがはるかに早く、きちんと理解できるかもしれない」記念すべき一冊となったのです。
英文読解力が向上した、というよりは、日本語読解力が低下したことが主因ですから、あまり手放しでは喜べませんけどね。
内容は非常に示唆に富み興味深いものですので、あと100ページほどを読了したら、また感想なども書き留めておこうと思います。



iPodでの英語リスニングにポッドキャストをいくつか購読しているのですが、ディズニーリゾートの情報だけではさすがに食傷気味(当たり前ですね)ということで、いくつかついでに登録して聴き始めたものがあります。

 BusinessWeek - Cover Stories
 MBA Podcaster

前者はご覧になっておわかりの通り、BusinessWeek誌のカバーストーリーに関するものです。記事そのものを読み上げてくれるわけではなく、内容は記事に関連するインタビューなどです。
1回のポッドキャストは15~20分程度。週刊誌のカバーストーリーに関するものだけに、更新頻度は毎週1回です。

後者はMBAコースへの入学を志すひとのための心得やヒントなどがその内容。昨年12月からスタートし、毎月2回の更新で3月6日の「Financing Your MBA」までで7回ぶんの番組が配信されています。
1回の番組は20分前後とBusinessWeekと同じくらいですね。ポッドキャストは長すぎても途中になってしまうので、この程度がちょうど良いところなのかもしれません(アメリカでは通勤の車の中で聴く、というスタイルも多いようですが、その時間を意識しているのでしょうか)。
WEBサイトではポッドキャストの内容とほぼ同じものがテキストでも読めますので、内容に多少なりとも興味があれば英語学習には適しているように思います。

どちらも登録した段階で相当の番組がたまっていましたが、まだそれぞれ2回分ずつしか聴けていません。
その中で面白かったのは、「MBA Podcaster」の第2回である「The Wine MBA」です。

フランスのボルドーにある「ボルドー・マネジメント・スクール」で提供されている15ヶ月間のプログラムで、文字通りワイン業界で活躍する経営者を育成するためのものです。
面白いのは、ずっと同じ校舎で勉強するのではなく、まず1月からフランスでスタートした後に5月にはオーストラリア、7月にチリ、10月にカリフォルニアへと移動して再びボルドーに戻り、3月に論文を提出して卒業となります。

ワインMBAといってもワインの醸造法を学ぶわけではもちろんなく、ワイン業界で働くエグゼクティブを育成する、あくまでもビジネススクールです。
毎年の定員はたったの20名で、英語に堪能で最低でも8年の実務経験が求められます(多くはワイン業界での経験者だそうです、当然でしょうね)。

私はMBAプログラムに関心を持って情報を集めたことはあまりないので、こうした特定の業界に特化したMBAコースが他にもあるのかどうか、よくわかりません。
フランスのボルドーでのビジネススクールということで、特長あるコースを用意することが大学の競争力確保のために必要なのでしょうし、地域を代表する産業の強化にもつながるということなのでしょう。

ポッドキャストのインタビューのなかで、Icon EstatesのSenior Vice PresidentであるChris Fehrnstrom氏は、MBAホルダーへの期待を次のように表現しています。

When I'm interviewing somebody, the first think I'm looking for is if they're smart. What's their level of intelligence? When I say intelligence I mean, once again, analytical background with the balance of being able to think creatively. Because I think when you're solving problems, it's not just the analytical side of your brain that's going to help you; it's also the ability to think creatively about a solution.

問題解決に必要とされるインテリジェンスとは分析能力やスキルにとどまらず、創造的に考える力であるというのは、非常に簡潔に経営者に求められる知性の内容を表現しているといえそうです。
もちろん、組織の管理者としての役割やビジョナリーとしての役割など、経営者に求められる資質は知性だけではありません。しかし、知性に欠けた経営者という者がいたら、よほど信頼に足る補佐を得ない限りは現代の企業経営を担っていくことは難しいでしょう。

MBAコースへの海外留学は盛んですが、テキストから学べるスキルやツールだけでなく、創造性ある思考をもって実戦経験を積むことが、問題解決のスキル向上につながるのはたしかです。
その意味では、学んでいる過程で自分なりに考え、他の優秀な学生とディスカッションすることや、経験から来る知識や知見を積極的に交換するコミュニケーションから学べること、醸成できることも大きいのでしょう。単に本を読む勉強とは違ったダイナミズムがあるように思えます。
MBAコースへの留学に限らず、普段の仕事もまた異なる知見と経験を持つ人びととのコミュニケーションであるわけで、こうしたなかで自身の創造性を高める意識を持てるかどうかが、成長のキーになっているようにも思えます。

いや、お誘いといっても私が奨学金つきで勧誘を受けるわけもなく、単なる宣伝のDMがやたらにたくさん来るのです。
今年に入ってから受け取ったものだけでも、ミシガン大学のROSS SCHOOL OF BUSINESS、シカゴ大学のGRADUATE SCHOOL OF BUSINESS、そしてスタンフォード大学のGRADUATE SCHOOL OF BUSINESSです。いずれもGRADUATE SCHOOLですから、社会人向け大学院の短期ビジネストレーニングコースの案内が多いのですが、シカゴ大学からのは1年間のコースでした。

いずれもけっこうなお値段で、たとえばスタンフォードの「The Stanford Executive Program」は1ヶ月半のコースで授業料が$45,900、3週間の「Executive Program in International Management」はシンガポールで開催され$14,500です。これにくらべるとシカゴ大学の1年間コースは意外に安くて、授業料とマテリアル、それに朝食と昼食が付いて$30,000と、かなり割安ですね。

まあ、シカゴで1年間生活するコストも必要でしょうから、単身でも6~700万円は用意しなければならないでしょうか。
会社を1年間休業するなり、やめるなりせねばなりませんから、かなりの決断の必要なことです。日本の企業で1年間休職して最新のマネジメントを学んだからといって、相応のキャリアアップが可能かどうかは難しいところでしょう。
これが10年前ならば真剣に考えたかもしれませんが、少々年を食ってしまったのであまり熱心には見ていません。それでもパンフレットを読むだけでけっこう楽しめます。

こんなDMがたくさん来るのは、私が「Harvard Business Review」の定期購読をしているからでしょう。たしか、定期購読を申し込むときに「関係の深いDMを送っても良いか?」といった質問にYesのチェックをした覚えがあります(その他にNewsweekやFortuneなどの定期購読案内もたくさん来ます)。
とすれば、日本の「ダイヤモンド・ハーバードビジネス」を定期購読していると、日本の大学からのDMが殺到するのでしょうか? 私は英語版しか定期購読していないのでわかりませんが、たしかに「Harvard Business Review」を定期購読するのはエグゼクティブというよりは、これからエグゼクティブを目指す若手ビジネスパースンが多いでしょうから、かなり有望な見込み客なのでしょうね。

私はあまりたくさん会員カードをつくらないためか、国内の店舗からのDMはそれほど来ません(百貨店のカードは妻名義がほとんどですし)。このため、私宛の郵便の3割ほどが海外からのもの。気分だけは国際派なのですが、本気で海外の大学に短期留学にでもいこうか、と考えられる程度には、英語のほうを頑張らないと...

昨年あたりから「iPodのおかげで高級イヤホンが売れている」という話を良く聞きます。
iPodに標準添付されてくるイヤホンがそれほど音が良くない、というのはiPodが登場した頃からいわれていたことで、一昨年の暮れに妻用にiPodを購入した際にも、まずやったことは手持ちのイヤホンとの使い比べでした。
案の定というべきか、iPodの付属品はなんとなく芯が細いというか、薄っぺらい音に感じられたため、複数試したなかで一番まともだったソニーのカナル型のものを常用するようになりました(まったく同じではありませんが、こんなのです)。

私のほうも半年ほど遅れてiPodを手に入れ、妻と同じソニーのイヤホンで使い始めましたが、耳に入れる部分が外れやすく使っているうちになくなってしまいました。
やむを得ず他のイヤホンを試したところ、耳の穴にはめ込むインナイヤー型だったために地下鉄内の騒音が盛大に聞こえるようになり、とてもじゃないが英語のリスニングなどは不可能でした。それまでは遮音性がそれほど高くないとはいえ、まがりなりにもカナル型だったために気になっていなかったのです。

私はもともとヘッドホンステレオを大音量で聴くほうではなく、iPodのボリュームも下から4分の1程度です(といっても、使用するイヤホンによってでる音量は違いますが)。
このため、こちらからの音漏れで人に迷惑をかけることはあまりないと思うのですが、外の音が聞こえすぎては音楽を楽しむにも、英語リスニングにも適しません。
というわけで、再びカナル型のイヤホンを探して最終的に決めたのがSHUREのE3cです。

私が聴くのは音楽ではモダンジャズや1970年以降のマイルス・デイヴィスが中心ですので、E3cの自然なバランスと個々の音がきれいに分解できる性能にはかなり満足できています。
もっとも、1970年代のマイルスの音楽は録音の段階でかなり音が混ざり合い、渾然としたカオスのようなものですから、解像感重視よりも低音重視イヤホンで聴いてもそれなりには迫力があるのでしょう。このあたりになると、好みの問題でしょうね。

カナル型の代表選手ともいえるE3cはさすがに遮音性能もバッチリで、音を出さなくても耳栓として使えるほど(使っているのはフォームタイプのスリーブです)。
肝心の音のほうも、自然なバランスを好む私にはちょうど良かったようです。また、英語リスニングには人の言葉が自然に聞こえるほうが良いでしょうし長時間聴いていても着かれないことが大切なので、ドンシャリ型の低音強調タイプは向かないのではないかと思います。
価格的にはワンランク値段の高いE4cでも良かったのですが、購入の当時は出たばかりでヨドバシの店頭には在庫がありませんでした。どんな音か聴いたことがないのでわかりませんが、3000円程度のイヤホンからE3cにしたときの変化がかなり劇的でしたので、ちょっと待っても良かったかもしれません。まあ、十分満足していますけどね。

いまでもちょっとだけ気になる存在は、ノイズキャンセルタイプのイヤホンやヘッドホンです。ソニーでいえばこのタイプ「パパが英語に目覚めたら」によると、

さっそく買って試してみた。地下鉄の車内でノイズキャンセラーのスイッチをオンにすると、電車のゴーッと言う音がシューッという音に変化する。それほどボリュームを上げなくても英語の微妙な発音がはっきりと聴き取れる。

だそうです。E3cには装着が実にめんどくさく、しかもきちんと装着しないとちゃんとした音に聞こえないという特徴があり、脱着簡単なタイプはけっこううらやましいのです。
しかも、この機種には航空機のなかで使えるアダプタがついているとのことで、長時間かけっぱなしになることの多い国際便のなかでも使えるというのはかなりよさそう。あのなかでは10時間以上も「ゴーッ」という音にさらされますから。

いずれにせよ、手持ちのCDをまるごと持ち出せるiPod、あらゆるジャンルの音声番組やビデオが配信されるポッドキャスト、そして周囲の音に惑わされることなく集中できる高性能のイヤホンと、移動中の語学学習環境はたった数年の間に飛躍的に変化しました。
こんな環境があるのだから、なかなか勉強時間が確保できなくて...なんていう言い訳はできませんね。

iPodではSoundviewのダイジェストの他に英語によるポッドキャストも聴いています。
内容は、やはり関心のあるテーマが一番、ということでWalt Disney Worldに関するもので、次の3つに登録しています。
mouse | tunesは、ニュースサイトの「Magical Mountain」のNathanと「disneyworldtrivia.com」のLeeによるポッドキャストで、Walt Disney Worldに関する情報や噂話なんかが扱われています。
Inside the Magicも同じくWalt Disney Worldに関するポッドキャストで、こちらもファンによって運営されているもの。「the Internet's First Orlando-based Disney Podcast!」というのが売り文句です。
Walt Disney World Resort: Plugged InはDisneyによるオフィシャルポッドキャストで、イマジニアのインタビューなどがあるのもオフィシャルの強みでしょう。最近は盛んに新アトラクション(Expedition Everest)の宣伝をしています。ビデオもあるのですが、残念なことに私のiPodはビデオ対応ではないので、PCで見ています。

問題はどれも結構長いことで、30分から下手をすると1時間にもなります(オフィシャルポッドキャストは、20分前後のことも多いですが、それでも長い)。このため、通勤時間では細切れになってしまい、聴き始めてから1分くらいは「さて、なんの話だったか」と思い出すのにかかってしまいます(さすがに長すぎると気がついたのか、「Inside the Mgic」のRichardは「Daily Dose of Disney Podcast」なる5分間の短いポッドキャストもスタートしました)。
また、もともと非英語圏のリスナーを想定しているわけではないので、特に前2者は容赦ないスピードと発音ですから、一度意味を見失うと数分間なにも理解できずに英語が流れているだけ、ということになりがちです。

ときおり、自宅などで常に英語を流しっぱなしにしておくだけで耳が英語に慣れ、リスニングの力がつくといったアドバイスを目にするのですが、アレって本当なのでしょうか?
私に関していえばほとんど効果がありません。流しっぱなしは流しっぱなしで、意識して理解しようとしなければBGMと同じです。全然わかりません(笑)
次から次へと違う素材を聴くよりも、短いものを繰り返し聴くほうがリスニングの訓練には良さそうですし、もう少し短めのものを探してみようとも思っています。
iTunes Music Storeでディズニー関連のポッドキャストを検索すると、驚くほどたくさんリストアップされます。こうなると順に聴いていくのも面倒で、結局そのまま手つかずになってしまうのですが...

先日のiPodによる英語リスニングのエントリで参考にさせていただいた「しぬまでいきる」を少しさかのぼって読んでいたところ、2005年10月のエントリで以下のように書かれているのを見かけました。

聞くコンテンツはSoundviewのサマリー。「ユーザー・イリュージョン」を読んでから、無意識でもリスニングの効果はあるのではないかと思った。

私のエントリではichiyuさんの題材がわかりませんが...などと書いていたのですが、おそらく聴かれているもののひとつはここでも触れられている「Soundview Executive Book Summaries」のデータなんですね。ichiyuさんがSoundviewの購読者なのは、大前研一氏の「The Next Global Stage」の紹介エントリで知っていたはずなのに、全然つながっていませんでした。

さて、私もこの1月からSoundviewの購読者です。
このサービスは、読んで字のごとくビジネス書の内容を要約して送ってくれるサービス。1冊の本が8ページにまとめられており、CDにほぼ同内容のナレーションとPDFファイル、MicrosoftのeBookリーダーやPalmで読めるPDB形式などがおさめられて届きます。PDFをプリントして読み、前後してiPodでナレーションを聴くのが私のスタイルで、順序はまちまちですが、「聴く」と「読む」の両方で同コンテンツを採り入れるのは、けっこう良い訓練になっているように感じます。
これまでに契約時のおまけを除いて1月と2月分としてあわせて5冊分のサマリーを受け取り、順に読んでいます(契約が12月だったので、昨年12月分からWEBサイトでダウンロードできるようにもなっています)。

こちらで「今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。」と書いたのは、このサービスに申し込んで時間を節約しながら英文でビジネス書を読んだのに近い効果を得よう、としていることを指していたわけです。

私はもともと読書に関しては保守的なので、以前なら、1冊の本を8ページに要約したものを読むなんて、なんだかズルをしているように感じて見向きもしなかったかもしれません。現に、「世界の名作をあらすじで読もう」といった本はいまでも小馬鹿にしています。
けれど、ビジネス関連の本はそもそも中にあるエッセンスを獲得して仕事のノウハウを高めるために読むものですし、昨年の経験から英語の本を読み切ろうとすると読書量を激減させるというコストがかかってしまうことを実感しました。
同じ読書でも、シェイクスピアやドストエフスキーをあらすじで読むのとは、ちょっと性格が違うだろうと思っています(単なる言い訳?)。

これなら毎月2~3冊分のダイジェストが読めますから、けっこう効率的に情報を獲得することができて、しかもリスニング+リーディングで英語のトレーニングにもなります。一石三鳥というわけ。これに、昨年から定期購読している「Harvard Business Review」を加えれば、これ以上無理して英語を読む必要もないでしょう。
そんなわけで、このサービスで読んだ内容なども、ときおり紹介していければと思います。

はてなブックマークを8月から使っているのですが、英語をなんとかモノにしたい、という希望は根強いようで、英語学習法や英文表現のネタ集などが良く人気ブックマークに登場しますね。
中でも私がブックマークに追加したのは、以下のふたつです。どちらも超人気エントリですから、多くの方が読んだことでしょう。
Web 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条(blog.bulknews.net)
Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:親切バージョン(My Life Between Silicon Valley and Japan)
Web 2.0時代を生きる英語嫌いの若い人たちへの英語勉強法:リスニング編(My Life Between Silicon Valley and Japan)(ブックマークしてませんが関連エントリ)

私は2002年から約4年ほど、職場近くの英会話スクールに通っています。
中級者向けの給付金対象コースから始めて、2年前からビジネス英会話のUpper Intermediateクラスを続けていますが、週に1回のレッスンではそれほど実力がつくわけではないので、ポッドキャストや英会話教材の付属CDなどをiPodで聴いています。
上記のエントリでも、ある程度読むことになれてきたら、関心のあるテーマのポッドキャストや公開されているMP3ファイルを聴くことが薦められています。

つい最近も、「しぬまでいきる」でこの話題がありました。

通勤途中に1年近くiPodでリスニングをしているが、最近なんとなく聞こえてきたような感じがしてきた。

ichiyuさんがお聴きの題材はわかりませんが、耳が慣れるというのはやはり強いもので、聞き続けているうちに徐々に頭に入ってくる単語が増え、つながりはじめるという感覚をもつことが私も増えてきました。同じ題材のテキストがある場合は、「読む/聴く」を並行することで、より効果があるように思えます。
しかしなかなか集中力を維持できないのが悩みだ。

ともおっしゃるのですが、これは私も全く同じ。英語を聴きながら日本語で別のことを考えたりすると、ほとんど頭に入りません。「聴く」ではなく「聞く」、英語でいえば「Listen to」ではなく「Hear」になってしまっているわけです。

日本語を「聞いて」いる時は、他のことを考えながらでも断片をつなぎ合わせて意味を取ることが簡単にできます。これは母語だけに、基本的には聴いて理解できない単語はほとんどなく、相互のつながりも考えなくてもわかるからでしょう。
一方、英語ではわからない単語は頻出しますし、文法上のつながりも良く見失います。結果として、集中して「聴か」ないとちんぷんかんぷんになってしまいます。これがもう少し勉強を続けて語彙力が増えれば解決できるのか、やっぱりこの程度が限界なのかは、よくわかりませんが、年齢的にぼちぼち限界かな、という風にも思えます。

読むスピードも最近はちょっと頭打ち(ものによりますが、150語/分程度です)ですし、とはいえ単語を丸暗記できるほど若くはありません。
シャドーイングなどはかなり効果が期待できそうですが、なかなか実践できていません。
英会話や英文読解の学習法というのは、中級まではけっこう様々な方法があって、しかもやるだけ力が伸びるのを実感できやすいように思えるのですが、中級を少し超えてきたところからはそうそう伸びが感じられるわけでもなく、どちらかといえば頭打ち感が強くなるように思えます(というか、私がまさにその状態です)。
そんな点からも、上述の「 Web 2.0 時代の TOEIC 900点超え英語勉強法 9ヶ条」は中級から上級学習者の心をとらえたのかもしれません。
私の経験から確実にいえるのは、外国語を身につけようとするなら、少しでも若いうちから始めた方がいい、ということですね。当たり前なんですが、20代の頃の吸収力が懐かしいです。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちEnglishカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはBooksです。

次のカテゴリはHBRです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja