音楽とその他の趣味の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今回のアンコール上映全作品鑑賞の中で、一番の不安要素がこの「トリスタンとイゾルデ」。
なんといっても、日曜日の16時からのスタートで休憩をはさんで5時間20分以上、終了は21時22分です。普通にやっていてもたびたび睡魔に襲われるこの作品(「そんな奴は観るな!」というワグネリアンのお言葉もありましょうが)、さて、映画館のシートではどうなることやら、と思っていました。

結論からいいますと、第3幕のトリスタンによる長大なアリアの途中でフッと意識が遠のく場面もありましたが、一度も眠らずに完走しました。やったね。
演奏、歌ともになかなか良かったと思います。トリスタンは急遽代役だった上に、あわせてのリハーサルはなかったとのこと。まあ、動きの多い舞台とは到底いえませんが、それにしても時間のない中でよくぞ、と思わせてくれます。まあ、歌手も「ワーグナー歌手」といった呼びかたもされるし、舞台装置も多くの場合はとてもシンプル、動きも少なく、「トリスタン」がオペラの中でも異質なもの、といえるかもしれません。

イゾルデを演じたデボラ・ヴォイトはさすがのできで、ラストは長かった時間が一瞬に感じられ、もうちょっと長く歌ってほしいと感じるほど。今回は結構ちゃんと集中して観ていたこともあって、最後はかなり感動しました。やっぱりこれ生の舞台で観たいです。
トリスタン、マルケ王とブランゲーネについては、いぜんテレビで観たグラインドボーン音楽祭での舞台に軍配を上げますが、かなり良い舞台であったように思います。途中のインタビューで指揮者のレヴァインが「すべてがうまくいくことなんて滅多にない」といった発言をしていましたが、かなりの水準であったことは確かだと思います。

問題があったのはカメラワーク、というかビデオ収録の演出です。
画面を分割して動きを出そうとしているのですが、正直なところ余計なお世話。せっかくの大画面なのに、小さく分割された画面をいくつも並べられても困ります。ラストのイゾルデの歌については、下手な小細工は不要で、音楽だけで充分感動的です。意気込みは買いますが、これは外れでした。
どうやら、最後に観る予定の「ヘンゼルとグレーテル」でも同じようなことをやっているらしく、ちょっと気持ちが萎えちゃっています。まあ、チケットも買ってあるので観ますけどね。

なお、今シーズンからの4作品(「ロメオとジュリエット」「マクベス」「ヘンゼルとグレーテル」「連対の娘」)に「セヴィリアの理髪師」を加え、明日から5日間連続でNHKのBS Hiで放映されます。もちろん録画しつつ観る予定。でも、家で観るとSD画質の古いテレビなんですけどね。

いつもCDを購入するサイトのHMVを見ていて驚きました。
ユニバーサルによるCDボックスセットの大セールが始まっており、従来3セット以上のマルチバイによる25%オフの価格よりも、さらに安くなっています。例を上げると、ハイティンク指揮コンセルトヘボウ管のマーラー交響曲全集、シャイー指揮コンセルトヘボウ管のブルックナー交響曲全集が、いずれも6,590円というお値段。いずれも8,000円を越える値段だったものです.

ちょうど、月曜日に有効期限のくるポイントがあったこともあり、一部をHMVマネーに替えて注文しました。
上記の2点に加えて、そのうちに買おうと思っていたブロムシュテット指揮サンフランシスコ響によるシベリウスの交響曲全集をあわせて。うち2点が在庫品ではなかったので、届くのは早くても木曜か金曜、おそらくは来週末になるでしょう。
到着はそんなに急ぎませんから、ゆっくりと他のCdを聞きながら待つこととしましょう。なにせ、先日購入したギーレン指揮のマーラー全集だって、1番〜8番を一度ずつ聴いただけで、9番と10番(アダージョ)がまだ手つかずですから。

さて、こうしたセールが突然実施されると、儲からないセットの見切りで廃盤になってしまうのか、あるいは利益率の高い高音質CDで出し直すのか、気になるところです。手に入らなくなってしまうのは困るし、値段が上がるのも困る。
まあ、既に経費のかからなくなった旧録音とはいえ、10枚セットで6,000円なんていう値段では利益はかなり薄いでしょう。買うほうとしてはありがたい限りですが、やってるほうはあほらしくなるかもしれませんね。

このセール、期日の表記はありませんが、適度に在庫がはけたころには終わるでしょう。
まだポイントも残っていますし、もう少し迷いながらもう何セットか、入手しようと思ってます。本当はドイツ語の勉強もしなくちゃだし、音楽ばかり聴いているわけにはいかないのですが。

だいぶ以前から、わが家のセットトップボックスは突然ハングアップして番組の途中で音声と画像が固まるという症状に悩まされてきました。
ぶつくさと書いたエントリはこちら。

 セットトップボックスのリモコンがひどい

で、今年の夏休み、ようやくこのセットトップボックスを新しいものに替えてもらいました。
リモコン感度が悪いとかハングアップするとか、不満たらたらなのになぜ2年も放置したのかといえば、ようは「J:COMのサービス員に入ってもらえる状態にまで、家を片付けるのが大変だった」から(笑)。ようやく何とかしたというわけです。
もうひとつは、J:COMのサポートセンターに相談したところ、「リセットをしてからしばらく様子を見てほしい」といわれ、確かにちょっとのあいだ落ち着いたように思えたことです。それでも、数回のハングアップが発生したので、これは何らかの不具合だろうと判断したわけです。

以前のHUMAXから、今度はPioneer製です。
J:COMのおすすめはハードディスク内蔵で録画もできるセットトップボックスでしたが、HDで録画できてもテレビが昔のブラウン管ではさしたる感動もないので、録画機能のない、通常のセットトップボックスにしました。
裏の端子を見るとHDMIがあるなど、時代はすっかりHD解像度の液晶やプラズマが標準のようです。困ったことに、画面で観る番組表も高解像度前提の文字が多いものになり、古いブラウン管ではとてつもなく読みにくくなってしまいました。これはちょっとつらいです。テレビを買い換えろということでしょうか。

ハングアップの症状は交換以来一度も出ていません。
このかん、それなりに暑い日もあり、しかも冷房の使用は最小限にしてきたので、問題は改善されたものと判断して良さそう。
他にありがたい機能としては、タイマー視聴予約で毎週曜日指定などの繰り返し設定ができるようになったことです。これでレギュラー番組の録画(たとえばNHKの語学番組などです)を失敗する心配がなくなりました。

他にも、2年ですっかりと慣れたリモコンの操作が微妙に変わってしまい、今ひとつ使いにくく感じるなど、問題はゼロではありません。
けれど、ハングアップするといった致命的な問題がなくなったのは、精神衛生上とてもよろしいことです。あとは、ケーブルでもHD放送が増えてきたころに、テレビの買い換えを考えようかと思います。
でも、「クラシカ・ジャパン」のHD化は、しばらくないだろうなあ。「METライブビューイング」を立て続けに観ていて、やはりHD映像はきれいです。そうなると録画環境も...となってしまいそうで、もうしばらくは我慢しないと。

週末の東劇でのMETライブビューイング上映は10時半から始まるので、14時〜15時くらいには終了して銀座の街で散歩が出きるのも楽しみの一つです。
で、今日も「ラ・ボエーム」を観た帰り、銀座の山野楽器に立ち寄りました。目的は、前回「マクベス」の帰りに見つけたものの即決せずに迷っていた、CDボックスセット、ミヒャエル・ギーレン指揮、南西ドイツ放送交響楽団によるマーラーの交響曲全集です。

このセット、少し以前にHMVのネット通販サイトで8,500円ほどになっていたときに買いそびれ(「お、下がったのでそのうちに買おう」と思っていたら、値段が戻ってしまった)、今ではマルチバイでの割引を使っても11,569円です。Amazon.co.jpにいたっては何と22,684円!
このセットが、山野楽器では8,400円で売られていました。買ったCDは概ね一度は聴いているとはいえ、マーラーの交響曲全集だけでも10種類にもなり、中にはまだ一度しか聴いていないものも残っているのに、さらに全集を買い足すのはさすがにはばかられ、前回は見送ったのでした。
とはいえ、これで売れてしまったら次に同じような値段で会えるとは限りません。今日も5分ほど迷いましたが、結局は買うことにしました。

帰宅してひとまずiTunesには取り込んだのですが、ケーブルテレビでヴェルディの「ルイザ・ミラー」が始まってしまい、まだ聴いていません。
マーラーの交響曲はさまざまなアプローチがあり、好き嫌いはともかくとしていろいろなタイプの演奏を聴いてみたいと思っています。この演奏は、HMVのユーザーレビューによれば「冷静」で「突き放した」演奏だとか。
私自身は、以前はバーンスタインに代表される、曲にどっぷりと浸かり込んだような演奏を好んでいたのですが、最近は距離を置いた演奏のおもしろさも感じられるようになりました。ギーレンはどのような演奏を聴かせてくれるのか、順番に楽しんで行きたいと思っています。
一応、Amazonのリンクを貼っておきますが、購入する歳にはHMVのほうが安いです。

東銀座の東劇でのアンコール上映で一気見(?)中の「METライブビューイング」ですが、本日から全8作品の後半に突入してプッチー二の「ラ・ボエーム」です。
今シーズンの8作品にただ一人、二つの作品が採用されているプッチーニですが、今年は生誕150周年ということでの特別扱いでしょうか。まあ、ヴェルディと並んでこの人の作品なしには、オペラハウスのレパートリーが成立しないほどの存在ですから、不思議でもありませんね。

このアンコール上映の開始時に全日程を決めて座席指定もしてしまったのですが、今日の「ラ・ボエーム」と明日の「ロメオとジュリエット」は、けっこう混んでいたようです(チケットを買ってくれたのは妻でしたので、聞いた話ですが)。やはり、ゲオルギューとネトレプコという、ビジュアル系ソプラノが主役を努めるとなると、人気なのでしょうか。
とはいえ、観客の数は先々週末に行った「マクベス」と同じ程度でした。見逃していたファンが良い席を早い段階で買って、あとはボチボチ、というところだったのかもしれません。

さて、今回の作品の中では多分一番短いこの作品、2時間で4幕もあるのでテンポも良く、ミミとロドルフォに感情移入して観られればしっかりと感動できるという、個人的にはオペラ入門に最適な作品じゃないかと思ってます。
幕間のルネ・フレミングの説明によれば、METでもっとも多く上演されている作品でもあるようですが、さもありなん、という感じ。しかもゼフィレッリの演出による豪華な舞台装置、動きも多く、第2幕での群集シーンの迫力など、どこをとっても文句のつけようがない舞台です。安定した人気を誇るのもわかります。これは是非一度、METで本物を観てみたいですね。

ゲオルギューは1965年生まれの43歳だそうですが、失礼な話ですがもう少し上に見えました。アップ中心のHD映像はちょっとつらいかもしれませんね。
とはいえ、とてもきれいなかたですし、もちろん声ものびやかで美しく、彼女が若いミミに見えてくるのにそれほど想像力を総動員する必要は、ありません。ヴァルガスのロドルフォも人の良さそうな風貌が良くマッチしていましたし、若々しさを感じさせる声もとても良くあっていたように感じます。
もともとこの作品のヒロインであるミミは、清純で何も知らない娘というより、以前から気になっていたロドルフォとの距離を一気に縮めるための機会を伺って行動に移し、身勝手ということではないけれど自分の幸せをしっかりと追求する、ある意味現代的な女性であるように思えます。そんなミミのキャラクターが際立っていたんじゃないでしょうか。

主役の二人以外もさすがに粒選りの歌手ばかりで、仮に数万円のチケットを買って観に行っていた舞台であったとしても、満足行くものでした。
ムゼッタ役のアインホア・アルテタはちょっと蓮っ葉だけど根は暖かい人柄の現れる柔らかさのある歌でした。あと、マルチェッロを演じたルドビィク・テツィエールって、映画「ハリー・ポッター」シリーズのスナイプ先生役の役者に、ちょっと似ていました。いつ主人公に意地悪のするのかと気になって...(うそ)

週末に観に行ったオペラの公演、プラハ室内歌劇場の「魔笛」での鑑賞「マナー」の悪さを指摘した記事を見かけました。

 魔笛(プラハ室内歌劇場?・東京文化会館・台東区上野公園)(道楽ねずみ)

まず、歌手についての感想については同感です。「この日,楽都プラハから一流歌手が消える・・・」なる宣伝文句は、ちと誇張が過ぎたんじゃないかと思います。

問題は鑑賞の「マナー」について。
4階席で身を乗り出して他の観客の視界を遮る親子というのはまあ、論外でしょう。これはマナーの問題(というより、社会常識の問題かな)。
けれど、残る指摘の2点、「アリアごとに拍手をして進行を妨げる」「ラスト演奏途中に拍手を始める」は、マナーの問題とするべき話でもなければ、「目を覆わんばかり」と形容するほどものでもないと思います(さすがに「目を覆わんばかり」という表現は削除されたようです)。

まずアリアごとの拍手ですが、私も「ちょっとやり過ぎじゃないの?」とは感じていました。
そのオペラの中でも聴かせどころだったり、特に素晴らしい歌唱に対して拍手が起こることはあっても、ジャズのソロ終了時の拍手のように毎回やるものではありません。
会場には「アリアが終わったら拍手」と思いこんでいたかたがそこそこいて、周囲の観客が釣られたのかもしれませんし、最初のアリアのあとの拍手で「そういうものなんだ」と思ったかたが多かったのかも。
けれどこれって、「マナーの善し悪し」ではなく「場慣れしているかどうか」の問題に過ぎないんじゃないかと。交響曲の楽章途中で拍手しちゃうのと同じで、慣れてない人、初めての観客がやっちゃうのは防ぎようがありません。それに、これって拍手すべきタイミングを厳密に定義できますか? そしてそれをすべての観客に予め告知できますか? 絶対無理。
それに、「魔笛」ですよ。しかも町の公会堂で気軽に楽しんでね、という感じのオーソドックスな舞台です。適当に楽しめばいいじゃないですか。

次にラストですが、この日は音楽が鳴りやまぬうちに幕が降りてきて、音楽が終わったときには完全に閉じた状態でした。このような場合、幕が下りかかったところで拍手がわき起こるのはむしろ当然だったと私は思います。
また、オペラにおいて完全に音楽が終了するまで拍手をしてはいけない、という「マナー」を浅学にして私は知りません。DVDで発売されている舞台や、NHKやCS放送で観る映像を観ても、最後の音楽に拍手がかぶっていることなど日常的な光景です(日常的だから「正しい」とか、主張するわけではありません)。
これをもって観客の「マナー」が「目を覆わんばかり」とフラストレーションを溜めていては、劇場を借り切って公演を観るしかなくなってしまうように思います。

マナー違反を定義することは難しいでしょうし、基準は人によって違います。
咳払い1回は大丈夫だけど、10秒間に1回以上になるとマナー違反とか、そんなふうに決められないもの。あまり厳格な「マナー」を他人に求めすぎても、せっかくお金を払ってオペラを楽しみに来ているのに、ストレスをためて帰るだけになってしまいます。

この日の観客についていえば、私の周囲にも「場慣れ」云々ではない、もうちょっと考えたほうが良いんじゃないの、と感じられる人はいました。
彼女につきあってきたらしいのだけど、明らかに飽きて(あの狭い席で)大股を広げてだらけていた男とか(隣じゃなくて良かった)、音楽の途中でもかまわずにぺちゃくちゃ喋ったり、なんども荷物をがさごそとさせていた後ろのオバチャン達とか、いろいろです。
けれど、秋の連休にリーズナブルな価格設定のオペラ公演を観に来たら、この程度は覚悟しておいたほうが良いんじゃないかな。あまりハードルを上げすぎると、楽しめずに損するのは自分自身ですから。

本日は雨の中、15時から東京文化会舘でのモーツァルト「魔笛」を観てきました。
チケットを買ったのはいつだったか思えていないのですが、座席は1階席後方中央ブロックでしたので、ぶたんが見渡せるしそれほど遠くもないしで、なかなか良い席でした。オペラグラス代わりの双眼鏡を持っていったのですが、ほとんど必要がないくらい。せっかく持っていったのにもったいないので、ときおり歌手の表情を観るのに使いましたけど。

有名なオペラなのでストーリーはわざわざ書きませんが、何度観ても「支離滅裂」という印象ではあります。
前後半で善悪がキレイに入れ替わったり、夜の女王は結局ザラストロのもとでのタミーノの修行を助けるために魔法の笛を贈ったようなものだし、しまいにはラストでザラストロの城に侵入を試みながらあっけなく滅んじゃいます。
いささか整理のできていない、とっちらかったストーリーが、しかも2時間半にも満たない短いオペラになっているのですから、事前の知識なしに初めて観るとわけわかんないんじゃないでしょうか。あるいは、場面転換も多いし、オペラとしてはとてもスピーディに展開するので、むしろわかりやすかったりするのかも...

一流劇場の引越し公演とは違って、価格もお手頃ですし、有名スターが並んでいるわけでもありません。ザラストロを演じたイヴァイロ・グベロフなど、この大切な役なのに声が力不足、低音部の音程は怪しくかなり残念でした(「その音程の声が出せる」のと「歌える」ことには大きな違いがあることの、なによりの証拠です)。また、夜の女王役のエレナ・ガズディーコヴァーも無難に歌ってはいましたが、迫力不足はいなめません。
全体にもう少し荒っぽくても良いから力強さがほしい、と感じられたのは確かですが、この歌劇場の目指すのはそういった演奏ではなく、もっと小規模のホールで手軽に楽しめるオペラなのでしょう。その意味では、箱が大きすぎたのかもしれません。

舞台装置はとてもシンプルで、最近流行りの「読み替え演出」でもなく、とても普通に「魔笛」の世界を楽しむことのできる公演でした。
会場には多くのお子さんの姿も見られ、帰り際には小さな女の子が「おもしろかったね!」といっているのが聞こえました。テクニックや表現力に優れた超一流の演奏ばかりでなく、オペラの世界への入り口となる公演が多くあることもまた、重要なのだな、と思いました。

昨日、9月19日はマーラーが作曲した交響曲第7番の日だったそうです。
ちょうど100年前の1908年9月19日に、この曲が作曲者自身の指揮するチェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されたんだとか。なるほど、記念すべき初演100年目の記念日というわけ。

この曲には、ときおり「夜の歌」なるタイトルがつけられています。私が最初に聴いたのは、NHK-FM放送でノイマン指揮チェコ・フィルの演奏だったように記憶していますが、そのときにもこのタイトルがつけられていました。
このタイトルはマーラー自身によるものではなく、第2・4楽章に「Nachtmusik」と付されていることからつけられたもののよう。作曲者自身がつけたわけではない名前で曲を呼ぶのは、あまり好ましくない上に、おかしな先入観となって鑑賞の妨げにもなるように思われます。
最初にそうおぼえてしまったおがけで、私はこの曲を聴くとき、どうしても「夜の歌」というタイトルを思い浮かべながら聴いてしまいます。

この曲は、第5番から第7番にかけての声楽を含まない三つの曲の中では、おそらくもっとも人気の薄い曲ではないでしょうか。私にとっても、所有CD数の少ない「大地の歌」と並んで、聴く回数の少ない交響曲です。
人気がないから「夜の歌」などというタイトルをつけて親しみやすくしようということなのか、単に習慣化してしまったのかはわかりませんが、わりと最近出たCDでもこのタイトルはついているようです。第4番を「大いなる喜びへの賛歌」とか、第3番を「夏の交響曲」とか呼ぶことはほとんどなくなってきているようなのに、なぜでしょうね。

さて、昨日は初演100年目の記念日だと知りましたので、通勤時間と休憩時間を使って聴いていました。まずはシノーポリとフィルハーモニア管弦楽団による演奏、そして、ノイマンとチェコ・フィルによるもの。後者はおそらく私が最初に聴いた演奏と同じものです(実は、第2番と違ってあまり印象に残っておらず、確信はありません)。
「Nachtmusik」と題されたふたつの楽章だけでなく、第1楽章と第3楽章も比較的ゆったりとした、明暗でいえば「暗」の曲想が続きます。このため、「夜の歌」というタイトルがけっこう合ってしまっているのですが、最終の第5楽章に至って急に「明」になるため、構成がうまくない、といった評価を受けることもあるようです。でも、「夜の歌」だなんて思わずに聴けば、そんなこともないんじゃないかな。

私の聴き方は、あまり分析的ではなく、流れる音楽の美しさや迫力に身を任せるほうなので、この最終楽章での転換はさほど奇異に感じたことがありません。まあ、こういう曲だとわかってて聴いているのもあるでしょうが。
たしかに唐突な印象はありますし、ベートーヴェンの交響曲のような流れのわかりやすさはありませんが、明解な流れと構成だけが良い交響曲の条件と決めつける必要もないように思います。音楽を聴くときに何らかの情景や感情を投影することは少なくありませんが、気分の流れのままに音楽が展開するのでは、下手をするとステレオタイプになりかねません。
また、第1楽章はたしかに「暗」ではあるものの、暗く沈鬱なのではなく、むしろ穏やかさとその背景にある起伏の予感を漂わせる音楽であるように感じられます。その起伏が、最終楽章に大きくなって戻ってくる、そんな聴き方もできるんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、不人気曲(と、勝手に決めつけちゃってますが...)にしておくのはもったいない、美しさ、心地よさ、驚きに満ちた音楽だと私は思います。
リンクにはわりと最近聴いた3つの演奏を挙げておきますが、これらがイチオシ、というわけでもなくて、どの演奏を聴いてもそれぞれの魅力があります。まだ聴いたことがないけど...というかたは、ひとまずわりと有名なものの中から求めやすいものを選べば良いのではないでしょうか。演奏による好みなんて、いくつか聴いてみてからでなければわかりませんしね。

本日は短めに。結構ハラたててます。
帰宅して食事の用意をしながらテレビ番組表を見ていると、BS日テレの「TANTOクラシック!」なる番組が目にとまりました。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番とのこと。お、やるじゃないかと選局してしばらく聴いていると...なんと、第3番の第2楽章が静かに終わったとたん「ぷらぁーいむ、しょっぴぃーんぐ!!!」という脳天気な男の声が。
何が「はるだけブラ」だ、このボケ。

アホちゃうか。もうこんな馬鹿テレビ局の番組など絶対観ない。まあ、日テレなんかこの程度か。期待するほうが間違ってました。

3連休の最終日は、またも東銀座の東劇にてMETライブビューイングの「マクベス」にでかけました。
11時からの上映だと早めに家を出て、終了しても14時前後と時間が有効に使えるのが良いですね。これが16時とかだと、結局家の中でダラダラと過ごしてしまいがちです。

アンコール上映での集中鑑賞となっているMETライブビューイングもこれで4作目、前半の終了となります。ちなみにこれまでに観たのが「マノン・レスコー」「ピーター・グライムズ」「連隊の娘」そして今回の「マクベス」。
これらの中で最も長い「マクベス」でも、オペラ自体は3時間を超えないのと、途中でしっかりと休憩時間があるので事前に思っていたほど身体はつらくありません。東劇の椅子がけっこう良かったのと、妻が直前にテンピュールの「トランジットランバーサポート」を買っておいてくれたのも良かったようです。

さて、「マクベス」ですが、シェイクスピアの戯曲でもそうなのですが、マクベスというひとがどこまで主体的な覚悟を持って王位を望んだのかが、よくわからないのです。
妻との関係や終盤までの展開を見ても、もともと野心はあったにせよ、その実現のためにいかなる行為も辞さない強さがあったようには思えません。魔女の予言という形で急に王位への展望が開けてしまったことを、うまく処理できないままに突き進んでしまったように思われます。
結果としてそれは悲劇に終わりますが、マクベスやマクベス夫人の野心がそれを引き起こしたというよりは、弱い人間に王位というエサを与えての実験であったようにしか見えないのです。

はからずして、望んでいなかったわけではないが、その準備ができていない立場に立たされることは、実生活でも良くあります。うまく適応し、成長していける人もあれば、押しつぶされて周囲を巻き込んで負の循環にはまりこむひともある。マクベスは後者の典型のようです。
暗殺などの手段の是非は別として、大きなチャンスが目の前にあるとき、自らの実力を鑑みて手を伸ばすのをやめるというのは難しい。この作品では、先に手を伸ばしたのはマクベス夫人でしたが、彼女に背を押されなくても、マクベスは王位に手をかけたでしょう。短剣を手にしたとき、彼は己が王冠にふさわしい実力と覚悟を持つと確信でいていたのでしょうか。

チャンスにとりあえず手を伸ばしたマクベスとは違い、マルコムやマクダフ、そしてバンクォーも、すぐには手を出そうとしません。
戯曲では、彼らがマクベスを疑い始めるまでにはしばらく時間がかかっているようですが、これは多少不自然です(特にバンクォーならばすぐにぴんと来るはず)。今回のオペラではダンカン王の葬儀の段階で、マクダフやバンクォーがマクベスを疑っていることが示され、この点の不自然さは解消されています。ではなぜ、ここで彼らは行動を起こさないのでしょう。

マルコムに関しては明らかにまだ子供で、主体的に行動できずに逃げること(ひとまず生き延びること)しか念頭になさそうであることが原作では示されています。逃亡によって王暗殺の黒幕とされたことで、ひとまず出番がなくなるのは仕方ありません。
しかし、マクベスも王の臣下の1人であるなら、マクダフやバンクォーにもチャンスはあるはず。彼らが王位を望まないのは、マクベスとの内戦に立ち至ることを恐れたのか、野心がなかったのか、はたまた己の王としての資質を信じられなかったのか...

原作にないことまで立ち入ってあれこれと考えても、それほど意味はありませんね。
しかしながら、この作品は暗殺による権力奪取という暗く残酷な題材を用いながら、転がり込んできたチャンスに手をかけるかどうか、そのための犠牲を受け容れるかどうか、という日常的なテーマとの重ね合わせが可能だからこそ、現代の我々にも理解しやすい悲劇になっているのではないかと思えます。

さて、肝心の音楽のほうですが、やはり前半でのマクベス夫人役、マリア・グレギーナは圧巻でした。
さすがにあの声量であの長時間歌い詰めということか、歌い出しがかすれ気味になったりといった疵が皆無ではありませんが、マクベス以上にひとの強さと弱さの振幅を表すキャラクターを歌いきっていたように思えます。
次は少し間をおいて「ラ・ボエーム」と「ロメオとジュリエット」です。それぞれゲオルギューとネトレプコですね、週末でもあり、もう少し劇場もにぎわうことでしょう(ちなみに「マクベス」では4〜50名ほどの入りでした。「ピーター・グライムズ」なんか10名強で、興行的に成り立つのかちょっと不安です)。

東銀座の東劇で9月から10月にかけて、METライブビューイングのアンコール上映が始まっています。

初回の上映時にはなかなか事前に予定を立てられずに観られなかったのですが、今回は一つの劇場でまとまって上映されるのであらかじめ行ける日を選んでおき、8作品を順に「観劇」することにしました。回数券を買うと1作品あたり2500円で観られるので、すでに全作品の予定が決まっています。
というわけで、9月10日水曜日の「マノン・レスコー」を皮切りに、12日金曜の「ピーター・グライムズ」、そして14日日曜の「連隊の娘」と、これまで3作品を観終わりました。

とはいえ、金曜日の「ピーター・グライムズ」に関しては、苦手の現代作品ということもあって、全部で2時間半ほどのうちあわせて30分ほどはうつらうつらとしてしまいました。横にいた妻はちゃんと起きていて「結構良かったのに」といってましたが、起きていられなかったのは仕方ありません。
一番の危機は、第一幕の終盤、嵐の夜にエレンがジョン少年を迎えに行き、連れてくるまでの間です。すぐに連れてくるかと思っていたら、結構長い間あれやこれやと村人がしゃべっていて、つい睡魔に負けてしまいました。あのシーンって重要でしたか?
そんなわけで、この作品についてはノーコメントです。

もちろん、「連隊の娘」ではそんな心配も無用です。
なんといっても、主役の二人はナタリー・デセイとファン・ディエゴ・フローレス、侯爵夫人はなんと金曜日に噂好きで詮索好きな村人を演じていたェリシティ・パルマーでした。確かに同じ顔ですが、別人のよう。
フローレスのトニオは前にも別プロダクションで観ていますが、同じようにすばらしい歌唱でした。この収録があったためか、第一幕でのアリアは観客の大声援にもかかわらずアンコールなし。ため息が聞こえてきました。

もともとコメディタッチの作品なのに加えて、デセイが舞台を走り回り、全身でマリーの感情を表す熱演にほとんど5分おきに笑わせてくれます。この作品、オペラ初心者にはうってつけではないでしょうか。
前半が1時間半弱、後半が50分ほどで休憩は一度でしたが、退屈する時間は皆無です。私は「ピーター・グライムズ」で眠っちゃったように、そうそう集中力の続くほうではありません。その私が保証するのですから、まあたいがいの人は大丈夫でしょう。

この公演の感想をあちこちのブログで見ていたら、「ハイCは自分でも出るから、フローレスなんてたいしたことない」なとという無謀な意見を見つけました。
ハイCが出せる人はたぶん何人もいるでしょうが、あのつややかな声で、あの声量で、音程をしっかりととらえて歌える人などごく少数だからこそ、彼はスター歌手であり、このアリアが難しいものと評価されているのでしょうに。批判をするには3割の能力で足りるといいますが、3%でも可能なんでしょう(「MET 連隊の娘」で検索すると、このびっくりする意見が見つかります...と思ったら、一日にしてGoogle検索から消えちゃいました。そんなことって可能なんでしょうかね。ま、いいか。)。

もちろん、ハイCを出せるからフローレスがすごい! と騒ぐのもどうかとは思います。そもそも、フローレスの歌唱を高音部の伸びだけで語るべきでもありません(上記ブログでも、本来いいたいことは同じようなことかもしれませんが、私も高音が出せるから云々では痛々しさしか感じられません)。
とはいえ、「連隊の娘」の成功は、やはりデセイの演技と歌にあります。相手が仮にフローレスでなくても、舞台のすばらしさはさほど毀損されなかったでしょう。
デセイの演じるマリーは非常に単純化されたキャラクターではありましたが、単純であるが故に上質なエンターテインメントを提供していたように思います。

上記の信じがたいご意見の持ち主によれば、デセイは異なる身分をうまく演じられていなかったそうですが、この舞台は終始平民である兵士たちとともにあることを望み、そのようにしか行動できなかった女性としてマリーを描いているのではないでしょうか。身分差というものがリアリティを失っている現代に、この作品をどう見せていくかも、提供側にとって大きなテーマであるはず。
それが成功したかどうかの判断は人それぞれですが、自分が当てはめた枠組みにあわなかったからといってしたり顔で評論を始めるのは、どうも私には苦手です。
残念なことに、クラシック音楽のブログを拝見していると、さかんに「評論家」になりたがっているようなのを見かけることもあって、そんなときはげんなりしてしまいます。こういった「お芸術」な雰囲気が、オペラやクラシック作品の敷居をあげているようにも思われます。

さて、素人評論家さんのご意見はどっかにおいといて(笑)、明日は「マクベス」です。
オペラそのものも初めてではありませんが、一応、原作を再度読み直しておきました。ヴェルディによるオペラが、シェークスピアの戯曲を読むのとどのように違った印象を与えてくれるか、楽しみです。

9月10日の夕方から、東銀座の東劇にて、METライブビューイングのアンコール上映「マノン・レスコー」を観てきました。
18時半から開始で、休憩をはさんで全4幕が終了したのは21時50分、3時間20分ほどの長丁場でしたが(オペラ自体は200分弱)、椅子がわりと良かったのと30分の休憩のうち15分はインタビュー映像などもなく身体の伸ばせたので、それほど苦痛ではありませんでした。

画面の大きさはIMAXなどのような巨大なものではなく、ごく普通の映画館サイズですので、それほど大迫力というわけにも行きませんが、自宅でテレビを観るのとは大違いです。
HD映像をDLP上映しているので、衣装の布地の感じや舞台装置のディテール、そして歌手の表情や皺までがかなり鮮明に見えます。普段はSD画質のテレビを観ており、その差は歴然としたものです。
あまりに細部までよく見えるものだから、主役のカリタ・マッティラとマルチェロ・ジョルダーニがとても18歳の娘と学生には見えず(オペラなんてそんなもんですが)、もしかしたらSD画質のほうがイメージが壊れなくて良いかも、等と思ったほど。

期待以上の(私が普段HD画質を見慣れていないだけでしょうけど)映像に比べると、音声のほうは多少迫力不足。フォルテ部分だと辛くなってしまうほどの大音量を期待していたのですが、かなり控えめでした。
それえも、会場の咳払いや衣擦れの音などがとてもリアルに感じられましたので、音自体は悪くなかったのではないかと思います。もう少し音量があれば良かったのに。

肝心の中身ですが、舞台装置、演出ともにオーソドックスなので安心して鑑賞できます。やはり内容までいじってしまう読み替えは、その舞台を何度も観たあとでないと楽しめません。
ただ、マノンを演じるカリタ・マッティラの表情がちょっと必死に見えすぎたかな。マノンという女性は相当近視眼的で愚かなキャラクターだと思うのですが、とても素直そうなひとでもありますので、少々ギャップが感じられました。一方のマルチェロ・ジョルダーニは、ろくな目に遭わないとはわかっているのにマノンから離れられないお人好しな面が、上品な声でうまく伝わってきたように感じられます。

上述したとおり、休憩がかなりたっぷりとありましたので、長時間でもあまり疲労はありません。とはいえ自宅にたどり着いたのは23時近くになっておりやはり2008/2009シーズンは週末を中心にしないと辛そう。
というか、日曜の16時から開始の「トリスタンとイゾルデ」がすでに心配です。月曜日は仕事にならんだろうなあ...

音声が小さいとか文句も書きましたが、自宅でDVDやテレビを観ているのとは、やはり全然違います。自宅だとお茶入れたりワイン飲んだりしてあまり真剣に観ないし(「マノン・レスコー」もDVDで観たときには、「水夫にしてくれ」から「水を探してくる」まで記憶が飛んでました(笑))。
アンコール上映があと7回あって、11月には「サロメ」を皮切りに次のシーズンが始まりますが、やはりすべて観ようと思います。

とにかく先々の予定を立ててきちんと準備をするのが苦手です。
これは私だけでなく、夫婦そろってなもので、週末はいつも土曜日の朝食を食べながら「今日はどうしよっかー」などと話し始めるのです。
一週間の海外旅行でさえ、直前になってから検討を始めるくらいです。普段の週末のために前々から計画を立てるなんて考えられません(なにせ、年末年始の旅行を11月中旬を過ぎてから手配し始めたことがあるくらい)。

そんなわけで、今年の「METライブビューイング」も、「気がついたら今日じゃない」といったことばかりで、ひとつも観に行くことができませんでした。
まあ、半分くらいはNHKで放映してくれるだろうし、しょうがないか、などと思っていたら、アンコール上映があるじゃありませんか。

 METライブビューイング&シネマ歌舞伎特集上映決定!

9月初めから(というか、昨日から始まってますな)10月中旬までの1ヶ月半で、今年の8作品をすべて再上映してくれます。しかもすべて同じ劇場(東銀座の「東劇」)で週末を含めて3回〜6回あるので、無精で計画下手な私たちにも何とかなる(笑)範囲。
ちゃんとDLP上映なので高画質で楽しめるようですし、うれしいことに1回3,000円のところを回数券を使えば4回で10,000円とお得でもあります。

月曜の夜、早めに帰って夕食を済ませたあとに家族会議(参加者2名)を開催。週末をベースに予定を立てました。もちろん、8本すべてを観る予定です(よほど劇場の状況に不満があるとか、人気のためチケットが取れないといったことがなければ、ですが)。
一応、演目を書き出しておきます。

 グノー「ロメオとジュリエット」
 ヴェルディ「マクベス」
 ブリテン「ピーター・グライムズ」
 プッチーニ「ラ・ボエーム」
 フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」
 プッチーニ「マノン・レスコー」
 ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」
 ドニゼッティ「連隊の娘」

ちなみに、今年11月からの来シーズン(2008/2009)の上映予定もすでに公表されています。
今度は複数の劇場で、一週間続けて同じ時間帯で上映されますので、計画的に観に行きやすくなっています。不精者にはありがたい方法ですね。

最近部屋の整理と模様替えをしました。
コンピュータをキューブ型自作機+CRTディスプレイの組み合わせから20インチ液晶のiMacに替え、壁に向けていた机の向きを90℃変更して壁側には薄型の収納家具を置いて床に積み上がっていた本やCDを収め、体感的には部屋が30%ほど広く感じられるようになり上機嫌です。

壁面の収納がすべて埋まったわけではないのですが、それでもここ2年ほどで買ったCDがかなりの場所をふさいでしまい、すでに不足感があります。どうしてCDってこんなに場所を食うんでしょうね。
おかげで、「週刊スタートレック」は行き場を失ってまだ床に積まれたままです。これが何とかなると思っていたのに...

さて、音楽CDを買うとき、私たちが買っているのは「ディスク」でしょうか、それともそこに収められた「データ」なのでしょうか。
CDをCDプレーヤでのみ聴いていた時代には、両者は不可分のものでしたから答えは簡単で、「あわせてひとつ」でした。しかし、いまやCDから音楽データだけを無劣化で取りだし、別媒体にコピーするのはとても簡単です。物理的なディスクという媒体は必要なものではありません。

極端な話、買ってきたCDをリッピングして、必要ならジャケットやら解説書もスキャンしたら、ディスクは中古で売り払っても音楽は聴けます。
下記の記事で指摘されているとおり、「データには中古はない」のです。

 中古CDはあっても中古データはない(CLASSICA - What's New!)

もちろん、売り払ったCDからリッピングした音楽を聴き続けるのは誉められた行為ではありません。権利者がその気になって訴訟を起こせば、きっと認められないでしょう。
たとえ訴訟にならなくても、上記の記事でも指摘されているとおり、いい大人の行動としては節度がありません。とにかく金のなかった学生時代ならば誘惑に負けたかもしれませんが、いちおう大人なので(笑)、矜持というものも大切にしないとね。

さて、普段は使わないのに場所ふさぎなCDですが、「そんなに邪魔なら捨てちゃおうか?」とはやっぱり思いません。
ひとつは、たぶん私が古い人間で、モノの所有ということにこだわってしまっていることがあります。かつてLPレコードは「データの入れ物」じゃなく、大切な財産でした。本もそうですね。いまや環境も収入も変わったのに、やっぱり本やCDが捨てられないのは、買ったのは「データ」じゃなくモノとしての「媒体」という認識が残っています。

もうひとつの理由は、媒体がなくなっちゃうと、私がその「データ」を利用できる正当性を証明しにくくなる、ということです。
ディスクを不燃ゴミとして処分しちゃったら、ハードディスクに保管されている音楽にきちんと対価を支払った、という証明は私の記憶だけになります(あとは、せいぜいCDショップのレシートとか、注文確認のメールとか)。本当に私がディスクを廃棄したのか、ブックオフに売ったのか、そんなのわかんない。
実際には、私が大々的に著作権違反の犯罪行為にでも手を染めない限り、そんなことに関心を持つ人なんていないのですけどね。だからといって一線を越えないのが、矜持ってもんでしょうと思うわけです。

本当は、iTunes Storeのように私の購入履歴がきちんと管理されていて、ディスクなしでもいつでも必要なときに必要なデータにアクセスが可能であれば、良いのですが。
さらにはデータも集中管理されていて、好きなようにオンラインで取り出せれば、自宅のハードディスクの故障を気にする必要もありません。部屋も広くなるし。

けれど、結局は「CDを買う」というのはただデータを買っているんじゃなく、探したり選んだり品定めしたり、という消費プロセスを楽しむ行為でもあるので、媒体が完全に不要っていうわけじゃ、ないんですよねえ。
食事をした帰りにちょっと店によって、前から気になってたCDを買う、といった楽しみもなくなっちゃうし。まあ、そんな感じ方も、少しずつ変わっていき、慣れていくものなのでしょうけどね。けれど、その代わりにせっかくの壁面収納をあっという間に埋め尽くしてしまったCDの山が増えることはなくなります。うーん、どちらかといえば、いまはモノがなくなることのほうがうれしいかな...

このブログで一番読まれている記事といえば、ズバリこれです。

 iPodにおすすめのイヤホンE3c

ちょっとGoogleで「iPod おすすめ イヤホン」と検索してみてください。なんと2番目に登場するのがこの記事なわけです(2008年8月25日現在)。Googleの力は偉大なり、毎日のようにコンスタントにアクセスがあります。
とはいえ、この中で私がおすすめしているイヤホン、「Shure E3C」っていまでは売っていないのですね。まあ、調べればモデルチェンジされた「SE310」があることがわかるでしょうし、実害はないでしょう。

さて、このE3Cですが、残念なことにネットでの評判通り使用開始後1年ほどで左側に断線が生じたようで、だんだんと雑音混じりになってあるときからは全く聞こえなくなってしまいました。
保証期間内だったのですが、生来の片付け下手のため保証書がどこからも出てこない。面倒になって買い換えちゃったのが昨年の2月で、このときには「E500PTH」という、同じShureのハイエンドモデルを選んだのでした。

あれから1年半、このハイエンドモデルの性能には大変満足しているのですが、なんと2回も新品に生まれ変わっています。
使用開始して半年強の昨年秋、片側のコード被覆が破れてより線が見えてしまったので(今回はさすがになくさなかった)保証書と一緒に修理に出したところ、2週間ほどで新品に交換されて戻ってきました。
そして今年のGW明けくらいでしょうか、ふたたびコード被覆が破れているのを見つけ(イヤホン本体に近い場所だったので、しばらく発見できていなかっただけかもしれません)、再度修理へ。今度は品番改訂後の「SE530-J」となって帰ってきました。箱ごと渡されたので最初は何事かと思いましたが...
問題のコード被覆ですが、なんとなく以前のものより柔らかくなった気もしますが、比較したわけではないので判然としません。2年の保証期間はあと半年弱残っていますが、また一冬で同じ状況になるのでは、という不安は尽きません。

私は「エージング」などはオカルトの類だと思っているので、新品になって戻ってきたことにはさして不満はありません。むしろ関心があるのは、わりと高い頻度で起こっているらしいこの被覆破れや断線による、修理という名の新品交換に耐えられるほどの利益率の設定です。
修理対応品を再生して出荷しているのでない限り、出荷した商品ひとつについて「(保証期間内の平均修理回数×製造コスト)÷出荷総数」のコストが予め上乗せされて価格が決定されているのでなければ、メーカーは大赤字となっているはずです。

約6万円のE530ですが、小売の粗利益を35%、流通マージンを20%とすると60000円×(100%−35%)×(100%ー20%)=31500円です。
おおむね3万円がメーカーないし一次代理店の卸値と考えると、上記の修理交換コストも考慮すると実際の工場での原価は1万円程度でなければとても引き合わないように感じます(日本法人にいくら落とすかとか、事情はいろいろあるでしょうけど)。kakaku.comでの最安値57,720円(2008年8月25日現在)のこのハイエンドイヤホン、工場原価はきっと1万円から、せいぜい1.5万円くらいです(shure.comをみても財務関係の情報開示が見つからなかったので、これは本との想像に過ぎませんけど)。

あ、誤解しないでいただきたいのは、私は「こんな安いものに高値をつけてしこたま儲けやがって!」などと怒るつもりは毛頭ありません。
むしろ、1万円でこれだけ高音質のイヤホンを作ってきちんと利益をあげているのなら、素晴らしいことと思います。6万円で売れるものを、わざわざ3万円にするのはちっとも正しいことじゃありませんから。

とはいえ、勝って使う立場からはこのイヤホン、もしかすると2年で保証期間が切れるまでの消耗品かも? と思うと心穏やかではありません。来年3月以降に類似の症状で修理に出した場合、対応はおそらく同じような新品交換でしょうが、一体いくらかかるのやら...
仮に上記の想像による計算が合ってるとして、Shureなり代理店なりが最小限のコストで対応してくれたとしても、1万円以上はかかるでしょうね。となると、毎日使うこのイヤホン、けっこう高価な消耗品と考えておいたほうが、良いのかもしれません。
まあ、5〜6万円で数年使うのと、2万円前後で毎年買い換えるのとでは、トータルのコストはあまり変わらないともいえますから、そのぶん、良い音で聴いたほうが良いよね、と納得はしていますけど。

昨日の日曜日(2008年8月24日です)、朝から雨が断続的に降る中を横浜市の県民ホールへでかけてきました。目的は、EUユース・オーケストラによる演奏会。曲目はマーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」です。
冒頭に「君が代」とEU賛歌である(憲法が批准されてないので、未だ「国歌」としては非公式、なんでしょうか)「歓喜の歌」がありましたが、演奏会の曲目としては「復活」のみ、休憩なしという思い切りの良いプログラム。

繰り返し書いたかもしれませんが、私がもっとも愛する楽曲がこの「復活」です。
そのわりには、実際の演奏会でこの曲を聴いたのは、実は今回が初めて。この演奏会にしても、会場が横浜中華街の付近で自宅からかなり遠く、一度はやめとこう、と思ったのでした。
好きな曲であるだけに、慎重になってしまっていたのですが、何事も初回からうまくはいかないもの。言葉は悪いですが、ユースオケならば多少のアラがあるのは当然で、初回にはむしろふさわしいだろうと考え、サイトからチケットを申し込みました。席は3階の最前列です。

演奏のほうですが、事前の予想通り、ヨーロッパ各国から集まった有望な若手演奏家の集団だけに、基本技術は相当高い水準にあるようで、この長大な曲をきちんとまとまりのある演奏に仕上げていたと感じました。
指揮者は私の年代にとっては「やっぱピアニストだよなあ」という印象がぬぐいきれないウラディーミル・アシュケナージ。時にバーンスタインばりの腰つきも交えながらパワフルな演奏を引き出せていたと思います。
もちろん、100点満点の演奏とはいえず、金管・木管ともに柔らかく味わいのあるメロディが求められるところが雑になってしまったり、人数の多いホルンがしっかりとそろって音のベースを作るべきところで足並みに乱れが生じたりと、そこここに疵はありました。
しかし、若さの勢いというやつでしょうか、大音量で盛り上げるべき箇所ではさすがの迫力です。元来が多少の問題はあってもラストをしっかりと決めれば満足感を高められる曲ですから、この若いオーケストラとの相性は良かったのではないでしょうか。指揮者もそのあたりはわかっていて、繊細さや細部の完成度よりも、荒削りでも曲の魅力を表現することに注力していたように感じられます。
東京音大の合唱団も非常に良かったと思います。この曲ではダイナミックレンジの広さ、男声合唱の力強さ、雑にならない迫力などが求められますが、いずれの面でも満足の行く水準の演奏でだったと思います。

何せ長い曲ですし、会場にいた全員がこの曲を何度も「予習」してきたわけではないのでしょう。途中の2楽章から3楽章にかけてだんだんと観客の集中力が低下していくのが感じられました。4楽章から終楽章の前半にかけては、かなり咳払いが目立っていました。
また、第1楽章の終了後に2名のソリストが入場してきたため、拍手が。作曲者のマーラーはここで5分以上の休憩を指示していますからそれほど不自然ではないのでしょうが、やはり曲の途中で無意味な拍手(あまりの熱演に思わず、という拍手とは違いますから)を引き出すような入場方法には疑問の残るところです。
この第1楽章終了後の拍手に影響されたか、あるいは長大な5楽章の曲ではなく別の曲だ終わったと勘違いしたか、第2楽章の終了時にもかなりの拍手が。まあ、実演ではこういうことがあるのも仕方ないでしょう。

演奏上の問題としては、バンダの音が狭い舞台袖からのものだったので、天上遠くから響いてくる感じが出ていなかったことでしょうか。単にどこか裏で吹いている、というふうでした。静かに鳴らされる部分なのでミスがわかりやすく、少々気の毒。がんばったんでしょうけどね。
ソリストのお二人は合流しての練習時間があまり取れなかったのでしょうか。メゾ・ソプラノは低い音域が不安定でしたし、終楽章でソプラノが合唱に合流する冒頭では音程がずれちゃっていたように思います。これは残念な点でした。ちなみに、私は4楽章では特に、メゾではなくアルト歌手が、とくに低域に力強さのある歌手による演奏のほうがしっくりと来るのです。
演奏以外では、今回も終楽章の終わりを待っていたかのような「ブラボーおじさん」が二人ほど発生しました。こうした連中って音楽を聴きに来ているのではなく、「音楽をわかっている自分」に酔いに来ているだけなのじゃないかと。最後の最後で観客から感動を奪い取る自己満足は以後演奏会に立ち入り禁止でもかまわないと思うのですが、現実には対処のしようがないですね...

上述の通り、いくつかの疵はあったものの、全体としてはよくまとまった好演だったと思います。終楽章では指揮者も押さえきれずに多少走ってしまった感じもありましたが、そのぶん、力と勢いで押し切る強さは感じられました。この曲ではじゅうぶん「あり」じゃないでしょうか。
普段、セッション録音で整えられたCDを聴いていると、全体のまとまりがあって、弱音部の繊細さと強音部の迫力がきちんとバランスしているのが当たり前だと感じてしまいがちですが、実演ではどちらかを犠牲にせざるをえない場面もあるはずです。今回の演奏会でいえば、極めて残響の貧しいホールという制約条件がありました。
限られた条件の中で何を活かし、何を切り捨てるのか、その判断としては、うまくいった演奏ではなかったかと思います。

「こんなコトできたらいいな」があっという間に実現されていくのは、爽快なようでもあり、自分自身の想像力の限界を実感するのが残念なようでもあり...
下記の記事で少し前に書いたのですが、ようは「携帯電話から3Gの通信網で自宅のサーバにある音楽や動画を呼び出し、鑑賞できるようにしてくれたら、大容量のハードディスクつきiPodより便利なのに」という「できたらいいな」です。

 なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?

記事中にも書いてますが、ドコモの「ポケットU」は知ってます。でもあれ、ちょっと中途半端。わざわざ音楽や動画を変換しておかなきゃならないのはナンセンスですね。通信帯域に限界があるのはわかってますが。

で、先日見かけたニュースがこちら。

 自宅のiTunesライブラリを3G経由で再生するiPhone用ソフト(AV Watch)

こちらも再生できるのは音楽だけ、しかもDRM付きのはダメ、などの制限がありますから、まだ完璧というわけじゃありません。でも、普段PCに保存してある音楽がそのまま再生可能というのは、かなりの前進ですね。
ドコモのサービスも、せめて音楽は再変換なしで扱えればいいのに、と思います。音楽を聴くのは携帯電話だけ、という人はさすがに多くないでしょ。

AV Watchで紹介されているソフトも、送り出し側で再圧縮しているような記述がありますから、音質面での不安もありますし、地下鉄などの圏外で聴き続けられるほどのバッファはあるのか、といった疑問も残ります。
けれど、「できたらいいな」は確実に「もうできるよ」になっていくんですね。

不良CD交換記

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日ネットで注文をしたCDが4セットほど届いたのですが、うち一枚が不良品でした。
CDプレーヤでは途中で止まってしまい、もちろんiTunesでのリッピングも、途中で雑音が入り始めて止まってしまいます。23分ほどの曲ですが、おおむね6〜10分くらいで力尽きる感じ。
盤面を見てみると、一部分が幅1ミリ、長さ5ミリほど歪んだようになっており、どうやら表面の歪みのせいで信号が読み取れなくなっているようです。

さっそくサポート窓口にメールを送り、交換の手続きをしました。
ゆうパックの着払いでとのことでしたが、郵便局の窓口は平日の日中だけの営業で、不良品交換のために有休を取るのもバカらしく感じられたため、ヤマト便にて(確認したところ、「可能ならゆうパックでお願いしたい」とのことだったのです)。
不良品交換は意外と多いのか、手続きもスムーズで、発送用の梱包を除いては特にストレスもなく完了しました。

送り返してから二日後、交換品が到着、さっそく試してみると、やはり同じ場所で止まってしまいます。
盤面を確認すると同じようなところに歪みが見えます。まるでこちらから返送した不良品をそのまま送り返してきたかのよう(もちろん、そんなことはないでしょうが)。
やれやれと思いつつ、再度サポートへのメールを送ったところ、「良品確保の確約ができないので返金を提案する」といった内容の返事がありました。

さほど気に入らないものならばそれで良かったのですが、4枚組うち無傷の3枚を聞いた範囲ではとても良い演奏で、是非手元に置いておきたいもの。
届いた2セットがいずれも同じ場所に不具合を抱えていたことから考えて、ロットまるごと不良という可能性も考えましたが、再度の交換を依頼しました。
返事はすぐにあり、代替品をすぐに発送するとのこと。不良品は配送のドライバーに渡してくれればよいということでした(返送が少々面倒、とメールに書き送ったことへの心遣いでしょう)。

さて、3セット目が届きました。
問題のディスクを見てみると、やはり同じ箇所に歪みがありました。残念ながら、入荷したロットまるごと、あるいはそのほとんどが同じ不良品であったようです。一応試してみましたが、同じように再生途中で止まってしまいます。
残念ですが、良品を入手するのは難しそう、今回は返金処理を申し出ることにしました。手許にあるCDセットを送り返せば、カードへの返金処理がなされるはずです。

上記の顛末があってちょうど一週間、実はまだCDは手許にあるのです。
良品確保を諦めてしまったので、こちらには急ぐ理由がなくなってしまったこともあるのですが、問題の一曲さえ諦めれば、他の演奏はとても素晴らしいものが多いため、いっそのことこれで納得してしまおうか、という気持ちもあります。
以前から評判の良い演奏ですが、店頭で在庫されているのを見かけたことがなく、ネットショップでの取り扱いも少ないようです(ざっと見た限りではなかった)。返品するということは、すでにリッピングしたものは消去しなければなりませんしね、それはちょっと惜しい。
ためしに問題の一曲だけをiTunes Storeで買えないか調べてみたのですが、アルバム単位のみの販売となっているようです。

件のCDセットは、「24時間以内に出荷」となっていたものが「お取り寄せ - 通常ご注文後 5-9 日以内に入荷します」に変わっています。
これって別ロットが1〜2週で届くということですかね、返品してから時間をおいて再度注文したら、今度は良品が届くだろうか、などとくよくよしているところです。
いずれにせよ、返品交換に関する購入店(HMV)の対応は満足できるものでした。すいませんが、あと少しだけ、返品かこのままか、迷う時間をください。

技術の進歩やビジネスの拡大というのはめざましいもので、こうあってほしいなあ、と思っていることは、けっこう順番に実現するものです。私が考えつくことは、ずっと早くにだれかが考えていることなので、当たり前っていえば当たり前なんですが。

 映像ソフトからポータブルデバイスへ「転送」新潮流「デジタルコピー」の可能性を探る(AV Watch)

くわしくは上の記事を読んでください。
簡単にいうと、BDやDVDソフトを購入すると、iPodやPSPなどの携帯動画プレーヤで視聴できるデータが添付される、というものです(ソニーのSPEはiPod非対応らしい...)。「デジタルコピー」あるいは「セカンドセッション」と呼ばれるサービスで、アメリカの市場でいくつかのソフトに試験投入されている段階です。
iPod用のデータは、当然iTunes経由で転送するのですが、添付されてくるデータ用DVD-ROMには動画そのものは収録されておらず、オンラインでの認証後にダウンロードするようです。

あ、ちなみに私の希望は下記に。
「DVD買ったら、携帯プレーヤ用のデータくらいはおまけにつけてよ~、500円とか250円くらいなら追加でもいいからさぁ」てな感じです。

 映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい
 結局、iPodを新調

まだまだアメリカでの実験段階ということで、仮に旅行などで対応したソフトを購入しても、日本のiTSのIDではダウンロードはできないようです。残念。

日本では未だにiTSでの映画や番組の配信が本格的にはなっていませんし、すぐに実現できそうにも思えないのですが、記事によると12月発売の「マトリックス」のBD-BOXにはデジタルコピー用のDVD-ROMが添付されるんだとか。
どんなデータ形式で、どのような認証手続きが必要なのかはわかりませんが、ちょっと楽しみな話です。とはいえ、「マトリックス」ですか...きっと買わないだろうなあ。

日本ではiPodやPSPじゃなく、携帯電話への対応も考えないとユーザー層が拡がりませんね。
とはいえ、miniSDカードにさくっとコピーして、なんていう自由度の高いものにはできないでしょうし(というか、携帯メインのユーザーは、わざわざPCでの認証手続きとデータ転送なんか、やりたくない人が多そうだし)、まずは過度な期待控えつつも、12月を待ってみましょうか。
面倒になるんだったら、iPodとPSP専用で良いですよ、携帯無視無視...とかいっても、だめでしょうねやっぱり。

本日は朝から電車で錦糸町へ、トリフォニーホールのチケットセンターで、11月のアイスランド交響楽団(ペトリ・サカリ指揮)の演奏会チケットを購入しました。
11月4日から7日までの4日間連続で、はじめの3日間はシベリウスの交響曲連続演奏、4日目はアイスランドの楽曲の演奏です。

シベリウスといえば、昨年が没後50年ということで雑誌等でも盛んに取り上げられました。
以前はそれほど熱心には聴いていなかったのですが、2月にザンデルリンク指揮の安価な全集を買ってから本格的に聴き始めました。最初はわかりやすい2番からでしたが、7曲のそれぞれに個性があると同時にシベリウス独特の共通の響きもあり、どれも甲乙つけがたく気に入っています。

6月に発刊された「ぶらあぼ」で、今回の交響曲連続演奏を知り、はじめは最近よくチケット購入に使っている「e+」を見たのですが、4日間連続券の取り扱いはなく、どうやらトリフォニーホールのチケットセンターだけの取り扱いであるよう。
電話もなかなかつながらない状況だったので、多少面倒ではありましたが、錦糸町まで買いに出かけたわけです。結構買いに来ているかな、と思っていたら、他には誰もおらず拍子抜けしました。

問題は、火曜から金曜まで、4日間連続して18時半までにトリフォニーホールにたどり着けるかどうか。
この時期には夕方以降の予定を入れないよう、早いうちに上司や同僚に予定を伝えておかなければならないかもしれません。

先週の土曜日(2008年7月12日です)に、池袋の東京芸術劇場で東京交響楽団の演奏会を聴きました。指揮は大友直人氏。
曲は、エルガーの威風堂々第4番、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番、コープランドの「アパラチアの春」そしてガーシュインの「パリのアメリカ人」という4曲。

この曲が聴きたい!とか、ピアノのセルメット氏がぜひ!といった理由じゃなく、コンサートを聴きに行くのにとても交通の便が良い東京芸術劇場で、何でも良いから一度観てみようよ、というのが今回の目的。
なので、チケットを買ったのは6月も終わりになってからで、3階のB席3,000円也。とっても安くてお気軽です。
夫婦で涼しく演奏会を聴いて、休憩時間のビールはちゃんと「プレミアムモルツ」を楽しんで、たったの6,600円(チケット送料が600円かかった)なのですから、すでに演奏を聴く前からモトは取れているようなものです。けれど、演奏の感想も少し。

冒頭の威風堂々は、とりあえず慣らし運転目的かと思ってましたが、失礼しました。
いや、たしかに「慣らし」の要素はありました。短い曲ですが終盤になるにつれてオーケストラ全体が暖まってきた感じで、演奏会の幕開けにちょうど良い感じ。とても快活で、でも威厳も残した演奏で引き込まれます。
同曲の1番から5番までを順次演奏する予定とのことですが、次回か次々回も聴いてみたくなりました。
問題があるとすれば、ラストで音が消えるか消えないかのうちに、3階席中央付近で「ぶらぼぉ~」と間抜けな声を張り上げた男性。あなた、音楽聴かずにタイミングはかってたでしょ。他にも2階・1階からだみ声があがりましたが、演奏会全体の序曲といって良いこの段階でのブラボー飛ばしって、なんだかヘン。

ステージ上でいすを並べ替え、ピアノを中央に移動して2曲目はモーツァルト。
1週間ほど前にWEBサイトをチェックしたら、25番から21番への変更が告知されていて、「え、21番ってどんな曲? 思い出せん」とあわてて予習した曲です。
でもまあ、例えなじみがなくても、この曲なら大丈夫。とても美しい響きで、ものすごく心地良いままに時間が過ぎていった感じ。思わずうとうとしたのは妻にしっかりばれてました。変更の理由はわかりませんが、あまりなじみのない曲にこうした実演で触れられるのは、良い機会となったように思います。
アンコールはブラームス。ピアノ曲には全く疎いので、出口の看板を見るまでブラームスということさえわかりませんでした(笑)。でも、とても心地良く聴けましたよ。最後に、セルメット氏が「ハイ、これでオシマイ」という感じでピアノの椅子を片付ける仕草がかわいらしかった。

休憩はプレミアムモルツでじっくり。
3階席は半分程度の入りだったこともあって、買うのも場所を落ち着く見つけるのもスムーズでした。こりゃ良いですね。トイレも空いてるし。

後半最初の曲はコープランドの「アパラチアの春」。
CD持ってたよな、と思いつつ、うまく見つけられずに予習なしで望みましたが、管と弦が交互に美しいメロディを重ね合わせ、フレーズを繰り返しながら進んでいく曲です。うまく流れの乗れたので、こちらも実に心地良く聴くことができました。あれ、終わるのかな、と思いきや終わらない曲だったので、本当のラストではちゃんと音が消えてから拍手が起こりました。やっぱりこうでなくちゃね。
残念だったのは、突然体調が悪くなった人が多く(笑)、演奏中にあちこちで咳が響いちゃったこと。生理現象は止められないけれど、明らかに集中力を失っていた人が多かったように感じられました。知らない曲だから仕方ないけど、でもたかが20分強、我慢できませんか。

ラストはガーシュインの「パリのアメリカ人」です。
楽器の種類も増えてステージ上も賑やかになり、曲自体も親しみがあってわかりやすいこともあって、当然のごとく咳もぐっと減りました。
大友氏の指揮はオーバーアクションに鳴らず、とても優雅でしたが、この曲では途中ダンスのステップを踏むような仕草もあって客席もステージも一緒に気分を盛り上げて行けた感じ。テイストとしてはクラシックというよりも、ビッグバンドジャズに近いものですから、わかりやすく乗りやすいのは当然です。
トランペットソロも含めて、曲の流れやテンポが切れることなく音が引き継がれ、最後まで雑になることなく、同時に乗りを維持しながら終盤へ。最後は音量もしっかりと上がって、大盛りの定食をしっかりと食べたような満腹感。
まあこの曲、この演奏ならブラボなんだかバワーなんだかよくわからないだみ声も許しましょう。でも、このノリが好きだったら、クラシックじゃなくてビッグバンドや吹奏楽の演奏会に行ったほうが幸せになれますよ。

アンコールを含めて全5曲、とても快適な会場で、気持ちの良い演奏が聴けて良い週末になりました。外へ出たら雨はすっかり上がっていて、もちろん寄り道をしてフィッシュ&チップスとキルケニーのドラフトを楽しんで帰宅しました。
いや、近いって良いですね。

次の演奏会の予定は、8月の終わりです(けっこうこれなら、というのもあるのだけど、月1くらいにしておこうと。11月にはアイスランド交響楽団のシベリウスを連続して聴きに行かなくちゃならないし)。
場所は横浜、曲は私のフェイバリット・シンフォニーであるマーラーの第2番。楽しみ楽しみ。

ここ数年、毎年行われている「100万人のキャンドルナイト」ですが、この夏は夏至に加えて、北海道洞爺湖サミットの初日でもある7月7日の夜にも照明を消す運動の呼びかけがありました。

普段はPCを使っている時間も長く(録画に使っているので、基本はスリープ状態で電源を切っていない)、ワインセラーなど家電製品も多いこともあって、地球温暖化の問題には常に後ろめたさを感じざるをえないわが家も、20時から22時のあいだ照明を消しました。
とはいえ、その間、星空を見上げながら夫婦で語っていたわけではなく(そもそも星空が見えない)、テレビを最小の明度にして録画してあった「朝比奈隆の芸術」を観ていたので、キャンペーン主旨から考えるとちょっと貢献度は微妙なところ。

昨夜はそれほど蒸し暑くなかったのも助かりました。窓を開けておけばそう不快ではないので、エアコンは切りっぱなしにできました。
この夏は室温が32℃を超えるくらいをエアコン使用の目処としているのですが、これまでのところ除湿が2回、冷房は一度1時間ほどにとどまっています。もっとも、これから先、本格的な夏を迎えると使用頻度は上がっちゃうでしょうね。
集合住宅にありがちな、窓と玄関を開けておいてもうまく空気が流れずに、外は比較的涼しい時間帯でも室内は蒸し暑いまま、という問題はなかなか解決できません(そのおかげで、冬の暖房はかなり控えめにできるのですが)。

まあそんなわけで、七夕の夜は早めに帰宅して19時半頃までに夕食を終え、照明を消しました。テレビは明度を最小に落とし、オーケストラの演奏風景ではちょうど良い感じの明るさに(わが家はもともとギラギラと明るい画面はきらいで、普段から明度は落としてます)。
電気使用量を減らすために、音もテレビから出します。AVアンプ経由でちゃんとしたスピーカで鳴らしたほうがずっと良いのですが(というより、わが家のテレビ内蔵スピーカではほとんどまともな音では聞こえません)、窓も開けっ放しで音量も絞っているので良しとしました。

ソースは上にも書いたとおり、早朝(というか、日曜の深夜ですね)に録画しておいた、「朝比奈隆の芸術」の第1回です。大阪フィルとの2000年の演奏から、ベートーヴェンの交響曲第3番、第5番、そして第7番。ずいぶんと一般ウケするというか、普段ならこれらを3曲続けては聴きませんよね(笑)。
私は朝比奈隆による演奏をあまりちゃんと聴いてこなかったこともあって、まあ3番が1時間弱、5番と7番が35~40分だから、2時間強で見終わると思っていました。19時半だったのでちょうど22時頃に鑑賞終了という予定です。
それがなんと、3番はもちろん1時間以上、5番も40分以上、そして7番が50分と、いずれも私の予想を大きく上回るゆったりとした演奏。スローな夜にスローなシンフォニーで、まさにスローライフになっちゃいました。正直にいうと、途中居眠りも。
3曲を聴き終えたのは22時40分ちかく。終わったら歯磨きしてさっさと寝てしまいましたので、たしかに省エネにはなったかもしれません。

演奏の好き嫌いは別として、たまに照明を落としてのんびりと音楽を聴くのも、またいいもんでした(ちなみに、土曜にあたった夏至の日にはやはり照明を消して、NHKで「フィガロの結婚」を観てました)。
普段使いたいときに電気を使い、それほど省エネについて思いをいたすこともなく暮らしているのですが、年に2度とか3度といわずに、もっと頻度多く意図的にエネルギー消費を抑える日を作るというのは良いかもしれません。

...なんてタイトルをつけると、「MP3やAACでクラシックを聴いいて満足してる連中に、音楽なんてわかってたまるか!」みたいな論調になりそうですが、実はその反対です。
私のiPod(5.5Gの80GB)には128kbpsに圧縮されたAACのファイルがぎっしり。前のiPodを購入した直後にリッピングした一部のファイルが192kbpsのMP3になっている以外は、ほとんどすべてが128kbpsで圧縮されたファイルばかりです。

たしかに、圧縮音源よりも無圧縮のWAVファイル、もしくは可逆圧縮のファイルのほうがより良い音で聴けることは間違いないでしょう。いくら私の鈍感な耳でも、128kbpsのAACとCDをそのまま再生したのとでは、かなりの違いがあることはわかります
とはいえ、非圧縮のCDと128kbpsの圧縮データとの差はざっと9倍もあり、おおざっぱにいえば同じ容量のストレージに9分の1しか収録できません。

私はめんどくさがりなので、iPodのデータ管理に時間をかけるのは嫌です。ライブラリすべてを持ち歩いていたいと思えば、現状では128kbps程度で圧縮する以外に手段はありません。
たとえ圧縮音源であっても、イヤホンを高性能のものに替えることで、より良い環境環境を整えることも可能です。
いわば、128kbpsのAACファイルは、ベストではないけど私にとって現時点での最適解。

さて、いま私のiTunesフォルダにはおおよそ90GB程度の楽曲データがあります(つまりすでにiPodに入り切らなくなっている)。これらを仮に約半分になるAppleのロスレス圧縮データに置き換えた場合、5倍程度の500GB内外のデータ量になるはず。
ハードディスクはどんどんと低価格化していて、4TBのネットワークディスクも20万円もせずに買えます。となると、手持ちのCDをすべてiPod用の圧縮データと、自宅観賞用の高音質データとで二重に持つことも現実的になってきているといえます。
自宅での音楽鑑賞で音質を重視する場合でも、サーバ上の非圧縮音源をDLNAなどの規格で再生する、というのがそろそろ当たり前になるかも(iPodなどをスピーカにつないで再生するといったカジュアルな使い方なら、すでに当たり前でしょうし)。

このデータをWiFiやHSDPAなどの高速ワイヤレスネットワークで好きなときに読み出せるようになれば(まあ、多少のバッファは必要でしょうけど)、携帯プレーヤはデータ容量の呪縛から解放されます。さらにCD購入の認証が何らかの形でネットワーク上にもてれば、自宅サーバの必要さえないでしょう。
iPod touchが登場したとき、こんな妄想を書きましたが、ドコモが5月に「ポケットU」なるサービスを開始しました。ほとんどの動画や音声は3gpに変換が必要など、まだ制約は多く今のままでは使おうとは思えませんが、これがDLNAサーバのデータを(変換なしに)読めて、iPhoneのような高性能の端末から使えれば、かなり妄想に近い形態といえます。ソフトバンクさん、なんか考えてくれたら乗り換えますよ。いまのauには残念ながら期待しても無駄そうですし。

タイトルからはだいぶ離れて横道に来ちゃいました。
圧縮された音楽は、限られたメモリ容量の携帯プレーヤで持ち歩く場合の「最適解」だったわけですが、これはネットワーク経由で自宅サーバ(もしくはネットのストレージサービス)からデータを読み出して視聴する「最適解」ともいえます。
時間と場所と手荷物の制約を離れて、好きなときに手持ちのコンテンツが楽しめる世界、それはウォークマン以来の音楽鑑賞スタイルの進化のひとつの完成型ともいえるんじゃないでしょうか。
こうした世界が実現するのなら、多少音質が劣化するからと行って、それが何の問題なのか、と思うわけです(いや、問題なのだ! と思うかたがたくさんいても、それはそれで「最適解」の位置が違うだけなんでしょうけど)。

金曜の夕方からのオペラ鑑賞でしたので、まず問題は開演に間に合うこと。
会社をジャスト定刻に出て電車に伸び乗り、なんとか軽食を取って開演前に席に着くことができました。私よりも少し通勤時間の長い妻は、残念ながら空腹での第一幕に。

演目はロッシーニの「チェネレントラ」、ただし会場となったホールの宣伝用バナーには「シンデレラ(チェネレントラ)」となっていました。このほうがお客が多くなると踏んだのでしょうか。ディズニー映画の内容を期待されて、逆効果じゃないかと思うんですが。
第一幕の開始直前で、会場は7分の入りといったところ。中央ブロックの4~5列目でさえ空席が目立ちます。今頃イライラしながら電車に揺られているのか、しつこい上司に心の中で悪態をついているのか...

私が行ったのは、東京文化会館などのメインの会場ではありませんでした。S席で13,000円という高コストパフォーマンスです。
もとよりバルチェッローナもシラグーザも登場予定のない回でしたので、来日直前になっての怪我によるバルチェッローナのキャンセルは影響ありません。他の会場では払い戻しなどもあったようですが、たしかに特定の歌手目当てならば気持ちはわからないでもありません。
とはいえ、それならソロリサイタルを聴きに行けばいいのであって、歌手一人でステージの価値が決まるわけでもないでしょうに、とも思います。

初めての会場でしたが、ついて最初に思ったのは「オーケストラピットが小さい!」でした。
まあ、あまり大人数のオケが入っても歌とのバランスが崩れてしまうでしょうけど、たかだか20人程度しか入りそうにないピットには少々不安を感じざるをえませんでした。
不安はある程度あたっていて、どうしても弦の音が管にかき消されてしまったり、その管がときおりとちったりとオーケストラに関しては決して高水準とはいえない演奏であったといわざるをえません。

とはいえ、オペラの場合は演奏会とは違って、歌を楽しめるかどうか、舞台が楽しめるかどうかのほうが重要です。
その点では、ダンティーニ、ドン・マニフィコあたりの重要な脇役がしっかりと歌える人たちだったので、次第にオケの弱さは気にならなくなっていきました(このオペラの場合、この二人がしっかりしていればだいたいうまくいくように思います)。主役のチェネレントラも出だした固かったのか、声の通りが悪かったように感じられましたが、後半は見違えるように。もしかしたら力を温存していたのかと勘ぐりたくなるほど。
王子が少々弱かったのが残念でしたが(というか、直前に「クラシカ・ジャパン」で録画しておいたフローレスで予習したのがいけなかった)、全体としては満足の行く水準でした。もちろん、チケットが安いというのもありますが。

私はこのオペラ、どうも終盤の展開がかったるく感じられるのですが(最後の披露宴のシーンはまるごと要らないんじゃ? と思ってしまう。お説教臭いし、チェネレントラが偽善っぽいしね)、実演で観ると、テレビ鑑賞よりもずっと引き締まって感じられました。テレビではそれほど集中していないということの表れかも。
音のバランスがしっかり取られていて、歌もしっかりと聞こえるテレビ鑑賞も良いのですが、実演の迫力にはかないませんね。

さて、歌手陣の中でのMVPはなんといってもダンディーニ役のオマール・モンタナーリでした。カーテンコールでの拍手ももちろんひときわ大きく、この舞台の満足感の半分くらいは彼の功績といって良かったかも。
終演後も自宅まではすぐ近くでしたから、3時間弱の演奏時間が全く苦にならなかったのも大きいですね。心にゆとりがあると音楽を楽しめる度合いも違います。
椅子の座り心地が悪く、翌日の夜まで背中が痛かったのが最大の問題だったかも。次の機会があったらクッション持参しようかな。

<2008.6.26追記>
トラックバックが一件届きましたが、当記事への言及を全く含まないものでしたので、私の基準により削除しました。
同じ「チェネレントラ」公演についての評でしたので多少迷ったのですが、まったく言及のないトラックバックでは単なる宣伝と同じですので。あしからず。

冒頭からいきなり演奏会の話題じゃないのですが、このオーケストラ、本当は「Das hr-Sinfonieorchester(hr交響楽団?)」というのですな。
この名前じゃ、どこの楽団なんだかわかりにくいので、「昔の名前で出ています」ということでしょうか。

さて、私が行ったのは6月7日(土)に横浜のみなとみらい大ホールで行われた、パーヴォ・ヤルヴィ指揮によるフランクフルト放送交響楽団の演奏会、ブラームス交響曲全曲演奏の初日です。第2番と第4番のほう。
日曜日の演奏会とだいぶ迷ったんですが、横浜まででかけて行くには、土曜日の方が良かろうということで選びました。3番よりは2番が好きでしたし。
5月も半ばを過ぎてから「なんか演奏会にでも行ってみようか」と動き始めたため、エレーヌ・グリモーとのベートーヴェンピアノ協奏曲第5番、CD発売したばかりのブルックナー交響曲第7番という、サントリーホールには間に合いませんでした。残念(きっと当日券もあったのでしょうけど)。

チケットを買ってからは、毎日の通勤時間はブラームスのヘビーローテーションにより予習を続けました。聴いたのは、ベーム、バリビローリ、ボールト、ヴァント、ベルグルンド、シャイーなど。
こうして毎日のように整えられたCDの(正確にはCDからリッピングしたAACの)音を聴いて過ごしたのは、あとで書くようにちょっと失敗だったかもしれません。
それでも、当日までには曲の流れや特長はほぼつかんだ状態には、なることができました。

もともとブラームスは、聴いていて不快ではないけど、ものすごく好きなわけじゃない、という位置づけの作曲家でした。
なんていうか、反ワーグナーの代表格にされちゃったとか、良く見かける髭面の肖像のイメージもあって、「頭の固い守旧派のじいさん」的な印象があるじゃないですか(私だけですか?)。クララとの仲がどうだったのかはわからないけど、結局独身だし。
中学校の頃に受けたそんなイメージが先行してしまい、あまり真剣に聴いてなかったのです。
最近になって、交響曲や協奏曲を中心に、ようやくちゃんと聴き始め、聴いてみるとかっちりとした構成の上のメロディの美しさや楽器の使い分け、音の受け渡しの巧みさなどの魅力がなんとなくわかってきたところ。
生の演奏に触れることで、ようやくきっかけができたブラームスとの仲を少し進展させられる(笑)のではないか、という期待もありました。

さて、上の方でCDを聴き続けたのは失敗だったかも、と書きました。
コンサートホールは久しぶりでしたし、席も直前に買ったのでA席の後方左側、それほど音響面では有利な場所ではなかったこともあって、バランス良く整えられたディスクの音に慣れきっていた私の耳には、最初のうちどうも違和感が残り続けました。
弦楽器と金管、木管とのバランスがときおり崩れて聞こえるように感じられるし、個々の音が突出しすぎる(視覚的に演奏者が見えているからというのもあります)ようでもあり、「あれれ、生演奏ってこんな感じだったっけか?」と軽いパニック。
おかげで前半の第4番の第1楽章は、こちらが調整しきれないままに終わってしまったように思います。席の問題から、思っていたよりも音が小さくしか聞こえなかったのも要因だったかもしれません。

それでも、曲の後半に進むにつれて、個々の要素を楽しみながら全体をとらえられるようになってきました。なんとか耳のほうも順応したみたいです。
第4番の後半はあまり感情過多にならず、抑え気味ながらしっかりと抑揚もある演奏は、奇をてらわず思いの外オーソドックスなものであったように感じられました。これはまあ、私の好みに合致していたから、ということなのかもしれません(ブラームスかくあるべし、という定見が私にあるわけではないので)。

プログラムの後半が第2番であることについては、当初「何でだよ、やっぱり4番があとだろ」などと思っていたのですが、これは大間違い。
後半の第2番は前半を上回る好演だったように感じられました。しっかりとそろって美しい音色の弦楽器がフルに活躍していましたし、管楽器も(ミスなしとは行きませんでしたが)最終楽章のラストに向かってどんどんとパワーを上げてきたよう。第2楽章の美しさも、第4楽章の大団円も、すべてを堪能できました。
たしかにこの順で聴くと、後半が第2番のほうがスッキリと終わりますし、プログラムとしては正解なのでしょうね。

さて、今回はA席で12,000円でしたが、この値段って最近の安くなったCDだと10枚分にもなる値段です。今回は二人で聴いたので、24,000円。たしかに安くはありません。
でも、演奏会はCDと違って再現のできないもの(収録されてCDになることも、あるでしょうけど)。オーケストラのメンバーも、指揮者も、才能に恵まれ努力も怠らずに成功を収めた演奏家が、ほんの2000人ほどのために演奏を披露してくれる一期一会の場といえるわけです。そう考えると、CDやiPodで1人で音楽を聴くのとは、異質の体験といわなければなりません。
演奏そのものだけでなく、会場の雰囲気や鑑賞側の姿勢など、二度と再現のできないその場限りの演奏会だからこそ、満足できるものだったときの感動は忘れがたいものになります。
久しぶりのコンサートで少しとまどいもありましたが、非常に満足の行く演奏会でした。

長いタイトルでごめんなさい、あと、この2日間「ブラームス、ヤルヴィ、フランクフルト、みなとみらい」で検索してここにたどり着いたかたがた、全然感想も書いてなくてついでにごめんなさい。コンサートの感想は近いうちにきっと書きます。

ところで、書くべき内容はタイトルでおしまいです。
私がこよなく愛する曲である、マーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」を初めて聴いたのは、たぶん中学校2年生くらいのこと。NHK-FMで流れたのでした。後述するとおり、ライブではなくレコードがかけられたのでした。
それまでは「運命」「新世界」「未完成」だった私の平凡な耳に突然飛び込んできた、この長大でドラマティックで大仰な曲に、一発でやられちゃったのでした。さほど期待するでもなくエアチェックしていた90分テープ、たしかソニーのDUAD(歴史が感じられますな...)でしたが、もうすり切れるくらい繰り返し繰り返し聴きました。おかげで、未だにこの演奏が私にとっての「復活」のスタンダードです。

で、このときの演奏の指揮者が「サー・ゲオルグ・ショルティ」でした。
おかげで、私の中では「ショルティ=マーラー=最高」という単純な方程式が成立してしまい、NHKで時折かかるマーラーがノイマンだったりするとものすごーくがっかりしたものでした。今はそんなことなく、いろんな演奏をそれぞれに楽しんでいますけどね。
前後して、ショルティがシカゴ交響楽団という名門オーケストラの常任指揮者であることを知り、方程式の項がひとつ追加されました。「ショルティ=シカゴ響=マーラー=最高」というわけです。長年にわたって私はこの方程式に支配され、もちろん、「復活」といえばショルティ=シカゴが最高であり、私のマーラー生活の原点なんだと思い込んで生きてきました。

さて、時代は下って今年の初め、私は思い立ってショルティとシカゴ響によるマーラーの交響曲全集を購入しました。もちろんCDで、しかも8000円くらい。やすくなったもんです。
当然、最初に聴くのは2番です。あのときのあの演奏が...聞こえませんでした。
そう、マーラー好きのかたがたにはすでに推察がついているとおり、私がFMで聴いた演奏は、ショルティはショルティでもシカゴ響とのものではなく、ロンドン交響楽団とのものだったのですね。
ああ、記憶なんてアテにならないものです。しかも、これほど思い入れのある事柄に対して。

ええ、買ってきましたよ、ロンドン交響楽団とのCD。HMVの池袋メトロポリタンプラザで、1390円でした(なんと、今ネットで見たら900円以下じゃないですか。これ、未聴なら買い!です)。確かに独唱者もヘレン・ワッツとヘザー・ハーパー、これはうっすらと思えてました。
聴いてみると、確かに「あの復活」が聞こえてきました。唯一無二のものだった当時ほどの思い入れこそありませんが、ほとんど一瞬にして引き込まれた当時の感覚はよみがえってきます。違うのは、第4楽章から第5楽章の肝心なところでテープの切れ目がやってきて、手動でひっくり返した空白が存在しないこと。
それでも、「あの復活」がコンサートのライブ収録放送ではなく、レコードを音源としたものだったからこそ、今でも同じ演奏を聴くことができたのです。記憶は違っていましたけどね。

このエントリは、クラシカ・ジャパンで放映されたブーレーズによるマーラー交響曲第2番「復活」を聴きながら書きました。

ごくたまーにアクセス解析のログなんかを見るのですが、ロクに更新もしていないのに毎日50件ほどのアクセスがあるのには驚きです。
そのほとんどが、何らかの検索結果によるもの。中でも目立つのは「iPodおすすめイヤホン」と「イーモバイル(もしくはEM・ONE)評価」です。大文字小文字が違ったり、間にスペースが入っていたりといくつかのパターンはありますが、およそこのブログにたどり着くかたの3分の1ほどが、上記の検索結果からとなっています。

iPod本体は一世代前の動画対応ハードディスク内蔵型、80GBのものを続けて使っています。classicになる前の「5.5G」というやつです。
手持ちのCDはほとんどすべて入れてあるのですが、さすがに容量不足で半年ほど前からは当面聴かないものはチェックを外して同期しないようにしています。それでも空きは2GB内外。うち音楽は50GBほどです。
もちろん、50GBもの音楽(ファイル形式は、標準の128KbpsのAAC)のうち聴いているのはごく一部です。マーラーの交響曲第2番だけで20種類近くも入れて持ち歩く「必要」はどこにもありません。けれど、「ライブラリがまるごと持ち歩ける」ことの心地よさは、他に替えがたいものなのです。
そんなわけで、ぼちぼち160GBのclassicも気にはなっているのですが、理性が「多少の面倒なら我慢すべきだろっ!」と物欲を押しとどめています。

写真はごくわずかで、テレビ番組やビデオPodcast、DVDビデオなどからのMPEG4動画ファイルが20GB強入っています(録画したデータとしては、その10倍以上あるのですが)。
テレビ録画は、アイ・オー・データの「GV-MVP/GX2」をWindows2000で動く自作PCに取り付け、CATVチューナからの外部入力をつなぎ、ネットワーク上のNASに記録しています。NASはバッファローの「TeraStation Living」の2TBのものが現在2基あります(ひとつは満杯となり、2基目が活躍中)。
このキャプチャカードの特長として、テレビやPCでの視聴用のMPEG2と同時に、iPodやPSP向けのMPEG4ファイルを記録してくれること。いちいちエンコードし直す必要なく、できあがったファイルを直接iTunesに放り込めばいいのが簡単です。
H.264ではありませんが、iPodの小さな画面で観るには十分な画質。映画やオペラの字幕もちゃんと読めます。だいたいは標準設定(ビデオ192kbps、音声128kbps)ですが、まあ十分と思います。

MPEG2で録画したファイルを編集して、CMカットやオペラを幕毎にわける、といった際には「TMPGEnc MPEG Editor 3」を使っています。
フリーウェアでもいくつか試してみたのですが、再エンコードなしで編集結果を書き出せたりと性能も良く、使いやすく、しかもそれほど高いソフトじゃないので気に入っています。編集済みのファイルは「携帯動画変換君」などで再エンコードしますが、こちらもあまり高画質にはこだわりません。

もっとも、妻のiPod touchだと画面が大きくなるぶんアラが目立ってしまい、かといって解像度を高めるとファイルサイズが大きくなってしまうのが悩みどころです。類似商品でH.264の同時記録ができるものが出ませんかねえ(もうあるのかな?)。
iPod touchは16GB版で、ソフトウェアアップデートはしていません(妻はほぼ音楽&ビデオプレーヤとしてしか使っていない)。タッチパネルはカッコイイのですが、いちいち取りだして画面を見ながらでないと操作しにくいのは不満のようです。
また、ビデオをちょっとだけ送りたい/戻したい、音量を少し調整したい、といった際にもストレスがたまるよう。Appleはやらないでしょうけど、ジョグダイヤルくらいあれば便利なのに、とは思います。

おすすめイヤホンとして過去の記事で紹介したShureの「E3c」は、いまは隠退生活に入っています。
かわって使っているのは、同じくShureの「E500PTH」です。いまは「SE530」といったほうが良いのかも。「E3c」を買ったときにも、iPod付属のイヤホンやそれまで使っていたソニーや松下などの格安イヤホン(3000円前後の)との違いに驚いたものでしたが、「3」から「500」への変化も強烈でした。たかが128kbpsの圧縮データなのに、情報量はけっこう豊富だったんだと再認識しましたし、もちろん、CDプレーヤでもとの音を聴いたときの感動も相当なものです。
不自然に強調した感じがなく、低音から高音まで非常にバランスの取れた素直な音で、全体のまとまりがよいのと同時に個々の音もしっかりと耳に届きます。音量を上げてもあまりうるさく感じないのは、バランスの良さの表れでしょう。
このイヤホンを買った直後に聴いた、シノーポリ指揮、フィルハーモニア管によるマーラーの交響曲第2番は、以来、私の愛聴盤になったほど(2度も出てきてお気づきの通り、私が一番好きな曲がこれです)。値段が値段だけに当然、という感じましますけどね。

妻が使っているイヤホンは、オーディオテクニカの「ATH-CK9」です。
自分は6万円以上の「E500」を使っておきながら、妻には2万円以下の「CK9」とはけちな野郎だ、と思われるかもしれません。彼女はそれほど音質へのこだわりがなくて、さすがに3万円以上は不要だという前提でいくつかを聴き比べての選択でした。かれこれ1年くらいになります。
オーケストラの迫力や個々の音が丁寧に響く性能では「E500」の圧勝ですが、女性ボーカルなどは「CK9」だととてもつややかに響いて良い感じです。人によっては高音がきついとか、低音不足と感じられるかもしれませんが、全体にまとまりの良い音だと感じます。音の好みは人それぞれでしょうから、一概にどれがおすすめとは言いにくいのですが、「CK9」は間違いなくおすすめできるイヤホンのひとつだと思います。

さて、長くなりましたが、最後は「お風呂でiPod」です。
すでにこのブログで紹介したこともあるのですが、iPodをすっぽりと内蔵できるアンプつき防水スピーカー「AquaTune」を使って、お風呂の中にiPodを持ち込んでいます。
最初はもっぱら音楽を楽しんでいたのですが、上述したキャプチャーカードを購入してからは録画したテレビ番組やPodcastなどを観るようになりました。やはりビデオだと集中しやすいためか、じっくりと暖まるまで入っていることができます。もちろん、長時間入浴での発汗に備えて、飲み物を持って入るのは忘れません。
音質はお世辞にも良いとはいえませんが、トランスミッターで飛ばした音を浴室ラジオで聴くのよりはずいぶんとマシです。そもそもお風呂の中ですから音楽を良い音で楽しむ環境ではありませんし、シャワーを浴びてる間は何も聞こえないのですから、十分なレベルです。
目の悪い妻はiPodに近づかなければならないので、浴槽に渡しかけて使える書見台を探しているところです(意外に気に入るものが見つかりません)。換気扇を切るとあっという間に曇ってしまい、画面が見えにくくなるのが難ですが、さすがにこれはいかんともしがたいですね。

上記の中で一番最近購入したものは妻のiPod touch、次がキャプチャーカードの昨年春ですから、かれこれ1年ほどは同じ環境で使っていることになります。
「E500PTH」を買ってしまったので、イヤホンをあれこれと迷う気がなくなったのも大きいでしょうね。迷ってあれこれ渡り歩くくらいなら、最初にがんばってハイエンドを、というのが私の信条(ただし買える範囲での、ですが)。あとはひたすらCDが増えています。お金を出しても買えないものがあるとすれば、それは音楽を聴く時間ですから。

本日、外出していて夕食までに30分ほどつぶしたかったので、HMVに寄りました。
3倍ポイントデーではあったものの、ついこのあいだネットで買ったCDが5セット届いたばかりなので見るだけ。

書籍のコーナーには最新号の雑誌がたくさん並んでいて、「レコード芸術」は「オーケストラ・ランキング2008」なる特集記事が。
ふむふむと手に取ってみると、上位はやはりベルリンやウィーンが並んでいます。評論家など40名の投票で、1位に10点、10位に1点を与えて集計した結果とのことなので、まあ妥当な感じ。

日本のオケはと思ってみると、NHK交響楽団、東京フィルなどが真ん中くらいに(確か60位くらいまでのランキングでした)ランクイン、がんばってるじゃないかと思って得点の内訳を見ると、いずれも1位に押した投票者がいたらしく、それぞれ10点の票が入っています。
へえ、そういう聴き手もいるんだと思い、その投票者の他の投票内容を見ると、あれれ、票を投じた全てのオーケストラに10点が入っています。なんかヘン。

記事の後ろのほうに各投票者の内訳とコメントが掲載されているので見てみると、なるほど「順位はつけられない」と10のオーケストラを全て1位としているのです。彼が投票したオケはいずれも1位の10点を獲得しているわけ。
たとえばNHK交響楽団はこのような投票をした一人が1位としたので(もちろん、他の9つも1位)、10点を獲得してランクインと相成ったわけです。
他にも、1位のあとに2位をいくつも並べている人などがいて、もちろん2位はいくつあっても9点ずつが加算されています。

いや、そりゃあ、お遊び企画なんでしょうけれど、これっておかしいじゃないですか。
1位に10点、10位に1点という加点方法をとるなら、順位をつけた投票者の持ち点は全部で55点ということになります。一方、全てに1位をつけた投票者は100点の持ち点を持っていることに。
同じ資格で投票をしているはずなのに、全体への影響力が2倍近く違っていて良い理由はありません。仮に同じ理屈で全てを10位とした投票者がいたら、その人の持ち点は10点になっちゃうのかな。
順不同で10団体全てを1位としたなら、持ち点55点を10等分して各オーケストラに5.5点ずつを与える、1位はひとつだが2位が4つあれば、2位から5位までの30点を4等分して7.5点ずつを加算し、次の団体は6位として扱う...これくらいの理屈は小中学生だってすぐに思いつくし、実行できます。

レコ芸の編集部ってどんな人がいるのかわかりませんけど、お仕事なんだからやっつけでやるのもたいがいにしておかないと、雑誌記事の他の部分でも、信頼度を落とすと思うんですが。
もしかして、とりあえず国内のオーケストラをいくつか中位に上げていかないとまずい大人の事情でも、あったんでしょうか...それにしても、手口としては幼稚の極みですけどね。

ビジネスやファーストクラスに自腹で乗れるほどの収入はないので、旅行時にはもっぱらエコノミークラスを利用します。
ここで問題は、フロリダへ行く際に使っているノースウェスト航空では、パーソナルビデオシステムが搭載されていないことです。すなわち、映画などは機内のあちこちにあるモニターで見なくてはなりません。

どなたも経験があると思いますが、あのモニターは大半の席からはあまりよく見えないもの。壁に投影された画面は暗いし、ちょっと座高の高い人がいると、あっという間に画面の大部分は隠れてしまいます。
また、天井から下がったCRTは決して大きな画面ではないので、少し離れるとなんだかよくわかりません。機内での映画は10時間を超える窮屈なフライト中に時間をつぶせる貴重な存在だけに、毎回ストレスがたまります。

先日、東京からデトロイトまでの往路11時間、復路12時間以上のフライトでは、ビデオ再生機能のあるiPodが活躍してくれました。
予め気に入ったアニメ番組やらを入れておき、たぶん2~3時間くらいずつはみたと思います。2インチほどの小さな画面を二人でのぞき込んでいたので、多少目が疲れましたが、上述のごとく見にくい画面よりはだいぶマシです。
今回は、事前の座席指定で二人だけが並んだ席を取っておいたので、人に迷惑ということもありません(隣にだれかがいると、液晶のちらつきが気になるかも)。機内の映画もひとつ観ましたから、これでもう半分は時間がつぶれます。後は食事と軽い睡眠、音楽を聴いたり本を読んだりしているうちに到着。これまでの中ではかなり短く感じられる移動になりました。

実は、今回も最初からiPodを機内で観るつもりではなくて、暇になったら音楽でも、と思っていただけでした。
このため、入っていたビデオはそれほど多くなかったのですが、非常に有効な時間つぶしになることがわかりましたから、次回からは観ていて退屈しないビデオを多めに入れていけば、10時間くらいはあっという間になるかもしれません。
読む本についても、以前は読みかけの小説などを持って行ったのを、中断しても大丈夫な軽めのエッセイ、しかも何度か読んでいて面白さには折り紙付きのものを選んだのも大正解でした(具体的には、山下洋輔氏の「ピアニストを笑え!」「ピアノ弾きよじれ旅」です。たぶんいまは絶版ですかね)。

もちろん、ポータブルDVDプレーヤやメディアプレーヤなどでも同様の使い方ができます。エンコードやらシンクロやらの手間がないぶん、DVDプレーヤのほうが楽そうではあります。画面も大きいし。もで、ちょっと大きいし、一人で観るぶんには画面も6インチとか8インチは不要です。
最新のiPodならばバッテリの性能も上がり、nanoやtouchで最長5時間、classicならば最長8時間のビデオ再生が可能です。10時間見続けることはさすがにできませんが、これだけあるとかなり心強いですよね。

なんでも、ユナイテッド航空ではファーストクラス、ビジネスクラスのシートでiPodを接続しビデオを観られるようにするとか。
エコノミーにしか乗れない(同じ路線で一気に値段が3~4倍ですからね、なかなか...)私にはまだ縁遠い話ですが、まあ、当面はiPodの小さな画面でも良いでしょう。長距離の飛行機移動の前には、気に入った映画やテレビ番組などをエンコードして、持ち出すことにします。

半身浴というのをご存じでしょうか?
入浴時に、熱い湯に数分浸かって出ていたのでは、身体の表面は暖まるものの、内部までじっくりとは暖まらずにすぐ冷えてしまいます。むしろ、温めのお湯にゆっくりと浸かるのが有効です。
とはいえ、首まで湯に浸かった状態では心臓にも負担がかかってしまい、なかなか長時間入っていることはできません。そこで、湯船に椅子などを置いて胸から下だけをお湯に沈める半身浴がおすすめです。最近では、湯船自体に段差があって半身浴が簡単にできるものもありますね。

さて、ここで問題になるのは20分とか30分の間をどう過ごすかです。
居眠りはいけません。万が一おぼれちゃったら大変です。
読書も良いでしょうが、本がふやけてしまいます(私は出張先のホテルでは良く入浴しながら本を読みます。換気扇が強いこともあって、それほど湿気がこもらないので)。半身浴で10分くらい経過すると、かなりの量の汗をかきますから、額から本に汗がぽたぽたと...なんてことにも。

私のお薦めは、音楽を聴くこと。
最近まで、わが家ではiPodに小型のFMトランスミッターをつけて、浴室内のラジオで受信して音楽を聴いていました。
問題は、入浴中に曲を変えたくなっても難しいこと(お風呂からでなくてはならず面倒)、そしてお世辞にも音が良いとはいえない(ラジオにもよるでしょうが)ことです。ポップスならば何とかなっても、クラシック作品などの音の強弱が激しい場合には、ある時はほとんど無音かと思えば音割れするほどの大音量という状態で、とても音楽鑑賞といえるものではありません。

そこで、半年以上前にWEBサイトで見かけて目をつけていた防水スピーカをついに購入しました。

AquaTune(フォーカルポイントコンピューターの製品紹介ページ)

写真を見ればすぐわかるのですが、樹脂製の防水筐体に小型アンプとステレオスピーカが取り付けられており、中央にiPodを収納して外から操作できるようになっています(クリックホイール部分がシリコンゴムになっている)。
もちろん、接合部にはパッキンが巡らされており、シャワーがかかったくらいでは浸水しない構造になっていますので安心。わざとお風呂に沈めたりしなければ大丈夫でしょう。
ざっと水洗いすることが可能なので、プールやビーチ、ホコリっぽいアウトドアでの利用にも適しているかもしれません。

もちろん、きちんとしたオーディオセットとは比べるべくもありませんが、少なくともFMトランスミッターとお風呂ラジオの組み合わせよりもはるかに高音質。強音でも音割れすることなく(音割れ以前に音が大きすぎて不快になるでしょう)、弱音もしっかりと聞こえます。
低音の不足感はありますが、\14,800(私の購入価格です)の小型スピーカにあまり多くを求めても仕方ありません。浴室内なのでエコーがかかり、これはこれで味わいのある音で楽しめます。浴室の端に立てかけるだけでなく、顔の近くに持ってきたり、湯船に浮かべたりと、位置によっても音は変わります。

なんといっても、その場でiPodの操作ができるのが便利です。
入浴前に曲を決めなくても良いし、気に入らない曲のスキップも簡単にできます。
また、液晶画面はよく見えますから、ビデオ再生をしても良いでしょう。半身浴20~30分となるとずいぶん長いように感じられるかもしれませんが、アニメ1話分と思えば軽いんじゃないでしょうか。
短いシンフォニーやコンチェルトならば1曲ぶん、ジャズやロックのアルバムなら片面(...という発想自体がもはや古いですね)くらい。単一楽章が20~30分になるマーラーやブルックナーは好きずきですが...
iPodの液晶画面ではテキストも読めますから、やろうと思えば読書だって可能です。

あまりに入浴が快適すぎて、のぼせてしまうのには注意が必要です。
半身浴ではかなりの発汗がありますから、水分補給をしながら入るのがおすすめです。水やスポーツドリンクなどを持ち込んで少しずつ飲みながら入りましょう。わが家ではフルーツ酢とスポーツドリンクを合わせた特性ドリンクを良く作ります。
AquaTuneにiPodをセットし、水分補給の準備を整え、ゆっくりと半身浴。これから秋・冬を迎えると、冷え対策として強く強くおすすめします。

私の通っていた高校では、週に1コマ「クラブ」の時間というのがあって、スポーツやら芸術系やらの選択肢から何かを選べました。
で、高校3年の時、級友が「自習時間できるからいいぜ」というので選んだのが「音楽鑑賞クラブ」。ようするに、クラシックの名曲を一時間黙って聞きましょう、というクラブです。

自習できなくても良かったのですが(私はそんなに寸暇を惜しんで勉強するほど勤勉じゃなかったので。結局その危機感のなさが徒となって一浪しましたが)、クラシック音楽はいくら聴いていても苦痛じゃなかったので選択しました。
聞きたい曲のリクエストが受け付けられたので、心優しい私は勉強の邪魔にならないよう、わりと静かな曲を選んで教師に提出し、いくつかが採用。

で、各クラブでは運営係のようなのを選ぶのですが、ちとガンコで柔軟性に欠けた人物だったのがやっかいでした。
彼にとってはどうやら音楽が好きでもないくせに受験勉強のためだけに音楽鑑賞クラブを選んだ輩が気に入らないらしく、自分以外の全員に対して実に挑戦的でした(そういうやつだとわかっていて、おもしろがって選出したわれわれが悪かったのですけど)。曲の合間や余った時間には必ず「春の祭典」を超巨大音量でかけ、数回教師がボリュームを下げたほど(たぶん近隣の教室から苦情があったと思われます)。あれを大音量でかければ、勉強時間には使えなくなると思ったんでしょうね。なんだか、話をやめさせるためにアヴァンギャルド・ジャズを大音量でかけるジャズ喫茶の親父のようでした。
以来、私は「春の祭典」を聴くと高校3年の音楽教室を思い出し、「お前らちゃんと聴け!」と叱られてるような気になるのです。

上述の彼が、「今日のレコード」って黒板に書くんですけど、毎回「ヘルヴェルト・フォン・カラヤン」とか「ヴェートーヴェン」って書いてたんですよ(当時はクラシックといえばカラヤンだったので、学校の所蔵レコードにもカラヤンのものが多かった)。
君はそれでもクラシック好きなのか、と思いつつ何度か訂正してあげたんですけど、それがかえってまずかったらしく、卒業までなおそうとしませんでした。まあ、私に指摘されたら、意固地になってなおさないだろうとは、予想してたんですけどね。
んで、タイトルとの関係なんですけど、「エヴァンゲリオン」って「Evangelion」でしたよねたしか。これが最近の劇場版では「ヱヴァンゲリヲン」って、「Wevangeliwon」とかじゃないのに、変じゃないすか? ま、たいした問題じゃないし、「オタク」を「ヲタク」って書いたりするのと、似たようなもんかとも思うのですけどね。

昨年の12月に新調したiPod、この手の商品としては驚異的なことに、この夏まで最新モデルとして店頭にありました。発売は2006年9月だったそうですから、なんとまる2年間もモデルチェンジなしだったようです。
全面液晶画面の「新iPod」については、私が購入した頃からさまざまに噂されており、買い換えの時期にも相当迷ったのですが、2007年9月6日に、ようやく発表されました。

噂のiPhone型iPodは、「iPod touch」と名付けられ、驚いたことに8GBと16GBのフラッシュメモリタイプでした。てっきりハードディスクタイプで出てくると思ったのですが。
もっとも、今回登場したハードディスク使用のiPodは「iPod classic」と呼ばれており、機械的な故障が避けられないハードディスクではなく、フラッシュメモリのタイプがiPodとしては主流ということでしょうか。

最初のiPodは5GBと10GBでした。当時は革命的といえる大容量でしたが、いまやシリコンで16GBです。16GBといえば、128KbpsのデータならCDにして200~250枚は入るでしょうから、まあ十分な容量といえるのでしょう。
ビデオだって、本当に気に入ったものだけを持ち歩くのなら、何とかなるのかな。ポッドキャストもため込まずに未聴エピソードだけにすればたいした量にはなりません。
よって、わりとたくさんのCDを持っている層まで含めても、次のモデルチェンジで32GBくらいまでに容量が増やせれば、ほとんどのユーザーが全ライブラリをシリコンディスクのiPodで持ち歩ける、ということになりそう。やはり今後はフラッシュメモリ中心でしょうね。

私の場合、80GBのハードディスクにはもう10GB弱の空きしか残っていません。
これでも、ポッドキャストを絞り込んだ結果ですし、ビデオポッドキャストも増えていますから、残容量は半年も持たずに埋まってしまいそう。ポッドキャストや動画については、かなり絞り込んで携帯するしかなさそうです。
私はずぼらなほうなので、iTunesと同期する際にできるだけ作業はしたくありません。iPodとiTunesの組み合わせは、つないでシンクロして、ハイおしまい、というのが快適なのです。本来はポッドキャストや動画の絞り込みさえ、したくないのですね。
そのときそのときで聴いているコンテンツに限れば、32GBもあれば十分で、16GBだって足りているでしょう。けれど、何も考えずに全ライブラリを持ち歩き、突然「あの曲が聴きたい」と思っても大丈夫、という安心感が私には大切。旅行時には荷物が多くなってしまうタイプです。

全体としては、160GBものハードディスクを必要とするユーザーは少数なのだろうと思います。とはいえ、無視できないほどの塊ではあるので、ハードディスクタイプのiPodがなくなることはないでしょう。
むしろ、このまま大容量化が進みながら、どこかのタイミングでローカルのディスクやメモリからネット上に、再生するコンテンツの所在が変わるのだろうと予想します。5年先か、10年先かはわかりませんが。CD音質ならば無圧縮でも150KByte/sですから、WiFiやHSDPAでもバンド幅は足りています、128~256kbpsの圧縮データなど余裕ですね。問題はサービスエリアと接続料金でしょうか。

イーモバイルのEM・ONEでわりと快適なネット接続ができていますが、この感じでネット上のライブラリから好きなコンテンツを、好きな場所で楽しめるように、早くならないもんでしょうかね。「Phone抜きのiPhone」として登場した「iPod touch」をみていると、いろいろと妄想がふくらみます。どうせ「Phoneつき」にするならば、そのくらいの環境が実現できればいいですよね。

ワーグナー(なぜこの人の場合、「ヴァーグナー」じゃなく「ワーグナー」という表記が一般化したんでしょうね、まあいいんですけど)の「リング」といえば、もちろん、「ラインの黄金」「ヴァルキューレ」「ジークフリート」「神々の黄昏」の4作からなる、長大な楽劇です。
どこかのブログでも見かけましたが、今では「リング」というと「指輪物語」か貞子なんでしょうね。でも、クラシックに親しんだものにとっては、やはり「ニーベルングの指環」であると断言して良いでしょう(「指輪」じゃなく「指環」なのがミソ...かな)。

ところで、「ワーグナー/ヴァーグナー」にとどまらず、「ワルキューレ/ヴァルキューレ」「ジークフリード/ジークフリート」「ニーベルング/ニーベルンク」なども気にし始めるときりがありませんね...おっと余談でした。

さてこの「リング」ですが、けっこうたくさんのCDやDVDが存在しています。
大作だけに、CDでは14~15枚組になりますからお値段ももちろんそれなり。少し前(といっても10年単位ですが)だと買う気にもならなかったのです。高校生の頃に、NHKで放送されたブーレーズ指揮(演出はパトリス・シェロー、ファンにはおなじみですね)の「リング」を、90分カセット10本を次々に差し替えながらエアチェックしたという思い出も。
しかし、映像も台本もなしに十数時間にわたる楽劇を聴き続けるのはさすがに無理で、ついに私はこの10本組「リング」を通しては聴けませんでした。おそらく、全体の4分の1くらいをつまんだ程度。以来、「いつかはリング」を胸に秘めて生きてきたのです(うそうそ)。

昨今のクラシックCD価格の大暴落のおかげか、ノイホルト指揮による14枚組がなんと2,890円で購入できました。ようやくチャネス到来です。
実はこのCDセット、HMVの通販では2,300円なにがしだったのですが、入荷の目処が全然つかないのでキャンセルし、タワーレコードの店頭在庫を購入したもの。これでも相当安いですが、一時は1,790円だった、という「史上最安の指環CD(たぶん)」であります。

もう高校生じゃないのですから、同じ間違いを繰り返すわけには行きません。
そこで登場させた秘密兵器が、「対訳本」というわけ。台本とその日本語訳が、数行ごとに書かれているので音楽を聴きながら台詞を追いかけられるスグレモノ。日本語訳だけでは自分がどこにいるかを見失ってしまいますが、ドイツ語も載っているので安心。
ドイツ語って、単に発話するだけならルールを憶えれば簡単ですからね。ちょっとぼうっとしていても、今どこかはすぐにわかります。

買ってきたのは、音楽之友社から出ている「オペラ対訳ライブラリー」からの二冊。
「ラインの黄金」と「ヴァルキューレ」の上巻と、「ジークフリート」と「神々の黄昏」の下巻からなっていて、それぞれ2,100円と2,520円というリーズナブルプライス。
それでも、CDと同じくらいの値段になっちゃいますが、なに、次に別のCDセットを買っても使えますし。

あらすじくらいはさすがに頭に入っていますし、設定や登場人物の関係もおおまかには憶えているので、すぐに本番へ突入。
まずは「ラインの黄金」の第2幕まで進んでいますが、とてもわかりやすいです。というか、映像なし、本なしでこれを聴き進むのは無理。高校生の頃の自分にもこの本をプレゼントしたいほど。ドイツ語の勉強にもちょっとだけなるので、大学の頃にやっといても良かったかもしれません(CDもLPも買えませんでしたけどね)。

今誰が喋っていて、どんな場面なのかは、実は聴き進んでいくとライトモティーフのおかげで対訳なしでもおおまかにはわかるようになります。
けれど、そこにたどり着く前に放り出しちゃうのでは永遠に聴けませんしね。それに映像付きだと、聴くというよりは他のことをしながら途切れ途切れに「観る」だけで聴いた気になっちゃう。やはりここはじっくりと、対訳を手がかりに進んでいこうと思います。

悩みは通勤時間ではなかなか進まないこと。対訳を目で追わねばならないので、歩きながらでは聴けませんしねえ。
ま、大型連休までにどこまで進めるか(途中で別の本が読みたくなるでしょうし)、やってみようと思います。

昨年の夏に住んでいる家で契約しているJ:COMが勝手にデジタル放送に切り替わり、地デジとなった民放は月間3時間程度の視聴時間に減った一方で、ディスカバリーHDにすっかり満足しています。
もともと試聴できたけれど、セットトップボックス(STB)で番組表を参照できる便利さで視聴時間が大幅に増えた「アニマルプラネット」や「ナショナルジオグラフィックチャンネル」とあわせて、わが家ではテレビといえば野生動物のドキュメンタリーを見るための道具となっています。

とはいえ、現在の環境にはひとつ大きな問題があって、J:COMが据え付けていったSTB、たしかHUMAXという会社のものですが、とてつもなくリモコンの感知範囲が狭いのです。
このSTBは、テレビの右側3mくらいの場所に、縦型のラックにDVDレコーダやAVアンプなどと一緒に置いています。STB以外の機器については、リモコンの反応が鈍くなることはまずなく、ボタンを押して動かないということは一切ありません。適当に前方に向けて操作すれば大丈夫。
けれど、STBのものだけは、しっかりとSTBに向けてやらないと一切反応せず、しかもそうしていても、ボタン操作の3回に2回は無視される(たとえば選局ボタンならば、3回押してやっと一度動く程度)のです。電池が消耗しているのかと新品に変えても同じなので、それはリモコンの赤外線が圧倒的に弱いとか、本体受光部がとてつもなく鈍いとか、そんな事情なのでしょう。

STBというのはほぼつけっぱなしで使うものだと思うのですが(そうでもないですか?)、このSTBはこれまでに10回以上ハングアップして止まっていたことがあります。電源スイッチも含めて一切の操作が不能で、電源コードを抜いてリセットするしかありません。
もちろん、ハングアップしている間の留守録は止まった時点の映像がずっと記録されているというわけで、ちょっと信頼性にも欠けます。熱がこもらないように隙間はかなり空いているのですが、それでも本体がかなり熱くなっており、放熱設計に問題があるようにも思われます。

STBはユーザーが自分で選ぶものではなく、ケーブル会社が勝手に置いておくものだけに、使い勝手や信頼性の面で不安のある商品ではちょっと困りますね。苦情を言えば取り替えてもらえるのだろうか? 一度確認してみなきゃ、と思いつつなかなかできていません。
日々ストレスがたまるのに、なかなか改善できないものって、こればかりではないのですが、意外と面倒なんですよね。

<2007.3.17追記>
メールをいただきまして、なんでもJ:COMに申し出るとけっこう軽微なトラブルでも快く交換してくれるんだとか(ただしJ:COM東京ではないので、同じ対応かどうかは、わかりませんが)。
一度電話してみようと思います。

年明けにカラヤンとフルトヴェングラーを読んだのがきっかけとなり、久しぶりにクラシック音楽を聴き続けています(ところで、この本のタイトルは内容から見て「フルトヴェングラーとカラヤン」ではないのかと疑問です)。
クラシックについては、中学高校の頃にNHK-FMのエアチェック中心に聴いており、高校卒業後はだんだんとモダン・ジャズに関心が移ったこともあって手許にはあまり多くのCDはありませんでした。
そんなわけで、2月に入ってから久々にCDショップでクラシックコーナーを見て回るようになり、その価格にびっくり。反則的に安くなっているのですな。

結婚してすぐにクリスマスプレゼントとして妻に買ってもらった小澤征爾/ボストン響のマーラー交響曲全集は2万円以上でしたし(今は14,000円ほどで売ってるようです)、15年ほど前に買ったベーム/ウィーン・フィルのモーツアルト「レクイエム」には3500円と書いてあります。
つい10年ほど前まで、廉価版のCDといえば2000円くらいだったのですね。
それがどうでしょう、最近では廉価版といえば1000円が当たり前で、全集のボックスなど一枚あたり500円程度のものがごろごろとしています。前回触れた、テンシュテット/ロンドン・フィルやベルティーニ/ケルン放送響のマーラー交響曲全集など、11枚組で5000~6000円ですから、やはり単価は500円内外。

ジャズの傑作CDが多く復刻され、1500円前後で並んでいるのを喜んでいたのですが、クラシックでは一足お先にCDの価格破壊が進行していたようです。
クラシックの場合、同じ曲、たとえばベートーヴェンの第5交響曲「運命」を多くの指揮者が多くのオーケストラと演奏、録音しています。単純にこの曲だけでも何十種類ものCDが存在し、数百年の歴史があるだけに著名な作曲家の著名な作品だけをあげていっても莫大な数に上ります。すなわち、CDとなる音源の蓄積がとてつもなく多いことになります。
また、聴く側もその蓄積をできるだけ広く、深く受け取ろうとします。同じ曲のCDを何枚、あるいは何十枚も買い集めるファンは、絶対数として多くはないでしょうが、それでもかなりの厚みをもっていることは確か。3000円で1000枚売れるCDが、1000円にすれば5000枚売れる、という計算が成り立ちやすいのでしょう。
また、モーツアルトやベートーヴェンにはすでに著作権料が発生しないので、演奏者との交渉次第でコストを削減できるという側面もあるのかもしれません。

とにかく、CDが安いというのは久々に聴き始めるのにもありがたいものです。
2月8日にまとめ買いして以来、追加で買ってきたのは次の通り。順番に聞いているのですが、気に入ったものを2度3度と続けているとなかなか消化できません。

 ブルックナー 交響曲全集(ヨッフム指揮、ドレスデン・シュターツカペレ)
 シベリウス 交響曲全集(ザンデルリンク指揮、ベルリン交響楽団)
 ショスタコーヴィチ 交響曲全集(バルシャイ指揮、西ドイツ放送交響楽団)
 マーラー 交響曲第5番(マズア指揮、ニューヨーク・フィル)
 マーラー 交響曲第8番(インバル指揮、フランクフルト放送響)
 マーラー 交響曲第1番(ジンマン指揮、チューリッヒ・トーンハレ管)
 チャイコフスキー 交響曲第5番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 シューベルト 交響曲第8(9)番(チェリビダッケ指揮、ミュンヘン・フィル)
 ラフ 交響曲第3番・第10番(シュナイダー指揮、スロヴァキア国立フィル)
 アルウィン 交響曲第1番・第3番(ロイド=ジョーンズ指揮、ロイヤル・リヴァプール・フィル)
 ハリス 交響曲第3番・第4番(オールソップ指揮、コロラド響)

上3行の全集、3つ合わせて26枚組ですが、購入価格の合計は1万円弱でした。あまりにも安すぎる...すごくうれしいけど。

2月1日に、海外のAmazonからCDのボックスセットを購入しました。
今回買ったのは、マーラーの交響曲全集が2種類です。ひとつはテンシュテット/LPOによるもの(CDN$48.99)、そしてもう一方がベルティーニとケルン放送響によるもの(CDN$56.99)。
Amazonの国際価格比較サイト「Pricenoia」で検討の上、最も安かったAmazon.caで購入したのですが、国内でもHMVでは前者が\5,504で後者が\6,134(3点以上同時購入の割引後)なので、送料や手間を考えるとかえって高くついたかもしれません。何事もちゃんと調べなきゃいけませんね。

多少の価格差は良いとして、問題はShipping。
購入時に発送方法が3種類選べるようになっていて、もちろん早いのは追加チャージが必要です。Amazon.comならばスタンダードにしておいても、まあ1週間も待っていれば到着しますから、そのつもりで何も考えずにスタンダードを選択。これが間違いでした。
たしかに、目の端に「8-12」という文字は入っていたのです。私は、USのサイトと同じようなものだろうと思いこんでいたので、勝手にこれを「8-12 busuness days」だと解釈していたのでした。

さて、1週間ほどで「商品を出荷したよー」というメールを受け取り、「じゃ、今月中には届くな」とサイトで確認をしてみると、そこには「delivery estimate: May 4 2007 - May 16 2007」という文字が。
へ? 5月ですか? それってなんのご冗談。と思い、最初は取り合っていなかったのですが、心配になって「More about estimates」をクリックしてみると...

やられました。ちゃんと「8-12 weeks」って書いてあるじゃありませんか。「weeks」ですよ。
8~12週間ということは、すなわち2~3ヶ月。2月6日に出荷したら、それはたしかに3ヶ月後の5月上旬になります。「delivery estimate」は正しかったわけですな。
まあ、最短の8週間でやってくれば、4月上旬には届くようですし、のんびり待ちましょうか。そういえば、1996年頃にインターネットで始めてCDを買ったときにも(懐かしの「CDNOW」ですよ! 今やAmazonに買収されちゃってますけど)、2ヶ月くらいたって忘れた頃に到着したのでした。最近便利なのに慣れすぎだったので、たまには良いでしょう。海外通販っぽいし。

そんなわけで、初めてのショップを利用するときには、シッピングや支払いの条件などの注意書きはちゃんと読みましょうね、というお話しでした。
それにしても、テンシュテットとベルティーニ、早く聴きたいなあ。早く届かないと、インバルとかノイマンの全集に、手を出しちゃうじゃないですか。安くなってきたので買えちゃうんだけど、聴く時間が...

<2007.4.13追記>
てなわけで延々と待ち続けたこのセット、ついに4月12日になってゆうパックの不在連絡票がわが家にやってきました。たしかに差出人に「Amazon.ca」と書いてあります。
2月8日に出荷でしたので、9週間かかったことになります。上記の通り「8-12weeks」が先方の見積りでしたので、まあ早めだったことになりますね。
最後に書いたとおり、待ちきれずにインバルとシノーポリとバーンスタインのマーラー全集、買っちゃいましたよ。まだ7割くらいしか聴けていませんが、まずは一番好きな「第2番」から消化していきたいと思います。うれしいなっ。

<2007.4.14追記>
指定通り、ゆうパックは土曜の午前中に届きました。
さっそくテンシュテットのほうをCDプレーヤにかけつつ、ベルティーニの全集からiTunesへの取り込みを開始、順調に9枚目まで到達したところで大事件が発生。
なんと、Disc9の紙ケースに入っていたのは、Disc11の「大地の歌」です。それならばとDisc11の中身をみると、出てきたのはやはり「大地の歌」。イヤ、嫌いじゃないんだけどさ、第9番の後半2楽章も聴きたいし、第10番のアダージョも好きなのよ(Disc9の内容です)。
そんなわけで、Amazon.caのReturn Centerにe-mailしました。さてさて、どうなることやら。ちゃんとしたのを送ってくれるだけなら良いんですが、「間違ってたのを送り返せ、それから出荷だ」とかになると面倒ですねえ。

<2007.4.14さらに追記>
すぐにメールでお返事がありました。ボックスセットのうち一枚だけを取替はできないので、まるごと送る、とのこと。
月末から来月頭には届くようです。
で、本来はミスのあった商品を送り返してもらうことになっているんだけど(もちろん、運賃はAmazon.caの負担で)、今回は運賃がとても高いので送ってこなくて良いよ、とのことでした。
私にとっては、申し分のない最高の解決策です。Amazon.ca、やるじゃん。

こんな小理屈をこねたのは、なんだかんだといいながらまたしても趣味の商品での散在をしてしまったからです。
ブログ上でも何度か「ほしいけどなあ」とつぶやきつつ腹を固めてきたその商品は、Shureのイヤホン「E500PTH」です。まごう事なき、イヤホン界のハイエンド商品。

ご存じないかたのために書いておくと、ステレオイヤホンのひとつ。カナル型と呼ばれるもので、耳栓のように押し込むので、外からの雑音をシャットアウトできると同時に、シャカシャカという音漏れも極めて少ない優れもの。
このカテゴリ、もちろんiPodを買うとちゃんと使えるのがおまけに付いてきますし、別売でも980円から3,000円くらいまでの価格レンジにおびただしい商品が存在します。どれでも聞こえないということはなくて、音質の善し悪しや遮音性その他の付加性能に差があるだけ。
だけ、なんではありますが、このハイエンドE500PTHのお値段たるや、ヨドバシ特価62,800円です。買った日は特別セールで13%ポイント還元でしたが、それでも実質5万円以上。

たかがステレオイヤホン、しかも騒音にまみれた屋外で、さらには所詮圧縮音源のiPodのために、一体何を考えて5万円以上をかけるのかといぶかしむ向きもありましょう。
けれど、そこが趣味の趣味たるゆえん。同じ条件下でも、音の出口が変われば音が大きく変わるのは当たり前のことで、意識して店頭で聞き比べてみれば、その差は歴然としています。
私はもともと2万円弱の「E3C」というイヤホンを使っていたので、同レベルの2~3万円程度のイヤホンではさほどの差は感じません。キャラクターの差はあれど、絶対値としての実力にはあまり差がないとでもいいましょうか。
そんな中で、ほとんど唯一、短時間の試聴でも差がはっきりとわかる選択肢。それがE500PTHだったというわけです(これと並んで高く評価を受けるER-4Sは残念ながら試聴できませんでした)。
どうせ買い換えるのなら、はっきりとステップアップした方が気持ちが良い。多少迷いましたが、最終的には「手の届くハイエンドを買わずにランクを下げると、必ず後悔する」という経験則に従いました。

ドンシャリの過剰演出は論外だし、低音がドカドカと響くのもわざとらしくていや。
低音から高音まで素直に出ていること。全体に必要な厚みが感じられること。そして個々の音が団子になるのではなく解像されていること。私のニーズはシンプルなのですが、これが満足される商品はそんなには多くありません。E500PTHは、現在のところ十分に期待にこたえてくれています。そもそも不満があっても、これ以上の選択肢がないんだから後悔のしようがありません。ハイエンド消費万歳。
E3Cと比較した評価はまた改めて書くかもしれませんが、今のところ大変満足してます。良い買い物でした。

贅沢品・装飾品はひとまず脇へ置いておくとして、家電製品などでは、そのカテゴリーやシリーズにおける「ハイエンド商品」がわりと手の届きやすい範囲にあるものが、少なくありません。

わかりやすいのは135フォーマットのカメラで、フィルム時代ならニコンのF一桁シリーズがいつの時代もハイエンドでした。ハイエンドとはいっても、年収の5倍といった値段ではなく、月給かボーナスをはたけば買える程度の値段です。
写真機本体だけでなく、交換レンズにしても300mmのレンズは300mm/f2.8(いわゆるサンニッパ)が一番高くて高性能、お値段は50万円前後など、手の届く範囲にハイエンドがあります。
デジタル一眼レフになっても、基本的にはこの構図は変わりません。ニコンのD2Xsはたしかに高額ですが、それでも50万円ほどですから、何かを我慢すれば手が届くもの(まあ、異論はあるでしょうけど)。

趣味の商品の場合、高機能・高性能が自分の使い方で「必要かどうか」は必ずしも商品選択の理由ではありません。
D2シリーズニの全てのユーザーが、毎秒8コマが撮影できなければ絶対に困る、とか、防塵性や防水性能が低いボディでは話にならない、というわけではありません。むしろ使い方だけを見れば、「それってD80(中級クラスのボディ)でも十分だよね、むしろ軽くてコンパクトで、そのほうが良いんじゃないの?」ということが多いのではないでしょうか。
けれど、会社の投資ではなくて趣味なのですから、購入し、使っている自分が心地良いかどうかだって、立派な選定の基準になるのです。客観的な必要性よりも、主観的な満足感が重要。

気分の問題だけでなく、実際に自分が求める性能や品質の基準に照らして、ハイエンド商品のアドバンテージがはっきりとしている場合にはなおさらです。
明かりが十分でないところでシャッター速度を稼ぎたい(たとえばステージ写真とか朝夕に行動する動物の撮影とか)ケースでは、同じ300mmのレンズでも開放f値2.8と5.6との差は歴然としています。差は開放f値だけではありませんし。けれど両者の価格差は下手をすれば10倍にもなりますから、おいそれとは決断できないでしょう。できないけれど、撮影のたびに「ああ、今ここにサンニッパがあれば...」と思い続けるのは、精神衛生上もっとよろしくありません。趣味でストレスをためるなんて、本末転倒です。

販売する側としては、まず入門機を買ってもらい、続いて中級・高級と買い換えてもらったほうが、販売機会も増えてありがたいかもしれません。一度ハイエンドを買ってしまえば、しばらくはそのカテゴリーには買うものがなくなってしまいます(ハイエンド商品には、商品寿命が比較的長いものが多いですし)。
買う側からすれば、結局不満が出てきて買い直すくらいなら、最初から納得が行くもの、言い訳せずに済むものを選んだほうが、長期的にはお得だといえるかも。それだけ長く使えますし。すぱっとハイエンド商品を買っちゃえば、しばらくは悩まなくて済むのです。
逆に、気持ちを寄せつつも値段が高いからとワンランク落とした買い物をしたら、きっと後々まで気持ちは残ります。何かのきっかけがあれば、物欲は容易に暴発してしまうでしょう。そうなると一回分無駄遣いをしただけ。

そんなわけで、趣味の買い物なら、手の届く範囲でのハイエンドを選ぶことを私はおすすめします。もちろん、計画的に、懐具合の許す範囲で、ですが。
もちろん、無尽蔵に資金が使えるひとは少数でしょうから、「範囲」をどこで区切るかは自分で考えればよいのです。たとえば私の場合、デジタルカメラにはニコンDXフォーマットよりも大きな撮像素子を持つものは入れてません(たとえばmamiyaのZDとか、ハッセルブラッドのH3Dとかは、考慮の外)。
いずれにせよ、勝手使う自分自身の心地よさ、喜ばしさが重要なわけです。「安物買いの銭失い」とは、自分の基準をクリアしないものを買ってしまったときに起こるもの。それを避けるには、手の届くハイエンド商品があるなら、買っちゃうのが吉です。

反省してます...

| コメント(0) | トラックバック(0)

1週間ほど前のエントリ「ショルティ、千人、3600円」で、こんなことを書きました。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。

いやはや、お恥ずかしい。こんなこと良くも書けたな、という感じです。

日曜の夜に書店で目についたので、「交響曲の秘密」(200CD交響曲の秘密編集委員会編 学研)を買って読んでみました。よくわかったことが二つ。
一つは、ハイドン、モーツァルト、ベートーベン、シューベルト、シューマン、ブルックナー、ブラームス、チャイコフスキー、ドヴォルザーク、そしてチャイコフスキーといった超有名作曲家だけが、交響曲作家ではないこと。
そしてもうひとつは、上記の超有名どころを一通り聴いたからといって、「交響曲ならだいたいはわかってるよ」なんていう態度をとるのはとっても恥ずかしいこと。
はい、撤回します。私の知っている交響曲なんて、海面に出ている部分だけで氷山を判断するようなものでした。

で、反省してこれまで聴いてこなかった「交響曲」を聴いてみることにしました。
仕事の帰りにタワーレコードにて次のようなのを買ってきました。ちょっと新しいものに偏った感じではありますが、いずれも廉価版だったので好みに合わなくてもまああきらめがつきます。

 バラカウスカス 交響曲第4番・第5番(ドマルカス指揮、リトアニア国立交響楽団)
 パヴロワ 交響曲第2番・第4番(フェドセーエフ指揮、モスクワ放送チャイコフスキー交響楽団)
 カリンニコフ 交響曲第1番・第2番(クチャル指揮、ウクライナ国立交響楽団)
 サン=サーンス 交響曲第3番(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フランク 交響曲ニ短調(マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団)
 フルトヴェングラー 交響曲第2番(朝比奈隆指揮、大阪フィルハーモニー交響楽団)
 エルガー 交響曲第1番・第2番(シノーポリ指揮、フィルハーモニア管弦楽団)

店頭をしばらく眺めていて感じたのですが、本当にCDが安くなっていますね。
たいがいの作曲者の交響曲全集が、1万円以内で買えます。ショスターコーヴィチなんか、4千円以下のがありました。シベリウスもチャイコフスキーもよりどりみどりで、上記の「これまで聴いてこなかった交響曲」に絞るまでにはけっこう悩みました。
まあ、これらの全集がすぐになくなることはないでしょうから、順番に揃えていけばいいか、と思っています。一気に買っても、聴く時間がありませんしね。

iPodの付属イヤフォンは一度も使ったことがなく、ShureのE3Cを使い続けています。
そう粗っぽく使った憶えはないのですが、最近になって断線しかかっているらしく、ときおりがさがさと雑音が混じるようになってきました。
妻が誕生日とバレンタインのプレゼントをあわせて、好きなイヤフォンを買っても良いよといってくれたので、今日は新宿まででかけてきました。もちろん、目当てはE500PTHです。

ヨドバシカメラでは、なんということか店頭からE500はおろか、E5CやE4Cまで消えている始末。やっぱり2万円以下のものしか売れないのでしょうか。
もちろん、視聴できるわけもありません。1万円台のイヤフォンをいくつか聴いてみましたが、いま使っているE3Cよりも劣った音しか聞こえてきませんでした。なんというか、やたらに低音が大きな薄っぺらい音。J-POPでも聴くのなら良いのかもしれませんけど、私にとっては音楽用ではありませんでした。
しょうがないので、ビックカメラへ移動。やっとE500PTHを視聴できました。
E3Cからでも十分に違いがわかるほど、別次元の音です。まあ、6万円もするんだからこのくらいでなくちゃ困りますけどね。

で、買ったのかというと、結局今回は見送ることにしました。
E3Cが危なげながら一応は使えていること、邪魔なだけのPTHユニットのないE530が海外では発表されていること、今回のプレゼントはなしにして今年のクリスマスとあわせてニコン用のレンズ追加という選択肢もあることから、迷って決められなくなったもの。
ほしいものがあれこれあると大変です。このほかにも、セイコーインスツルの新しい電子辞書も気になっているのです。

代わりに、といってはなんですが、ヨッフムのブルックナー交響曲集を買ってきました。
オマケに別指揮者の0番までついた10枚組で4800円とお買い得。ついでに1000円のお買い得CDがたくさんあったので、マズアのマーラー9番、インバルのマーラー8番、ロストロポーヴィチのショスタコーヴィチ5番も。しばらくは聴く音楽に不自由しなそうです。

タイトルがなんのことやらさっぱりわからないかたも多いかと思います。
簡単に説明しますと、「ショルティ」というのは、サー・ゲオルク・ショルティという名前の指揮者、「千人」はグスタフ・マーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」という曲、そして3600円というのは、私が買ったレコード(2枚組)のお値段です。

私は最近ではモダン・ジャズを聴くことのほうが多いのですが、中学から高校にかけてはけっこう熱狂的な「交響曲ファン」でした。
クラシックのファンではなく、あくまでも交響曲が中心。なので、聴くのはベートーヴェン、ブラームス、ブルックナー、そしてマーラーなど。当時はNHKのFMでほぼ毎日のようにクラシックの番組があり、週に数度はこのあたりの曲がかかっていました。
私の家は電波の受信状況が芳しくなく、ときおり入る雑音に苛立ちカセットテープをひっくり返すタイミングに息を詰めながら、エアチェック(ふるっ!)に励んでいました。当時の私には、オートリバース機能のあるデッキなんて高嶺の花でしたし、賃貸住まいで外にアンテナを立てることもできなかったのです。
お金がないので、「レコ芸」は図書館で読んでいました(週刊「FMファン」はなんとか買っていた)。

その頃かなり集中的に聴いたおかげで、いまでもクラシックのコーナーに行くとたいがいの指揮者やオーケストラのい名前にはなじみがありますし、交響曲に関してだけは、自分の好みに合いそうなCDをわりと簡単に見つけられます。
もっとも、私が「気鋭の若手指揮者」と認識していたアバドやマゼールはすでに大ベテランですし、テンシュテットやベルティーニは亡くなってしまいました(時期としてはカラヤンの日本における全盛期、ベームもまだ元気でした)。なので、ラトルあたりになると「名前はわかるんだけどなあ」くらい。

で、当時私がもっとも好きだった作曲家がグスタフ・マーラー。どんな人だったかはwikipediaあたりで調べてください。
マーラーがかなり一般的になっていた時期でしたが、放送されるのはやはり第1番、第5番あたりが中心で、たまに第2番や第6番、第4番といった感じ。第8番の「千人の交響曲」は演奏されることも決して多くないためか、FMで聴くこともなかなかかないませんでした。
子供だったせいでしょうか、数あるマーラーの演奏の中でも、ショルティとシカゴ交響楽団によるものは金管楽器の鳴りが派手で、一番のお気に入りでした。オーケストラと合唱、独唱を合わせて千人以上で演奏される第8番を、この組み合わせで聴いてみたいというのが当時の私の大きな願い。けれど、2枚組で5000円以上したレコードはとても買えませんでした(だって、月のお小遣いが2~3000円で、エアチェック用の生テープや読む本もその中で買わねばならないのですから)。

そんなある日、街中のレコード店で見つけたのが廉価版で再発された3600円のレコード。
たしか図書館からの帰りだったと思います。所持金はもちろん不足していました。たしか千円かそこらしかもっていなかったと思います。田舎町ですから、この機会を逃してしまうと二度とこのレコードには出会えないかもしれません。ネット通販などなかった時代です。
私はひとまずレコードを棚の一番奥に移動させ、一目散に走って帰宅しました。レコード店のある繁華街から自宅までは坂道で徒歩45分くらい。自分なりにかなりがんばって走った記憶があります。親にレコードが買いたいから3000円ちょうだい、と頼み込みました。私の記憶している限り、公式な小遣い以外でお金の無心をしたのは生涯で二度だけです(もう一度は就職直前、最初の給料日までの生活費がないことに気がついたとき)。
たぶん、普段は金をせびったことなどない息子の剣幕に驚いたんでしょう、わりとあっさりとお金をくれました。3000円ではなく、4000円を渡してちゃんとバスで行ってくるようにいわれました。

この記念すべきレコードは、もちろんまだもっています。
ひとつの曲を聴くのに3回もレコードを変えたりひっくり返したりが必要なので、この10年以上手に取った記憶もありません。なぜかCDで買い直してもおらず、ショルティの千人は私の記憶の中で鳴っているだけ。
そのうちにCDを入手することは確実ですが、なかなかそのきっかけがありません。

つい先日、久々に小澤征爾のマーラーをiPodで聴いていて、ふと最近のマーラーCD事情はどうなっているのだろうかとブログをあさっていて、下記の記事を見つけました。
読んでいるうちに、上記の自分がレコードを買ったときの状況が思い出されたというわけです。

 ショルティの千人の交響曲と私(音源雑記帖)

この方はなんと小学6年の時に、しかも5千円のレコードを半分も自分で払って(誕生プレゼントなのに!)買われたようですので、私よりもずいぶんと立派です(いや、私も千円は出す気があったんですが)。「レコ芸」もお小遣いで買っていたようですし。
状況はかなり違っていますが、レコードが高価だった頃には、こうして一枚一枚のレコードに買ったときの記憶が染みついているのですね。なんだか久しぶりにLPレコードを引っ張り出したくなりました。

Video再生が可能なiPodに買い換えたのだから、とりあえずいろいろと見てみたくなるのが人情というもの。
さっそくYouTubeでいくつか目についたものをiPodに入れてみました(やり方については、グーグル先生に聞くといくらでも出てきます)。

中でも最初に検索して見つけたのがこれ。
  Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005Steve Jobs Stanford Commencement Speech 2005
2005年6月にスタンフォード大学の卒業式で行った、ご存じスティーブ・ジョブズの素晴らしいスピーチです。スピーチの全文がネットに掲載されるや(私の知る限りではSlashdotのこの記事が最初だったのかな?)たちまち評判に。9月には日本語訳も公開されています。
 ジョブズの卒業祝賀スピーチ(訳:市村佐登美氏、サイト掲載:とむさとう氏)

冒頭のリンクは、このスピーチの模様のビデオ。テレビで放映でもされたのか、大学が撮影したものかはわかりません。素人の撮影によるものでないことはたしかです(いくつものアングルで撮って編集されていますし)。
私はめんどくさがりなもので、普段からYouTubeであれこれと検索するほうではありません。ほんとにときおり、気になったものを探す程度。なので、今回までこのスピーチを写した、これほどきちんとしたビデオがネット上にあることすら知らずにいました(音声ファイルのほうは、かなり早くに入手してiPodで何度か聴いていました)。
音声がたまに小さくなりますが、通常の鑑賞では問題ないでしょう。ジョブズの、歴史的ともいって良いスピーチが掌の中に。素晴らしいですねえ。

内容については、私がとやかくいっても仕方ありません。
まずは上記のリンクから、まずは英文を、続いて日本語訳を読んでみてください。大学の卒業生に向けたメッセージではありますが、若いかただけでなくおそらく全てに人々に訴えかける内容の、感動的なものです。

結局、iPodを新調

| コメント(2) | トラックバック(0)

iPodの診断サイトというのがある、というので見てみました。
 The iPod Death Clock
シリアルナンバーを入れたあとで使用状況に関する質問に答えると、いま使っているiPodがあとどのくらいの寿命化を教えてくれるサービス。
で、私の場合は「Sad iPod」が2回表示されていることもあって、診断結果は「Doomed!」でした。コメントは「It's not good. In fact, you're cheating death with every second. Take some time to reflect on the good times you and your friend have shared, because the end is near.」というもの。

たしかに、この一ヶ月ほどは「Sad iPod」こそ出ないものの、再生中に突然停止して一切の操作を受け付けなくなるという、たちの悪いトラブルを週に一度は繰り返していました(バッテリーが切れるまでじっと待つ以外に対処なし)。
通勤時の音楽に、そしてポッドキャストにと、いまやなくてはならない相棒です。iTunesで全てのデータを管理していることもあって、今さら他社のプレーヤに乗り換える積極的な理由もありません。
そんなわけで、日曜日にサンタさん(別名は愛妻)がやってきました。ホントは誕生日との合わせ技でニコンの18-200mmのレンズとか、あるいはShureのE500とか、考えていたんですけどね(特にE500、店頭の視聴では、いま使っているE3cがオモチャに聞こえるような音でしたから...)。

選んだのは、iPod 80GBのブラック。
薄くて小さくて振り回したって壊れそうもないnanoも魅力的だったのですが、いかんせん容量8GBでは手持ちの音楽が全部は入りません(現状で30GBぶんほど)。何も考えずにライブラリをまるごと持ち出せるのが私にとってのiPodなので、選択の余地はありませんでした。
これまで使ってきた4G(iPod photoの2代目、動画再生機能なし)に比べると、かなり薄くなっています。シリコンジャケットを装着しても、シャツの胸ポケットにスルリと入るのは大変便利。画面解像度が上がったのでフォントも見やすく、情報量も多いので曲の選択もより快適になっています。

動画再生に対応したので、さっそく野村総合研究所のポッドキャスト「NRI Podcast」にも登録しました。
やはりクオリティを維持して提供される動画を見ると感動がありますね。ディズニーのオフィシャルポッドキャストなどもiPodで見るとかなりの画質だというのを実感(PCで見ていると、まあ普通だね、と感じるのですが)。しばらくは関心ある分野でポッドキャストを探し回る日々になりそう。

こうなると、やはり映画まで売られている米国市場との落差を実感せずにはいられません。
前も書きましたけど、「プラネットアース」「地球大進化」などのコンテンツ、なんとか乗っかりませんかねえ。一話500円、DVD購入者割引250円とかで。
NHKの腰が重たいのなら、ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットでもOK。このところ、わが家のテレビ視聴時間シェアはディスカバリーとアニマルプラネットで50%以上、あとはディズニーチャンネル、NHK総合がそれぞれ20%、その他が10%くらいです。HDDレコーダで録画したものを簡単に持ち出せるのでも良いです(この点、ソニーがうまく連携できる商品を出していますが、PSPじゃなくてiPodが良いんです、残念ですが)。

私が視聴しているのは、居住する集合住宅にもともとひかれていたケーブルテレビ。
有料契約をしなくても、地上波についてはアンテナをつなぐだけで見られるようになっていました(当たり前ですけど)。もちろんケーブルも契約していたのですが、日によって差はあるものの、2時間くらいは地上波の民放をかけていたと思います。
この夏、このケーブルテレビサービスがデジタルに切り替わり、地上波も地上波デジタル放送になりました。で、それから約3ヶ月。起こったことは「民放の地デジは、ほとんど見なくなった」です。

理由はいくつかあります。
ひとつは、セットトップボックスの番組表機能。どういうわけだか、地デジについては意識的にアップデートをしないと番組表が空欄のままなのです。わざわざ番組表を呼び出してまで見たい番組があるわけでなし、何をやっているのかわからないなら最初から素通り、という視聴パターンが身についてしまいました。
ちょうど逆に、番組ガイドをいちいちめくらないと何が放映されているかわからなかったケーブル各局は、画面上の番組表が確実にアップデートされています。番組情報も簡単に呼び出せて先の予約も簡単。これはケーブルのチャンネルを見せようという、ケーブルテレビ会社の陰謀かもしれません。
もうひとつは、チャンネルが変わったこと。1チャンネルから12チャンネルまでの地上波の並びが染みついてしまっていたのですが、いまや日本テレビやフジテレビがどのチャンネルなのか、そもそもわかりません。

もとから私は民放のドラマはほとんど見ませんでした。バラエティ番組に至っては、10分もかかっていると頭が痛くなります(少数の例外はありますが)。
したがって、民放の地上は番組などなければないで全くかまわないのですね。なんとなくかけていただけ。番組表の使い勝手やチャンネル変更で不便になったら、途端に見なくなるのは必定でした。
一方で、ケーブル局には「ディスカバリーHD」や「アニマルプラネット」がありますし、音楽でも映画でも、専門のチャンネルでさまざまなものが楽しめます。これらの番組には、少なくとも無教養や粗野さを売り物にしたような馬鹿げた芸能人が出てきません。粗暴なごろつき一家の子育てを褒め称える番組やら、元ヤンキーが狭隘な視野で教育を語るさまや、インチキ占い師が他人を罵倒する姿を(もともと見ませんでしたが)見ないですむのは、精神衛生上とても良いものです。予告編だけでも不愉快でしたから。

私の世代には、すでにテレビは娯楽の中心にありました。たった6つか7つのチャンネルしか選択の幅がない頃には、その中から一番好みに合いそうなものを選ぶことしかできなかった。けれど、いまや100近いチャンネルからの選択が可能ですし、HDDレコーダーのおかげで、リモコン操作で気に入っている番組を呼び出して楽しむのも簡単です。
この先に、自分が見たいジャンルの、希望する番組をオンデマンドで呼び出して視聴できる環境がいつごろ整ってくるのかは、わかりません。YouTubeの人気ぶりからも、放送事業者の都合に合わせるのではなく、自分の都合でコンテンツを呼び出し視聴するのは当然のことになっていくでしょう。
もちろん、いまのようにCMと引き替えの無料放送ではなくなるかもしれません。けれどスポンサーの意向やテレビ局の視聴率稼ぎのために、毒にしかならないような番組が金太郎飴のように並ぶより、お金を払って必要な番組を視聴する方がずっとマシです。消費者金融の宣伝を毎日毎日見せられるくらいなら、千円でも2千円でも払った方がずっと良いとさえ思います。

確実にいえるのは、私自身についていえば、テレビでのCMはほとんど効力を失ったということです。1週間あたりのCM視聴時間は、きっと5分もないくらい。
理由はどうあれ、多くの人たちが地上波の民放放送から離れていくことは確実でしょう。誰もが同じようにテレビを見ていた従来のほうが不自然なのです。結果的に、民放の番組ももう少しまともなものが作られ始めるかもしれませんし、放送とDVDくらいしかないコンテンツの流通形態も多様化していくことも確実だと思います。それによって、バカ高いわりには効果の見えないテレビCMから、個々のコンテンツ、個々のメディアにあった広告展開が可能になるでしょう。
それは、きっといまよりもずっと自由度が高くて、視聴者だけでなく広告の発信側となる企業にとっても(ちゃんとターゲットを絞った広告が可能ですから)、有益な変化のように思われます。

TOEIC受験を終えた開放感で、CDでも買おうかと新星堂に寄ったところ、びっくりしました。
「ユニバーサル”ジャズ・ザ・ベスト”リミテッド 1000」というシリーズ、全50タイトルなのですが、なんと税込みで1000円。税抜きだと952円。3桁ですよ。

iTunes Storeで、ブルーノートあたりのアルバムは900円でダウンロード可能ですが、これって流通コストも在庫コストもかからないオンライン販売の価格です。
音楽CDというパッケージで、店頭販売での1000円はちょっと衝撃的。しかも、50タイトルにはけっこうおいしいところがそろっています。これってどう考えても破格のお値段、安すぎます。

というわけで、次の5タイトルを買ってきました。
・MAX ROACH + 4 (Max Roach)
・THE MAGIC OF JU-JU (Archie Shepp)
・THAT'S THE WAY IT IS (Milt Jackson)
・BROWN AND ROACH INCORPORATED (Clifford Brown & Max Roach)
・EAST BROADWAY RUN DOWN (Sonny Rollins)
まだ、フレディ・ハバードやらスタン・ゲッツやらのおいしいところがあって、またお小遣いが出たらふらふらと買ってしまいそうです。

音楽CDが売れないといいますが、売れないから値下げ、という流れができているのなら業界的にはつらいことでも、一人のファンとしては歓迎。とはいえ、これで「古いジャズなんかいくら出したって儲からない」ということにならないかはちょっと心配です。
そんなに気張って安くしなくて良いから、廃盤になってる過去の名盤をもっともっと出してください。新譜を買わないのは申し訳ありませんが、正直いって最近のジャズってつまんないんですよね。なんだか伝統芸能をなぞっているような気がして。

買ったは良いが、まだフォトストレージとして試す機会がないもので、PCにあった動画ファイルを「携帯動画変換君」のPSP用設定でエンコードし直し、鑑賞しているのです。
320×240ピクセルのQVGAサイズなので、P-5000の4インチ液晶だとどうしてもアラは見えちゃいます。それでも、新幹線の座席に座って膝の上に保持した状態で見るぶんには気になりません。これがW-ZERO3[es]だと顔から20cmくらいの位置で持っていなければならないのですが、膝の上で支えるだけなら腕の力も要らずに楽です。

ビットレートを低めにしているので、45分のドラマが102MB内外とコンパクト。10本入れても1GBですので移動中の暇つぶしにはちょうど良いんじゃないでしょうか。
近々飛行機で太平洋を横断するのですが、5~6時間分のコンテンツを放り込んでおけば映画がつまらなくても退屈せずにすみそうです。
気になるのはバッテリーでの駆動時間ですが、出張の往路に45分番組を見てから写真のスライドショーを15分ほど再生、帰路で1時間半ほど動画再生をしたところで半分の表示が出ました。この使い方で4~5時間は行けるということでしょうか。予備のバッテリが一本あると安心なのはたしかです(普段使うにも、継ぎ足し充電を避けるには2本で使い回すのが良いですし)。

液晶は最大輝度にしなくても十分な明るさがあって、サイズが大きいこともあり目の疲れも少ないように思います。少なくとも、W-ZERO3[es]とはかなりの差があります。
後者の緻密な液晶もとてもきれいではあるのですが、さすがに長時間の使用は肩も凝りますし目にも辛い感じ。30分内外ならばともかく、映画を見ようといったことならP-5000に明らかに分があります。それに、W-ZERO3[es]は電話機なので、W-SIMを抜いて電話機能を止めるにしても、飛行機の中で使うのはちょっと気がひけますしね。

音楽再生機能ですが、うれしいのはAACにも対応していることです。
iTunesをデフォルト設定で使っていたので、手持ちの音楽ファイルのほとんどはMP3ではなくAACなので、いちいちエンコードしなおさなくてもデータをコピーするだけでOKなのは便利。とはいえ、iPodが壊れたとか、出先でバッテリー切れといったことでもなければ音楽再生だけのためにP-5000を持ち歩くことはないと思いますが。
前機種であるP-4500について、音質がいい、という評価を見かけたのですが、128kbpsのAACで聞き比べたところでは、iPodとそれほど差があるようには感じませんでした。

69,800円の価格は、もちろんただの動画ビューワ、iPodの代替品ならばべらぼうに高価ですが、もともとはフォトストレージのおまけのようなもの。
気に入った写真を相当枚数持ち歩けるのは(iPod photoと用途は重なりますが)大容量ハードディスクならではですし、液晶画面が大きいのでテレビにつながなくても少人数なら鑑賞できます。欲張れば通信機能を付けて写真共有サービスに直接つながったり、ブログを更新できたり...なんていう妄想は広がりますが、それはPCでいいかなあ。
肝心の写真バックアップ機能の評価はまだこれからなんですが、おまけ機能だけでもかなり楽しめます。思いきって買って正解でした。

アップルから実に久々の新iPodが発表されました。
私の場合、軽さや小ささよりも「手持ちの音楽がまるごと持ち歩ける」ことに魅力を感じているので、対象となるのはiPodのみですが、待望の「ギャップレス再生」ができるとはいえ、買い換えるまでにはいたらないかな、というところ。

いま使っているのは一昨年の春に購入したもので、カラー液晶を備えていますがVideoには非対応、「iPod photo」とか「4G」とか呼ばれています。
日常的に動画を持ち出して外で見ているわけではないので、Video対応は今のところは大きな魅力にはなっていません。画面が大きいのは単純に気持ちよさそうなのですが。

新商品発表と同時に、「iTunes Music Store」が「iTunes Store」になり、アメリカでは映画のダウンロード販売も始まっています。映画一本あたり1.5GBほどといいますから、ポータブルデバイスで見るには十分な画質だろうと思えます。
ただ、外出時に楽しむのなら、私は映画じゃなくてもう少し短い時間で見られるコンテンツの充実に期待します。

新幹線で出張に出掛けることが毎月2~3回はあるので、1時間半の連続した時間はあります。だいたいは本を読むのですが、ビデオを楽しむ時間があっても良さそう。
とはいえ、1時間半~2時間の映画をびっしり見るというのは目も疲れそうだし肩こりしそう。30分~1時間くらいがちょうど良いんじゃないかと思います。

そんなわけで、私がiTunes Storeで売ってほしいビデオは、ずばり「NHKスペシャル」あたりのドキュメント番組です。だいたい45分くらいで、長さもちょうど良い(私は絶対見ませんけど、「プロジェクトX」がほしいという人は多いのかな)。
こうした番組、歴史物や経済ものになると、必ずしも妻と好みが一致するわけではないですし、自宅にいるとどうしてもWEBを眺めたり雑誌を手に取ったりで「ながら鑑賞」になりがち。せっかく家族と一緒なのに、自分だけの趣味時間を増やすのは容易ではありません。リビングでしか見られないのではなく、好きなときに好きなところで見られるようにさえなれば、もっと多くのコンテンツを楽しめるはずです。

さて、この手のNHK番組のDVDって3800円あたりが相場です(「地球大進化」とか「プラネットアース」あたりですね)。映画の低価格化が進んでしまったいまとなっては、DVDとしてはかなり高価といえるでしょう。映画と違ってテレビ放映やグッズ販売などの商売としてのすそ野が狭い分、高くなるのは仕方ないとしても6巻セットなどともなると勇気のいる金額です。
とりあえずNHKスペシャルのおいしいところを、1番組あたり500円くらいでiTunes Storeで売って下さいな、というのが私の希望。で、DVDを買った顧客には、なにせ3800円もするんですからiTunes Storeで使えるクーポンをつけてもらえませんか。ポータブルデバイス用のデータくらいはおまけでも良いでしょ(やらないだろうなあ、と思いつつ書いてます。かりにiTunes Storeでの販売が始まったとしても、1話2000円といった人をバカにした価格になるんですよ...)。

iPodや携帯電話など、「外出先で動画を楽しむ」ための機器はかなり普及してきました。一方で、見直しの方向とはいえ、現行のコピーワンスは「タイムシフト視聴くらいは認めてやろう」といわんばかりの姿勢。これでは、かえってプロテクト解除などの行為の拡がりを招くように思えます。
リビングルームでゆっくりとテレビ番組を見る時間など、これからはそうそう増えません。視聴方法のフレキシビリティを高めることなしに、コンテンツの市場を広げることは非常に難しいといわざるを得ないでしょう。
iPodとiTunes Storeによって「動画を外で見る」社会の扉は開かれつつあります。

先日読み終えた本のタイトルにかこつけて、現時点での私にとっての「世界最高」について考えてみました。
もちろん、あまたあるジャズレコードの中からたったひとつを選ぶのは難しいです。体調や精神状態によっても異なる選択になるでしょうし、年を経るとまた違った結論が出るでしょう。あくまでも現時点では、ということでしかありませんが。

昨年iPodを買ってから、手持ちのCDをiTunes経由で取り込んでほぼ毎日聴いているのですが、先月くらいに突然「ぁ、これだ」と思ったのが次の一枚です。

 「グリニッチ・ヴィレッジのアルバート・アイラー」

これをはじめて聴いたのは20歳のころで、たしかアパートの近所のジャズ喫茶でかかったもの。「Truth is marching in」を聴いた記憶があるので、おそらくB面がかかったのでしょう(もちろん、当時はレコードです)。
ちょっと気になったので後日レンタルレコード店で(こんなものがレンタル店にあったというのが、いかにも学生街ですが...)借りてきて何度か聴きましたが、音量を上げて聴いていたら、近所から大家さんに苦情がきたのははっきりと憶えています。
CDも社会人になってわりとすぐに買ったくらいで、気に入っていたのはたしかですが、繰り返し聴いたというわけでもありません。おそらく聴いた回数なら「アガルタ」あたりのほうがはるかに多いでしょう。

この演奏、今年に入ってから5回ほど通して聴いて、以前よりもすっと入ってきた感じがします。理屈抜きで、音量を上げて聴いていると下腹のあたりから喜びがあふれてくる感じ。

私は天の邪鬼なもので、君は世界にたったひとつの花だから争うのをやめようとかいった偽善的な歌を聴くと気持ちが悪くなるほう。それが好きなかたがたの感性を否定するつもりはありませんが、私自身は嘘や裏切りや挫折がたくさんある世の中を、無理に別の嘘で塗り固める必要なんかないんじゃないかと思ってしまうのですね。

アイラーの演奏には嘘がない、私にはそう感じられます。彼が本心を押し隠して無理に楽しそうにしているなら、あんな感動的な音は出せないでしょう。
実際の暮らしでは辛いことのほうが多かったとしても、浮き上がってくるアイディアが本質的にポジティブなものだったからこそ、演奏自体はとても美しく、調和し、聴く者の心をゆっくりを浮き上がらせ支える強さをもっています。
フリージャズがどうとかいった、ジャズファンが大好きな蘊蓄話は、この演奏については全く役に立たないどころか、有害でさえあります。ただ、聴けば良い。
この力強い演奏を、フリージャズの名盤だとか60年代のムーブメントがどうといった言葉で語ることは、むしろ音楽のもつ可能性を閉ざし、狭い範囲に押し込めるもののように思えるのです。

おそらく、これは何十万枚と売れるベストセラーになる音楽ではありません。むしろ、ちょっと油断するとあっという間に店頭から姿を消してしまう、ロングテールの真ん中あたりに位置するものだと思います。
なので、私は「見つけたら買え! いつか気持ちよくなれるから」と強く強くおすすめするものです。

と、大きく振りかぶったタイトルですが、ホントにそうかどうかはどうも自信がありません。「勝ち負け」が商売としてのものなら、勝てる可能性は十分にあるのかも。
音楽をパッケージから解放することには多くのメリットがある一方で、購入者にとっては失われるものも多くて、なかなか逆転できないんじゃないかな、ということです。
レコードやCDというパッケージによって「音楽を買う」ことを身につけた消費者が中心を退くまでは、オンラインでの配信って「高音質で便利な有料エアチェック」じゃないかと思うんですよ。この感覚の差がけっこう大きいんじゃないかと。

私が好きな音楽は、1950年代から60年代までのジャズですが、この時代を代表する作品の多くが、続々と廉価版CDとして店頭に並んでいます。希望小売価格で1500円~1800円ですが、私が良く行く新星堂では2枚以上買うと20%割引(ただしスタンプ対象外ですが)になるので1200円~1440円と、夢のような低価格。
J-POPのファンには申し訳ないですが、私にとっては日本のCDは決して驚くほど高価じゃありません。流通コストや在庫コストなんかを考えれば、まあ納得のいく水準です。もちろん、安いに超したことはありませんけど、1200円ですよ。もう良いじゃんこのくらいで、って思います。
もっとも、iTunes Music Store(iTMS)ならアルバム単位で900円で買えるものも多いのですが、なぜわざわざCDを買うかは、あとのほうで書きます。

学生時代、あるいは独身のころからレンタルレコード店・レンタルCD店はありましたが、私はそれほど熱心な利用者ではありません。
とくに、CDの時代になってからは顕著なのですが、レンタル店の店頭にあるのは一定以上の回転率が見込める商品ばかりで、「ちょっと聴いてみたいな」と思えるジャズのCDはまずなかったからです。
むしろ、FM放送のほうがなかなか入手できないレコードをかけてくれたりしましたから、貴重でしたね。ジャズだけでなく交響曲なんかも聴くんですが、クラシックのライブものなんて毎日のようにいろいろとかけてくれていましたから。

多くのかたが賛同して下さるかどうかは別として、私はiTMSでの音楽の購入は、CDを買うのとは違っていて、有料のエアチェックのようなものに思えるのです。
それは圧縮された音質がどうとかいった明確な差ではなく、全く感覚的なもの。得られる利便性や手軽さから有料であることには全く抵抗はありませんが、かといって「ほしかったレコードを買う」というエクスペリエンスは得られません。
ブルーノートのCDがiTMSでは900円、新星堂で1200円とすると、私にとってこの「エクスペリエンスの対価」は300円分以上の価値があることになります(肝心の音楽は、結局iPodで聴くのだから手間が多いくらいのものです)。

エクスペリエンスの中身を切り分けてみると、次のような感じでしょうか。
・たくさんの在庫の中から「いまほしいこの一枚を決める」購買の過程
・パッケージを手に「早く聴きたいなと期待」しながらライナーノーツなどを読む帰路
・自宅の棚に並べて「ああ、だいぶそろってきたよなあ」と感慨にふける時間
iTMSでのダウンロード購入は、あまりにお手軽で上記がすっぽりと抜け落ちちゃうんですね。結果として、トータルでの楽しみは大いに減殺されちゃっているように感じられます。いわば、「音楽を楽しむ」という行為にはパッケージの選択と購入、保存という行動も含まれています。こうした行動が変わるには、それなりの時間がかかります。

そんなわけで、音楽がCDというパッケージから解放されて流通するのが当たり前になるまでには、業界の利害関係などを無視したとしても、まだまだ時間がかかるように思えるのです。
オンラインの音楽配信が、これまでのパッケージメディアの購入とは違ったエクスペリエンスを実現したときに、本当の変化がやってくるんじゃないでしょうか。

出会い系書店

| コメント(0) | トラックバック(0)

世の中には才能のある人というのはいるもので、ブログのエントリひとつをとってもうまく書くよなあ、と感心させられることが多いです。
で、読むたびに感心してしまうブログのひとつに、私の大好きな「本屋さん」の話題が。

 インターネット時代に本屋はどうやって生き残るのか(On Off and Beyond)

近所の優良書店は「心のオアシス」との表現がありますが、オアシスとまでは行かずとも、そこそこまともな書店が徒歩圏内にあるというのは、私の生活にとってものすごく大事なことです。
もっとも、駅前や住宅地の独立した書店は日本でもかなり厳しい経営環境に置かれているでしょうし、顧客から会費を集めて、というKepler'sの試みが転用可能かどうかは、かなり難しいといわざるをえないでしょうね。地域図書館や学校などと一緒に、地道に本の魅力を伝えていくしかなさそう、でも困難ですね(そんなわけで、需要のおいしいところだけをすくい取る「ブックオフ」では買いたくないわけです)。

それはそうと、上述のエントリの最後のほうに、こんな一文が。

ちなみに、Kepler'sは「本好きのナンパ場」としても機能している。 「あ、その本、面白いですよね」 みたいな会話から出会いを生み出すという、老若男女の真摯な試みが日夜行われている場所なのだ。(これホント。平日夜、土日など試すあるよろし)。

書店に限らず図書館でも良いのですが、偶然同じ本に手を伸ばした相手が内気そうだけど可憐な本好きの少女で...みたいな妄想って、本好き少年のほとんどが一度は抱いたことがあるんじゃないかと思います。いやもう、私が中学高校くらいのころは毎日そんな妄想ばっかり。
まあ、そういうのって映画とかアニメの中の、しかも相当陳腐な設定だと思っていたんですけど、ちゃんとやってる人がいるんですな。「心のオアシス」がなくなるだけでなく、本好きの異性との出会いの可能性が大幅に減っちゃうわけだから、そりゃ、会費だろうが寄付だろうが、喜んで払うかも?

でも、本好きって度合いにもよるんでしょうけど、それぞれ好みがはっきりしているので、些細な趣味の違いや見解の相違から対立が先鋭化して、せっかく出会っても長続きはしなさそう。
あ、そしたらまた新たな出会いを求めて本屋さんをうろつけばいいわけか。半年ごとに哲学系、ミステリ系、純文学系、歴史系とか、いろいろとバリエーションが楽しめそうですが...

私はコーヒーが好きで、休みの日に一日中家にいると5~6杯も飲みます(しかも、大きなマグカップで飲んでいるので実質10杯分に近いですね)。

飲み過ぎるのは好きだからというのもありますが、わが家のコーヒーメーカーが10~12杯同時に作れる大型のもので、最低4杯分から、という仕様になっているから(この4杯は、私のマグでの2杯分にあたります)。毎回必ずマグに2杯分のコーヒーができ、時間をおくと不味くなってしまうので急いで飲む。しばらくしたらまた飲みたくなって...という次第。
もちろん、豆は毎回保管用のキャニスターから取り出して電動ミルで挽くので、手間もかかっていました。ミルのまわりの掃除も面倒。

もっと手軽に一杯分ずつコーヒーが入れられればいいのですが、さすがに街中のコーヒーショップで使っている業務用のマシンを置く場所などありません(それ以前に、機械もメンテナンスも個人ユースでは高額で非効率でしょうし)。
そんなわけで、ちょっと前に以前から気になっていた「ネスプレッソ」を購入して使っています。

念のため解説しますと、専用のカプセルに入った豆を使って一杯分ずつ抽出する家庭用のエスプレッソマシンです。
豆は12種類くらいあって、好みの味が選べるようになっているほか、季節ごとのスペシャルブレンドが限定販売されるのも楽しみのひとつ。アルミ製のカプセルに密封されているので、風味が落ちにくいのも利点です。
通信販売の他、いくつかの百貨店にある「ネスプレッソ・ブティック」だけで扱われており、私は銀座三越のブティックで購入しています。カードの5%割引がけっこう大きいことも理由ですが、ブティックでのカプセル購入時に、混雑していなければ試飲ができることも魅力のひとつ。買い物でくたびれたら休憩がてらカプセルを買いに行けば、お茶とチョコレートにありつけます。

これなら飲もうと思ったら30秒後には(電源を入れてから抽出可能になるまで20秒ほどかかるので、電源入れっぱなしなら10秒でOK)準備ができます。夫婦それぞれが違う味のを選ぶのも簡単。
オフィスなんかでもこいつが置いてあると良いのですが、さすがに一杯60~70円+電気代ではちょっと割高かな。ただし自動販売機のカップコーヒーは70円とか80円のわりにマズイですから、小規模でお金の管理ができるか、高収益で福利厚生でいけちゃうならかなり良いかもしれません。うーん、ネスプレッソがいつでも使い放題の事務所で、仕事したいなあ...

7月のはじめにケーブルテレビがデジタル契約に変更され、依頼、J:COMデジタルで「ディスカバリーHD」を楽しんでいるわけですが、いくつか不満もあります。
ひとつは、従来アナログでみられていたチャンネルの画質が、低下したように感じられることです。アニメーションなどでも、場面の切り替わりが激しい場面ではネットで高圧縮の動画をみているのかと思うくらい、ひどいノイズが目立ちます。ドキュメンタリー番組でも、並木道や林を走り抜けるシーンなど、みていて気持ちが悪くなるほど。

こうしたチャンネルはもともと低いビットレートで流れているのでしょうね(DVDレコーダーの低画質設定と変わらないくらいですから、2~3Mbpsってところでしょうか)。
実はアナログ契約のころからひどい画質だったの、が気になり始めただけなのかもしれませんけれど、この超低画質番組にコピーワンスの制約をかけるのって、かなりひどいんじゃないかな。まあ、画質と著作権保護は関係ないんですけど。

もうひとつの不満は番組ガイド(EPG)の画面です。
番組表は断ってしまったので、番組ガイドを呼び出して好みのものがないかを探すのですが、この際にBSデジタルや地上波デジタルが同じチャンネルで2~3列を使うのですね。リモコンで左右に画面を送る際に鬱陶しいことこの上ありません。
WOWOWのように3チャンネルで別番組をやることもあるならまだしも、同じ番組を流しているだけなのに...と腹立たしくなります。私が地上波デジタルにせよ、BSデジタルにせよ、フジやらTBSやらの番組はほとんどみないので、よけいに強く感じるのかもしれません。番組表に表示するチャンネルをカスタマイズできれば、良いんですが。

みている番組ですが、圧倒的に増えたのがWOWOWの映画です。
EPGが(上述の不満はあれど)けっこう使い勝手がよいので、予約録画を多用するようになりました。週末にはだいたい3~4本を消化せねばならず、映画漬けに近い状態になっちゃってます。

そしてもちろん、ディスカバリーHDを見ている時間が圧倒的です。
DVDを買おうかと迷っていた「エイリアン・プラネット」や恐竜もののシリーズが(SDのディスカバリーチャンネルも含めて)放映されるので、実にありがたいです。こんなんじゃ、DVDが売れなくなっちゃうんじゃないかと心配。
あと、毎回みているわけではありませんが、朝放映されている「世界の日の出」がけっこう良いですね。なんの解説もなく(文字情報がちょっとだけでますが)世界の景勝地の夜明けの風景をただ流しているだけの番組ですが、これが意外とはまります。録画したものをかけ続けていると、いつのまにか2時間くらい経っちゃったり。
「世界の日の出」をもっと高画質でみるために、HD対応テレビがほしいくらいですね。

まあ、いくつか不満はあるのですが、J:COMデジタルには一応、満足しています。

この映画、公開時に劇場でも観ていました。
内容は19世紀末のロンドンを舞台とした大活劇で、3代の壮大な親子喧嘩やかわいげのないヒロイン、そして容赦ないロンドンの破壊など、お話としては実に痛快。当時も大満足して立ち上がった記憶があります。

ところが、この作品は思ったほどの評判にならず、amazonでのDVDの評価やブログなどを見ても、悪評のほうが目立つ感じ。
まあ、感性は人それぞれなので私が楽しんだ映画を誰もが気に入るわけではないし、悪評があっても私自身の作品の受け取り方が変わる訳じゃありません。

ただ気になるのは、こうした悪評にほぼ共通したパターンがあることです。それは以下の二つ(ちょっと極端にまとめちゃってますが)。
・ヒロインに魅力がない、あれならいない方がマシ
・脚本が良くない
いや、実際に見てこう感じたかたがそのように書くぶんにはかまわないのです。私が疑問に感じたのは、これって作品より前にこうした評判に触れ、予見をもって判断を下しちゃってるんじゃないか、ということ。

確かにヒロインのスカーレットは、ディズニー作品のようなわかりやすく親しみやすいキャラクターではありません。
けれど、ワガママ放題に育てられた金持ちのお嬢さんが、ああいう性格に育つことだってあるでしょう。たった一日か二日の物語の中で、急に性格がかわいらしく変化するのはむしろ不自然ですから、あのままで良いじゃないですか。
そもそもあの物語で、最初からスカーレットが戦いに異議を唱えて祖父の会社に逆らったり、主人公と意気投合して恋に落ちて...なんていう「わかりやすい」行動を取ったら、かえってつまんないんじゃないかな。

次に脚本について。
まあ、確かにはしょりすぎのところもあるし、人間関係がきれいに敵味方にわかれていないし、ロンドンを破壊したのに当事者は逃げおおせちゃうしで、疵がないわけではないでしょう。
とはいえ、「脚本が悪い」という意見の多くは、単に「悪い、ひどい、全然ダメ」と唱えるだけで、どこがどう悪いか、どうすれば良かったのかについて触れていませんでした。どちらかといえば、だれかが「脚本が悪いよね」といったのをなぞっているように思えます。

この作品に限らず、映画、音楽、小説となんでも同じですが、事前に他人の評価を見聞きして、その意見に引っ張られてしまうのは良くありがちで、非常に危険なことだと思います。
映画を観ながら「なるほど、脚本が悪いな」などと思っている自分を発見したら、それがだれかの意見に追随しているだけなのか、本当にそう感じているのかをきちんと見定める必要がありそう。

なお、「スチームボーイ」について上記のような評価を下しているかたがたを、「他人の評価に左右されている主体性のない奴ら」とけなしているわけではありません。
あまり似たような評価が並んでいるのを見て、こんなことも考えられるな、というだけのこと。誤解のなきようお願いします。

先日、フルスペックハイビジョンという言葉と、テレビに関する雑感をエントリしました。

 「フルスペックハイビジョン」を巡って

ようは、1080iの放送は1080ラインあるテレビで観たい、出ないとなんとなくソンした気になる、というのが私のイチ消費者としての感覚。で、それにうまくマッチしているのがシャープや東芝の「フルスペックハイビジョン」という売り方です。
これに対してハイビジョンの定義とやらを持ち出して、フルスペックという表現は良くないだのと場外乱闘を仕掛けることを、私は理解はできるが尊敬できないやり方だと感じています。

少し古い記事ですが、インプレスの「AV Watch」に、松下による「フルHD」への考え方が読める記事を見つけました。

 大河原克行のデジタル家電 -最前線- ~ 松下が50型以下にフルHDは不要と断言する理由 ~

私はもともと液晶テレビの画質が好きではありません。ギラギラと明るすぎて落ち着きがないし、プラズマと比べてノイズっぽく感じます。
これだけ価格が下がってきているにもかかわらず、「フルスペックハイビジョン」の大型液晶テレビに飛びつかないのは、ひとつには店頭で数分観ているだけでもアラの目立つテレビに30万円ものお金を払うことに疑問を感じるからです。本当なら、先週から視聴できるようになった「ディスカバリーHD」のためだけにでも、すぐにでもHD対応のテレビがほしいのですが。

無理にフルHD化した液晶テレビよりも、50インチ以内くらいならプラズマの従来機のほうが優れた画質で楽しめますよ、という松下のメッセージは理解できます。私が店頭で感じるのと同じ結論。
けれど、だから「50インチ以下ではフルHDは不要なんです」という結論に飛びつかれては困ります。1080ラインある映像を、1080ラインあるパネルで美しく見せるのが本来の姿であって、768ラインで見せるのは技術的な発展段階にあるから、というだけ。不要なのではなく、今のところ現実的ではないだけでしょう。

こうした説明を行いつつも、松下の社内では40インチクラスにフルHDプラズマ機を投入するための準備が進められているはず。
ただ、すぐに市場に投入できる段階にはないので、今のところは「1366×768」のパネルを売り続けるしかない。それゆえカタログ上のスペック比較では劣って見える機種が、実際に劣っているわけではないと主張せざるをえない。それだけの話だと思います。
苦しいところですが、ここは松下がすぐには対応できない価値に競争のフィールドを設定したシャープのうまさを認めるしかないでしょう。

私の希望は、液晶より高くたってかまわないのだから、40~45インチクラスのフルHD解像度をもつプラズマテレビを早く投入してくれること。
さすがに100万円では買えませんが、プラズマの画質の良さは店頭で確実に伝わるのですから、プラス10万、15万円は正当化できない価格ではないでしょう(それが実現困難だからこそ、まだ登場していないのでしょうが)。業界団体で騒いでみたり、フルHD不要論をぶちあげたりしていないで、ぜひとも早くお願いしますよ!

転勤族の私は賃貸の集合住宅に住んでいるのですが、このたびこの住宅が契約しているケーブルテレビがデジタルサービスに切り替わりました。
地上波デジタル放送やBSデジタル放送も観られるようになり、これはこれでありがたいのですが、なんといっても嬉しいのはケーブルテレビのチャンネルに「ディスカバリーHD」が追加されたことです。

私はもともと、ケーブルテレビでは「ディズニーチャンネル」や「スーパーチャンネル(7月から「スーパードラマTV」)」、そしてディスカバリーチャンネルとアニマルプラネット、ヒストリーチャンネルばかりを観ています。
今日から観られるようになった「ディスカバリーHD」は、その名の通り「ディスカバリーチャンネル」のHDTV版。HDで撮影された番組ばかりが放映されているわけ。

残念なことに、我が家のテレビは10年前に購入したブラウン管のSD画質のもの。せっかくのHDTV番組も、ちょっときれいなSD画質で観るしかありません。
しかし、もともとケーブルテレビのSD画質は圧縮された低画質だったこともあって、その改善度合いはかなりのもの。十分に美しい映像を楽しめます。

今日の夕方からも、アフリカの自然保護区やパリ、ヴェネツィアの豪華なホテルなど、今すぐにでも旅行に出掛けたくなるコンテンツが目白押し。地上波のつまらないバラエティ番組などSDでもHDでも変わりませんが、こうした映像の美しさを楽しむ番組なら画質の向上は大歓迎です。
HD画質で観られるわけでもないのにコピーワンスの制限がかかったのは非常に不満なのですが、まあしかたありません。近い将来にもう少しリーズナブルな規制に変わってくれることを信じましょう。

あ、もちろんNHKのBSハイビジョンも観られるようになりました。
FIFAワールドカップも、準決勝と決勝、3位決定戦は比較的高画質で楽しむことができそうです。
こうなると、HD対応のテレビがほしくなってしまうのが大きな問題ですね、37インチクラスのものなら相当安くなっているのですけど。

わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管の28インチ。ときおり映っている人物の顔が紫色になったりするので、いい加減買い換えの時期になっています。
それでも我慢して使っているのにはいくつか理由があります。
たとえば、薄型の大型テレビがあまりに急速に低価格化するのでもうちょっと待ってみようという様子見、あるいは、いまの住まいでは地上波はケーブルテレビで配信されているのでテレビを買い換えても映るのは地上波のSD画質だということも大きいです。今さらSD画質のテレビを買ってもしょうがないですし。

上記よりも大きな理由がふたつあって、ひとつはいわずとしれた地上波デジタルの「コピーワンス」。ちょっと調べたところ、これはいま契約しているケーブルテレビでも同様で、ほぼ全チャンネルにこの制限がかかるようです。
技術の進歩によって不便になるサービスというのが、全く理解できない。犯罪を取り締まるのではなく、全員を犯罪者扱いするというのはCCCDと同じ発想ですよね。そんなのが長続きするはずがない、させてはいけない。
それに、一部を除いてはデジタルになっても従来のSD画質で放映されているだけですし、市販のDVDソフトだってSD画質。急いでハイビジョンにする必要が私にはないのです。

ふたつ目の理由が今日の本題で、仮に地上波デジタルなどのHD画質番組を観るとしても、いま売られている「ハイビジョンテレビ」のほとんどが走査線1080本の1080iを、「1366×768」といった解像度に間引きして映しだしているもの。
そりゃあ、720pだってハイビジョンだとか、間引いたって鑑賞距離ではそれほどの違いにならないといわれれば、そうかもしれません。CDを買っても聴くのはiPodでAACやMP3の圧縮音源じゃないかと指摘されればその通りです。
とはいえ、放送局から送られてくる信号を、わざわざ間引いて多少なりとも画質を低下させて観るのってなんかこう、癪じゃありませんか。うまくいえないけれど、ソンした感じ。1080iなら1080iで観たいじゃないですか。

そんなわけで、「ハイビジョンテレビ」やレコーダーを買うなら、コピーワンスなどというふざけたしくみがなくなったあとで、「1920×1080」の解像度をもつパネルにしたい、というのが私の希望です。
とはいえ、前者はそうそう簡単にはなくならないでしょう。放送をダビングできず、HDDレコーダの容量が不足するので一定時間で消される、現状ではムーブできるにしても画質の低下するDVDか、普及率の極めて低いD-VHS、というのは、コンテンツを再放送し、DVDなどのソフトとして売りさばくには素晴らしい環境だから。
なので、せめて後者の条件は満たしておきたいと思ってます。たぶん購入したら10年ぐらいは使うでしょうから、あまり中途半端なものを価格を優先して選ぶのはやめとこう、と思ってます。

余談ながら、コピーワンスについては地上波デジタルがどうというよりも、動画コンテンツのネット配信が始まるときに、コンテンツホルダーと利用者との新たな妥協点が探られるんじゃないか、と期待してます。もともと、地上波で私が観たい番組など、「プラネットアース」のような例外を除いてはほとんどなくなっているのですから。
毎日観ている「おはよう日本」はSD画質で十分ですしね(笑)

ただ、パネル解像度の低いテレビでも売らなければならないほうは、私のような客が増えるのは困るようです。

 「フルスペックハイビジョン」で論争 呼称めぐり(asahi.com)

なんだ、ほとんどの「ハイビジョンテレビ」は、本当のハイビジョンじゃなかったのか、という認識は、「1920×1080」のパネルをもたないメーカーにとっては悪夢でしょう。いまは液晶で37インチがフルスペックのパネルの下限ですが、32インチももうすぐ出るかも、値段が下がるかも、という買い控えは避けたい。
プラズマディスプレイでは、37インチなどのサイズでのフルスペックパネルはまだ出ていませんしね。いまの状態だと、「フルスペック=高画質=シャープ亀山工場」というイメージが定着しかねない、それはいかん、というのが他メーカーの本音なのかな。まあ、商売としては良く理解できますけど。

無論、画質はパネル解像度だけで決まるものではないでしょう。私は店頭で見る限りは、ギラギラと明るい液晶よりもプラズマのほうに好感を持っています。
フルスペックパネルよりも、きれいに見えるテレビだってあるのかもしれません。でもそれは、雑誌の評価記事やらネットでのクチコミ、そして店頭での比較などを通じて選択されるもの。フルスペックのパネルだから、というだけで10万円を追加で払う客ばかりでもないはず。
「プラズマ陣営」はじめシャープにイチャモンをつけている各社は、そんなことしてないで、もっと魅力的な商品を作り、ユーザーに伝えるほうに資源を投入したら良いんじゃないでしょうか。ただ儲かっている会社よりも、尊敬される会社のほうが従業員もやりがいが出ると思いますよ。

Happy Aperitif!

| コメント(0) | トラックバック(0)

今日は六本木ヒルズで行われた、「ハッピー・アペリティフ」のイベントに行ってきっました。

17時からの第2部の前売りチケットは3500円。これでアミューズ10種、ワインなどの飲み物4種、そしてチーズと引き替えられるクーポンを受け取り、たくさんのテントで好きな食べ物と飲み物を選びます。
ちょっと風がありましたが、天気にも恵まれてなかなか快適な気候でした。5月に入ってから雨天続きだっただけに、こうしたイベントが晴天に恵まれたのは良かったです。

クーポンが不要なワインもけっこうたくさんあって、小さなカップで10杯ほども飲んだでしょうか。
ゆっくりと食べながら飲んだのでそれほど酔いも回らず、おいしいアミューズを堪能できました。
食べ飲むのに忙しくて、ソムリエの田崎さんやシェフの石鍋さん、坂井さんの話もちゃんと聞いていませんでしたが、大満足です。

来年も、6月の最初の木曜日にイベントが行われるそうですので、必ず行きたいと思います。

小ネタをひとつ。

私はスタートレックのファンで、「U.S.S. Kyushu」などもよく見ています。
ここの掲示板では、すでに放映されたエピソードの感想なども書き込まれているのですが、そのエピソードをまだ見ていない場合には読んでしまわないよう、「ネタバレ注意!」などの注意書きが付されています。
これは、推理小説などの感想を書く掲示板やブログでも同様で、注意書きなしに犯人を明かしたりと行った行動はかなりの非難を浴びるものと認識しています。

で、気になったのが今朝のNHKのニュースです。
もうすぐ公開される映画「ダ・ヴィンチ・コード」についてカトリックの団体が非難の声を上げていることを報じるものだったのですが、その中でこの作品のキモともいうべき謎を平然とばらしてしまっていたのですね。
たしかに、ストーリー展開やアクションなど、映画の見所はたくさんあるのでしょうから、主人公が追いかける謎をばらしたからといって映画への興味がゼロになるわけではありません。しかし、原作を読んでおらず白紙の状態で映画を観ようと楽しみにしていた人にとって、このニュースは楽しみを台無しにするものといって良いでしょう。

たしかにカトリック団体からの非難について報じる上で、この謎について触れなければ視聴者にとっては「いったい何が問題なのか?」という反応にしかならないでしょう。
しかし、それだって「作品にカトリックの教義や公式見解に反するアイディアが含まれている」といった程度の表現で代替することは可能だったはずです。
そもそも、わざわざ朝のニュースで取り上げるほどの事件か、という疑問さえあるのですが、平然と作品の中心となる謎を明かしてしまったNHKの報道姿勢には、かなり疑問を感じました。
映画配給側にとっては、こうして取り上げられることで映画の宣伝ができるメリットのほうが、大きいのかもしれません。いずれにせよ、観客の意向はまったく無視されているわけですね。

「プラネット・アース」でNHKを褒め称えましたが、こういう間抜けな報道はいかんでしょう。

昨夜(5月7日)から待ちに待ったNHKスペシャル「プラネットアース」の第1回放送4回分がスタートしてます。
もちろんハードディスクレコーダでビットレートを上げ、高画質で録画体制も万全。入浴も早めに済ませて観た初回放送には、期待通りの映像のすばらしさに圧倒されました。

今回の番組での最大のポイントは、高度な某新装置に取り付けた超望遠カメラで、高々度のヘリコプターから撮影する動物の姿です。空からの撮影によって、動物たちの行動への影響を最小限にし、しかも広範囲を俯瞰する映像は未体験の「神の視点」とさえいえるものです。群からはぐれてさまようアフリカ象と、俯瞰してみればすぐ近くに見える群との絶望的な距離感は衝撃的でした。また、カメラを固定して季節ごとに撮影した映像を合成することで、風景を見渡しながら同時に季節変化を体感できるなど、非常に新鮮なものです。
この番組は可能なら「映画館で観たい」とさえ思います。大画面と整った音響設備でこの映像を体感してみたい。それくらいのものでした。

私はもともとこの手の番組が大好きで、NHKの放送受信料も納得して支払ってます(反発を買うかもしれませんが、安いくらいだとさえ思います)。
昨夜の初回放送は、見終わってみると全体のイントロダクション(悪くいえば長い予告編)のようなもので、実質的には今夜の第2回から本格放送といえそうです。それでも、この新シリーズのショーケースとして申し分のない充実した内容でした。
欲をいえば、それぞれの動物の生態や自然環境の変化が、どのような理由や原理に基づいているのかの解説があればさらに理解が増すように思います。それを番組の中でやるかどうかは別ですが、たとえばWEBサイトに解説ページをおくだけでも良いですから。また、DVD化に際しては1回につき1枚として解説番組をカップリングし、各パートから飛べるようになっていたら、低価格化が進行する映画と比べて値段の高さが目立つNHKのDVDソフトの価格にも納得できようというもの。

もうひとつ悔しいのは、この映像をSD画質で観ていることでしょうか。
わが家のテレビは10年前に購入したブラウン管方式で、そろそろ画面のあちこちでときおり発色がおかしくなるなどあちこちにガタがきています。
買換の検討時期ではあるのですが、どうせ買うのなら1080iの映像をしっかりと再生できる高画質のものがほしいので、高額になってしまうのですね。店頭で比較すると液晶よりもプラズマのほうが絵が好みなのですが、1920×1080ピクセルを持つプラズマディスプレイはまだ大きく高価です。
とはいえ、「プラネットアース」のような力強い映像を観てしまうと、細かいことは気にせずに価格が下がってきた普及版の"ハイビジョン対応テレビ"でも良いか、という気にもなってきます。買ってしまえば10年は使うものですから、あまり性急に結論を出さないよう、ここはじっと我慢が必要なのですが...

いぜれにせよ、今回、今秋そして新年と3度にわけて放映される「プラネットアース」は必見。
NHKさん、ぜひともHD-DVDでもブルーレイでもどちらでもかまわないので、解説コンテンツ付き高画質でのソフト化をお願いします。1回につき8000円までは払いますから。あと、できれば現行のSD画質のソフトは1980円くらいに下げて下さいな。

前に携帯音楽プレーヤの音量と難聴の関係について書きました。
耳栓型のイヤホン(カナル型と表記されることも多いです)のSHURE E3cを使っているのですが、これの遮音性能はかなりしっかりしており、音楽を鳴らさなくとも耳栓として機能するほど。
今日は、このイヤホンのありがたみを強く感じました。

出張のため朝の新幹線に乗ったのですが、車両の後ろ半分がどこかの高校の団体で占められていました。修学旅行にしては少人数で、ひとクラス分といったところ。
それでも、高校生が同じ車両に数十人も乗っているのですから、静かにしていてくれるのを期待するほうが無理というものです。車内は終始騒然としていました。
引率の教師がいたのかどうか、無策だったのかどうかはわかりませんが、10分おきくらいに喚声が上がるもので、周囲の乗客はその都度振り向いては迷惑そうに顔をしかめていました。

私はといえば、遮音性能に優れたイヤホンのお陰で騒いでいることは認識できるものの実害はほとんどゼロ(それでも喚声が上がるのがわかったのだから、相当の騒ぎだったのでしょう)。
iPodのボリュームも普段と同じく20%前後のレベルでしっかりと音楽も楽しむことができました。耳栓としても、高性能のイヤホンとしても、実力をいかんなく発揮してくれたわけです。

今回うるさかったのは新幹線での団体客でしたが、通勤電車でも学生の集団や帰宅時の酔っ払いなど、騒ぎ声の発生源は日常でもあちこちにあります。携帯電話の着メロを高らかに鳴らす人も未だにいますし(前にも書きましたが、こうした人々がイヤホンからの音漏れ以上に周囲にとって迷惑な存在です)。
そんな輩にはきちんと注意をして、というのが正しい大人なのかもしれませんが、昨今それがきっかけとなって大けがをさせられたというニュースも目にします。もちろん、ひたすら我慢するのもストレス源になりますし、遮音性の高い耳栓型のイヤホンは、そもそも馬鹿者に気付かずに済み、ストレスをためない知恵でもあると思うのです。

こんな記事が目にとまりました。

 「MP3プレイヤーの音量は小さめに」--難聴の専門家らが警告(CNET Japan)

ウォークマンが登場した頃からずっといわれ続けていることのようにも思われますが、改めて注目されているのでしょうか。

携帯プレーヤで音量が大きくなりがちなのは、周囲からの雑音をかき消すため、という人も多いんじゃないかと思います。
しかし外からの雑音が気にならないということは、外に雑音を発する側になっていることでもあります。誰もが密閉型ヘッドホンを使っているわけではなく、ほとんどの場合はオープンエア型の耳に引っかけるタイプのイヤホンを使うのですから、音漏れは避けがたい。
遮音性が低いから雑音が気になる、気になるから音量を上げてかき消そうとする、音量を上げすぎて難聴を引き起こす、そして周囲には音漏れで不快感を呼び起こす、という悪循環が起こってしまうわけですね。

とはいえ、イヤホンからの音漏れが本当に迷惑なのは、横にいてもなんの曲かがわかるほどのかなり極端なケースだと思います。
たとえば電車の中、イヤホンからの音漏れよりも、酔っぱらったオッサンの下品な会話や堂々と読むエロ新聞、あるいはタバコ臭い体臭のほうがずっと迷惑じゃありませんか。こうしたオッサンを心の中で蔑んでいる人は多いのに、「エロ新聞は自宅で読むのがマナー」という話にはならない。ましてや、エロ新聞の読み過ぎで健康を損ねるということもない(もっとも、夕刊紙ばかり読んでいると知性には変調を来すものと思われますが...)。
ちょっと乱暴ですが、携帯プレーヤの音漏れが周囲に及ぼす迷惑よりも、難聴という、本人が抱え込むリスクのほうがずっと大きい。マナーというより自衛の問題ともいえるんじゃないかと。

解決策としては、周囲の雑音を効率よくシャットダウンし、比較的小さな音量でも音楽を楽しめる環境をつくることでしょうか、月並みですが。あとは聴く時間を少し減らしてみる。
前も書きましたが、私は耳栓のように使えるカナル型のイヤホンを使っています。遮音性は完璧ではありませんから、近くにいるオッサンの下品な「ぐわはははは」という会話はちょっと漏れてきちゃいますが、オープンエア型のものに比べれば雲泥の差です。
カナル型イヤホンは高価なものばかりではなく、比較的低価格のものでもけっこうな遮音性能が得られます。

自衛のため、というと「おれは難聴になってもかまわないね」などとうそぶく人も出てきそうですが、「タバコで肺ガンになるなら本望だ」という喫煙者のように強がっていても、あとで後悔するのは自分自身。
いまこの瞬間で音楽を楽しむために10年後20年後の聴力を落としてかまわない、と本心から思っているなら別ですが、周りの雑音のせいで音量を上げているのなら、とにかく遮音性の高いイヤホンやヘッドホンを試してみることをおすすめします(さすがにいやらしいのでアフィリエイトリンクは貼り付けません(笑))。

先日グーグルであれこれと検索をしていて突然マイルス・デイヴィスの格安ブート盤の情報を見つけました。なんと3枚組で1500円内外。
ブート盤とはいっても、なんとamazon.co.jpでも堂々と売っているものなので、海賊版ではないのかもしれません。けれど、内容としてはすでに発売されているDVD「Miles Davis - Live in Munich」の音楽を抜き出したものらしく(中山康樹氏の「MILES & MORE」2005年12月28日の記事より)、怪しさ抜群です(笑)

上記の中山氏の記事から観みても、どうやら昨年には出ていたようなのですが、あまり最新情報にアンテナを張り巡らしているほうではないのでまったく気付かずにいました。
内容としては1988年7月10日のミュンヘンでのコンサートがメイン(2枚半)で、これに1970年のワイト島での演奏を付け加えたもの。すでに発売され「マイルスを聴け! Version6」の670ページで絶賛されている「Miles in Munchen 1988」とは同日の別演奏ということです(上述の中山氏の記事より)。

私は1980年代のマイルスの演奏にはそれほど執着心はなく、むしろ1970年代の演奏のほうに興味があります。所有しているブート盤も70年代のものが多いはず。
しかし、1988年夏のマイルスには局所的に思い入れがあるのです。

この頃、日本では毎年7月の終わり頃に「Live Under the Sky」という野外ジャズフェスティバルが行われていました。
私が実際に聴きにいったのは1988年と1989年の2回でしたが、このうち前者にマイルス・デイヴィスが出演していました(このフェスティバルへのマイルスの参加は2回目で、初回の1985年の際はテレビで観ていました。ちなみにこの演奏はブートDVDをもっています)。よみうりランドの屋外ステージ、ステージから向かって左側のちょうど中間あたりの席で聴いていたのですが、野外フェスティバルの開放感もあって実に気持ちよく楽しめたのを憶えています。
ケニー・ギャレット(アルトサックス)やマリリン・マズール(パーカッション)などのバンドメンバーもかなりかっこよかった。マイルスは、どちらかといえばあまり張り切らずに、彼らに盛り上げさせておいて大事なところで"決め"に出てくる、といった感じだったので、「もう年だから体力ないのかもなあ」なんて思った記憶があります。

で、ないのですよ、この演奏を記録したブートが。あったらぜひほしいのですが、ない。
途中どの曲だったか、マイルスが美しいメロディーを吹いたところでどこかの馬鹿者が立ち上がって「マイルス、マイルス、マイルス、マイルス、マ~~~イルス」と叫びおって、すかさず周囲からたしなめられていました。あの馬鹿のせいでブートが出ないのだとしたらぜえったいに許しません。
ライブ盤が出たときに自分の声を入れようとでも思ったのか。

とりあえず近い時期の演奏ということで、冒頭に紹介した1988年7月のミュンヘンでの演奏、私にとっては大変に貴重なのです。もうひとつ同じメンバーの演奏を聴けるのが、同年7月7日のモントルー・ジャズ・フェスティバルでの演奏。こちらは20枚組のボックス・セットでしか聴けないのでその演奏のために買いましたよ。
もちろん、他の演奏も楽しんでますけどね(1991年のクインシーとの演奏は除きます、あんなのおまけでも要らない。逆に気に入っているのは同年のニースでのレギュラー・バンドでの演奏です)。

自分がその場にいたコンサートのライブ盤というのは、やはりそこそこの演奏であっても特別なものです。
生涯にマイルスのコンサートには2度しかいけませんでしたが、1983年の来日時の演奏はブート盤で入手でき何度も聴いています(他の素晴らしいライブ盤に比べると、内容としてはちょっと劣るように思いますが)。
というわけで、1988年7月のよみうりランドでのマイルスの演奏、きっとどこかにあるのでしょうから、ブート業界のみなさん、なんとか発掘して出してください。上述の馬鹿者の声が入っていても良いですから...


このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち音楽とその他の趣味カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは経営&経済です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja