テーマパークとキャラクタービジネスの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。


東京ディズニーシーの新アトラクション「タワー・オブ・テラー」にはもう乗られましたか? 私は9月4日の午後に90分ほど行列に並びましたが、しばらくはこんな状態が続くのでしょう。
とはいえ、並んでいるあいだもホテルのガーデンやロビーの中には見るものがいろいろとあるので、全く退屈というわけではありません。これがディズニーをはじめとしたテーマパークのアトラクションのうまく作られているところです。待つことを前提に、待ち時間もエンターテインメントの一部として設計されています。

さて、ホテルの正面玄関からロビーに入るとき、ゲストの多くが頭上のステンドグラス装飾に気付くと思います。このホテルを建設した大富豪、ハイタワー3世がロビー内をにらみつけるように立っているもの。
ロビーの天井近くには、彼が世界中で貴重な文化財を収集(強奪?)するさまが描かれていますが、ほとんどでだれかに追いかけられていますね。探検家というよりは盗人というべきか、とはいえ、「未開の地」を探検した白人など、現地から見れば単なる泥棒ばかり、とも言えます。

このステンドグラスで、ハイタワー3世を取り囲むように書かれている言葉に気がついたかたは多いと思います。
「The World is Mine Oyster, Which I with Sword will Open.」
一番後ろに「W.Shakespeare」とあり、親切にシェークスピアの引用であることが示されています。私も人並みの無教養でこの言葉の意味や出典がわかりませんでしたので、検索してみました。
出典は「ウィンザーの陽気な女房たち(The Merry Wives of Windsor)」の第2幕第2場、フォールスタッフと手下のピストルとの会話です。さっそく買ってきた小田島雄志氏による日本語訳(白水uブックス)は、次の通り。

ではこの剣にもの言わせ、貝のごとくに閉ざしたる世間の口をこじあけて、真珠をちょうだいするのみだ。 (「ウィンザーの陽気な女房たち」小田島雄志訳 白水uブックス52ページより)

ここはピストルがフォールスタッフに無心をする場面、断わるフォールスタッフに対して剣で貝をこじ開け中の真珠を取り出すように(この場合、oysterは「pearl oyster」を指すよう)無理にでも、と迫ります。
結局は金は貸してもらえないのですが、この段階でピストルはすでに狡猾な好色漢のフォールスタッフを見限っており、周り中から見透かされ、見捨てられているフォールスタッフの状況が読者/観客に伝わる場面といえます。
この作品、1時間半もあれば読み通せますから、「タワー・オブ・テラー」で楽しんだあとにちょっと読んでみてはいかがでしょう。

この作品がもととなって、「The world is one's oyster.」という「世界が思いのままになる」なる意味の慣用句が使われているようです。手許のリーダーズ英和辞典によると、oysterには「思うままにできるもの、利益の種、もうけ口」といった意味があるとのこと。
まさに世界中を渡り歩いて富を蓄えたハイタワー3世にとって、世界は彼の思いのままになるものであり、利益をもたらしてくれるものだったのでしょう。ロビーに掲げられた絵のごとく、ほしいものは力ずくで奪い取る、という意思の表れにも思えます。
それにしても、傲慢な表情と言葉、そして文化財略奪のさまをロビーに堂々と掲げ、全ての滞在客の頭上に置いて自らの股下をくぐらせたハイタワー3世というのは、とてつもなくいやなやつであることはたしかですね。

アトラクションの作り込みというのは、こうした設定をひとつひとつ積み重ね、補強しながら行われているのでしょうね。イマジニアの仕事って、大変でしょうがきっと楽しいだろうな、と思わせてくれます。

それはそうと、この引用を見て「The world is one's oyster.」という表現とすぐつながり(英語力の問題)、しかもわざわざ書いてもらわなくても出典くらいは知っている(基礎教養の問題)ようでありたいなあ、と思いました。シェークスピアの作品なら、原典であればいくらでも手にはいるのですし。とはいえ、シェークスピアの英語はいまの英語とはだいぶ違っているのでなかなか難しいですけどね。
それに、そもそも日本語でも源氏や枕草子からの引用がすっと理解できるかといわれると心もとありませんし。基礎教養というのは、若いころに身につけておくから基礎なのであって、だいぶくたびれてからあわてて補修してなんとかなるものでも、ないようです。
(このエントリも、「d-mate.com's weblog」「d-mate weblog」とにダブルポストしてます。同じ文章ですので、両方読んだかたにはごめんなさい)

iPodではSoundviewのダイジェストの他に英語によるポッドキャストも聴いています。
内容は、やはり関心のあるテーマが一番、ということでWalt Disney Worldに関するもので、次の3つに登録しています。
mouse | tunesは、ニュースサイトの「Magical Mountain」のNathanと「disneyworldtrivia.com」のLeeによるポッドキャストで、Walt Disney Worldに関する情報や噂話なんかが扱われています。
Inside the Magicも同じくWalt Disney Worldに関するポッドキャストで、こちらもファンによって運営されているもの。「the Internet's First Orlando-based Disney Podcast!」というのが売り文句です。
Walt Disney World Resort: Plugged InはDisneyによるオフィシャルポッドキャストで、イマジニアのインタビューなどがあるのもオフィシャルの強みでしょう。最近は盛んに新アトラクション(Expedition Everest)の宣伝をしています。ビデオもあるのですが、残念なことに私のiPodはビデオ対応ではないので、PCで見ています。

問題はどれも結構長いことで、30分から下手をすると1時間にもなります(オフィシャルポッドキャストは、20分前後のことも多いですが、それでも長い)。このため、通勤時間では細切れになってしまい、聴き始めてから1分くらいは「さて、なんの話だったか」と思い出すのにかかってしまいます(さすがに長すぎると気がついたのか、「Inside the Mgic」のRichardは「Daily Dose of Disney Podcast」なる5分間の短いポッドキャストもスタートしました)。
また、もともと非英語圏のリスナーを想定しているわけではないので、特に前2者は容赦ないスピードと発音ですから、一度意味を見失うと数分間なにも理解できずに英語が流れているだけ、ということになりがちです。

ときおり、自宅などで常に英語を流しっぱなしにしておくだけで耳が英語に慣れ、リスニングの力がつくといったアドバイスを目にするのですが、アレって本当なのでしょうか?
私に関していえばほとんど効果がありません。流しっぱなしは流しっぱなしで、意識して理解しようとしなければBGMと同じです。全然わかりません(笑)
次から次へと違う素材を聴くよりも、短いものを繰り返し聴くほうがリスニングの訓練には良さそうですし、もう少し短めのものを探してみようとも思っています。
iTunes Music Storeでディズニー関連のポッドキャストを検索すると、驚くほどたくさんリストアップされます。こうなると順に聴いていくのも面倒で、結局そのまま手つかずになってしまうのですが...

東京ディズニーリゾートの2つのテーマパーク、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの年間パスポートを持っているというと、かなり珍しがられる。一体そんなに何度も行って、何をするのだ、ということだろう。
いい大人が毎週のようにミッキーマウスに抱きつきに行っているとでも思われているのこもしれない(たとえそうだとしても、自分で稼いだ金だ、何に使おうとまあ勝手なのだが)。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテーマパークとキャラクタービジネスカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはその他ビジネス情報です。

次のカテゴリはパンケーキです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja