その他ビジネス情報の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

本日、昼食を隣で食べていた勤め人らしきグループ。
うち、ごろっと太っていてメガネをかけた40~45歳くらいのオッサンがリーダー格で良く喋る。明らかに他のメンバー(女性を含めて3名)は、このオッサンが喋る出すと聞き役に回ります。
女性が海外旅行の話をすると1分も喋らせずに奪い取って自分の旅行話を、そして、一番年かさの男性が「息子が今年から大学生なんだけど、勉強もせずにバンドばっかりでねえ」とちょっとうれしそうにこぼしたのを、すかさず奪い取るや、大学生について持論を披露。

上記のオッサンAによると、「大学生なんて親から学費を出してもらうとありがたみがなくて、授業なんかでないで遊びまくるに決まってる。オレがそうだった。なので、この経験を活かしてうちの息子には入学金以外一切払ってない。あとは全部バイトしてやらせてる。そのおかげで、うちの息子は休講になると怒るほど立派だ。」

たしかに、アルバイトで学費を稼いで、親に負担をかけず、しかも休講になると喜ぶのではなく怒っている息子さんはかなり立派だと思います。
でも、自分が怠惰だったから息子も怠惰だと決めつけて、学費も払ってやらないのはどうなのよ。しかも、それを手柄話のように店中に響く大声で話のもどうなのよ。しかもそれって、「オレが怠惰なのは学費を出してくれた親の責任なんだ」てなことになりません?

そのあとはお決まりの展開が待っていました。
「だいたい、アメリカなんかは学生が自分で稼いで大学出るのが当たり前だよ。オバマなんかはそうやって大学出てるから根性あるんだ。リンカーンだって奴隷の家に生まれて奴隷を解放したんだ。日本の学生だって、親が金を出すべきじゃないんだよ」
えっと、リンカーンの家は奴隷でしたっけか? しかも学費と関係ないし。
さらにはオバマのようなアメリカの大統領になろうかという人と、一般人の日本人大学生を比較したってしょうがないと思います。ハイ。
あと、返済の不要な奨学金があったり、ステューデント・ローンが充実しているアメリカと、奨学金という名前の貸付と、親を対象にした学費ローンくらいしかない日本との環境の違いを無視して同じに語るのはいかがなもんでしょうか。

オッサンAが息子に苦労をさせて、お金の大切さを学ばせ、大学生活の充実させたいと願いのは勝手なのですが、かなり乱暴な論理展開でそれを日本人一般に適用すべきだと主張するのは、ランチタイムじゃなくてアフター6の居酒屋にしておいたほうが、無難だと思います。
こういうしょうもないブログでネタにされるだけですので。
そんなわけで、ランチタイムに周囲の雑談を聞いていると、けっこうこれに類したしょうもなくて、乱雑な意見をいろいろと聞けます。もちろん、それが同僚だったりするとけっこうもの悲しくもなるのですが(オッサンAはどっかべつの会社の人でしたが)。

この季節になると、ときおり見かけるのが汗でべっとりと濡れて肌が透けて見えるワイシャツの背中です。多くの人がスーツの上着を手にしていることから、営業などの上着が手放せない仕事なのだろうと思われます。
背中が透けて見えるということは、正面に回ればもちろんそれなりに見苦しい光景になっているわけで、他人事ながら「この人、これから客先行くまでにどうやってこの状態を修正するのだろうか」と疑問に思います。そういえば、私が大学を卒業してすぐに配属された事務所にもそんな人がいて、密かに「毎日ウェットスーツ」といわれていました。

ワイシャツ(というか、白以外のほうが多いのでビジネスシャツとでもいうのか)がもともとはジャケットの下に着るものであったことから、ファッションとしてはさらに下着シャツを着るものではない、という意見も根強いようです。
たしかに、薄手のシャツの下にTシャツが透けて見えているのは、ファッション的にはNGなのかもしれません。ときおり中高生が白のワイシャツの下に柄物のTシャツを着ているのを見かけますが、最近では目立たないものも増えてきています。

クールビズも定着してきて、夏場は上着なしのシャツ姿で通勤し、執務することが一般化してきています。「ワイシャツとは下着である」という原則論を振りかざせば、これはズボンを脱いでパンツを見せながら仕事をしているのと同じで、とんでもないことといえるのでしょう。
けれど、ここまで一般化している服装に対して原則論を振りかざしたってしょうがないですね。むしろ、スラックスや綿パンツとビジネスシャツという姿を、どう見苦しくしないかを考えるほうが生産的です。

街中でびっしょりと濡れたシャツ姿をさらしてしまっているかたがたが、「本来下着であるワイシャツの下に、さらに下着など言語道断」と信じているのでしたら、まあそれは勝手にやっていただきたいです。
でも、それなら人前でジャケットを脱いで下着姿になるのはやめたほうが良いんじゃなかろうかと思います。主張と行動は一致させるべき。
背中だけでなく、正面もいろいろと透けて見えたり、濃色のシャツで脇の下に汗染みを盛大に作ったり、半袖シャツの奧に脇毛を見せたりしながら歩くのは、「下着の重ね着」よりも見苦しい光景ではないのかな。紳士は見苦しい姿を人前にさらすものではないでしょ。

そうではなく、たんにファッション誌などからの「洗脳」や、一枚でも着衣を減らすことで涼しさを求めているのなら、通気性の高い下着シャツを着ることをおすすめします。
もちろん、この炎天下で出歩けば汗はかきます。けれど、下着が吸収した汗はわりとすぐに蒸散されるので、少し涼しいところで休憩を取れば肌が透けるような事態にはなりません。

本来ならこんな時期にスーツの上着を着て、ネクタイまで締めて外勤なんてやってられないと思いますが、2005年からの「クールビス」が4年目を迎えた今年になってもスーツ姿がやめられないのは、致し方ない事情もあるのでしょう。
ならば、「ワイシャツは本来下着だ」などとつまらない原理原則論を振りかざすより、高機能の下着を探して、少しでも不快感を軽減させるのが得策じゃないでしょうか。

先週とある日の昼飯中の話題です。
エアコンや冷蔵庫など、省エネ性能に優れた家電が毎年のように出ています。で、ちょっと古い機種を使っている場合、買い換えるのと使い続けるのとでは、どちらがより環境負荷が小さいのか。

古い機種を使い続けると、新しいものよりも電力消費が大きく、そのぶん発電のための温室効果ガス発生量は大きくなります。
では、買い換えるのが良いかとなると、古いものを廃棄するための諸々のコストがかかりますし、単純にゴミとなってしまえばそこに使われた資源の無駄ということに。しかもおかしな業者に処分を頼むと、不法投棄されちゃうかもしれない。

10年とか15年使い続けたもので、明らかに機能的にもエネルギー消費の面でも大きな差がある場合なら、まだ迷う度合いは少ないかもしれません。
それでも、「まだ使えるものを捨てる」ことには抵抗があります。あれこれ考えているうちに、「いまの最新機種と同等のものが、あと3年我慢すれば安くなるし」などという理屈も頭をもたげてきます(でも、その頃にはさらに優れた商品が出ているので、結局状況は変わらない)。

もちろん、平均的な製品寿命が切れるまで使用を続けることによる温室効果ガスの発生量と、廃棄にかかるそれとを算出し、比較することで合理的な判断が可能そうに思えます。
けれど、日常生活の中でそこまであれこれと考え、合理的に判断しているわけじゃありません。どちらかというと、「最近の冷蔵庫は長ネギがまるごと入れられる」「湿度をコントロールして快適に保てるエアコンなら暖房で乾燥しすぎない」など、新機能に関心があって買い換えたい、のですよね。それを省エネ性能が高いから...と正当化しようとしてるわけで。
豊かな社会に産まれた贅沢といえばそれまでなんですが。

食品の衛生管理は大事だ、けれど、それを逸脱したときに企業は必ず倒産させるか解体して切り売りさせねばならないのだろうかと疑問に思います。
今回の事例でも、また多くの人々が職を失うでしょう。問題ある衛生管理を指示し、黙認した人物をきちんと処分し、食品加工の仕事からはずすことは必要だけど、商品の品質を信じて販売してきた人が生活の手段を奪われねばならないのか、とても不思議です。
消費者は暴君と同義とさえいえます。しかも、多くは自らの判断ではなく、集団リンチに近い報道に踊らされているだけではないのでしょうか。

私は新聞を購読していませんので、テレビとネットにニュース源を頼っています。
最近特に意識していることは、ひとつの報道やひとつの記事を見て物事を理解した気にならないこと。できるだけ複数の情報源にあたり、可能ならば一次情報を探すことで、他者(多くの場合はマスメディア)の価値観によってフィルタリングされた情報を採り入れる危険性が減ります。
もちろん、そのような手間をかけるのは特に関心を持つ分野に限られますが、それだけでも、新聞やテレビの報道内容が、いかに報道するメディアの価値観や意図によって操作されているかがわかります。

もっともわかりやすい情報操作が、テレビのニュース番組の定番手法といって良い、「街の市民の意見を聞いてみました」というやつです。
政治家の汚職や、大企業の不祥事、センセーショナルな事件などで多用されますが、駅前や住宅街などで歩いている人々をつかまえ、事件への感想を求めるもの。なぜか東京の新橋駅前で、ほろ酔いのサラリーマンをつかまえることが多い。
私はあの映像が大嫌いです。なんの意味もあるとは思えません。

第一の理由は、放送の段階でメディア側が意図する方向にあったコメントだけを選び、編集して流すものであることです。そこにはなんの客観性もありません。
そして、流れるコメントのほぼ100%は、居酒屋で酔っぱらったサラリーマンがさしたる知識もなく印象だけでがなり立てるような、つまらぬ内容でしかないこと。意図してそういったものを選んでいるのでしょう。
最後に、それを繰り返し流すことによって、本来はメディアが主張したい事柄を、「多くの市民がそう考えている」という非常に曖昧な状態で印象づける結果を招くこと。

重大な犯罪に対して「許せません」「安心して暮らせるようにしてほしい」などと力んでみたり、税負担の増大や官公庁の無駄に対して「われわれ納税者をバカにしている」「血税をなんだと思っているのか」と怒ってみせたりする「市民」とは一体何なのでしょうか。
そんな話は床屋でやっていればいいのです、個人のブログに書いておけばいいのです。数十万・数百万人の前で恥をかき、さらにメディアの世論操作に荷担する必要なんかないのに。
問題ある衛生基準で食品を作っていた企業や工場に対して怒るのはごく当たり前の感情です。しかし、「許せませんね」とコメントした市民は、ほんとうに数千人の失業者が出ることを望んでいるのか、毎年子供の誕生日ににこやかにケーキを渡してくれた店員から仕事を奪って当然と思っているほどに「許せない」のか。
きっとそんなことはないはず。責任を明確にすることや再発させない努力を望んではいても、集団リンチに荷担したいとは思っていなかったのではないでしょうか。

そんなわけで、私はあの「街で市民に聞いてみました」は百害あって一利ないものと思います。民放に比べると多少はマシなNHKも多用しているところを見ると、印象操作にはとても有効な手段なのでしょうね。
かなり多くの人々が、メディアが中立公正なものだとはすでに思っていないでしょう。過剰なマスメディア不信から陰謀論に取り込まれたり虚無的になったり、あるいはもっと怪しげなものに接近したりは感心しませんが。
少なくとも印象操作に荷担することのないように街中でコメントを求められても拒否するよう(まともなことをいっても編集されねじ曲げられるのがオチです)、そして関心ある領域では一歩突っ込んで情報を探し理解するよう、自分なりのメディアとのつきあい方を、考えるべきなのだと思います。

下記の記事ですが、そもそも「受験地獄」なんていう言葉を使う段階で、物事をステレオタイプで見ているんじゃないか、という気がします。

 日本の受験システムが日本をダメにしている(Life is beautiful)

私も、日本の大学はもっと学生に勉強させるべきだと思っていますし、30になっても40になっても、必要に応じて必要な学問を修得できる場がもっと増えていけば良いとは思います。必要とは、もちろん仕事の上でのものに限らない。
なので、20歳前後のたった4年間の「在学歴」に意味があるのか、大学を改革することなしに日本の国力低下は防止できないのではないか、といった問題提起には、基本的に賛同します。

とはいえ、

小学生低学年のころから塾に通わされて、自分が本当に好きなこと得意なことは何なのかを発見できず、人生の楽しみ方とか自分なりの価値観とかを学ばずに大人になっていく子供たち。親の言うままに一生懸命勉強して、一流大学に入学し、それを「一流企業へのパスポート」として一番大切な時期に勉強もせずに遊びほうける大学生。

などというステレオタイプの認識を堂々と表明されては、「この人は日本の教育について新聞報道やドラマだけに頼ってるんじゃないの?」と疑わざるを得ません。

私自身も、今の子供達がどの程度の「受験地獄」にさらされているのかをよく知っているとはいえません。
しかし、受験地獄とか受験戦争なる言葉が教育問題を語る際に必ずといって良いほど引き合いに出され、その後の「ゆとり教育」につながっていった時期に中学・高校生だったので、「受験地獄」の実態について語る資格はあると思います。

もちろん、そこは地獄でも戦争でもありません。それは、受験勉強は楽かといわれればそうではありませんが、それ以上につらいこともたくさんあります。毎日20時間勉強していたわけじゃなく、むしろ勉強よりも多くの時間を遊びや趣味に費やしていました。それは私だけでなく、友人達もおおむねそんな感じ。
たしかに大学受験は私たちの10代の暮らしをゆがめたし、今もそうなのかもしれません。しかし、そんな中でも子供達は昔から自分の生き方や価値観をしっかりと築いてきたし、それを「人生の楽しみ方とか自分なりの価値観とかを学ばずに大人になっていく子供たち」などというのは失礼千万ではないかな。人間はマシンではありません。

受験勉強に青春を奪われた、という人もそれなりにはいるでしょうが、それが日本中を覆い尽くしているかのような空気の中で(あるいはその空気を利用して)教育改革を始めたから、「ゆとり教育」などという訳のわからない政策が出てきたのではないのでしょうか。必修科目の履修不足問題は、その矛盾の現れに過ぎないと思えます。
またもや同じような認識から改革議論をスタートして、今度はまともな結論が出るんでしょうか。

教育について語るとき、なぜ人はこうも新聞やらテレビやらが作り出すステレオタイプを鵜呑みにし、その中から都合の良い部分を切り出して語ろうとするのでしょう。
そこを起点にして教育改革を語る限りは、「俺はそうは思わない」「自分にはそんな経験はなかった」で簡単に議論が覆されてしまいます。小学校での英語教育の是非についても、似たような議論が多いですね。
議論を単純化するのは大切かもしれませんが、その根本がドラマで見たようなステレオタイプでは、説得力は決して高まらないばかりか、同じ間違いを繰り返す結果を招くように思えます。どういう訳か、コメント欄でもこのステレオタイプに賛同する声が圧倒的に多いのを観て、ちょっと暗澹たる気分になりました。

私もAmazonをたまに使います。「たまに」なのは、店頭で買える本はできるだけ書店で買いたい、という気持ちがあるからです。
Amazonに限らないことですが、ネット上で在庫の有無がすぐに確認でき、しかも注文してほんの一日二日で商品が届けられてくるというのは、かつてのメールオーダーを考えると隔世の感があります。世の中便利になりました。

この便利をさらに加速するサービスが、Amazonで始まりました。
在庫のある商品について、当日もしくは翌日の配達を約束する新サービス「お急ぎ便」です。まだ関東地方限定ながら、表示されている時間までに注文すると通常配達よりも早く届けてくれるというもの。本当に急ぎで手に入れたい場合には使えますね。
こういったサービスを「有料オプション」として提供する姿勢も、正しいと思います。果てしない無料サービス合戦に陥ることなく(それはトータルでの高コスト体質を招き、顧客全体に負担をばらまくだけですから)、顧客に選択の幅を示すのは、理にかなっています。

さて、このサービスを紹介するブログの記事(「Amazon、当日届く「お急ぎ便」を開始」(ネタフル))のはてなブックマークコメントの中に私が普段感じているのと同じものがありました。mharadaさんというかたのコメントです。

そんなことより、絶対に当日再配達してくれないペリカン便を使わないで欲しい。クロネコは可能な限り当日再配達してくれるし。

通販で買い物をするのは上述の通りとても簡単で気軽で便利なのですが、悩みは荷物の受け取りです。
日中留守番のいる家庭ならばともかく、平日は夜にならないと会社からは戻らず、週末はそれなりに予定が入るので出掛けてしまう共稼ぎ家庭では、宅配便を受け取れる時間帯はとても限られたものになります。まあ、平日の夜間と週末の午前くらい、といっても過言ではないでしょう。
上記のコメントにもあるとおり、ヤマト運輸や佐川急便では、一度持ち帰りになってもドライバーに連絡がつけばその日のうちに配達をお願いできます。たとえば夜間指定(だいたい19~21時)をしておいて20時に帰宅、すでに不在連絡票が入っていても、すぐに電話をかければ受け取れることが非常に多いのです。これは本当にありがたい(働くかたがたにとっては過酷な仕事なのでしょうが)。
この点で融通が利かないのがペリカン便とゆうパック。後者に至っては、コールセンターだけでなく配達員が所属する局に電話しても「一度出掛けた配達員に連絡を取ることはできない」と冷たくあしらわれます。

ゆうパックについては、過去にもとんでもない理由で荷物が届かなかった事例が何度もあって、不信感を持ち続けています。
先日も、夜間不在票があり週末も早く出掛ける予定だったので夜間指定で再配達依頼をする際に、仕事の都合で19時にかえっていることは無理で、なんとか20時過ぎにはいるようにするから遅めに配達してくれないか、という主旨の依頼をコールセンターにしたところ、にべもなく断られやむを得ず所轄の局に直接頼んだこともありました(配達員には連絡できない、と断られたのはその際のコールセンターおよび局の職員の答えです)。

民営化に向けて営業努力を強化しているのでしょう。あちこちの通販サイトでものを買うと、ゆうパックで届けられるケースが増えています。
しかし、上述のように、ゆうパックとヤマト・佐川とのあいだには極めて大きなサービス力の差があります。私のように荷物を受け取れる時間帯が限られてしまったものにとっては、送料が1000円アップしても良いからヤマトで送ってくれ、と思うことは少なくありません。

私もそうですが、「送料無料」といわれるととてもお得な気がします。
Amazonでは一回の注文を1500円以下にすることはまずありませんし、ヨドバシでも同様に1万円以上まとめて買います。けれど、冷静に考えると無料といいつつも、送料は商品代に含まれているもの。
「低価格低サービス低満足度」のゆうパックで発送されてイライラとするくらいならば、1000円多く払ってでも融通の利くヤマトや佐川で受け取れた方が、精神衛生上もよろしい。書籍くらいなら、近所のコンビニエンスストアでの受け取りでもよさそう。

ネット通販自体は決して難しいことでも、大きな投資を必要とすることでもなくなってきました。
しかし、肝心要の顧客に商品を届ける場面では、「低価格低サービス低満足度」(しつこいですか? でも、いっこうに改善される気配がないのでほとほと弱っているのです。もう、配送はゆうパックと見ただけで買う気をなくすほど)のサービスが漫然と使われています。
ネットショップのオーナーのかた、企業は、顧客との唯一の人的接触場面ともいえるこの配送サービスを、もっと真剣に、コスト以外の要素をちゃんと評価して、選んでいただけないものでしょうか。

我が家の近所にスーパーがあります。
大規模でもさして低価格でもないのですが、駅からの帰宅途中に全く時間ロスをせずに寄れるため、日常の買い物はほとんどすべてここでしています。

この店、一応は名の通ったチェーンなのですが、どうも売場づくりが下手。あまりちゃんと商売をする気がないのではないかと思えるほどです。
たとえば、賞味期限間近や商品入れ替えとなる前の見切り品のワゴンをあちこちに分散し、しかも日によって場所が変わります。
しかも乾物が冷凍食品の脇に、缶詰が卵の隣にと何の脈絡もなく、ただ空いた場所に並べた感じ。客は自分が買った商品でこうした見切り品を見つけると、わざわざカゴの商品を元あった場所に返しに行かねばなりません。売りたくないならともかく、見切り品は早く売り切りたいんじゃないでしょうか。

私が最近知った"使える"冷凍食品に、ふんわりとした半熟のプレーンオムレツがあります。袋のまま10分ほど湯煎すると、自分で作ったのではなかなか成功しないほど見事なオムレツができあがり。これをチキンライスに乗せれば、あっという間にプロのようなオムライスになります。
ふつうなら、この隣には組み合わせて使う食品、チキンライスとかドライカレー、あるいはタンシチューやハンバーグなんかを置きますよね。もちろん、冷凍ケースの隣にはデミグラスソースや付け合わせ用の野菜を置いとくのもセオリー。
ところが、この店ではこのオムレツはお弁当用の冷凍総菜の端っこで売られているのです。両隣はおべんとハンバーグと鳥の唐揚げ。
私はわざわざチキンライスを隣のケースに探しに行きましたが、これでは売上が伸びるわけがありません。使い方を自分で考える客にしか届かないのですから。

また、昨日は夕食のメニューを迷いながら歩いていて、カレールーなどのコーナーでシチューが2種類、特売されているのを見つけました。普段の半額ほどです。
では今夜はビーフシチューにしようかとカゴにルーを放り込み、野菜コーナーで必要なものを追加してから食肉コーナーに行くと...
牛肉はすき焼き用、焼き肉用にそれぞれカットされたものと、切り落とししかないのですね。驚きを通り越して愕然としました。シチューなのだから肩ブロックくらいなければ話にならないじゃありませんか。

やむを得ず、ルーをホワイトソースに変更(同じ値段でした)、鶏のもも肉を買って帰りました。
シチュー自体はおいしくできあがりましたが、店としてはグラム500円×450gの売上が、グラム198円と半分以下になってしまったわけ。買い物客はこの店でビーフシチューのルーだけ買って、牛肉はよそで買うなんてことはしないはず。ビーフシチューのルーを特売するなら、牛肉もそろえなくちゃダメです。

まあ、普段あまり売れないのかもしれませんが、だったらシチューやカレーのルーを大々的に売り出すのはナンセンス。カレーに薄切り肉を使う家庭ばかりじゃないのです。
その割にはスパイス類はそれなりに充実していたりと、売場づくりにまるで方針が感じられません。なんとなく、店格や本社方針で高級食材を並べるんだけど、実際に売れるのは安物、コモディティばかり、という矛盾がそのまま売場に現れている感じ。

少し歩いたところに西友があるので、対抗措置でコモディティを安く、という売り方をせざるを得ない一面はあるのでしょう。とはいえ、そこに徹したって西友に勝てるわけがありません。
この店ではメープルシロップをちゃんと3種類そろえて(ちなみに西友にはありません)、蜂蜜にいたっては20種類近くが並んでいます。タコシェルもちゃんとある。この品ぞろえをうまく客の料理レパートリーに結びつける売場構成にしないと、知っている客だけが買うだけになってしまいます。
売場責任者に十分な権限がないのか、あるいは知恵がないのか、理由はわかりません。しかし、このアンバランスな売場、客としては早いところ何とかしてほしいのです。もちろん、私の希望は西友やダイエーとは違った品ぞろえと提案ですが...

前回に続いて、私がどうして、あるいはどんなときに、Buzzwordsを使っちゃうのか考えてみたいと思います。
Buzzwordsといっても、中には浸透して普通の言葉になっていくものもあるでしょうし、全てが空疎なものではないでしょうが、ここではビジネス誌や書籍などで使われ、流行りはじめた新語ということでくくっておきます。
この1年ほどで出てきた言葉だと、「ブルー・オーシャン」「web2.0」「CGM」あたりが思いつきます。

前回もちょっと書きましたが、企画部門にいる私は、こうした新語を積極的に使うことはまずありません。なぜなら、その言葉になじんでいない相手にとってはなんの情報にもならないばかりか、「カッコつけて横文字並べやがって」と反発を招くだけ、あまり使うメリットがないからです。
一方で、かなり浸透してきて、おおざっぱに100人中40人くらいが頻繁に口にするようになったら、ぼちぼちと使い始めます。これも相手や状況によりますが。

あえて浸透する前の新語を使うメリットがあるとすれば、"もともと大事だと思われていた事柄"が少し手あかがついてしまったとき、再度脚光をあてたい場合などがあります。
たとえば、"お客さまが大切"というのは、まあ当たり前のこと。でも今どき"顧客第一主義"なんて口にすると「当たり前のことをいうな」といわれるだけでしょう。「我々が顧客を大事にしていないとでもいうのか」といった反発につながることも。いまでは"顧客満足(CS)"もそんな感じでしょうね。
こんなときには、あえて"顧客参加型ビジネス"とか"顧客共創ビジネス"などといった言葉を使うことがあります。必ず、口頭では「ただし、これらは別に突飛な話ではなく、従来からみなさんが重視してきた、『顧客第一』『CS重視』の姿勢の延長なのですが...」などと補足するわけです。

ただしこの場合、ともすれば精神論に終始しがちな"顧客第一主義"を肯定しながらも、現状とのギャップを指摘して課題を共有しましょうね、というベクトルあわせ(これもビジネスジャーゴンでしょうね)を狙っているわけ。全くの新概念に見せるのではなく、使い慣れた言葉と考え方を、ちょっとだけ広げたり、向きを変えたりするのに便利。
こんな使い方なので、たしかに"オトナ語"のようなもの、という指摘は正しいかもしれませんね。

こうしたBuzzwords、結局はコンサルタントが営業目的に目新しさを演出しようと、次々とひねり出しているというのは確かでしょう。
一方で、新しい言葉がないと、私たちは「もうそんなの知ってる」と学習をやめてしまいがちである、という側面もあります(たとえば、上述した「顧客第一主義」とかですね)。耳慣れない言葉に触れると、「なんだそれ?」と思い情報を集め、調べて納得する。その課程で従来もっていたアイディアや概念が少しずつ拡大し、新しい事業や商品、サービスにつながっていくこともあります。
公式な会合ではなく、比較的気心の知れた仲間内ならば、仕入れたばかりの新語について話題にすることもありますね。会話の中でそのアイディアが消化できることも少なくありません。

次から次へと登場する新しい言葉に飛びついて、TPOも考えずに口にしたり書類に書いたりするのは、できればやめておいたほうがよさそう。
一方で、それらを「こんなの一時流行ってすぐ廃れるのさ」と無視し続けていると、よほど別の方法で学習を続けている人でもなければ、いつの間にか取り残されてしまうかもしれません。過ぎたるは、なお及ばざるがごとし、といったところでしょうか。

そろそろ4月、新入社員があちこちの職場に参加してくる季節です。
3月卒業生の定期採用という比率は下がっているのでしょうが、やはり多くの職場にとっては、新人を迎え入れるのは春の定例行事といえるでしょう。

春は雑誌などでは新人に向けて仕事術や時間管理術といった特集が目立つ季節でもあります。
つい先日まで大学生だった人達にとって、社会人としての時間管理は慣れるのにかなりの時間を要するものでしょう。手帳やノートなどのグッズが良く売れる時期でもあると思います。

つい先日、私なりに"差のつく"時間の使い方について考えるきっかけがありました。
出張時に、私は新幹線のC席(つまり3人掛けの通路側)に座ったのですが、AB席に座った二人が実に対照的な過ごし方をしていました。
窓側の中堅氏(おそらく35歳前後)は、これから行う行事の式次第を確認し、中で行うらしい説明のポイントをおさらいしていました。一方で、品川から乗り込んできた若手氏(25歳前後)は「営業入門」という特集記事の載った週刊ダイヤモンドをパラパラとめくっては閉じ、中堅氏と同じ書類を出して眺めてはやめ、ガムをかんだり飴を取り出したりととにかく落ち着きがありません。

名古屋の手前、浜松の辺りで一通りの仕事を終えた中堅氏が若手氏に話しかけて会話が始まったのですが、それまでの1時間強で若手氏がやったことといえば週刊ダイヤモンドを2ページほど読んだことくらい。寝るでもなくただ時間が過ぎるのを待っていたかのようでした。
1時間あまりをこれからすべき仕事の準備に充てた中堅氏に比べ、若手氏はほとんど何もしていないに等しかったわけです。

私は中堅氏のように、新幹線の車内で資料を読んだりするのには賛成できません。となりでだれが見ているかわからない場所で社内資料を広げるのは不用意だと思うからです(この辺りは以前に書きました)。それでも、移動時間をどう使うかということについて意識的であることは確かです。
一方で、若手氏の時間の過ごし方はあまりに無為なもので、休むなら休むで寝てしまえばいいのに、まさに"何もしていない"のです。時間をどう使うかを考えていない。

若手氏は乗車時に中堅氏に週刊ダイヤモンドを見せ、「こんなのがちょうどあったんで買ってきました」とうれしげに報告していました。おそらく営業の仕事について間もないのでしょう。
中堅氏はうなづいていましたが、若手氏がそれを読みもせずにだらだらとしているのをチェックしていたはずです。若手氏はただでさえ時間を無為に過ごしているのに、雑誌の記事ひとつ満足に読み通せないことを上役に示してしまったわけですね。かなりピンチじゃないでしょうか。

別に週刊ダイヤモンドさえ満足に読めない若手をバカにするのが目的のエントリではありません(まあ、かなり情けないのは間違いありませんが)。
新人や若手のかたがたにとって大事だと思うことは、仕事中の空き時間を何に使うかに、常に意識的であれ、ということです。休憩なら休憩でかまわない、それならしっかりと休むべき。細切れ時間でできる仕事を済ませるのか、読書なりでインプットに充てるのか、意図をもって過ごすべきです。一方で、オフはオフできちんと仕事にスイッチを切ることは当然のこと(見解はさまざまでしょうが、私は企業家等を例外とすれば、オフにも仕事のことばかり考えている人は嫌いですし、尊敬もできません)。特に出張時の移動時間はその姿勢が如実に現れるところ。
私がお勧めするのは読書なりでインプット時間に充てることですが、そればかりが正解ではありません。何をして過ごすにせよ、その行動を選ぶことに自覚的であるかどうかで、5年後、10年後にかけての成長度には大きな差が出ると思います。

本好きといっても、当然好みというものがあるわけです。どんなに評判の本であっても書店の店頭で見た途端にげんなりしてしまう本というのがあります。
これはもう、相性というほかなく、出版する側もそれなりの意図を持って装幀デザインを考えるのでしょうから、私はそのターゲットには入っていなかったのだと諦めるほかありません。

見た途端にげんなり、という本にはいくつかのパターンがあります。
色合い、デザイン、本のタイトル、あるいは腰巻きでの宣伝文句やその内容など、本の装幀にはいくつもの要素があり(厳密には腰巻きは装幀ではないのかもしれませんが)、私が嫌いなものは次のような感じです。

黄色と赤が大々的に使われた配色...外見だけをつくろう空虚さ
黄色と赤というのは補色関係でこそありませんが、ものすごく派手に目立つ配色といえます。これらの色をたくさん使っている本は、店頭で否が応でも目につく本です。
これはすなわち、「とにかく店頭で目立たせたい」ということを意識したデザインで、多くの場合あまり上品なものにはなりません。品を捨ててでも目立つことを選んでいる、という段階で、私の好みからは外れます。
発言の内容はたいしたことはないのに、大げさに怒ってみせたりわざとらしく強調して印象づけようとする人というのがいますが、ちょうどそんな感じ。中身に自身がないからせめて注目を集める工夫をしようというものに感じられます。

初心者、サル、簡単、1時間早わかり...読者を馬鹿にするのもいい加減に
ありますよね、タイトルや副題で内容がいかに簡単でわかりやすいかを競っているもの。
確かに初心者が初めてのジャンルに挑むときに、簡潔に書かれた入門書の役割は重要です。とはいえ、世の中には初心者しかいない訳じゃない。どの本もこれでもかというほど簡単さや優しさを売り物にする必要なんかないでしょう。
ビジネス書のコーナーだけではないのかもしれませんが、入門書ばかりが所狭しと並べられた店頭からは、読者のレベルを見切って馬鹿にした作り手の薄ら笑いが透けて見えるようで、実に不愉快。

○○氏推薦!しかも顔写真つき...この人ほんとに読んだの?
多分読んでないでしょうね、と私は思います。読んだとしても、ざっと目を通して「ま、いいっすよ」という程度。
そもそも、有名人が推薦するから良い本だ、と思う読み手が情けない。更に、読み手がそんな選び方をすると考えている作り手には腹が立ちます。腰巻きに顔写真つきで推薦の言葉を寄せるだけで、いったいどのくらいの商売になっているのかわかりませんが、推薦された本と著者だけでなく推薦者の評価も下がります。
推薦者だけでなく、著者ご自身がご尊顔をお出しになり「美人営業マンが教える○○の秘訣!」とか書いてあるのもありますけど、それも同じですね。私は絶対に手に取りません。

上記のような本を一生懸命に読むかたがたに文句をつけるつもりも、笑うつもりもありません。これはまあ、個人の嗜好。
でも、この手の本がけっこうたくさん出てくるのを見ていると、「そんなに出さなくても、2,3冊をまとめて1冊にしたらいいのに」と思っちゃいます。店頭スペースには限りがあるのだから、もうちょっと他の本にもスペースを割いてほしいな、と。

iPodでの英語リスニングにポッドキャストをいくつか購読しているのですが、ディズニーリゾートの情報だけではさすがに食傷気味(当たり前ですね)ということで、いくつかついでに登録して聴き始めたものがあります。

 BusinessWeek - Cover Stories
 MBA Podcaster

前者はご覧になっておわかりの通り、BusinessWeek誌のカバーストーリーに関するものです。記事そのものを読み上げてくれるわけではなく、内容は記事に関連するインタビューなどです。
1回のポッドキャストは15~20分程度。週刊誌のカバーストーリーに関するものだけに、更新頻度は毎週1回です。

後者はMBAコースへの入学を志すひとのための心得やヒントなどがその内容。昨年12月からスタートし、毎月2回の更新で3月6日の「Financing Your MBA」までで7回ぶんの番組が配信されています。
1回の番組は20分前後とBusinessWeekと同じくらいですね。ポッドキャストは長すぎても途中になってしまうので、この程度がちょうど良いところなのかもしれません(アメリカでは通勤の車の中で聴く、というスタイルも多いようですが、その時間を意識しているのでしょうか)。
WEBサイトではポッドキャストの内容とほぼ同じものがテキストでも読めますので、内容に多少なりとも興味があれば英語学習には適しているように思います。

どちらも登録した段階で相当の番組がたまっていましたが、まだそれぞれ2回分ずつしか聴けていません。
その中で面白かったのは、「MBA Podcaster」の第2回である「The Wine MBA」です。

フランスのボルドーにある「ボルドー・マネジメント・スクール」で提供されている15ヶ月間のプログラムで、文字通りワイン業界で活躍する経営者を育成するためのものです。
面白いのは、ずっと同じ校舎で勉強するのではなく、まず1月からフランスでスタートした後に5月にはオーストラリア、7月にチリ、10月にカリフォルニアへと移動して再びボルドーに戻り、3月に論文を提出して卒業となります。

ワインMBAといってもワインの醸造法を学ぶわけではもちろんなく、ワイン業界で働くエグゼクティブを育成する、あくまでもビジネススクールです。
毎年の定員はたったの20名で、英語に堪能で最低でも8年の実務経験が求められます(多くはワイン業界での経験者だそうです、当然でしょうね)。

私はMBAプログラムに関心を持って情報を集めたことはあまりないので、こうした特定の業界に特化したMBAコースが他にもあるのかどうか、よくわかりません。
フランスのボルドーでのビジネススクールということで、特長あるコースを用意することが大学の競争力確保のために必要なのでしょうし、地域を代表する産業の強化にもつながるということなのでしょう。

ポッドキャストのインタビューのなかで、Icon EstatesのSenior Vice PresidentであるChris Fehrnstrom氏は、MBAホルダーへの期待を次のように表現しています。

When I'm interviewing somebody, the first think I'm looking for is if they're smart. What's their level of intelligence? When I say intelligence I mean, once again, analytical background with the balance of being able to think creatively. Because I think when you're solving problems, it's not just the analytical side of your brain that's going to help you; it's also the ability to think creatively about a solution.

問題解決に必要とされるインテリジェンスとは分析能力やスキルにとどまらず、創造的に考える力であるというのは、非常に簡潔に経営者に求められる知性の内容を表現しているといえそうです。
もちろん、組織の管理者としての役割やビジョナリーとしての役割など、経営者に求められる資質は知性だけではありません。しかし、知性に欠けた経営者という者がいたら、よほど信頼に足る補佐を得ない限りは現代の企業経営を担っていくことは難しいでしょう。

MBAコースへの海外留学は盛んですが、テキストから学べるスキルやツールだけでなく、創造性ある思考をもって実戦経験を積むことが、問題解決のスキル向上につながるのはたしかです。
その意味では、学んでいる過程で自分なりに考え、他の優秀な学生とディスカッションすることや、経験から来る知識や知見を積極的に交換するコミュニケーションから学べること、醸成できることも大きいのでしょう。単に本を読む勉強とは違ったダイナミズムがあるように思えます。
MBAコースへの留学に限らず、普段の仕事もまた異なる知見と経験を持つ人びととのコミュニケーションであるわけで、こうしたなかで自身の創造性を高める意識を持てるかどうかが、成長のキーになっているようにも思えます。

どちらか一方が良い、と決めつけようと思っているわけではありません。
私は事業企画やマーケティングのスタッフをしていますので、企画書づくりが仕事のけっこうな部分を占めます。資料づくりだけでなく、準備段階から、人に説明し意見交換して改訂したり、という時間を含めるとほとんどすべて、といっても良いでしょう。

自分で企画書を作成するとき、パターンはふたつあります。
ひとつは「考えてから」。どんなテーマにせよ、普段から考えていることが頭の中でまとまってきた段階でエイヤッとPowerPointに向かう(私の資料は、ほぼ80%がPowerPointでつくられています)やり方です。
当然もうひとつは「考えながら」。とりあえずテーマや方向性が決まった段階で資料を作り始め、アレコレと編集しながらまとめ上げていくやり方です。
10年ほど前は、ほとんど後者のスタイルで仕事をしてきましたが、最近は前者が増えつつあります。考えながらまとめ上げていく頭の柔軟さが失われてきた証拠かもしれません。

後者のメリットは、比較的様子のわかっている分野に関する企画であれば、かなり早く仕上げられることです。
仕事でやるわけですから、考えながらといっても全くゼロから始めるわけではありません。テーマに対するオプションと論旨の骨組みくらいは既にあるわけで、あとは人に伝えられるストーリーにまとめたり、サポートするデータや図表をまとめれば資料はできあがります。ものによりますが、2、3日で作成するのが普通で早いときには半日で仕上げることもあります。
私は、よほど公式な提案書でない限りは、いかに早くつくり意見を聞くかが重要だと思っています。そのためには70点の水準と判断できればリリースします。一日でできる、というのはこの段階で、実際には修正や再検討のほうが時間がかかるものです。

一方で、最近増えてきた前者、すなわち「考えてから」のメリットは、PCに向かわなくても構想をまとめておき、メモなどで完成に近づけておけること、そして分業が可能なことです。
先ほど、冗談で柔軟さが失われたから、と書きましたが、こちらのアプローチが増えたのはPCに向かえる時間がどんどんと減っているから、ということの表れでもあります。つまり、会議に参加したりだれかと打合せをしたり、あるいは長い移動だったりという時間が増えてきて、オフィスで机に向かう時間はそれほど多く取れなくなってきているわけです。
また、自分で資料をつくるのではなく、部下や同僚と1時間ほど打合せをして原案を作成してもらうことも増えてきました。こうなると、ある程度まとまったストーリーができていなければ指示ができませんし、最初のイメージあわせが不十分だとお互いの時間の無駄になります。
いわば、仕事上の役割変化に応じて企画のスタイルも変わらざるを得ないということになるのかもしれません。

先日のiPodによる英語リスニングのエントリで参考にさせていただいた「しぬまでいきる」を少しさかのぼって読んでいたところ、2005年10月のエントリで以下のように書かれているのを見かけました。

聞くコンテンツはSoundviewのサマリー。「ユーザー・イリュージョン」を読んでから、無意識でもリスニングの効果はあるのではないかと思った。

私のエントリではichiyuさんの題材がわかりませんが...などと書いていたのですが、おそらく聴かれているもののひとつはここでも触れられている「Soundview Executive Book Summaries」のデータなんですね。ichiyuさんがSoundviewの購読者なのは、大前研一氏の「The Next Global Stage」の紹介エントリで知っていたはずなのに、全然つながっていませんでした。

さて、私もこの1月からSoundviewの購読者です。
このサービスは、読んで字のごとくビジネス書の内容を要約して送ってくれるサービス。1冊の本が8ページにまとめられており、CDにほぼ同内容のナレーションとPDFファイル、MicrosoftのeBookリーダーやPalmで読めるPDB形式などがおさめられて届きます。PDFをプリントして読み、前後してiPodでナレーションを聴くのが私のスタイルで、順序はまちまちですが、「聴く」と「読む」の両方で同コンテンツを採り入れるのは、けっこう良い訓練になっているように感じます。
これまでに契約時のおまけを除いて1月と2月分としてあわせて5冊分のサマリーを受け取り、順に読んでいます(契約が12月だったので、昨年12月分からWEBサイトでダウンロードできるようにもなっています)。

こちらで「今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。」と書いたのは、このサービスに申し込んで時間を節約しながら英文でビジネス書を読んだのに近い効果を得よう、としていることを指していたわけです。

私はもともと読書に関しては保守的なので、以前なら、1冊の本を8ページに要約したものを読むなんて、なんだかズルをしているように感じて見向きもしなかったかもしれません。現に、「世界の名作をあらすじで読もう」といった本はいまでも小馬鹿にしています。
けれど、ビジネス関連の本はそもそも中にあるエッセンスを獲得して仕事のノウハウを高めるために読むものですし、昨年の経験から英語の本を読み切ろうとすると読書量を激減させるというコストがかかってしまうことを実感しました。
同じ読書でも、シェイクスピアやドストエフスキーをあらすじで読むのとは、ちょっと性格が違うだろうと思っています(単なる言い訳?)。

これなら毎月2~3冊分のダイジェストが読めますから、けっこう効率的に情報を獲得することができて、しかもリスニング+リーディングで英語のトレーニングにもなります。一石三鳥というわけ。これに、昨年から定期購読している「Harvard Business Review」を加えれば、これ以上無理して英語を読む必要もないでしょう。
そんなわけで、このサービスで読んだ内容なども、ときおり紹介していければと思います。

先日、携帯電話の機種変更をしました。
キャリアはauのまま、カシオのA5302CAから日立のW32Hになりました。新旧の切替時期で、価格が下がってきたのを狙ったわけです(テレビは不要なので、W41Hにはあまり惹かれませんでした)。

携帯電話の機能は、すべてを使い切っている人などいないだろうと思えるほど多様です。
私は携帯電話のマナーモードをほとんど解除することがありませんので、着メロでさえほとんど使っていません(一応、好きな曲を設定はしてありますが)。いわんや、着うたをや、ということで、ビットレートが低くポータビリティにも乏しい曲データを、しかもiTMSなどよりずっと高い価格で買うというのは抵抗があります。

しかし、最近では携帯電話で音楽を聴く人をよく見かけるようになりました。
以前どこかのブログで(すみません、どこかは失念しました)「iPodを使っている人の中で、イヤホンの左右を逆に使っている人が意外に多い」というのを見かけて、ときおり注意してみるのですが、たしかにイヤホンの左右逆使いは少なくありません。実感としては6~7人にひとりくらい見かけるように感じます。
ステレオの左右が逆になれば、気持ち悪くてすぐに気がつくように思えますが、音楽によってはそれほど不自然ではないのかもしれません。

私が携帯電話で音楽を聴かない理由は、もちろんiPodをもっているので積極的な理由がないこともありますが、おそらく「携帯電話に依存して常にいじり回している」のが嫌いだ、というのも大きいですね。
電車に乗ると、車内のかなりの人が携帯電話でなにやらやっています。メールの送受信だったり、ゲームだったりするのでしょうが、何をしているのかは他からはわかりません。全体から受ける印象は単なる携帯中毒です。四六時中携帯電話にかじりついている、という行動じたいが、私はどうにも好きになれないでいるのだと思います。なんだか、NTTドコモやauに日常行動を規定されているようにさえ、感じるのです。

携帯電話の高機能化はまだまだ進んでいくでしょう。新聞や書籍なども携帯で読むのが一般化するかもしれません(いまのサイズでは限界があるでしょうけど)。
携帯電話がさまざまな機能を取り込んで、一台で何でもできるものになるほど、依存度が高まり携帯なしでは生活に支障を来すほどになるでしょう。現に、家に電話を置き忘れてメールが使えないだけでも、かなりの不便を感じます。
しかし、音楽や読書、あるいはゲームなどは趣味の領域。個々人の楽しみ方がかなり異なっていて当たり前のものです。それが携帯電話というひとつの小さな機械に取り込まれていく、というのは、たとえ実害はなくても気持ちが悪い。これは感情面での抵抗感ですから、なかなか取り払えそうにありません。

私の携帯電話の用途は妻との通話とメールがほとんどです。これ以上の機能を求める気は今のところありません。
W32Hはお財布ケータイの対応機ではありますが、しばらく使うこともないでしょう。電話風情が財布の替わりだなんてやっぱり気持ち悪いのです。音楽は専用のプレーヤで聴くし、本は紙の書籍で読みます(ちなみに新聞は購読していません)。
古い感覚なのでしょうが、誰もが現在の「多機能なんでもできます携帯」を望んでいるわけではありません。あえて機能を省いた携帯を出してくれ、とは思いませんが...

村山尚武さんによる「Sotto Voce」は、以前から愛読しているweblogのひとつ。
つい最近「beyond bullets」に村山さんからCliffへのメールが引用されているのを見て、そういえば、私が「beyond bullets」を知ったのも村山さんのおかげなのだったと思い出した。メールの内容は、「Beyond Bullet Points」アプローチのプレゼンテーションを、村山さんが採用してみての感想を書き送ったもの(「Sotto Voce」での記事はこちら)。

私は、このアプローチのアイディアを二つの側面にわけて理解している。
ひとつは、プレゼンテーションをお仕着せのテンプレートに沿った情報の羅列ではなく、自分のメッセージを力強く伝えるものととらえて、そのストーリーをきちんと組み立てて行うというアプローチだ。そしてもうひとつが、それを実際にPowerPointというツールを使ってスライドというメディアに変換するときの、”要点箇条書き”や”説明をそのまま詰め込む”アプローチを避けた、新たなビジュアルエイド作成の技術。
肝心の「Beyond Bullet Points」を、私はまだ3分の1ほどしか読み終えておらず、weblogの一連のエントリからの理解なので、誤解をしている面はあるかもしれないが、伝えるべきメッセージをストーリー化し、その伝達に最適なスライドを設計する、という二段構え(これにプレゼンテーションの実践を加えて三段とすべきか)が、このアプローチの基本といえるのではないだろうかと思っている。

私はもともと箇条書きスライドはほとんど使わない。
資料を準備する方法は、まずタイトルに一行メッセージを書いた白紙のスライドを並べ、追加や修正・統合を繰り返しながら全体の流れをつくってから、個々のページのメッセージを説明するチャートや数字などを作り込んでいく、というもの。それゆえ、まずストーリーをまとめてからその骨子をタイトルにする「Beyond Bullet Points」アプローチとはもともと相性が良い。ストーリーの善し悪しが、プレゼンの成否の半分以上を握っているというのが私の実感だ。
一方で、できあがる資料は必要な情報を全部詰め込んだものになりがち。これは、社内で資料だけが転送されても情報が伝わるように、という理由によるものだ。プレゼンの際には、そこから重要な情報だけをかいつまんで進めることになる。

村山さんも指摘されているとおり、聴衆によっては手許資料と映し出されるスライドとが一致しており、それに沿って説明が進むことを要求するケースは少なくない。「Beyond Bullet Points」アプローチが万能ということはない。
むしろ、日本の会社内で行われる提案や報告などでは、従来型のアプローチを採らざるを得ないことのほうが多いだろう。基本はTPOをわきまえて、ということなのだが、私がいつもやっている”読むための資料をそのままプレゼンのスライドとする”ことの限界もまたはっきりしている。情報過多のスライドは読みにくい上に聴衆の注意が散漫になり、話が脱線する元ともなってしまうのだ。
配布用の資料と、プレゼンテーション用のスライドとを、きちんと関連づけて不自然さを感じさせないようにし、同時に情報過多に陥らない工夫が必要なのだろう。
Cliffは、ノート部分に必要な情報を書き込んでおき、PDFで配布するという解決方法を提案している。この方法も含めて、少しずつ工夫をしてきたいと思っている。

Banning bullet points

| コメント(0) | トラックバック(0)

This article is trial to write in English to send a trackback to a weblog in English.
After the article in English, I'll place the same article in Japanes. So if you want to read it in Japanese, please scroll down. (Because of my skill of writing in English, I guess Japanese article would be more intimate one.)
As you can see, other articles in this weblog are written in Japanese. I think I'll try to write articles in English on occasion.

Cliff Atkinson wrote about banning bullet points on his weblog 'beyond bullets'.
It is one of my favorate. His articles are so precise and concise that these are easy to understand for me even though Engilish isn't my mother tongue. I'm really interested in making a effectve presentation and I think Cliff is one of the presentation gurus.

In this article, he is introducing a research by Dr. Richard E. Mayer. The research says that removing texts from multimedia presentation increases retention and transfer considerably.
You bet! I have realized that every chance I have made a presentation. More text I put on slides in depth, less concentration from audiences. If I send my PowerPoint document in advance, every audience do not listen to me and prepare to make some skeptic questions.
I usually make presentations to initiate new businesses. In these cases it's important to impress people about a chance and a potential of the particular business. This means the thing I have to communicate is EMOTION. But presentation with many text will communicate about data, digits in the profit-loss statement, or other details.

I also read Blad Feld's article that sent a trackback to the Cliff's article and Seth Godin's.
As an audience, I always feel like Blad says, "shut up - I'll just read it". I found I did the same torturous things to my audiences!
The Seth's article is really helpful. In my opinion, almost all PowerPoint documents in my company walk into traps he pointed. PowerPoint became one of the most impotant tools to making business documents. But we use it as a new breed of the word processor or page layouting software, not as a tool for presentation or communication.

I think I should change my presentation.
Off course I ordered Cliff's book 'Beyond Bullet Points' in advance. Amazon.co.jp says they'll ship it in the first half of March. I'm really looking forward the arrival of the book.
Cliff is making a great offering, we can download chapter 1 of the book. I read it and place more expectation on the book.
I'll recommend it to my colleagues, but I think most of them will never read it, until it is transrated into Japanese. But if I can make a good presentation with a new style, they'll follow me. One of the commonest template of PowerPoint presentation in my company was disigned by me!

Japanese article starts from here. ここから日本語
英文のweblogにトラックバックをするために、実験的に英文での記事を書いてみる。
日本語を書いてから英訳すのでは、私の能力では訳しきれないだろうから、まず英文を書いてから同じ内容の日本語の文章を書いてる。もちろん、多少のニュアンスの違いは出てしまうだろうが、それはやむを得ないかな、と思う。チャレンジしなければ訓練にもならないのだし。(もし、お読みになって英語のまずいところとか、もっと良い表現があるよ、といった点に気がつかれたら、ぜひコメントでもトラックバックでもお寄せください。よろしくお願いします)

首都圏の書店で、洋書といえば丸善だろう。
高校の修学旅行で東京に来たとき、グループメンバーを必死で説き伏せて神田での自由行動時間を作った。SFファンだったのでハインラインやニーブンを洋書で読んでみたい、田舎では実物を見ることさえできなかった「SF Encyclopedia」を買いたい、と思っていたのだ。しかし、丸善に勇んで入店したは良いが圧倒的な物量にとまどい、結局目指す本を見つけられずに目についたペーパーバックを数冊買って逃げ帰ったつらい思い出がある。
店員に尋ねれば良さそうなものだが、小遣いも限られていたので実物を見て高かったら買えないし、わざわざ訊いておいて買わずに買えるのは恥ずかしかった。まあ、高校生なんて自意識の塊なのだ。
行動範囲の関係で、最近多く利用する丸善は、丸の内の「OAZO」にできた店だ。いまでは洋書コーナーでも堂々としてはいるのだが、実際に洋書を購入することは少ない。
理由はもちろん、Amazonがあるせいだ。

先日ご紹介したおすすめサイトのひとつ、「The McKinsey Quarterly」の記事「Making a market in knowledge」を紹介する。
なお、このサイトでは閲覧者には3種類あり、Visitorは各記事のサワリだけ(Article at a glance)が読める。無料で登録できるMemberは、多くの記事をオンラインで読むことができる。そして、有料のPremium Memberは、すべての記事を読むことができるという仕掛け。実際には、「これは」という記事はPremium Memberでないと読めないことも多いのがちょっと悔しいところ。

ビジネス情報源といっても、商売に直結するようなネタ探しというのはあまりしていない。
むしろ私が好んで読むのは、マネジメントやマーケティング、あるいは人的資源管理といったテーマでの最新の情報やまとまった分析が多い。
昼休みなどにこうした文献を読んでいると、職場では「勉強熱心だね」などといわれることもあるのだが、こちらには仕事に活かそうという気があまりなくて、実際には趣味として読んでいるだけ。趣味は経営学です、等というと魂まで資本主義に売り渡したかのようだが、好きなものはしょうがない。

「Harvard Business Review」の記事がオンラインで読めるのは前のエントリーで書いたとおりだが、その他に私が好んで読むオンラインのリソースを紹介する。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちその他ビジネス情報カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはblogとコミュニケーションです。

次のカテゴリはテーマパークとキャラクタービジネスです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja