写真とカメラの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

11月初旬までの2ヶ月間貸し出しを受けている、EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」ですが、残念なことにあと一ヶ月の期間で長期旅行にでかける予定は、今のところありません。
そこで、自分で購入したP-5000での経験も含めて、長期旅行とフォトビューワについてまとめてみます。

<旅行にPCは必携か?>
もちろん、PCはいろんな用途に使えます。
旅先でもネットにつながればメールも受け取れるし、最新ニュースも取り逃さずに済む。撮った写真を簡単にレタッチしてその場でブログに掲載したりとか、旅行記なんかもリアルタイムで書けますね。あとは気が進まないけど仕事も。

けれど、せっかく日常生活を離れてでかける旅行なのに、普段の週末と同じような生活をしていたのでは、ちょっとつまらないかも。何でもできるがゆえに、普段の生活をそのまま持ち運べてしまうPCって、便利だけど旅行の楽しさを殺いでしまう無粋さも、持ち合わせています。
それに、ノートPC本体とACアダプタとマウスと...と準備していると、旅の荷物が3kgよけいになるんですよね。しかも破損が怖いから持ち歩かなくちゃならないし。荷物検査では取り出さないといけないし、面倒がたくさんです。

<9日間のPCレス旅行>
昨年(2007年)の夏休み、試しに9日間の旅行へPCレスで行ってみました。
ちょうどノートPCが調子悪かったこともあったのですが、旅行先のホテルの多くがネット接続可能になることで、なんかダラダラとネットを眺めたりしちゃっていたので、それをやめてみようと思ったわけです。

PCの代わりに持参したのは、フォトビューワ「P-5000」と80GBの携帯外付けハードディスク、USB接続のカードリーダーです。
カードリーダーは、使用していた一部のコンパクトフラッシュとP-5000の相性が悪く、読めないものがあったために追加したもの。結局出番はありませんでした(問題なく読み込めるカードで足りてしまった)。

やってみた結論は、長期旅行だからといってPCを持って行く必要なんかない、ということでした。もうこれで重い荷物とはおさらば、と思ったら、2008年2月の旅行では途中で仕事が入る可能性が高くなってしまい、MacBookを持って行かざるを得なかったのですが...

<観る、バックアップ、流す>
PCと違ってP-5000なら遊ぶときにも気軽に持って歩けます。
撮影した写真は、バックアップしなくても直接カードから表示できるので、どんなふうに撮れたかを確認しながら食事をしたり、ビールを飲んだりと楽しめます。この機種には「差分バックアップ」がなかったので、都度ハードディスクにコピーすることはしませんでした。

また、妻が使っていた、サンヨーのxactiで撮影した動画も再生できます(SD画質の場合、HDの機種はどうなんでしょうか)から、ビデオも大きな画面で観られました。
xactiは便利ですが、バッテリが致命的にもたないという欠点があって、撮ったビデオをバッテリの消耗をあまり気にせず観られるのも、P-5000ならではといえます。

ホテルに戻ったら、その日の撮影分をバックアップします。ものの数分で終わるので、カードを挿してバックアップを指定したら、ちょっとトイレに行ったり顔を洗っているうちに完了。
今度は、外付けハードディスクをつないでP-5000からハードディスクへデータをコピーします。これで、二重のバックアップが取れることになり、安心感も倍増です。ちなみにUSB給電で動くハードディスクでも、P-5000との組み合わせでは動いたりダメだったりしましたので、念のためACアダプタを使いました(P-5000,ハードディスク両方で)。

バックアップ作業がすべて終わったら(といっても、10分くらいしかかかりませんが)、市販のAVケーブルで部屋のテレビにつないで、写真やビデオを映します。MP3ファイルが入っていれば、スライドショーにBGMをつけることもできます。
その日の行動が順に記録されているので、1日を振り返りながらいろいろと話したり、「明日は何をしようか」と相談したり。せっかくニュースなんか気にしないようにPCレスのしたので、テレビでも現地のニュースなど見ません(最近は海外のホテルでNHKなんかも見られるのですが、ほぼ100%かけません)。

ちなみに、RAWとJPEGを同時記録していると、同じ写真が2枚続くことになります。RAWとJPEGだと表示に時間もかかるので、スライドシューの前に表示順を「拡張子」にしておきます。
こうすれば、まずJPEGを表示してからRAWになるので、JPEGが終了したらフォルダを変えるなり、一番最初に戻せばOKです。

<PCレスの旅行スタイル>
いや、多くの人は旅行だからといってPC持って行ったりしないでしょうけどね。
デジタルカメラが好きで、毎日何百枚も撮影するとなると、PCをもってくケースが増えるんじゃないでしょうか。中には、普段自宅で使っている、2kg以上の重めのノートをがんばって持って行く、ということもあるでしょう(最近流行りのネットブックだって、1kgを切るのは少ないですよね)。

フォトビューワを導入することで、相当量の撮影をする人でも、現地でレタッチをしたりネットへの掲載をしなくて良いなら、PCレスで撮影旅行を楽しめるようになります。
P-7000/6000でRAW現像やレタッチ機能が強化されたことで、SDカードやコンパクトフラッシュが使える機械があれば、プリントまで簡単にできるようになっていますから、いまやPCレスにできる人のほうが多いのではないでしょうか。

国際線の預け入れ荷物の制限も年々厳しくなっていますし、それでなくても荷物は軽いほうが良いです。たまの旅行でしか使わないのに軽量ノートPCを買うくらいなら、フォトビューワの導入を考える余地はあるんじゃないかと。
PCレスによって、写真撮影の利便性は低下しないばかりじゃなく、むしろ、より一層旅行そのものを楽しむことができるように、私は思います。

<これまでのレポート>
[EPSON P-7000 Report Vol.1] フォトビューワはなぜ必要なのか?
[EPSON P-7000 Report Vol.2] 差分バックアップが便利!な理由
[EPSON P-7000 Report Vol.3] RAW現像を試してみよう
エプソンの「エプソン プロセレクション・ブログ」の関連最新記事「フォトストレージビューワの便利グッズ その2」にトラックバックします。

ニコンから、「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」が発表されました。発売は12月とのこと。
これを皮切りに、2009年には単焦点レンズの大リニューアルがあるかも...とちょっと期待しています。

D3やD700など、従来のフィルムとほぼ同じサイズの「FXフォーマット」のカメラが発売されたものの、これらのカメラの性能を活かすにはそれなりのレンズが必要です。
14-24mm、24-70mmの高性能ズームレンズもD3と相次いで発売されたものの、これらはいずれも30万円に近い高額品。まあ、一度買えば一生ものかもしれませんから、消耗品とさえいえるボディに比べれば安いと考えられないこともありませんが、まあやっぱり高価です。

超望遠レンズのAF-S化はかなり進んでいましたし、望遠レンズでは、200mm/2.0や105mm/2.8のマクロレンズなどが出てきていました。一方で、50mmや35mm、あるいは85mmといった単焦点レンズのいわば「定番商品」の多くが、古いままで放置されてきたのです。
もちろん、これらのレンズがD3に全く対応できないのか、というとそうでもないでしょうが、新しいレンズではボディやソフトウェアでの収差補正などのアドバンテージがつけられています。多用される単焦点レンズのリニューアルは、いずれ必要に思えます。

今回発表されたのは、定番中の定番ともいうべき50mm/1.4です。
今ではほとんどの場合、Wズームキットか広角から望遠をカバーする高倍率のレンズが最初の一本ですが、かつて一眼レフを買うときの最初の一本といえば、50mmでした。私は中学から高校にかけてTOPCON(東京光学)のボディを使っていましたが、レンズはずっと50mm一本しか持っていませんでした。レンズ非交換一眼レフだったのです。

今回、50mmがリニューアルされましたが、まさかここで打ち切りということはないでしょう。
20mm、24mm、28mm、35mm、85mm、135mmと、このくらいはとりそろえていただきたいもの(まあ、いまのラインナップの置き換えですね。もっとも、そのうち何本を私が買うかってのは別の話なんですが)。
ニコンの場合、絞りリングのないGタイプが古いボディでは使用できないため、一気にラインナップを入れ替えて整理するのは難しいかもしれないのですが、商売上の効率を考えると、いつまでも過去の製品をフォローし続けることもできないでしょう。デジタル化にあたってマウント形状こそ変えなかったものの、実質的には別シリーズとして、切り替えるには「FXフォーマット」を投入した今が最適かもしれません。

液晶画面を使ってデジタル写真を鑑賞できる「フォトフレーム」には、多少の興味があります。
Macの画面でスライドショーをするのは電気の無駄っぽいし、いざMacを使おうとすると肝心の写真は見えません(そのためにデュアルディスプレイにするのも...)。
DLNAでテレビに表示もできますが、わが家のテレビは13年前のブラウン管なので、アナログ放送の画質はともかくJPEGを表示させるには不向きです。

たとえばこんな商品だと、画面はきれいそうだし、外部メモリカードやUSB機器にも対応していて、HDMI端子があるので大型テレビにもつなげます。ちょっと重たいけど、目的があれば持って行くこともできそうです。
欲をいえばネットワーク上の写真を表示するDLNAクライアント機能もほしいところですが、まあ、購買を検討しても良いかな、という商品です。ちなみに9インチ液晶の「DPF-V900」でも実売で3万円前後のよう(2008年10月現在)ですので、そんなに高価なもんじゃありません。

でも、私にとっては致命的な問題が。
私は縦位置の写真、好きなんですよ。撮った写真の30%~40%くらいが縦位置だと思います。で、800×480ピクセルのワイド液晶で表示される縦位置写真の解像度は...480×320ピクセル(アスペクト比は3:2ですので)。対角は9インチ液晶の場合で5インチ強、7インチの場合だと4インチ強ですか。これでは、迫力不足も甚だしい。
もちろん、天下のソニーがそのくらい考えていないわけではなくて、フレームを90度回転させてタテにすると、ちゃんと画面一杯を使って縦位置写真が表示されます。けれど、縦横が切り替わるたびにフレームをいじらなくちゃならない。

高品質の液晶画面は高いのでしょうし、他の機器で使われている汎用のものを使うからこそ安く作れるのでしょう。
けれど、「縦位置」というモノが存在する写真の鑑賞では、いちいちフレームを回すのではなく、最初から「正方形」の液晶に縦でも横でも同じ大きさで表示させる、というのがありがたいです。なんとかなりませんか。ならないだろうなあ...
しかも、「高価なもんじゃない」のなら、縦用と横用にふたつ買っておいとけば良いじゃないかとか、指摘されそうですね(笑)。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の試用レポート第3弾です。
第1弾第2弾>も併せてご覧ください。

<将来性を考えるとRAW>
従来のP-5000もかなりの完成度だったので、P-7000ではバックアップなら「差分バックアップ機能」、液晶画面ではAdobeRGB比の色域の拡大や視野角の拡大など、それなりに大きいけど改良の範囲に止まっています。
今回まったくの新機能として搭載されたのが、対応デジタルカメラでのRAWファイルの現像機能です。

RAWは高画質だけど、PCでの現像が前提になることやデータ量が大きくなることもあって、あまり使っていないかたも多いんじゃないでしょうか。私の使っているカメラはニコンのものですが、初期のD1のRAWファイルからも最新のD3やD300と同様の色合いでの現像が可能です(NikonのCaptureNXを使用)。
将来に渡って写真を楽しむためにも、使えるのならRAWで撮影をしておくと良いと思います。

一方で、RAWの現像にはPCが必要ですし、カメラメーカーによって方法も異なります(サードパーティのソフトウェアで現像すれば、同じ手順になりますが、多くはカメラに付属のソフトを使うでしょう)。
今回、P-7000で搭載されたRAW現像機能を使えば、さまざまなカメラのRAW現像を、同じ手順で行うことができます。これは、PCの操作に慣れないかたがたにとっては大きなメリットになります。

<では、手順を順番に>
まずはバックアップした写真の中から、現像するRAWファイルを選んで表示させます。
「Menu」ボタンを押して中から「編集」を選ぶと、「この画像を現像」という項目があります。これを選んで「OK」すると、「処理中です」というメッセージののちに現像操作の設定画面が出ます。


最初に出てくるのは、パラメータを選んで現像する簡易な操作画面です。
「標準」「人物」「風景」「夜景」「忠実」「モノクロ」という6つのパラメータを選ぶことで、面倒な設定なしで適切な条件が設定されます(「忠実」以外はJPEGからのレタッチでも使えるパラメータです)。
パラメータを選ぶと、右上に現像後の色合いをシミュレートした写真が表示されますから、個々のパラメータについて設定が頭に入っていなくても、好みの結果を探すことができます。

「マニュアル設定」も可能で、これを選ぶと今度は「ホワイトバランス」「露出・コントラスト・彩度」「カラーバランス」「シャープネス・ノイズリダクション」といった個々の条件設定ができるようになります。
それぞれの条件はスライダーで変更でき、数秒のタイムラグはありますが、左右に並んだ右側にレタッチ後の結果シミュレーションが表示されます。結果を常に確認しながら操作できますから、さまざまな条件を納得行くまで好きなように組み合わせてのレタッチが可能です。
設定が済んだら現像を開始します。1枚あたり現像には3分ほどかかります(パラメータを選んでの現像でも、マニュアル設定でも、あまり時間は変わりません)。現像・レタッチ後の写真を適当なフォルダを選んで保存して完了です(当然ですが、勝手に上書きしたりはしません)。

<手軽にレタッチの楽しさを>
デジタルカメラの性能がかなり向上して、カメラ任せで撮影したJPEGファイルをそのままプリントしても、相当満足できる結果が得られます。レタッチは必ずしも必要ではありません。
しかし、デジタル一眼レフはレタッチを色々と試しても色合いやコントラストが崩れにくい、高画質な写真を記録してくれます。レタッチによって露出の狂いを補正するだけでなく、よりイメージに近い写真に仕上げることができます。

多少の違いはあるものの、JPEGからのレタッチでも同じような操作ができます。
RAW現像だけでなく、JPEGでも簡易なレタッチ機能が使えることで、これまで「何となく面倒」とレタッチを敬遠してきたかたでも、気軽に試せるようになるでしょう。また、PCでのレタッチになれたかたにとっても、手元にPCがない場合でもある程度の作業をして店頭等でプリントできますから、撮影してからプリントにしたり、人に見せたりというタイムラグが大幅に縮まります。

単にバックアップするだけでなく、デジタル写真を楽しむための万能機に、「P-7000」は近づいたといえるのではないでしょうか。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の使用感レポートです。
Vol.1はこちらに。

<この機能を待っていた! ユーザーも多いのでは?>
P-5000はあえてモデルチェンジが不要なほど、完成度の高い商品だったと思っていましたが、今回の新機能のうち「差分バックアップ」は、「買い換えちゃおうかな?}と心が揺らぐほどの変化です。

以前の機種では、バックアップ機能はメモリカード内の写真まるごとを保存するように設計されています。
つまり、写真を撮っていてまだ一杯にならないうちにバックアップを取り、そのまま初期化せずに追加で撮影をすると、次のバックアップ時には先ほどすでにバックアップ済みの写真まで、再度取り込まれてしまうのでした。

これだと、使用方法は次の3つに限定されてしまいます。
 1.写真が二重、三重になるのは気にせずに都度バックアップを取る
 2.バックアップの都度、メモリカードを初期化して使う
 3.1日撮り終わるまで、バックアップしない

長期旅行中の私のスタイルは、1と3の混合でした。
でもこれだと、同じ写真が何度も保存されてディスク容量も無駄、バックアップ時間も無駄です。また、その日が終わってのバックアップでは、「さっきの写真、どうだったかな~」と確認する楽しみがありません。

<差分バックアップは必須の機能だったんだ>
P-7000が他のフォトストレージ商品と違うのは、なんといっても高性能の液晶画面がついているところです。
つまり、撮った写真をすぐに美しく(そこそこ)大きな画面で観られることが、この商品の大きな魅力なのですね。

けれど、差分ではない、フルバックアップしかできないとなると、撮ったらすぐにディスクに移して鑑賞、という使い方がちょっとやりにくい。
カードの写真をそのまま観ることは可能ですが、なにかあって写真が消えたりしたら嫌だし(漠然とした不安です)、とはいえ毎回バックアップするのは時間がかかります。メモリカードはあまり不要な初期化はしたくないし(これも実際には問題ないかもしれませんが)。

撮った写真のバックアップを作ることだけでなく、撮ったその場で観られる、という使い方をもっと気軽にできるようにするには、差分バックアップは必須の機能かもしれません。

<バッテリが不安、というかたのために>
バッテリそのものは以前の機種と同じものですが、カタログ上は、80GBぶん以上のデータ転送が可能になっています。
私の場合、プロカメラマンではないので、旅行中にたくさん撮るといっても毎日100~300枚の間。これは1200万画素のD300でも、4GBのカード一枚か、せいぜい2枚で足りる量です。

したがって、小分けにして500MBほどで10回バックアップを取ったとしても、液晶画面で写真を確認し、あるいは人に見せたりする余裕は十分にあります。
おそらく、ほとんどのユーザーにとっては予備バッテリは不要でしょう。バッテリの継ぎ足し充電による劣化を気にするのなら、ふたつあっても良いかな、という程度です。

1週間の旅行で充電器が不要、というわけにはたぶん行きませんが(バックアップ用途だけに絞れば、もしかしたら足りちゃうかも)、これまで4,5回旅行に持参して、バッテリ切れで肝心なときに...という経験はありません(P-5000での話ですが)。

<差分バックアップを使って、撮った写真をその場で楽しめます>
差分バックアップ機能で、写真を撮ったその場で、重複を気にせずにフォトビューワに移せるようになりました。
スナップ写真を撮った、すぐに撮った相手に確認してもらうことも簡単だし、相手がSDカードのカメラなどを持っていれば、その場でコピーしてあげるのもほんの数ステップでできます。この手軽さは、どんな小型ノートPCでもかなわないでしょう。

6~7万円という金額は、今だと「Eee PC」などの低価格ミニノートと競合する金額です。次の旅行に向けて、どちらにしようか迷っているかたも多いのではないでしょうか。
私は、使うときの手軽さ、コミュニケーションツールとしての使いやすさなど、いろいろな点で「撮った写真をあれこれ楽しむ」ことに特化して作られた「P-7000/6000」に軍配を上げます。2年もすればしょぼくれた旧機種になってしまうPCと違って、2年後にも快適に写真ライフを支えてくれること請け合いです。

先日報告のとおり、エプソンの新商品「カラリオフォトビューワ P-7000」の発売記念のブロガーイベントに参加し、2ヶ月間「P-7000」をお借りできることになりました。
すでに前機種の「P-5000」を使っていますので、その経験も含めて、何度かにわけてレポートをしようと思います。
エプソンのかたによれば、「まだまだ認知自体が不足している商品ジャンル」とのこと。認知を広めるのに多少なりともお役に立てれば。

<メモリは安くなりました>
さて、メモリーカード、特にSDカードが安いです。
数ヶ月前に秋葉原のショップで4GBのコンパクトフラッシュカードを買ったのですが、なんと3000円弱でした。愛用のニコンD300でなんの問題もなく動いています。SDカードならたぶん2000円以内で買えるでしょう。8年くらい前に、妻に誕生日のプレゼントとして「64MBのコンパクトフラッシュ」を1万数千円で買ってもらったのがうそのようです。

これだけ安くなると、旅行時には必要なぶんのメモリーカードを持って行けば良いようにも思えます。フィルムの何分の一の重さですからね。
一回の旅行でどれほどの写真を撮るかは個人差が激しいと思いますが、写真好きならば毎日100カットというのも珍しくないでしょう。撮影ポイントの多い海外旅行だと、気がついた200カット300カット、なんていうこともあるんじゃないでしょうか。1週間の旅程ならば1000カット以上にもなります。
1000万画素のデジタル一眼レフカメラで、RAWデータで撮影していると、1000カットのためにはおそらく20GBぶんのカードが必要です。4GBのカードを5枚持って行くのは可能ですし、たとえ倍の10枚でもさしたる負担ではないでしょう。

<たくさんのメモリーカードがあっても解決しないこと>
けれど、それでは解決しない問題もあります。
ひとつは、大切な写真のバックアップを作成すること、そしてもうひとつが旅行中に撮った写真を見たり、人に見せたりすることです。
バックアップの重要さは説明不要かと思います。メモリーカードの紛失や破壊、何らかのトラブルによるデータの消失などリスクはたくさんあります。

後者についていえば、現像やプリントといったステップが不要なデジタルカメラの利点である、「撮ったらすぐに見られる」が、カメラの背面にある小さな液晶では十分には活かせません。複数名で同時に見るには小さく、一部を除いては視野角も色の再現性にも限界があります。
一昨日撮った写真を、となると、当該カードを探し出してカメラにセットし、写真を探して...といった作業が必要ですから、およそ現実的ではありません。
こうした作業の多くは小型のPCを持ち歩けば解決できますが、PCは思い立ったときにさっと取りだして使うには、少々大げさで起動にも時間がかかってしまいます。

そこで、フォトビューワの出番です。
エプソンがけっこう長い年月をかけて(最初のP-1000が出たのは2003年のこと)熟成させてきたフォトビューワは、写真の撮影と鑑賞のさまざまな場面で、相当オールマイティに使えるものです。

<まずはデータのバックアップ>
私の経験では、PCを起動してカードスロットやカードリーダーを介して写真をハードディスクにコピーするのよりも、ずっと早くバックアップが取れます。
なんといっても、スイッチオンして6秒で使えるようになりますから、早い。カードを差し込むとデータを見るのか、バックアップするのかが選択できてボタンを押すとバックアップを開始します。データの読み込みもずっと早く、取りだしてカードを挿してバックアップ完了までのトータルの時間では、PCなど足元にも及びません。
たとえそのカードは初期化せずに持ち帰るのだとしても、簡単にバックアップが取得できるのは精神衛生上とてもよろしいものです。逆にいえば、バックアップというのは不測の事態への備えですから、手間なく簡単にできなければおっくうになってしまうものです。

<次に撮った写真の確認です>
一度店頭で見比べればわかりますが、カメラの背面にある液晶は、「P-7000」のそれに比べれば「単なる構図確認用の小窓」に過ぎないといっても良いほど、発色も視認性も劣るものです。
最近でこそ、ニコンのデジタル一眼レフのように背面液晶の品質の高いものも増えてきましたが、さすがに4インチの画面で、しかもAdobeRGB対比94%という広い色の再現性で見ると、その印象は全く違います。「P-7000」の液晶で見ると、自分の撮った写真が実際よりも5割増しで傑作に思えるほどです(これ、大げさじゃありません)。
画面が大きくて拡大表示もワンタッチですから、ピントや手ぶれ・被写体ブレの確認もすぐにできます。撮って、確認して、また撮ってというサイクルが、その場でできるのも大きなメリットでしょう。

<そして撮った写真はひとに見てもらいましょう>
撮った写真を背面液晶ですぐに見てもらっている光景は、デジタルになって当たり前になりました。「P-7000」なら、これまでよりずっと見やすくきれいな液晶で、写真を複数人が同時に見ることができます。
前機種の「P-5000」でも液晶の美しさは相当なものでしたが、残念なことに斜めからのぞき込んだときには色合いが極端に変わってしまっていました。今回はその点でもかなり改善されています。4〜5人で同時にのぞき込んでも、これなら大丈夫です。
もちろん、一般的なAVケーブルでテレビに映すこともできます。予め保存してある音楽をBGMにしながらのスライドショーが簡単にできますし、レーティング機能で選んでおいた自信作だけを見せることもできるようになりました。
旅行後は自信作だけをセレクトして「P-7000」に保存しておき、いろんな場面で見てもらうことができます。いうなれば何十冊ものポートフォリオを持ち歩いているのと同じです。

<え、ケータイ写真と似ている?>
撮った写真をすぐに確認できて、いつでも人に見せながら話題にできる...あれ、なんかに似ていますね。そう、携帯電話での写真の楽しみ方と一緒ですね。
写真は撮るだけじゃなく、コミュニケーションのツールでもあるわけです。ケータイのすごいところは、写真を撮って、保存して、人に見せるというすべての作業を、たった一台で実現できてしまうところ。
手軽さ、コンパクトさではカメラと「P-7000」の組み合わせはケータイには絶対かないません。けれど、世の中のデジタルカメラがすべてケータイになってしまうわけじゃない。やはり撮影用に作られた機材だからこそ撮れる写真があります。そして、高性能の液晶を備えたストレージだからこそ可能な、鑑賞の仕方があります。

カメラ付きケータイが一気に広めた、写真を介したコミュニケーションを、写真が従来持っている映像としての高いクオリティで実現してくれるのが、「P-7000」を初めとしたフォトビューワだ、というわけです。

<写真がコミュニケーションの真ん中に>
9月5日のブロガーミーティングに登場した、自称「EPSONでNo.1の写真好き」のE部長のプレゼンに、こうした特長をうまく表す言葉がありました。
【写真がコミュニケーションの真ん中にある世界】
これこそが、フォトビューワという商品を、すべての写真好きにおすすめしたいエプソンの気持ちでしょう。「P-5000」を2年ほど使ってきた私も、全く同感です。

もともとはメモリーカードの高価さや、プロの現場での必要性から生まれ、育ってきた商品といえるフォトビューワは、ケータイ写真によって「コミュニケーションの真ん中にある写真」が存在感を増しているいまこそ、真価を発揮できるんじゃないかと思います。

<おまけ 過去の当ブログでの関連記事>
 Sad iPod + 復活 = P-5000 !?(2006年10月30日)
 エプソンP-5000を動画ビューワとして使う(2006年11月1日)
 エプソンP-5000は写真の新しい鑑賞デバイスだ(2006年11月25日)
 P-5000と、メモリーカードの相性(2006年11月28日)
 カラリオフォトビューワの新機種「P-7000」「P-6000」が登場(2008年8月26日)
 エプソン「P-7000」ブロガーミーティングに、行ってきました(2008年9月5日)

<おまけ2 エプソンプロセレクションブログでのブロガーミーティングレポート>
 フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その1
 フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その2

9月4日に発売されたばかり、まだ湯気のたっている新商品のエプソン「カラリオ・フォトビューワP-7000」の体験ができるブロガーイベントに行ってきました。
アジャイルメディア・ネットワークでの募集数は10名で、多数の場合は抽選とのことだったので、くじ運の悪い私はあきらめていたのですが、珍しくも当選して参加してきたという次第です。参加された他のブロガーの多くが、かなり著名なサイトでしたので、バランスを取るために無名ブログ代表としての選出かもしれませんが。

会場は西新宿にある高層ビルのオフィス。入ったとたんにエプソンのかたがた10名近くに出迎えられ、ちと焦りました(せいぜい2,3名くらいかと思っていたので)。
約2時間の内容は、販売部門の部長さんのご挨拶、開発部門の部長さんによる商品紹介、ゲストの写真家/柳本史歩氏によるトークセッション(進行はエプソンの「けんたむ」氏)、そして実機の体験と懇親です。
こうしたイベントの常として、最後は時間が不足気味ではありましたが、あっという間に感じられました。最後にいただいたドーナツもうまかったです。

実機を試す時間帯では、二人がけのテーブルごとに社員のかたがついてくださり、質問に答えたり使用法を教えたりとフォローしてくださいました(それで人数が多かった訳です)。
もともと前機種の「P-5000」を使っていましたので基本操作は慣れていましたが、本体のみによるRAWの現像、トリミング・レイアウトしてのプリントアウトといった一連の操作をタイミングよくサポートいただき、短時間でしたが新機能についても大まかに確認することができました。

こうしたイベントに参加するのは初めてでしたが、この商品カテゴリーの認知を高めて、一人でも多くのカメラマン(プロ、アマ問わず)に使ってほしいという、エプソンの意気込みが実感できるものでした。後片付けまで考えるとおそらく23時頃までかかったでしょうし、長野からのメンバーは今日は帰れなかったんじゃないでしょうか。
開発部門の部長さんによるプレゼンからは、本当に写真が好きで、この商品が好きで、自信を持って送り出していることがよく伝わってきました。営業担当による立て板に水型のプレゼンも気持ちの良いものですが、気持ちの入ったプレゼンはしゃべりのテクニックどうこうというのには関係なく、共感できるものです。

今回のイベント参加の特典として、2ヶ月間「P-7000」を貸し出していただけるので、個々の機能については順次使いながらレポートをしたいと思います。

日進月歩のデジタル機器ですが、頭が痛いのは買ったばかりの新商品があっという間に「旧機種」になってしまうところです。
ほとんどの場合、新機種といってもマイナーな機能追加や数パーセントの処理速度向上であったりするので、それほどの差ではないのですが、なにせピカピカの新商品が半年も持たずにカタログから消えていくのが悔しいですね。そんなことを気にしていたら、何も買えないのですが。

そんな中で、けっこう長い商品寿命を誇るのが、エプソンのフォトビューワです。
私が発売とほぼ同時に購入し、使っているのは「P-5000」という機種なのですが、なんと発売は2006年10月なので、かれこれ22ヶ月も前のことです。ほぼ2年にわたって現役であったというのは、このマーケットが必ずしも活発に動いてこなかったということはあるにせよ、商品の実力が相当高いものであったことを物語っています。

P-5000は、ようするに80GBのUSBハードディスクにVGAカラー液晶とSDカード・CFカードスロットが装備されたもの。デジタルカメラで撮影した写真をすぐにバックアップし、きれいな液晶で鑑賞できる便利な機器です。
私は購入以来、10日間ほどの海外旅行に3度行きましたが、毎回P-5000を持参して写真をバックアップし、ホテルの部屋のテレビで撮影した写真や動画を見直して楽しみました。少々かさばりますが、旅行後に友人に写真を見せるのもとても簡単です。

また、P-5000にはUSB機器のホストとして動作するという特長があります。
実は私の使っているCFカードのうち一部が、相性が悪いのかP-5000の内蔵カードスロットにさしても認識されないのですが、USBカードリーダーをつなぐことで問題なく読めます。メモリースティックなど本体にスロットがなくても使うことができるわけです。
また、USBハードディスクを接続して、双方向にデータをコピー可能です。すなわち、P-5000ともうひとつのバックアップを非常に簡単に作成できるわけです。もちろん、外付けハードディスクに保存された写真や動画、音楽を再生することだって簡単。
当たり前ですが、単純にUSB接続のハードディスクとして使うこともできます。

約2年ぶりに登場した新商品のP-7000はハードディスクが160GBと倍増、80GBのほうはP-6000としてラインナップされました。
新たな機能としては、PCレスの単体でのフォトレタッチやRAW現像ができるようになったとのこと。RAWの簡易表示は以前からできていた(簡易表示というのは、要するにRAWデータに含まれる表示用JPEGを呼び出すものらしいのですが)のですが、現像とレタッチが可能ということは、デジカメをPCレスで楽しむというスタイル提案でもあるようです。
これがどの程度こなれた操作方法で、現実的なスピードなのかは実物を触ってみないことにはわかりませんが、携帯電話も含めてデジカメがPC以上に普及していることを考えると、考え方としては面白いと思います(ただし、PCを持たないデジカメユーザーが、このフォトビューワを買って使おうとするかどうかは、少々疑問ですが)。

カメラが急速にフィルムからデジタルへ変わってきて、写真を鑑賞するスタイルも徐々に変化していることと思います。
以前ならフィルムをまるごとサービス版プリントして、多くの場合お店がただでくれるアルバムに入れて眺める、というのが多かったでしょう。デジタルカメラでの写真を全てプリントするのかどうかはわかりませんが、自宅プリントも含めて、フィルム時代と同様に一度紙焼きをつくって鑑賞しているかたが多いのではないかと思います。

ただ、デジタルカメラだとランニングコストが低いためにたくさん撮ってしまうし、撮ってすぐに見られるというメリットがプリント前提だと損なわれてしまいます。
デジタルならではの鑑賞スタイルは、まだ確立されていないのが実態で、それゆえ従来どおりのプリントが中心になっているのでしょう。
何年か前から、小型の液晶画面にメモリカードに記録されている写真を表示するフォトフレームが商品化されていますが、ヒットしたという話は聞きません。飾っておくならプリントの方が安くて手軽だし、多くの写真を次々に見るために便利なものとは思えません。

私が先日両親の家に遊びに行った際には、iPodに入れていった写真データをテレビに映してスライドショーで見せました。
これはこれで大きな画面で見られて良いのですが、色合いが変わってしまったり(sRGBの写真をNTSCのテレビで映すので)、インターレースのため画面がちらつくのが気になったりで、プリントよりも疲れやすく、飽きやすかったように感じました。両親のテレビが従来画質(SD画質)のブラウン管であること、iPodからの出力がそもそも低解像度のデータであることなど、原因ははっきりしています。
そして、ようやくこれを解決する商品が出てきました。

ソニーから発表されたデジタルカメラ「サイバーショット」シリーズの2007年春モデルでは、全機種に「1080p静止画出力」の機能が付けられたようです。
これをハイビジョン対応のテレビにつなげば、従来よりもずっと解像度の高い写真を見ることができます。プログレッシブ表示が可能であれば、ちらつきもなくなるでしょう。1920×1080ピクセルは200万画素に過ぎませんから、昨今のデジタルカメラの高精細なデータを余さず表示できるわけではありませんが、SD画質のインターレース表示に比べれば月とスッポンです。
実際にハイビジョン対応テレビとつなぐには別売りのアクセサリーが必要、というのがちょいとせこいですが、必要としないひともいる以上、仕方ないかも。

ソニーはVAIOでも大型テレビにつなぐことを想定したモデルを発表するなど、テレビをさまざまなメディアの出力デバイスとして位置づけ、具体的な商品展開を進めているようです。
今でも、パソコンなどをサーバとしてテレビで写真や各種の動画データを楽しむ方法はありますが、必ずしも家電的なわかりやすさは実現できておらず、たとえば私が両親に「これ使ってみたら?」と勧められる状態とはいえません。でも、そう時間はかからないでしょう。
サイバーショットの新商品だけでなく、メールなどで送られてきたものも含めてデジタル写真を蓄え、テレビで簡単に呼び出してみることのできる環境が、ようやく整いつつあるように思えます。

私の三脚は、ベルボン(株)の「カルマーニュ640E」というもの。
かれこれ6~7年前に購入したもので、私が荒っぽく使うのであちこちに擦れた疵はできているものの、がたつきもなくしっかりとカメラを支えてくれます。カーボン素材で軽いけれど、剛性が強くたわんだりせず、旅行の共として最適です。

で、この三脚がちょっと調子を崩しました。
少し前から、脚のうち一本の動きがゆるくなってしまい、持ち上げただけで開いていた足が閉じてしまうようになりました。ちょっと場所をずらしたいときにもいちいち脚が開ききっているか確認をせねばならず、かなり不便。
そして、三脚に付属の3ウェイ雲台(付属といってもかなりしっかりしたもの)の取っ手のゴムカバーが外れるようになり、さらには今回の旅行で脚の石附ゴムも外れてしまいました。

さすがに実用に差し支えるようになったので、修理に出すことに。
販売店は以前住んでいた街で、持ち込むのは非現実的だということでメーカーのベルボンのサポート窓口にメールで問い合わせをしてみました。状況を伝えると、数時間もしないうちに修理見積と期間が一週間程度であること、そして山梨県の事務所まで三脚を送ってほしい旨が書かれていました。

さっそく、といっても問い合わせたのはウィークデイだったので、週末の日曜日に三脚を梱包(引越時の梱包材の残りが役立ちました)して宅配便で送り、翌日の月曜日に送った旨をメールで連絡して待ちます。
いや、待つつもりだったのです。

なんと、三脚はあっさりと水曜日には手許に戻ってきました。
もちろん、しっかりと修理がなされています。いやもうびっくり。日曜日に送った三脚は月曜日に届いたでしょうから、その日のうちか、火曜日にはすぐに修理されて火曜日に発送という早業。
もちろん、修理といってもとても簡単なものだったのでしょうが、それでもこうも短期間で終わるとは思いませんでした。

写真器材は、カメラを時々サービスセンターに持ち込むニコンをはじめ、新しいボディに適合するための調整を無料でやってくれたシグマなど、カスタマーサポートがしっかりしている企業が多いように感じます。
もともと、プロカメラマン向けの待ったなしの対応力を持っているからかもしれませんが(まあプロならば代替機材を持っていそうですけど)、生活必需品ではないにもかかわらず、スピードが速く、しかも修理費が安いという印象。
ニコンについては、同じ旅行中にデジタルカメラの背面、コンパクトフラッシュカードを挿入する箇所のフタ部分からゴム製のカバーがはがれてしまい、この修理代が材料費プラス1000円でした。持ち込みなので作業も効率的にできるでしょうし、出張料などがかからないとはいえ、やはり安いと感じます。

件の三脚は、たしか8万円前後でしたし、カメラはD2Hですので40万円ほど。
高いといえば高い商品ですが、その背景にはこうしたしっかりとしたサポート体制があると思えば、むしろ安いのではないか、と思えます。内部的にはとてつもない企業努力があることでしょう(おそらくこうしたサポートは収支だけを見ればマイナスでしょうし)。
バブル崩壊後のデフレ進行により、価値のある商品でも安くなければ売れないかのような風潮があります。けれど、こうしたしっかりとした体制に裏付けられた信頼できる商品には、それなりの対価を支払っても良いですね。ニコン、シグマ、そしてベルボン、今後とも信頼して行ける会社だと思います。

絶賛しているエプソンのP-5000ですが、ちょっと残念だった点もありました。
それは、ずっと使ってきたPQI製の512MBコンパクトフラッシュカードが読めなかったということ。スロットに差し込んでも、認識できません、と冷たい言いようです。
私はこのカードを2枚持っていて、主にコンパクト機のニコン Coolpix8400で使っています。このカメラでは毎日数百枚、なんていう撮影はしないので容量も十分なのです。
メモリーカードもとてつもなくたくさんの種類があり、とても全ての動作確認はできないでしょうから、うまく認識されないものがあるだろうとは思っていましたが、まさに自分の使っているカードが読めないというのはがっかりでした。

とはいえ、回避策はちゃんとあります。
P-5000は、USBホスト機能を持っているのですね。なので、USB接続のメモリーカードリーダーをつなぐと、ちゃんと認識してくれます。
いつも使っているリーダーに件のカードを入れてつなぐと、何事もなかったかのようにあっさりと認識してくれ、バックアップが可能でした。旅行中はいちいちリーダーをつなぐのも面倒なのでこの形態での運用はしませんでしたが、USBホストとして動くというのは、いざというときの安心感が違いますね(メモリースティックなんかでも、アダプタがない環境でもなんとかできちゃいますから)。

ためしにUSBハードディスクをつないでみたところ、バッテリ駆動時にはちゃんと動いてくれませんでした。ディスク自体はUSBからの給電で動くもののはずなのですが、さすがにつらいのでしょうか。
バッテリ駆動時の課題としては、4GBのマイクロドライブからのバックアップに失敗したこともありました。これは消耗度にもよるのかも(SDカードなど、他の媒体からのバックアップのあとでしたから)。追加試験はしていませんが、P-5000をバックアップ用途で検討中で、マイクロドライブを中心に使っている場合には気をつけた方が良いかもしれません。
USBといえば、デジタルカメラを直接つないでバックアップを、という考え方もできますね。やったことはありませんが(だってカードを取り出してスロットに差し込んだ方がずっと簡単だし)...

ところで、今さらですがこの製品の名前、「Photo Fine Player」なんですね。
一番わかりやすい使い方(バックアップ)から、勝手に「フォトストレージ」と呼んでいたのですが、エプソンとしても単なるバックアップ用機材としては高価だし、そんな商品として世に出したのではないことがうかがえます。
前回のエントリで、こいつの真価は「写真をバックアップする」だけでなく、「写真を見て楽しむ」場面を広げられることにあると書きましたが、商品名を見ればまあ一目瞭然なわけです。

11月の上旬に、9泊の海外旅行に出掛けてきました。
行き先はフロリダ州オーランドの「Walt Disney World(WDW)」。ご存じのかたは多いでしょうが、東京の山手線沿線を超える広大な土地に4つのテーマパークと2つのウォーターパーク、そして商業施設やスポーツ施設とリゾートホテルを持つ、おそらく世界最大規模のテーマリゾートです。

こんな場所ですので、当然毎回カメラを一式持参してたくさんの写真を撮ります。
特に、テーマパークのひとつ「Disney's Animal Kingdom」では多くの動物たちが見られますので、デジタルなのを良いことに一度に数百枚を撮ってしまうことも(フィルム時代は一度に使い切ってしまわぬよう、相当の自制心が必要でした)。
旅行時にはノートPCを帯同し、ホテルの部屋でその日の写真をバックアップ(内蔵HDとUSB外付けHDに二重)し、メモリカードは初期化して翌日使う、という運用が常でした。でもこれってけっこう面倒なんですよね。時間もかかるし。

そんなわけで、バックアップを簡便に、しかも大量データを引き受けられるストレージとして、今回はエプソンのP-5000を事前に購入、持参しました。当初11月だった発売予定が、10月下旬に繰り上がったために間に合ったというわけ。
結論としては、これは大正解。P-5000は7万円ほどする、わりと高額な機器ですが、その価値は十分にあります。反論もありましょうが、安いくらいとさえいえるほど。

バックアップ自体はとても簡単で、コンパクトフラッシュやSDカードをスロットに挿入すると自動的にカード内のデータ閲覧か、バックアップかを当メニューが表示されます。ここでバックアップを選び少しのあいだ放置するだけ。データ量によりますが数分から10分以内で終わります(私用しているのは1GBおよび2GBのSDカードと、4GBのコンパクトフラッシュ、同じくマイクロドライブ)。トラブルといえば、バッテリがつきかけていたのかマイクロドライブのバックアップが不完全な状態で中断したことが一度あっただけです(アウトレットにつないでバックアップしたらちゃんと終了)。
バックアップのスピードも、PCのカードスロットよりもずっと速い印象でした(比較テストなんか流行っておらず、印象のみですが)。むしろ、二重バックアップのためにP-5000からPCへのデータコピーのほうが時間がかかったほどです。

バックアップした写真や動画は、P-5000でもサムネイルが表示されて簡単に閲覧できます。800万画素のデータでもそれほどストレスを感じないスピードで表示されますし、液晶の美しさはノートPCの画面で見る気をなくさせるほど。
ヒストグラムやEXIF情報の表示もボタンをポンポンと押すだけで、ほとんどストレスなし。色合いを鮮やかに見せる「フォトプレゼンモード」はさすがにちょっともたつきますが、そもそもこのモードが不要なくらい、標準状態でも素晴らしい発色です。
RAWデータの場合は簡易表示(データが持つサムネイルを表示するだけ)なので拡大や縮小はできませんが、私の場合はRAWとJPEGを同時記録しているので写真の確認にはまったく問題ありません。あるとすれば、あまりの液晶のきれいさにP-5000で見て良い出来映えだと思っても、ノートPCで見るとなんだかつまらない写真に見えてしまうことくらいでしょうか。

部屋のテレビにつないで写真のスライドショーや動画の確認をしてみましたが、液晶やプラズマディスプレイを前提としているのか、古いブラウン管テレビでは画面の端が切れてしまいますし、ちらつきがちょっと気になります。
それでも、大きな画面で見られるのはとても快適(これはiPod photoでも確認済みだったのですが)で、スライドショーにBGMとして音楽を流すこともできるのでBGV的に流しておくのも、その日が振り返れて良い感じ。料理の写真が出れば味がすぐに思い出せますし、これは旅行後しばらくしてからやっても楽しそうです(枚数が多すぎるので、写真をセレクトする必要がありますけどね)。
また、旅行の写真をちょっと人に見せたいときにも、少人数ならこれ一台で、人数が多ければテレビにつないで、とても快適。iPodよりも液晶が大きいので(本体も大きくて重いですが)単独でも十分写真が楽しめます。
少し不満なのは、せっかく本体にレーティングの機能があるのだから、星4つ以上のファイルだけでのスライドショーといった機能があればいいのにな、と思います。それならファイル操作なしでも見せられる写真をセレクトできますし、人に見せるときも大量になりすぎずにすみます。

撮った写真をバックアップするだけなら、もっと安くてコストパフォーマンスに優れた製品があります。
けれど、P-5000は美しい液晶画面のおかげでデジタル写真の楽しみ方をちょっと広げてくれます。美しさというのは重要で、カラー液晶の品質が悪ければ写真自体の良さも損なわれます。P-5000なら実際以上に写真がよく見えるほどですから、デジタル写真の最終出力としても機能できます。従来の紙焼きプリントの代替にもなりうるもの。
単にフォトストレージとしてだけではなく、写真を鑑賞するための新しい道具と思えば、この価格、納得です。本当に買って良かった。

愛用のiPod(iPod photoの2代目、動画非対応)は、買ってから2年半になります。
その「顔」を初めて見たのは今年の5月、新幹線の中で突然音楽再生が止まって操作を受け付けなくなり、リセット操作を繰り返すうちの「sad iPod」の登場でした。
このときには、アップルのサポートサイトの指示どおりにディスクモードにしてから復元し、なんとか元通りに。なんだかハードディスク方面の異音がしていたようだったのですが、それも消えて何事もなかったかのよう。
そして、今月に入って通勤電車内での突然の停止。

妻には「直らなきゃ良いと思ってるんでしょ」と見透かされ、どうせなら新型を待ちたいけれど、買うしかないかな、とあきらめてました。
ところが、突然の停止から3日ほどたってからダメ元で操作してみると、なんと何事もなかったかのように復活を遂げていてびっくり。もっとも、ディスクには何らかの障害があったようで2割ほどのアルバムが消えていました。

さて、期待していなかったiPodの復活にすっかりと気分が良くなってしまい、別の散財をしてしまいました。数年前に登場した当初から気になり続けていたフォトストレージです。買ったのは発売されたばかりで湯気が立っている、エプソンのP-5000
たしかこのジャンル、飛鳥のTripperあたりが最初でした。メモリカードはまだ高価だったためかなり心惹かれたのですが、迷っているうちにMP3プレーヤの分解により4GBのマイクロドライブが安価に手に入ってしまい、撮影中にカードが一杯になるという心配自体がなくなりました(なんせ、RAW+JPEGで1000枚撮れますから)。

今でもこの状況は変わっていませんが、妻もデジタルカメラを2種類(GR Digitalxacti CA6)使い始めており、旅行時には一度二度バックアップの必要がありそう。
また、ノートPCがなくてもその場で写真が見られるのも楽しいものです。ZaurusなどのPDAやカラー液晶つきのiPodでも可能なのですが、画面にある程度の大きさがないと見にくいですし、Zaurusなんか液晶の輝度を上げるとバッテリが30分ももちません。
旅先のホテルにはテレビがありますから、つないで大きな画面で見ることもできます。もちろん、カメラにもAV出力はついていますが、フォトストレージなら昨日の写真もOK。友人宅にもこれひとつ持って行けば簡単に見せられるといういうわけです(テレビにつないでみる、という点ではiPodも同じですけどね)。

それに、最近、W-ZERO3[es]で動画を持ち出して見ることが増えています。出張の帰りなど、ちょっとくたびれて本を読む気にもなれないときなど最高。画面が小さいので肩が凝るのが難点ですが、P-5000なら4インチの大画面です。
なんせ80GBありますから持ち歩けるデータ量もかなりになります。あまり高画質を求めずに384kbps程度なら映画が250~300MBですから10GBぶんを使っても30本も入ります。1MB程度のJPEGは30GBあれば3万枚も保存できるわけで、過去の写真から気に入ったのを常に携帯できます。で、ストレージ用には残り半分の40GBが使えます。

音楽はiPodで、PIMはPDA(スマートフォン)で、そして写真と動画はフォトストレージで、というのは、全てが携帯ひとつで足りてしまう人にとってはあきれた重装備に見えるでしょう。そんなの、VAIO typeUがあれば一つですむじゃん、ともいえます。
けれど、専用機には専用機の使いやすさがあります。映画を見ている最中にメール着信音が鳴って画面が途切れるのはやはり興ざめですし、音楽のように満員電車や歩行中に楽しむならiPodのようなコンパクトなデバイスが適してます。
荷物が多少重くなりますが、言い換えれば常にPCを持ち歩くのよりも、取捨選択によって軽くできるということでもあります。「なんでもできる」PCの役割は、分解されて使い勝手の良い複数の専用デバイスに置き換えられていくのではないでしょうか。
となると、何でもありの携帯電話だって、そろそろ曲がり角にきているのかもしれませんが。

先日、実に久しぶりにポジフィルムでの写真撮影をしました。
使ったフィルムは富士のプロビアで、このフィルムを使うのは初めてでした(フィルムを使っていた時には、価格が安かったこともありコダックのダイナハイカラーばかりでした)。

撮ったは良いのですが、フィルムのままではWEBで使うことができません。
フィルムスキャナはSCSI接続のもので、今手持ちのPCでは動きませんし、ニコンのデジタルカメラアクセサリのフィルム撮影用アダプタは両端がトリミングされてしまいます(私はけっこう3:2の画面全体を使ったフレーミングが好きなので)。

そんなわけで、現像と同時にコダックのイメージパックCDサービスを利用してみました。以前はプロフォトCDと呼ばれていたものです。
普通のフォトCDでも良かったのですが、長辺1536ピクセルの4BASEまでしかなく、サービスサイズくらいまでの印刷にしか耐えられないのは少々不満。長辺3072ピクセルの16BASEまで使えるイメージパックCDにしたわけです。

ただしこのサービス、値段がちょっと張ります。
今回は36枚撮りフィルム2本をスキャン、保存して約1万円ほどかかりました。基本料金と新規ディスク代が合計で1050円、ポジフィルムからの書き込み料金が1カット126円です。ちなみに業務用の64BASE(長辺6144ピクセル)だと1カットあたり2625円。
フィルム代が約1000円ですから、現像代も含めてざっくりと6~7000円かかるわけですね。おおざっぱには一コマあたり200円となります。
とはいえ、久々に使ったポジフィルムでの青空の色は、やはりデジタルではなかなか表現できない発色と階調。フィルムにこだわって撮り続けるカメラマンが多いのも頷けます。

このイメージパックCDにはもうひとつの問題があって、色空間をきちんとあわせて開くにはPhotoshopが必要。
まあ、IrfanViewなどでも開くことはできますから、フィルムと見比べながら色を調整することは可能ですが、手間が少ないのは助かります。けれど、もともともっていたから良いようなものの(それでもバージョンは5.5のままですが)、この画像のためだけにPhotoshopを買う気にはさすがにならないでしょうね。

値段が高くて開くにはPhotoshoが必要という、いささか敷居の高いサービスですが、結果にはかなり満足しています。
これから先も、ときおりフィルムを使うことになるでしょうが、スキャナを使って一枚一枚自分で取り込む手間と仕上がりを考えると、十分に見合う価値はありそう。
とはいえ、過去に撮り貯めたフィルムを全てスキャンして保存するとなると、数十万円かかってしまいます。いっぺんには無理ですが、気に入ったものから少しずつやっていけばよいかな、と思っています。月に1、2本なら、なんとかお小遣いの範囲でやれますしね。

「ザクティ、いいかもね」と書いたのがちょうど1ヶ月前でした。
前回も書いたとおり、高性能なんだけど重くて大きなビデオだけでは、普段気軽にムービーを撮るのは無理。特に旅行中など、大きなビデオカメラを持ち歩くのをいやがった妻の選択は、Xactiの防水仕様「DMX-CA6」です。

Xactiには現状で標準画質の「C6」と防水仕様の「CA6」、そして720pのHD画像が録画可能な「HD1A」の3機種があります。
私はHD画質に関心があったのですが、コンパクトな機材で手軽に、という購入目的から外れてしまうのでパス。軽さと薄さ、操作のしやすさでは「C6」が有利でしたが、雨の日でも気にせず使える防水仕様ならば、別のムービーカメラを買ったあとでも使い続けられるだろう、ということで「CA6」に。カラーはシルバーです(ここが一番迷っていたようですが、「オレンジの方が人気です」と聞いてシルバーにしてました。天の邪鬼がうつったかな?)。
バッテリーは予備をひとつ、SDメモリーカードは価格のこなれていた2GBを一枚(バッテリーが60分強保つようなので、バランスはちょうど)、それぞれ購入しました。


さっそく日曜日に試し撮りにでかけてきました。
うまい具合に、というか午後から雨模様となり、思う存分に防水性能に活躍してもらうことができました。確かに、雨粒がかかっても気にならないというのは良いですね(もっとも、普通のカメラならば雨の中でなど使いませんが)。
曇っていて被写体のコントラストが低かったこともあるのでしょうが、ピントが合うのに少し時間がかかるようです。このため、あまり早くパンするとピントが合わないまま画面が流れてしまい、あとで見ると気持ちが悪いです。
ある程度の明るい場所ならば、ノイズも気にならずけっこうきれいな絵が撮れます(TV-SHQで撮影しました)。晴れた日中ならもっときれいでしょう、試すのが楽しみです。もちろん、DVにはかないませんが、コンパクトさ手軽さを考えると十分に引き合うもの。

暗い室内や夕暮れも、思って以上に明るく写ります。明るすぎて不自然なので、マイナス補正を多用したほどです。ホワイトバランスもかなりきちんと補正してくれるので、雰囲気を残したい場合には意識的に設定し直した方がよさそう。
当然ながら、暗部についてはノイズが目立ちますし、コントラストのある部分でないとピントもうまく調整できません。このあたりはDVだって変わりませんけどね。

画像というのは言葉でいろいろと説明するよりも見ていただくのが一番。
とはいえ、まだ買ったばかりでWEB用の小さいサイズのムービーもありません。そのうちに動画付きで紹介しようかと思います。

はてなブックマークの画面に、ここ数日「Askビデオ」のプロモーションとして動画デジカメ「ザクティ」のプレゼンとキャンペーンの広告が出てきます。このブログははてなダイアリーではないので、“Askビデオさん、動画デジカメ欲しい!”と書いてもプレゼントキャンペーンには参加できないのがちょっと残念。

洗濯機の修理時の対応が今ひとつだったこともあって、サンヨーの商品は当面買わないと決めているのですが、ザクティは少し以前から気になっているもののひとつです。
わが家の主力デジタルカメラはニコンのD2H、そしてビデオはソニーのHC1です。どちらも高性能の一方でけっこうかさばる機器で、ほぼ確実に使うときでなければ持ち歩くのはかなりおっくう。写真機については妻のリコーGRデジタル、私のニコンCoolPix8400という小型機(といっても後者はけっこう大きいのですが)があり、ごくたまに動画撮影機能を使ってみるのですが、まあ、たいした絵が撮れるわけではありません。

過去に、手軽に持ち歩いて撮影するために、キヤノンの小型のDVカムを買ったのですが、予備バッテリーやらDVテープやらも含めると意外と軽量にはならず、ほとんど使わないままに引き出しの中にほったらかしてあります。
メインの機材に比べて圧倒的に小型・軽量で、無駄になってもかまわない程度にコンパクトで、しかもそこそこの性能がありそうなのが、このザクティ。720P対応のHDモデルもあって、店頭デモを見る限りけっこうきれいに撮れているようです。

ただし、こうした機器の目下最大の課題はバッテリーです。
ハードディスクムービーのコマーシャルで、リュックが大量のDVDディスクをいやがって逃げ回るというのがありました。それだけの動画を撮るつもりなら、予備バッテリーと充電器がDVDディスクと同じような荷物になるじゃんか、と突っ込んでしまったのは私だけではないと思います。
ザクティでも、60分とか80分といったレベルのようですから、もともと長時間記録を想定していないにしても、撮影中にバッテリー切れを起こす心配からは離れられません。まる一日、予想以上に使ってもバッテリーの心配はない、というためには、2~3時間は最低必要。となると予備バッテリーを一組もたねばなりません。

省電力化には限界があるでしょうし、バッテリーが大きくなればその分重くなります。
コンパクトで手軽に使えるのが魅力のザクティが、バッテリーのせいで重く大きくなっては本末転倒でしょうしね。難しいところなんだと思います。ただでさえ、HD撮影のできるザクティのHD1は、従来のザクティに比べて大振りですし。
いまのHD1の大きさのままで、バッテリーが2時間くらいもつようになるか、HD1と同じスペックでSD画質のC6くらいの大きさになれば、旅行にはもってこいですね。来年の今頃には出てくるでしょうか。


8月18日(金)から31日(木)までの2週間にわたって、「ツール・ド・フランス」を12年間にわたって取材し続けているカメラマン、井上六郎氏の写真展が開かれています。会場は東京新宿にある「PENTAX FORUM」。高層ビル街にある「新宿三井ビル」の1階です。

会期二日目の本日、見に行ってきました。
午後からは井上六郎氏によるスライド&トークショーもあり、ツール取材時のエピソードなど楽しく聞かせてもらうことができました。気合いを入れて最前列に座ってしまったので、トーク中に目があって大変でしたが(^^ゞ

会場には50点以上の写真パネルが展示されていますが、ツール・ド・フランスの選手の写真というよりは、この大きな大会が行われている風景を切り取ったものが多く、自転車競技のファンだけでなく風景写真を好むかたにも楽しめるものだと思います。
黄金の麦畑や一面のひまわり、そして緑の丘と真っ青な空の中で、毎日200km以上を走り続ける過酷なレースが繰り広げられているのですが、選手や声援を送る観客も含めた絵を見ていると、思わず来年7月の予定表を空けたくなるほど。
写真を見ながら、どこからどうやって撮影したのだろうと想像するのも面白いです。

6月に発売された写真集「マイヨ・ジョーヌ」はもちろんのこと、選りすぐりの6枚セットのポストカード(800円)も買えます。
アンケートに答えると、なんと展示しているパネルから1枚がもらえる抽選まであります(まあ、たった1名の幸運なので狭き門になりそうですが...)。

まだ12日間、週末もありますから、ぜひおすすめします。
なお、六郎氏のサイトはこちら、2006年のツール・ド・フランスの現地レポートブログもあります。


料理を写真に撮るのは頭がおかしい、と書いているブログがあって、たいそうはてなブックマークがにぎわっています。
当該記事の内容はさておき(探して読めばわかりますが、さまざまな行動パターンを勝手にひとつの人格にまとめ上げて石を投げつけている文章ですので、まともにとりあうものじゃありません)、レストランで料理を撮影するという行動について、思い出したのが下記の記事です。

 料理写真を撮るな!!(All About)

タイトルには「撮るな」とありますが、撮るなら場の雰囲気を壊さぬよう、無音・ノーフラッシュですばやく撮ることを勧めています。著者は『「食べたものの記憶をビジュアルで残したい」こと自体は悪いことではない』というスタンスなので、上述の「頭がおかしい」と突き放すブログとはだいぶ距離があります。

私も写真が趣味なのですが、ときおり大きなカメラをもたずに手ぶらで遊んでみると、行き慣れた場所でも非常に新鮮に感じられます。そんなときは「ああ、写真を撮ることに夢中になって、思い出に刻みつけるということができていなかったのかも」などと反省することもあります。
けれど、そんなふうに"刻みつけた思い出"って、実際にはあっという間に忘れてしまうんですよね。だって、一昨日の昼ご飯だって思い出せないじゃないですか。楽しかったといっても、休日の一コマ、バケーション中のちょっとした場面が、それほどきちんと思い出に残りますか? 私には無理です。

写真やビデオ、あるいは手記でもかまいません。楽しい時間を思い起こすトリガーとなるものが手許に残っていることで、私たちは時間をさかのぼって思い出に浸ることができます。小さなお土産や記念品も同様。
たしかに写真というのは凝り始めると構図はどうか、どこまでピントを合わせるか、コントラストはどうするかなどと考えることが多く、端から見ると風景を愛でるのではなく撮影が目的化しているようになりがちなのも事実です。
けれど、それが他の人たちへの迷惑になっていない限り、外野からとやかく言う話ではないでしょう(迷惑になるほどの逸脱した行動があれば、もちろん非難されるべきです。でもそれは写真を撮ることの問題ではなく、その個人の良識と品位の問題です)。

料理に話をもどすと、おいしかった料理を思い出せるように記録しておきたい、というのは割と自然なこと。写真以外にも、レストランのメニューをコピーしてもらうこともあります。
写真があれば、あとからおいしかった料理を思い出すのも簡単ですし、次に行くレストランを決めるのにも参考になります。迷惑をかけず雰囲気を壊さずにさっと撮影することはそう難しくありません。

 参考
 デジカメ撮影テクニック講座(9) 料理をおいしく撮ってみよう!(All About)

もちろん、店の雰囲気によっては最初からカメラを取り出さないことも少なくありません。あとで「写真があったら良かったかな」と思い起こすこともあるのですが、ふさわしくない場所では撮らない、というのが優先。
いずれにしても、思い出をビジュアルに残すというのは、けっこう当たり前の、自然な欲求なのではないかと私は思います。あとは、それが許される場所柄というのをちゃんと判断していれば、それほど大きな問題ではないように思えるのですけどね。

レンズ交換型の一眼レフデジタルカメラ(以下、デジタル一眼)に関心のないかたには、よくわからないタイトルかもしれない。けれど、この話題はデジタルカメラ関連の掲示板で登場すると必ずといって良いほど”荒れる”テーマといって良い。
デジタル一眼のカタログを見ると、「レンズ焦点距離は35mmの1.5倍相当」といった表記が見つかるが、これは、従来のフィルムに比べてデジタルカメラのフィルムに相当するCCDやCMOSといった半導体の大きさが小さいため、同じレンズを使っても写る範囲が狭くなることを示している。ちょうど、写真の中央部分を切り出したものと考えれば良い。ニコンでは、デジタル一眼の全ての機種でこれが1.5倍相当に(つまり300mmのレンズで450mmと同じ範囲が写る)なるよう共通化されており、「DXフォーマット」と称している。
この半導体(撮像素子と呼ばれる)の大きさが従来のフィルムとまったく同じになれば、同じ範囲が写ることになり、これが一般に”フルサイズ”と呼ばれている。
4年ほどデジタル一眼を使っているが、私にはこの”フルサイズ信仰”がどうも理解できない。

デジタルカメラがもたらした最大の変化といえば、写真一枚あたりの限界コストの大幅な低減だといえるだろう。一枚の写真を追加で撮影するためのコストは、デジタルではゼロに近い。
単純な計算だが、50,000円のデジタルカメラで2,000枚撮影すれば一枚あたりのコストは25円。おそらくフィルム代と現像代でも同じようなものではないだろうか。しかも、デジタルの場合は最初に払ったカメラ代やメモリーカード代以外に新規の出費はないので、ランニングコストがゼロである点が大きい。また、とりあえず撮って、気に入らなければすぐに消せるというのも大きなアドバンテージだ。結果として、フィルムを使っていた頃に比べてデジタルでの撮影枚数は何倍にもなるはず。一本のフィルムを何ヶ月もかけて使い切る、という方も少なくないだろうが、同じ方がデジタルカメラなら一回の旅行で100枚、200枚と撮影すると思う。

カメラ量販店の店頭で普及型の一眼レフカメラを購入するとき、一番お得感が強いのが「カメラボディ+レンズメーカー製ダブルズームセット」ではないだろうか。カメラメーカーの純正レンズの場合もあるが、だいたいは「28-105mm(70mm)」と「70-300mm」の標準・望遠のズームレンズがセットされたものだ。カメラだけを買うよりも数万円アップでひととおり広角から望遠までカバーできるので、スターターキットとしては十分だ。中には簡単な三脚までセットに含まれる場合もある。

一眼レフカメラは各社から出ているが、イメージとしてはキヤノンとニコンが2大メーカーであるといっていいだろう。一眼レフの中でもデジタルについていえば、ハイエンドから普及機まで複数の機種をラインナップしているのはこの2社だけであり、これから購入を検討する上でこの両社をはずすことは考えにくい。

デジタル一眼レフカメラが元気だ。
数年前までは熱心なファンだけが使う高価で特殊なもの、という位置づけであったと思うが、このところいろいろな撮影ポイントで使われているのをよく見かけるようになった。売場で展示される面積も広がり、すっかりデジタルカメラの主要なジャンルとして確立したようだ。
特に、2003年末にキヤノンが発売した「EOS Kiss Digital」は画期的だった。徐々にやすくなったとはいえ30万円以上の高額商品であったデジタル一眼レフを12万円という、手を伸ばせば容易に届く価格レンジに落としたことにより大ヒットしている。

相変わらずデジタルカメラ売場が盛況なようだ。ホンの3~4年前までは各社の代表的な機種についておおまかな特徴を把握できていたつもりだったが、今ではどんな機種があるのかさえわからず、友人にお勧めのデジタルカメラを、と問われても返答に窮するほどである。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち写真とカメラカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはビールが好きだです。

次のカテゴリは外国語です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja