旅行と出張の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

下記の記事に賛成です。通勤ルートは最短ルートじゃなく、最快適ルートを選びたい。

 通勤は最短ではなく最快適ルートを選ぶ(Kousyoublog)

そもそも選ぶ余地があるか、という問題もあるのですが、賃貸住宅を探すのなら、比較的ラッシュの激しくない路線で検討するとか、各駅でも始発電車がある駅を選ぶとか、いろいろできます。
そもそも持ち家があって今からじゃ選べない場合でも、ひとまず最寄りの乗換駅について以降の選択肢がある場合も。

私の場合、会社からの通勤定期代は最短(というか、どちらかといえば最安値の)ルートでしか支給されませんが、差額を負担して別ルートでの通勤をする場合には、所定の書式で報告しておけばいいことになっています。
今の職場への通勤ルートは、幸運なことに「最短=最安値=最快適」なので何の問題もありませんが、複数のルートがあるときには、どれを選ぶかはけっこう大事です。
それが許されないケースもあるかと思いますが(たとえば定期券の現物支給とか)、もし選ぶ余地があるなら、ちょっと早起きしてでも通勤ルートを見直す価値は、大きいと思います。

首都圏で乗換のある通勤だと、1路線あたり20~30分くらいでしょうか。もっと長いかたもたくさんいると思いますが、これだけの時間を満員電車で身動きも取れずに移動するのは、やはりもったいないです。
たとえば合計で45分もあれば、手軽な本ならば往復で読み終えられますし、ラジオの語学講座は2回分聴けます。動画プレーヤがあれば往復で映画一本観られちゃう。まあ、お好きな方はゲームでも(でも、通勤電車で20分、30分とテトリスを続けているのを見かけることがありますけど、そんなに面白いんですかね? 他人事だから良いけど)。

良くあるじゃないですが、アンケートとかで「本を読まない理由」→「読む時間がない」「英語学習が進まない理由」→「勉強する時間がない」って。
でも、通勤ルートのひと工夫で毎日往復1時間程度を捻出できる人って、決して少数ではないはずです。私は以前、混雑で有名なJR埼京線を使っていましたが、朝6時半過ぎに家を出て始発電車を待ち、車両の一番端のつり革を確保することで読書できる環境を獲得していました(10分程度並んだだけじゃ、座れることは少ないのです)。
そのくらいの工夫もせずに、「時間がない」って嘆いていても、何もできないままに時間は過ぎていきます。

まあ、10分なり20分の早起きと、過酷な満員電車のどちらを選ぶかも、人それぞれの選択ですし、「最快適ルート」がすべての人に正解というわけではありません。
全員が同じように考えたら、今ある「最快適ルート」がそうじゃなくなってしまうし、結局状況が変わらないほうが、「最快適ルート愛好者」には望ましいのかも。

英語が不自由なく使えるようになったわけではないのですが、近頃少々伸び悩み気味。
当たり前のことで、実際に使う機会がなければ、言語の習得カーブなど早々急激に上昇するわけがありません。仕事で使わない私にとっては、英語でだれかと話す機会は毎週50分の英会話教室のみ。どうしても限界はあります。
また、私の英語へのモチベーションというのが、「旅行先のレストランやテーマパークでちょろっと世間話ができれば良い」という、極めていい加減で低レベルなものだけに、ある程度までできちゃうようになるとなかなか意欲を維持するのは難しいのです。

何事も停滞感が漂うときには気分を変えてみるのが一番、ということで、ドイツ語のテキストを買ってきました。
私は大学の第二外国語はドイツ語を選択していたので、これが初めてではありません。格変化やら名詞の性やらも、単位取得のためにがんばって暗記した記憶が多少は残っています。「der-des-dem-den」とかね。
買ってきたのは佐々木 庸一著の「新英語から入るドイツ語」です。ドイツ語の文法を基礎から英語と比較しながら解説しているので、大変わかりやすく読み進められます(もっとも、読んだのと理解したのと身についたのとは、それぞれ全然違うのですが)。1989年発行の古めの本ですが、内容的に古さが問題になるものではありません。

今年の初め頃、「ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法」(逸身 喜一郎著)を読んだのがベースになっているのでしょう。有名な「Veni, vidi, vici」「Cogito, ergo sum」にしてもそうですが、主語を略することができるだけで、こんなにシンプルで美しい表現ができるのですね。
学生の頃には「なぜ格変化などするのだ!」とイカりの対象でしかなかったのですが、格の存在によって文章内の要素の順番が柔軟に変えられることは、確実に表現の豊かさをもたらしてくれるものだと実感できるようになりました。年かなあ。

脱線しましたが、そんなわけでドイツ語です。
たしか、大学1年で第二外国語としてドイツ語を選んだとき、私は「これで『魔笛』を字幕なしで見られるようになるのだ」「『ニーベルンゲンの歌』を読むのだ」とか思っていたのでした。
もちろん、教養課程で一通りドイツ語文法をさらい、薄っぺらいテキストを読んだだけではとても実現はできなかったのですが、「魔笛」にせよヴァーグナーにせよ、字幕への依存度が下がるのは悪いことじゃありません。
それに、ドイツ語が多少なりともできれば、いつかは行こうと思っているオクトーバーフェストをより楽しめるに違いありません。例え片言の挨拶くらいでも、できる言語は多いに越したことはない。

学習方法は手っ取り早い方法として、NHKのテレビ、ラジオの講座を利用することにしました。テレビは録画予約をするだけなので簡単です。
問題はラジオで、リアルタイムで聴けるわけではないので、iPodで聴けるよう環境を整えねばなりません。さして選択肢があったわけでもなかったので、半日ほど検討してサン電子のトークマスタースリムにしました。
毎日のタイマー録音を設定して、夜PCにデータをコピーしてiTunesに登録、問題なくiPodで聴けています。電波の状況から、ちょっと雑音が気になりますが、内容理解の妨げになるほどではありません。

次なる問題は辞書です。
もはや紙の分厚い苦手重たい辞書など持ち歩けませんから電子辞書が前提なのですが、思ったほど選択肢がなく、カシオかSIIからの選択となるようです。
すでにカシオの英語重視モデルを使っているので、ここにコンテンツ追加で考えていたのですが、追加コンテンツには「独和・和独」と「独独」はあっても、ドイツ語モデルに搭載されている「独英・英独」が入っていないのですね。
上述の「新英語から入るドイツ語」を読んでいて、英語と比較しながら考えると単語の意味合いなどが理解しやすかったので、「独英・英独」の辞書はぜひほしいところなのですが、これはドイツ語モデルの辞書を買わないと入手できません。これは困りました。

今のところは「新英語から入るドイツ語」を読むのと、NHKラジオ講座ですので辞書が今日明日必要なわけではありません。検討の時間はあるのですが、さて、どうしましょうかね。

2008年6月、ウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World, WDW)のコンテンポラリー・リゾートに新テーブルサービスレストラン「The Wave」がオープンするそうです。
で、このレストランはちょっと変わったワインセラーを持つとのこと。

 「Wine at new Disney restaurant to be served in screw-top bottles」(Orlando Sentinel)

もうタイトルでおわかりの通り、コルク栓のワインは置かず、すべてをスクリューキャップのものとするんだとか。例外はスパークリング・ワインで、これはまだスクリューキャップのものがないので、コルク栓でフタをされたものが出てきます。
ワインの産地も、同じリゾートにある「California Grill」との差別化の意味もあるのか(あるいは、スクリューキャップで質の高いワインを集めるためか)、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、チリ、アルゼンチンからのものとなります。
6月7日のオープンに向けて、すでに性格も価格もさまざまな80種類のワインが集められているそうです。

たしかにワインを飲んだあとのコルク栓というのは、ただの燃えるゴミになってしまうもので、あまり環境に優しいものとは感じられません(もっとも、きちんと回収さえできれば再利用が容易なのだと聞いたこともあります)。
スクリューキャップは開けるのも簡単だし、飲みきれなかった際に締めるのも便利(とはいえ、中の空気を抜かないとあっという間にまずくなっちゃいそうですけど)。全体としては、脱コルクの方向に向かっていくのでしょうね。スクリューキャップではなく、樹脂製のコルク代替材でフタをされたワインも、最近目立つように思います。

とはいえ、ソムリエがテーブルの横でワインを手際よく抜染してくれるのを見るのも、楽しみのひとつではあります。
スクリューキャップが主流になって、あの光景が減ってしまうのも寂しいような気がしますね。ワインの状態を確認するのにも、ビンの口に鼻を近づけて...というのはちょっと無粋に感じられますし。
まあ、長い歴史を持つワインですから、そう簡単にすべてが変わってしまうとは思えないので、それほど気を揉む必要はないのでしょうけど。

いずれにせよ、WDWには良く行くので、新しいレストランがオープンしてくれれば次回の楽しみが増えて、ありがたいことです。新しいアトラクションができても、混んでいると乗らずに帰ってきてしまうこともあるくらいだらけた遊び方をするので、楽しみといえばレストランでの食事が最大のものですので。
近々でかける予定は立っていないのですが、新レストラン「The Wave」、次回のアクティビティリストの上位に、置いておこうと思います。

滝田明日香さんの著書「晴れ、ときどき、サバンナ」によると「アフリカ病」なるものがあるそうです。

アフリカから日常生活に戻っても、気がつくと考えているのはアフリカのことばかり、目の前の本も読めないほど集中できず生活に支障を来す、唯一の治療法はアフリカに戻ることだけ。
「アフリカの水を飲んだものは、ふたたびアフリカに帰る」のだそうですが(でも、旅行者は買ったミネラルウォーターしか飲まないじゃん、という滝田さんの指摘はスルドイ)、取り憑かれるような魅力が、そこにはあるのでしょう。

さて、まだアフリカになど一度も行ったことのない私、およびその妻ですが、ここ数ヵ月間は重度の「アフリカ病」に悩まされています。
きっかけは昨年の秋、ウォルト・ディズニー・ワールドの「アニマルキングダム・ロッジ」に滞在したこと。毎日窓の外のキリンとあいさつし、宿泊者限定の「サンセット・サファリ(Wanyama Safari)」に参加しているうち、動物たちがはるばるアフリカから運んできた風に当たりすぎたようです。

以来、平日の夜も休日も観るテレビ番組は「アニマル・プラネット」「ナショナルジオグラフィック・チャンネル」そして「ディスカバリー・チャンネル」のアフリカ野生動物ドキュメンタリーばかり(これが、毎日最低でも2~3番組ずつはあるのです)。
読む本もアフリカ、買う写真集もアフリカ、Amazonに注文するDVDもアフリカ、そして眺めるサイトもアフリカ...妻のバッグもいつの間にかアフリカ。

アフリカといっても、エジプトやモロッコではありません。
私たちが来る日も来る日も夢に見ているのは、ケニアやタンザニアなどの東アフリカ、そして南アフリカやボツワナなどの南部です。いずれも乾燥したサファリを持ち、野生動物たちを見学できるサファリツアーのメッカ。
旅行会社のパンフレットを取り寄せ、旅行記やブログを眺めては、このロッジは良いとかバルーンサファリは外せないとか日本人観光客の少ないのはどこだろうとか、いつ行けるんだかわからないアフリカ・サファリ旅行について語るのが、ほとんど唯一の家庭内の会話になってしまってます。

行けばいいじゃん、ということなんですが、フロリダに行くのとは違って大変です。
まずは乗り継ぎが必要で遠いですし、その上、旅費もツアーだとけっこうお高め。しかも、日本人観光客だけまとめられてぞろぞろ歩く旅行会社のツアーなんていやだし(こういってはなんですが、「アフリカ撮影ツアー」的な旅行の紹介などを観てると、まるで老人会です)。
日本の旅行シーズンである5月の連休は雨期まっただ中で、ヌーの大移動をマサイ・マラで観るなら8月下旬から9月など、微妙に長期休みの取りにくいタイミング。
不安材料もたくさんあります。ナイロビではホテルから一歩も出るな、とか物騒な話題にも事欠きませんしね。
野生動物のサファリとなると、撮影機材だって足りない。望遠は最低でも300mm/2.8とテレコンがほしいし、レンズなど付け替えられないから2台体制で、ビデオも追加して...などと考えていると、旅行一回分の予算が平気で飛んでいきます。
しかも、アフリカ国内の移動は手荷物15kgですって。いや、カメラ一式だけで簡単に超えます、私はどうすればいいのでしょうか。

まあ、いろんなハードルを越えないと行けないのは、どこへ行くのも一緒なのです。
順番に準備を整えて、割り切るべきところは割り切って、早いうちに一度行ってみるべきなのでしょう。
帰国後に「あんなひどいところには二度と行くもんか」になっているか、はたまた「次はいつ、来月?」などと病を悪化させているか、どうなるかはわかりません。

けれど、この数ヶ月の重度「アフリカ病」は、ひとまずおさめないと本気で日常生活に支障があります。
仕事しているときにキリマンジャロをバックにアフリカ象が闊歩している場面ばかり浮かんできてご覧なさい。アンボセリに行くにも、ちゃんとお仕事して給料もらわねばならないのです。
とりあえず、春になったら「富士サファリパーク」にでもいってきましょうか。あるいは、動物園で休日を過ごしましょうか。あまり効果的な治療には、ならないかもしれませんが...

以前から「d-mate.com's weblog」でたびたびネタもとにさせていただいている「オールドディズニーファンのディズニーワールド旅ブログ」および何度かコメントをいただいているfujiwaraさんの「K's Pleasure Island」で、相次いでウォルト・ディズニー・ワールド(以下WDWとします)のチケット値上げについて触れられています。
fujiwaraさんの記事をきっかけに複数日滞在時の価格と比較したエントリを書き始めたのですが、チケット代を調べるのが面倒になって途中で止まったいたら、あっという間にしっかりと調査した、しかも実に見事な考察が(笑)。何も付け加えることがなくなっちゃいました。

結論からいえば、4~5日以上の滞在ならば東京をはじめとした他のリゾートと遜色ない価格になっており、1週間程度リゾートに滞在するゲストを中心に置いた価格設定であろうとのこと。その通りだと思います。
チケット価格の面からもそうですが、リゾートの規模としても4つのテーマパーク、2つのウォーターパーク、ダウンタウンにリゾートホテル、レストランなど、WDWは到底2,3日の滞在で遊びきれる場所じゃありません。なにせ、パークへの移動だけでも30分もバスを待つことだってあるのですから、3泊程度の滞在ではストレスを感じることの方が多いでしょう。

日本からWDWへのツアーパンフなどをみると、だいたい7日間というのが多いように思えます。これだと5泊ありますから良さそうに感じられますが、日本初の飛行機がオーランドに到着するのはだいたい午後遅く、WDWには夜になるでしょう。帰路の便は午前でしょうから、早朝に発つことになるので、5泊といっても実質4日間しかないのですね。
経験者にはおわかりでしょうけど、WDWでの4日間なんて絶対に足りません。4つのテーマパークに1日ずつ割り振ったらダウンタウンでお土産を買う時間もないくらい。私はWDWで過ごすのなら最低7泊、6日間は必要だと思ってます。

これまで私は5回WDWに行っているのですが、最長で14泊、最短でも7泊しています。
7泊というのは、土曜日から翌週の日曜日まで、あいだのウィークデイを休暇取得しての9日間の旅程になります。有休5日取得というわけ。
この休みの取得は、比較的社員の有休取得に理解がある私の勤務先でも結構たいへん。会議の日程やら報告書の提出期限を調整して、なんとかなるくらいです。もちろん、1週間休めば仕事もたまりますから、旅行の前後はかなりあわただしくなります。それでやっと7泊です。

先ほど「最低でも7泊は」と書きましたが、リゾートホテルでダラダラと過ごしたり、あるいはガイドツアーに参加したりといった遊び方をするには、10日間、つまり11泊は必要だというのが私の感覚。これだと移動を含めて13日間、ほぼ2週間の休暇が必要です。
レストランでの食事ひとつをとっても、毎日フルコースを食べ続けるのはさすがにつらいですから、4~5軒を体験するには10泊はほしいですよね。3日も遊び続けたら、きっと疲れてぐったりしてしまうでしょうから、途中に「何もしない日」もほしい。毎日お天気とは限らないので、観たいショーやパレードがあったら予備日も。
そんな風に考えていくと、10日間というのは決してべらぼうな日数ではないと思います。

では、いま日本人の勤め人が(事業主はもっと難しいでしょう)2週間の休みを、しかも年末や夏の長期休暇とは関係なく取れるかとなると、難しいですよね。
もちろん仕事だってたまりますし、そもそも職場の雰囲気からして長期の休みを取ってバケーションなんてとうてい無理、というかたが多いんじゃないでしょうか。もちろん、留守中だれにも負担をかけないということは難しいですしね。営業職なんかだと、客先にも迷惑をかけるし、稼働日数が減ると自分の成績(すなわち時部署の成績にも)にしわ寄せがくるしでよけい困難。
私の職場では、小規模とはいえ部門長である私自身が休みを取りたいので、部下にも長期休暇を奨励してますが、部署によっては「なんだ、良い身分だな」などと時代錯誤なイヤミを口にする管理者がいます。

でも考えてみると、私が社会に出たころは週休二日制がようやく根付いたころで、取引先の多くは土曜日にも仕事をしていました(結果として私も休めないことがけっこう多かった)。
また、入社してすぐに配属先で「有休というのは急な病気のときに使うものだ」「有休を取るとボーナスの査定に響くよ」などと、いまでは信じがたい説明を受けたのが忘れられません(いまでもこんなことがまかり通っている職場は少なくないのでしょうけど)。
ハッピーマンデーなんていう言葉は消え去りましたが、確実に3連休は増えています(サービス業の方々にとってはちっともハッピーじゃないのかも)。

あと10年もすれば、夏休みや年末年始以外の時期に、ちょっと長めのバケーションに出掛けるのが当たり前になるんじゃないでしょうか。そのときの基準が、週末をくっつけての9連休になるのなら、ちょっとがんばれば2週間の休みはいまよりもずっと取りやすくなるでしょう。いや、なってもらわないと。

そのためには、せめて盆と暮にみんな一斉に休む、なんていう工場の生産効率優先の考え方は改めて、年に2回、1週間の休暇を取れるようにしていくのが近道だと思います。
これだと、ならして考えれば20~30人の部署で毎日だれか一人がいないだけでしょ。絶対に何とでもなりますって。

(d-mate weblogと、d-mate.com's weblogの両方にポストします)

先日、「Ask Naotake!」で、レストランで「まあまあ」であること、あるいは「おいしい」ことを伝える表現についての質問をとりあげていただきました。Naotakeさん、ありがとうございます。
とはいっても、件のキャストが公開されたのはもう2週間も前で、既に次のエピソードが公開されてしまっています。相変わらず周回遅れに近い状態で聴いているもので、お礼まで遅くなってしまいました。

なるほど、「まあまあ」というときにはちゃんと問題点を指摘するのがよいのですね。
こういってはなんですが、アメリカでの「けっこうおいしい」食事って、日本にいれば「こんなもんかな」という程度のことが多いです。
有名なステーキ店だというので入ってみたら、確かに中はおいしいけど表面は炭のように焦げていてはがして食べなきゃならないとか、付け合わせのブロッコリーが生じゃないかと思うくらい固いとかは日常茶飯事。今度行くときには、「固い」「焦げすぎ」「塩っ辛い」などの表現をチェックしていくことにします。

さて、旅先のレストランでの会話についてですが、実は質問を書いたエントリではちょっと説明不足のところもありました。
私の旅行先というのは、普通の街ではなくてフロリダ州オーランドの「Walt Dinsey World」が非常に多いです。入るレストランというのも、このリゾート内のテーマパークやホテルのレストランが主ということになります。
もちろんチップのためのお愛想ではあるのでしょうが、乏しい経験から感じるのは街中の普通のレストランよりもかなり頻繁に話しかけてくるように感じます。相手の英語力にもよるのでしょうが、「どっからきたの?」「ここには何回目?」「このホテルに滞在してるの? いいところでしょう。実はおすすめがあって...」「もう○○には行った?」など。
リゾートでの顧客の満足度を高めるために、積極的にコミュニケートしようというのがキャスト教育に組み入れられているからでしょうが、普段英語を使う機会の少ない私にとっては、かなり貴重な英会話実践の場がレストランというわけです。

もっとも、土地柄か英語といってもスペイン語風の発音をする人が多くて、英会話スクールやNHKの番組での英語とはかなり違って聞こえます。今のはまさか英語じゃないだろう、と思っていたら、やっぱり英語だったということが何度も。
これからもフロリダが旅行先の多くを占めるのなら(あと南カリフォルニアなんかもそうですが)、英語の次にスペイン語を習った方が良いかも、なんて考えています。

たしか2002年だったと思いますが、フロリダ州のウォルト・ディズニー・ワールド(Walt Disney World)に旅行をした際に宿泊したのが、「ディズニー・ウィルダネスロッジ(Disney's Wilderness Lodge)」でした。
このホテルは湖の畔にあり、周囲を森やキャンプグラウンドに囲まれているため非常に落ち着いた雰囲気で、値段も少し高めなせいか滞在するゲストも比較的上品、のんびりとするにはおすすめの場所です。

このホテルのメインダイニングは「アーティスト・ポイント(Artist Point)」というのですが、おそらくこの広大なリゾートにあるレストランの中でも上位に位置づけできるレストランです。個々の料理もおいしいし、アメリカにしては量も控えめ、店内の雰囲気も良くキャストも適度にフレンドリー。
ワインは西海岸北部からのものが集められていて、西海岸でおいしいワインが作られているのはナパやソノマだけじゃないんだというのが実感できます。むしろ、オーバープライスされていなくてコストパフォーマンスが高いくらい。

ここからようやく本題なのですが、このレストランに行くたびに(といっても、その後の旅行も含めてまだ3回なのですが)必ずあるスープを頼んでいます。
「Smoky Portobello Mushroom Soup」というものなのですが、名前が示すとおりマッシュルームのポタージュで、スモークのとても良い香りがします。原料には入っていないのですが、ちょうどスモークされたソーセージがスープになっているような感じ。二人でシェアするといえば、小さな容器に最初から取り分けてもってきてくれます(ちなみに、ここにレシピがあります)。

上記の味なので、わが家ではずっと「ソーセージ味のスープ」と呼んでいました。
もちろん妻は「あれはマッシュルームだよ」といってたんですが、まああだ名のようなもの。メニューをじっくりとみて名前を覚えようとは思っていませんでした。
で、3度目に注文したときにメニューをちゃんとみると、名前の下に解説が書いてあって原料に「Shiitake」の文字が。
「シーテイクってなんだろうね?」などとのんきに喋っているうちに、妻が気付きました。「これって、シイタケなんじゃないの?」

私は小学生のころ、子供に試練を与えるために作ったとしか思えない強烈な不味さの給食のせいでシイタケを憎悪するようになり、あれは食べ物ではないと公言しています。シイタケだけは、この世から絶滅してもなんの問題もなく、世界平和のため一刻も早く撲滅すべきと思っているほど嫌っています。
さて、困りました。毎回レストランへ行くたびに欠かさず注文する大好物のスープ、そのスモークの香りの主が憎むべきシイタケだったわけです。大好きなスープをとるか、アンチシイタケの姿勢を貫くか。まさに究極の選択。

私の出した結論は、「これは"シーテイク"であってシイタケではない」。
もちろん、ごまかしです。自分に嘘をついて、臭いものにふたをする卑怯な態度です。それはわかっているのですが、私は好物のスープを失いたくないし、一方でシイタケをおいしい食べ物と認めることはできない。だから、あれはシーテイクというアメリカの新しい品種のキノコだということで決着をつけました。

その後、サンノゼ近郊のサンタクルズという街で農家の方々が集まって店を出しているのを覗いたことがあるのですが、ハロウィン用の巨大カボチャなんかに混じってキノコが大量に売られていました。何でも健康食品として人気が上がっているのだとか。
で、名前をみると「Shimeji」とか「Nameko」の隣にありました、「Shiitake」が。ちょうど、下記のブログにある写真の感じ(写真の左端に写ってます)、まさにあのおぞましい姿のまんまです。あー、見なきゃ良かった。

 サンフランシスコでナメコ(On Off and Beyond)

再度断言しますが、「Artist Point」の「Smoky Portobello Mushroom Soup」に入っている「Shiitake」は「シーテイク」です。間違っても「シイタケ」じゃありません。絶対!
(この記事は、「d-mate weblog」「d-mate.com's weblog」にダブルポストします。少ないと思いますが、両方読んじゃった方にはごめんなさい。全く同じ内容です)

長い通勤時間は誰にとっても苦痛なものでしょう。
私は転勤族なので賃貸住まいですが、首都圏で住居を探す際には通勤に使う路線があまり混雑していないことを優先しています。すなわち、JR埼京線や小田急線などは最初から除外しているわけ。乗る電車も、急行や快速よりは各駅停車。10分20分時間がよけいにかかったとしても、混んでいないほうを選びます。

とはいえ、席に座りたいわけではありません。
電車の中では本を読むことが多く、本を開くこともできないほどの混雑を避けている、という程度です。電車の中程で、つり革3つくらいの間隔に人が2人くらい、というのが理想(出入り口付近に立ち止まることはまずありません)。
私の通勤時間は割と短いほうで、電車に乗っている時間は片道25分もありません。乗り換えがあるので、長いところでも15分くらい。読書時間としてもそんなに十分な時間とはいえませんが、それでもないよりはだいぶマシ。

下記の書評をみて思ったのですが、確かに通勤時間のような細切れの時間をうまく使えるかどうかで、仕事にしても娯楽にしてもけっこうな差が生じますね。

 通勤電車で寝てはいけない!―通勤電車と成功の不思議な法則(情報考学 Passion For The Future)

紹介されている引用部では片道1時間の乗車時間が想定されていますが、比較的短い私の場合も往復50分、年に250往復として200時間以上、8時間労働として26日ほどを通勤電車で過ごしていることになります。
本の内容にもよりますが、じっくり読んで1時間に50ページとしても1万ページ分もの時間があるわけです。もちろん、フルに使い切れるわけではないのですが、半分が読書時間としても5千ページ、15冊程度はいけます。新書などの軽いものならば倍以上。

私の場合は、必ずしも仕事に関係する本を読むわけではありませんから(いまだとドストエフスキーの「悪霊」の下巻の途中)、通勤時間を"活用"しているとはいえません。むしろ、娯楽としての要素のほうが大きいです。
それでも、たとえば15分という時間、集中して活字を追いかける習慣をつけていることは、仕事上の資料や書類を短時間で把握して咀嚼するための訓練になっているともいえます。通勤時間の活用=ビジネス書を読む、と短絡する必要もないわけです。

電車の他、駅を降りてから事務所までの徒歩時間ではポッドキャストを聞いています
だいたいこれが片道で10分弱。短いものなら2回聞けます。
英語のポッドキャストでも、わかりやすいものならば情報も収集できて、リスニングの訓練にもなります。まさに一石二鳥。ついでに通勤もしているわけで三鳥。ずいぶんとお得感があります。

出張の移動時間をどう使うか、というエントリを書いたこともあるのですが、個々の本やポッドキャストがどうというよりも、無為に流れがちな時間をどう過ごすかに意識的であることが重要なんじゃないかと思います。選んだ行動が疲れを取るための睡眠であっても、それはよいと思います。

そうそう、今朝の電車内では、どのぞの会社の人事部門(もしくは経営企画部門でしょうか)のかたが、新しい組織図を眺めながら書き込みをしていました。個々には書きませんけど会社名もバレバレ。目の前の私がライバル企業の社員かもしれないのに、なんという無防備な人なんだろうとちょっと感心しました。
通勤時間の有効活用といっても、重要書類を読むのは危機管理上、おすすめしませんね。

そろそろ4月、新入社員があちこちの職場に参加してくる季節です。
3月卒業生の定期採用という比率は下がっているのでしょうが、やはり多くの職場にとっては、新人を迎え入れるのは春の定例行事といえるでしょう。

春は雑誌などでは新人に向けて仕事術や時間管理術といった特集が目立つ季節でもあります。
つい先日まで大学生だった人達にとって、社会人としての時間管理は慣れるのにかなりの時間を要するものでしょう。手帳やノートなどのグッズが良く売れる時期でもあると思います。

つい先日、私なりに"差のつく"時間の使い方について考えるきっかけがありました。
出張時に、私は新幹線のC席(つまり3人掛けの通路側)に座ったのですが、AB席に座った二人が実に対照的な過ごし方をしていました。
窓側の中堅氏(おそらく35歳前後)は、これから行う行事の式次第を確認し、中で行うらしい説明のポイントをおさらいしていました。一方で、品川から乗り込んできた若手氏(25歳前後)は「営業入門」という特集記事の載った週刊ダイヤモンドをパラパラとめくっては閉じ、中堅氏と同じ書類を出して眺めてはやめ、ガムをかんだり飴を取り出したりととにかく落ち着きがありません。

名古屋の手前、浜松の辺りで一通りの仕事を終えた中堅氏が若手氏に話しかけて会話が始まったのですが、それまでの1時間強で若手氏がやったことといえば週刊ダイヤモンドを2ページほど読んだことくらい。寝るでもなくただ時間が過ぎるのを待っていたかのようでした。
1時間あまりをこれからすべき仕事の準備に充てた中堅氏に比べ、若手氏はほとんど何もしていないに等しかったわけです。

私は中堅氏のように、新幹線の車内で資料を読んだりするのには賛成できません。となりでだれが見ているかわからない場所で社内資料を広げるのは不用意だと思うからです(この辺りは以前に書きました)。それでも、移動時間をどう使うかということについて意識的であることは確かです。
一方で、若手氏の時間の過ごし方はあまりに無為なもので、休むなら休むで寝てしまえばいいのに、まさに"何もしていない"のです。時間をどう使うかを考えていない。

若手氏は乗車時に中堅氏に週刊ダイヤモンドを見せ、「こんなのがちょうどあったんで買ってきました」とうれしげに報告していました。おそらく営業の仕事について間もないのでしょう。
中堅氏はうなづいていましたが、若手氏がそれを読みもせずにだらだらとしているのをチェックしていたはずです。若手氏はただでさえ時間を無為に過ごしているのに、雑誌の記事ひとつ満足に読み通せないことを上役に示してしまったわけですね。かなりピンチじゃないでしょうか。

別に週刊ダイヤモンドさえ満足に読めない若手をバカにするのが目的のエントリではありません(まあ、かなり情けないのは間違いありませんが)。
新人や若手のかたがたにとって大事だと思うことは、仕事中の空き時間を何に使うかに、常に意識的であれ、ということです。休憩なら休憩でかまわない、それならしっかりと休むべき。細切れ時間でできる仕事を済ませるのか、読書なりでインプットに充てるのか、意図をもって過ごすべきです。一方で、オフはオフできちんと仕事にスイッチを切ることは当然のこと(見解はさまざまでしょうが、私は企業家等を例外とすれば、オフにも仕事のことばかり考えている人は嫌いですし、尊敬もできません)。特に出張時の移動時間はその姿勢が如実に現れるところ。
私がお勧めするのは読書なりでインプット時間に充てることですが、そればかりが正解ではありません。何をして過ごすにせよ、その行動を選ぶことに自覚的であるかどうかで、5年後、10年後にかけての成長度には大きな差が出ると思います。

見栄読書の勧め

| コメント(2) | トラックバック(0)

通勤電車や出張時の新幹線は、ビジネスパースンの貴重の読書時間だ。もちろん、新聞や雑誌も多いし、新幹線ではPCを広げて仕事をする姿もよく見かけるようになったが、読書の人気も根強い。
本好きの私は、人が読んでいる本がけっこう気になる。カバーを掛けない人も多いので、電車内でのなければ表紙のチェックは欠かさないほうだ。

かなり多いのは、資格試験のテキストや参考書だ。中小企業診断士や司法書士などもあれば、業界の認定資格試験のテキストも良く見かける。業務上必要な場合も多いだろうし、必死なのだろうな、と思う(その割には数分で寝てしまっている人も多いが)。
その他に目立つのは、やはりビジネス書だ。営業や会計、あるいは法務など、さまざまなテーマについて最新情報やノウハウなどを簡潔にまとめた本は、非常に便利なものだと思う。

ただし、私は電車内ではこうしたノウハウ本を絶対といって良いほど読まない。理由は単純、見栄である。
たとえば、新入社員とは思えない風体の人物が「デキル男の時間管理術」という本を読んでいたとしよう。私の抱く感想は、「ああ、この人はいい年して時間管理もままならない、『できない』男なのだな」というもの。
人それぞれ事情はあるので、一律にそんな判断をしてしまうのが正しいとは思わないが、少なくとも私は外からそんなふうに見られるのはゴメンだ。

周囲は他人ばかりだし、何を読んでいても問題ない場合が多いだろう。けれど、私はこれまでに何度か、取引先や同僚に電車内でばったりと出くわしたことがある。そんなときに、「30分でわかる! マーケティング初歩の初歩」などを手にしていたら、悔やんでも悔やみきれないだろう(カバーを掛けてもダメ、「何お読みなんですか?」と聞かれれば一巻の終わりだ)。
自意識過剰と指摘されそうなのは承知の上だ。けれど、安直なノウハウ本はやはり自宅でひっそりと読み、人前で読むためには、ばれても恥ずかしくない本を選んでおく、その程度の見栄は、むしろセルフプレゼンテーションの一環として意識しても良いんじゃないかと思っている。

牛丼の味

| コメント(0) | トラックバック(0)

アメリカ滞在中に、近所に「吉野家」があるというので立ち寄った。
私は舌が貧しいのか、アメリカに1,2週間滞在していても食事で音を上げるということは全くない。もちろん、風邪をひいたりなど体調を崩せば別だが、チーズとトマトはもう嫌だ、といった状態にはならない。
そんなわけで、旅行中に日本食が恋しいだのうどんが食べたいだのといった感覚がまったく理解できないのだ。今回もニューヨークの街中で大きく「うどん」と書かれた店を見かけたが、中は日本人観光客で一杯だった。せっかくの短い滞在なのに、なぜそううまいとは思えないうどんを食わねばならないのだろう。所詮は人ごとなので口を出すことではないのだが、もったいない、と思ってしまう。
とはいえ、今回の吉野家に関しては、日本初の食べ物でありながら現時点では日本で食べられないこと、そして再開の見通しも立っていないことから、一口乗ってみたもの(団体行動の日だったので、私が嫌だといっても食事場所が変わる可能性がなかったのも事実)。

毎週のように新幹線に乗り出張をしていると、移動中の車内をいかに過ごすかがけっこう重要になってくる。とはいえ、着替えたりとか靴を脱いだりといった話ではない。車内での過ごし方や姿勢に関わるちょっとした心がけ程度の話だ。
早朝の移動も含めて、私は新幹線ではあまり寝ないようにしている。たとえば8時の新幹線に乗って名古屋へ移動し、10時からの打合せに出席するとしよう。新幹線の中で眠ってしまうと、打合せには目が覚めてから30分といった体調で臨まねばならず、これでは頭と身体が覚醒して働けるようになる頃には昼食時間になってしまう。わざわざ長時間移動して参加する打合せなら、万全の体制で臨みたいと思うのが当然だと思うし、それゆえ私は新幹線の車内では滅多に眠らない。これは朝の移動に限らず、日中でも同じだ。

東海道新幹線に「のぞみ」が登場した時、私が驚いたのはスピードそのものではなく、スピードのために名古屋駅を通過する潔さであった。さすがに不評だったのか、あるいは予定のうちだったのか、すぐにダイヤは改訂され停車するようになったものの、名古屋を通過する新幹線の登場は衝撃だった。

年中飛び回っているというほどではないものの、出張は比較的多い方だ。一時は新幹線ばかりだったが、このところあちこちの空港を使うことも増えてきた。
かなりの回数乗っているにもかかわらず、飛行機というのは、未だに私を緊張させる乗り物だ。20分前に行けばいいとはわかっていても、なんとなく余裕を見て1時間程も前に空港に到着してしまうことが多い。最近では手荷物の検査にかかる時間も増えており、どうしても早めに空港に到着して検査を通り、出発を待つことが多くなっている。

私は仕事の必要から東海道新幹線に良く乗る。のぞみが主になってから移動時間が短くなり、助かっているのだが、乗るたびに「もったいない」と感じるのがほとんどが空席のまま走っているグリーン車だ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち旅行と出張カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは料理と外食です。

次のカテゴリは書評と感想です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja