パンケーキの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ハムステーキにパインを乗っけたら「ハワイ風」では、ハワイの人たちに怒られますかね...
まあ、発想が貧困なのはお許しいただいて。

ここ数週間は、なんだか忙しかったり、午前中から出かけなければならず、朝食のパンケーキも簡単にミックスで作ってシロップをかけておしまい、ということが多くて紹介できませんでした。
これも何かを工夫した訳でもありませんが、頂き物のハムがあったのでフライパンでさっと焼き、缶詰のパインも焼いて乗っけただけ。サラダもベビーリーフのミックスで、味付けは適当に妻がやってました。なんだろう、オーリブオイルと酢とコショウくらいだと思います(ホントに適当)。

生地も至ってシンプルで、薄力粉とベーキングパウダーと塩を少々、全卵、牛乳と砂糖です。ちょっと固かったので缶詰のシロップで緩くしましたが、味にはあまり影響なし。
まあ、おかずパンケーキのときにはあまり凝らずにシンプルに作ったほうがおいしいみたいです。

さて、本日は午後から雨模様のようですが、東京文化会館にてプラハ室内歌劇場による「魔笛」です。場所は1階の後方で、舞台の見通しは良さそうですが歌手は小さくしか見えませんね。
妻が双眼鏡を取り出してきたら、ゴムの部分が劣化してベタベタになってしまっていました。うーん、なんか買わなくちゃ。

リコッタチーズを使ったおいしそうなパンケーキのレシピを見かけました。
そのまま作るには準備時間が足りなかったので、リコッタチーズの代わりにヨーグルトを使って(全然違うじゃん!という指摘はおいといて)、ミルクも省いてしまいました。生地を用意している段階で、ミルクまで入れるとものすごく多くなってしまいそうだったので。

材料は薄力粉75g、ベーキングパウダー、塩を少々、卵白2個分のメレンゲ(もちろん、クイジナートのハンドブレンダーが大活躍)、卵黄2個分、ヨーグルト140gです。
適当に焼いて、適当にバターを塗り、トッピングはシンプルにバニラアイスとメープルシロップだけ。ボリューム感は出ますが、メレンゲでかさが出ているので実際にはそれほど多くありません。二人でちょうど良い朝食ではないでしょうか。

本当はフルーツでも添えれば良さそうなんですが、あいにく備蓄がありません。
思い立って適当に作るので、なかなかこったことはできませんね。
普段のパンケーキとは違った軽さが出ましたので、まあ、これはこれでよしとしましょう。おいしかったですよ。

いやはや、暑いですね。
時折吹いてくる風が心地よいことはあるにせよ、基本的には蒸し蒸しとしていて日射しがあるところでは目をあけているのもつらいくらいです。

こんな日には食欲も減退してしまいがち、食べられなくなっては体力を消耗する一方ですので、こんなパンケーキを作ってみました。
枝豆パンケーキ、作り方はとても簡単で、普段通りに生地を作ったら枝豆とカレー粉を混ぜ合わせて焼くだけです。もちろん、枝豆は豆だけですよ、サヤごと入れると食べられません。

奥に乗っているのは生クリームにあらず、プレーンヨーグルトです。
割と味が単調になってしまうので、あわせながら食べると酸味が心地よいです。もちろん、別添えにして食べてもかまいません。(どちらかというと、撮影時の見栄えのためにのせたようなものです)

注意点としては、生地にはあまり砂糖を入れずに、カレー粉もあまり辛くならない程度に入れることでしょうか。あまり濃い味にすると途中で飽きると思いますよ。
私の夏休みも日曜日まで、あと二日となってしまいました。あまり精力的に遊んだ訳ではなく、自宅で片付けばかりしていたお休みでしたが、多分気分転換にはなっていると思います。
あまりくたびれないように、しっかり休んでしっかり食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

バナナ・パンケーキとはいっても、バナナが生地に練り込んであるとかいった工夫はしてません。
普通にパンケーキを焼いて、バナナをのせてココアを散らしただけ。とても簡単です。

今回は生地製作中に少々失敗をして、結果的に卵が一個半くらい入ったために、パンケーキというよりも卵パンといった感じの味になりました。こういったパンケーキでは、おとなしく市販のホットケーキミックスを使ったほうが無難な味にまとまるかもしれません。

そう甘くないバナナだったので少し味がもの足りず、食べるときにはバニラアイスを乗せました。ああ、またカロリーオーバー...

酵母入りビールを使ったパンケーキ、前回作ったのは4月でしたので、ほぼ3ヶ月ぶりになります。
作り方がとくに面倒というわけではないのですが、朝からビール瓶を開けて、というのが行動としてはちょっと抵抗があるというか...レシピブックなんかには「飲み残しのビールを使いましょう」なんてありますが、そもそも「飲み残し」っていったい何? という感じですので。

さて、今日の生地は小麦粉とライ麦粉、そしてベーキングパウダーと塩です。
砂糖は、酵母ビール自体に苦みだけでなく甘みもあるので、別には入れていません。あとは卵。粉があわせて115gほどでしたが、ビールは150ccと少し多めにして、ゆるめの生地にしました。

焼き上がったら、あとは別に作ったハムエッグを乗せるだけ。コクがあってもっちりとして、とてもおいしいですよ。
あ、昨夜残しておいたルッコラの葉を添えるのを忘れてました...しまった。

レシピブック「エンジョイ! パンケーキデイズ」の43ページに掲載されている、コーンカレー・パンケーキを作ってみました。
れしぴではもちろん、パンケーキデイズのオリジナルミックスを使っていますが、前に買って手元に残ったのが中途半端な量だったので、薄力粉とコーンフラワーにベーキングパウダーと塩少々で代用しました。

あとは缶詰のコーンとカレーパウダーを適当に混ぜて焼くだけ。
普段から薄味好みなので、レシピよりも少しカレーパウダーを少なめにしましたが、それでもしっかりとカレーの香りと風味が楽しめます。

パンケーキのお供は、金曜日の夜に作っておいたカボチャのポタージュスープです。
こちらも作り方はすごく簡単で、カボチャの4分の1カットを適当に切り分けて電子レンジで3分ほど加熱(柔らかくなるまで適当に)。柔らかくなったら皮の部分をそいでおきます。
鍋にバターを溶かして薄切りにしたタマネギ2分の1コを炒め、透き通ってきたらカボチャも加えて混ぜ合わせます。ここに水を400cc、牛乳を200cc、コンソメを入れて弱火で暖めるだけ。

今回は固形コンソメを切らしていたので、お湯を入れるだけのJALコンソメスープを一杯分入れました。もちろん、クルトンはのぞきましたけど、入っちゃってもそう問題はないでしょう。
全体がなじんだところで、登場するのがクイジナートのハンドブレンダーです。ものの数十秒であっという間にカボチャもタマネギもすりつぶせますので、あとは小さく残った固まりが気にならない程度までブレンダーをこまめに使っておしまい。完成です。

本当ならここで濾し器を使った方がなめらかになりますが、ざらっとした感じが残るのも嫌いではないので、このままいただきます。
とはいえ、作ったその日に冷製スープにするのはちょっと大変なので、金曜日には温かいスープとしていただき、あら熱が取れたら冷蔵庫に保管して週末は冷製スープとして楽しみました。
上記の分量で、マグカップに5~6杯分になります(山盛りについだら4杯ないくらいですが)。

手順を見ると面倒に感じられるかもしれませんが、カボチャを切り始めるところから30分もかかっていません。
同じ要領で、ジャガイモやコーンでも作れるでしょう。
ハンドブレンダーがあれば、本格的なポタージュスープが簡単に作れるのは知っていましたが、やってみると本当に簡単でした。

前回は、クリームを固く泡立てすぎたり、ジャムの水気を飛ばしすぎたりと失敗が重なったブルーベリーのパンケーキに再チャレンジしました。

パンケーキ自体は、なんの工夫もなくホットケーキミックスを使い、型を使って12cm経で4枚(ミックスが140g、卵一個、牛乳110mlくらい)を焼きました。
今回はなぜか型からうまく外れてくれなくてちょっと苦戦。前回に比べると記事に水分が多かったからかもしれません。

クリームを泡立て、ジャムは水気を飛ばさないように少しずつ確認しながらレンジで加熱、飾り用の生ブルーベリーは表面をきれいに磨いて万全を期しました。
結果としては、クリームは少し間をおいている間に予定より固くなってしまい、当初のイメージ通りにはなりませんでしたが、それでもまあ、前のよりはちゃんとできたんじゃないでしょうか。

カロリーが結構高めなので、お昼ご飯は軽めにしなくては...

今日の朝食ではなく、先週の日曜のものです。
今朝は冷蔵庫にめぼしい具がなかったので、簡単にホットケーキミックスで当たり前のパンケーキを焼いて食べました。

さて、写真でおわかりの通り、パンケーキを焼いてハムとサラダをのせただけ、実にシンプルですがおいしいし、ちゃんとした朝食になります。
パンケーキの記事は薄力粉とベーキングパウダー、卵、牛乳、サラダ油と至って当たり前のもの。砂糖も8gだけ入ってます。ハムは新宿の高島屋でおいしそうなのを買ったんだっけかな。サラダは近くのスーパーで売っているベビーリーフのセットもの、ざっと洗えばいいのでお手軽です。

パンケーキの側面でおわかりかと思いますが、型を使って丸く焼きました。直径12cmのものです。
初めて使ったのでうまく抜けるか不安でしたが、マニュアル通り薄くサラダ油を塗って使ったら意外にスムーズでした。これまで小さめに焼こうとして形が崩れちゃっていましたので、こんなに簡単なら早くから使っておけば良かった。やっぱり便利な道具は使わないと損ですね。

「フルーツゼリーパンケーキ」なんて書くと、いかにもゼリーを使った新作オリジナルパンケーキのようにも感じられますが、なんのことはない、冷蔵庫にあったフルーツゼリーを乗せただけです。
透明なゼリーに桃の果肉が入っているタイプだったので、果肉とゼリーとを分けて乗せました。

昨夜、ロッシーニの「チェネレントラ」を楽しんだ余韻が残っていたので、作曲者にあやかってグルメパンケーキと行きたいところでしたが、適当な材料がありませんでした。

今回のパンケーキは私は本当に焼いただけ。乗せるものを考えたのは妻です。
ちょっと甘めにしたかったので、小麦粉とコーンフラワーを半分ずつ使い、砂糖を16gと普段の倍に増やしました。これでも、市販のミックスに比べるとだいぶ低糖だと思うんですけど。
あとはいつも通り、ベーキングパウダー、塩、卵、ミルク、サラダ油です。
生地にもしっかりとした味と甘みがあって、おいしく焼き上がりました。

アイスも先日まではスプーンで一生懸命にすくい取って乗せていたんですが、ようやくディッシャーを買ったのでかっこよくなりました。
メープルシロップもかけておいしい朝食のできあがり、30分もかからないのでとっても簡単です。

しまった、ベーキングパウダーを買っておくのを忘れてしまいました。
よって、本日の朝食は簡単にホットケーキミックスを使います。
本当は、ソーセージとルッコラとアスパラを買ってあったのですが、砂糖がたくさん入っているミックスとはちょっとあいそうにないので、これはランチに回しましょう

とはいえ、そのままではおもしろくないので、冷凍食品のブルーベリー/ストロベリーミックスがあったので、これをレンジにかけてジャムにし、ホイップクリームと合わせてみました。
クリームはクリームだけでのせ、上からジャムをかけるつもりが、うっかりジャムに加熱しすぎました。ほとんど水分が飛んだペースト状になってしまったので、やむを得ず混ぜてしまうことに。
視覚的におもしろみがなくなったのでバニラアイスも添えてみました。うーん、ちょっとハイカロリー。

味のほうは、まあ見た目の通りです。
冷凍食品のベリーがあれば、グラニュ糖と混ぜてラップをかけずにちょっとレンジで温めるだけですので、とても簡単です。たぶん4~5分でOKと思いますが、様子を見ながらやってみてください。

小豆の菓子があったので、パンケーキに使ってみました。
昨夜スーパーで賞味期限近くの生クリームが120円引きで売られていたので購入、小豆とクリームとバニラアイスと、失敗してもまずくはならない必殺の組み合わせです。

パンケーキ生地は富沢商店のホットケーキミックスをそのまま使いました。クリームがあるので量を控えめに、ミックスを110gに卵一個とミルクを70ccほど。生地にも小豆を少し入れました。
クリームのほうは調子に乗って泡立てすぎてしまい、固くなったので、ふわっとさせて軽く小豆と合わせる当初プランを中止、クリーム絞りで飾り付けて小豆とアイスを別々に乗せて混ぜながら食べます。上で書いたとおり、この組み合わせはよほどヘンなことをしない限りはまずくならないので安心です。
ちなみに前にも書いたと思いますが、撮影に向けた飾り付けはいつも妻がやってます。私がやるとガサっドサっという感じできたなくなっちゃうので。

使ったのが菓子だったので、次回はちゃんとゆで小豆を買ってきてやってみようかと思います。
それなら、適度に泡立てたクリームともちゃんと合わせられるでしょうし。

昨日録画しておいた、「名曲探偵アマデウス」を観ながら食べましたが、う~ん、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番と「つぐない」ですか...意識してなかったけど、確かに似てるかも。


今朝はごらんの通り、厚手のベーコンとアスパラガスをパンケーキではさんだサンドイッチを作りました。

レシピは、「エンジョイ! パンケーキデイズ」の12ページ掲載の「スプリングベジーサンド」を参考にしてます。
パンケーキ自体は全粒粉を多めに使ったためか、ちょっと生地が硬めになってフライパンの上で広げるのが大変でした。予定よりもかなり分厚くなってしまい、食べるときには結局ばらしてちょっとずつ。オープンサンドになっちゃいました。
本当は、この本のレシピを試すにはパンケーキデイズのミックスを使うのが一番なんでしょうけどね。手持ちの粉がたくさんあるので、適当に使っちゃいます。
でも、おいしかったですよ。

レシピにも指定がありますが、ベーコンは厚切りのものを使うのがキモです。
これが薄いと本当にカリカリになっちゃうでしょう。厚切りのものを使えば、しっかりとベーコンの味もあって、かなりボリュームのある朝食になります。ブランチにも良いんじゃないでしょうか。

本日は午後からみなとみらいホールに行き、パーヴォ・ヤルヴィ指揮のフランクフルト放送交響楽団のコンサートです。演目はブラームスの交響曲第2番と第4番。明日の第1番と第3番の組み合わせと相当迷ったのですが、こちらにしました。さて、どんな演奏を聴かせてくれるでしょうか。

枝豆パンケーキ

| コメント(0) | トラックバック(0)

本日は6月の第一木曜日、そう、「アペリティフの日」であります。
恒例となった、六本木ヒルズでのフランス食品振興会主催によるイベント「Happy Apéritif in 東京」が開催されますが...なんと午後からは雨模様。
雨天決行ということなので開催はされますが、紙皿とカップを手に屋外テントを渡り歩くのにはちょっと不便そうです。なんとか朝の状態のまま持ってくれないものでしょうか。

そんなわけで、本日は会社をお休み。少しだけゆっくりと起きて朝食を終えたところです。
今日のメニューは「枝豆のパンケーキ」、「エンジョイ! パンケーキデイズ」の38ページにレシピが掲載されています。
例によってレシピ通りに作ったわけではなく、そこは適当に。小麦粉、ベーキングパウダー、塩、砂糖、ミルク、卵、サラダ油です。少し塩を多めにしました。

枝豆はゆでるのでは時間と手間がかかりすぎますから、冷凍食品のを解凍し、皮をのぞいただけです。薄皮も取り除きます。
ばらけちゃうんじゃないかと心配でしたが、そんなこともなく、ちゃんとできあがりましたよ。

付け合わせのサラダなどもなく、本当に枝豆を混ぜて焼いただけ。
バターの乗っけていただき、結構おいしかった。けれど、サラダにマヨネーズをあわせて食べればもっと良かったかも。
なお、グラスが写っていますが、さすがに朝からワインを飲んだわけではなく、グレープジュースです。

さて、午後からは六本木です。雨よ降らないで~

全く砂糖を使わずに作ってみましたが、これはこれでお手軽なパンの代用になります。でも、焼き色が不均一になっちゃいました。これって砂糖なしだったから?
パサパサしちゃいそうだったので、生地にはヨーグルトを大きなスプーンで二つ混ぜました。

添えたのはベーコンとレタスのみ。この日(土曜日)は夕食のボリュームが大きくなる予定だったので、簡単に。ベーコンは油をおとしたかったのでカリカリに焼きましたが、ちょっと焦げてしまいました。これはこれでおいしかったですけど、見た目は悪いですね。

最近Youtubeで見つけ、お気に入りのビデオをどうぞ。

 Pancakes!(Youtube)
 

 Pancakes II(Youtube)
 

で、ビデオはすごく面白くて、「早くIIIを作ってくれないかな」と楽しみにしているのですが、ここで作ってるパンケーキって、私の理解だと「クレープ」なんですよねえ。
主人公のPancakemanが使っている材料は三つだけ、小麦粉、卵、ミルクです。これを混ぜ合わせてフライパンで薄く焼き、シロップやフルーツなんかを乗せて食べてます。どう見てもクレープ。

そこでWikipediaの説明を読んでみると、北米やメキシコでは日本で「ホットケーキ」と呼ばれている、ベーキングパウダーなどを使って1cm内外の集めに焼いたものが主流で、一方でヨーロッパではクレープのような薄いのがパンケーキと呼ばれるのだとか。
上記のビデオの作者である「Gir2007」氏はスコットランドに住んでいるようなので、彼にとっての「パンケーキ」は、ふくらませないもので正しいのでしょう。
じゃ、クレープとは何なんだ、ということで同様にWikipediaの説明を見ると、小麦粉で作るとても薄いパンケーキの一種だとあります。

日本だと厚いもの(便宜上、北米型)を「ホットケーキ」、薄いもの(同じくヨーロッパ型)を「クレープ」と呼んで区別していて、「パンケーキ」というのは今のところ両者ほどには定着していない、といったところでしょうか。
クックパッドでレシピ数を検索してみると、「パンケーキ」で858品、「ホットケーキ」で1,479品、そして「クレープ」で591品と、ここではパンケーキが健闘(2008年5月21日現在)。とはいっても、レシピを見ていくと北米型とヨーロッパ型が混在しています。全体としては、やはり北米型が優勢。

最近アップしている写真を見てもおわかりのとおり、私が作るのはもっぱら北米型です。
もっとも、私が小学校の頃には「クレープ」なんていう洒落たものはなくて、「ホットケーキ」も滅多に口に入らないあこがれのおやつのひとつでした(たぶん、仕事をしていた母にとってはホットケーキをちゃんと作る時間がもったいなかったんでしょう)。
また、海外旅行先ももっぱら北米なので、パンケーキといえばやっぱりホットケーキです(なんだか変な文章ですけど)。というか、クレープこそがパンケーキというところがあるとは思ってもいませんでした。

考えてみれば、日本だって地域によって「お雑煮」がさまざまだったりと、同じ名前であってもところ違えばまるで違っている、というのは珍しくありません。
北米とヨーロッパで「パンケーキ」が違うとはいっても、粉・ミルク・卵は共通で、ベーキングパウダーや砂糖が加わるだけなので、基本的にそう大きな差ではないともいえます。上に乗せたり塗ったりするものが違えば、だいぶ違ったものになるでしょうけど。

さて、今週末のパンケーキは、どんなのにしましょうか。

昨日はおかず系だったので、今朝はデザート系のパンケーキに。
下記のレシピブックから、104~107ページに掲載されているクリームチーズのディップを作ってみました。

 「パンケーキ・ママの週末はパンケーキの日」

ディップは8種類紹介されていますが、そのうちのメープルシロップと、エスプレッソです。
使ったクリームチーズは、雪印の「やわらかホイップ クリームチーズ」です。冷蔵庫から出したばかりでも柔らかく、ボウルに出して混ぜるだけなのでとても簡単。
あまり緩くしたくなかったので、メープルのほうはクリームチーズとシロップを混ぜるだけにしました(レシピではミルクも混ぜる)。また、エスプレッソのほうはインスタントコーヒーではなく、ちゃんとエスプレッソを作って(といっても、ネスレの「ネスプレッソ」があるので簡単なんですけど)クリームチーズ、砂糖と合わせます。

パンケーキは富沢商店のパンケーキミックスを120g使用し、小ぶりの卵1ヶとミルクを80ccで直径12cmほどで3枚ずつ焼きました(実際には、3枚目がちょっと大きくなってしまいましたが)。
ちなみにおいしそうに盛りつけたのは妻です。バニラアイスとディップを添えて、メープルシロップのディップにはクルミをのせ、エスプレッソのほうにはココアの粉を散らしてます。ディップのシロップは少なめにしたので、最後にメープルシロップを軽くかけて完成。

甘さは控えめにしたので、クリームチーズの酸味がちょうど良い具合にミックスされて、とてもおいしいですよ。お試しあれ。

妻がスモークサーモンを買っておいてくれたので、早速パンケーキに使ってみることに。
もちろん、クリームチーズを忘れるわけにはいきません。

生地はいつものとおり薄力粉と全粒粉をミックスしましたが、全粒粉だけにして砂糖は使わず、少し塩を多めにしても良かったかもしれません。
とはいえ、クリームチーズがたっぷりと塗られた部分は結構おいしく食べられました。レタスも控えめにしましたが、もう少し増やしても良かったかも。

もともとは薄めに焼いてサーモンとクリームチーズを巻こうかと思っていたのですが、生地が思ったよりも固くできてしまったので方針変更、2枚でサンドすることに。これはこれでおいしかったのですが。

総じてもう一工夫できたな、という感じです。
次回はライ麦粉で作ってみるのも、おもしろいかと思ってます。

冷蔵庫から趣味期限切れのハムが出てきたので、朝食で使っちゃうことに。
火を通せば大丈夫だろうということで、一番簡単なハムエッグにしました。ついでに、使い残しのコーンもあったので一緒に処分。

パンケーキ生地は、おかず用なので甘さを抑えた方が良かろうということで、ホットケーキミックスではなく、薄力粉とコーンフラワーを同量でミックス。
砂糖は多少はあったほうが良さそうなので、16g(例によってヨーグルトのおまけです)。もちろん、ベーキングパウダーなどは適宜。

ちょっと手際が悪くて、ハムの端が焦げちゃいました。まあ、自分用ですので気にしない。
パンケーキ自体はちょっと粉っぽくなっちゃったので、ヨーグルトでも加えてしっとり系にしたほうが良かったかもしれません。次回のおかずパンケーキの際には材料を変えてみようと思います。
甘さのほうは、コーンフラワーの甘みもあったのでちょうど良いくらい、ほんのりと甘みの感じられるパンくらいでしたので、朝食には良いんじゃないかと思います。ま、自分で作って自分で食べているので、たいがいおいしく感じるんですけどね。


今日は「昭和の日」で休日。休日の朝といえば我が家ではパンケーキを焼くことに決まっております。

今朝のメニューは、「酵母入りビールのパンケーキ」です。
昨夜、妻がおいしそうなハムの切り落としを買ってきたので、これを使おうということに。下記のレシピ本の91ページ、「ビールパンケーキのマンゴーパンチェッタ添え」を参考にしました。

 「パンケーキ・ママの週末はパンケーキの日」

レシピではライ麦粉を使う指示なのですが、手持ちがなかったので薄力粉と全粒分で。重曹もなかったのでベーキングパウダーのみ。ブラウンシュガーはふつうのグラニュー糖で代用しました。
さらには、水とビールを使うことになっていたんですが、全てビールで。酵母入りの小麦のビールを選びました。ちょいと苦みのあるタイプです。

パンチェッタではなく、骨付きハムの切り落としだったし、パンケーキのレシピもだいぶ違うので、レシピブックの写真とはかなり違うものができましたけど、おいしくいただきました。
以前、ビール酵母でパンを焼いたことがあるのですが、十分に苦み抜きをせずに焼いたものだから結構苦みの残るパンができました。ちょうどそんな感じ。お子様には無理かもしれませんが、甘いパンケーキとは違った魅力です。

一応使った材料を書いておくと
 薄力粉 65g
 全粒粉 65g
 ベーキングパウダー 大さじ1.5
 塩 ひとつまみ
 グラニュ糖 16g
 卵 1ヶ
 サラダ油 大さじ1
 酵母入り小麦のビール 150cc
これで、12~3cmのを4枚分です。ちょっと多すぎたかもしれないので、小食ならば粉をそれぞれ50gくらいにして、ビールも100ccちょっとにしておくと良いと思います。
グラニュ糖の量が半端なのは、ヨーグルトのおまけ(8gのパック)を二つ使ったからで、深い意味はありません。砂糖を使わずに作ってみても良いかも、と思いました。

なお、記事を5分ほどおいてから焼きましたが、アルコール分は完全には飛びません。
お子様にはやめといたほうが良いでしょう。大人でもお酒(特に癖のある地ビール系)に弱い方だと、食べられないかもです。

不健康な?朝食

| コメント(0) | トラックバック(0)


これが本日の朝食、8時前から作り始めて所要時間は1時間ほど。食べるのは30分もかからないんですが。
週末の朝食はパンケーキを作ることが多く、ほとんどの場合は手っ取り早く市販の「ホットケーキミックス」を使います。何たって手軽。必要量を計って、卵と牛乳を入れてかき混ぜて焼くだけなので、これなら20分もかかりません。

本日は、買ってきたレシピ本にあった「あつあつイチゴソース」の制作から始めましたので、結構時間がかかりました。ソースに作り方は簡単です。レシピではコアントローで香り付けをするようですが、なかったので割愛。
できあがったソースとホイップクリームを混ぜて、固さは泡立てないクリームで調整、焼き上がったパンケーキにかけて、イチゴとバニラアイスをトッピングして完成です。ちなみに、私は美的感覚が皆無なので、飾り付けは妻に任せました。

今回の失敗は肝心のパンケーキがちと焦げたこと。よく見ると下の段が焦げてるのがわかります。
2枚目を焼くときに、ちょっと火力が強かった模様。生地の状態で火の通り方は違うので、たまに失敗します。
今日はパンケーキそのものの甘みを抑えたかったので、市販のミックスは使わずに薄力粉と全粒粉を同量(65gずつ)混ぜ、砂糖は15gだけにしてベーキングパウダーと塩、サラダ油少々。ミルクは130cc(生地の固さを見ながら適当です)。卵は全卵でひとつ。
卵と砂糖だけを泡立ててから混ぜれば、ふわっとしたかもしれませんけど、面倒なので一気に混ぜて焼いちゃいました。

参考にしたレシピ本はこれです。
エンジョイ! パンケーキデイズ
私の買った版では、「あつあつイチゴソース」のレシピが67ページと記載されていますが、実際には91ページに載っていますのでご注意を。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパンケーキカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはテーマパークとキャラクタービジネスです。

次のカテゴリはビールが好きだです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja