料理と外食の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

レシピブック「エンジョイ! パンケーキデイズ」の43ページに掲載されている、コーンカレー・パンケーキを作ってみました。
れしぴではもちろん、パンケーキデイズのオリジナルミックスを使っていますが、前に買って手元に残ったのが中途半端な量だったので、薄力粉とコーンフラワーにベーキングパウダーと塩少々で代用しました。

あとは缶詰のコーンとカレーパウダーを適当に混ぜて焼くだけ。
普段から薄味好みなので、レシピよりも少しカレーパウダーを少なめにしましたが、それでもしっかりとカレーの香りと風味が楽しめます。

パンケーキのお供は、金曜日の夜に作っておいたカボチャのポタージュスープです。
こちらも作り方はすごく簡単で、カボチャの4分の1カットを適当に切り分けて電子レンジで3分ほど加熱(柔らかくなるまで適当に)。柔らかくなったら皮の部分をそいでおきます。
鍋にバターを溶かして薄切りにしたタマネギ2分の1コを炒め、透き通ってきたらカボチャも加えて混ぜ合わせます。ここに水を400cc、牛乳を200cc、コンソメを入れて弱火で暖めるだけ。

今回は固形コンソメを切らしていたので、お湯を入れるだけのJALコンソメスープを一杯分入れました。もちろん、クルトンはのぞきましたけど、入っちゃってもそう問題はないでしょう。
全体がなじんだところで、登場するのがクイジナートのハンドブレンダーです。ものの数十秒であっという間にカボチャもタマネギもすりつぶせますので、あとは小さく残った固まりが気にならない程度までブレンダーをこまめに使っておしまい。完成です。

本当ならここで濾し器を使った方がなめらかになりますが、ざらっとした感じが残るのも嫌いではないので、このままいただきます。
とはいえ、作ったその日に冷製スープにするのはちょっと大変なので、金曜日には温かいスープとしていただき、あら熱が取れたら冷蔵庫に保管して週末は冷製スープとして楽しみました。
上記の分量で、マグカップに5~6杯分になります(山盛りについだら4杯ないくらいですが)。

手順を見ると面倒に感じられるかもしれませんが、カボチャを切り始めるところから30分もかかっていません。
同じ要領で、ジャガイモやコーンでも作れるでしょう。
ハンドブレンダーがあれば、本格的なポタージュスープが簡単に作れるのは知っていましたが、やってみると本当に簡単でした。

夕食を作るにあたって、せっかくなのでクイジナートのハンドブレンダーを使おう、と思い、考えついたのがこれです。
正確には、フードプロセッサとして使っただけなので、別にあの形じゃなくても良いんですけどね。

作り方は簡単です。
バジルの葉っぱを適量(今回は25~30枚くらい)洗って水切りしておき、煎った松の実(大さじ二つ分くらい)、ニンニク(小さいのふたかけ)、パルメザンチーズ(適当...たぶん大さじ2つから3つ)、オリーブオイル(結構入れたなあ...大さじ2つか3つ)を全部フードプロセッサでみじん切りにして混ぜ合わせるだけ。
あとはゆでたパスタと和えて完成。
今回は、和えるときにエビを一緒にしました。フライパンでやったので、パスタ投入の直前にジェノバソースと一緒にちょこっとだけ火を通します(というより、暖まればOKなくらい)。

市販のジャガイモのヴィシソワーズと一緒に、先週買ってきたロゼワインとともにいただきました。
ソースが作りたてで香りがしっかりとしていることもあって、レストランの味、という感じですよ。結構簡単な割にはおいしいので、一度おためしください。

朝食のために買っておいたソーセージと野菜が使えなかったので、ランチで使うことにしました。
土曜日に買ってきたそば粉を使って、ガレットに初挑戦です。

ネットでいくつかのレシピを見たのですが、当然ながら十人十色です。
最大公約数としてはそば粉単独か、もしくは小麦粉と混ぜて水や牛乳で溶くこと。卵は入れたり入れなかったり。
今回はそば粉と小麦の全粒粉とを8:2で混ぜて塩を少々、水だけで溶いてのばしました。正解なんてないのでしょうから、やってみて失敗したら次回直せば良いし。

二人分(2枚分)の具材はタマネギ半分、アスパラガス4本、粗挽きソーセージ4本、ルッコラ、卵です。タマネギとアスパラ、ソーセージは食べやすい大きさに切って軽く炒めておきます。
フライパンに生地を流し、表面が乾いたら具材を乗せ、ルッコラを適当に散らしたら中央に卵を割り、軽くコショウとオリーブオイルをかけてふたをして蒸らします。今回はあまりうまい具合に卵に火が入ってくれませんでした。やっぱりオーブンがあったほうが楽そうですが、ないものは仕方ありません。

うちにあったフライパンでは直径20cm強が限界だったのと、ちょっと具が多かったので包むのは断念。オープンサンド風というか、ピザ風というか、まあ見た目の通りの食べ物になりました。
味はとても良かったですよ。そばの風味もちゃんとあって、ルッコラもとても香りが強くておいしかった。また適当な具を見つけたらやってみようと思います。

前日までの雨が上がって久しぶりに行楽日和の日曜となった6月1日、一日がかりの模様替えは午前9時頃から午後6時まで、断続的に9時間をかけてなんとか終了しました。

模様替えのきっかけとなったのは、この日やってきたワインセラーです。
デパートからワイン関連イベントの案内が来ると、いそいそと午前中からでかけてはたっぷりと試飲を楽しむのですが、そこは小心者なので飲むだけ飲んで帰るということもできず、だいたいは何本かを買うことになります。
だいたい、12本までは送料が同じなので、それじゃあとばかりにギリギリまで買ってしまうのは貧乏根性の表れでしょうか。いずれにせよ、飲むスピードよりも買うスピードが速くなってしまい、この冬で60本近くのワインが家に転がっている有様。

平均すれば2~3000円のワインばかりなので、全部飲んじゃえばいいのですが、結婚年のワインを見つける都度買ったり、上記のイベントでも一本くらいは値段の高いのを買うこともあります。少し高めのものは、誕生日とか記念日に開けたいと思えば、結局自宅である程度の期間は保管せざるをえません。
自宅で一夏置いちゃダメだよ、と言われたこともあったので、梅雨入り前には決着をつけようとサクラの咲く頃から本格的に検討を始め、4月の終わりには発注をしました。納期が少しかかってしまい、約1ヶ月後の日曜日にようやく到着。何とか入梅に間に合いました。

購入したのは「フォルスタージャパン」の70本収納可能なタイプ。ガラス扉は見栄えがよい一方で消費電力が跳ね上がるので(値段も多少)、扉タイプのものです。
冷静に考えれば、セラーに保管したいワインは10本程度なので、コンパクトな12~18本収納のタイプにしておけば良さそうなものです。とはいえ、3000円くらいのものでも買ってきてその場で飲むわけではないし、夏場の東京で室内に置いておけばまずくなるのは必至。
30本を超えると背が高くなるだけで、設置面積はそれほど変わらないこともあって「大は小を兼ねる」という結論に達したわけです。
ワインセラーの値段はピンキリですが、ネットで調べてみると安いものは安いなりの品質だという情報が多く、失敗しても捨てたり買い換えたりというのが簡単ではない(処分料もかかりますしね)ので、定評あるものにしておきました。

さて、東京にいれば実に多くのワインショップがあります。
飲みたいときに、ショップでしっかりと保管されていたものを買ってくれば良く、自宅でセラーを持つ必要なんかない、という考え方もあるでしょう。
一方で、思い立ったときにすぐ買いに行けるわけでもないし、上に書いたように結婚年のワインを記念日に、等といったときに確実に店頭在庫があるとは限りません。行きつけのレストランで、記念日に必ず予約を入れておいて...というライフスタイルでもないですしね。
収納本数の考え方はいろいろあるでしょうが、気に入ったものを自宅に置いておき、好きなときに飲めるようにしておける自宅セラーは、やはり便利じゃないでしょうか。
そんなこんなで、わが家には小振りな冷蔵庫サイズのセラーが居座ることとなりました。

配送のかたが設置後、1時間ほどおいてから電源を入れておいたところ、3時間ほど後には庫内温度が12~13℃を指すようになりました。
奥の部屋からワインを運び、ホコリをはらって収めます。買ったときの値段を忘れないよう、上部にカラーシールを貼り付けました(ちとセコいですが)。改めて全体を見ると、3000円くらいのワインが多いのに気がつきました。
店頭で試飲するとけっこうおいしくて、値段的にもそれほど抵抗がなく買えるのですが、いざ飲もうとするとデイリーにするにはちょっともったいないし、かといって記念日に開けるほどでもない、ということで残っちゃうのですね。逆に2000円くらいまでのワインは普段の食事で飲んじゃうので、かなり回転していてそれほどたくさんはありません。
これからは、気軽に開けられる2000円くらいまでと、がんばって(?)飲む5000円以上にはっきりと目的別に買ったほうが良いかもしれません。

さて、ワインセラー到着記念はもちろんワインを開けて祝ったのですが、室内に置いてあったものは少し温度が上がってしまっていたので、近いうちに飲もうと冷蔵庫に移してあった安いのを飲むことになっちゃいました。残念。
ワインのお供は、スーパーで特売になっていた牛肉を見つけたので、タマネギとマッシュルームを追加してビーフストロガノフにしました。味付けを考えるのが面倒だったので、今回は手抜きして市販のルーを使いました。タマネギを2倍にした以外は箱のレシピ通りに作って所要時間は1時間弱。もちろん、普通においしかったですよ。しかも簡単で、ワインにもあったし。

模様替えは食器棚の移動もあって、中身を出してしまってとけっこう面倒でしたが、なんとか日のあるうちに終わって良かった。
あまり高カロリー、高アルコールの食生活はよろしくないのですが、適度に楽しもうかと。とりあえず健康診断を乗り切ってからにしないといけませんが...

本日は連投です。

アクセスログに出てくる検索語を見ていると、「クイジナートのハンドブレンダー」が意外に多いのですね。購入を検討している方が結構いるのでしょうか。
シチューを作った際に使って以来、フードプロセッサや泡立て器の代わりには使っているのですが、ブレンダー自体は動かしていませんでした。

そこで、今日の夕食にはカボチャの冷製スープを作ることに。
非常に簡単な作り方で、カボチャを適当に切ってレンジでチン、柔らかくなったところに他の材料を入れてブレンダーでつぶしながら混ぜるだけ。できあがったら冷蔵庫で冷やして完成です。
レシピは少し前に買った本、「クイーン・アリスの永久保存レシピ (別冊家庭画報)」に載っているものです。各材料の分量などはレシピ本を見ていただくとして、カボチャの他には砂糖、塩、牛乳、水、生クリームだけと至って簡単です。
本来はできあがったあとで裏ごしすればなめらかになったのでしょうが、多少カボチャの粒が残った状態も結構良いですよ。

なお、夕食のメインは同じ本の108ページに掲載されている「豚バラ肉の煮込み」です。
煮込み料理といっても、材料を耐熱容器に入れて1時間ほど電子レンジに入れておくだけ。下ごしらえは30分ほどかかりますが、あとは至って簡単。勝手においしくなってくれます。

このレシピブック、全ての料理のカラー写真が添えられていて、どれをとってもとてもおいしそうです。下ごしらえのテクニックなんかも紹介されていて、全てをその通りに実践するわけではないのですが、かなり参考になります。
こうしたレシピの多くは、オーブンが前提になっていたりするものですが、そればかりではなく手軽に試せるものが多いのも魅力です(手軽ではありますが、どれも本格的な料理ですので、家族に受けること確実です)。

週末の午後に自宅でゆっくりと、レシピブックを眺めながら夕食のメニューとあわせるワインを考えるのも、なかなか快適で気持ちの良い休日の過ごし方だと思います。

2008年6月、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World, WDW)のコンテンポラリー・リゾートに新テーブルサービスレストラン「The Wave」がオープンするそうです。
で、このレストランはちょっと変わったワインセラーを持つとのこと。

 「Wine at new Disney restaurant to be served in screw-top bottles」(Orlando Sentinel)

もうタイトルでおわかりの通り、コルク栓のワインは置かず、すべてをスクリューキャップのものとするんだとか。例外はスパークリング・ワインで、これはまだスクリューキャップのものがないので、コルク栓でフタをされたものが出てきます。
ワインの産地も、同じリゾートにある「California Grill」との差別化の意味もあるのか(あるいは、スクリューキャップで質の高いワインを集めるためか)、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチンからのものとなります。
6月7日のオープンに向けて、すでに性格も価格もさまざまな80種類のワインが集められているそうです。

たしかにワインを飲んだあとのコルク栓というのは、ただの燃えるゴミになってしまうもので、あまり環境に優しいものとは感じられません(もっとも、きちんと回収さえできれば再利用が容易なのだと聞いたこともあります)。
スクリューキャップは開けるのも簡単だし、飲みきれなかった際に締めるのも便利(とはいえ、中の空気を抜かないとあっという間にまずくなっちゃいそうですけど)。全体としては、脱コルクの方向に向かっていくのでしょうね。スクリューキャップではなく、樹脂製のコルク代替材でフタをされたワインも、最近目立つように思います。

とはいえ、ソムリエがテーブルの横でワインを手際よく抜染してくれるのを見るのも、楽しみのひとつではあります。
スクリューキャップが主流になって、あの光景が減ってしまうのも寂しいような気がしますね。ワインの状態を確認するのにも、ビンの口に鼻を近づけて...というのはちょっと無粋に感じられますし。
まあ、長い歴史を持つワインですから、そう簡単にすべてが変わってしまうとは思えないので、それほど気を揉む必要はないのでしょうけど。

いずれにせよ、WDWには良く行くので、新しいレストランがオープンしてくれれば次回の楽しみが増えて、ありがたいことです。新しいアトラクションができても、混んでいると乗らずに帰ってきてしまうこともあるくらいだらけた遊び方をするので、楽しみといえばレストランでの食事が最大のものですので。
近々でかける予定は立っていないのですが、新レストラン「The Wave」、次回のアクティビティリストの上位に、置いておこうと思います。

買ってきたクイジナートのブレンダー、さっそく使ってみました。

まずは朝食、こちらで写真も掲載した「酵母入りビールのパンケーキ」です。
ここでは卵と砂糖とサラダ油とを攪拌するために使っただけですので、実際にはお箸でシャカシャカと混ぜるのとあんまりかわりません。全卵なので泡立てるわけでもありませんし。
もちろん箸でかき回すのよりもラクなことはラクなんですが、使ったボウルがちょっと小さめだったので飛び散りに注意が必要でした。粉とビールを加えて混ぜる際にはボウルの大きさから盛大にはねそうだと思ったので、泡立て用のアタッチメントを外して手でやりました。たいした分量じゃありませんし。

続いて夕食時。
正確には、火曜日の夕食ではなく水曜から食べるための豚肉のビール煮込みシチューづくりで使いました。
まずはフードプロセッサの機能を試すべく、(あとで書くように本来は不要だったのですが)タマネギとニンジンのみじん切りを。タマネギは取説の指示通り8等分してひと玉分ずつを切りましたが、どうしても切れずに残ってしまうものがあって少しずつ振って内容物を動かしてやる必要がありました。それでも、手作業に比べれば圧倒的にラクです。
必ずしも細かく刻む必要がないものだったこともあり、かなり簡単に済ませることができました。
ニンジンのほうは乱切りにして一本分を切りましたが、こちらはある程度重さがあるせいか勝手に中で動いてくれ、うまい具合に短時間でみじん切りができました。これも、手作業とは比べものにならないほど簡単。
フードプロセッサと比べても、場所を取りませんし、後片付けが圧倒的にラクです。今後、よほど大量の食材を扱わねばならないときや、千切りや薄切りが必要でない限り、フードプロセッサの出番はほとんどなくなりそうです。

さて、シチューをコトコトと煮込んで、ほぼ完成の段階で再度ブレンダーを登場させました。
目的は、ゴロゴロとしている煮込み用(スープ用の)の野菜を細かくすりつぶすこと。いわば野菜のポタージュ状にしてとろみをつけようということです。
きちんとしたレシピブックなんかだと、煮込み用の野菜は鍋から取りだして食べないようなんですが、そんなのもったいないですよね。お店で出すわけじゃないので、多少見た目が悪くてもかまいません。
使った野菜は上記のタマネギとニンジン(ここですりつぶすのだから、わざわざみじん切りにする必要はなかったわけです)、そしてセロリ(茎の部分、葉はスパイスとして煮込み時に使ったのちに取り出しました)です。
肉を取りだしてから鍋にブレンダーを差し込んでスイッチオン、すると、あっという間に野菜の塊が消えてスープにトロ味が出てきます。もちろん、完全にきれいにするには漉してやったほうがよいのでしょうが、まあ、家庭用ならば良いんじゃないかと。
驚いたのは、ほんの数十秒で済んでしまったことです。たしかにこれならば、ジャガイモやカボチャ、ニンジンなどのポタージュスープを作るのも簡単そうです。夏になったら、ぜひ冷製スープを試してみようと思います。


そんなわけで、完成したブタのビール煮シチューがこちらです。
ちなみに使ったビールは朝のビールパンケーキの残りと、苦みのあるエール。水は使わずにビールだけで煮るので、味にはしっかりと苦みと酵母の風味が残ります。
野菜を全てすりつぶしたためか、スープ自体はとても甘みが強くなりました。これはこれで良い感じです。セロリポタージュといっても良いくらいの味でもありますので、好き嫌いはありそうですけど。

ブレンダーというとわかりにくいのですが、要するに「バーミックス」みたいなやつです。しばらく迷っていたんですが、ようやく日曜日に買ってきました。
購入したのは、これです。

 クイジナート 「スマートスティックハンドブレンダー」

主たる用途はパンケーキを焼く際に卵と砂糖を混ぜて泡立てることだったので、最初は単機能のハンドミキサーを買うつもりでした。アイロンに泡立て用の棒が2本くっついてるようなやつですね。クイジナートのが9千円とか。
実は、先週送別会の記念品リクエストを受けたので頼んでみたのですが、どうやら私がふざけて高いものをリクエストしたと思われたらしく、もらえませんでした。残念。

そんなわけで週末にかけて再度検討。
泡立ての他にやりそうなことを考えると、最近煮込み料理やシチューを作ることが多いので、ブレンダーがあっても良いかな、と思ったわけです。ポタージュスープなんかは材料をすりつぶしたりが面倒だからあまり作らないのですが、一度だけニンジンスープを作ったときには妻にかなり好評でしたし。
バーミックスの印象が強く、けっこう高いものだと思っていたのですが、ブラウンとかクイジナートならば1万円内外で買えることもわかってきました。

もうひとつわかったことは、簡易なフードプロセッサの機能もあって、みじん切りもできるということです。
フードプロセッサは持っているのですが、ちょっと野菜をみじん切りに、というときに持ち出すのも面倒なものです。台所が広くていつもキャビネットの上に出ていれば、問題ないんですけどね。結果として使うのは年に数回です。
スティックタイプのブレンダーならば場所も取りませんし、いまよりも気軽に使えそうです。どうせやるのはタマネギのみじん切りくらいなんだし。

そんなわけで、用途その1はパンケーキ用の卵やクリームの泡立て、その2はポタージュやシチュー料理、そしてその3はタマネギのみじん切り。
候補をブラウンとクイジナートに絞って店頭へとでかけました。ネット通販でも良かったんですが、重さとか握りやすさ、モーターの騒音なんかを確認したかったのです。
残念なことに、店頭の展示品はいずれも動いていませんでした。たしかに勝手に触らせちゃ、危ないですよね。それでも、握りやすさなんかは確認できました。

結果としては、2千円ほど割高だったものの、クイジナートを選びました。
ブラウンは回転速度が選べるようになっていたのが魅力だったのですが、泡立て用のアタッチメントがとても柔らかくて華奢な感じを受けたのと、デザインが毎日使っている電動歯ブラシ(これはまさにブラウンのですから)にそっくりだったこと。だって、操作ボタンの作りだけでなく、色まで一緒なんて...

買ってきたブレンダー、さっそく休日の火曜日に朝晩使ってみました。
その感想は、次の記事にて...

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち料理と外食カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは外国語です。

次のカテゴリは旅行と出張です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja