外国語の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ドイツ語講座の第3回目を明日に控えて、あわててテキストの該当ページを予習中です。
一応、ベートーヴェンの交響曲第3番を「クラシカ・ジャパン」で聴きながら、気分はドイツってことで。BGMをかけながらの勉強では、ちゃんとおぼえられないかもしれませんが。

春の初級講座の続きなので、初回から「ABC」からではなく、いきなり助動詞の「möchten」「können」「müssen」が始まって結構のけぞりました
もちろん、遠いむかし大学の教養部で受けた第二外国語での記憶がうっすらとあったので、何となくついていくことはできたのですが、動詞の変化だって忘却の彼方だし(不思議なことに当時丸暗記したものは覚えているのですな。ビバ暗記!)、やはり英語と一緒でわかっているからといってもとっさに口からは出てきません。

第2回目の講義は時刻の表現の仕方でしたので、事前に準備することで何とかなりました。
けれど、数字の読み方が意外と怪しく、「58...ええっとぉ、acht...und...fünfzehn、ちがったfünfzig」てな具合。英語教室で15と50がどっちだかわかんなくなっている人を笑えません。
で、第3回は過去形の前に現在完了形です。たしかにドイツ語会話だと、単純過去の話をする際に過去形ではなくて現在完了を良く使うそうですから、順番としてはこれで良いのかもしれません。

それはそうと、さすがに不規則変化動詞なんてすっかり忘れてます。sein支配とhaben支配も完璧にどっかに飛んでいて、なぜ「Er hat ferngesehen.」で「Er ist spazieren gegangen.」なのか、文法解説を読むまで悩んでました。
うーん、もうちょっと真面目にドイツ語やっておくか、せめて10年前に始めておけば良かった。オクトーバーフェストもザルツブルク音楽祭も、果てしなく遠いです。

幸いなことに、仕事の話ではありません。
今週の月曜日から、とある大学の生涯学習講座でドイツ語の初級クラスに通い始めました。全12回なり。
案内文には春のコースの続きだが、過去にドイツ語学習の経験があれば大丈夫、とありました。あれば良いんですよね、ありますよ、はるか以前の大学の教養部でなら。ちゃんと成績だって「優」だったのです。

まあ、「なんとかなるっしょ」という根拠のないポジティブ精神で申し込み、初日なので事務所でテキストを購入し、教室へ。すでに3名ほどが座ってらっしゃる。しかも教室の前のほうから埋まってます。会社で着席自由のミーティングがあったら、確実に後方から埋まるのに...
どうやら、今回初めての受講者は私だけのようです。緊張して名札を取るのも出席簿に○をつけるのも忘れ、教えていただきました。ありがたや。

まずは自己紹介。先生、こっち見て喋らなくて良いです。ゆっくりと喋っていただいているのだが、半分もわかりません。わからないのは聞き取れていないのではなくて、聞き取った単語の意味がわからないので、ゆっくりでも無意味なのです。
今度は受講者の番、出身地、居住地、仕事、趣味、ドイツ語学習の目的なんかをヨロシク、ということで、ここはなんとか前に喋っていた人のを参考に切り抜けました。

テキストはそう厚いものではありませんが、全部で7つのレッスンに別れているうちの「Lektion5」から開始です。
でも、何ページを開けといっているのかがすでに曖昧です(笑) 幸い挿絵等があるのでそれを手がかりに目的のページを開きますが、全く情けない限り。英語でも読むほうは何とかなってもリスニングがからきしなんですが、ドイツ語でも耳の悪さ全開です。

二人ずつペアになって例文に別の単語をあてはめて喋る練習があるのですが、とりあえずは読めるのですが意味がわかりません(ドイツ語で良かった、フランス語だと読めもしません)。
ペアの相手は都合3人でしたが、どなたもちゃんと出てくる単語はわかっている。すごいなあ、と思ったのですが、よく考えると春の講座がついこの間終わったばかりで、単語も直前に出てきたものが多いのでした。それでも、一度習ってちゃんと覚えているんだからやっぱりすごいです。
最近はとにかく物覚えが悪くて、英単語でも何でも一度では何も記憶できません。下手に子供のころ記憶力が良かったので、ものを覚えるための工夫が必要なかった私は、いまや記憶力が衰えた上に何の工夫もできない大馬鹿者状態なんですね。これは語学の勉強にはかなりイタイです。

とにかく、1時間半の授業でペアの相手には迷惑をかけっぱなし。
とりあえず文法の基礎くらいは記憶に残っているので、機械的に例文の動詞や目的語を入れ替えることはできるんですが、これって意味もわからずに機械的に発話しているだけ。たぶんこのままではずっと同じことの繰り返しになるでしょう。
考えてみると、ある学習単位の中で自分がもっとも知識も訓練も不足している状態というのは、久しぶりのことです。学習単位とは違いますが、入社直後の職場での立場に似ています。
さすがにこれではマズイので、ちょっと時間をかけてでも予習復習をちゃんとやるようにしなければですね。それにしても、私はちゃんとミュンヘンに行ってビールの注文ができるように、なるんでしょうか。
この記事を最後に、私がドイツ語に一切触れなくなったら、それはきっと挫折した証拠です。

かれこれひと月近く迷っていたのですが、電子辞書を買いました。
これまで使っていた電子辞書、カシオのXD-LP9300は妻へお下がりに。発売予定のイタリア語辞書コンテンツを追加する予定です。2005年3月に買ったので、3年半弱使いました。
英語コンテンツ充実モデルということで、英英もOxfordのDictionary of EnglishやThesaurusがあったし、英和活用大辞典も重宝しました。

さて、今回買ったのは、同じくカシオのドイツ語モデル、XD-GP7150というモデル。41,800円で18%のポイントがつきました。
この辞書、ドイツ語に関しては和独・独和だけでなく独英大辞典やOxfordの独英・英独辞書が収録されています。独独がオプションですが、これはしばらくしてドイツ語がおおむね読んで意味が取れるようになった段階で追加しても良いでしょう。

問題は英語関連の辞書です。
カシオの第二外国語モデルに収録されている英語関連辞書はすべて共通で、英和中辞典はプログレッシブ、英英はOxfordのAdvanced Learner's Dictionaryで、英和活用大辞典もThesaurusもありません(英語類語辞典はありますが)。
ようは、英語に関しては並みの辞書ということになります。これでは、ドイツ語学習には良くても英語の学習にはちょっともの足りません。

電子辞書の多くは辞書コンテンツを追加することができるのですが、売られている追加コンテンツには限りがあります。
カシオでいえば、Oxfordの辞書は全く売られておらず、英英辞書は学習辞書が2種類あるのみ。私がよく使っていたOxford Dictionary of EnglishやThesaurusは追加できないのです。
一方で、英語重視モデルに追加できるドイツ語の辞書は独和・和独と独独のみ。やはり独英・英独はありません。「ドイツ語モデルへの英語辞書追加」「英語モデルへのドイツ語辞書追加」のどちらのアプローチを採っても、理想の組み合わせにはなりません。
ドイツ語を始めようか、と思って1ヶ月近くになり、すでに文法解説を読んだりNHKのラジオ講座を聴き始めているにもかかわらず、ずるずると辞書の購入を先延ばしにしていたのは、こんなわけでした。

問題が解決したわけではないのですが、いつまでも迷っていても仕方ありません。
結局は、英英関連の辞書が弱くなることを承知の上で、ドイツ語モデルを購入しました。追加した辞書は、英和活用大辞典とリーダーズ英和辞典/リーダーズ・プラスです。独独辞典は必要になったら購入することにして今回は見送りです。
英活とリーダーズは追加コンテンツの中でも値段の張るほうだったので、結局6万円近くの出費になってしまいました。語学ってお金かかりますね...って、紙の辞書ならもっと安いですが。

しばらくこれで使ってみて、どうしても不満が出るようならまた考えます。
おそらく、不満が出るようになる頃には、英語もドイツ語もそれぞれ少しマシになっていることでしょうし(そう願いたい)。
ひとまず目指すレベルとしては、英語ではそれほどストレスなく多様なトピックについての雑談ができる程度。ドイツ語は旅行時にレストランやお店での基礎的な会話ができて、現地の案内やパンフレットなどの短文を理解できる程度。来春までに、なんとかしたいと思ってます。
「Common European Framework of References for Languages」で考えると、英語ではB2レベル、ドイツ語はA2レベル、くらいでしょうか。これから5年くらいをかけて、ドイツ語とスペイン語くらいをB1レベルに到達されられたらと思っています。

別記事で書いたとおり、NHKラジオの外国語講座の録音を始めました。

学生の頃は、レコードなど高価でなかなか買えませんでしたから、音楽といえばFM放送のエアチェックでした。録音媒体はもちろんカセットテープです(オープンリールのデッキ、ほしかったっけなあ...)。
最近ではラジオを聴く機会がほとんどなくなってしまい、妻が持っていたラジカセがあるのですが、スイッチを入れたのはこの数年で2回くらい。

ラジオの外国語講座を聴くにしても、リアルタイムでは聴けない(平日の昼間ですから)ので、録音は必須です。
今どきカセットテープというのもなんだし(うちに初代ウォークマンとか、あるんですけどね)、iPodで聴きたいとなるとMP3でタイマー録音ができて、パソコンへのデータ転送が簡単でないと困る。
となると、選択肢はそんなにありませんでした。ひとつはサン電子のの「トークマスター」、もうひとつはオリンパスの「ラジオサーバ」です。いずれも書店ルートで売られているので、存在自体はだいぶ以前から知っていたもの。

ハードディスク内蔵で録りためておけるうえ、タイマーで就寝時に音楽なんかも聴けそうな「ラジオサーバ」のほうが魅力的だったのですが(大杉先生のポッドキャストも聴いていますし)、やはりこれは据置で使うものです。
室内の一番電波状態の良い場所におけて、しかもPCの横に移動するのも簡単にできる、という観点で「トークマスタースリム」を選択しました。iPodとほぼ同じサイズなので、窓際の棚の上などに置いておくことも可能です(わが家は、リビングの奥の方だと携帯電話の電波さえ不安定になる、電波状況の悪い場所なのです)。

案の定、わが家では窓のすぐ横にあるテレビボードの一番上の棚におかないと、AM放送はノイズまみれになってしまいます。ラジオサーバでは大きくておけない場所でした。
メモリは2GBと、単体で放送を録りためるには不足しそうですが、PCにコピーしてiPodで聴くのが基本なので、せいぜい1週間分くらいが記録できれば良いので問題ありません。
Windows用のユーティリティソフトが添付されていて、PCにつないでタイマー録音の設定ができるのは大変楽ちんでした。予約毎にフォルダわけしてファイルを作ってくれるので、どの番組かがわかりやすい(でないと、録音時間から特定しなくちゃならない)のも便利です。

妻のリクエストでイタリア語とフランス語の講座も録音しているので、英語・ドイツ語とあわせて毎日けっこうな数になりますが、数日使った段階ではなんの問題もなく、きちんと録音できています。
単にラジオを録音するだけ、メモリもたったの2GBでSDカードはSDHC非対応、作りもとてもやすっぽくて高級感もありません。これで39,800円というのはかなり利益の乗ったお値段じゃないかと思うのですが、代替手段の少ないニッチな市場ですので仕方ないかな。あと1万円安ければ、かなりお買い得感があったのですけど。

英語が不自由なく使えるようになったわけではないのですが、近頃少々伸び悩み気味。
当たり前のことで、実際に使う機会がなければ、言語の習得カーブなど早々急激に上昇するわけがありません。仕事で使わない私にとっては、英語でだれかと話す機会は毎週50分の英会話教室のみ。どうしても限界はあります。
また、私の英語へのモチベーションというのが、「旅行先のレストランやテーマパークでちょろっと世間話ができれば良い」という、極めていい加減で低レベルなものだけに、ある程度までできちゃうようになるとなかなか意欲を維持するのは難しいのです。

何事も停滞感が漂うときには気分を変えてみるのが一番、ということで、ドイツ語のテキストを買ってきました。
私は大学の第二外国語はドイツ語を選択していたので、これが初めてではありません。格変化やら名詞の性やらも、単位取得のためにがんばって暗記した記憶が多少は残っています。「der-des-dem-den」とかね。
買ってきたのは佐々木 庸一著の「新英語から入るドイツ語」です。ドイツ語の文法を基礎から英語と比較しながら解説しているので、大変わかりやすく読み進められます(もっとも、読んだのと理解したのと身についたのとは、それぞれ全然違うのですが)。1989年発行の古めの本ですが、内容的に古さが問題になるものではありません。

今年の初め頃、「ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法」(逸身 喜一郎著)を読んだのがベースになっているのでしょう。有名な「Veni, vidi, vici」「Cogito, ergo sum」にしてもそうですが、主語を略することができるだけで、こんなにシンプルで美しい表現ができるのですね。
学生の頃には「なぜ格変化などするのだ!」とイカりの対象でしかなかったのですが、格の存在によって文章内の要素の順番が柔軟に変えられることは、確実に表現の豊かさをもたらしてくれるものだと実感できるようになりました。年かなあ。

脱線しましたが、そんなわけでドイツ語です。
たしか、大学1年で第二外国語としてドイツ語を選んだとき、私は「これで『魔笛』を字幕なしで見られるようになるのだ」「『ニーベルンゲンの歌』を読むのだ」とか思っていたのでした。
もちろん、教養課程で一通りドイツ語文法をさらい、薄っぺらいテキストを読んだだけではとても実現はできなかったのですが、「魔笛」にせよヴァーグナーにせよ、字幕への依存度が下がるのは悪いことじゃありません。
それに、ドイツ語が多少なりともできれば、いつかは行こうと思っているオクトーバーフェストをより楽しめるに違いありません。例え片言の挨拶くらいでも、できる言語は多いに越したことはない。

学習方法は手っ取り早い方法として、NHKのテレビ、ラジオの講座を利用することにしました。テレビは録画予約をするだけなので簡単です。
問題はラジオで、リアルタイムで聴けるわけではないので、iPodで聴けるよう環境を整えねばなりません。さして選択肢があったわけでもなかったので、半日ほど検討してサン電子のトークマスタースリムにしました。
毎日のタイマー録音を設定して、夜PCにデータをコピーしてiTunesに登録、問題なくiPodで聴けています。電波の状況から、ちょっと雑音が気になりますが、内容理解の妨げになるほどではありません。

次なる問題は辞書です。
もはや紙の分厚い苦手重たい辞書など持ち歩けませんから電子辞書が前提なのですが、思ったほど選択肢がなく、カシオかSIIからの選択となるようです。
すでにカシオの英語重視モデルを使っているので、ここにコンテンツ追加で考えていたのですが、追加コンテンツには「独和・和独」と「独独」はあっても、ドイツ語モデルに搭載されている「独英・英独」が入っていないのですね。
上述の「新英語から入るドイツ語」を読んでいて、英語と比較しながら考えると単語の意味合いなどが理解しやすかったので、「独英・英独」の辞書はぜひほしいところなのですが、これはドイツ語モデルの辞書を買わないと入手できません。これは困りました。

今のところは「新英語から入るドイツ語」を読むのと、NHKラジオ講座ですので辞書が今日明日必要なわけではありません。検討の時間はあるのですが、さて、どうしましょうかね。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち外国語カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは写真とカメラです。

次のカテゴリは料理と外食です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja