ビールが好きだの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

節分の朝にサントリーから思わぬプレゼントとして届いた、懸賞賞品の<ザ・プレミアム・モルツ黒>。さっそくその日のうちに試してみました。

ランチのメニューは妻の提案によりグリルドチキンサンドに決定、さっそくスーパーにて材料を調達。
とはいっても、そんなに必要なものは多くありません。レタス、キュウリ、トマト、そしてチキンの胸肉と10枚切りの食パン。なんだかんだと用事を足しているうちに12時過ぎてしまい、ものすごくおなかが空いていて「もう冷凍食品か惣菜でもいい」という投げやりな気持ちも浮かんだのですが、ここは初志貫徹。

妻がレタスの準備をする脇で、チキンを焼きます。単純作業だけどこれで味が決まるので多少緊張。
オリーブオイルを熱して塩こしょうしたチキンを皮から焼き、反対にも焼き色を付けてから再度皮側から弱火で加熱します。フタをしてしばらく待ち、良さそうな頃合いでまな板に出してちょっと余熱が入るのを待ちます。ザクざくっと切り分け、あとはトーストしてバターと調味料(といってもマヨネーズとマスタードを混ぜただけ、レモンも入れたんだっけ?)を塗ったパンに野菜と一緒にはさみ、半分に切っていただきます。
サンドイッチはまあまあでした。びっくりはしないけど、人に食べてもらっても文句は出ないだろう、という程度。

あ、肝心のビールですが、サンドイッチとの相性はOK。
ちゃんとローストの風味が付いていて、ザ・プレミアム・モルツよりも甘みや酸味が感じられます。とはいえ、強すぎる味ではなくてコクを出しつつも飲みやすさを確保しているバランスの良いもの。食事と一緒に楽しむことを意識して作られたように思います。
気に入ったので、土曜の夜に今度は料理なしでじっくりと飲みました。もちろん単独でもいけます。とはいえ、この飲み方ならば、もっと個性があるビールでも良いかな。

個性的なビールといえば、日曜には新宿で買い物をした帰りにFrigoというお店でビールを。
人気はヒューガルテンのドラフトのようでしたが、まずはアボット・エール、妻はギネス、シメイ・ホワイトとドラフトで続け、私はサン・フーヤン・ブリューン、ウェストマール・ダブルと瓶ビールに移行。どのビールも冷えすぎずにちょうどおいしさが感じられる温度管理がなされているのもうれしいところ。
ビール専門店だけあって料理も相性抜群。特に地鶏の温燻製の味付けは教えてほしいくらいです。
禁煙席のないお店でしたが、18時頃入店したのでまだお客さんは少なく、隣もたばこを吸わないかただったので助かりました。平日夜だとこうはいかないでしょうね。
1時間半ほどで3杯飲み、帰宅した頃にはけっこう酔っぱらっていました。翌朝もちょっと頭が痛かったので、休肝日を作るようにしなくちゃ。


極めつけにクジ運が悪い私なのですが、たまにはこういうこともあります。
昨年末だったか、スーパーで〆切直前にプレゼント企画の応募用紙を発見、とりあえず買い置きしてあった<ザ・プレミアムモルツ>の缶からシールをはがして応募しました。あー、ついこの間空き缶を回収に出しちゃったよー、もったいない、と思いつつ。
で、ちょうど一昨日、同じスーパーで買い物(もちろん、<ザ・プレミアムモルツ>を含む)をしながら「あれってやっぱりはずれたんだよね、きっと」などと話していたのでした。
少し遅い朝食中に呼び鈴が鳴り「宅配便です」とのこと。西濃運輸さんは「セイノーです」とはいわないのですな。
なんだと思って出てみると、お兄さんが写真の箱をもって立っていました。なんと、当選です。ま、7千名もあたったらしいのですが(笑)
まだ飲んでいないので味のほうはわかりませんが、さっそく今日にも試してみようと思います。お昼というよりは、夜ゆっくりとかなあ。午後にのんびり、ってのも良いですね。
味は改めて報告します。


六本木ヒルズに映画を観にきました。
アフリカをテーマとしたイベントの一環として、アフリカのビールが飲めます。これは「タスカー」と「カサブランカ」。前者はウォルトディズニーワールドのアニマルキングダムでおなじみ。もっともあちらで飲めるのはアンバーエール、六本木で飲めるのはラガーですが、ちょっと甘みのある味の傾向は同じです。
カサブランカの方が、苦みもあってビールとしては上かも。

アンチスーパードライ党のみなさん、いかがお過ごしでしょうか。
こんなニュースが。

 ビール「うまい」、平均23歳で アサヒ調査(asahi.com)

asahi.comの記事ってしばらく経つと読めなくなるんでしたっけ?
一応、引用しておくと...

ホップで風味づけされているビールは本来、苦く感じるもの。だがいつの頃からか、96.8%の人が苦みを「おいしい」と感じ始め、そのターニングポイントは、男性の72.2%、女性の79.8%が20歳代の時で、平均すると23.7歳だったという。
初めておいしさを覚えた場面で最も多かったのは、「仕事の打ち上げの時」(11.1%)で、「達成感とともに飲むビールが一番おいしいようだ」(同社)という。

(同社)というのは、この調査をしたアサヒビールのことです。

まあ、内容は当たり前というか、そんなに不思議ではないのですが、「ホップで味付けされ」た「苦く感じる」ビールって、そんなの最近飲まれてましたっけ?
居酒屋で飲めるのはアサヒビールの営業努力の成果あって「スーパードライ」がほとんど、ときおり「一番搾り」で、たまーに「ヱビス」「モルツ」。仕事の打ちあげなどの機会に、外で飲まれるビールのほとんどが「スーパードライ」なんじゃないでしょうか。最近では居酒屋で発泡酒も出ますしね。
日本で最近多く飲まれている「ビール」は、麦芽の香りやホップの風味・苦みを抑え、喉ごしのすっきり感を強調したものがほとんど。いまの大人が子供のころに悪戯して「うえ、苦いだけでおいしくない」と思っていた「キリンラガー」とは別物です。

上記のアンケートおよび記事に難癖をつけると、「苦みを「おいしい」と感じ始め」などと書くのは、「ビールは苦い」という思い込みからの、安易なステレオタイプに過ぎませんよね。こういう記事を書く記者って、自分でビールを飲んだ実体験と、お仕事として書く記事とを完全に分離できちゃうんでしょうか?
ただし、味覚というのは変化するので、20代にとってはあの「スーパードライ」でさえ苦いビールに感じられるのかもしれませんね。だとすると、かつての「キリンラガー」やいまだと「ザ・プレミアムモルツ」あたりを飲んだら、苦さのあまりに卒倒しちゃう?...さすがにそこまではないかもしれませんが。

最近店頭で目立つのは、炭酸入りのお水。
確かにただのお水に比べると飲んだあとのスッキリした感じが強いですし、コーラなどのように砂糖や添加物の心配も少ないので、夏場の飲み物としてはかなり優れています。
この味って、極端な苦みや麦芽の甘みを排除した、「スーパードライ」に相通じるものがあるように思えます。味わうというよりも、喉を通す飲料として。
だとしたら、ますますビールメーカーは、発泡酒やら第3のビールで儲けた金を、一気のみではなくゆっくりと楽しめるビールの開発に振り向けないと、そのうちお水やお茶に駆逐されてしまうかもしれませんよ。

出張中の新幹線車内で流れるニュースで知ったのですが、1-3月のビール関連飲料において、シェアトップがアサヒからキリンへ6年ぶりに交代したそうです。

 ビール系飲料、キリンが6年ぶり首位・1―3月(NIKKEI NET)

「ビール系」「ビール関連」という表現があるように、これは発泡酒や第3のビールなどを合わせたシェアですので、おそらくビールだけならアサヒの首位は動いていないのでしょう。
とはいえ、このシェア逆転はアサヒがスーパードライをヒットさせた瞬間から、既に決まっていたこと。いわば必然の結果であったと私は思います。

こんなことを書くと怒られるかもしれませんが、私にはもともと「スーパードライ」と「発泡酒」の味の違いがわかりません。そもそも私は単に辛い炭酸飲料である「スーパードライ」をビールだとは思っていませんし、おいしいと思ったこともないのです。
「スーパードライ」の大ヒットは、日本においてビールが極めて画一的な止渇飲料であることを示しました。強い炭酸とすっきり感、適度な苦みと辛さがあればそれで良いのですから、安いが(ビールとしては)まずい発泡酒が出てきたらそちらが選好されるのは自明のことです。
アサヒは大多数の消費者のビールの嗜好を読み切り、大ヒット商品を作った一方で、ビールという商品カテゴリーを破壊する下地も用意してしまったといえないでしょうか。

アサヒはなまじ「スーパードライ」で大きなシェアを獲得してしまったがために、発泡酒や第3のビールでは出遅れました。
自らビール(およびその代替商品)の嗜好画一化を進めたにもかかわらず、その結果登場した破壊者への対応が十分にできなかったわけです。もし、ここまで嗜好の画一化が進んでいなければ、さまざまなタイプのビールのうち「ドライ」が発泡酒などに置き換わるというだけで済んだかもしれません。市場の要求への過剰適応がアサヒの首位陥落を招いたと私は思っています(アサヒはその気になればきちんとしたビールを造れる会社であるだけに、ドライへの依存を過度に高めたマネジメントの失敗、あるいは"営業の論理"の暴走が問題であったと考えます)。

面白いのは、キリンが現在注力する発泡酒が「円熟」という商品であることです。
私はまだこれを飲んでいないので、正確なことはいえないのですが、プロモーションから受ける印象は発泡酒カテゴリにおいてプレミアム感のある商品づくりを試みているようです。ドライという画一的な嗜好を浸食することで成長してきた発泡酒が、今度は多様化を始めています。
この傾向が進むことで、もしかするとビールの市場が再度活性化する可能性はあります。
すでに、サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」の大ヒットや、サッポロの「ヱビス超長期熟成」の発売など、プレミアムビールの拡大傾向は昨年から顕著です。あまりに画一化された「発泡酒ビール」に飽いた消費者が、急がずに味わえるビールを求め始めていることも現れではないかと思います。
ただし、この市場までも味にバリエーションを加えた発泡酒によって浸食される可能性もあるわけで、味を楽しめるビールを愛するもののひとりとしては、手放しでは喜べないのですが。

日本酒や焼酎が何度かのブームを経て、画一性を脱皮して多様な楽しまれかたをする商品となっています。また、ワインはもともとそうした傾向をもつ商品です(「イエローテイル」がヒットする背景には少々危険もかいま見えますが)。
もしかすると、ビールも画一化が極限まで進んだ状態からの揺れ戻しが、ようやく始まったといえるのかもしれません。

1年ほど前に、サッポロビールは看板商品である「ヱビスビール」の「超長期熟成」を完全限定でモニター販売した。しかしアクセスが殺到してサーバがダウン、結局先着順から抽選に申し込み方法を変更したという顛末があった(そのときの私の文章はこちら、結局抽選には外れた)。

先日、帰宅して台所にはいると、いつも見慣れている「ヱビスビール」の缶の雰囲気が違うのに気がついた。リニューアルでもしたかと思い、見てみると「超長期熟成」の文字が。そう、遂に幻の「ヱビス超長期熟成」が一般販売されたのだ。
近所のスーパーでは1本280円という価格、これは黒ラベルなどの定番品よりも、あるいは通常のヱビスビールよりもずっと高い。駅のキヨスクで買う、サントリーの「ザ・プレミアムモルツ」よりも高い(こちらは1本260円)。とびきりのプレミアム価格といえる。

他に買い物もあったということで、妻がとりあえず買ってきたのは350ml缶で8本。なにはともあれ、夕食のお供で乾杯したが、期待に違わぬ、いや上回る味だった。
もともとヱビスは上品で力強い苦みの感じられるビールだが、それがさらに存在感を増し、同時にまろやかな甘みも強まっている。傾向としては上述の「ザ・プレミアムモルツ」に近いが、より深みのある印象を受けた(ただし、条件を揃えて飲み比べてみたい)。
今回は食事しながら飲んだが、簡単なおつまみを用意して休日にゆっくりと楽しむのも良さそうだ。少なくとも、渇いた喉に流し込むにはもったいない。まさに”急がないビール”
さっそくスーパーにて24本入りをケースで購入、どの程度の限定なのかよくわからないのだが、買えるときに買っておかなければ。

上述の通り、1本280円という値段は(探せばもっと安いところはあるのだろうけれど)、デフレが進み「第3のビール」まで出現した現状ではかなりの高額商品といえる。とはいえ、キリンのチルドビールよりも安いのだ。
ビールなんか安いのでいいや、とお考えのかたも多いだろう。最近では「ビール」と称して発泡酒しか用意していない居酒屋まである。けれど、「ヱビス超長期熟成」はビールというお酒の果てしない可能性や底力を実感させてくれる。飲む量を半分にしても、十分に満足できるはず。おいしいから、飲んでみて!

急がないビール

| コメント(0) | トラックバック(0)

スローライフなどという柄ではないが、ビールに関していえば世の中みんな急ぎすぎなんじゃないかと思う。居酒屋に座るなり「生4つ!」と”とりあえず”注文し、届くなり半分ほどを一気に飲んで、ようやく落ち着く。夏場のビールはそんな風に消費されている。
その”生ビール”がキリンなのかサッポロなのか、ほとんどの人は気にしていないし、喉の渇きを一気に癒すのに違いがわかるものでもない。メニューの”生ビール”の下に小さく”Draft Beer”とあっても、”生は英語でDraftなんだ”と納得されておしまい。みんなビールが好きなのに、ビールにはなんの関心もないかのようだ。焼酎や日本酒ならば原材料が何で製法がどうで、といったうんちくをかたむける人も、ビールは一種類存在していれば良いかのようだ。

自宅の近所のスーパーマーケットには酒類のコーナーがあるのだが、ビールの品揃えにはあまり熱心とはいえない。アサヒスーパードライ、キリン一番搾り/ラガー/クラシックラガー、サントリーモルツ、サッポロ黒ラベルという定番商品に加え、サッポロヱビスとその黒がある程度だ。いずれもごく普通の、定番商品ばかり(もちろん、発泡酒はたくさんあるが、ここでは対象外)。
このかわりばえのしない棚に、もう1社割り込んでいるのが「銀河高原ビール」だ。コンビニエンスストアやスーパー店頭で、大手4社と並んで販売されていることも最近では珍しくなくなり、少なくとも店頭のシェアでは大手5社といっても過言ではない勢いが感じられる。

良く晴れた土曜日に、全国地ビール醸造者協議会主宰の「第7回 地ビールを楽しむ会」へ行ってきた。
このようなイベントの存在は全く知らずにいたのだが、妻が新聞に小さく載っていた告知記事を見つけてきたのだ。さっそく「全国地ビール醸造者協議会」のサイトにアクセスして詳細を調べて参加費が500円安くなる事前登録を済ませると、私の番号はすでに400番台、人気のあるイベントのようだった(会場で番号を見ると、事前登録者は1,000組を超えていたようだ)。

先日のエントリーでも書いたが、サッポロビールが人気のヱビスビールをベースに「ヱビス超長期熟成」のモニター販売を開始した。当初は4月16日にWEBサイトでの申込を開始、先着順に10,000名限定とのことであったが、肝心の申込開始時刻を私は見つけられなかった(結局は10時だったようだ)。お昼休みぎに「もう始まっているだろう」と思いアクセスした私が見たのは、アクセス集中によりサーバを一時停止し、15時に再開するという表示だった。

ビールのカテゴリーを作ったにもかかわらず、エントリーがひとつというのも寂しい。もともとおいしいビールに出会ったら書き加えていこう、くらいに思っていたものなのだが、このところ旅行にも行っていないし自宅で飲むのも普通の缶ビール。今日は何本飲んだなどと書いているとアル中のようなのでネタがなかったというのが実態だ。

何を隠そう、私はビール好きだ。決してたくさん飲めるほうではなく、むしろ酒には弱いのだが、おいしいビールがあると簡単に幸せになれる。
日本で一番多く飲まれているビールは、ご存じアサヒスーパードライなのだが、実は私はドライビールがあまり好きではない。なんだかからいばかりでアルコール入り炭酸水に麦の風味をつけたものに感じられてしまうのだ。蒸し暑い夏の夜にビアホールであおるには適した味なのかもしれないが、ビールはそれだけのものじゃない。スーパードライがこれほど飲まれている背景には、日本でのビールの飲まれ方が実に画一的で、単なる止渇飲料ととらえられてしまっていることの表れなのだろう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちビールが好きだカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはパンケーキです。

次のカテゴリは写真とカメラです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja