書評と感想の最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

最近、書店の新書コーナーを眺めていつも思うのが、このことです。
店頭にある本はだいたいが「玉石混淆」です。これは新書に限ったことではありません。また、「玉だ」「石だ」といっても客観基準などなくて、私にとっての「玉」が他の人にはつまらぬ「石」ということは少なくありません。もちろん逆もあります。

とはいえ、かつて岩波、中公、講談社くらいだったものが急激に増え、いまや何種類あるのかわからなくなった昨今の新書棚を見ると、「石」の比率が高すぎて、なんだか石から玉を選り出すというよりも、砂金取りのような気分になってしまいます。
以前であれば別の体裁で出ていたであろう時流に乗っただけのテーマ、中を開けばインタビューの編集とすぐにわかる薄っぺらな言葉、行間を広げて無理矢理ページ数を稼いだ隙間だらけのページ、なんというか、見た途端にくたびれてしまって本を探そうという気持ちにならないのです。

毎月の新刊が10や20であれば、それぞれを手にとってページをパラパラとめくり、内容を吟味することも可能でした。しかし、いまや店頭の新刊コーナーに並ぶのは、そんな数ではありません。
同時に、「○○はなぜ××か?」等の安直なタイトルが増え、私の嫌いな品のない煽り文句をコシマキ(もちろん著者ご尊顔つき!)にまとった本ばかりになってしまいました。量の面だけでなく、タイトルや装丁などの見た目でも、とても関心の持てる状態ではなくなっています(その上、講談社現代新書のように購買意欲を減退させる装丁もあります)。

簡単にいっちゃうと、新書はすでに私が「玉」を探そうとする努力を放棄したくなるほど、「石」の比率を高めてしまっているように思えるのです。
当たり前の話で、毎月毎月これほど多くの新書が発刊されたからといって、そのすべてが(私にとって)関心を惹き、手に取らせるものであるわけがないのです。むしろ、全体量が多くなるほど、多くの読み手にとって本を探し、選ぶことは難しくなっているでしょう。

いま新書を真面目に作ろうとするなら、むしろ新書というパッケージを一度見直すことを優先すべきではないかな、と思います。
この商品カテゴリーは、いわば完全にコモディティになってしまって、差別化は極めて困難です。良質(何をもって、は人によりますが)な商品であっても、パッケージングの派手さやその時々の流行との親和性がなければ、売れにくいのではないかと。
あえて新書という形状、厚さ、売場から外した新カテゴリーに移ることで、新書を離れつつある読者を引き戻すことも、考えた方が良いんじゃないでしょうか。

このところ、ビジネス雑誌でも一般書籍でも、「勉強法」が大流行のように見受けられます。「プレジデント」でも特集が組まれていますね(2008.8.4号)。
こうした記事などを眺めると、読んでおくべきお薦めの書籍の一覧などが出ていて、私などは「知っているけど絶対に読まない本」が上位に並んでいて笑えます。まあ、金持ち父さんとかチーズとかさおだけ屋とか品格とか、そんな類。

プレジデント誌の記事中に、「ベストセラーも読んでおかないと、話題に参加できない」といった主旨の発言が取り上げられていました。
たしかに、仕事をするうえで人付き合いというのは大事だし、共通の話題を見つけるのも大切なコミュニケーションのテクニックのひとつだと思います。現に、この手のコミュニケーションが決して得意ではない私は、相手の提示してくれる話題に乗ることでなんとかしのいでいることが多く、上の発言の主旨も良く理解できます。
取引先などで、ベストセラー(金持ち父さんとかチーズとか...です)の話が持ち出された時など、その場の会話を無難に進めることはかなり大事。間違っても小馬鹿にした態度を表してはいけません。嘘はつかずに、でも相手を不快にさせずに、にこやかに切り抜けねばなりません。取引先だけでなく、上司や同僚の場合でも同様です。あえて人間関係を悪化させる必要はありません。

私の場合、感情がすぐ態度に表れてしまう方なので、けっこう見破られていることでしょうが、それでも正面切って否定しなければ、ひとまず良いのです。
たとえベストセラーであっても、中には良いことも書いてあるのでしょうから、相手が読んで感心した部分について共感を示すことは可能です。著者の実際の主張やそれが売れている社会の文脈といったものへの意見はひとまず棚上げして、目の前の相手が読み取り、価値を感じている事柄に共感できれば、マイナスにはならないでしょう。
「僕は天の邪鬼なほうで、普段はベストセラーは読まないんですが、それはちょっと面白そうですね」くらいいっておくのは、本心ではなくても無難に会話を進める上では大切と思います(「じゃ、貸してあげるから読んでご覧よ」といわれて差し出されると、少し困りますけどね(笑))。

だいぶ横道にそれました。いいたいのは社会人の会話テクニックではないのです。
ベストセラーを読んでおくことは、たしかに共通の話題づくりいは有益かもしれません。けれど、毎月何十冊という本を読むならばともかく、月に5冊程度の読書量ならばベストセラーを「会話の仲間入り」のために割り込ませるのは、ちょっともったいないと思います。その程度ならば、ちまたにあふれる書評やブログの感想をいくつか拾い読みして、なんとなく内容を把握しておけば何とかなります。
なにより、ただでさえ同じようなテレビ番組を見て同じような新聞を読み、似たような服装で寄り集まった同質な集団になりがちな日本の企業や団体のメンバーが、さらに読んでいる本も同じというのは、ちょっと気持ち悪くないでしょうか(かなり強引に単純化しちゃってますけど)。

同質な集団は中にいると居心地が良いかもしれませんが、外から見ると少し異様です。
異様なだけなら離れていれば良いでしょうが、そこに参加して一緒に仕事をする必要があるとなると、集団の過度な同質化はマイナスに働く一方です。
組織の多様性なんていう話は当たり前に語られるようになっているのですから、読む本の選択や学ぶ領域なども、むしろ多様性を歓迎し、促進する方向でありたいもの。今回のプレジデント誌の記事でいえば、「年収1000万以上の1000人」が推す本と著者なんていう特集は、ちょっと違うんじゃないかな、という感想を持ちます。

ベストセラーを読むというのは、熱心に最新の情報を採り入れているのと同時に、選択を放棄している行為でもあります(もちろん、ベストセラー”も”読む、というかたはこの範囲ではありません)。
「ベストセラーだから読まない」という私もかなり偏っているし、消してほめられたものではないだろうと思うのですが、それでも、みんなが同じ本を読み、それで「勉強した」気になっているのは、かなりまずいのじゃないかな。あなたはあえて自らの中にある多様性の芽を摘んでいないか、と。そして、周囲にも同じ行動を期待していないか。
朝には日本経済新聞を読んで夕方は夕刊紙、毎晩欠かさずワールドビジネスサテライトをチェックして...というのも悪いとはいいません。けれど、自分の中にあえて多様性を残しておく努力を忘れないようにしたいもんだと思っているのです。
勉強と称してひたすら同質な情報を追いかけることは、本来の糸とは逆に、自分自身と周囲と人々の可能性を、殺してしまう結果を招かないとも、いいきれないのではないかと。

先日取り上げた週刊東洋経済の特集、『最強の「読書術」』で紹介されていたのがきっかけになったのか、この数日間で「Soundview Summaries」「Soundview Executive Book Summaries」といった検索語でたどり着くかたが多いようです。
Google検索でなんとトップに表示されるのが、下記のページです。

 「ビジネス書ダイジェストのススメ ~ Soundview Executive Book Summaries」

上の記事にも書きましたが、このサービスは毎月2~3冊ずつ、アメリカで話題のビジネス書を8ページのサマリーにして届けてくれるというものです。
サマリーの内容は、PDFファイル、HTML、マイクロソフトのeBook、PalmのPDAで読むdoc形式、そしてサマリーを朗読した音声ファイルがMP3で提供されます(なお、4ページの書評については朗読データはありません)。この中から自分にあったものを選んで読めば(聴けば)、あまたも今日から国際ビジネスマン...かも。
東洋経済では、日本語だけでは周回遅れ、なんていう刺激的な文字も躍っていましたが、たしかに翻訳を待たずに話題の本を「読んだ気になれる」というのは大きいでしょうね。サマリーでも中心となるアイディアはちゃんと理解できますし。

1年契約で、価格は情報を届けてもらう媒体によって変わります。
一番高いのは、サマリーの印刷物とCDのセットで$199、続いてCDのみが$189、印刷物のみが$179、そしてお得なオンライン契約が$119です。2年契約、3年契約ならばここから割引があり、さらにお得です。
CDはEnhanced CDになっていて、上記のファイルが収められているほか、CDプレイヤーで音声を聞くことができます(もちろん、iTunesなどでリッピングして携帯プレーヤへの転送も可能...てか、MP3ファイルも入ってますけどね)。

私は前回の更新からCD送付からオンライン版へ変更しました。なんといってもこれだけで$70の差は大きいです。
PDFファイルも好きなときにオンラインで取り出せるので、メディアなど不要(契約したときには、オンラインのみという形態はなかったのです)。
申込はとても簡単で、Soundviewのサイトからすべてオンラインで済ませることができます(右端にある、「Subscribe Now, Click here」というバナーからどうぞ)。クレジットカード決済ができますので面倒はほとんどありません。

Subscribeすると、オンラインでのユーザー登録ができるようになります。
だいぶ前なので手順は忘れてしまいましたが、たしか契約時のNo.を入れてメールアドレスやらを登録した記憶があります。ユーザーIDとパスワードは、自分で設定できます。
私の場合、CD送付の契約後にオンラインサービスが始まったので、最初からオンライン版で申し込むと手順は少し違っているかもしれません。

以後は、サインインすると好きなときに「My online summaries」にアクセスして契約が始まってからのすべてのサマリーを好きなときに取り出すことができます。
私の場合、2005年12月分からの契約ですので、これまで32ヶ月分のサマリーにアクセスができます(残念なことに、さらにさかのぼってアクセスが可能になるサービスは、今のところありません)。
PCでの利用はもちろんですが、普段持ち歩いているイーモバイルのEM・ONEでもサイトへのアクセス、データのダウンロードともに問題なくできます。携帯電話でも可能だとは思いますが、PDFファイルは600~700KBあるので試したことはありません。PDFファイルを携帯電話で表示させてみたことはありますが、画面サイズや表示領域の点であまり実用的とはいえませんでした。
MSのeBook形式ならずっと小さくなるようですから、試してみても良いかもしれません。Pocket PC用のReaderもありますし。私が以前PCで試したときには、フォントサイズの調整がうまくいかなかった記憶があります。もちろん読む分にはちゃんと読めました。

私の場合、アナログではありますが(あと、環境にも優しくないのですが)、PDFファイルをプリントアウトして読むことが多いです。もとがレターサイズなのでA4に印刷するとちょっとだけ小さくなりますが(97%くらい)、読むのに不便なほどではありません。
画面で読めないことはないのですが、EM・ONE程度の表示領域ではどうしても拡大表示しないと辛いですし、途中でどこを読んでいたかわからなくなってしまったり。やはり紙はラクです。
もしPDAや形態で読もうとするならば、一手間かかりますが、HTML形式から文字情報だけを(サマリーではイラストや図はまず使われないので)コピーしてテキストファイルにしてしまうのが一番かもしれません(PDFからも選択してコピーできますが、HTMLからのほうが改行などが入っていて読みやすいです)。

英語が不得手で、というかたには、HTML形式がおすすめです。
ブラウザで表示させてから、Googleツールバーのボタン一発で翻訳すれば、まあなんとか内容の理解の助けになる程度の日本語にはなります(もっとも、一度に翻訳できる分量に制限があるのか、後ろのほうが英語のままだったりしますが)。
このあたりは、英語リーディングの訓練と情報収集とを同時にやろうとするか、情報だけを効率よく採り入れるかによって選べば良いと思います。

さて、音声ファイルのほうですが、私はたまにしか聞きません。
さすがに英語圏で売ることを前提とした商品なので、読むスピードはもちろん速いです。よほどがんばらないと、途中で呪文になってしまいます。通勤中に聞いていても、ふと車内アナウンスに気を取られた瞬間に話が見えなくなることも。
テキストを眺めながら音を聞くという方法ならば、ついて行けるんじゃないかと思います。ただし、サマリーそのものを読むのではなく、いちぶ表現が違っていたりするので要注意(おそらく朗読は最終稿じゃなく手前くらいの原稿をもとに吹き込んでるんじゃないかと推測)。

良いことずくめのようなサービスですが、送られてくるサマリーは向こうで決められていて、選ぶことはできません。
アメリカでの流行り廃りがあるのか、最近ではリーダーシップに関する本がやたらに多いのですが、ジャンルを絞ることもできません。年に30冊ほどのビジネス書サマリーが来るけれど、そのすべてが苦労して英語を読んだ甲斐があったものになるとは限りません。むしろ、5冊に1冊くらい自分の問題意識にあっていたものがあれば、良しとする程度かも。
さらには、ちょっとぼーっとしていると積ん読(実際には積まれてもいませんけど)になっちゃう危険性もありますので、$119の価値があるかどうかは活用次第です。

300ページの原書を読むには、たとえば私の場合だと(他の読書も並行していることもあって)半月くらいかかっちゃいます。
本当にしっかりと読み込みたい本があればそれでもかまいませんが、まずは主たるアイディアだけを拾うことが目的ならば、サマリー送付サービスはそれなりにリーズナブルな選択ではないかと思います。月々にしたらたかだか1,000円ちょっとの出費ですから、ちょっと無駄遣いを減らせば良いくらい。
興味があるなら、まずは1年間、契約してみて判断してはいかがでしょうか。

「週刊東洋経済」2008年6月21日号の特集、『最強の「読書術」』を読みました。
感想は、私が取る立場によって大きくふたつの方向に分かれます。

ひとつは、会社員として仕事を進める上での情報収集手段として本を読む立場です。ここに立ち止まっている限りにおいては、特集記事にはそれほどの違和感はありません。
おそらく「週刊東洋経済」の読者のほとんどはこの立場から記事を読んでいるのでしょう。ここでいう「読書」とは、仕事のために情報や手法を吸収するための手段に過ぎません。ものすごく乱暴な表現になりますが、「金儲けの手段としての読書」といえます。

違和感こそないものの、個人的には金儲けのために本を読むことは、決して得意ではありません。面白くもない本を勉強と称して読むのは昔から嫌でしょうがありませんでした。読書感想文を課せられると、どんな本でも灰色に見えるのと同じです。
こうした週刊誌の特集記事だけでなく、速読術や読書術の本が売れたり、その手のブログ記事が人気を博したりしているのを見ると、多くのビジネスパーソンや起業家およびその予備軍が必死になって「勉強」しているのが実感できます。勉強が好きで得意な人はともかく、嫌いな人たちは大変ですね。
仕事をする上での情報収集をサボるわけにもいかない会社員としての私は、こうした特集記事を否定しませんし、実際に似たような読み方もするのですが(事実、1時間もかけて読むのは単なる時間の無駄、という本もたくさんあるので)、どこかにひっかかりが残ります。

東洋経済の記事の中では、最初に登場する本田直之氏や3人目の佐藤優氏など、何の疑いもなく金儲けのために本を読み続けているようで、むしろうらやましささえ感じます。
本田氏などは、読書術で一山あてたと思ったら、時間術だの英語勉強法だのと良くやるわ、と感心します。立派な商人です(皮肉ではなく、本当に立派だと思います。ただしとうてい友人にはなれそうにありませんが)。
もちろん、雑誌に掲載された彼らの「読書」はほんの一面でしかない可能性はありますので、記事だけから判断してもいけないんでしょうけどね。

さて、本を読むもうひとつの立場は、もちろん仕事のためとか出世のためとか考えずに、ひたすら読むことを楽しむというものです。
この立場に立ってしまうと、この特集記事は気持ち悪さと居心地の悪さのあまり鳥肌が立つ代物とさえいえます。

書いてある内容が何であれ、読んでいる時間を純粋に楽しめるのが読書。
もちろん、書店で見かけてから実際に読むまでの時間や、読後の疲労と満足感のあい混じった気分、そして時間が経ってから残るフレーズや光景やアイディアなど、すべてのプロセスにも読書の楽しみはあります。
仕事のためにひたすら効率を追い求める「読書」は、こうした楽しみ方を捨て去って成立しているものです。雑誌に登場する齋藤孝氏などは、「人間力を鍛える読書」にも3色ボールペンなどという「情報管理技法」を持ち込んでしまう。それは効率的かもしれないけれど、趣味や楽しみに効率やテクニックを持ち込んでしまうことは、本好きとしての私には耐えがたいことです。だいたいにおいて「よーっし、本を読んで人間力を鍛えるぞうっ」などと気合いを入れているひとなんて、個人的にはおつきあいしたくありません。
ボールペンを片手にニーチェを読むなんて、何をそんなにがっついてるんだか、と考えてしまう私は、本読みとしてはかなり保守的で頑固なほうなのでしょう。

単純化してしまうと、金を稼いで資産を増やすための投資活動としての読書と、時間と小遣いの消費活動としての読書との間には、とてつもなく大きな断層があります。
最近は本を読むことの大切さが強調されることが多いように感じられますが、いささか前者が強すぎるように、私には感じられます。「読書」などという、時間と金の無駄でさして役にも立たない割にはやたらと理屈っぽく湿っぽい人間を作り出してしまう、けれど(だからこそ?)私がこよなく愛する行為を、投資だのレバレッジだの3色ボールペンだのくだらないもので飾り付けるんじゃないよ、と思う。

東洋経済の記事によれば、親が読書に親しんでいればその子も読書好きになる確率が高いそうですが、親の「読書」が消費ではなく投資一辺倒だったとき、その子は本を楽しいものと感じるでしょうか? それって、学校の勉強と変わらないのでは?
読むきっかけが仕事上の焦りや将来への恐怖でああったとしても、読むことそのものへの愛情が生まれなければ、長続きはしないでしょう。部長になった途端に勉強をやめちゃうだけ。
その意味からは、速読術やフォトリーディング、3色ボールペンなどのテクニックを示すのは、雑誌を売る、ノウハウ本を売るという商売としては理解できても、ものすごく短期的な付け焼き刃に過ぎないようにしか思えません。本来は子供に対するのと同じで、本を読んで新たな知識を得ること、新たな価値観や世界観に触れることの楽しさを、伝えるべきなのではないでしょうか。記事に登場したかたがたや、紹介されたブログの書き手からも、そうした観点での発言を引き出すことは、決して不可能ではなかったはずです。

結論としては、この特集記事は雑誌の寿命と同じく、せいぜい1週間しかもたない、蜻蛉のような存在であったというべきかもしれません。

短時間で検索をしてみたところ、読書が「自己投資」のためのものとして語られることの多さに疑問を呈している記事が見つかりました。
「自分がマイノリティなのか、マジョリティなのか。。。(改行)気になるところです。」とのことですが、「自己投資」のためにしか本が読めないひとは短期間で本を読まなくなるでしょう(きっと自分が満足する程度まで出世したり、稼ぎが増えたりしたら面倒なことはやめちゃうでしょ)。なので、人生80年で考えれば、ひたすら楽しんで読むひとのほうが、マジョリティだと私は思いますよ。

 「読書術って。。。」(乱読日記)

※ トラックバックしようとしたら、受け付けてませんでした...

この件、私としてはかなりイカっているので、4年越しで粘着してます。

 「リニューアルは、難しい」(2004年11月2日)
 「目立てばいいのか」(2004年11月30日)
 「改めていう、講談社現代新書の装丁はダメだ」(2006年3月23日)
 「そうだったか、講談社現代新書」(2006年9月8日)

というか、2年おきに腹が立ってくるようですな(笑) この中では、3つめの記事が突出してアクセスが多いです。たぶん、タイトルに「講談社現代新書」「装丁」「ダメ」というキーワードがあるので、検索で上位に表示されやすいんでしょう。

これら一連の「講談社現代新書装丁リニューアル気に入らないキャンペーン」の中で、私が一貫して主張しているのは、このリニューアルは書店店頭で「他社より目立つ」ことを目指して、販売側の論理優先で実施されたのであろう、ということです。

途中で背表紙が悪趣味極彩色から白に変更されたのは、講談社自身がさすがに間違いに気付いたかと思ったのですが、どうやら店頭在庫段階での退色が主たる要因のよう。このような初歩的な問題を引き起こしたということは、このリニューアルに本作りや書店での在庫流通といった出版社のサプライチェーンからの点検が実施されなかったか、無視されたことの現れでしょう。
事前に退色問題が検討されなかったか、無視された、ということは、店頭でほんの数ヵ月間目立つことが最優先され、ストックは非常に軽視されていることを如実に物語っています。

この装丁を行った「デザイナー」(こんなもんデザインじゃないでしょ、と思うのでカッコつけます)については何度かこき下ろしていますが、小飼弾氏が「ヤクザの抗争における鉄砲玉程度」と表現しているのが実に適切。
講談社営業サイドの意を汲んだ「デザイン」をでっち上げ、その宣伝に一役買って稼いだだけでしょう。コメントもトラックバックも受け付けていないブログで「反論は、直接、僕のアドレスヘ!(改行)か~るく、論破し、反駁します。」などと吠え立てる姿に憐憫を交えた視線を送っておくくらいが良さそう(この発言自体が実に「ヤクザの鉄砲玉」っぽいですな)。
あとできることは、自分の仕事で影響力を及ぼせる範囲では、この勘違い「デザイナー」は使わない、くらいでしょうかね(及ぶ範囲が極めて狭いですが)。

さて、冒頭に掲載した4つの記事のうち最後のもので、講談社現代新書の新装丁は極太の「コシマキ」による販促活動こそが、装丁リニューアルの大きな目的であったろうと推測しています。
カバーを二重にしているとさえ表現できる極太のコシマキが装着できること、これが講談社から「デザイナー」への注文だった、あるいは「デザイナー」が新書の装丁に必要なことだと考えたのでしょう。
上記の退色問題も、長期店頭ストックなど重視していなかった証拠のひとつと考えられます。新書の位置づけを、比較的長期間ストックされ、さまざまな専門分野への入門書として機能するものから、その時々のトピックスに食いついて短期間で売り切るものへとシフトしたのでしょう。現実問題として、そうでないと売れないのかもしれません。

このコシマキに「帯汚し」という秀逸な名を与えているのが、こちらのブログの記事です。

 『「帯汚し」について』(老水夫のごとく)
 「講談社現代新書の装丁の謎が解けた」(老水夫のごとく)

こちらの作者はグラフィック・デザイナーとのこと。いわばプロの目から、このリニューアルが「帯汚し」を助長するものであるとの指摘がなされています。

講談社現代新書の新装丁が極めて不評であることの理由のひとつが、こうした「帯汚し」の氾濫であり、そもそもそれを意図したリニューアルであったことが透けて見えることへの反感ではないでしょうか。読者は単に過去の装丁を懐かしんで保守的になっているのではなく、長年親しんできた「講談社現代新書」が、名前は同じでも全く違ったものへと変質させられているのを感じ取っているのでしょう。
その変質を象徴する新装丁が、変質前の過去のストックまでを侵していくことに腹立たしさを禁じ得ないのではないでしょうか。おそらく私のイカりの原因はこれです。

上記のブログでは、現在も続いている大々的な帯汚しも、「デザイナー」の手によるものとの推測がなされており、その発言が裏付けとして引用されています。
たしかに頷けるのですが、やはりクライアントである講談社が主導的に帯汚しを進め、かの「デザイナー」を「(販促的に)素晴らしい帯汚しをデザインできる人」として重用していると見るべきではないでしょうか。どうやら著名なひとであるようですし。まあ、どちらが主犯でも、良いんですが。

いずれにせよ、
・ぱっとみで「目立つ」ことを優先した装丁
・カバー二重化といって良いほどの徹底した「帯汚し」
・店頭での退色という問題へのすばやい対応ぶり
から考えると、このリニューアルにおいて最大の役割を果たしたのは、講談社の営業部門であると睨んで間違いないと思います。
上記三つ目には疑問があるかもしれませんが、当初から不評が明白だったにもかかわらず変更されなかったこと、一方で退色というおそらく顧客(書店)からのクレームにつながる問題への対応がすばやく進んでいることから見ると、デザインの見直しというよりは苦情対応を急いでいる、すなわち営業主導と見るべきです(これを、あの極彩色を排除する好機ととらえる勢力もあって、一気に進んだのでしょう)。

本が売れないからといって、中身よりもパッケージングをいじることで解決を図ったこの壮大な実験がうまくいっているのか否か、講談社の販売データを見られない私にはわかりません。
仮に失敗であっても、社内ではデータをあれこれと加工してでも数字を作り、特定の部門や特定のだれかにダメージを与えない工夫はなされていることでしょう(「デザイナー」を前面に押し出すのは、その意味でうまい方法です。ホイホイと乗ってくれてるみたいだし)。
以前の記事でも引き合いに出しましたが、この装丁や「帯汚し」なんて、いわばビールのペンギン缶にすぎません。どんなにパッケージングが上手でも、肝心の商品の価値が低ければ長期的にはその商品に未来はありません。

ときおりミリオンセラーが出るものの、それによって新書の売上自体が底上げされているという話は聞こえてきません。一過性のブームに便乗した粗製濫造の本と、本来ならもっと多く読まれて良い本とが、同じように軽薄で販促目当ての安っぽいパッケージに詰め込まれ、大量に並べられている現状を変えようとしない限り、決して明るい展望が開けることは、ないように思います。

先週には販売が始まっていたはずの「今日の早川さん2」ですが(ご存じなければこちらへどうぞ)、せっかくなのでブックカバーとブックマーカーのついた限定版にしようと思っていたのに行動範囲の書店では見つからず、ようやく昨日買えました。

新宿高島屋に隣接する紀伊國屋書店で買ったんですが、見つけるのに15分近くもかけてしまいました。店内の端末で在庫状況と場所を調べ、「1階27-01」に在庫ありとわかったまでは良かったのですが、該当のコーナーをいくら探してもありません。

場所としては「サブカル」のコーナーで、他のブログ発祥本も並んでいたし、ジュンク堂でもサブカルのコーナーに(通常版のみでしたが)展示されていたので間違いないはず。なのにない。
周辺の「女性エッセイ」だの「恋愛エッセイ」だのに紛れ込んでいないかと見ているうちに、はたと「そういえば高島屋の2階から歩いてきた」ということに気がつきました。

こりゃいかん、と、エスカレーターでひとフロア下へ。
児童書なんかが並んでいたのですが、「そっかー、子供たちに過度の読書を戒める目的かなぁ」などと解釈しながら売り場「27-01」へ。
でも、なんか違います。違和感を持ちつつも売り場を一周すると、そこには「2F」の文字が。
そう、確かに高島屋の2階から歩いてきたのですが、地形の関係で紀伊國屋書店の3階につながっていたのでした。なんのことはない、もうひとフロア下の、コミックの売り場にあるのでした。ここまで10分以上迷ってしまいました。

コミック売り場では当然問題なく見つけられ、無事に限定版をゲット。たぶんコミック売り場で本を買ったのは20年ぶりかそれ以上かもしれません。
内容はブログでの掲載当初から引き続き、本読みの生態をおもしろおかしく表現していて、ニヤリのちヒヤリ、というところ。最近ではあまりマニアックな買い方・読み方はしなくなってしまいましたが、やはりいま自分があるのは幼い頃からの読書体験に負うところが大きいです。

それにしても、普段あまり使わない書店では、ちゃんと案内を慎重に見るべきでした。くたびれて、他の売り場を回るゆとりがなくなっちゃいました。早川さんや岩波さんなら、ありえないでしょうね。

自分なりの「世界十大小説」を挙げてみるのが流行っているようです。
震源地はこちらでしょうか?

 世界十大小説(Where Sweetness and Light Faile)

あまり流行りものには乗らないほうなんですが、いろいろなブログでのリストを見ているうちに考えてみたくなりました。
私にとっての十大小説です。

1.カラマーゾフの兄弟 ドストエフスキー
2.モンテ・クリスト伯 デュマ
3.秘密の花園 バーネット
4.夏への扉 ハインライン
5.幻想の未来 筒井康隆
6.はてしない物語 エンデ
7.羊をめぐる冒険 村上春樹
8.ドリトル先生航海記 ロフティング
9.猛き箱船 船戸与一
10.黒後家蜘蛛の会(連作短編) アシモフ

ざっと眺めると、私はわかりやすい物語が好きなのだということがはっきりわかります。どんなジャンル、どんな傾向のものでも、まずは明確なストーリーがあることが、その小説にのめり込む前提となっているようです。あとは魅力的な主人公ですかね。
好き嫌いでいえば、挙げられる小説は他にもあるのですが、10冊に入れるかとなると迷いますね。たとえば「蠅の王」とか「トリストラム・シャンディ」あたりはかなり好きですが、なんとなくこのリストからははずしてしまいます。

10作品のうち、上位5つはそうそう変動しないもの、下位5つはそのときの気分や状況で入れ替わりそうなものです。
入れ替わりの対象としては、「水滸伝」と「西遊記」(今回はどちらにするか迷ったあげくに両方はずしました)、「モルグ街の殺人」(ポー)、「宇宙船ビーグル号の冒険」(ヴォクト)、「成長の儀式」(パンシン)、「マラコット海淵」(ドイル)、「ほら吹き男爵の冒険」(ビュルガー)、「ガルガンチュワ」(ラブレー)、「ガリバー旅行記」(スウィフト)、「ハックルベリイ・フィンの冒険」(トゥエイン)といったあたりです(これで10ありますね。とりあえずサテライトチーム、ってことで)。

「愛・蔵太の少し調べて書く日記」には下記のような一文があります。

もう少し新しいのも入れたいけど、もういい加減いい年になると世界が小説なんかで変わったりはしないんだよね。十大小説というより十代小説、という感じのオチですな。

私のリストもまさにその通りで、成人してから初めて読んだのは「猛き箱船」と「黒後家蜘蛛の会」。あとはすべて幼少期~10代にかけて読み、成人後に再読しているものばかりです。
もっとも、「世界少年少女文学全集」の抄訳を読んだのを「読んだ」というかは問題ですけどね。上に挙げたのは、すべてその後にちゃんと読み返してます。記憶していたストーリーと違ってたりしますけどね。
リストを眺めると、やはり多少の気恥ずかしさがあります。「秘密の花園」とか、こういうリストに紛れ込ませでもしない限りなかなか愛読していたとは告白できません。小学校の頃の読書体験が、けっこう後々までの読書傾向を規定するのはたしかです。

上記の引用部分でも指摘されていますが、30代、40代になってから読んだものは、やはり受け取る衝撃は小さくなります。だって、もうそれなりに育っちゃっていて、今さら人生観の転換なんて受け入れがたいですから。十代での読書体験とは質的に異なります。
これはやっぱり「老い」なのだろうなあ、と思いますし、年齢に関係なく優れた作品からの感動や衝撃を受容できる人たちが多少うらやましくもありますが、こうして育ってしまった以上は仕方ありません。今さらではありますが、受容力のあるうちにもっともっと世界を広げておけば良かったのにな、とは思います。
きっと十代の自分がそれを言われても、反発しか感じなかったでしょうしね。

本の感想を書くのは久々です。
2月の頭に読んだのですが、どうもこの本は「困ったちゃん」でした。タイトルと内容とに明らかな齟齬があるのです。

タイトルには「交響曲CD」とあるのに、ほとんど全ての紹介文で販売中のCDよりも過去のアナログ版が音質面で圧倒的に優れていることが強調されます。「交響曲 絶対の名盤」なら問題ないのですが、「CD」とあるので読者としては困ってしまう。
絶対の名盤としての評価はアナログ版に対するものであり、CDではこの価値は伝わらないだろうといった表現も散見されます。

残念なことに、今やほとんどのリスナーはまともなアナログレコードの再生環境はもっていないでしょうし、そもそもアナログ版の入手はほぼ中古に限定されます。本書の中には、いまや40万円というプレミア付きのレコードまでが紹介されているのですが、それは「入手不可能=鑑賞不可能」に近いものでしょう。
中古レコードの入手は、環境によってはそれほど困難ではないでしょうが、それをするのはCDの音に不満を持ち、さらに良い音で音楽を聴くために時間とお金を投資をしていこう、と決めた少数のリスナーだけと思われます。

タイトルを見て買った読者の多くは、程度はどうあれ、これから交響曲を広く聴き始める上でのガイドを期待するのではないでしょうか。私もその一人。
しかし、読んで伝わってくるのは、今では入手不可能(極めて困難)なレコードこそが過去の偉大な録音の神髄を伝えてくれるもので、CDは劣化コピー品に過ぎない、という強いメッセージです。
読者としては、本を参考にトスカニーニのベートーヴェンやワルターのマーラーをCDで購入し聴いたとしても、そして感動したとしても、「あなたは偽物にごまかされてしまっているのですよ」と耳打ちされているような気分に陥るはず。

著者の非常に広範囲な知識や積み重ねてきた鑑賞力、音楽と音質に対する深い理解と愛情はとても良く伝わってきます。
個々のコメントも、私のとても狭い鑑賞の経験からも納得できるものが多いし、かなり信頼に足るものではないかと思います。古い録音に偏っている印象は受けますが、それは趣味なのだから何らかの偏りはあって当然です(私だって、ジャズが好きだといいながら聴いているCDのほとんどが1950~60年代のものですし)。
交響曲の名曲と名演奏について、とても参考になる内容であるだけに、全体に流れる「デジタル否定、アナログ礼賛」の姿勢が、本の価値を減じてしまっています。

もちろん、アナログならば何でも良く、デジタルは一貫して否定されているわけではありません。しっかりとマスタリングされたCDについてはきちんと評価されています。
写真におけるフィルムとデジタルとを引き合いに出して、良質なアナログ記録こそが未来に残るものと主張するところなど、苦笑を禁じ得ないところもあります。とはいえ、まあ玉に瑕の範囲(とはいえ、自説を強調するためによく知らない分野から例をひくのは、あまりよい結果を生まないという事例でもあります)。

とはいえ上述の通り、どのCDを聴いても、アナログ版の劣化コピーを聞かされてしまっているんだ、という居心地の悪さを強いられる内容であることはたしか。
そもそもCDしか入手できないんだからしょうがないじゃん、と気にしない人、あるいは一気にアナログ収集に突入するつもりです、という勇ましい人には、おすすめできます。
一方で、いくつかの文章を拾い読みして「単なるアナログ懐古趣味」に見えてしまったなら、この著者とは相性悪いです。その意味では、是非店頭で立ち読みしてから買うべき本。

さて、買ったCDを128kbpsのAACに変換してiPodで聴いている私は、きっと著者にとっては劣化コピーをさらに劣化させて音楽を聴いた気になっている、大馬鹿者に映るんでしょうね。ま、気にしませんけど。
音がどうこういう前に、まずは聴いて楽しむことが大事。クラシックだけでなくジャズなんかもそうですが、「鑑賞道」に全てのファンがはまりこむ必要など、ないのです。

私はなぜ雑誌を買わなくなったか?
まあ、端的にいえば、「かつては雑誌なしには獲得できなかった情報を、今ではWEBで容易に入手できてしまうから」ということになります。ありきたりですけど。
趣味の領域ではそれが顕著ですね。パソコンとかカメラとか、雑誌を買って読んでいたのは第一に新製品レビューであり、第二にコラムの類でした。これはどちらもWEBで十分な量と質が確保できてしまいます。
あとは新商品情報そのものに関心が低くなってしまった、というのもたしかです。

最近では、スポットで購入する雑誌は年に数冊のカメラ雑誌くらい。サッカー誌や新商品レビュー誌なんかは月に一度行く美容室で読めちゃいますから買いもしない。あとはビジネス情報系で気になったときに買うくらいでしょうか。
20代の頃にはパソコン系で2~3冊、カメラ雑誌にその他をあわせると毎月5~6冊は雑誌を買っていましたから、私個人としては雑誌への支出が最盛期の5~10%程度になってしまっています。自分の事情を全てのひとにあてはめられませんが、まあ、雑誌が売れない、といわれれば「そうだろうな」と納得できます。

そんな私が定期購読しているメディアが3種類あります。
ひとつは紙の雑誌である「Harvard Business Review」で、もうひとつはCD-ROMが送られてくる「Soundview Executive Summaries」、どちらも月刊です。そして最後はデアゴスティーニの「週刊スタートレック」、これ、当初100号で完結と言っていたのに、この間206号が届きました。後のふたつは取り扱い店の問題などから、スポットでは買いにくいので定期購読している、という要素が大きいですね。

「Harvard Business Review」はいわずとしれた著名なビジネス誌ですが、この雑誌は日本の書店では毎号2000円弱で購入できます。ところが、1年間の定期購読料金は日本への送料も含めて17,777円ですから、年に11冊(だいたい夏に合併号があります)での単価は1,600円ほど。さらに、過去の記事をオンラインで検索、閲覧できるプレミアムサービスなら22,500円と、まあ雑誌を都度買うのと同じくらい(私はこちらです)。
日本向け価格だとあまりお得な感じはしませんけど、アメリカ合衆国とカナダに居住していれば、価格はそれぞれ$99と$149です。定期購読申込画面には「ニューススタンドの最大51%引き」とあります。1年購読で半額なら、そりゃあ定期購読しますよね。

通常の定期購読でも、過去1年間の記事はオンラインで全て読むことができます。この雑誌に関していえば、ここが大事なところだと思います。
定期購読には価格メリットだけでなく、過去記事アーカイブへのアクセス権がついてくる。一過性ではなく、後から参照するに足る記事(論文)が多いというメディア特性に良くマッチしたサービスで、読者を引き留めているといえます。実際、過去の論文を個別に購入すると、けっこう高いのです。

日米での雑誌販売のビジネスモデルの差が、雑誌販売量凋落の要因ではないか、という指摘が以下にあります。
 雑誌は売れないのか売らないのか(404 Blog Not Found)
1年の定期購読をしても、せいぜい「送料無料」とか「11冊分の価格で12冊」程度の特典しかついていない場合が多いのは、日本では読者を定期購読に誘導しようという意志が強くなかったといって良いのでしょう。それだけ店頭販売が順調だったし、再販価格維持によって潤っていた、という側面もあるかもしれません。

販売部数がはっきりと右肩下がりを示している今、ビジネスモデルを変えるにはすでに遅すぎたともいえます。店頭で買わなくなった雑誌を、あえて定期購読する動機が読者の側にはないのですから。
それでも、残っている読者を引き留め、次のビジネス展開へとつないでいく上でも、定期購読モデルへの移行はメリットが大きいのではないかと思えます。そしてそこで重要なのは、ただ安くするだけではなく、雑誌の特長や読者ターゲットにマッチしたサービスを設計し、バンドルすることだと思うのです。
まあ、4割引とか半額といった思い切った価格設定をすればいいかもしれませんが、どちらかといえば、読者にとって魅力的な追加サービスを提供することで、雑誌はもう少しメディアとしての寿命を延ばしていけるのではないでしょうか。

気がつくと(いや、とっくに気はついていたんだけれど)、昨年10月に「ミッキーマウスの憂鬱」をけなしてから、読書メモを書いていませんでした。
当時でも、読んだ本の一部しか感想を書かなくなっていたので、自分でもこの半年間はどんな本を読み、何を感じたのかがたどれなくなっています。やれやれ。

都度感想を書こうとするから途中でいやになるので、とりあえず読んだ本のタイトルくらいはメモしておくことにします。
というわけで、この1月に読み終えた本は以下の通りです。

 1.「失敗、しっぱい、また失敗!―野生動物、泣き笑い撮影記」田中光常 著(山と溪谷社)
 2.「フィールドガイド・アフリカ野生動物―サファリを楽しむために」小倉寛太郎 著(講談社ブルーバックス)
 3.「アフリカの野生動物誌」黒田弘行 著(労働旬報社 )
 4.「アフリカへ行きたい―ケニア・黄金のリゾート 」芦原伸 著(街と暮らし社)
 5.「タンザニアの草原にて―変わりゆく野生と暮し」加瀬直明 著(研成社 )
 6.「Insight Guide Kenya」Jeffery Pike 著(Insight Guides)
 7.「サバンナの宝箱―獣の女医のどたばたアフリカン・ライフ!」滝田明日香 著(幻冬舎)
 8.「神の目の小さな塵(上・下)」 ニーブン&パーネル 著(創元SF文庫)
 9.「宇宙のランデヴー」 クラーク 著(ハヤカワSF文庫)
 10.「カラヤンとフルトヴェングラー」 中川右介 著(幻冬舎)
 11.「オリエント急行の時代―ヨーロッパの夢の軌跡」 平井 正 著(中公新書)

冊数にして12冊あるのですが、1時間で読めてしまう本が多かったこともあり、そんなに読んだという実感はありません。
アフリカ関連の本については別にエントリを挙げる予定ですが、かなり「ハズレ」が多かったのも事実です。やはり人気ジャンルで多くの優れた書き手が集まるのと、閑散としていて書き手が少ないのとでは差が大きいですね。
8と9はものすごく久しぶりの再読で、 8は復刊されたのを見つけてゲット。続編の「神の目の凱歌」も復刊してくれないもんですかね。アマゾンのユーズドであるうちに買っておこうかな。9は発行日を見ると、大学を卒業して直後に買ったようでした。たしかなかなか文庫になってくれなくて待っていて買った記憶があります。
これらの中で一番面白かったのは7。続いて10ですね。後者については、才能もありすぎて自分がトップでないと気が済まなくなると、やっかいなもんだと実感できます。これを読んで久しぶりに交響曲を聴き直しています。もっとも、iPodでとぎれとぎれでは、なかなか聴いた気になりませんけど。

<2007.2.12追記>
一冊忘れてました。
 12.「ツアコン探訪記 マサイマラに楽園をみた」降分小鹿 著(文芸社)

先日書いた記事「放置された売場...ある大型書店の現実」が、超弱小ブログとしては画期的なことに(笑)はてなブックマークにて5名のブックマークを獲得しました(2007年2月7日朝の時点で)。
被ブックマーク数が記事の優劣を決めるわけではありませんが、それでも読者の関心領域にちょっとでも引っかかったというのは、書いたものとしてはうれしいことです。

さて、件の大型書店がどうしてそんな状態になってしまったのかを考えると、おそらくはその書店がほんとうに必要としているよりもずっと多くの売場をもってしまっているから、といえると思います。
そもそも岩波新書など幅1mほどの棚に2~3段分ほどしか在庫するつもりがない、それで十分だと思っているのに、実際には4段も5段も棚がある。埋めようにも他の新書にも同様に十分なスペースがあるので無理。となると、倉庫から同じ本を数冊ずつ取り出して隙間を埋めるしかないわけです。ついでに、棚の補充の手間も省けますしね。
入手できる岩波新書をほぼ網羅するだけの在庫を持てば、この程度の棚はすぐに埋まるでしょう。実際に、超大型書店である池袋のジュンク堂に行けば、在庫で棚を埋めることは十分可能であることがわかります。
在庫コストを圧縮するためか、あるいは売れにくい商品を在庫することをそもそも否定しているのかはわかりませんが、いずれにしてもこの書店は、明らかに商品の仕入れ・陳列のポリシーとマッチしない店舗スペースをもっているわけ。

私の職場近くにそれほど広くない書店があります。
ここでは新書に割けるスペースは幅4m×高さ2m程度で、ここに岩波・中公・講談社・ちくま・新潮・文春・集英社・etcと各社が並びます。この程度のスペースだし、オフィス街の真ん中なのでストックとしてあてになる場所ではありません。常に新刊が流動し、多少売れ筋と認定されたものが店頭に残っていく程度。
けれど、ここではスペースが無駄になることはありません。平台を除けば店頭には各1冊(平台から移されたばかりだと2冊入っていることもありますが)ずつ。売れて隙間ができれば店員が補充しています。ほめたり感心したりすることではなく、これが当たり前の姿でしょう。

街の書店であれ大型店であれ、限られた売場というリソースを最大限に使うのは店舗経営のイロハでしょう。リソースは多ければいいというものではなく、やりたい商売の姿にマッチしたリソースをもつことが大切。過剰なリソースはコスト高を招きます。
常設店舗にとってスペースは固定費です。広い店舗はそれに見合った売上を挙げるものでなければなりません(ダイレクトな売上だけでなく、豊富な品揃えによる集客効果や休憩スペースやカフェ併設による滞在時間長期化などの効果も含みます)。

件の大型書店についていえば、オープン当初は前回指摘したような売場の「荒れ」は見られませんでしたし、広い店舗スペースはそれなりの必然性をもって設定され、運営されていたように思えます。
それが時間の経過に伴い、ベストセラー中心・売れ筋重視の売場に変化する中で、もともと必要としていた売場よりも狭い面積しか必要としなくなったのでしょう。従業員が減ったのかどうかはわかりませんが、相対的に重視されない棚には目が行き届かなくなったのは事実です。一面的な見方かもしれませんが、いまやその店はずっと狭い店舗をしか必要としない経営方針になってしまった、といってかまわないと思います。
とはいえ、広い店舗を急に狭くすることは、体面上もビルオーナーとの関係からも難しいのでしょう。気の毒なのは飼い殺しにされている本、そして荒れた店頭を毎日見ていても、そこに手を入れるゆとりのない書店員のかたがたでしょう。
企業や事業の規模縮小を伴う活性化は大変難しいものですが、大型であるというだけでは書店の魅力を維持できないのは、たしかなのだと思います。

これは、出張時の空き時間によく立ち寄る、ある大都市の駅ビル百貨店に立地するある有名大型書店の話です。営業妨害の意図はないのであえて名前は書きません。
この書店はホテルやオフィス、百貨店を含む大形駅ビルのオープンと同時に開業し、立地の良さや広いワンフロアという使いやすさもあって、すぎに私がこの街でもっともよく利用する書店となりました。当初はベストセラーや売れ筋だけでなく、品揃えもそこそこ充実していたように思います。
名指しは避けますが、わかる人にはわかるように書いておくと、この書店からは世界一にならんとしている巨大自動車メーカーの新しいビルがよく見えます。

通っているうち、それなりに努力はしているものの、やはり「売れる本」に徐々に売場が浸食されていくのは残念でしたが、まあ許容の範囲。
売場の作り方への疑問が大きくなったのは、昨年大きく構成が手直しされたときでした。ビジネス書・経営学関連のコーナーは従来よりも背の高い什器に変わり、置かれている本は不勉強なサラリーマンが手っ取り早い回答を求めて買うようなノウハウ本が大幅に増加。一方でしっかりした内容のものは上部に追いやられたり、奧の目立たない棚に移されました。
フロアの一角にはフラワーショップがありましたが、退店したのか空いた場所にはベストセラーのみを集めた陳列コーナーが。店内の複数の棚でベストセラーを繰り返し見せられるというわけ。

文庫・新書のコーナーも背の高い什器が導入され、背の低い私としてはとても不便に。上の方を眺めているだけで首が痛くなるし、くらくらしてくるんですよね。おそらく身長190cmくらいないと、この棚をストレスなく眺めることはできないんじゃないか(そうなると逆に下のほうが見にくいでしょうけどね)。
ここで気がついたのは、岩波新書の不自然な陳列です。さすが新書の老舗だけあって什器ひとつ分を確保しているのですが、よく見ると同じ本が3~4冊ずつ並べられています。他社の新書でも、売れ筋は2冊並んでいるのですが、こうも同じものばかり並んでいるのは岩波だけ。実質、棚面で見えている3分の1か4分の1程度の在庫しかありません。
しかも、開店30分後の時間帯だというのに、棚のあちこちに隙間ができており本が斜めになっています。岩波新書マニアが大量買いしたのでなければ、昨日閉店時のまま放置されていたのだと思われます。

旅行コーナーの紀行文やエッセイの棚でも最近にない驚きが。
だいたいこの手のコーナーはアジア、ヨーロッパ、北米...とおおまかなエリアごとに分類され、さらにその中で香港、台湾、中国、タイ...と地域別に並んでいるのが普通。この書店でも、おおまかにはそうしているようでした。
けれど、よくよく見るとイタリアに関する本の間に突然ドイツが割り込み、フランスとの間になぜかメキシコ、エジプトとインドが仲良く隣同士で次に来るのがどういうわけかスペイン...といった具合です。おそらくは、一度地域別に並べ替えたのちに客が取りだした本を適当に戻したり、新刊を空いている隙間に押し込んだりといったことを繰り返すうちにおおざっぱにはエリア別、けれど実態は適当、という並びになっているよう。
もちろん、著者別でもシリーズ別でも出版社別でもありません。端的にいえば、でたらめに本が置かれた状態。

また、世界史のコーナーでは「アフリカ」の部分にインドネシアやカンボジアが堂々と並べられていました。
「アジア」のコーナーはずっと離れていますから、仕切の位置を間違えたのではなく、店員が勘違いして並べたか、適当な隙間に押し込んだか、あるいは客がわざわざ位置を変えたかのはずです。
そんなわけで、気になりだして店頭を眺めていると、こまめに配置換えされ、手書きPOPなども付けられたベストセラーコーナーと違って、書棚がなんの手当も受けずに放り投げられている実態が見えてきました。並んでいる本達が不憫。

ベストセラー偏重は仕方ないでしょう。そういう書店なのだと客の側が認識すればすむだけの話です。それによって得るもののほうが大きいという経営判断があったのしょうし。
けれど、貴重な書棚に同じ本を並べて取り繕ったり、でたらめな並びを放置したりといった状態を続けているのは、従業員の絶対的な不足、もしくは買いやすい店頭を維持する意思の欠如としか思われません。表面上はベストセラー偏重ではない、豊富な在庫を持つ書店、けれど実態としては、とりそろえてみたもののあまり売れない在庫を顧みずに放置している書店だったというわけ。
お店の人に直接注意しても良かったのですが、これは店の運営側の意思としか思えませんし、いっても無駄だろうという思いが先立ちました。便利な立地なので今後も使うことはあると思いますが、時間に余裕があるときやあまり急いでいないときには、近くの他の書店で買うだろうな、と思わざるを得ませんでした。残念。

<2007.4.13追記>
その後も何度かこの書店には足を運んでいます(申し訳ありませんが、買ってはいません)。
この記事を書いたのが1月終わりですが、3月の中旬頃に少しだけ変化がありました。
岩波新書のコーナーでは開店直後から本が斜めになるほどの隙間はなくなりました。それでも同じ本が数冊ずつ並んでいるのは変わりません。
世界史のコーナーは、ちゃんと地域別に陳列が修正されています。インドネシアがアフリカではないことは、知っていたようです(笑)。旅行記コーナーも、おおまかにはエリア別に整理されました。とはいえ、ドイツ・スペイン・フランスとその他の欧州各国がランダムに置かれているのは相変わらず。
品揃えは悪化はしても、全く改善されていません。金太郎飴ベストセラー偏重で、ビジネス書コーナーは自己啓発書やノウハウ本(いってみれば、「レバレッジ・リーディング」なかたがたが喜ぶような本)で埋め尽くされています。
いっそのこと売場を半減しちゃえばいいのに、と思うのですけどね。

たぶん私が「レバレッジ・リーディング」を読むことはないだろうな、と思います。
ただ、この本は「読書(この場合は、仕事のノウハウやスキルを身につけるための情報源として本を読む行為としての読書)」をしない人や不足だと感じている人の不安感につけ込んだ、ずいぶんと上手な、けれど決して尊敬できない商売だよなあ、と思うのです。
読まずに批判するのはほめられたことじゃありませんが、あえて書きます。

「レバレッジ・リーディング」(俺と100冊の成功本)

著者は1,500円から100倍のリターンが得られるとしています。
これはご自身の実感からで周りの経営者の方とも意見は一致しているという事。
私も大体それくらいかなぁと思います。
読めば読むほど10倍のリターンですから、貧乏性の私は読まないと損をすると思うと読まずにはいられない。
直接経済活動にかかわってない方でも、人間関係が円滑になり幸せな人生を送ったらその価値は計り知れないでしょう。

引用部にも明らかなとおり、このブログを書かれているかたも1500円の本を読んだら100倍の15万円が儲かる、と書いているわけではありません。
とはいえ、幸せな人生、なんていう価値を持ちだしたら100倍なのか1000倍なのかなんて感じ方次第ですよね。たとえば、私にとって「カラマーゾフの兄弟」や「罪と罰」のリターンはたぶん10000倍だって全然足りません。けれど、それって根拠を示せるものではないし、文庫本4冊で3000円くらいかかるけど、3千万円の価値があるから読みなよ、と人に勧めるようなものでもないでしょ。

私は「本を読む=本代の○○倍のリターンがある投資」という思考回路そのものにものすごく抵抗感があるのです。
抵抗感ついでにからんでみると、平均1500円の本を年に100冊読む人がいるとしましょう(上述の通り、実際のお金で100倍のリターンがあると著者が主張しているかどうかがわからないので、ほんとうに「ただからんでみる」のですが)。
本代は全て新刊で購入するとして15万円かかりますね。これが100倍のリターンを生むのですから1500万円です。給与所得としてはけっこうな水準じゃないでしょうか。
200冊なら3千万だし、「レバレッジ・リーディング」の著者の通り400冊ならばなんと6千万円です。毎年読むんですから、毎年6千万円のリターン! すっごいですねえ、オレも今年からレバレッジ・リーディング実践して高額所得者だ!
...なんていうからみかたが下品なのは自覚しているのですが、でも「100倍のリターン」なんていう煽りかたは同じように下品なんじゃじゃないかな。

Amazonで売れまくっているらしい(2007年1月11日時点で、著者が経営する会社のサイトには、「総合ランキング1位」と麗々しく謳われています)のですが、この手の本はいつの時代でもぽっと出てきては大ヒットし、数年で忘れ去られているように思います。
高収入を得たい、けれどその方法も思いつかないし人の何十倍もの努力や苦労はごめんだ、でもちょっとなら努力しても良いかな、というのがたぶんごく当たり前の人々。私だってそう。
そんな当たり前の人たちに「実は良い方法があるんですよ」とささやいて小金を頂戴し、読者にはちょっとした満足感を与える(実際にはこれを読んで突然読書量を増やし、成功を収める人が出現する可能性は極めて低いでしょう)。冒頭に書いたとおり、お上手だなあと思います。きっとコンサルタントとしても有能なのでしょう。
私はといえば、こんなことばかり考えてしまうので、ビジネス書の大半がまともに読めないのです。

最近は読んだ本の感想もロクに書いていませんが、毎月の読書量が10冊前後に過ぎない私は、決して「読書家」とはいえません。せいぜい、ちょっと本好き、程度。
かなりすごい量を長期間読み続けている人たちがいらっしゃるので、読書量というのは上を見ればきりがない世界ではあります。月に10冊というのは、周囲を見る限りでは「平均よりはちょっと多いくらい」かな、と思ってます(それだけ私の周囲の人たちが本を読まない、ということを示しているに過ぎないかもしれませんけれど)。

量的に最も多く読んでいたのは、やはり中学高校時代です。この頃で毎週5冊くらい。本が好きという一方でテレビも好きだったし、基本は怠け者だしあまり集中力のないほうなので最盛期でもこんなもんです。
もちろん、これらの本のほとんどが図書館で借りたもの。歩いて1時間、バスを使って20分ほどの場所にある市立図書館に、ほぼ毎週通っていました。もちろん両親のカードも使ってフルに借りてきて、とはいえ結局読み切れずに半分以上は中途半端で返却していました。いま思えば、若いんだからもうちょっとがんばって読めよ、と説教したくなります。
高校では図書室にもけっこうたくさん本があったのでこちらでも借りてました。図書委員に頼んでSFをたくさん入れてもらったり。Kさんありがとう。

中学の頃の月の小遣いはたしか1000円か2000円だったはずなので、まだやすかったとはいえ文庫本を数冊買えばなくなります(だいたい100ページ=100円くらいのレートでした。ハインラインの「異星の客」が590円とかじゃなかったかな)。
毎月20~30冊を読むのは図書館がなければ絶対に無理だし、その経験がなければ今頃私も通勤電車で日刊ゲンダイとか夕刊フジばっかり読んでいたかもしれません。たぶん人生はかなり違ったものになっていたでしょう。

図書館で本を借り、読むことで私が学んだ一番大きな事柄は、「一見関心がないもの、面白くなさそうな本でも、読んでみるものである」ということです。
多くの本好きがそうであるように、私は気に入った作家(中学の頃なら筒井康隆とかかんべむさしとかハインラインとか)ばかりを集中して読む癖があります。昨年だって、前半期は読む本の3分の1くらいがドストエフスキーとシェークスピアでした。
けれど、これしかやっていないと量を読んでいるわりには知識の幅が狭くなりがち。狭くても別にいいのですが、狭いなりに突き詰めるほどの覚悟がないのならある程度の拡がりはあったほうが良い。
図書館で借りる分には、労力を除けばコストゼロ。読んでみて「失敗したな」と思っても失われるのは時間だけです(中学生の私にとっては時間なんて安いものです)。ちょっと興味があるだけの分野、聞いたことがあるけどよく知らない作家の本を試せるのは図書館ならでは。

 図書館の価値観(ほどよい司書の日記)

上記リンク先の記事を読んで、こうした強い思いをもって司書の仕事に疲れているかたがいらっしゃることに頼もしさを感じました(ブログをさかのぼって読んでみると、個別の記事については賛同しかねるものもありますが、それは別の話ですから措いておきます)。
佐野眞一氏の『だれが「本」を殺すのか』でも、さまざまな制約の下で図書館の役割やサービスのあり方と向き合っている人々の姿が描かれていました。個別の意見にはそれぞれの立場があるにせよ、図書館というものが作られ、人々に開かれてきたことのもつ意味や理想を失いたくはないし、理想を抜きにした単なるプラグマティックな議論にはやはり抵抗を憶えます。

図書館は偏食の本好きだった私に、いろいろな味覚を教えてくれました。
それは、ベストセラーの貸本屋ではないが、一方で過剰な教養主義の砦でもない、適度に広いすそ野を持ちながらも奥行きのある場所であったからこそ。最近では通勤ルートの関係もあってすっかり図書館から足が遠のいてしまっていますが(現在の地元の図書館に一度行ったら、ベストセラー貸本屋の側面があまりに強くて辟易としたためでもあります)、あの頃図書館に通ったことが、いまの自分を作ってくれたことへの感謝は、消えることがありません。
納税程度でしかお返しできていないのは、ちょっと申し訳ないのですが。

趣味は読書です、というと、最近流行のビジネス書は一通り押さえているように思われることが多くて、「え、君これ読んでないの?」と大ベストセラーを手に怪訝な顔をされることがあります。
そんなときには「だから趣味だと言ってるじゃいないすか。ベストセラーを追いかけるのは趣味じゃなくて強迫観念ですって」などと話すのですが、なかなか納得してもらえません。読んでいる本が小説や畑違いのものばかりならわかりやすいのでしょうが、経営学や組織論に関するものがけっこう含まれていると、どうしても「仕事に役立てるために読んでいるのだろう」と思われがち。

世の中には、本を読むことを稼ぐための投資と割り切ってとらえられるかたも多いようです、あるいは「楽しみの読書」と「投資の読書」を切り替えながら読んでいるのかもしれませんが。

 レバレッジ・リーディング(俺と100冊の成功本)
 [を]レバレッジ・リーディング(たつをの ChangeLog)

私はそういう読み方があまり得意ではないし、そう考えた途端に意欲が減退してページを繰る手が止まってしまうほうです。義務感で読むのは昔から苦痛で、普段は頼まれもしないのに分厚い小説を読み続けているくせに、読書感想文を課されると「蜘蛛の糸」でも読みたくありませんでした(それって私だけじゃないと思うのですが)。
教師や上司に強制されたものではなくても、「この本を読み終えると100倍のリターンだな、フフフ、15万円ゲットだぜ」なんていう読み方はやっぱり無理。仕事場で稼いでいる自分が、オフの自分を支配しているみたいで。教師ではなく、仕事モードの自分からの強制とでも言ったら良いでしょうか。
なので、儲けるために読む活字の典型ともいえそうな「Harvard Business Review」だって、私にとってはただの趣味であり、楽しんで読むものです(なので、たまたま仕事上の問題意識に合致した論文は、むしろ身を入れて読めない)。

別に儲けるために読む人が悪いとかいうつもりはなくて、それはそれで、趣味としての読書とは別のジャンルなんじゃないかなと思うのですね。
朝は日経を読んでいる(それとも眺めてるだけ?)おじさんも、帰路の電車では夕刊紙とか読んでるじゃないですか。朝はどちらかといえばお仕事モードで情報を取り込んでいて、夕方はお楽しみなわけでしょ。両方をひっくるめて「趣味は新聞ですねやっぱり」とは思ってないでしょう。
なので、仕事のためとか、稼ぎのために手っ取り早くノウハウや回答を獲得するために本を探して読む行為については、「読書」じゃなくて「読んで稼ぐ」ので「読稼」とか「読む投資」なので「読資」とか、別の名前を付けてはどうかと思います。
まあ、それが「レバレッジ・リーディング」という言葉なのかもしれませんが、こういうのってどうせ広がらないでしょ。まあ、「読稼」でも広がらないのは一緒か...

子供達の活字離れを嘆くお父さん、お母さん達(あるいは無関係のおじさん、おばさん達)は多いです。が、彼・彼女らが「読書」ならぬ「読稼」ばかりやっているとしたら、いくら子供に「本を読め」と言ったってちっとも魅力ないと思います。金儲けのための道具でしょ、それ(自分は読みもしないのに子供に読ませようというのは、さらにひどいと思いますけどね)。
本を読む習慣がなければ、「読稼」もうまくはできないかもしれないけれど、最初から「読稼」のために「読書」の習慣を付けようとしているなら、オトナの嘘はすぐに見抜かれるんじゃないかな。本を楽しく読んだ経験のない人には、子供に読書をうまく勧めることは難しいのではないかと思います。
「読稼」も大事かもしれませんが、ただただ楽しむ「読書」なしでは、やはり虚しいものと思わざるを得ません。

<2007年1月11日 追記>
「レバレッジ・リーディング」について、AllAboutの「デイトレード・スイングトレード」の項目での解説が目につきました。
 1年間に本を400冊読む方法(All About)
お風呂の中やキッチンで料理しながら、寸暇を惜しんでお金儲けの鍛錬をしているかのようで、ちょっとついて行けない感じ。否定はしませんが、私とはまったく別物の感覚だよなあ、と感じます。

とある本のAmazonでの読者レビューに「久しぶりの超良書に出会え、HAPPYです」という一文を見かけました。
なかなか良書に出会えなくて、というのはそれほど珍しい悩みではないと思います。毎月発売される本はとんでもない数ですし、図書館や大型書店ではさらに何百倍、何千倍ものストックがあります。この中から、自分にとっての「良書」を見つけ出すのはとても困難。
しかも、自分にとっての「良書」は不変というわけではなく、そのときどきの気分や頭を占めている事柄などによっても変わってくるもの。どんなに素晴らしい本でも、タイミングを誤れば「良書」とはなりえません。

ただ、あえていわせていただくと、月に1,2冊程度の読書量のあなたは、「良書」に巡り会える可能性は限りなく低い、といえます。読まない月があるようなら、もう絶望的。
読書というのは、ある程度の量をこなさなければ(つまりある程度の無駄を許容できなければ)効果を高められないインプット手法です。年に10冊しか読まないのに、その全てがストライクゾーン、というのはまずありえません。10冊にひとつしかない「あたり」の確率を8冊にひとつ、5冊にひとつに上げていくことはできても、百発百中なんて期待してはダメでしょう。

もうひとつは、本ごときに「答え」を求めるなら、あなたが求めている「良書」など極めてまれにしか存在しません。
自分なりの悩みや問題を、どこかのエライ作家や先生がたちどころに解決してくれることを期待している人は、本ではなく占い師や霊能者のところへ行くべき(まあ、だまされるのがオチですけどね)。本から得られるのは思考や行動のヒントやきっかけではあっても、答えそのものではありません。
答えが書いてあったように感じたとしたら、それはすでにあなたの中に漠然と存在していた答えと近しいアイディアを、本の中に見つけたに過ぎないのではないでしょうか。「良書」にはタイミングがあると冒頭に書いたのは、この意味を含んでいます。
こうした偶然をもって「久しぶりの超良書」と喜ぶのであれば、それは久しぶりになって当たり前です。毎月20冊ずつ読んだって、きっと久しぶりになります。

毎月の新刊や、ベストセラーの中から本を探すこともまた、「良書」との出会いを妨げる要素です。
新刊だけをスキャンするのは一見効率が良さそうですが、一方で膨大なストックを見落とすことにもつながりますし、粗製濫造される新刊にはかなりのろくでもない本が混じっていることを考えると、決して効率も良くありません。
ベストセラーは多くの読者に指示されている本といえますから、一見「良書」が多いように感じられます。けれど、その本が売れているのは、単にプロモーションが上手だったからかもしれませんし、一過性の流行に乗っただけかもしれません。「みんな読んでいる=良い本である」ではないことは、よほど貧弱な読書体験しかお持ちでないかた以外は、容易に理解できると思います。

批判ばかりではいけませんので、私が「あたり」をつかむ確率を高めるためにしていることをいくつか。もちろん、魔法の杖などはなくて、ごく当たり前のことばかりですが。

●過去にあたりの多いシリーズや得意分野を記憶しておく
たとえば、中公新書なら歴史と地理条件に根ざした文化論、講談社現代新書なら歴史関連の軽い読み物、文春新書なら日本社会や組織の分析論、など、新刊ブームが衰えない新書の中でも出版社やシリーズ別に得意分野があります。あるいは読者である自分との相性といっても良いでしょう。
これを元に、全ての新刊や既刊ではなく、テーマに応じて店頭でのスキャン時に意識の濃淡を調整することである程度時間を節約できます。

●気になる程度なら寝かせる
ちょっと気になるけど、すぐにレジに持ち込むほどではない、という場合にはひと月ふた月寝かせます。場合によっては、気になった本の周辺テーマでもう少し別のを探してみて、テーマのおおまかな俯瞰図を理解したのちに再度検討します。
その過程で同テーマでもっと良い本が見つかることもありますし、同時に別の立場から書かれた本を読むこともあります。その結果、同じ本を読んでも理解度が深まったり、あまり著者の意見に引きずられずに特定の問題についての認識を高めることができます。

●もちろん著者による選別は重要
信頼できる書き手というのは、決して多くはありません。また、いかに優れた書き手でも何冊も同テーマで本を出せば、内容が薄まってしまったり、同じことが何度も使い回されたりといったことがおきます。
著者で選ぶということは、過去に読んだ本の内容から優れた書き手を選ぶことだけでなく、以前読んだ本とのテーマの重なり具合や出版点数の多寡などから、手にしている本のレベルを推し量ることでもあります。
また、文学作品と違って、新書やビジネス書の場合には同じ著者の本を読み続けることにはあまりメリットはありません。上述のように、結局は粗製濫造、同じことを別の表現で書いたり30ページの内容を300ページに引き延ばしたり、といったケースが散見されます。自ら採り入れる情報に多様性を持たせる意味からも、特定著者の集中読書はおすすめできません。

●意図して読むテーマとレベルを混在させる
たとえば財務知識を得たいからといって、一ヶ月間財務の解説書ばかり読んでいたのでは頭と心が悲鳴を上げます。また、多少物足りないからといって同じレベルの入門書を読み続けても、得るところは少ないでしょう。
同じ内容ばかりを詰め込むのではなく、財務の合間に戦略論や組織論をはさむとか、同時並行で軽い読み物を読むといった方法で、インプットにメリハリを付けることで吸収も良くなります。たくさん吸収できれば、「良書だった」と感じることも増えるでしょう。
また、入門書は一冊あれば十分(よほどひどいのにあたってしまったらもうひとつ、ということになりますが)。上にも書きましたが、そのテーマについてある程度の地図が頭の中にできあがったら、今度は多様性を求めるほうが良いと思います。財務知識の例でいえば、入門書の次は決算書分析、あるいは資金調達や事業計画など、関心の幅と深さを意図して広げていくことで理解はより深まります。仮に専門分野で理解しきれないことがあっても、気にせず一歩ずつでも進むのが良いと思います。

●いかにも初心者向けの本はパス
難しい事柄をわかりやすく書くのは大変です。けれど、世の中のほとんどの事柄については専門化よりも初心者のほうが圧倒的ですから、売れるのはどうしても入門的なもの。
良い入門書を書くのは大変なので、えてして「わかりやすそうな外見」を整えることが行われます。内容は適当に他の入門書をアレンジして、あとはキャッチーなタイトルと親しみやすい表紙、イラストなどでごまかすというわけ。こういったものが多いのも、私が入門書を早めに切り上げてしまう理由のひとつです。
そんなわけで、いかにも初心者向けにわかりやすく書かれていそうな本は、内容が全く伴っていないスカスカのものであったり、ちっともわかりやすくないものであったりします。わりと多くの人が、こうした粗悪な入門書を渡り歩くだけで疲れてしまっているように感じられます。

●感性の合う書評サイトを見つける
私の経験上、Amazonの読者レビューはあまりあてになりません。もちろん素晴らしいレビューも多いのですが、雑音も多くて見分けるのが大変です。おそらく10ページくらいしか読まずに、自分がわからなかったからといってムキになって否定しているようなひどいものも散見されます。
むしろ、過去に自分が面白いと思った本の傾向が共通している書評サイトを読んだほうが、現時点ではよほど参考になると感じられます。
ビッグネームですからみなさんご存じのサイトではありますが、「情報考学 Passion For The Future」などが有名ですね。ここで紹介される本は膨大なので、全ての関心が一致するわけではありませんが、大変参考になります。
また、"逆"参考というか、「この人がほめるのだから、自分には合わないだろうな」というのも時折あります。それはそれで、情報としては貴重なものです。

読んでいる最中や読了後に「これは良い本だな」と感じられるのはとてもうれしいですし、有意義に時間を過ごした充実感もあります。
とはいえ、そのためにはそれなりの準備とか普段の行動も必要で、黙って待っていても出会いは訪れません。出会いにはそれなりのプロセスがあるものです、などというと男女の仲のようですね。

もともと高くない更新の頻度が、11月に入ってからは激減しています。
これは上旬にちょっと長めの旅行をしていたり、帰国してからも出張が立て込んだりしていてなかなか時間が取れなかったからなのですが、それでも毎日アクセスしてくださるかたが多くてありがたい限りです。

ブログの更新だけでなく、RSSリーダーなどでブログやニュースを読むほうも、もちろんお留守にしていたわけで、かなりの量の未読情報があります。
まあ、あきらめるものはあきらめて、気になるところを順次消化しているのですが、昨日今日読んだ中で面白かったのが、次の記事です。

 「語学書のネーミングの舞台裏」(日向清人のビジネス英語雑記帳:スペースアルク)

以前出した本で、営業や編集者が個々人の経験値で"売れる"タイトルを付けようとして、その根拠が薄弱なのにあきれた話です。「スーパー」と付けると売れるとか、「コツのコツ」が良いんだとか、いろいろとあるようです。
その上で、近々出版予定の、ビジネスでよく使う英語表現、それもコロケーションに重点を置いた本のタイトルについても出版社と意見が分かれて困っておられる様子。

出版の業界で働く知人から聞いた話でも、あるいはちょっとだけ関わったことのある経験でも、本のタイトルやコシマキでの宣伝文句、あるいはどの売場、どの書店で売るかといった判断は、営業側に強い権限があることが多いようです。
結果として、著者の思いや意向とは別の論理でタイトルが付けられることも少なくないようで、なんでも最近のベストセラー小説「世界の中心で~」も著者が付けた表題は当初別物だったとか(このケースでは、編集者が案出した表題だったようですが)。

営業サイドから見ると、できるだけたくさん売りたいというのが当たり前。
語学教材や参考書の場合、エキスパートや中級者よりは初心者が圧倒的にたくさんいるわけで、初心者に売れるかどうかで潜在マーケットは大きく変わります。それゆえ、その層を主たるターゲットにせざるを得ない。
結果として「最新」「スーパー」「コツのコツ」「超基本」といった言葉が好まれるのでしょう。ひと頃、PCのハードやソフトの解説本で「サルでもわかる」「はじめの一歩」「できる」などというのが店頭を埋め尽くしていましたが、同じような現象でしょう。

私が買うならば、あまりに初心者向けを意識したタイトルや宣伝文句の付いた本は、見栄が邪魔をして選びません。むしろ、スキルアップを目指す中級、くらいを選ぶでしょう。
これは、私自身の英語力が中級かどうかとは無関係(たぶん、客観的には初心者がようやく中級に顔を出したくらい)。初心者だから初心者向けの簡単な本を選ぶ、というのは、実際には次から次への初心者向けの本を渡り歩くだけで、いっこうに向上しない、というのが私の考え方。むしろ、多少取っつきが悪くてもしっかりとした本を選ぶことが近道と思ってます。
初心者向けに書かれているけれど、中身は中級者以上にも役立つしっかりとしたものが選べれば良いのですが、語学やPC関連のように、これだけ若葉マークの付いた本が氾濫しているとそこから選び出すのはすごく難しいのです。

そんなわけで、私なら今度出される「仕事の英語 よく使う言葉のよく使う組みあわせ」は、仕事場での英語がなんとか形になってきたけど、もうちょっと気の利いた表現・自然な英語を話したい、と思っている中級者(ないしは向上心に燃える初心者)をターゲットにしたタイトルを付けるのが良いんじゃないかと思います。
その意味で、出版社の主張するA案「仕事の英語 -- すぐに使える超基本語」はダメ。超基本と書かれただけで、それなりに苦労してきた中級者がそっぽを向きます(ブログで知る日向さんの名前がなければ、私なら100%手に取らない)。このタイトルに惹かれた買う初心者には、読んでもまるで役立てることができずに「日向さんの本はなんだかわかりにくい」などと思いこんでしまう読者が含まれるように思えます。

B案「仕事の英語 よく使う言葉のよく使う組みあわせ」やC案「仕事の英語 -- よく使う言葉はこう使う」は悪くないのですが、店頭でのインパクトが弱い感じ。オッと思って手に取られるかどうかはタイトルだけでなく装幀にもよりますが...
中級者や、もうすぐ中級、といったターゲットならば"コロケーション"という言葉にも触れているはず。たとえばサブタイトルとして「コロケーション(言葉の組み合わせ)で差がつく一歩進んだ英語表現」といったのを付けても良いんじゃないでしょうか。もちろん、「言葉の組み合わせ」は「コロケーション」の上に小さく書いて所見の人でもなんとなく意味がわかるようにしておく。
最近は「できる人」「頭のいい人」が流行のようですから、それを使う手もありますが、あまり長期間売れずに陳腐化してしまいそうなのがつらい。まあ、流行り終わったらタイトルを変える、というても使えるのでしょうが。

いずれにせよ、仕事ではほとんど英語を使わない私ですが、この本は面白そう。
どんなタイトルになるかわかりませんが、出たら買おうと思ってます。かっこいいタイトルになったら書店で、タイトルが恥ずかしかったら、Amazonで(笑)

...と書いて保存したあとで、追加案が出ました。
D案 「仕事の英語 -- この言葉にはこの組み合わせ」(11月22日追加)
E案 「「仕事の英単語 -- フツーに使うためのフツーの組み合わせ」(11月22日追加)
F案 「「仕事の英語 -- 会議を「招集する」のは call? summon? 」(11月22日追加)
うーん、F案はわかりやすいですが、コシマキに書く宣伝という感じ。中ではE案がわかりやすいんですが、長いですよね。この路線ならば、「仕事の英語 -- 言葉の組み合わせの妙をつかむ」とか、読者視点のサブタイトルを付けてはどうかと思います。

東京ディズニーリゾートに遊びに行った際に、イクスピアリの丸善にて妻が購入しました。
読了後に「読んだ若い子はこれが現実だと思いこむんだろうなあ」といいながら手渡してくれましたが、ディズニーテーマパークの裏側の事情には全く疎い私には?なメッセージでした。

さて、Amazonでもずいぶんと評価の高いこの本ですが、正直なところ私にはキツイものでした。
理由は三つ。一つは主人公も含めてあまりに平板な登場人物、二つ目はあってなきがごときパターン化されたストーリー、そして三つ目として作家の社会経験や取材力を疑わざるを得ない仕事というものへの無理解です。
いずれも読んでいただければわかると思いますが、確認のために読んでいただく必要もないでしょう。まあ、水戸黄門の舞台を東京ディズニーランドもどきに変えて中高生向けに書き直したものだと思っていただければよいでしょう。
少なくとも、年季の入った本読みが相手にするようなものではない。この作者は他にもベストセラーをいくつも出しているようですが、少なくとも私の関心の範囲からは消えました。

妻の心配は、上記の三つ目に起因するものです。
テーマパークの裏方を全く知らない私が見ても、本書で描かれているようにいい加減で非現実的な選考過程を経て人が採用され、しかも出社初日から何の教育も受けていない新人が現場に立ち、さらには自らの意思で仕事を選んで歩くなど、東京ディズニーリゾートでなくても、まともな企業ならばありえないことは明らかです。
しかし、この本がターゲットとしているであろう中高生は、これが現実だと思いこんでしまうかもしれません。小説などもっともらしく書かれた嘘であることを理解できずに信じ込むことが一概に悪いとはいいませんが、Amazonでのレビューを見ても、これが現実(ないしはそこそこ近いもの)という前提で読んでいる人は少なくないようです。
小説に書かれた嘘を信じるかどうかは個人の自由ですが、これが現実だと思われては賢明に役割を果たしているキャストはたまらんだろうな、と感じます。

私がこの本を20歳の時に読んだら、という仮定をおいても、やはりダメだったでしょうね。
Amazonレビューのいくつかに「これは月9」というのがありましたが、まさにその通りだろうと思います。民放でひっきりなしに流される訳のわからないドラマを見ることもなく、テレビガイドで設定やストーリーを見るだけでも頭痛がしてくる私にはちょっと理解不能です。なので、アフィリエイトリンクもなし。
もし、東京ディズニーリゾートの裏側に関心があって、あるいはディズニーが好きで、ちょっと本書に関心を持ったとしても、ある程度以上の本読みにはとてもおすすめできません。逆に、ちょっと読みにくい本だと10ページで放り出してしまう人には、良いのかも。

少し前に出ていた本ですが、糸井重里氏が話題に取り上げたことで書店に平積みされているのが目にとまりました。
日本は集団主義的で相互の信頼が強く、一方個人主義的な米国では相互の不信感が強い、という一般的な思い込みの否定から始まって、他社を信頼することとは何か、信頼に関する人の行動を決定する要因は何かを、数々の実験の積み重ねによって解き明かしています。
経済や政治のローバル化、社会のさまざまな場面での流動性の拡大など、これまでの「安心社会」がそのコスト(機会費用)を高めつつある中で、社会の成因は新たな行動を身につけ、適応するでしょう。それが「信頼社会」に向かうという指摘は、妥当なものであるように思われます。

著者の記述は、何が良くて何が悪いといった価値判断をしっかりと排除した、非常にバランスの取れたものです。
昨今粗製濫造される新書本に見られる、若者やら中高年を悪者に仕立てて鬱憤を晴らすといった志の低い本ではありません。その分、読んでスッキリしない読者も多いかもしれませんが、こうした本を通じて「信頼」「安心」といった概念についての理解を深め、個々の問題について考えることはとても有益なものと考えます。
もちろん、著者は日本社会がどうなっても成り行きでよい、といっているのではありません。現在見られる多くの変化要因から見て、「安心」をベースにした社会から「信頼」をベースにした社会へと変わっていくことが合理的であろうという見解は、首尾一貫したものです。

とはいえ、こうした分化、あるいは行動パターンは、個々人が意図的に選び取っているというより、社会全体としての適応結果が個人の行動を規定し、同時に個々人の言動がそれを強化するという循環によって形成されたものと著者は指摘します。
したがって、これを意図的に変えることが極めて困難であろうことは、想像に難くありません。個人の立場からは不可能にさえ思えます。長年の積み重ねの中で、「いまのこのやり方が合理的なのだ」という信念ができあがっている以上、それを変えるにはよほどのショックが必要です。ゆでガエルのたとえどおり、緩やかな変化は組織の変化スピードを遅らせこそすれ、早めることはあまりありません。ましてや、社会全般ともなればなおさらのことです。

昨今、たとえばはてなブックマークなどで「空気を読む」といった内容を含むブログエントリが多くのブックマークを得ているのを見ると、若いかたがたにとっては組織内・集団での人間関係を読みとること(すなわち、集団内での「安心」を高める行動)が未だに大きな課題であることが感じ取れます。
明らかに場違いな言動はともかくとして、その場の人間関係を壊さずに本音はどうあれ「空気」にそった言動を選択することが合理的であるとすれば、多くの場は未だに「安心」をベースにしているのでしょう。けれど、こうしたスキルが話題になるということは、それを身につける訓練が、自然にはなされてこなかったことを示しています。
これはとりもなおさず、社会にとって「安心」をベースにしたコミュニティが有効性を失いつつあること(機会費用が高いと認識されつつあること)の表れと見ることもできます。

著者の指摘どおり、旧来日本でうまく機能してきた組織のありようや個人の行動原理は、休息に有効性を失いつつあります。
すでに会社組織の中でも「○○一家」的な価値観は古くさいものですし、出身地とか大学といった属性で人を囲い込んだり判断したりといったことも減ってきているでしょう。上述したとおり社会を意図的に変えようとするのは困難ですが、構成員の変化や環境変化によって少しずつ変わっていくことは、止められません。
若いかたがたは、中高年の真似をして「空気を読む」訓練(本書でいう「地図型知性」の鍛錬)に熱心になるよりも、「ヘッドライト型知性」を磨くことに注力した方が得策であるように思えます。
顔の見えないネットは、そもそも「地図型知性」の有効性が働きにくい環境です。そこでブログのエントリやブックマークコメントなどを手がかりとした判断スキルを磨いているのですし、それを高めていくことが組織における影響力を確保することにつながっていくのではないでしょうか。わざわざ、中高年の得意な土俵(「地図型知性」を磨いて「コミットメント型組織」を強化すること)に飛び込むことはないはずです。

そんなわけで、私のおすすめは「空気なんか読むな」ということになるのかな。
空気なんか読まなくたって、会社組織の中でそれなりに評価され、役割を果たしていくことは十分に可能ですよ。

ジャズについて書かれた本を読むことが、最近になって増えています。
このところ、全くの初心者向けというより、多少は聴いたことがあるけれど...という大人向けの入門書が増えてきたように思えるのですが、ジャズって流行りはじめているんでしょうかね。
少なくとも、1500~1800円程度の廉価版で、1950~1970年代の有名な作品が続々と再発されているのをみると、そこそこのリスナーを獲得しているかのよう。とはいえ、いっぺんに何十枚ものCDが「傑作」「名作」として売られているものだから、選ぶには何らかのガイドブックが必要、ということになっているのでしょう。もしかすると、レコード会社と出版社共同のマッチポンプかもしれません。

いずれにせよ、ジャズファンであればたいがいこの手の本の2冊や3冊は読んでいて、自分との意見の相違や、扱うミュージシャンやレコードの選定について一言いいたくなるんじゃないでしょうか。
このブログで一時期もっとも多くアクセスされたエントリに、本書の著者である原田氏も参加した鼎談集の感想がありました。中山康樹氏の「ネット上のジャズ関連サイトはみんなダメ」といった意味にとれる発言が反発を招いたようです。ジャズファンの多くが自らのジャズ観・ジャズ論を語りたがるのは確か(ただし、ほかの趣味でも似たようなものかもしれません。写真機なんかはジャズどころではないようにも思えますし)で、それを否定するような挑発は、ただでさえ毀誉褒貶の激しい中山氏の発言だけに、話題になったのでしょう。
上記の発言の本意はどうあれ、音楽について文章で語ること、自分自身の感動を言葉にして人に伝えることは、非常に難しいのはたしかです。

本書だけでなく、いくつかのジャズファンのサイトをみてもそうですが、私は音楽を聴いてその感想をうまい具合に言葉で書き表す才能というのはたいしたものだと思います。自分ではとても真似できない。
聴いていて「ああ、今のフレーズ、いいよなあ」とか「どうやったらこんな風に息を合わせられるんだろうか」などという感想は抱きます。とはいえ、それを言葉にして伝えるのはすごく大変なこと。結局はどこかで読んだような表現になってしまいます。

ジャズに関する文章の好き嫌いを、私はそこで紹介されている演奏をどの程度聴きたくなるか、あるいは耳が覚えている演奏の良さを思い出させてくれるか、で判断しています。
その意味では、本書はかなり高得点でした。iPodがあれば、文章で書かれている演奏そのものを聴きながら読み進めることも可能(もっとも、全体の半分も私のiPodには入っていませんが)で、違和感なく文章が音楽と一緒に流れてくるもの。
表現としては「燃えに燃えて」「黒こげになる」といった言い回しがずいぶんと多用されているのが気になるものの、著者がのめり込んで聴いている姿が浮かんできてそれなりにの味わいにはなっています。
無責任な読者としては、もうちょっと表現の引き出しが多ければいいんじゃない? とは思いました。ジャズの場合「燃える」は決して激しさだけを表すわけではなく、著者もわかって使っているようですが、入門書として読まれた場合、間違った受け取られ方をされかねません(ようは、激しい演奏がよいものだと受け取られかねない)。
なにはともあれ、最近多いジャズ入門書の中でもかなりおすすめです。

自分があと10年早く生まれていたら、あるいは10年遅く生まれていたら、いったいどんな人生を送っていただろうか、と考えることがあります。
10年早ければ私は団塊の世代の少しあとを追いかけながら、日本経済の戦後の成長の恩恵に浴しつつも、急激に変化するルールと世の中への不満を口にしていたかもしれません。

では10年遅かったらどうか。
こちらの方が想像するのは困難です。就職氷河期の影響を受けて思ったような仕事には就けなかった可能性もありますし、おそらく今とはかなり違った職場と立場で仕事をしていたでしょう。
20代のうちにやっぱり英語を身につけよう、と決心してずっと上達していたかもしれませんし、もしかしたらどこかのMBAコースに飛び込んでいたかも。

本書を読んで感じたのは、現在のような社会や経済の急速な変化を30代で経験するか、それとも40代で直面するかは、大きな差がありそうだということです。
30代ならば、人生の大きな進路変更は容易に思えます。40代でも不可能ではありませんが、60歳まで働くとして、すでに職業生活の過半を古いルールと価値観の中で過ごしてしまってから切り替えていくのはそう簡単ではありません。
50代ならばもう逃げきりモードにはいるところですが、さすがにそうは行かない。変化への対応という面で、それなりに経験と自信を身につけた40代というのは、結構やっかいな年代なのかも。

私の経験してきた範囲でいうと、30代は責任範囲を絞っての実務遂行力を、40代では実務執行のマネジメントに加えて中期スパンでの課題設定と解決力を、それぞれ求められます。
年功序列の崩れる度合いは組織によって様々でしょうが、50歳前後までの息の長い選抜課程を採用している組織の多くで、40代は部門単位での短期から中期の意思決定の主役ではないかと思います。その主役が、大きな変化を前にしてその本質をつかみ、正しい方向(少なくとも、間違いではない方向)を目指すことができるかどうかうは、組織にとって大問題です。
どんなに優れた適応力を持った人でも、経験を積み重ねるにつれて思いこみや過去の成功体験に縛られた発想をしがちなもの。それを自力で回避するか、若手を登用して任せる方向で解決するか、といった手法に差はあっても、なんらかの策は必要です。

私は梅田氏のブログの以前からの読者であり、氏のオプティミズムには大いに共感するところがあります。
本書から(特に文庫化に当たって追加された文章から)は、このままでは「次の10年」に対応しきれない旧来の組織に見切りをつけ、社会の新陳代謝を早めようというところに、氏の発想は進んでいるように感じられました。氏のオプティミズムは、どちらかといえばこれからの時代を作り出す若者への信頼に裏打ちされているものと思えます。
それは、若さと新たなパラダイムへの大きな信頼であると同時に、自らが「若手」として向き合ってきた古い組織や社会への強い拒否であるようにも見えます。けれど、半ば強制的な役者の交代を含む変化は、社会にとって尋常ならぬ痛みを伴う変化のはず。そこにどんなお考えをお持ちなのか、是非伺ってみたいように感じました。

講談社現代新書の装幀が、私にとっていかにダメで腹立たしいかは以前にも書きました。

 リニューアルは、難しい
 目立てばいいのか
 改めていう、講談社現代新書の装丁はダメだ

その意見はいまでも変わっていませんが、ふと「なるほど、そういうことか」と思ったことを。

まずは下記のリンクからいくつかの装丁をご覧ください。

 奪われる日本
 他人を見下す若者たち
 モナ・リザの罠

まあ、一目瞭然なんですが、いずれも極太のコシマキに宣伝文句が書き込まれ、本来のカバーデザインはタイトルと著者名しか見えていません。ものによっては、宣伝文句がタイトルに見えるくらい。
これらの本を店頭で見て、私はこの醜悪なデザインへの変更の目的がようやく納得できたような気がします。つまりは、「どんな太いコシマキにも対応可能な、店頭で目立たせて販売量を伸ばすための、営業政策」なんですよ、これ。

まず、あの正方形が書いてあるだけの表紙は、コシマキのデザインを考える上でとっても楽です。だって、表紙との連続性やらを考えなくても良い(イラストではなく正方形なら、そのままコシマキに伸ばしても、途中で切っても気になりにくい)ですから。
さらには、タイトルと著者名が上の方に横書きで置かれているので、コシマキが太くなっても文字を途中から引き継いでちゃんと読めるようにしたり、といった工夫がいらない。
つまり、店頭で平積みをしたときに目立たせ、関心を抱かせるコシマキをつけられるように、営業サイドの都合を優先したデザインになっていることは明らか。

最初からそのようなオファーを出したのか、それとなく伝えたのか、あるいはいくつかの案の中から都合のよいものが選ばれたのか、私にはわかりません。
たとえ偶然の結果であったにせよ、このデザインはコシマキによる宣伝に最適化されたものだといえます。こんな便利で扱いやすいものを、どれほど読者から不評だからといって変更するわけがありませんね。
冒頭にリンクを張ったエントリの中で、私はこの愚劣で下品で醜悪なデザインを鼻高々に指し示すデザイナーをこき下ろしています。けれど、なんのことはない、業者がクライアントの要望に従って新商品のパッケージを作り、そのPRにも協力した、とでも理解しておいたほうが、良いのかもしれません。
いやー、デザイナーって、大変なんですねえ。

ご注意:このエントリは、「私が」ブックオフで本を買わない理由について書いたもので、ブックオフで本を買うかたがたやブックオフの従業員、経営者のかたがたを貶める意図はありません。

自宅の最寄り駅前にも、ブックオフの店舗があります。
たしか2,3回入店したことはあるのですが、他店も含めてブックオフで買い物をしたことは一度もありません。

最大の要因は、私が古書があまり好きではない、ということ。
古いのはかまわないのです。なんというのか、読んでいてページにシミがあったり、書き込みがあったりという「前の持ち主の痕跡」を見つけると、ちょっと苦手な食べ物を無理矢理飲み下すような気分を味わうのです。
潔癖性というよりは、「もう僕の本なのだから、前の持ち主の思い出はもってくるなよ」という感じでしょうか。なんだか、恋人の過去の相手に嫉妬しているようで、いやらしいですが。にしても、古書店に売る前に汚してないかどうかのチェックぐらいしろよな、と思います。

そしてもうひとつは、ここで私が本を買ったとしても著者には一円もお金が渡らないのだ、という感覚。著者だけでなく、本の出版と流通に関わった全ての人びとについても。
これに関していえば、出版社が印刷して本が市場に出たときにお金は払われているわけで、たとえ新刊で買ったとしても、私の購買という行為が著者への金銭支払いに直結しているわけではありません。したがって、実態としてさしたる問題ではないことはわかっています。
それでも、感覚的に私がブックオフで本を購入するとき、利益を得るのはブックオフだけなのだ、というのがどうも抵抗があるのですね(まあ、これは古書店ならどこでも同じなのですが)。

三つ目の理由、それはブックオフのとても賢いマーケティング手法が、肌に合わないということです。
中古やレンタルというのは、市場の動きに応じて店頭の回転率を高めねば商売にならないでしょう。その意味ではロングテールのしっぽ部分ではなくて、上半身から頭の部分しか、扱えるものではないのでしょうね。
本来なら、新刊だってその通りで、売れるかどうかわからない本に棚を割くよりは、売れるものを多く並べたい、という書店も存在するでしょう。雑誌とベストセラー、それにミステリなどの軽い読み物中心の駅前書店なんかはそれでないと成り立ちにくい業態と思われます。
とはいえ、実際どの本がどのくらい売れるかなど、事前にわかるものではありません。しかも毎日のように大量の本が出版されています。これらを仕入れ、陳列し、売れないものを返品するエネルギーやコストは相当なもの。けれど売れるものがわからないのだから、この無駄はマーケティング機能としても必要なのでしょう。

ブックオフがすごいのは、新刊を扱う書店が膨大な無駄を抱え込んで果たしているこの機能を、ばっさりと切り捨てたところ。
彼らは世の中の多くの人びとに、本を売ってほしいと呼びかけているだけです。購入方法もシンプルで、初版だとか稀覯本だとかいった判断は一切なし。結果として、広くて浅い世の中から本をすくい取ることになるため、数千人、数万人に一人しか関心を寄せない本ではなく、多数の人びとが関心を持つ本が集められます。
書店がとりあえず仕入れて棚に並べ、入れ替えながら探っている売れ筋の判断を、既に本を購入した多くの消費者の購買結果に委ねてしまっているわけですね。これは実に賢い。おまけに書籍流通の無駄を省いて、利益の出せる事業にした。すごいです。

賢いしすごいのですが、私が天の邪鬼なんでしょうね、「みんなが読んで、みんなが感動した本」は、私が読みたい本ではない。
ブックオフの店頭が全てそういった本で埋め尽くされているわけではもちろんありませんが、仕入れの基盤を広く浅い世の中に持つ以上は、その空気は確実にブックオフ店内にも流れているように感じられるのです。
そんなわけで、私が嫌いなのはブックオフじゃなくて、「流行に乗っているみんな」なのかもしれません。それ自体、実に曖昧なものですが。

某ライトノベルの登場人物に挑戦する気はないよ、といったものの、おもしろそうだったので手に取った1冊です。
もともとポール・アンダースンは著名な割には読んでいません。たしか「タイムパトロール」ぐらいだったと記憶してます。

本作には、何というかスケールの大きさに圧倒されっぱなし。
物語は専ら宇宙船の内部、登場人物も限られているものの、そのスケールたるや超宇宙級のもの(あまり詳しく書くとネタばれになってしまうので控えます)。ページを繰るのがもどかしくなるとはまさにこのことです。300ページ強の作品ですが、まさにあっというまに読み終えることができるでしょう。
ある意味、この作品の概要を聞いて「なにそれ、面白そう!」か「なんだそのいい加減な話は」かによって、SF読みの素質の有無が判定できそう(笑)

スケールの大きなハードSFというと、ともすればアイディアやストーリー展開で引っ張るあまりに登場人物が平板な印象を受けることもあります。
ですが、この作品の主要人物は実に活き活きと描かれており、多少ステレオタイプの嫌いはあるものの、とても魅力的です。脇役もなかなかうまい設定ですし、アニメシリーズにしても人気が出るんじゃないでしょうか。

先月読了した「鋼鉄都市」に続く、ベイリとオリヴォーのコンビによるSFミステリーの傑作です。
何がすごいといって、この作品をミステリーとして成立させるための世界の設定が極めてしっかりしており、説得力があること。第1作である「鋼鉄都市」を先に読んでいたから、ということもあるでしょうが、全く異質な文化をもつ世界の物語であるにもかかわらず、最初の数十ページで世界に引き込まれて行きます。

もっとも、こうした異質な世界や設定を、どのくらい早く受け入れられるかは、かなり個人差があるのかもしれません。
早い読者はSFとの相性が良く、逆になかなかSFになじめない読者は突飛な世界観に説得されにくいのではないかとも思えます(それが良いとか悪いといった話ではああありません)。
私はもちろん、わりと早い段階で設定を与件として受け入れてしまうほうです。会議などでも説得されやすいのはそのためかもしれません。

この作品の舞台は、前作の地球とはうってかわって、300年前に地球を離れた人類が作り上げてきた、究極のロボット社会です。
そこでは人間同士はホログラフの更新のみでコミュニケートし、実際に会うことは、夫婦を除けば極めて異例のことです。夫婦といえど、実際に会って接触することには文化的タブーといえるほどの抵抗を示す人々の社会で起きた殺人事件を、我らが主人公ベイリがどのように解決するのかが見物。前作よりもずっと活き活きとした活躍を見せてくれますし、相棒のオリヴォーもすばらしい活躍振りです。

「鋼鉄都市」に関するエントリでのコメントで、「YN」さんから「オリヴォーがスタートレックのデータとイメージが重ならないか」といった指摘をいただきました。
さしずめ、ホロデッキでホームズに扮するデータといったところでしょうか。ダニール・オリヴォーは数あるSF作品の中でも、傑出したロボット/アンドロイド系のキャラクターだと思います。

これだけ有名な作品について多くを語る必要もないでしょう。
SFファン、ミステリーファンともに大いに楽しめる作品。どちらか一方のファンにもう一方の魅力を伝える、橋渡しとなる作品であるともいえると思います。

「リングワールド」の話題を出したおりに思い出して、書棚から引っ張り出して再読。最初から「スリント人」や「ステイシスフィールド」などのおなじみの設定が出てきて、懐かしさから一気に物語の世界に入ることができました。

「ノウンスペース」シリーズで最初に読んだのは、たしか「中性子星」だったと思います。当時は中学生だったか。
一度舞台設定になれてしまえば、共通の小道具の上で展開されるさまざまなストーリーを次々と楽しむことができます。ハインラインの未来史シリーズは、どちらかといえば個々の単体作品としての性格が強いと思いますが、「ノウンスペース」は同じ世界でのエピソードとしてトータルとしてのまとまりも非常によいものだと感じます。

本書のストーリーでは、かつて銀河を支配したスリント人がなぜ消え去ってしまったのかという設定が語られます。
ストーリーに踏み込むことは、ネタバレになってしまいかねないので避けますが、リングワールドを読むうえでも、舞台設定のベースとなる諸作を読んでいるのといないのとでは大いに楽しめる度合いが違うように思います。

あれこれ細かなことを考えるよりも、非常に洗練された、しかし古き良きスペースオペラの伝統をしっかり受け継いだ第一級の娯楽作品です。
Amazonではどうやら新品では入手できないようなのが残念です。

さぼって1ヶ月分まとめちゃったので、またこまめに読んだ本を記録しておこうと思います。
7月最後になるかな、と思いつつ読んだのは仲正昌樹氏の新作。
実は、氏の名前や著作名で検索して、このブログにたどり着くかたがけっこう多いのです。それだけ注目の人なのか、あるいは氏の本について触れたブログが多くないのか、よくわかりませんが。

本作の前に、日本とドイツの戦後思想についての本があったようですが、そちらは未読。まあ、姉妹編といったって続き物ではないでしょうから問題ありませんが。
たしかに、戦前回帰に近い言論が勢いを増している中で、「戦前の思想とはいったいどんなものだったのか」について知っておくことは大切。その意味では、戦後思想よりももっと広く読まれるべきかな、と思います。

国民としてのまとまりに出遅れ、西欧先進国の文明を超克するために「民族」という神話にすり寄っていったドイツ、国民の一体感が自明であったがゆえに、矛盾の解消のためにも神話的枠組みの中で動いてしまった日本。
似ているようで、違いも多いこのふたつの国が、結果として帝国主義的な行動を「我々は特殊な民族である」という、なんの根拠もない観念で包み込まざるを得なかったという、非常に似通った道筋をたどったことは非常に興味深いです。

「昔は良かった」のは、未来がまだ訪れていない以上、そして現在は美点も欠点もすべてが見えている以上、当たり前のことですね。
懐古趣味的な言論が勢いづいているのは、まあ、余命いくばくもない老人が若者に腹を立てて愚痴っている分には良くても、そこから合理性の衣をかぶった自己中心性が現れ、世論を動かすとすれば危険。わかりやすい思想にすり寄っている自分自身へのアイロニカルな視線を保持することは、簡単ではないのでしょうが、同じ間違いを繰り返すほど日本人が愚かではないことを願いましょう。

著者の皮肉は、本書に関していえば懐古趣味・復古主義の人びとに向けられているようです。
さすがに旧来の左翼勢力の欺瞞性はかなり浸透しているので、皮肉ってみせるなら右の方が面白い、ということでしょうか。まあ、いずれにせよときおり顔を出すアイロニーに血圧が上がった読者は、ちょっと精神的な深呼吸の必要がありそう。

いや、全然挑まないんですけどね...
はてなブックマークのおかげで、あるライトノベルとそのアニメーションがエライ人気だということを知りました(名前を出してもいいのですが、そのノベル/アニメに関心があるわけでもなく、ファンのかたといらぬ軋轢を起こしてもなんですので伏せます)。

で、その登場キャラクターの一人に、宇宙人らしいのですが文芸部所属でいつも本を読んでる少女がいて、彼女が読む100冊のリストがいくつかのブログで確認できます。
なんでも、うち2冊は未来の本だったか宇宙語で書かれているとかで、私たちには読めないもの。残る98作品を順に読んでいくぞ、というファンのかたも多く見かけます。

アニメの中の活字中毒キャラクターといえば、ディズニーの「美女と野獣」の主役であるベルが有名です。
彼女は街中を歩く間も本から目を離さず、行き付けの店は町の書店(どうやら店頭の在庫を次々に借り出して読んでいる様子)。城に迷い込んで生活し始めてからは、ビーストから図書室を贈られて驚喜するという徹底ぶり。いや、このシーンを見て「自分も美女に生まれてあの図書室をもらいたかった!」と切望した本読みも多いでしょう。

アニメの中での活字中毒者というのがいったいどのくらいいるものなのか、全体像はつかめないのですが、それほど多くはなかったように思います。
ましてや、今回の少女キャラのように(もとが小説の登場人物とはいえ)読んだ本がリストとなって共有され、挑戦する人がたくさん出てくるといった現象は、過去になかったのではないでしょうか。

さて、問題の100冊リストですが、SFとミステリのファンであればけっこう押さえている有名どころが並びます。このジャンルで幅広く読んでいるかたであれば、けっこうカバーできているのではないでしょうか。
1980年代をSFファンとして過ごし、そして1990年代を国産ミステリを中心に読んでいた私が、100冊リストの中で読んでいたものは21冊(ハインラインの全集ものは、「人形つかい」「夏への扉」のそれぞれ文庫として読んだのですが、これは1冊として)ありました。買った記憶があるけど読了したかどうか曖昧なものが他に5冊ほどあって、あわせるとほぼ4分の1ほどがリストに見つかった「私が読んだ/買った本」。
1990年代以降のSFはほとんどカバーできていないのでこれだけでしたが、関心領域としてはかなり重なっているので、同年代であったら40冊くらいは共通になっていたかな、という感じ。
基本的には、特定の作家を集中して読むタイプ(私はこちら)よりは、ジャンルごとにおいしいところをつまんでいくタイプのほうが、このリストとは相性が良さそうです。

残る70冊強をこれから読むぞ! という決心はもちろんありません。
まあ、「イリアス」とか「失われた時を求めて」は、じいさんになって気が長くなったら読もうかな、と思いますが。
前のエントリで、「鋼鉄都市」「リングワールド」に触れているので、もしかしたら作品名の検索で引っかかって件のアニメのファンがここを読むこともあるかもしれませんね。そんときは、お手柔らかにお願いします。

「危うし!小学校英語」以来、読んだ本の感想を書いてませんでした。
今さら全部ひっくり返して書くのも大変なので、自分のためのメモとして読んだ本のタイトルのみあげておきます。

 「水いらず」サルトル著(新潮文庫)
 「永遠のドストエフスキー」中村健之介著(中公新書)
 「ドストエフスキー」江川卓著(岩波新書)
 「コルトレーンを聴け!」原田和典著(ロコモーションパブリッシング)
 「JAZZ TALK JAZZ」小川隆夫著(河出書房新社)
 「罪と罰」ドストエフスキー著(新潮文庫)
 「ウラ読みドストエフスキー」清水正著(清流出版)
 「非Aの世界」ヴォークト著(東京創元社)
 「非Aの傀儡」ヴォークト著(東京創元社)
 「鋼鉄都市」アシモフ著(早川文庫)
 「ドストエフスキイ後期短編集」ドストエフスキー著(福武文庫・絶版)

おおむね読んだ順です。最後の「ドストエフスキー~」を読み終えたのが7月21日頃で、それ以降はたまってしまった「Harvard Business Review」の記事を読んだりしています。

上記のうち、「非A」シリーズの帯に「復刊フェア」とあるのをみて、改めて気がついたのですが、私が中学高校のころに「そのうちに読もう」と思っていた作品の多くが絶版になってしまっているのですね。
特に「ちょっとまずいんじゃないの?」と思うのはラリイ・ニーブンの「リングワールド」シリーズ。「リングワールドの子供たち」が新刊として平積みなのに、第一作である「リングワールド」は今では購入できません。読みたければ古書店を探すしかないようです。
常に膨大な作品群を在庫しておくことはできないにしても、せめてオンデマンドで買える環境が整えられないものかと思います。
そういえば、上記リストのうち「ドストエフスキイ後期短編集」も絶版でしたね(というよりも、福武文庫そのものが終了していたようですが)。まったく、あるうちに買っておかないと本が買えなくなるなんて、中学校の頃には考えもしませんでした。

今年に入ってから、かつて読んだ名作を読み直し、あるいは読まずに済ませてきたものを読んでみる、というのを目標にしています。
しかし、どうも「久々にドストエフスキーを読み直す」になってしまっていますので、他の作家のものにもと思っています。とはいえ、岩波文庫から「未成年」が復刊されるなど、もうちょっとドストエフスキーとのつきあいも続くのかな。

本のタイトルが重要だ、なんて話は読者の側からいわれるまでもなく、出版側は身に染みてわかっていることでしょう。うまいタイトルをつけることがヒットの要因のひとつであることは間違いなさそうです。
とはいえ、売れるタイトルというのは万人に受けるものではありません。むしろ、売れそうなタイトルを付けるとそっぽを向いてしまう読者も多い。

私はへそ曲がりなほうなので、そもそもベストセラーは読みたくありません。「ノルウェイの森」なんか、売れ始める前に読了しておいて本当に良かったと思っています。
単に売れただけでも読みたくないのですから、タイトルの付け方が、すでに「売るぞ売るぞ売るぞ~っ」という意欲に満ちあふれた本は、目についただけでダメです。そういった本を山積みにしてある書店の品位まで疑っちゃうくらい(そんなの八つ当たりもいいところなんですが)。

売る気満々のいやらしいタイトルにもいろんなのがありますが、たとえば俗っぽい表現をそのまま使ったもの。最近の例だと「ヤバイ」なんて言葉を使ったものですね。

 「ヤバいぜっ!デジタル日本―ハイブリッド・スタイルのススメ」(高城剛著)
 「ヤバい経済学 ─悪ガキ教授が世の裏側を探検する」(スティーブン・レビット他著)

前者なんかは、そもそも賞味期限数ヶ月のつもりで作られた本でしょうし他のタイトルでも読まなかったでしょうが(私が嫌う要素「著者ご尊顔つき腰巻き」がしっかりとついていますしね)、後者は昨年ベストセラーになっていた「Freakonomics」で、翻訳されたら読みたいと思っていたものでした。たしかに、原題のニュアンスから離れているわけではないのでしょうが(副題もほぼ直訳ですし)、いかにもウケを狙ったタイトルとアングラ臭の漂う黒い表紙では、とても買う気になれません。

あとは、売れた本の二番煎じ三番煎じというのも、購買意欲を失わせるものです。

 「最強企業が最強であり続けるための組織デザイン」(ゲイリー・L・ネイルソン他著)

おおかた「最強組織の法則―新時代のチームワークとは何か」(ピーター・M・センゲ著)あたりから「最強組織」という言葉が使われ始めているのに便乗したのでしょう。長ったらしいタイトルを3行に並べた装丁とあいまって、非常に軽薄な本に思えます。
しかも、この本の原題は「Results : Keep What's Good, Fix What's Wrong, and Unlock Great Performance」なので、邦題は3回転半ひねりくらいしないとつながらないもの。私はこれを店頭で見かけたときに、サブタイトルだとしか思えませんでした。
まあ、二番煎じといえば、有名SF小説のタイトルを借用した大ヒットアニメのエピソードタイトルをさらに流用した大ベストセラー小説なんかは、あまりの無知(無恥?)さかげんに脱力するほどでしたが...

対案を示せ、といわれると困ってしまうのですが、原題とかけ離れたタイトルが本の性格まで変えてしまっている感じを受けるものもあります。

 「ディズニーが教える お客様を感動させる最高の方法」(ディズニー・インスティチュート著)

この原題は「Be Our Guest」。ほとんどのかたはご存じの通り、これは映画「美女と野獣」のなかで歌われるヒット曲のタイトルです。これだけでディズニー関連の本であることがすぐにわかり、同時に内容をこれ以上なくシンプルに表現する、非常に優れたタイトルといえるでしょう。ビジネスだけでなく、本自体がディズニーマジックの秘密を隠したエンターテインメントとして楽しめます。
一方で、邦題のほうはCSやサービスの担当部門に勤める会社員が、「お仕事として」読む本のよう。装丁の雰囲気もだいぶ違っています。ディズニーテーマパークの顧客サービスは、たしかにCS実現のお手本といえますが、それは実際にそのサービスを受けて実感してはじめて理解できるもの、本を読んでわかった気になるものではないように思えます。テーマパークを子供向けの遊園地だと思っている会社員が、仕事のためにと読んでも、おそらく書いてあることのほとんどが理解できないでしょう。その意味では、ウォルト・ディズニー・ワールドでのトレーニングコースからテキストブックだけを取り出し、現場をほとんど知らない日本人会社員に読ませようという発想自体が、間違っていたのかも(実際、2001年に出版されてから5年もたってからの翻訳で、他の「ディズニーに学ぶなんちゃら」の後追い企画であることは明白ですし)。

文句ばかりつけていますが、マーケティングは顧客像を設定するところから始まるわけで、上記の本(特に「ヤバい」系のもの)を出版するにあたって、私などは想定読者には入っていないのでしょう。
それはそれでかまわないのですが、本のタイトルというのは著者の意向とは別に出版社がつけてしまうことも多いのだとか。腰巻きのキャッチコピーなどは、ほぼ著者の意見などお構いなしにつけられているのでしょう。
著者と出版者の考えが近ければそれで良いのでしょうが、ズレがある場合、著者としてはかなり腹立たしいことだろうな、と思います。世界の中心で愛を叫んだ作家は、どんな思いでハーラン・エリスンを読むのでしょうか?

小学校からの英語の必修化について、まだ結論は出ていないのですが、私の周囲では割と肯定派が多いようです。
この本では、小学校での英語教育必修化の流れを、親のルサンチマンと産業界の要求に教育側が迎合している図として警告を発しています。産業界が人材育成の手間を省いて即戦力としての英語使いを求めている、といった指摘はあまりにも大括りに過ぎ、単なる印象論ではないかというふうにも思えるのですが、全体的には、小学校での英語必修化が引き起こす問題をしっかりとまとめているように思えます。

以前、こんなエントリを書きました。

 義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも(d-mate weblog)

日常会話に代表される「コミュニケーション力」に偏重した英語教育は、トラベル英会話には役立っても、仕事に使えるものではない。むしろ、基礎文法を学び英語による情報受信力を高めることの方が重要ではないか、ということを書いたつもりです。
その基礎訓練の開始時期、すなわち「ABC」を習い始める時期を中学1年から小学5年生に繰り上げるくらいは、やっても良いのではないか、と私は思っています。この程度ならば、英語教育のプロでなくとも現役の小学校教員の負担ともならないでしょう。

週に1時間といえば、必修科目としても年間35時間です。そんな時間で一体何ができるでしょうか? とても実践的なコミュニケーション力が身に付くとは思えません。
本書でも何度か指摘されていますが、小学校で少しばかり早めに英語を習ったからといっても、そのアドバンテージは半年程度しかもたないのだとか。だとすれば、中学1年生前半の授業を2年間前倒しする程度では、さしたる違いはないかもしれません。
上記エントリでも書きましたが、私はこれだけ英語情報が氾濫する世の中なのだから、中学1年で「ABC」だなんてナンセンスに思えるので、うまくスタート時期を早めて効果が上げられるならそうしたら、という程度の消極的な肯定派ですので、もし、デメリットのほうが大きいのであれば、従来どおりでも問題はないと思います。

むしろ、本書に書かれているとおり、既に中学高校での英語教育の軸足が「会話」に移されてしまっていることの方が問題。読み書きができないのに、会話訓練によって子供たちが国際人になれ、仕事で英語が使えるようになれる、と思っている人たちが多いとすれば、言い方は悪いですが、その人たちは言葉というものをあまりに安易に考えています。
本書でも繰り返し述べられていますし、私も上記エントリで書いたとおり、当たり障りのない挨拶と世間話ができる程度では英語力とはいえない。そんな程度で良ければ私だって数年前からできています。それでも、英語の本は読むのに1ヶ月かかるし、このエントリ程度の文章だって英語で書くには数倍の時間を要するでしょう。もちろん、ビジネスの交渉ごとを英語でなんて、とても考えられません。

本訴には冒頭で指摘したような、著者の印象論で論を進めるような疵があります。
けれど、会話偏重の英語教育を、環境さえ整わぬままに親のルサンチマンを燃料として推進することの危険さについては、十分に伝わります。小学校からの英語教育導入に賛成する、特にお子さんをお持ちの方々は、本書でなくてもかまわないので、一度反対意見や消極意見にも目を通した上で、意見を固めることをおすすめします。

このところ、長編小説を読み切ることが少なかったのでちょっとしんどかったです。
やはり読むのも慣れとか訓練の要素が大きくて、上下巻1500ページとなると登場人物が一通りそろって動き出すまでにかなり時間がかかってしまいます。物語の世界がイメージできるようになるまでの分量が多く、面白くなり始めると残り3分の1といった感じ。

作品の内容についてあれこれと論評するまでもないくらい有名な作品ですし、これまた雑感になりますが。
社会が大きく揺らぐ中で、西欧からもたらされた革命思想をより所として伝統的な価値観やリベラルな大人の姿勢を否定する一方で、自ら確固たる価値を作り出すことはできない若者の姿は、いわば思想的根無し草。
たしかに古い社会は多くの矛盾を抱え、機能不全に陥っているものの、それを破壊するだけで代替案を示せない「革命運動」が説得力を持つはずもありません。それでも、裏の主人公ともいうべきステパン氏をはじめとした大人たちは、リベラルで理解ある姿勢を示すだけで否定も断固たる措置もとることができていません。彼ら自身も、社会の激変を前により所を揺さぶられ、根っこから切り離されつつあったのでしょう。

この作品から、1960年代の学生たちによる未熟な革命運動を想起し、連合赤軍事件を連想する読者も多いでしょう。
その類似性は極めて高いように思えますが、更にいえば、社会の変革を目指す若者たちの運動は、常に破壊のみで創造につながらない暴発を招きやすいことも事実ではないかと思います。更にいえば、現状の矛盾や不満に根ざした改革運動が明確なビジョンとステップを示すことを怠ったとき、単なる破壊だけが残ることは社会改革に限った話ではありません。
作品の舞台となったロシア社会は、この数十年後にボリシェヴィキによる革命を経験します。歴史を結果から見れば、革命はピョートルらの作中人物が抱えた問題をそのまま抱え込んで始まり、80年を経て破綻したようにも思えます。

急速な社会変革を求める声を、圧殺してスローダウンさせることが正しいというわけではないでしょう。問題を認めながらも解決を意味もなく先延ばしにすることは避けるべき。
とはいえ、問題をどう解決してどのような社会を築くのか、その青図に納得することなしに改革という言葉に酔うのは極めて危険であることを、歴史も、そして多くの文学作品も警告しています。

ご自身が本を好きになるきっかけとなった古文の先生の言葉と、日本の学校での国語教育が、「本嫌い」の原因になってしまっているんじゃないか、という指摘が人気エントリです。

 本嫌いにさせる日本の国語、文学教育(シリコンバレー地方版)

私はもともと外でどろんこになって遊ぶのが大嫌いな子供だったので、親に叱られるほど家にこもって本ばかり読んでいました。
体格も小さくて、かけっこをすれば全敗するし、鬼ごっこで鬼になるとずっとそのまま、という体験をバネにして体力づくりや勝つための戦術家になる人も多いのでしょうけど、私はそうそうに見切りをつけて本の世界に浸かり込んだ次第。逃げともいえるし、戦略ともいえますが、まあどちらでもかまいません。

なので、上記ブログのようにある日突然本好きになってしまったわけではないので、古文の先生の言葉もそんなには響かない(むしろ、中学のころにこれを言われたら、逆に反発していたでしょう)。
これらの言葉は、いずれも「本を読む」ことのハードルを引き下げるもの。たぶん、私が本嫌いの子供に何かを語らねばならないとしたら、似たようなことを言うだろうな、と思います。
大切なのは、この言葉そのものではなく、それを教え子にきちんと伝えられた教師の人柄や姿勢だったのでしょう。

後段では、子供たちを本嫌いにしてしまう原因として、国語教育の問題が示されています。
確かに、文学作品を抜粋して読ませて主人公の気持ちや作者の主張なるモノを回答させるのは実にナンセンス。清水義範氏の「虚構市立不条理中学校」にも、これを戯画化した国語教師が登場していたと思います。
ナンセンスではあるのですが、文章を読んだときに「そこに何が書いてあるのか」を読みとろうとすることは、コミュニケーション上の必須技術であることも事実です。名作文学でやるからおかしくなるのであって、エッセイや評論分でやる分には問題ないし、必要な教育じゃないかと思います。

また、文学作品を読んでの感想文提出というのは、抜粋を読ませて「主人公の気持ちに近いものを選べ」よりははるかにマシな手法であると思います。
とはいえ、比較的長い小説を読み、感じたことを言葉にするために感想文を書かせるというのは、いわば基礎練習なしにぶっつけ本番をさせるようなものです。私が早い段階で「活発に外で遊ぶ」ことに見切りをつけたように、さっさと「読書感想文意味なし」「国語の授業うざい」と見切りをつけさせたいならともかく、ぶっつけ本番は大いに疑問。

感想文がぶっつけ本番だとすると、基礎訓練は何でしょう?
冒頭に紹介したブログの最後に書かれているとおり、感想文など求めずにまず読む習慣をつけることも有効でしょう。
学校が生徒に読ませたい本、という枠をはめないことも重要と思います(少なくとも昔は読書感想文の宿題を「ルパン対ホームズ」なんかで提出すると叱られました。いまはどうなんでしょうね)。名作文学にこだわることで本嫌いの子供を作ってしまう弊害のほうがずっと大きい。
読んで面白かったら、その本を他の人に紹介して下さい、といえばいい。思い入れがある本なら、きっと自分の言葉でその魅力を伝えるにはどうすればよいかを考えはじめるでしょう。

国語教育は、名作文学を好んで読む人を増やすためにあるのではなく、文章を読んで理解する力、理解した事柄を言語化して表現する力、そして解釈や理解の違いを認識して議論を組み立てる力、といったものを育てるためにあるんじゃないのでしょうか。
日本人の識字率は高いですが、こうした国語力となると、50代まで含めて極めて不十分であるように思われます(なぜ50代までかというと、職場での国語力の観察対象がここまでだから。ようは、若者の国語力が低くなっているのではなく、元からたいしたことないじゃん、という印象です)。

教育に何を求めるかの意見は様々でしょうし、現場だけでなんとかできる範囲というのは周囲が思っているよりもずっと狭いのかもしれません。けれど、必要な国語力を獲得させるために、現実的な手法をもっとプラクティカルに追求したって良いんじゃないかな、と私は思います。
まあ、教育現場ではさまざまな努力と工夫がなされているでしょうから、こんなことはとっくに実践されているのかもしれませんけどね。

ドストエフスキーやら中公新書の「サンクト・ペテルブルク」やらを読んでいるうちに、帝政ロシアの歴史に関心がわいて手に取った一冊です。
分厚い専門書はたくさんあるのでしょうが、ロマノフ王朝の流れをザックリと読めるものはないかと探しているうちに見つけたもの。買ったのは丸の内のオアゾでした。

230ページほどにミハイルからニコライ2世までの300年以上の歴史を詰め込んであるので、個々のツアーリに関する記述はそれほど詳細ではありません。
それでも、歴史の中でのロマノフ諸ツアーリの果たした役割、おかれざるを得なかった立場などを俯瞰することができるという点では、良質な入門書ではないかと思います。

今年の初めから集中的に読み直しているドストエフスキーが生きたのは、ニコライ1世とアレクサンドル2世の治世と重なります。特に社会変革のための農奴解放を果たしながらも、テロルの犠牲となったアレクサンドル2世のそれは、1855年から1881年と、ドストエフスキー34歳から60歳という壮年期にあたり、作品の舞台はこのツアーリによる改革の時代、革命へと突き進み始めるロシアです。

こうした時代背景を知った上で読むと、小説のおもしろみは大きく増します。
登場人物はどんな社会に生き、その社会での人びとの生活ぶりや主な関心事は何かなど、細かな描写は作品中ではなされないのが普通です。したがって巻末の解説文などが鑑賞の助けとなるわけですが、量的な制約から満足行くものではなく、こうしたサブテキストを手元に置いて並行して読み進めることで理解が深まるわけです。

とはいえ、本書はかなり概略的な記述にとどまっており、各ツアーリについて数十ページの分量でしかありません。次は、ドストエフスキーの生きたアレクサンドル2世の時代とテロルの実態や、ネチャーエフ事件や「ヴ・ナロード」などの初期革命運動についての本を探してみようと思っています。


「死の家の記録」の感想に、新潮文庫のドストエフスキー作品は表紙で損をしているのではないか、といった旨を書いたのですが、どうやら「カラマーゾフの兄弟」だけでなくいくつかの作品の表紙がかわっていたのですね。

というのも、そろそろボリューム感のある長編に取りかかろうかと「悪霊」を購入したのですが、例の肖像ではなく、なにかの書き付け(あるいはドストエフスキーの原稿なのでしょうか?)をデザインしたものに変わっているのに気付いたのです。
いや、さすがにあの表紙では売れるものも売れないと思ったのか、どうなんでしょうね。
書店の棚にはすっぽりと3冊ぶんほどの隙間があり、どうやら私が「悪霊」を手に取る直前に「カラマーゾフの兄弟」が売れていったようです。ドストエフスキーの小ブームでも起こっているのでしょうか。ファンとしては嬉しいことですが。

さて、この「永遠の夫」については、ドストエフスキーの作品に度々登場する、自意識と体面、他者への信頼や反発など、複雑な感情をうまくさばききれずに常軌を逸した行動を取ってしまう人物が、またしても描かれています。
語り手である男性の目を通して(三人称文体ですが、実質的にはヴェリチャーニノフによる語り書きといって良いでしょう)描写される「永遠の夫」ことトルソーツキイの言動は、何とも理解しがたいものです。

妻の浮気に気付きながらも耐え、妻の死後に残された娘の父が自分ではなく目の前の男であるとわかっていながらも、その男を憎むと同時に愛情さえ注いでいる。
かと思えば、娘に引き合わせて相手を苦しめるつもりが、実際に苦しんでいるのは自分自身。やれやれ、ややこしい人物です。
こういう複雑な心情を御しきれずに振り回され、ついでに周囲を振り回してしまう人物が引き起こす悲喜劇は、ドストエフスキーお得意といえるかもしれません。

こうした人物の背景には、共通して極めて不安定な地盤しか持てていないがゆえの、"はみ出す"ことへの極度の不安が見て取れるように思います。
それは貴族社会や社交界であったり、生活の裏付けとなる財務基盤であったり、あるいは心の内はどうあれ誇りある言動であったり...自らの仕事や役割ではなく、家柄や身分によって立つ社会とはこういうものなのでしょうか。唯物論が力を持ったのも頷けます。

とはいえ、「永遠の夫」がすがりついたのは「夫」という立場でしたが、ロシア貴族でなくてもみな「自分は○○である」と主張できる何かをもつことで安定を得ていることにかわりはないでしょう。
社会や経済の姿は変わっても、人の心理というのはそうそう大きく変わるわけではないでしょう。「夫」であることにすがるトルソーツキイを嗤う我々自身も、さまざまなタイトルにすがって生きているわけで、その執心ぶりは外から見れば滑稽なだけかもしれません。
そんなアイロニカルな視点をもたなければ楽しめないあたりが、ドストエフスキーのくせ者ぶりなのでしょう。

ちょっと息抜きに軽い読み物がほしいと思っていたところで見つけた一冊です。

1958年の「Milestones」から1970年の「Live Evil」までのマイルス・デイヴィスの作品に、彼のグループに加わったミュージシャンの参加作品を絡めて、この期間のジャズの流れを解説しようというもの。
まずはいきなり余談ですが、どうしたジャズ関係者は「Live Evil」を「ライブ・エビル」とか「ライヴ・イヴィル」などという無理な読み方を定着させてしまったんでしょうか? 「Evil」をカタカナで表記すると「イーブル」「イーヴル」あたりが一番素直だと思うのですが...
評論家が悪いのか、レコード会社がいい加減なのかわかりませんが、そろそろ「ライブ・イーブル」にしてあげたらどうかと思います。

マイルスのリーダー作はもちろんのこと、他の作品の多くがブルーノート・レーベルのものであることもあって、私でさえ、8割方は何度か聴いたことのある作品ばかりが紹介されています。
その意味では、マイルスを中心にした人脈でたどる、1960年代の(多少前後を含みますが)ジャズ名盤集といっても良いでしょう。これだけですべてをカバーできるわけではもちろんありませんが、すべてを聴けば一通りのスタイルをスキャンできるように思えます。その意味では、「再入門」とあるとおり、とりあえずいくつかジャズのCDを聴いたあとで、もう少し幅広く聴いてみようと思ったときのガイドブックにもなるでしょう。

中山氏の文章も、本の性格を意識してかなり抑制がきいた感じです。
「ジャズ構造改革」では、すれっからしのジャズ・ファンを対象としたでしょうから、意図的に過激な方向に振った発言が目立ちましたが、本書では初心者を意識しておふざけの要素は排除されています。
良くあるジャズ名盤ガイドでは、年代順に著名な作品を紹介しています。けれど、そこではここの作品間の関連や、参加するミュージシャンの関わりといった連続性は解説されません(複数の書き手が分担することも多いですし)。
本書では、マイルス・デイヴィスという巨人を中心に、人によって作品群をつなぐという意図がかなり成功しており、読むことでこの時代のおおまかな流れが把握できるものになっています。たしかにここにはオーネット・コールマンもソニー・ロリンズも、チャーリー・ヘイデンもいません。けれど、すべてを網羅するのではなく、何本かの流れのうちから特に太い本流ともいうべきものを取り出し、まずは全体観をとらえるというのが目的でしょう。

正直なところ、出てくる作品のほとんどを聴いているであろうベテランのジャズ・ファンには食い足りない部分があろうかと思います。
とはいえ、ジャズが面白くなりかけた人にとっては、かなり"使える"ガイドブックであり、興味深い読み物であろうと思います。

仲正氏の本は、2年ほど前に読んだ「「みんな」のバカ!」以来。ようするに新書でしか読んでいないのだが、両方とも読みやすい新書をイメージするとエライ目に遭うものです。
本書では「序」の段階で防戦が張ってあります。

「二項対立」とか「思想としての批評」とか言われて、ピンと来ない人は読まないほうが良い。何か特定の学問分野への入門書ではないので、[新書=入門書]という勝手な思い込みで読み始めて、見当外れの悪口をネットに書き込まれては迷惑である(後略)

この部分だけではなく、本書のあちこちにネットでの脊髄反射的な"悪口"へのいらだちが表明されています。私は幸いにしてそのような「端的に下劣(同じく[序]より)」な仲正氏への悪口を読む機会に恵まれなかったのですが、よほど腹に据えかねたのでしょう。
たしかに、ブログなどで読んだ本の感想を書いている中には、根拠さえ明らかにせずに「最悪」だの「クソ」だのと一方的な悪意を投げつけているものを見かけることがあります。そうしたブログは脳内の「アクセス禁止リスト」に追加して二度と読まないようにするのですが、第三者が読んでも腹立たしいのですから、著者が読んだらはらわたが煮えくりかえるのでしょうね。

それはそうと、本書のテーマは上記の引用部にもある「二項対立」の分かりやすさが引き起こす問題です。
今年に入ってから、「ウェブ進化論」によって「こちら側」と「あちら側」という二項対立がブログを席捲した時期がありました。面白かったのは、はてなブックマークでコメントを残したかたのかなり多くが、ご自身を「ネットのあちら側」であると位置づけていたことです。
たしかに、はてなブックマークを活用するかたの多くは、インターネットを日常的に使い、グーグルが引き起こす"革命"に好意的なのでしょう。けれど、梅田氏が仕掛けた「こちら側とあちら側」というアジテーションにそうも簡単に便乗して「こちら側のエスタブリッシュメント」を敵視してしまって良いのか、と心配になるほどでした。あるいは、それほど「あちら側」からの憎悪は激しいのかもしれません。

二項対立が招く大きな問題は、こうした世界の単純な分化と、それに伴う対立が社会進化の正しい運動論理だという見方を導いてしまうこと。すなわち弁証法に取り込まれてしまう危険性です。
弁証法によって社会が一直線に進化し、理想が実現されるという理屈の胡散臭さが明らかなのにもかかわらず、そうした思考の典型ともいうべき左翼思想を否定する人びとでさえ、二項対立と弁証法の枠組みの中で敵と味方を峻別し、憎悪に満ちた言葉を投げつけあっているのが、すべてではないにせよウェブ上によく見られる光景です。

こうしたわかりやすい二項対立の罠を回避する論理として、自らの主張や敵味方の区分を疑う姿勢を同時にもつ、「アイロニー」を著者は示しています。
詳細については本書を読んでいただくのが一番ですが、私の実感としては社会問題を論じるときに限らず、たとえば会社において意思決定をする際にも「アイロニカルな視線」「アイロニカルに批評すること」は重要です。
多くの意見がいくつかの論点に収斂し、意思決定が行われる過程で、「みんなで決めたのだから従う」「これだけ議論したのだから正しい結論が出た」と思い込みがちです。しかし、苦労の末に間違いを犯すことは良くあります。この結論は声の大きなだれかの利益を代弁しているものにすぎない、といった視点をなくすことなく、安易に自らを「こちらかあちらか」という二分法にゆだねないことが、誤った意思決定を防ぐ意味でも有効だろうと思います。

iPodは放置しておいたらなぜか復活して、いまは元気に動いています。「キュイーン、キュイーン」という嫌な音を発していたのですが、いまはしておらずひとまず安心。
それでも、ハードディスクはいつか壊れる物ですからね。ちょっと心配です。

さて、今年に入ってドストエフスキーを読み返していることもあって、ペテルブルグに関する本を読んでみました。
残念ながら、この街にはいったことがないので読んでも風景が浮かんでくるということもなく、いまひとつ実感がわきません。多少値段が上がっても良いので、もう少し多くのカラー写真が挿入されていれば、理解もしやすかったのでしょうが。

ピョートル大帝によって無から創り出された完全な人口都市であるサンクト・ペテルブルグは、私にとっては長い間「レニングラード」でした。「スターリングラード」もそうですが、現役の権力者の名前を都市名にしてしまうなど、ソ連という国家の印象が悪くなりこそすれ、利点などないのにと感じた覚えがあります。
さらには、ドストエフスキーによる作品に登場するペテルブルグはジメジメとして暗い街であり、決して美しいものではありません。私にとってはそれほど好印象の街ではなかったのも仕方のないところ。

それでも、写真を見る限りではカメラを手に一日中ぶらついてみたい、美しい街ですね。社会主義時代に放置された建築物なども再生されて、観光地としての整備も進んでいるようです。
人工的に創られただけに、あるいは最盛期の帝政ロシアの首都であっただけに、壮麗な建築物が数多く残され、本を読む限りでも一日二日で見られる規模ではありません。ドストエフスキーの書斎が再現された博物館なども、ぜひ訪れてみたいもの。

もうひとつ、ペテルブルグそのものではなく、帝政ロシアの歴史、ツアーたちの権力争いと社会の動きなどについても関心が沸いてきました。おそらく19世紀ロシア文学を楽しむ上でも背景知識が役立つことでしょう。

本の感想の前に、新潮文庫のドストエフスキー作品の表紙って、必要以上にくらーいイメージを読者に与えすぎなんではないでしょうか。
そもそも本書のタイトルは「死の家の記録」、ホラーでなければ絶望的に陰気な話としか思えません。そしてこのタイトルの下には、何か思い詰めたような著者の肖像。この表紙で「お、面白そうじゃん」と本書を手に取る人はまずいないでしょう。
最近、「カラマーゾフの兄弟」が新しい装幀で出ていますが、ドストエフスキーの人気をもう少し高めるためにも、装幀の見直しを検討してはいかがでしょう。

さて、上に書いたようなことを思ったのは、本書からタイトルとは違った印象を受けたからです。
確かに、ここには19世紀帝政ロシアの監獄における、社会の底辺ともいうべき囚人たちの悲惨な生活が描かれています。しかし、その囚人たちが我が身を悲観して鬱々とした生活を送っているわけではなく、むしろ立派に適応して日々を楽しんでいるようにさえ思えます。
これは、ドストエフスキーの描写が決して暗鬱としたものではなく、人びとの暮らしを活き活きと描いているからに他なりません。確かに描かれた生活や扱いは悲惨なものですが、文章は軽やかでさえあるように思えます。

印象的なのは、同じ受刑者の中でも庶民と貴族との間には超えがたい差があり、あるいは犯罪者が将軍に対してはまったく別の存在として敬意を払い、服従する姿です。
身分制度とはそんなもの、とはいえるのでしょうが、このような状態からいきなり革命を経たロシアの社会は、貴族が共産党員に置き換わっただけ。本質的にはつい最近まで変わっていなかったのかもしれないとさえ思えます。この15年ほどのロシアの変化は、おそらくとてつもない大きなものだったのではないかと感じさせられました。

さて、小説の最高峰とさえいえる「カラマーゾフの兄弟」をはじめとして、ドストエフスキー作品はもっと手軽に、娯楽性ある作品としても楽しまれて良いものと思います。
「死の家の記録」だとか「地下室の手記」といったタイトル、大作家による名作文学という位置づけが、かえって読者の関心を遠ざけてしまっているのはもったいないですね。

かつてはSFやファンタジーの熱心な読者だったのですが、最近ではあまり多くは読んでいませんでした。
飽きたわけではないのですが、最近はフィクションを読むこと自体が減っていることや、現実とは違う作品の世界観に入り込む想像力が減退してきたのかもしれません。

この中編小説は、おそらく日本でもよく知られているファンタジーのトップ10に入るものかもしれません。少なくともずっと以前から作品名と概要は知っていたのですが、なぜか手のでなかったもののひとつです。あまりに有名すぎて、手に取りにくかったということだったかもしれません。

作品そのものについて多くを語る必要はないと思います。
私が再認識したのは、この作品のように、派手なストーリー展開もなく主人公が感情をあらわにするのでもない、静かな感動を置いていってくれる小説を大切にしていきたいということ。
「一気に読んで号泣しました」式のわかりやすい感動物語も良いでしょう。けれど、そこから一歩も出ないままで小説を味わったと思ってしまうのは、少しもったいないと思います。昨今のベストセラーで感動したかたを非難する気はありません。しかし、即席の感動を狙って大量生産されるテレビドラマのような本の作り手は、ただの商売人のように思われます。読者を馬鹿にしていると、そのうちにしっぺ返しを食うことになるでしょう。

この「ジェニーの肖像」は、決して難解な作品ではありません。おそらく、中学・高校のころに読んだとしても、その頃なりの受け取りかたができたことだろうと思います。
同時に、この作品は年を取ってから読んでも、その年齢なりの読みかた、受け止めかたができる作品でもあります。これは、優れた作品のひとつの条件ではないのかな、と感じます。10年後、20年後に再読するのが少し楽しみです。

「さまよえる湖」に続いて読みました。
1933~1935年にかけての、かつてのシルクロードを再現する自動車道敷設の予備調査となった自動車による探検旅行の記録です。この旅の途中で実施された、ロプ・ノールに向けたカヌーでの探検の記録が「さまよえる湖」ということになります。

静かに川を下るためか、比較的事件に乏しい「さまよえる湖」に比べると、こちらは監禁されたり内戦に巻き込まれたり、あるいはスパイの嫌疑をかけられたりと波乱に富み、そのぶんだけ旅行記としては起伏のあるものになっています。
ただし、ヘディンその人は下手をすると命の危険にさらされているにもかかわらず泰然としているかのようで、解説でも語られているとおり表情は見えてきません。これは記録分のスタイルというよりもヘディンという人の持ち味なのかもしれません。

内戦や日本との戦争、そしてソヴィエト・ロシアの進出など、国際政治の動きが背景に見える分だけ、「さまよえる湖」のような半ば脳天気な雰囲気が薄れています。
この時代の中国が、特に辺境においては統一国家の体をなしていなかったことが実感できますし、登場する人びとが抗日戦と国共の内戦、そして文革などの動乱期に迎える運命を思うと、ヘディンにとっての"探検"が決して現代のたびとは異質なものであり、政治性を抜きにはできないことが実感されます。

とはいえ、旅の過程そのものはいかなる苦難にも立ち向かい、ねじ伏せる探検隊の力強さや意思力に一気に引き込まれます。
読み物としての魅力は、「さまよえる湖」を大きく上回るといえるのではないかと思います。


最近はどうも左翼思想は流行らないようで、ネット上では共産主義への共感を口にしようものなら集中砲火を浴びてしまう印象さえあります。
たしかに、ソ連・東欧の社会主義体制は1990年代初頭に雪崩をうって崩壊し、東西対立はあまりにあっけなく終焉を迎えました。言論統制や管理社会、一部の共産党幹部だけが利益を独占する体制下では人びとが幸せになれなかったことは事実ですが、一方で資本主義体制に取り込まれた旧社会主義国家が、当時よりも豊かになったかどうかは疑問でもあります。

社会主義・共産主義というとき、私たちが抱く印象はソ連・東欧の抑圧された政治体制であったり、一党独裁体制の弊害を急激な経済成長や愛国教育で覆い隠すような隣国の姿であり、決してポジティブなものではありません。
また、日本における社会党や共産党の幹部の言動やかいま見える体質なども、社会主義を人類を幸せにする制度ではなく、党派制や独善性を感じさせるものであったことも確かだと思います。

とはいえ、もともと共産主義が本質において人類の幸福を目指さない者であるなら、ここまで広く人びとの心をとらえることはなかったでしょう。
経済学部の学生としてマルクスの著作をある程度真面目に読んで私にとっては、20世紀に表れた「社会主義国家」の姿がマルクスの思想を正しく実現したものとは到底思えず、むしろ共産主義という名前だけが同じ別物としか思えませんでした。本書で指摘されている、社会主義・共産主義の本質的な立脚点やユートピア思想・千年王国思想との関連など、思想としての共産主義と現実の共産圏の姿とにギャップを感じていた人びとにとっては、思わず膝を打つものでしょう。

中学校の教科書に、部分的に載っていたような記憶があるのですが定かではありません。
いずれにせよ、巨大な湖が時とともに移動して、それに依存した人びとの生活を滅ぼしてしまうというのは非常に不思議で興味深いトピックであったのを憶えています。

20世紀初頭に中国の奥地の調査を重ねて、湖が動くという驚くべきアイディアを世に示したのが、このスヴェン・ヘディン。かなり以前から、彼の調査記録である著作を一度は読んでおきたいと思っていました。
ヘディンの文章は非常に淡々としており、きちんと読んで想像すると、かなり困った状態に追い込まれているにもかかわらず、調査隊の面々がのんびりと砂漠や川縁でのキャンプを楽しんでいるようにさえ思えます。
もちろん、読んでいる私のほうが割とダラダラとした状態でいることの反映かもしれませんが、細々としたピンチにいちいち苛ついたり焦ったりするような人物には、こうした調査は務まらないのかもしれません。リーダーがどっしりと落ち着いていなければ、隊員だってついてはいけないでしょうし、パニックに陥るかもしれません。

しかも、この本に書かれている調査行は1934年といいますから、満州事変から日本の国際連盟脱退という時期に当たります。あちこちで軍閥や武装グループの戦闘が続く中での調査だけに、情熱だけではなくよほど腹が据わった人であったということでしょう。
調査中の行動も、複数のチームに分かれて行動し、おおまかな集合場所を決めるだけというもの。通信手段が発達した現代では考えられませんが、たしかに子供の頃は、細かな時間など決めずに集まって遊んでいたな、とも思います。それでなんとかなっていたんですよねえ。

さて、すでにこの調査に先立って1933年に現代のシルクロード復活に向けての自動車による調査を記録した「シルクロード」も買ってあります。
いくつか先に読みたいものもあるのですが、続けて読んだほうがすんなりと世界に入っていけることでしょうから、早めに読んでみようと思います。


子供の頃の最大の楽しみといえば、学校から帰ってすぐに部屋にこもり、読みふける少年少女文学全集。今回のテーマ「ガルガンチュア」だけでなく、「ほら男爵の冒険」「地底探検」「マラコット深海」「宝島」「ロウソクの科学」「ドリトル先生航海記」など、いまに至る私の読書人生を決定づけたのはこの全集でした。
いまとなってはいったいどこの出版社から出されていたものだったかもわかりませんが、私が好きだったのは上述の冒険もの、科学ものの他、推理ものや歴史物など。一応は男の子だったので、「小公子」「にんじん」なんかはあまり熱心には読みませんでした。

さて、当時夢中になって再読三読と繰り返した話のひとつが、「ガルガンチュア物語」です。荒唐無稽な話が好きだった私は、ちょっと下品なこの物語を読みながら、自分がガルガンチュアのような巨人だったらどんないたずらをしてやろうかと想像していました。
また、この物語といい、「ほら男爵」といい、食事のシーンには私の日常には存在しないものがたくさん並んでいるのも、楽しみのひとつでした。当時の私は「ぶどう酒」や「塩漬け肉」というのはいったいどんなご馳走なんだろうと、思い描いていたわけです。いまでは好きなように飲めるのですが、やはり赤ワインのほうが好きなのは、子供の頃にあこがれた「ぶどう酒」のイメージがあるからなのかもしれません。

この本についてはあまり背景も知らずに読んだのですが、子供の頃にも「なんだか真面目な勉強や形式張った学校を馬鹿にした話なんだな」と思っていたものです。
私はどちらかといえば学校では「良い子」だったのですが、学校の規則に真面目に従っていたというよりは、こうした読書体験から、つまらない規則にどんな意味があるのかを考え、自分なりの答えを出してはそこに批判を加えるといった遊びを続けていました。子供向けの物語集の中にも、このように批判精神を育むものが入っていることは、非常に意義深いように思います(もっとも、そんな子供時代が幸せかどうかは人により違いますけど)。

もちろん、もともとの物語は子供向けの翻案版とは違い、はるかに毒を含んでおり、比喩もより明確な意味を持ち、さらにはお下品な内容も相当含まれています。
しかし、物語の本質はまったく変わっていないと感じました。私が読んだ子供向けの物語を構成した作家は、著者の意図をしっかりと読み取り、子供にもわかるように残していたわけです。だれかはわかりませんが、素晴らしい仕事であったように思います。

先日も悪口を書いたばかりの、史上最悪の装幀で続々と刊行される講談社現代新書の一冊です。久々に買いました。
著者は韓国に生まれアメリカに留学ののちマッキンゼー・アンド・カンパニーの日本支社などで働いたかたで、もちろん本書は日本語で書かれています。これが、そこらの日本人著者と比べてまったく遜色のない文章で、著者が言語を操る能力において相当優れていることがうかがえます。

そんな著者が書く英語学習法など、一般人にはついて行けないもの、エリートの学習法だと思われるかもしれません。
読めばわかることですが、著者の英語(に限らないでしょうが)学習方法は極めてまっとうなもの。いわば、英語圏での「国語教育」をきちんと受ければ英語操る力は向上する、というもの。その基本にあるのが、5パラグラフ・エッセイを書いてしっかりとした教師の添削を受けるというものです。

私は著者が批判的な日本の英会話スクールにかれこれ4年強通い続けています。
このスクールは、大手のひとつではありますが、文法教育には比較的熱心に取り組んでいます(私がそういうクラスを選んでいるからでしょうが)。単に雑談(チャット)を繰り返すだけでなく、テーマを決めてディスカッションするタイプのクラスにいることもあって、本書で批判されている英会話スクールのナンセンスなモデル会話とはちょっと違います。
しかし、会話中心の英語学習にはどうしても限界があり、読み書きを同時に実践することの重要性を最近強く感じています。雑談ならごまかせても、ディスカッションとなると自分の主張を予め整理しておき、正しく論理立てて話すことが求められます。著者が勧めるライティングの訓練は、きちんと意味のある会話を楽しみ、あるいは仕事をするための基礎訓練です。

先だって、「義務教育での英語の授業はリーディングで良い...かも」というエントリを書きましたが、あのエントリで私が漠然と考えていた学習法を、はるかに説得力のある形で示しているのが本書です。先にこれを読んでいれば、あのエントリはかけなかったでしょう。無知というのはやはり恥ずかしいものです。
英会話スクールで無意味な会話の反復訓練をしたり、無教養な外国人教師とダラダラと話し続けるレッスンに疑問を感じたら、ぜひ読んでみてほしい一冊です。

最近エントリが長くなりすぎているので、感想はちょっと短めにしようと思います。
この本は出張の際に東京駅の書店で買ったもの、このパターンはけっこう多くて、新幹線に乗るときに本が一冊しかないとどうも不安で、予備の一冊を探す場所としては駅構内の「BOOK GARDEN」は適度な規模です。もっとも、時間帯によってはかなり混んでいるのが玉に瑕ですが。

読んだ動機としては、文庫になる都度読んでいる「ローマ人の物語」のおかげで古代ローマへの関心が高まっていること、そして英語の学習にあたってラテン語の基礎知識があるのも悪くないかな、と思ったことです。
後者に関していえば、英語はラテン語の直接の子孫とはいえないためそれほどは効果はなさそうです。とはいえ、womanの"man"が男性を示すmanとは無関係だということなど、雑学的に面白い事柄はかなりあります。普段から辞書を引く際に語源の部分をけっこうおもしろがって読むほうなのですが、この楽しみが増えそうです。

ローマ帝国が崩壊した後も、キリスト教会の言葉としてラテン語が生き残り、かなり最近まで使われてきた(いまでもバチカンでは生きているわけですが)理由のひとつに、ラテン語が極めてしっかりとした文法と語の活用ルールを持っているために、新たな概念を簡単に言葉に取り込むことができる言語であったことがあります。
新しい概念を自らのルールの中に取り込んで拡大していくラテン語と、漢字と仮名を交ぜながら外来語をどんどんと取り込んでしまう日本語とでは、スタイルは違うものの言葉としての成長力という点では共通していそうです。
英語やドイツ語を学ぶ過程では、動詞の時制による変化や名詞の性とそれに伴う変化や活用形など煩わしいとしか思えないものです。しかしこれらのもととなったラテン語の文法が、文章を極限まで省略しても意味の取り違えを発生させない優れた言語特性の基盤となった、ということを知ると少し印象も変わったように感じます。

文法を見ただけで気分が悪くなるかたや、西洋の古典文学になんの興味もないかたにとっては退屈な本かもしれません。
逆に、煩雑な文法の意味を理解できたり、あまり親しんでこなかったローマ時代の文学について基礎知識を得ることもでき、ラテン語という言語がいまでも非常に大きな世界を形作っていることを実感できる一冊です。

Amazonのウィッシュリストに加えてから1年以上を経て、ようやく店頭で続編と2冊並んでいたのを見かけ、一緒に買いました。

1・2を通じて取り上げられている「封印作品」のなかで、私が認識していたのはそれぞれの冒頭に登場する2作品、「ウルトラセブン 第12話」と「キャンディ・キャンディ」です。封印作品の中でも飛び抜けて有名なものといえるでしょう。
ほかについては、不勉強ながら全く知らずにいたもの。特に衝撃だったのは2に登場する藤子不二雄作品「オバケのQ太郎」と「ジャングル黒べえ」です。

「ジャングル黒べえ」はアニメをリアルタイムで見ていたもので、一体何が悪くて封印されてしまっているのかが理解できませんでした。
「ちびくろさんぼ」の絶版や手塚治虫作品の一時的な出荷停止などの"成果"を挙げた、とある市民団対からの「オバQ」のいちエピソードへの抗議が産んだとばっちりが、封印のきっかけのようですが、何とも納得の行かない話です。黒人をステレオタイプで描いているように見えるから封印されねばならないのなら、人類の宝ともいえる古典文学の多くが封印される理屈です。たとえばシェイクスピア作品の多くが人種差別を理由に禁じられてしまうでしょう。

いくつかの事例からは、出版社や放送局、あるいはプロダクションなどがリスクを過大に評価し、影におびえる形で封印してしまうというケースが少なくないことが伺えます。
上記の市民団対などはその代表例で、実体がほとんどないものだったにもかかわらず、背後により大きな団体があるのではないかという恐れからドミノ倒しが始まっています。

手塚治虫の作品が但し書きを付記する形で刊行されたことで、過剰反応から正常な姿に戻りつつあることは喜ばしいことです。関係者の勇気と決断には敬意を表したいと思います。
文化にかかわる仕事であるといっても、個々人はサラリーマンに過ぎません。それぞれ生活があるし、取り囲まれて糾弾を受けるような事態は避けたい。最近では多くの企業がこうしたケースをリスクとしてとらえ、個人に負担を帰する事なく対処する態勢を整えつつあります。当面はコンテンツ製作者にとっては主要な経営リスクとしてあり続けることでしょう。

1の最後に収められた事例では、メディア報道へのアンチが大きな声となって揺れ動くネットの書き込みが、当事者を大きく動揺させています。
ネットでの対応というと東芝のクレーマー事件などが思い起こされますが、対象のはっきりしない世評とか評判に対して企業がどう対応できるかも、リスクマネジメントの大きなテーマとなってきています。

もちろん、差別感情の引き金となる表現を避けることは当然のことです。
とはいえ、何が不快か、何を差別と感じるかは一定の基準があるわけではありません。必要な手を打ち、チェックをした上でも、発生するリスクへの備えは必要でしょう。繰り返しになりますが、個人に責任や対応を集中させることのない体制が望まれます(責任を不明確にするのではなく、ストレスを分散するという意味です)。


何度か採り上げたビジネス書のサマリー送付サービス「Soundview Executive Summaries」で私が最初に受け取ったもののひとつが、ゲータレードの誕生と成長を扱った「First in Thirst」でした。
コカコーラなどの業界の巨人の挑戦を退けてきたゲータレード経営陣の強い意志力が印象に残ったほか、スポーツイベントでのスポンサーシップの威力が日本よりはるかに大きいことが意外に感じられました。

たまたま出張先で、ホテルの部屋での水分補給のためにゲータレードのペットボトルを購入しました。
コンビニエンスストアで目についただけだったのですが、率直な感想としては、普段の水分補給のためにはちょっと甘すぎるように感じられます。
スポーツでの水分補給とは状況が異なるのでしょうが、最近では甘みを控えたものが多い中で、ちょっと好みには合いません(ちなみに、この手のドリンクの中で私が好んで飲むのはコカコーラの「アクティブ・ダイエット」です)。

そもそも私は、ゲータレードについてはあまり良い印象をもっていません。
というのも、中学校の体育の授業中、水を飲むことが許されず我慢いたときに、一部の運動部員だけがこれ見よがしにゲータレードのボトルで水分を採っていたのです。もちろん教師から隠れてのことでしたが、見つけた体育教師も「あまり飲むなよ」と事実上黙認の姿勢をとっていました。
あからさまに一部の運動部員を特別扱いする姿勢は、教師としては失格でしょう。件の運動部(たしかサッカー部と野球部の連中でしたが)も市内の大会でひとつ勝つのがやっとの弱小チームでしたから、特別扱いするようなものじゃありませんでしたし。

まあ、運動が苦手だった者のルサンチマンといわれても仕方ないのですが、ゲータレードの緑色のボトルは、私にとっては根拠のない特権意識をもった運動部員と、それを容認した体育教師のシンボルであったわけです。
ゲータレードのケースは極めて個人的な事情ですが、たとえば少し前まではベンツといえばヤクザの車であったように(そうでもないですか?)、ブランドに染み付いてしまったイメージを変えるのは一仕事です。
「First in Thirst」のダイジェストは私に対するゲータレードの汚名返上のチャンスだったわけですが、あの甘すぎるドリンクではちょっと難しいようです。

2004年11月に、2週間ほどの海外出張から戻ってきた私を驚愕させた事件、それが講談社現代新書の表紙デザイン変更でした。
その"デザイン"とやらの愚劣さと、何を血迷ったかこの愚劣なデザインを採用した講談社の鈍感さについては、当時書いたので繰り返しません。

当時は、「とはいいつつも、1年も経てば見慣れるのかな」と思っていました。しかし、1年半を経たいまでも、この新書シリーズの表紙デザインに慣れることはありませんでした。もちろん、講談社現代新書を買うことも極端に減っています。おそらく、この1年半で2,3冊だったはずです。
大切なのは本の中身で、いかに下品で愚劣で無神経な装いをしていようとも、良いものは良い、というのは建前。
表紙の変更以降も、タイトルだけを見てみればそれなりに関心を惹くものがあるのに、めっきり手に取ることが減ってしまったのは、やはり装丁のせい。リニューアル後にこの新書シリーズの売上がどう変化したのかはわかりませんが、少なくとも熱心な読者を一人失ったことは間違いありません。

好き嫌いの問題と切り離して、この表紙デザインがいかに劣ったものであるかの理由を挙げてみます。

<タイトルが読みにくい>
フォントの問題もあるでしょうし、濃色に白抜き文字である点が主たる原因なのかもしれませんが、とにかく店頭でざっと見渡すときに疲れます。
太い角ゴシックというのは、プレゼン資料ではよく使うものです。一瞥したときにはインパクトもあって記憶に残りやすいのは確かですが、店頭でたくさんの中から本を探すときには全く不適切。書棚の前でああでもない、こうでもないと本を手に取ったりもどしたり、という時間に、ビジネスプレゼンテーションフォントは適していません。主張の少ないフォントとデザインにすべきです。

<色のバラツキが大きすぎる>
書店では背表紙の色合いで本を並べるということはまずありません。新書の場合には発刊順に並べるのが普通ですし、購入者が目録から探す際にも都合が良い。
けれど、この新書は発刊順に並べると背表紙の色が無作為無秩序にバラバラと並んでしまいます。全体としてはなんだかまだら色に沈んだ空間になってしまい、注意は惹くけれど美しくも何ともない場所になってしまう。しかも本を探すのが面倒です。せめて発刊順にグラデーションにでもしてくれれば、検索性が良くなったかもしれませんが。

<どの本も結局同じに見える>
試しに平台に並べられた講談社現代新書の新刊を眺めてみて下さい。
中央に正方形、上にビジネスプレゼンテーションフォントで本のタイトル、色はバラバラ、ときおり巨大な(表紙カバーと見まがうばかりの)帯。不思議なことに、シリーズすべて同じ装丁でタイトルだけが異なる他者の新書よりも没個性に見えます。本ごとに色合いを変えるという手法は、結果として個々の本から個性を奪いデザインだけが主張する結果を招いています。
それがデザイナーの狙いであった可能性もありますが、読者にしてみればただの迷惑。一瞥して記憶に残らないため、あとで気になって購入検討、というプロセスが生まれにくくなっています。

いずれにしても、この表紙デザインはできあがった本を単独で会議室に並べて決められたもの。書店の店頭で読者にどう見えるか、何をアピールするかという大切な視点が抜け落ちています。
商売の基本は奇をてらった見た目で一時的な購買意欲を高めることにはなく、顧客のニーズを適切なコストで満たすことにあります。こんな基本的なことを、講談社現代新書の編集部はすっかりと忘れてしまっているよう。ビール会社がうまいビールを造る努力を放棄して、ペンギンやら何やらを缶に印刷していたのは一体いつのことだったか? バブル以前の企業が犯した過ちを、今さらのようになぞったのが講談社というわけ。
ペンギン缶は一時的に売れたかもしれませんが、サントリーのビールを成功に導いたのは主力の「モルツ」の味を着実に向上させ、ついには「ザ・プレミアム モルツ」に結実させたビール造りです。

講談社が良い本を作ろうという努力を放棄しているとは思いません。
しかし、モルツがどんなにおいしくなっても、相変わらずのペンギン缶に詰め込まれていたら誰も相手にはしていなかったでしょう。
中島英樹という人物がどれほど有能で有名なデザイナーなのか、私は知りませんし興味もありません。講談社現代新書にとって、あの表紙デザインは出来損ないのペンギン缶に過ぎない、これは断言できます。

前回「読みにくいです...」とぼやいた「現代企業の組織デザイン」ですが、ようやく読み終えることができました。なんと1週間以上かかってしまい、今月の読書量はかなり減ってしまいそうです。

内容については改めてまとめたいと思いますが、組織における構成員のモチベーションや、自らの成果を追い求めるイニシアティブと他者への協力のバランス、そしてイノベーションと成長の源泉となる組織設計など、重要なアイディアがつまった良書だと思います。
それだけに、極めて読みにくい訳文は残念。その後のどうしても意味の取りにくいところがあり、Amazon.comで検索し原文に当たると簡単に理解できたり。
谷口先生の訳文は文章を細切れにしすぎるのと、句読点を多用しすぎです。しつこいようですが、この本は改訳版を出すべきだと思います。

いま、次の本を読んでいるんですが、ものすごく苦労しています。

 「現代企業の組織デザイン」 ジョン・ロバーツ著/谷口和弘訳

苦労している理由は、主に二つあります。ひとつは私の責任、そしてもうひとつは翻訳を担当された谷口氏のものです。
私の責任とは、最近きちんとした理論に基づいた本を読むことが少ないので、論文調の硬い文章について行けていないことです。ちょっと集中力を欠いていると読んでも読んでも頭に入ってこない、このあたりは新書とは違います。
一方で、谷口氏の責任はいくらなんでも、という翻訳の文章です。例えば、次の一説をご覧ください。

<原文 原書ペーパーバック版3ページより>

These changes are aimed at improving the performance of the firms adopting them. Increased competitive pressures drive their adoption, and new technology makes many of them feasible for the first time. Falling barriers to international tarde and investment, the rise of information technology (especially the Internet), and improved transportation mean that a firm's competitors are not just the old local rivals,but many be from antwhere.

<訳文 日本語版3ページより>

企業は,そうした変化を試みることによって業績向上を意図している.競争圧力の増大によって,変化が促進されるようになった.そうした試みの多くは,まず新技術によって実行できるようになった.国際貿易や海外投資にたいする障壁の撤廃,情報技術(とくに,インターネット)の台頭,そして輸送の改善といったもののために,ある企業にとっての競争相手は,旧来の地域的に限定されたローカルな企業だけではなくなった.むしろ,世界の至るところから出現するようになったのである.

原文はAmazon.comで「SEARCH INSIDE」機能を用いて閲覧、引用しました。

いかがでしょう? 私個人の感覚では、英文のほうが5倍も読みやすいです。少なくとも上記の引用部分では辞書にあたらねばならないような表現や単語もありませんし、決して難解な文章とはいえません。
一方で、訳文のほうはお世辞にも読みやすいとはいえないように思えます。

英文を翻訳する以上、読みやすい日本語にするのは容易なことではないと思います。
事実、私が自分で訳してみたところ、やはりこなれた日本語にはほど遠いものになってしまいました。

<試訳 上記と同じ箇所>

企業はこれらの変化を通じて業績を高めようとしている。激化する競争により変化は早まっており、その多くは新しい技術によって可能となったものである。国際貿易と投資における障壁の撤廃、インターネットに代表される情報技術の進歩、そして改善された輸送などによって、競合相手は従来のようにローカル企業だけでなく、世界中のあらゆる場所に存在するようになった。

谷口氏とどっこいどっこいといったところ。なので、一概に氏の翻訳をけなす気にはなれません。また、こうした本はいち早く日本語で紹介されることが大事で、こなれた日本語を目指して出版が遅れるよりも、多少の難がある状態でも早いほうが価値があると思います。
けれど、それにしてももう少し...と思ってしまうのですね。谷口氏ご自身の文章は、「訳者あとがき」を拝見する限りでは実に論理的、簡潔で明快なわかりやすいものであるだけに、この訳文が惜しまれます。少なくとも、同僚にはちょっと勧められないな、という感じです。

というわけで、この本は私にとって「もしかしたら原書で読んだほうがはるかに早く、きちんと理解できるかもしれない」記念すべき一冊となったのです。
英文読解力が向上した、というよりは、日本語読解力が低下したことが主因ですから、あまり手放しでは喜べませんけどね。
内容は非常に示唆に富み興味深いものですので、あと100ページほどを読了したら、また感想なども書き留めておこうと思います。



本好きといっても、当然好みというものがあるわけです。どんなに評判の本であっても書店の店頭で見た途端にげんなりしてしまう本というのがあります。
これはもう、相性というほかなく、出版する側もそれなりの意図を持って装幀デザインを考えるのでしょうから、私はそのターゲットには入っていなかったのだと諦めるほかありません。

見た途端にげんなり、という本にはいくつかのパターンがあります。
色合い、デザイン、本のタイトル、あるいは腰巻きでの宣伝文句やその内容など、本の装幀にはいくつもの要素があり(厳密には腰巻きは装幀ではないのかもしれませんが)、私が嫌いなものは次のような感じです。

黄色と赤が大々的に使われた配色...外見だけをつくろう空虚さ
黄色と赤というのは補色関係でこそありませんが、ものすごく派手に目立つ配色といえます。これらの色をたくさん使っている本は、店頭で否が応でも目につく本です。
これはすなわち、「とにかく店頭で目立たせたい」ということを意識したデザインで、多くの場合あまり上品なものにはなりません。品を捨ててでも目立つことを選んでいる、という段階で、私の好みからは外れます。
発言の内容はたいしたことはないのに、大げさに怒ってみせたりわざとらしく強調して印象づけようとする人というのがいますが、ちょうどそんな感じ。中身に自身がないからせめて注目を集める工夫をしようというものに感じられます。

初心者、サル、簡単、1時間早わかり...読者を馬鹿にするのもいい加減に
ありますよね、タイトルや副題で内容がいかに簡単でわかりやすいかを競っているもの。
確かに初心者が初めてのジャンルに挑むときに、簡潔に書かれた入門書の役割は重要です。とはいえ、世の中には初心者しかいない訳じゃない。どの本もこれでもかというほど簡単さや優しさを売り物にする必要なんかないでしょう。
ビジネス書のコーナーだけではないのかもしれませんが、入門書ばかりが所狭しと並べられた店頭からは、読者のレベルを見切って馬鹿にした作り手の薄ら笑いが透けて見えるようで、実に不愉快。

○○氏推薦!しかも顔写真つき...この人ほんとに読んだの?
多分読んでないでしょうね、と私は思います。読んだとしても、ざっと目を通して「ま、いいっすよ」という程度。
そもそも、有名人が推薦するから良い本だ、と思う読み手が情けない。更に、読み手がそんな選び方をすると考えている作り手には腹が立ちます。腰巻きに顔写真つきで推薦の言葉を寄せるだけで、いったいどのくらいの商売になっているのかわかりませんが、推薦された本と著者だけでなく推薦者の評価も下がります。
推薦者だけでなく、著者ご自身がご尊顔をお出しになり「美人営業マンが教える○○の秘訣!」とか書いてあるのもありますけど、それも同じですね。私は絶対に手に取りません。

上記のような本を一生懸命に読むかたがたに文句をつけるつもりも、笑うつもりもありません。これはまあ、個人の嗜好。
でも、この手の本がけっこうたくさん出てくるのを見ていると、「そんなに出さなくても、2,3冊をまとめて1冊にしたらいいのに」と思っちゃいます。店頭スペースには限りがあるのだから、もうちょっと他の本にもスペースを割いてほしいな、と。

ジャズ喫茶「いーぐる」の後藤雅洋氏、「マイルスを聴け!」の中山康樹氏、そして「スイング・ジャーナル」のレビュアーとして活躍する村井康司氏の3人が、歯に衣着せぬどころでは済まされないホンネトークを繰り広げる一冊です。
少し古くからのジャズ・ファンであれば、主張に同意する・しないは別にして大いに楽しめるお薦めの本です。

本書のなかでジャズの新譜はレベルが低下していると度々指摘されていますが、私もいま聴いているジャズのほとんどすべてが1960年代までの、いわば評価の定まった名盤ばかりです。
ときおりショップの試聴コーナーで新譜を聴いてみるのですが、なんだか音がきれいすぎ、演奏もまとまりすぎていて、ただそれだけという印象しか受けないのです。耳が悪いのかもしれません(対談の3氏のようにジャズを聴き込んでいるわけではありませんから)。

ウイントン・マルサリスがアメリカのエスタブリッシュメントの世界で成功を遂げてしまったことが、ジャズが音楽として”終わった”ことを象徴すると中山氏はいいます。
昔ならばジャズを始めていた黒人ミュージシャンは、いまでは別の音楽にいってしまっている。ジャズに入ってくるのはウイントンの成功を見てきたものばかりで、そんななかでかつてのようなジャズが生まれるはずもない、といった主張です。
私はこの意見を肯定も否定もできるほどの知見をもたないのですが、たしかにウイントン以降のジャズに興味が持てないのは事実です(スイング・ジャーナル誌が「新伝承派」などと持ち上げれば持ち上げるほど、冷めていったのを憶えています)。

本書のなかでは、iPodの登場もあってジャズの聴かれ方がカジュアルになっていること、またネット上でのジャズに関する文章のオリジナリティのなさと「スイング・ジャーナルごっこ」の質の低さについても何度も指摘されています。
誰もがジャズ評論家になりたいわけではないのだし、音楽の感動を文章でひとに伝えるのは非常に困難な作業です。「ジャズ評論初心者」が「ジャズ初心者」に教えを垂れる光景というのは、確かに気持ちの悪いものでしょうが、誰もがジャズに興味を持たない状態よりははるかに良いと思います。むしろ、ジャズが”終わった”ものだからこそ、さまざまなタイプの消費のされ方があって良いでしょう。

ネットの文章はあまりにも量が多いだけに、全体を見通すことはできません。
質の低いものを見てしまい、全体の評価してしまうことは避けられないことなのだと思います。掲示板などを見ていると、特に質の低いものが集まりがちなのも事実ですし(仮に内容がまともでも、掲示板という場は文章をきちんと書くところではないのが実態)。
3氏がネットに触れ、その質の低さと画一性に唖然とした時期よりも、現在は情報の取捨選択もかなり容易になってきています(もちろん、まだ限界はかなり低いところにあり満足はできませんが)。
彼らがジャズの良さを伝えようとする人びとの多くは、いまネット上にいるわけです。あまり性急にネットに見切りをつけるのではなく、もうしばらく様子を見て、そこに伝わる文章を書くこともまた、彼らに求められていることではないのかな、と思えます。

あまりに有名なドストエフスキーの処女作です。
主人公のマカールは、あまり有能でなく社交性にも欠ける下級役人で、「地下室の手記」「二重人格」などと基本的にはかわらぬ人物として描かれます。
とはいえ、彼の人生は決定的な破滅を迎えることはありません。たしかに、ワーレンカとの恋は叶わぬままに終わってしまいますし、それはマカール本人にとっては大きな打撃であったでしょうが、おそらく彼はその後もさして波風の立たない平穏な日々を取り戻したことでしょう。彼女を手に入れられなかったからこそ、破滅を免れたとさえいえそうです(あまり書くとあらすじになってしまいますね)。

こうして立て続けに読むことで、19世紀半ばから後半にかけてのロシアの庶民の置かれた状況が見えるようです。うだつの上がらない下級役人の生活、ストレス、敗北感と、それを取り巻くペテルブルクの灰色でじめじめとした気候、わずかな楽しみでさえも世間の評判やら同僚の目を気にしながらでは気晴らし程度にしかならないでしょう。
現代の日本と比べても仕方のないことですが、自分自身が実力に比べて過小な評価を受けているという不満や、その一方で世間体や周囲の視線を気にしながらストレスに押しつぶされるさまなど、決して私たちと無縁の社会はいえないように思えます。

読んでいて面白かったのは、ゴーゴリの「外套」に対してこれでもかとばかりに攻撃を加えるくだりです。よほど腹に据えかねたものがあったのでしょう。プーシキンの作品と並べて読み直したくなります。

本の感想を書いているブログは多くあって、読み終わったあとで他の読者の感想を知りたい時など書名で検索をかけるとかなりの数のブログが見つかります。
もっとも、今年になってこのブログで取り上げた本の中で、相当数の感想が検索されるのは「ウェブ進化論」くらいのもので、他についてはテクノラティでもせいぜい数百件がリストアップされる程度です。数千件あっても数百件であっても、すべてを読めるわけではないのでそうたいした問題ではないのですが。

いろいろと拾い読みしていて気がついたのですが、本を読み終えることを「読破」と表記しているサイトが意外に多いのですね。テクノラティだと「読了しました」が75,293件なのに対して「読破しました」が66,771件と、ほぼ同数といって良いくらい(2006年3月4日15時45分現在)です。
また、ブログ以外のサイトも含めてGoogleで検索すると、以下の通り「読破」の圧勝です。
 読破しました の検索結果 約 198,000 件
 読了しました の検索結果 約 62,800 件

念のため、「読了」と「読破」の違いを辞書で調べてみると、次の通りです(手持ちの電子辞書に搭載の広辞苑第五版による)。
 読了:すべて読み終えること。
 読破:(難解な、または大部の書物や書類を)すべて読み通すこと。「万巻の書を-する」
この定義はおおむね私の感覚にも近いもので、「読破」というからにはかなり骨のある内容であったり、分厚い本を時間と労力をかけてやっつけたときでなければ、と思います。
更にいえば、自分の読書について「読破しました」というのは、なんだか厚顔というか、厚かましいように感じ、気が引けるのも事実です。好きで読んだ癖に、「どうです、すっごいでしょう」と胸を張っているようなもんでしょうか(言葉の受け取り方はひとにより違うので、ブログで「読破」を使っている方がそうだといってるのじゃありませんから、ご了承ください)。

それはそうと、自分なりに「読破」と感じるのはどのくらいの分量からかな、と考えてみました。
今年読んだ本の中でページ数が多いのは、分冊になっている「ファウスト」と「海流のなかの島々」です。とはいっても両者とも2冊合計で700ページ前後ですから、大部というものでもありません。
長い小説というと「大菩薩峠」ですが、さすがに極端ですね(笑)。たとえば文庫本で3冊にわかれている「カラマーゾフの兄弟」や「トリストラム・シャンディ」などは大部と表現しても良さそうに思えます(本棚でぱっと目についた、著名で長い小説がこれらでした)。試しにもってきてみると、前者が1500ページ弱、後者で1100ページほどです。
この両者では、読んだあとの「読破感」は後者のほうが大きかった記憶がありますね。「カラマーゾフ~」がぐいぐいと小説の世界に引き込まれる冒険小説のような魅力を持つのに対して、「トリストラム~」のような思考の流れが文章化されているものは、長い休みに一気に読むならばともかく、とぎれとぎれでは辛かった。
私の場合だと、1000ページ前後以上で、ストーリー展開や平易で理解しやすい論旨を順に追いかけるだけでは読めない本の場合、「読破感」が大きくなるようです。

別段、読んで楽しむぶんには読了だろうが読破だろうがかまいませんし、趣味なのだから苦痛が伴うほど労力をかける必要もないわけです(現に、今年に入ってから読んだ本の多くが、あまり厚くないものです)。
けれど、ある年齢になると(私の場合、35を過ぎたあたりからだったと思いますが)脳を意図的に動かさないとすぐにサボり癖がついてしまい、肝心なときに役に立たなくなります。携帯ゲーム機でも脳を鍛えるトレーニングソフトが大人気ですが、その気持ちはよくわかります。
「読破感」のある本を意図して読むのは、ある意味私にとっての脳活性化策でして、これを避けるようになったときに、自分は老いていくのだろうなあ、などと思います。


(なぜか上巻のリンクがつくれません)

生前未発表となっていた作品が死後に刊行されたものだけに、上巻の解説にもあるとおりかなり荒削りで完成度の低い部分も見受けられます。
主人公トマス・ハドソンがなぜ家族との関係作りに失敗し、友人との関係においてもガラスが一枚挟まったかのような距離感を保ち続けるのかが、「現にそうであること」としてしか描かれていません。このため、ハドソンの言動がスッキリと頭の中で整理されるまでに100ページ分ほどかかってしまいました。

これも解説の通り、若トムの母とのいかにもとってつけたようなエピソードがあるにもかかわらず、二人の妻との関係がなぜ壊れざるを得なかったのか、はっきりとは見えません。
小説においてすべてがきちんと説明される必要など、もちろんないわけですが、この部分はもう少し詳しく書き込んであったも良かったように思えました。
とはいえ、全体を読み通した頃には、なぜハドソンはこのような人物なのか、なぜこうした行動に駆り立てられていくのかがすっりと腹に落ちていることも事実。くだくだとエピソードを書き連ねての説明よりも、ハドソンの日常を描き、友人たちとの交流を積み重ねることで彼を理解させることができているわけです。ヘミングウェイがこの作品を完成させ発表したとしても、おそらく全体の構造は変わらなかったかもしれません。

第1部と第2部は、全体のなかではハドソンが絵筆を捨てて索敵と追跡を任務とする特殊工作に自らの役割を求める背景となっています。
家族や友人とその時々では良い状態を作れるものの、それを長期間にわたって維持できない主人公の性格や行動が、執拗なほど書き込まれており、これが妻たちとの別離の原因であったろうことはうかがい知れます。
妻たちから、子供たちからの視線は意図して避けられたのでしょう。一方的にハドソンの側からの世界が書き込まれるわけですが、彼に共感ができるか否かで読みやすさはかなり違ってくるように思えます。私自身にとっても、長期にわたる人間関係をほどよい距離感と密着感で維持するというのは、かなり難儀なことです。その意味でハドソンには共感できることも多いですし、多くの読者にとっても同様かもしれません。

上下巻と長い作品ですが、全体は3つの中編によって構成されているといって良いでしょう。ことに第1部の3人の息子とハドソンとの休暇を描いた部分は独立した作品として十分に楽しめるもの。単独で読んでしまうと結末がいささか急転直下という印象は受けるでしょうが、さしたる疵ではないように思います。
「老人と海」との共通性が多い部分ですが、描かれるのは一方が成長の途上にある少年であり、もう一方は人生の終盤を迎えた老人。類似したシチュエーションで、同じように敗北で終わる物語を対比させながら読むのも、面白いかもしれません。
この作品の印象が少し落ち着いてきたら、「老人と海」を読み返してみようと思います。

直前に読んだ「タイタス・アンドロニカス」とはうってかわって4人の男女の恋物語です。
同じ女性に恋する男性二人とその一方に恋する女性、この4名が中心ですが、4名のうち1組が最初から両思いということになります。ここに村人やら妖精やらがにぎやかしく登場して、最後はめでたくハッピーエンド。
まあ、最近ではドラマでもこれほどわかりやすい設定はしないかもしれませんが、短い劇のなかではあまり複雑な人間関係を描いたってしかたありませんし、気軽に楽しめるよう単純なのが良いのでしょう。

この主人公たちの関係が途中こじれるのも、最後になんとかまとまるのも、妖精の王オーベロンに命じられたパックが見つけてきた花の汁のせいです。
これを瞳に垂らされ、目が覚めて最初に見たものと恋に落ちる魔法がかかるわけですが、妖精が相手を間違えたり、偶然にも想定した相手とは別人を見てしまったりと、魔法のおかげで人間のほうは良い迷惑。しかもこのような魔法も妖精の王と女王のつまらぬ痴話げんかに端を発するもの。こうした、だれかの行動が意識せぬままに他の人々の人生に影響して、というのは悲劇・喜劇を問わずこうした物語の典型的な筋立てといえるかもしれません。

細かなことは抜きにしても、短くて気軽に読め、深刻な話や難しい本の合間に息抜きとしてピッタリの本ともいえるでしょう。
この本を買うときも、「タイタス・アンドロニカス」と一緒でした。やはりある程度バランスを取りながら読む本を選ぶのも、読書を続ける上では大事なんじゃないかと思ってます。

ないですか?
私はなんというか、かなりの頻度でやってしまいます。というのも、私には好きなジャンルがいくつかありますが、それらを取り混ぜて読むというよりは、ある時は古典文学ばかり、次には冒険小説ばかりというふうに、集中的に読むのです。この周期はだいたい3年ほど、長ければ5年以上間隔が空くこともあります(現に、前回古典小説を集中して読んだのは10年以上前です)。
このため、前回買って読まずに積んであった本などは、その存在をすっかり忘れてしまってまた買ってしまう、ということになります。

先日読み終わった「二重人格」もこれで、読了後に「そういえばこの前ドストエフスキーを何冊か買っていたよなあ」と本棚を眺めたら、案の定置いてありました。
しかも、そのときちゃんと見なかったせいで「貧しき人々」と「死の家の記録」も危うく買いそうになったほど(結局、虫の知らせがしたので買わずに本棚を確認したら、ちゃんとありました)。10年あいたから、というだけでなく私がとにかく忘れっぽいのが主原因で、船戸与一氏の「銃撃の宴」に至っては3冊もあります。

こんなふうに同じ本を重ねて買ってしまうのも、読んだ本の内容がしっかりと頭に入っていない、つまり流し読みしているからなのかもしれません。あるいは、本好きといいながらけっこう好みが偏っていて、出張時などにあわてて買うときなど同じような作家や傾向の本を選びがちだから、ということもあるでしょう。
また、短編集などは別物を買ったつもりが半分ほど重なっていた、ということもあります。こうなると、岩波だけ、とか、新潮だけ、というようにしなければ回避できないことも。

いずれにせよ、間抜けなのは買っている私なので誰のせいにもできません。
本棚を見て「やば、またやっちまったよ」と思ったら、妻にも告げずに(馬鹿にされますから)そっと離れた場所にしまい直しつつ、「次は気をつけよう」と心に誓うのです。

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」については、先だって読了直後に感想を書き留めたのですが、改めて自分の感想を読み返してみるとちょっとひどいですね。いかにも寝る前に「なんか書いておかなきゃ」と15分で仕上げたやっつけ仕事。
既に公開してしまったものを引っ込めるのも誠実さに欠けるでしょうから、このままにしておきます(それに、低水準のエントリを削除し始めると、このブログが空になっちゃうおそれがありますしね)。
もう少し、ちゃんと自分が何をどう感じたか、書き留めておこうと思います。

もっとも多くのボリュームが割かれている「グーグルのすごさ」については、私も梅田さんのブログを読み改めて気付かされたのですが、それ以前に「ぐぐる」という行動は私の生活習慣にしっかりと根付いていました。
おそらくグーグルが「ヤフーに代わる新しいサーチエンジン」として注目され始めた頃から、私はWEBサイトを探すためにヤフーを使うことをやめ、グーグルを使っています。何か知らない事柄に出くわすと、PCが手許にあればグーグルでサーチしてみるのが習慣になっており、出先で「ああ、いまここでグーグルが使えたら」と思うことも少なくありません(余談ながら、そんなときでも携帯電話からサーチしようとは思いません。知りたがり以上にめんどくさがり、ということでしょう)。
もちろん、人に何か訊かれた時も、まずは「ぐぐってみた?」と問い返します。何かを調べるときに、まず手にする道具、私にとってはそれがグーグルですし、そういうかたは多いと思います。

インターネット上の情報が、かなり「石」の比率の高い玉石混淆であることは、比較的早い段階から常識となっていると思います。私たちは、そこから「玉」を選り出すスキルをリテラシーと考え、その高低が重要になると考えてきました。これが、いわば「WEB1.0」の価値観であったといって良いでしょう。
グーグルを始めとした「WEB2.0」的な未来では、「石」と「玉」との選り分け自体をほぼ無限大の情報利用者(および発信者)の行動のダイナミズムの中で「自動化・機械化」し、質の高い情報を探し出すためのハードルを引き下げようとしています。
これは、上記のスキルを持たない人に取ってだけでなく、高いスキルを持つ人にとっての福音でもあります。

知の世界に敷設された高速道路のメタファーが示すとおり、グーグルの登場と成長によって「何かを知り、理解する」ためのハードルは低くなり、コストはゼロに近づいています。机にいながらにして海外の論文を引き出し、読み、関連した文書や交換されている意見を参照できる、という環境がたったの10年から20年で実現するなど、学生時代に私には想像しかできませんでした(想像もつかなかった、なんて書くとさすがに嘘ですよね)。
情報収集と判別のコスト(時間も、お金も、労力も)がほぼ無料となり、しかも情報消費と情報生産のダイナミズムがさらに情報の質と量をたかめコストを継続的に引き下げる社会がすぐそこまでやってきている、という実感は私にもあります。
(余談ですが、若いかたがたの英語学習への意欲の高さは、こうした流れに沿ったものなのでしょうね。TOEICで一定スコアを取らないとリストラ対象になる、といった中高年の英語熱とは根本的に違うものを感じます。)

かつては情報の収集術や情報源の獲得にかかっていた時間が大きく短縮された(高速道路の敷設)ことによって、今度は集めた情報から何を生み出せるかの競争へとステージが変わりました(その先の渋滞)。
上の方で「福音」だと書きましたが、一方でこれが大きなプレッシャーとなって私たちにのしかかることも確かです。

高速道路で早く移動できたとしても、終点から先には渋滞が待っているわけですから、そこから先に進むのはやはり容易ではありません。
仕事でいえば、「3年目くらいから使い物になれば...」なんていう悠長なことがいっていられなくなり、「即戦力」として活躍できなければ自分の価値が否定されるかのような気分にさえなります。とはいえ、そう簡単に渋滞を乗り越えられるはずはないわけで、「働く」場面での若者の迷いや挫折感のかなりの部分が、このあたりから生じているようにも思えます。

いまは高速道路の存在を肌で感じる一方で変化が終わってはいない、いわば過渡期です。
変化を眺めつつも従来型のやり方で価値を獲得し続ける「エスタブリッシュメント(あるいは「こちら側」)」と、変化の中で生まれ育ったがそれを価値に変え獲得するすべを十分にはもたない「あちら側」との軋轢は、そうそう簡単に収束しうるものではないのだな、と思わざるを得ません。それは単なる世代交代の問題ではなく、社会のありようや価値交換のしくみが、大きく変わらざるを得ないのですから。

変化の途中で明解な答えが出るわけではないのですが、たとえば職場においては、「こちら側」から「あちら側」を(理解できないにせよ)支援することしかないのではないか、と思えます。
世の中で突然変わるわけではなく、いま組織の中心にいる人々も最初は若者として参入し、標準的なプロトコルとのあいだで軋轢を引き起こしながら成長してきたわけですし、その過程でプロトコルの側も、あるいは「エスタブリッシュメント」も幾ばくかの変化を遂げたはずです。
私自身が前の世代にそうしていただいたように、新しい方法論や新しい思考、そして新しい文化を否定せずにサポートしつつ、現在のプロトコルの中で活かせるようクッションになることが求められているのだろうし、そうしていきたいと思っています。
大変化を理解してそこに適応することは難しくても、変化を受け入れて次の世代をサポートすることは、おそらく多くの「こちら側のエスタブリッシュメント」にも可能なのではないでしょうか。

今年は「中学高校までに読んでおくべき古典を読み直す」と決めたというのは以前にも書きましたが、これまでこの方針に該当しそうなのは次のものです。
 1.「中世の光と影(上・下)」 堀米庸三著 講談社学術文庫
 2.「ファウスト(一・二)」 ゲーテ著 高橋義孝訳 新潮文庫
 3.「帝国主義」 レーニン著 宇高基輔訳 岩波文庫
 4.「リア王」 シェイクスピア著 野島秀勝訳 岩波文庫
 5.「リチャード三世」 シェイクスピア著 福田恆存訳 新潮文庫
 6.「二重人格」 ドストエフスキー著 小沼文彦訳 岩波文庫
 7.「賭博者」 ドストエフスキー著 原卓也訳 新潮文庫
 8.「月と六ペンス」 モーム著 中野好夫訳 新潮文庫
 9.「地下室の手記」 ドストエフスキー著 江川卓訳 新潮文庫
 10. 「タイタス・アンドロニカス」 シェイクスピア著 小田島雄志訳 白水uブックス
 11. 「夏の夜の夢」 シェイクスピア著 小田島雄志訳 白水uブックス

私は特定に作家を続けて読む癖があり、今回はドストエフスキーとシェイクスピアを代わる代わる読んでいるような形になっていますが、必ずしもこだわっているわけではありません。
ただ、こうして並べてみると新潮文庫が海外の古典作品をけっこうきちんと残しているのが目立ちます。もちろん、岩波文庫の青・赤・白のシリーズもありますが、どの書店でもある程度の店頭在庫があるのも、新潮文庫の良いところです。フラリと入った街中の小さな書店でも買えますから、出張時に読む本がなくなったときにも安心です。

いま読んでいるのは、ヘミングウェイの「海流のなかの島々」で、上巻を読了したところです。第1部のあまりに突然の、悲劇的な結末はかなり衝撃的でしたが、これが後半に向けて主人公の行動にきちんとつながっていくのでしょう。

2月もそろそろ終盤になりました。あと4日ほどですので、まあ2,3冊が追加できるくらいでしょうが、まあまあのペースかなと思っています。
多少ペースダウンしても、月に5,6冊平均として60冊内外。中学高校のころのスピードには比べるべくもありませんが(当時は毎日2冊とか、平気でしたから)、良質な作品をできるだけたくさん、読む年としたいと思っています。

シェイクスピアの作品のなかで最も血みどろの凄惨な作品といわれますが、たしかに体を切り刻むだの、両手と舌を切り落とすだの、殺してパイに焼いて母親に食わせるだのといったすさまじい描写が頻出します。
とはいえ、当然ながら下品なスプラッタ作品に堕しているわけではなく、復讐の連鎖という人間が歴史のなかで繰り返してきた悲劇が主題です。

暴力に暴力をもって応えることは問題の解決にならないことくらい、私たちは十分に頭ではわかっているはずです。とはいっても、辱めを受けたり暴力をふるわれたときの怒りは激しいもので、同等以上の仕方で相手を苦しめることなしにはなかなか収まるものではありません。
この悲劇に登場する権力者の行動に限らず、日常生活の至るところで復讐の連鎖は見られますし、仮に一方が堪えたとしても、怒りや憎しみはかなりの時間をかけなければ消えるものではありません。

この作品、観客にとってのわかりやすさや感情移入のしやすさなどが制約となってか、悪役があまりにわかりやすく悪辣なために、どうしてもアンドロニカス一族の視点で読んでしまいがちです。復讐には十分な根拠があるように思えます。
とはいえ、おおもとの原因をつくったのがタイタス・アンドロニカスその人である(ゴート人王子の殺害にせよ、皇帝の指名にせよ、あるいは娘の結婚にせよです)ことは明らか。さしたる考えもなしに採った選択が、時にはこの連鎖の最初のひと転がしになってしまい、最後には大きな悲劇となって人々にのしかかる、というのは後の「リア王」にもつながる悲劇の典型ともいえるものでしょう。

思えば、私も含め多くの人々は、知らず知らずのうちにこの「最初のひと転がし」につながる行動を取っているのだと思います。これをエスカレートさせるかどうかは、お互いの次の行動にかかっています。
やられたらやりかえせ、という思考が世界にどんな結果をもたらすかを、私たちはこの数年間で嫌というほど見せられています。シェイクスピアは米英においては基礎教養のひとつなのだと思いますが、どうやら基礎が崩れつつあるのは太平洋の向こうでも同じなのだな、と思わざるを得ません。

今日読了したもう一冊、「夏の夜の夢」についてはまた後日。


実に26,7年ぶりに再読しました(年がばれますね)。
文庫本で200ページ足らず、ほとんど改行や会話文がなくページにびっしりと文字がつまっているとはいえ、決して長い作品ではありません。けれどこの作品を多感な時期(笑)に読んでしまったがために、私はけっこうひねた青春時代を送るハメになりました。

なにせ、前半の理性批判・合理主義批判が理屈っぽい中学生を増長させたいっぽうで、後半は自意識に押しつぶされていく小心者の姿をこれでもかというほどしつこく描写してくれます。悪いことは申しません、思春期のお子さんがこの本を手にしていたら、即座に取り上げましょう。
冗談はさておき、この地下室男の過剰な自意識は、誰もが心の奥底に思い当たる節のあるものではないかと思います。それをすんなりと受け入れられるのが、私にとっての26年だったのかな、と思ったり。この卑劣な自意識を認めてこその前半の合理性批判なのだな、と読み通して納得しているのです。

こんな本が読書体験の初期にあるためか、私は手放しのオプティミズムを目の当たりにするとどうしても斜に構えてしまいます。あるいは、自信たっぷり、前向きな姿勢を見せつけられると、ついつい言わずもがなの当てこすりを口にしたり、心の中で舌を出したりといった子供じみた反応を抑えられません。中学高校ではかなり迷惑な存在だったと思います。
最近ではさすがに表に出さなくなってきたのですが、いまでもこの傾向は基本的には変わっていません。いや、むしろ表に出さないだけたちが悪いかも。

私は営業部門に所属しているものの、ライン営業に従事していたのはほんの短い期間に過ぎず、どちらかといえば新規事業の企画・運営やサポートスタッフとしてのキャリアが中心です。
とはいえ、営業部門のスタッフとして営業組織のありようや人材育成などのテーマでプロジェクトチームに参加したり、あるいは直接に担当をしたりといったことももちろんあります。営業の現場に従事した経験の浅いものがこうした仕事にタッチすることを許せないと感じるかたが、特に営業最前線には多いかもしれませんね。しかし、当然その都度ベストは尽くしてきましたし、いまでも強力な営業組織の実現は私の主たる関心領域のひとつです。

そんなわけで、この本を店頭で手にしたわけですが、タイトルはちょっとこっぱずかしいですね。私は出張時の新幹線で読んだのですが、カバーをはずして書名が目立たないようにしました。もうちょっと上品なタイトルが付けられなかったものでしょうか(ちなみに原題は"Strategies That Win Sales"なので、それほど離れているわけではないのですが)。
タイトルとは違い内容はかなりしっかりしたものです。アメリカの営業コンサルティング会社にいる著者によるものですが、調査対象企業は日本や韓国なども含んでおり、現状認識や営業という機能が直面する環境変化などは、日本のマーケットでも十分共通のものといえます。

タイトルにある7つの戦略とは次のものを指し、それぞれに1章ずつが割り当てられています(カッコ内は私が補足で加えました)。
戦略1 マルチチャネルを使いこなす(顧客へ到達する営業チャネルの複線化)
戦略2 営業人材を効果的・効率的に配置する(資源配分と組織設計)
戦略3 IT活用を営業成果につなげる(SFAやCRMの活用)
戦略4 コンサルティング営業を問い直す(営業の新たな役割とタイプ)
戦略5 営業担当者の実行力を高める(営業担当者の採用と育成)
戦略6 営業マネジメントを再定義する(営業管理者の役割)
戦略7 営業部門の組織文化を醸成する(企業文化と営業部門の文化)

ご覧になっておわかりの通り、これら7つの項目の建て方が非常に新しいというわけではありません。ただ、強い営業組織の実現のためには、これらの要素をしっかりと検討して整合性をもって組み立てられることが必要です。
また、上記の7つについての検証に続く第9章では、商品やサービスを売る側から考える営業ではなく、顧客の視点から営業に求める役割や重視される事柄についての調査結果と考察がまとまっており、売る側とのギャップが依然として大きいことがうかがい知れます。
顧客の認識と営業の認識とにはズレがあることや、そのズレがどこにありどこが大きいのかといった現状認識をしっかりとすることは、新しい営業部隊を編成したり、新たな施策を導入する際には極めて重要でしょう。そして、なかなか実践できないことでもあります。営業から見る顧客と、別の視点から見た顧客とが違うことも十分あり得ることで、単に営業報告だけから顧客の姿を想定することも危険でしょう。

上述のように、本書には営業の組織や新たな役割を考えていく上で重要な要素がしっかりと書き込まれています
ここに「答えそのもの」が書いてあるわけではありませんが(すぐに使える答えを本に求めるのは無い物ねだりだと私は思っていますが)、考える上での指針として有益だと思います。現状の営業部門の改革や強化策を検討されている方にはお勧めです。

もう一冊と並行して読み進め、本日読了しました。
この本については、すでに幾多のブログで触れられていますし、いくつかのサイトを読んだ限りではあえて私が付け加えることもなさそうに思えます。

それでもいくつかの雑感を述べると、ひとつは「こちら側」の人々に「あちら側」で起きつつあることを伝えるための努力と、その多くが徒労に終わることからくる絶望感の深さが伝わってきました。すでに中高年には期待できないという諦観が、若い世代への期待感と信頼に形を変えているようにも思えるほど。

一方で、世の中の変化は決して一朝一夕には起きないこと、当面は旧世代の経済構造・価値構造が残り、主流であり続けるであろうことを冷静に語るさまからは、若い世代とこれまでの世界を支えてきた世代との架け橋であろうとする意思が感じられます。
諦観と書きましたが、梅田さんご自身は「諦めてはいけない」とぎりぎりのところで踏みとどまろうとしているように思えます。梅田さんよりも少しだけ下の世代、おそらくはほぼ同じ時代を過ごしてきた私にとっては、それが非常な精神の強さを要するものであろうことが想像できます。

私自身は、もとがひねくれた性格なのか、あまりに強いオプティミズムに触れるとアレルギー反応を起こすようなところがあります。
また、年代的にもついつい若者理解できない行動を非難し、「パラサイトシングル」だの「ケータイを持ったサル」だのというキャッチーで便利な言葉で彼らをくくってしまいがちです。しかし、そこで思考を停止して自己を正当化するだけでは、何も始まらないのも事実です。

日本の典型的な企業で20年を過ごし、ハシゴをひとつずつ登ってきた私には、シリコンバレーからの梅田さんのオプティミズムあふれるメッセージをそのまま受け入れるのはそう簡単ではありません。
それでも、明日が今日よりも良い日であるよう、好奇心を持って考え行動し続けることをやめてしまえば、そこでお終いだと思う程度には若いつもり。WEB2.0やグーグルという存在の意味合いを、自分のなかで消化しきれるにはまだしばらく時間がかかりそうですが、やはり読むべき本だし、周囲の優秀な人々にも勧めるべき本だと思います。

もう一冊、今日読了した「最強の営業組織7つの戦略」については、また後日。

私がRSSリーダーに登録している範囲でも、梅田望夫氏の「ウェブ進化論」の話題で持ちきりといっても良いほどです。
発売日が2月7日でしたが、たしか翌日くらいに会社の近くの書店で購入してあります。あちこちで品切れ状態というのを聞いて確かめに行ってみましたが、なるほど見あたりません。大人気なのか、あるいは初刷り部数の見積もりを誤ったのか...
私の知る範囲では、昨日(2月15日)の夕方に丸の内の「OAZO」丸善では、まだ平積みが確認できました。もしかしたら、まだあるかもしれません。

読んでから時間があれば感想を書こうとも思っていますが、これだけ言及するブログが多い中で私があえて付け足すこともないかもしれないな、という気もします。
全般には、「言いたかったことはこれなんだ!」といった感触が多いように思えます。雰囲気としては「コンピュータネットワークと電子メール」がいかに大きな変化をもたらし、私たちの仕事や生活を変えていくかを、なんとかして世の中に伝えたい、と悶々としていた15年ほど前の状況に似ていますね。
当時はブログなど存在せず、主な舞台はパソコン通信の電子会議室でしたが、一晩で20とか30の発言が飛び交い、議論されていたのを思い出します。発言者の数も量もいまよりはずっと少ないですが、適切な場所さえ選べば情報のS/N比は段違いに高かったと記憶しています。

いずれにせよ、未読の本についてこれだけ多くの情報に触れているのは初めてのことかもしれません。
あまり先入観や余談をつくってしまわないうちに、手をつけねばと思っています。

玄田氏の本を読むのはこれで3冊目になります。
最初は「仕事のなかの曖昧な不安」で、つい最近文庫になったようですが、なんとなく抱いていた「リストラ被害者=中高年、わがままなパラサイトシングル=若年層」というイメージを覆してくれました。
そして、その主張をデータでしっかりとバックアップすると同時に、若年層の仕事を創り出す政策の必要性を訴えた「ジョブ・クリエイション」を読んだのが一昨年の4月でした(その感想エントリはこちらです)。

今回も氏の基本的な主張にはブレがありません。
若者は怠けたくて就業しないわけでも、親に寄生できるから働かないわけでもない(もちろん、そういう若者もいることはたしかでしょうが)。むしろ、過剰に「働く」ことや「自分らしくあること」を意識させられるがゆえに、立ちすくんでいる。これをゆっくりとでも歩き出せるようにしていく義務が、大人にはあるというのが、氏の訴えです。

この本を読んだあとも不思議なのは、企業の側が新卒や転職で門を叩く若者に「即戦力であること」「優れたコミュニケータであること」を望んでいるとは思えないのです。
玄田氏も指摘するとおり、本気でそんなことを要求する企業はすぐにも行き詰まり、市場から退場することでしょう。人材育成を放棄した企業になど、存在価値はないと私も思います。
では、いったい誰がそんな強迫観念を若者に植え付けているのでしょう?

その答えは単純なものではないと思います。
企業の側が発しているメッセージ(実力主義・成果主義やリストラの断行など)が教育機関や親などの過剰反応を引き起こし、ここにメディアや資格産業といった存在が関わることで誤ったメッセージが増幅されてしまったように感じられます。
本書の後半は、ニートの分析から氏が実際に見聞きした人々の体験もふまえながら、大人が取るべき具体的な行動へがいくつか提言されています。
こうした提言は、ともすれば「実効がない」「解決にはならない」といった批判を招きがちなものです。しかし、それをあえて書き続けるところに、私は玄田氏の真摯さと誠実さを感じます。



恥ずかしながら、これは初めて読みました。解説を読むまで、画家ゴーギャンの人生からイマジネーションを得た作品とも知らずにいたものです(もうちょっとお手軽な喜劇だと思いこんでました、いやはや、恥ずかしい)。

40を過ぎてから突然に画家を志し、家族を捨てて美の追究のみに人生を賭けるストリックランドという人物を、語り手である「僕」は、パリでのエピソードまでは非人間的な、周囲を苛立たせる厄介者として描いています。一応、とらえがたい魅力の持ち主であるかの描写もあるのですが、どちらかといえば、得体の知れない、しかも平板なイメージであるように私は思いました。
ほとんど終盤、残り100ページになるまでがこの調子で、タヒチでのエピソードが語られ始めたときには突然調子が変わってしまうことに少々とまどいを憶えました。

タヒチでの物語は、すでにストリックランドの死後に、生前彼と交流のあった人物からの又聞きを「僕」が再構成して書き記すという形を取っています。
ここでのストリックランドは、直接描写される場面が極めて少ないにもかかわらず、むしろその人物の魅力が際だっているように感じられます。これは、島の女性との幸福な生活のイメージに寄るところも大きいのでしょうが、作者モームはあえてストリックランドと読者との間に厚いカーテンを引くことで、その追究を果たした画家のイメージを強く印象づけているのでしょう。

ラストシーンでの、遂に彼を理解することも、そう試みることもしなかったのであろう、「六ペンス」の世界に生きるミセス・ストリックランドの転落ぶりは、決して良い後味を形成するものではありません。
けれど、おそらく六ペンス世界にしか生きられないであろう私にとっては、やはりストリックランドと関わる人生は耐えられないものでしょうし、結局はミセス・ストリックランドと同様に彼を自分の理解できる世界に閉じこめることでしか落ち着きを取り戻すことはできないだろうな、と思います。
小説を読んで、自分の凡庸ぶりを思い知るというのは、心地良い経験とはいえないものですが、それほど不快なものではなかったのも事実です。

高校のころ一番好きだった作家がドストエフスキーです。
新潮文庫の表紙になっている肖像からのイメージで、なんて暗いヤツ、と思われるかもしれません。けれど、ドストエフスキーの小説はたとえ暗く救いのない話であっても、登場人物の活き活きとした描写やテンポの良い台詞などで、けっこう気楽に読める作品であると感じています(もちろん、テーマは重いものが多く娯楽作品とはいえませんが)。

このところ少し読み直していることもあって、評論にも手を出してみました。
文芸評論というよりも、ドストエフスキーという作家と、彼が産み出した人物の行動や病理から創作の底流に流れる作家の苦悩や幸福を描いたエッセイというべきものでしょうか。かなり読みやすいものです。
10代の頃に比べると読書時間が圧倒的に短いこともあって、「罪と罰」「白痴」などの長編を読み直そうかどうか、ちょっと迷っています。

続いて読み始めたのが、サマーセット・モームの「月と六ペンス」。
ゴーギャンについてはテレビ番組などで見た程度という、美術にはとんだ素人なのですが、こんな人物が身近にいたらたまらんだろうな、と思いつつ読んでいます。あと100ページほど。これを終えたら、またドストエフスキーに戻ろうか、次の一冊を迷うのもまた楽しみのひとつです。

先日のiPodによる英語リスニングのエントリで参考にさせていただいた「しぬまでいきる」を少しさかのぼって読んでいたところ、2005年10月のエントリで以下のように書かれているのを見かけました。

聞くコンテンツはSoundviewのサマリー。「ユーザー・イリュージョン」を読んでから、無意識でもリスニングの効果はあるのではないかと思った。

私のエントリではichiyuさんの題材がわかりませんが...などと書いていたのですが、おそらく聴かれているもののひとつはここでも触れられている「Soundview Executive Book Summaries」のデータなんですね。ichiyuさんがSoundviewの購読者なのは、大前研一氏の「The Next Global Stage」の紹介エントリで知っていたはずなのに、全然つながっていませんでした。

さて、私もこの1月からSoundviewの購読者です。
このサービスは、読んで字のごとくビジネス書の内容を要約して送ってくれるサービス。1冊の本が8ページにまとめられており、CDにほぼ同内容のナレーションとPDFファイル、MicrosoftのeBookリーダーやPalmで読めるPDB形式などがおさめられて届きます。PDFをプリントして読み、前後してiPodでナレーションを聴くのが私のスタイルで、順序はまちまちですが、「聴く」と「読む」の両方で同コンテンツを採り入れるのは、けっこう良い訓練になっているように感じます。
これまでに契約時のおまけを除いて1月と2月分としてあわせて5冊分のサマリーを受け取り、順に読んでいます(契約が12月だったので、昨年12月分からWEBサイトでダウンロードできるようにもなっています)。

こちらで「今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。」と書いたのは、このサービスに申し込んで時間を節約しながら英文でビジネス書を読んだのに近い効果を得よう、としていることを指していたわけです。

私はもともと読書に関しては保守的なので、以前なら、1冊の本を8ページに要約したものを読むなんて、なんだかズルをしているように感じて見向きもしなかったかもしれません。現に、「世界の名作をあらすじで読もう」といった本はいまでも小馬鹿にしています。
けれど、ビジネス関連の本はそもそも中にあるエッセンスを獲得して仕事のノウハウを高めるために読むものですし、昨年の経験から英語の本を読み切ろうとすると読書量を激減させるというコストがかかってしまうことを実感しました。
同じ読書でも、シェイクスピアやドストエフスキーをあらすじで読むのとは、ちょっと性格が違うだろうと思っています(単なる言い訳?)。

これなら毎月2~3冊分のダイジェストが読めますから、けっこう効率的に情報を獲得することができて、しかもリスニング+リーディングで英語のトレーニングにもなります。一石三鳥というわけ。これに、昨年から定期購読している「Harvard Business Review」を加えれば、これ以上無理して英語を読む必要もないでしょう。
そんなわけで、このサービスで読んだ内容なども、ときおり紹介していければと思います。

一年の計は元旦にあり、などといわれますが、私もささやかながら毎年1月に決めていることがあります。「今年の読書方針」なるものがそれで、2004年は「新書中心に読む」、2005年は「毎月1冊は英語の本を読む」といった、まあ方針というよりは心づもり、といった程度のものです。

さて、2006年の方針ですが、ちょっと迷った末に「中学高校までに読んでおくべき古典を読み直す」に決めました。
昨年は英語の本を方針通り12冊読んだのですが、さすがに日本語よりもはるかに多くの時間を要するので読める本の数が激減。毎年100冊読んだとしても、あと40年で読める本はたったの4,000冊しかないのですから、今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。

さて、今年これまでに読んだ本ですが、以下の通りです。
 1.「中世の光と影(上・下)」 堀米庸三著 講談社学術文庫
 2.「ファウスト(一・二)」 ゲーテ著 高橋義孝訳 新潮文庫
 3.「帝国主義」 レーニン著 宇高基輔訳 岩波文庫
 4.「リア王」 シェイクスピア著 野島秀勝訳 岩波文庫
 5.「リチャード三世」 シェイクスピア著 福田恆存訳 新潮文庫
 6.「二重人格」 ドストエフスキー著 小沼文彦訳 岩波文庫
 7.「賭博者」 ドストエフスキー著 原卓也訳 新潮文庫
 8.「RSSマーケティング・ガイド 動き始めたWeb2.0ビジネス」塚田耕司他著 インプレス

8がちょっと異質ですが、まあ「古典しか読まない」と決めたわけではありませんし、必要に応じてこんな本も混じるでしょう。とはいえ、安直ビジネス本ばかりを読み続ける気にはなれません。人生は有限なんですから。

更新が止まるまでは、読んだらエントリを書く、ということを自分に課していたために、けっこう負担感があったのも事実です。今年は、こんな感じでとりあえず読んだ本をタイトルだけでも挙げておき、気が向いたらエントリにする、というやり方にしたいと思います。
今年は40日間で上記の8種10冊、日本語だけならば月に10冊は読みたいというのが私の基準なので、ちょっと遅めです。しばらくドストエフスキーとシェイクスピアを中心に読んでいこうと思っているのですが、前者の長編小説に手をつけるとなると、数はそれほどこなせないかもしれません。とはいえ、せっかく久々に古典を読む気になったので、数は求めずにじっくりと味わっていくのがよいかとも思っています。さすがに英語を読むよりはずっと早いでしょうから。

「OnlyOnce」というweblogを書いている、eメールマーケティングのコンサルティング企業のCEO、Matt Blumberg氏他による本。
150ページほどと薄く文章も平易なので、洋書としてはあっという間に読んでしまった。
とはいえ、私にとっては、ということ。具体的には3月の3連休に50ページほどを読み、そのあとは通勤電車で4日間、土曜日に病院のロビーで読了の実質8日間。この間、「Harvard Business Review」なども挟んでいるのでなかなかのペースだったように思う。

いきなり余談だが、私のメールボックスはスパムメールであふれかえっている。
これは、もともと持っていたWEBサイト(毎日のユニーク訪問数が100件ほど)でアドレスを公開していることによるのだろうが、毎日届くスパムは50~100通ほどにもなる。メールクライアントであるBecky!にはスパムフィルタリングのアドインを設定しているものの、増え続けるスパムには必ずしも有効ではない。
こんな状態だから、差出人名などでメールを振り分けることは重要なメールを見落とさないために不可欠だ。
同時に問題もあって、登録したメールマガジンを一度振り分け設定してしまうと、今度は目につかないので読まなくなってしまう、という弊害が生じる。現に、私は両手に余るメールマガジン登録していながら、ちゃんと目を通すには数種類に過ぎない。

eメールは低コストで豊富な情報を届けることができ、しかもWEBサイトへの誘導も簡単なことから、非常に有効なマーケティングの手段であることは間違いない。
本書の中でも、有効なeメールは極めて大きな効果をもたらすことが繰り返し強調されている。
しかし、売りを急ぐあまりにメールの内容が商品やサービスの告知ばかりになっては、読者は離れていくのだと著者等は警告する。読者は自分にとって役立つ情報を求めて登録するのであり、押し売りを招き入れているわけではないのだ。

本書は3つのパートで構成されている。
特に、読者を惹きつけ、維持していくためのメールコンテンツを作成する方法について書かれた第1部が、日本の読者にとっても関心の高いところではないだろうか。この部分だけを訳出してパンフレットに仕立てても良いかもしれない。
第2部はクリーンなリストの作り方と維持の仕方(何がどうあってもスパマーとみなされないように、というのが著者等が最も心を凝らしているところだ)、そして第3部はeメールマーケティングの効果測定と問題の修正に関わる内容だ。

私が普段読んでいるメールマガジンは数種類と書いたが、それらはいずれも私にとって関心のある情報が掲載されているものばかりだ。
確かに著者の主張通り、自社の商品を並べてこれがお買い得ですよとWEBショップへの来店のみを呼びかけるものは読まなくなってしまう。
とはいえ、読者には喜ばれても、販売にまったく寄与しないメールマガジンを発行し続けるわけにはいかない。そのバランスをいかにうまくとるかが重要だ。

著者は本書の最後にこう記している。

When someone says, "Sign me up to your newsletter" and gives you her email address voluntarily, she is essentially saying, "Sell me something, please." You can't get a better marketing opportunity than that.

確かに、私たちがメールマガジンに登録するのは、その企業の商品やサービスに関心があるからで、しかも、その企業が信用に値すると判断したからこそ。顧客の側からのこうしたアクションを無駄にするのはもったいない。
発信されたメールは、読者に開かれるかどうか、販売につながるクリックをさせられるかどうかという、熾烈な競争にさらされている。確かに低コストではあるが、それゆえ企業の英知を結集して顧客に選ばれるメールづくりが、競争優位を築くうえでのポイントとなるだろう。eメールマーケティングに投資し、人材を投入し育成している企業と、おざなりにしている企業との差は、今後どんどんと開いていくだろう。

先だって紹介した「一億総マーケター時代の聞く技術」では、著者の経験から効果的なメールマガジンの書き方など、実践的なテクニックも書かれていた。
だが残念なことに、非常に多岐にわたる内容が短い文章でまとめられているので、個々のテーマについては食い足りなさが残った。マーケティングツールとしてのeメールの書き方、送り方についてもそうだ。

2月の上旬にAmazonに注文した本のひとつが今日届いた。
Matt Blumberg氏他による「Sign Me Up! :A Marketer's Guide to Creating Email Newsletters That Build Relationships And Boost Sales」である。洋書は副題を読むと書いてある内容がすぐに把握できるものが多いが、これもそのひとつ。eメールを有効なマーケティングツールとして活用するガイドブックといえるだろう。

著者のMatt Blumberg氏は、私にとってはとても身近に感じられる相手だ。
別に個人的に知り合いというわけではない。以前から読んでいるweblogの「Only Once」の書き手なのだ(このweblogへのリンクは、トップページの左下にもおいてある)。
この本を知ったのも、weblogを読んでいて”彼がeメールマーケティングの本を書いてくれれば、わかりやすいのだが”と思っていた矢先に、1月中旬のエントリで紹介されていたもの。
良く採り上げる「beyond bullets」からの「Beyond Bullet Points」と同様、weblogで知った著者による本というわけ。

さて、まだChapter 1を読み終えただけなのだが、英文は非常にわかりやすい。「Only Once」のエントリよりも理解が容易なほどだ。
eメールマーケティングの達人だけのことはあって、文章はシンプルで、しかも短いパラグラフごとに意味のまとまりがあって読みやすく、流れを見失うこともない。weblogを書き続けていることも、こうした平易で親しみやすい文章の訓練にもなるのかもしれない。

きちんと読み終えてから内容のまとめをしようと思うが、本文は149ページと短く、比較的早く読めるだろう(実をいうと、「Harvard Business Review」の3月号が届いたせいで「Beyond Bullet Points」がChapter2で止まってしまっているのだが)。
全体の1割強を読み終えたところではあるが、本書を使ってeメールマーケティングの勉強会でもやれそうな感じ。これは期待以上の一冊だったな、という予感がしている。

何度か書いているが、私の仕事は営業ではない。けれど、仕事の上では営業部門の多くの人々と協力しなければ何事も進みにくいのは、いうまでもない。
そんなわけで、営業活動についてもきちんとした理解をしておきたいといつも思っている。営業部門での経験はあるのだが、なにぶん若い頃だったし”習うより慣れろ”という風土のために、短期間では胸を張って営業経験あり、といえるほどの知見はない。

とはいえ、ちまたにあふれる「営業本」は、ビジネス書の中でも成功者の自慢話と応用の利かない怪しげなノウハウばかり。タイトルを見ただけでげんなりしてしまうものが多い(余談ながら、営業本と双璧をなすのが最近やたらに多い起業本だ)。
なにか良いものは、と探しているとき、顧客との関係構築から大きく継続的な取引を獲得しよう、という本書が目にとまった。

本書で著者のJohn Timperley氏が何度も何度も繰り返すのは、顧客を理解することからすべてが始まる、ということだ。
そのビジネスがどういったもので、どんな問題を抱えており、目標はどこにあるのか。これらを的確に捉えない限り、どんな提案も売り手の押しつけに過ぎない。顧客の正確な理解からスタートし、それをどう解決できるかの提案に結びつけなければ良好な関係は築けない。

これは、スタッフ部門にいて売り込みを受ける立場となることの多い私にとっても、実に理解しやすい。
残念なことに、売り込みの前にこちらの状況やニーズをきちんと聞き出そうとしてくれる営業は実に少ない。ほんの10分ほど話しただけで、さっさと自社商品やサービスの特徴を解説し始めるかたが多いのだ。
こうなると、その商品やサービスが自分の問題解決にどう役立つのかを考えるのは、一方的に顧客である私の役割になってしまう。それはそれでかまわないのだが、ここには二つの問題がある。

ひとつは、私が営業との会話の中から理解しきれない解決策や応用方法については、活かされないままに終わることだ。本来の特徴を半分しか理解できずに断ってしまうこともあるだろう。
これは売る側にとっての機会損失になるだけでなく、私にとっても問題解決における回り道になってしまう。

もうひとつは、本書のテーマでもある顧客(この場合は私)と売り手との信頼関係が生まれないことだ。
私にとって見れば、一方的に商品の特徴をまくし立てる営業の言葉から必要な情報を選び取り、自分で理解し活用法を考え、金を払ったに過ぎない。これでは、次の問題解決が必要となったときに同じ営業に声をかけるはずなどない。
信頼関係が生まれなければ、目的がはっきりしないうちは声などかけないし、普段からコミュニケーションを取ろうとは思えない。売り手はどんな良い商品やサービスをもっていても販売機会を見つけられないだろう。

顧客を理解することとは、まず顧客の言葉を引き出すこと。
本書にはそのための事前準備や質問の方法、あるいは商談を進める上での障害の取り除き方など、さまざまな実践的なテクニックがまとめられている。これだけならノウハウ本と変わらないではないか、といわれそうだが、少なくとも本書には著者の自慢げな表情は登場しないし、ノウハウも応用が利くように一般化され整理されている。

実際に営業に携わるかたにとっては、当たり前のことが並んでいるのかもしれない。
しかし、私のように営業という仕事について知りたいと思い、同時に顧客として日常つきあっている営業に物足りなさを感じているならば、非常に良くまとまった本ではないかと思う。

 Connective Selling : The Secrets of Winning 'Big Ticket' Sales
 John Timperley 著
 Capstone 刊


英語によるレビューはこちら

先日、”良い書評サイトはないだろうか”と書いたが、ここしばらく参考にさせていただいているのが「情報考学 Passion For The Future」だ。
橋本さんが紹介している本と、私が読んだ本や気になっている本との重なりがかなり大きく、数ある書評の読めるweblogの中でももっとも完成の一致度が高いように感じる。
本書は、その中で知った一冊。
ちょうど、新たな事業企画のために顧客調査をしている最中なもので、1ページ1ページが貴重なアドバイスとなっている。

顧客の声を聞く、というのはビジネスにおいて誰も否定できない価値ある行動のひとつとされている。けれど、顧客と接してその声を聞いているうちに、”本当にこれは価値ある声なのだろうか?”という疑問を持ったことがあるのは、私だけではないだろう。
さらには、顧客の声は顧客によって千差万別、すべての声に答えることは不可能であることなど、仕事に就いていればすぐに理解できる。それでも、顧客ターゲットの絞り込みと重点化すること、あるいは特定の声をあえて無視することは、非常に難しい。

本書を読むと、無視して良いことと重視すべきことが極めて明確に区分されている。
顧客の「意見」ではなく「事実」を重視する、ポジティブな事実をより分けて受信すべきで、ネガティブな意見にとらわれるべきではない。これが著者から私たちマーケターへの力強いメッセージだ。

橋本さんも指摘しているとおり、本書はSOHOや起ち上げ間もないベンチャーだけでなく、大企業のマーケティング担当者にとっても非常に有効な手法を提示してくれている。
さすが、多様な企業を相手に顧客の声を仲介し続けている「ドゥ・ハウス」のかたが書いているだけのことはある。個々の記述もわかりやすい実例のおかげで理解が容易だ。

eメールやWEBサイトはマーケティングのツールとしての認知は十分に広がったといって良い。最近では、weblogへの注目も高まっている。しかし、その使い方についてはまだまだ手探りという企業が多いのではないか。私自身も、未だにトライアル&エラーの段階にある。
本書は、そんな迷えるマーケターにとって実用的な指針となるものと思える。手軽に読めるが、内容は非常に濃い。マーケティングに関わるすべての方にお勧めしたい。

 一億総マーケター時代の聞く技術~「明日の売れ筋」をつかむプログラム
 喜山荘一 著
 阪急コミュニケーションズ 刊

書評を探す

| コメント(0) | トラックバック(0)

私がこのweblogで書いているのは、実際にはきちんとした「書評」ではなくて、読んだ本から連想したことや普段考えていることなどを書き連ねているだけのものだ。
それゆえ、「書評と感想」などというカテゴリー名にしてきちんと逃げを打っている訳なのだが、いずれにせよ現状の読者数(毎日のユニーク訪問数は10以下である)から見れば、さしたる迷惑もかけてはいないだろう。

本を選ぶときや、読み終わったときに、他の読者の感想や意見を聞いてみたくなることはないだろうか?
本だけでなく映画などでも、特に強いインパクトを受けたり感動したりしたとき、私はネット上でその作品に関する感想や評価を探し回るクセがある。映画でいうと、昨年「スイング・ガールズ」を観たあとは、しばらくのあいだいろいろな人の感想を見て回ったものだ(いい年をして「スイング・ガールズ」かよ、という批判は甘んじて受けるが、まあ当方の勝手である)。
私がAmazonで本を買う理由のひとつが、読者によるレビューの存在なのだが、これもまた”感想聞きたがり”の現れなのだろう。
WEBの大きな恩恵として、見ず知らずの人が同じ本を読んでどんな感想を持ったかを、簡単に読めるようになったことを挙げて良いだろうと思う。

とはいえ、ベストセラーでもない本の場合には、Amazonといえどそれほど多くのレビューを読むことはできない。マーケティング関連の、しかも洋書だと、例の「この本に最初のレビューを書いてください」という文句を見ることもかなり多い。
こんな時には、迷わずAmazon.comのほうにアクセスして、同じ本のページを見るのだが、さすが地元では新刊でもいくつかのレビューを発見できる。
それでも不足、あるいは不満なときももちろんあって、レビューはあるものの実際に読んだのかどうか疑わしいほど内容の薄いものや、あるいは私がこのweblogに書いているような、レビューではなく四方山話に脱線してしまっているものも少なくない。となると、Googleで書名を入れて検索してみるのだが、これが大問題。

どんなものでも良い、大ベストセラーとはいえない本のタイトルで検索してみるとよくわかるのだが、オンラインブックストアの当該書籍のページと、アフィリエイト目的のサイトがズラリと並んでしまう。これでは、実際にその本を読んでの感想にたどり着くまでに、けっこうな手間と時間を食わされてしまうのだ。
いくらでも情報が手に入るベストセラーや話題の本ではなく、それほど話題にもなっていないマイナーなものや、でたばかりの本だからこそ、数少ない書評が頼りなのだが、その情報を探すのは非常に困難なのが現状。せっかくのWEBの恩恵が、かなりスポイルされてしまっているのだ。
しまいに自分の書いた感想が上位に示されているのを見ると、よほどマイナーな本なのだな、としんみりしてしまう。

同じようなことを「YAMADAS Project」のyomoyomoさんも指摘されているのを見て、なんとなく自分一人の悩みではなかったのだと納得。アフィリエイトとオンライン書店は無視して書評だけを集めてくれる検索サービスがあると、私の読書の楽しみはさらに増えるのだけど。

まあ、Amazonとしては”参考になるレビューはAmazonで!”というくらいのことなのだろう。
1ドルいったいいくらで計算してるんだ! と怒り出したくなる洋書の値段をリーズナブルにしてくれたのはAmazonだし、実際そこだけで用が済んでしまうことも少なくないのだが、それでも広大のWEBの海には私が知らないだけで、とても参考になり楽しめる書評が眠っているのではないかという期待は消えない。どなたか、そんなサイトをご存じないだろうか? マーケティング関連書籍に強いところで。

2月24日に読み始めた「Connective Selling」は通勤時間帯+αながら142ページまで進み、あと4章40ページほどを残しているところ。
簡単にいえば、一回限りの売り込みではなく顧客との信頼関係に基づく長期的な関係を確立するための営業ノウハウを紹介している。読了後に改めて感想を書こうと思うが、いわゆる営業本を読んだことのない私には新鮮だ(余談ながら、通勤電車で「売れる営業はここが違う! 20の法則」といった類の本を読んでいるのを見かけると、”ああ、この人は「売れない営業」なんだな”と思ってしまう。読んでいる本人はまったく気にかけていないのだろうか?)。

さて、Amazonの先日納期表示について書いたが、結局は件のエントリを書いたその日に3冊が出荷され、翌日に受け取ることができた。なんだかんだと文句を書いたものの、出荷案内のメールで日通の問い合わせ番号がわかるのは実に便利だ。どうせ日中は受け取れないのだから、予め配達時間を夜間に指定し直しておくことで確実に受け取ることができる。
今回の3冊は次の通りだ。
 Cliff Atkinson著 「Beyond Bullet Points」
 Stephen Brown著 「Free Gift Inside!!」
 W.Chan Kim, Renee Mauborgne著 「Blue Ocean Strategy」
3冊目は先日ネタにした、注文したら1年後の納期が帰ってきたもの。サポートの回答によれば、結局のところ返信納期の単なる間違いだったそうだ。

「Beyond Bullet Points」は、PowerPointによるプレゼンテーションのさまざまなTipsを読むことのできるweblog「Beyond Bullets」の書籍版。当初はweblogと同じタイトルを考えていたのだが、銃器に関する本と勘違いされる可能性があるということで変更になったらしい。
すでに第1章はWEB上で無償公開されており読んでいるのだが、全部で200ページ強にわたり、効果的なプレゼンテーションのテクニックが紹介されている。読むというよりは使う本なのだろうが、著者による予告以来半年以上も待っていた本なので、実に楽しみ。「Connective Selling」の次はこれになる予定だ。

そして2冊目は2月中旬から納期がずれ込んでいたもの。
実のところ、これを買うのは少し迷っていた。なぜなら、すでにルディー和子氏による翻訳版が『ポストモダン・マーケティング―「顧客志向」は捨ててしまえ!』として1月に発売されているから。もともとは店頭でこれを見かけて興味を惹かれたものだ。
Amazonのレビューを見ると原書も翻訳版もかなり良い評判のようだ。文字がつまり気味でしかも厚いのが不安材料だが、いざとなれば翻訳版を買ってあわせて読めば良いだろう。

さて、3冊目は以前も触れたとおり、HBR(Harvard Business Review)の記事として抄訳が掲載されたもの。
同じ商品・同じサービスでの競争を避けて、新たな市場を切り開く「ブルー・オーシャン戦略」の実例を分析し、その重要性を説く一冊。多くの企業が価格競争に疲弊する一方で、いくつかの企業がうらやむばかりの高収益を挙げているのはなぜか。単純な模倣やノウハウ化が可能な領域とは思えないが、イノベーティブな組織を意図して作り上げるにはどうすれば良いのか、というテーマ領域についてはもう少し深く考えてみたいところであり、これまた期待の本なのだ。

3月中に3冊を読み終えられるかどうかは微妙なところだが、一応の目標としておきたい。とりあえずは「Connective Selling」を読み終えることが先決。
Amazonに注文済みで、おそらく今月中に出荷されそうなのがさらに2冊あるので、少なくとも2冊は片づけたいのだが...

2月28日に「あと10ページ」と宣言したは良いが、そこからなかなか手をつけずにいた「Best Face Forward」をようやく読了。
最後の10ページは顧客インターフェイスを評価するための書式などもあって実質7~8ページの分量だっただけに、就寝前の30分ほどを読書に充てれば良さそうなものだったのだが、けっこう時間をかけてしまった。
本書の内容は実にシンプル。企業の顧客インターフェイス、コールセンターや店舗、あるいはWEBサイトなどでのサービスを分析した上で、これからは効率性を高めながら競争力の源泉となる質の高いサービスを実現するために、コンピュータや機械によるインターフェイスと人によるそれとをうまく組み合わせ、それぞれの長所を活かせ、というもの。こんなふうにまとめてしまってはいささか身も蓋もないのだが、本には多くのアイディアを羅列したタイプと、ひとつの主張を掘り下げるものとがあって、本書は後者だったということだ。

製品自体による差別化が極めて難しいことは、私たちが日々実感していることだ。特に日本の市場では、ある企業が成功させたアイディアはあっという間に他社によって模倣され、極めて短期間のうちに価格競争へと陥っていくのが常だ。このスピードが絶えざる技術革新を呼んでいることも事実だが、いずれにせよ優れた製品を持っていても、決定的な差別化要因とはなりにくい。
著者たちは、これからの企業間競争での優位性を築くのは顧客との関係構築と維持をする力にあるといい、そのカギとなるのが優れた顧客インターフェイスの設計と運営、そして統合にあるという。

では、優れた顧客インターフェイスとは何か?
著者はその要素を「Physical」「Cognitive」「Emotional」「Synaptic」の4つの観点と、インターフェイスが人によるか、機械によるか、あるいは両者のハイブリッドによるかという主体によって分析していく。
優れた顧客インターフェイスの多くは、これまで人によるものが支配的だった。代表的なものは一流ホテルの接客などだ。しかし、人によるサービスは人材の確保と育成にコストと時間がかかるため、一定の規模以上に広げることは難しい。また、その質の維持も極めて困難な上に、場合によっては人が機械のごとく動くことを強要する(ファーストフードにおける機械的な接客はまさに典型だ)。
臨機応変な判断や、顧客の特性に応じたパーソナライズしたサービス提供など、人的なサービス提供が優れた場面は少なくない。逆にいえば、それ以外の定型的なインターフェイスの運営は、機械を主体とすることで品質の維持とコストの削減が可能となる。日進月歩のテクノロジーは、機械が人のように行動することを可能にしている。これまで人によるものとされてきたサービスのインターフェイスに機械を持ち込み、その再設計と運用の改革を行うフロントサービスのリエンジニアリングが、本書の主題だ。

本書の締めくくりでは、顧客インターフェイスと評価する軸として「Efficency」「Effectiveness」「Consistency」「Adaptability」の4つが示される。
これらのうち、私が最も大きな問題と思っているのは「Consistency」だ。ほとんどの企業や組織は複数の顧客インターフェイスを持ち、それぞれが最大の効率性と効果を目指して設計され、運営されている。しかし、それらが首尾一貫し、相互に連携して動いている例は少ないだろう。しかし、これこそが顧客がその企業との関係性を実感できる最大のポイントだ。
残念ながら、多くの顧客インターフェイスはそれぞれが別の組織によって運営されているのが現状だろうし、それでは顧客の視点からあるべき連携が実現される可能性は低い。マーケティング志向、顧客志向を否定する組織は少数だろうが、その運営や組織設計が顧客を起点として行われているのもまた少数だろう。
顧客インターフェイスのリエンジニアリングは、単にコールセンターや店舗の運営や道具立ての問題ではなく、組織の構造や運営プロセスの再設計を要求する、極めて大きく、しかも重要なテーマだ。

 Best Face Forward:Why Companies Must Improve Their Service Interfaces with Customers
 Jeffery F. Rayport & Bernard J. Jaworski著
 Harvard Business School Press刊

「Best Face Forward」はあと10ページほどとなった。
先が見えたところで、通勤で読むのは次の本に取りかかってしまっている(そのせいで、自宅で軽く読み終えるはずだった「Best~」が結局まだ読了できていないのだが)。
次なる一冊は、予告通り「Connective Selling」なのだが、これは主に営業担当者を対象として顧客との関係づくりから大きな取引を獲得するための活動やコミュニケーションのステップを解説したもの。いってみれば、営業ノウハウ本といったところか。読み始めて4日目だが、現在75ページ目。英文は比較的平易なのであと1週間はかからないかもしれない。
2月の上旬に購入した本がなかなか届かないので、次の本を早めに頼んでおくことにした。いつも通りに注文の手続きをして、内容を確認してあっと驚いた。

ディズニーの経営といえば、まず多くの人が思い浮かべるのがテーマパークにおける顧客満足の追求と、その成果である高いリピート率ではないだろうか。
日本においても、東京ディズニーランドの人材育成や人材活用に関する書籍は何種類も出ており、ディズニーのアニメーション映画やショーに関心はなくても、その経営におけるマジックには大いに惹かれている方も多いに違いない。
本書「Disney Magic:Business Strategy You Can Use at Work and at Home」は、世界最初のディズニーテーマパークであるDisneylandを創り出したとき、Walt Disneyが考え、実践した数多くの”マジック”を、読者が仕事だけでなく家庭でも応用できるように解説している。

英語の本ばかり読んでいるわけではない。久々に感想を書く日本語の本は、「マイルスを聴け!」である。もっとも読んだのは昨年なのだが。
表題にあるとおり、改訂を重ねて遂に第6版、全作からさらに多くのブートレグ盤を追加収録し、今回もまた最大最高のマイルス・デイヴィスのCDカタログとしての地位は揺るがない。

個人商店という言葉は、企業では否定的に使われることが多い。
チームや組織で仕事を進めることができず、ノウハウを自分の中にため込んで自らの成功だけを追求するイメージだ。実際、こうした人物はそこここに見受けられるし、企業として仕事をする上では問題を起こすことが多いのも事実だ。
とはいえ、事業の一貫性を確保しようとすれば、いちいち他部門や同僚の意見など聞いてはいられないのもまた真実。特に起ち上げ間もない新規事業では、多くの人々の意見を聞くほどに混乱が増し、事業のフォーカスがぼやけてしまうことが少なくない。ビジネスが大きくなる過程で個人から組織へと主体が広がることは必要だが、同時にビジネス全体をきちんと見通すリーダーの存在は規模の大小によらず貴重だ。

年明け以来本を買っていなかったのだが、先週になってAmazonから3冊の本が届いた。
「マチとのも語り作品集」、「The Ultimate Marketing Plan」、そして「Disney Magic」の3つだ。

さてさて、なんと2ヶ月もの間放置してしまった。
もともと年末は忙しいところに、11月には海外出張の反動で日本語の本を読みまくってしまい、weblogの記事に感想や雑感をまとめるのが面倒になっていた。こんな時には特に印象に残った本だけを適当に抜きだして書けば良さそうなものだが、仕事も忙しいのを言い訳にサボっていた次第。
さすがにこれだけ間が空いてしまうと、新規にスタートするのと同じようなもの。気分一新で色合いも少しいじってみた。

もともと、weblogとはどんなものか、試しに始めてみようと思いスタートしただけに、これといったテーマもなく読んだ本についての感想や雑感を中心に雑多に書いてきた。
けれど、個人の雑感など、関心のあるテーマでもなければ暇つぶしにもならないのは当たり前のこと。よほど力のある書き手ならばともかく、書いた自分が読み返しても「リソースの無駄遣い」「で、何がいいたいのかね?」などと喧嘩を売りたくなる文章も散見されるのでは少々つまらない。
そんなわけで、今年はもう少しテーマを絞ってみようかと思っている。

講談社現代新書の装幀リニューアルについては以前も酷評したのだが、「講談社BOOK倶楽部」で担当したデザイナーのインタビューを読むことができた。
結論からいえば、”目立てばそれで良い””ホラ、個性的でしょっ”とでも言いたげなデザイナー氏の自意識には暗澹たる気分になってしまう。なんとこのデザイナーは書店に並ぶ新書のタイトルがみんな明朝体だから、わざわざゴシック体を選んだのだそうだ。おまけにこの装幀が10年後20年後に「クラシックに行ける可能性」を持つ、「未来から発想する」デザインなのだそうだ。
いやはや、自意識過剰を通り越して単なる勘違いというしかない。

実をいうと、このエントリのタイトルで生まれて初めて<萌える>と変換したように思う。たいしたことではないのだが、なんだか数年遅れでキャッチした流行を嬉々として使い、哀れみの視線を送られるオヤジになった気分だ。
さて、この本はお薦め。会計について初歩の知識も持たない読者でも、本書を理解すればある程度固い内容の本に進める、絶好の入門書と評価できる。

以前、「HPO:個人的な意見」でひできさんによる書評を拝見して記憶しており、先日、初心者向けに決算書読み取りの書籍を推薦する必要があって購入、読了した。
ひできさんは、著者のセミナーを直接聞いており、本書だけを読んだ私とは印象がかなり異なるであろう(著者からその考え方や背景を説明されれば、本には書かれていないいとまで読めてしまうのだから)ことは間違いない。本書だけを読んでの私の感想は、表題の通りである。

文庫本6冊分(「ルビコン以前 上中下」「ルビコン以後 上中下」)という分量ではあるが、もちろんそれほどの時間はかからない。もともと11時間にもなる飛行機での移動用に買ったものだが、往復とも席に恵まれず、ほとんど読めずに戻ってから通勤電車と新幹線で読了。
カエサルという人物について、今さら私が何か新しいことを指摘できるわけもないが、強く印象に残ったのは、ローマという国家がその体制を造りかえる人材の芽を摘まずに、保全する知恵を持っていたということだ。

私の英語がかなりひどいものであるのは繰り返し書いてきたとおりだが、会話がなかなかスムーズにできない理由のひとつに、主語と述語がはっきりした文章で話そうとしているうちに混乱してしまうことがある。
ある程度組み立てながら喋るので、どうしても時間がかかってしまいリズムが悪いのだ。おまけに、途中で適当な単語が思い出せないと言い換えるのに時間を要する。基礎的な単語を組み合わせればなんとか通じるといわれても、やはり表現したい事柄にもっとも適した言葉を選びたいと思うのだ。
多くの英会話テクニックでは、こうしたこだわりは捨てるべきとされている。単語力がなくても、文法に間違いがあっても、積極的に伝えたい気持ちがあればなんとかなるものだと。おそらく私のレベルではその思い切りが必要なのだろう。
けれど、その方法では限界があることも確かだ。

本への渇望

| コメント(0) | トラックバック(0)

たった2週間のアメリカ滞在中に我ながらあきれたのは、書店を見かけるとついつい入りたくなってしまったことだ。
私はこれまでに英語の本を読了したことは2度しかない。半分まで読み終えたのも含めてやっと4~5冊といったところ。今回も「Harvard Business Review」の記事をいくつか読んだが、だいたい1ページあたり10分を要するので、ひとまとまりの記事(まあ、10~15ページくらい)に2時間近くは要する。
そんなわけで、私が英語圏の書店に行ったからといって、そこら中の本が読めるわけではない。にもかかわらず、書店を見るとついフラフラと入り込み、結構な時間を過ごしてしまう。

しばらく海外にいたこともあってweblogの更新も止まってしまった。
さて、数週間ぶりに日本の書店を覗いて文字通りのけぞった。新書コーナーに見慣れない極彩色の背表紙がズラリと並んでいるではないか。いったいどこの悪趣味な出版社が新書参入したのかと思いきや、なんと講談社現代新書のリニューアルなのだった。
もともと、私には新書といえば岩波、中公、そして講談社の現代新書とブルーバックスという思い込みがある。これら3社は私の中ではやはり別格だ。このところの新書ラッシュと、その割には市場全体はそれほど伸びていないという環境下で、おそらく部数の伸び悩みが顕著だったのだろう。WEBサイトによれば、創刊40周年の節目を迎えての33年ぶりのリニューアルだという。

業務上の必要があって手に取った2冊、結論からいえば、前者は男女雇用機会均等法以降の日本の職場における女性の置かれた状況を概観するのに適しており得るところも多いが、後者については対象が不明確でかなり散漫な印象を受けた。

このweblogで、なんどか「新しい歴史教科書をつくる会」(以下「つくる会」)の歴史と公民の教科書を取り上げた。
その内容について正面から取り上げるためにはまず教科書そのものを読む必要があるのだが、どう考えても時間の無駄でしかなさそうに感じられ、今のところそのつもりはない。今後、この教科書の採用が広がるという動きでもない限り、教科書そのものにはあまり大きな関心は持てない。
一方で、私が大いに関心があるのはこうした教科書づくりが一部のアナクロニスとだけによって進められたのではなく、いっときは比較的広範な市民の活動に依拠していたということだ。

教育基本法の改定論議など、このところ「愛国心」にまつわる話題が多い。数年前に「新しい歴史教科書をつくる会」による日本史と公民の教科書が検定を通過したときにも、メディアでは大いに報道され、その内容についての批判(と、私の記憶では少数の賛意)が表明された。現実に当該教科書によって授業を行う学校は極めて少数で、おそらくこの教科書が日本中の教育現場で採用される可能性は当面は低いだろう。
しかし、一方では「心のノート」という、教科書ではないために検定などのプロセスもさしたる議論も経ずに教育現場に広く行き渡り、使われはじめている教材が存在している。文部科学省が進める施策だけに、「つくる会」の教科書よりもはるかにスムーズに、かつ効果的に浸透しているように思われる。さらには「愛国心」を盛り込んだ教育基本法の改定論議など、徐々に堀は埋められつつある。

私は、本に巻かれている帯というのがどうも気にくわない。
もちろん、帯に書かれたうまいキャッチフレーズで思わず手に取ってしまうこともあるのだが、むしろ思わせぶりな、あるいは売らんかなの姿勢にあふれた宣伝文句に辟易とすることのほうが多いのだ。
この一冊もそのひとつ。なんと「机上の理論をぶっ壊す!」と勇ましい言葉が踊っている。
ここに書かれる文句は、ほとんどの場合著者のあずかり知らぬところで出版社サイドが勝手に決めるものと聞く。できが良ければいいのだが、例えば本書の場合、せっかくの内容を誤解させるもののように思われる。

久々に手にとって奥付を見たところ、2002年の春に買っているようだ。読了後本棚に置きっぱなしだったのだが、会社の研修での副読本として推奨されていたので、再読した。
初回にも感じたことだが、本書はマーケティングを最初に学ぶものにとっても、ある程度基礎知識を身につけたあとでの応用編を望む読者にとっても、極めて優れた一冊だ。読みやすく、親しみの持てる事例にあふれ、しかも成功のためのポイントがまとめられている。

単行本が出た時に迷ったが買わなかった2冊、文庫化されてそれぞれが上下巻の大部となった。夏休みのお楽しみとして買い、結局これらのために夏の課題にしていたコトラーの「A Framework for Marketing Management」が全くはかどっていない(というのも、言い訳なのだが)。
と学会が取り上げるトンデモ本といえば、いつもならUFOやら異次元からの存在やらが登場して地球を滅亡させたりするものがほとんどで、著者も怪しげな研究者や自称ジャーナリスト、あるいは教祖様やその側即といったところだ。しかし、本書が題材とするのはタレント本やダイエット本の類い、そして恋愛に関するおびただしい数のトンデモ本たちだ。もっとも、題材のほとんどを私は読んでおらず、またあまり関心もない。トンデモの”女の世界”や”愛の世界”について語れることは少ない。毎度のことながら感想としては大きく脱線するがご容赦を。

すっかり更新頻度が下がってしまっているのだが、本を読んでいないわけではない。8月に入って最初に読んだのが、この話題の2編。それぞれ上下巻の大部ではあるが、この手の小説の常として長さは気にならない。
「ダ・ヴィンチ・コード」のほうは全米で650万部以上売れた。普段ならベストセラーは読まないのだが、信頼できる複数の知人が推薦しているのを聞き、それではと手に取った次第。

本書で指摘されている、憲法や教育基本法を巡る昨今のきな臭い動きは、戦後ずっと続いてきた復古調の改憲への言論とは、少し違っている。それは明治への直接的な回帰や、帝国主義的な拡張主義・覇権主義を正面に押し出すものではない(もしそうなら、あっという間に反対に遭い葬り去られるだろう)。むしろ、家族やふるさとへの愛着、公共心、そして社会への参加や環境保全など、多くの人々が共感するテーマから「国を守る」「国を愛する」方向へと徐々に人々を追い立てていく。
学校教育の場で、まさにこうした意図を持った「心のノート」が導入されていることの危険性は、「心を商品化する社会」「教科書が危ない」などに詳しく、このweblogでも採り上げてきた。私が気に入らないのは、家族や郷土に対する愛情といった、誰もが否定しない価値を巧妙に「国家」という権力への忠誠に置き換えようとするやり口だ。堂々と「国家に忠誠を誓わぬ者は非国民だ」と宣言してみろ、といいたくなる(それはほとんどの日本人には受け入れられない価値観だとわかっているから、小狡い手を使わざるを得ないのだが)。

「朝鮮半島をどう見るか」を読んでのエントリにMAOさんからいただいたコメントにて紹介のあった本。実をいえば関川夏央氏の著書は初めて。名前は聞いていたもののなんとなく手を出せずにいる作家は意外とたくさんいるもので、こうした交流から幅を広げられるのは実に楽しい。

スペインの歴史についてはいくつか読んできたつもりでいたのだが、「カトリック両王」から「女王ファナ」を経てカール5世によるハプスブルク世界帝国の成立にいたる、いわばスペインがヨーロッパ随一の強国になっていく課程で消えた「アラゴン・カタルーニャ連合王国」についてさほど注意を払わずに来たことは、注意力の欠如といわれても仕方がない。しかも、私が読んできた多くの本でのカトリック両王とは「カスティリアのイザベル」と「アラゴンのフェルナンド」と表記されていたように思う。

先日読んだ『「こころ」を商品化する社会』でもその問題が指摘されている「心のノート」についてまとまった論評を求めていたところ、タイミング良く岩波新書から本書が刊行された。
残念なことに、「心のノート」だけを集中的に取り扱ったものではなく、前半部は数年前に話題となった「新しい歴史教科書をつくる会(以下、「つくる会」)による歴史と公民の教科書にページを割いている(ただ後で述べるように、この教科書の問題点について継続的に言及し続けることは重要だ)。

先にこの姉妹編である「物語スペインの歴史 人物篇」を読んだのだが、そこには本書での記述が戦闘の場面に偏らざるを得ず、その反動もあって人物篇ではセルバンテスの日常などあえて戦争から離れた題材を選んだとある。
まさに、こちらの本編は戦争の歴史がつづられている。扱われているのは、イスラム教徒の上陸と王国の建設、レコンキスタとレパントの海戦、そしてイギリスとの”無敵艦隊”の戦いだ。

読了はすでに2週間以上も前なのだが、本書のテーマについて語るのはなかなか難しい。おそらくは「バカの壁」の影響を未だに引きずってのタイトルからは、日本的な集団主義の心理や、それが生み出す現象について面白おかしく解説しているのだろうと思えるが、そうではない。「みんな」という、とらえどころの難しい自己-他者認識について考えるガイドブックであるといえる(それはそうと、このタイトルのつけ方は安易だったのではないかと思うが、どうだろうか)。

「世界の中心で、愛をさけぶ」44冊939件、「バカの壁」63冊673件、「13歳のハローワーク」28冊662件、「蹴りたい背中」34冊626件...
これらは私が利用する公共図書館での、予約人気ランキング上位の作品と所蔵数、そして予約数のデータだ。300万部以上の大ベストセラーとなった「世界の中心で~」や「バカの壁」の人気が高いことは理解できるが、だからといって「バカの壁」を63冊購入して各分館に3~10冊も所蔵する意味はあるのか。利用者のニーズに応えるといえば心地良く響くものの、購入を10冊に抑えれば他に50冊以上の新書を購入できたという事実を忘れてはならない。試しに同図書館で「チーズはどこへ消えた?」を調べてみよう、所蔵数は29冊で貸出数は9冊、予約はもちろんゼロである。2年後に63冊の「バカの壁」、44冊の「世界の中心で~」が単なる書架の肥やしになることは目に見えている。少なくとも私は自身の払った税金がこのような使われかたをしているのには、極めて強い違和感を持たざるを得ない。

どうやら私には信仰心というものが備わっていないのか、どんな宗教に触れても心を動かされるということがない。若い頃ならばその主張がいかに非科学的か、声を枯らすこともしたが、最近では”まあ、そうやって世界を解釈すれば幸せなのね。良いんじゃない”という心境だ。おそらくこの先も、宗教の顔をした宗教に取り込まれることはないだろうと思う。

私はSFファンだったし荒唐無稽な作り話が大好きだ。したがって、高橋克彦氏の小説などはけっこう喜んで読むし、NHK大河ドラマ「炎立つ」もほとんど全てを見ていた。けれど、「超古代」を記述したという「東日流外三郡誌」やら「竹内文書」などを信用するかといえば、それは全く別問題である。もちろん、こうした文献に基づいて古代史を描く本に触れる前に「と学会」による分析を読んでしまったので、今さら信じられないということは確かだろう。小学生の自分に「東日流外三郡誌」の解説書(といっても、ほとんどは都合の良いところやおもしろそうなところをつまみ食いしてのトンデモ本なのはご存じの通りだが)を読んでしまったら、意外とはまっていたかもしれない。

私は何度か書いているとおりのビール好きだ、残念なことにもともとアルコールには強くないほうなのであまりたくさんは飲めないのだが、おいしいビールと一生つきあっていきたい。
けれど、私がビール好きになったのは、ホンのここ数年の話だ。もともと酔っぱらって騒ぐための酒席は好きではなかったし(私は酔うとすぐに眠くなるほうなので、宴会では眠いか、酔っていないかのどちらかなのだ。こんな状態で乱痴気騒ぎに参加するのはけっこうホネだ)、ビールは無理に飲まされるには最悪の酒だ(だってほら、発泡しているから無理に飲み込むと戻ってくるでしょ...)。
ビールの消費量が増えたのは、転勤で夏場はとても暑くてじめじめした気候の土地に住み始めてから。駅から15分ほど歩いて帰宅すると汗びっしょりで、国産大手メーカーのビールがとてもおいしく感じられる条件が整ってしまったのが理由だ。その土地からはまた引っ越したが、ビール消費量は一向に減っていない。

さまざまな事件やストレスの発生から学校や職場での”心のケア”が重要とされている。現に私も職場で定期的にメールマガジンを配布され、いつでも匿名で相談できるサポートダイヤルを知らされてもいる。著者の一人である小沢氏が同じ洋泉社の新書yで出版した『「心の専門家」はいらない』を読むまでは、こうした傾向にあまり疑問を感じることもなかった。

最初に出た「トンデモ本の世界」以来の「と学会」ファンだ。
私は例の「ノストラダムスの大予言」が出版され大ブームになった頃小学生だった。何人かがこの本を買い、ほぼ全員が借りて読んだのではないだろうか。クラスメートの中にはすっかりと1999年7月の人類滅亡を信じ切っていたものもいたし、私も銭湯で見かける映画「ノストラダムスの大予言」はぜひ観に行きたいと願っていた。とはいえ、「恐怖の大王」とやらが降りてきて人類が滅亡する、などという与太話を本気で信じるほど私は幼くもナイーブでもなかった。どちらかといえば、このような本で大儲けした五島氏には、1999年8月に釈明の記者会見をやっていただきたいと思っていたほどだ(もちろん、五島氏が記者会見を開いたとしても、もっともらしいわけをこしらえて世間を煙に巻いただけだろうが)。
周囲の子供たちがあまりに純真に”予言”を信じるので、私は自分がずいぶんとひねくれた存在のような気がしていた。実際に、予言を信じないことを理由に仲間はずれにあったこともある。子供なんて些細な差異を見つけてはからかいのネタにするものだし、私はかなりひねた方だったのは間違いないのだが、五島氏が余計な本を書いたために腹立たしい思い出がひとつ増えたことは間違いないのだ。

伝統を重んじ、急激な変化に歯止めをかけようとする勢力はどこにでもある。一例を挙げれば、夫婦別姓を認めよという主張に対しても、日本の伝統にそぐわないという理由が付け加えられる。少し考えれば、ほとんどの人には姓などないのが日本の伝統であり、姓と家格、官位などが密接に結び付いていたが故の結婚による一方の姓への統一という伝統の必然は既に消失していることがわかる。”それが日本の伝統だから”という理由付けはそれ以上の議論を拒否する重みを持つかのように使われることが多いのだが、実際にはそんな伝統はそもそもなかったか、特定の状況下での合理的な選択として行われただけ、というものが多い。

本書は同じく中公新書からの「物語 スペインの歴史」の姉妹編だが、実は先に出た正編のほうは未読だ。スペインについては、だいぶ以前に当時の上司から堀田善衛氏の著書を借りて読んだのをきっかけに集中して読んだ時期があったが、最近ではハプスブルク家の歴史の中で時折その王家について触れられるのを目にするに止まっていた。前に読んだ本は、1930年代の内戦と国際旅団に関するものが多く、それ以前のスペイン(あるいはカタルーニアやグラナダなどのイベリア半島の諸国)についてはそれほど親しんでこなかった。

私はオタク文化の中心にいたことがない。
常に周辺をうろうろとしていただけで、たとえばSFは好きだがコンベンションには参加したことがないし、したがって後にガイナックスを設立する人々による有名なオープニングアニメも未見だ。吾妻ひでおも読み「陽射し」も机の奥に隠し持っていたが、コミック誌を継続的に読んでいた時期はない。ガンダムやエヴァンゲリオンなど、極めて象徴的な作品についてなら一応見てはいる、といった程度。

実は更新が滞っていたのは、この本の感想をどうまとめるべきかを考えあぐねていたことによるところが大きい。朝鮮半島については、北朝鮮による拉致問題や核疑惑が大きく報道されていることからも多くのかたが関心を持っていると同時に、左右いずれにもこの問題について非常に敏感に反応をする人々が多い。まさに本書の著者がいうとおり、私たちの多くが朝鮮半島を、あるいは韓国と北朝鮮とを普通の隣国としてみることができていないのだ。

私のアンテナが錆び付いてきたのか、最近流行語に気付くのが遅くなった。”あれ、ずいぶん流行ってるなあ”と思った頃には書店の店頭に何十冊もの関連書が並んでいるというありさまだ。キーワードでいうと”経験価値”などもそうで、ちょっと後回しにしているとあっという間に流行してあっという間に消えてしまう。技術経営=MOTもそんな流行語のひとつだ。

このweblogに来てくださる方の多くがGoogleやYahoo!などの検索サイトからの訪問者だ。weblogは検索エンジンの上位に表示されやすいそうだが、確かにキーワードによってはこのサイトが2,3番目に出てきて驚くことがある。
このところ目だって増えた検索ワードが「なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか」だ。多い日だと10名以上の方がこの検索語でここを見つけて訪れてくださったようだ。当該エントリーでは必ずしもこの本を誉めているわけではないので、読後に感心して同じような感想を共有できるサイトを探していた方が多かったとしたら、申し訳ないことだ。

台湾の若者たちが日本に夢中だという。日本のテレビドラマを見て、アイドルの情報を集め、日本語を学んで日本への旅行を夢見ているとか。「哈日族」と呼ばれる日本大好きな人々についての情報に私が初めて触れたのは、パソコン情報誌の連載記事だったと思う。台湾はパソコンのパーツの一大供給地であり、特に自作派にとっては極めて親しみのある場所だ。経済発展をとげた今では、日本との所得格差も極めて小さくなり自信と活気に満ちているだろう台湾の若者が日本の文化に惹かれているとは、少々不思議な気がしたものだった。てっきり日本など無視してアメリカばかりを見ているのではないのかと思っており、意外な感じがした。

このところ、太平洋戦争や東京裁判に関する本が続いたこともあって、日本が経験した戦争は、人類の戦争の歴史の中でどの程度特殊だったのか、あるいは”当たり前の”戦争だったのかについての知見を得たいと思っていた。太平洋戦争当時の日本は帝国主義的な拡張の歴史のほんの終端に位置したにすぎないし、その代表選手ですらない。もちろん、それをもって過去を賛美する理由にはならないが、人類の歴史がたどってきた戦争の道筋をきちんと把握しておくことが、日本の戦争とその責任について考えるときには重要だ。
そんな気分で手に取ったのが本書である。サブタイトルには「人類はどう築き、どう壊してきたか」とあり、戦争の歴史とその性格に関して俯瞰できるのではないかとの期待を込めてページをめくった。

「太平洋戦争」に続く大作。著者は実際に東京裁判の現場に通い、この特殊な裁判の一部始終をその目で見た体験とさまざまな資料とから、戦犯の指名から勾留、そして刑の執行までを丹念に描き出す。私はこの本を読んでいた数日の間、今まさに進行している裁判を報じる記事を、リアルタイムで追いかけているかのような錯覚に陥った。

東京裁判に関する本を読み書評を書いたところ、コメントをくださったm_um_uさんの仲立ちを得て「HPO:個人的な意見 ココログ版」からのトラックバックを受け取った。関連する記事を見つけて少し以前のエントリーからのトラックバックを送るというのは私もやったことがあるのだが、一度書いた文章を単に過去へ押し流してしまうのではなく、新たなコミュニケーションのために”使い回す”のも、weblogの使い勝手の良いところだ。
さて、当該エントリーで採り上げられていた児島襄氏の「太平洋戦争」だが、なかなか書店で見つけることができなかった。毎月の新刊発行点数が多く、過去の出版物をストックしておくことは書店にとって困難になってきているのだろう。
上下巻を通読しての最大の感想は、「日本軍強いじゃないか」だった。

”あなたの嫌いな言葉”のアンケート調査を取ったとしたら、”滅私奉公”がかなり上位に進出するのは確実だろう。この言葉の向こうには、戦争遂行のために生活のあらゆる面での犠牲を強いられた時代の記憶だけでなく、会社にいわれるがままに違法行為までを平然とこなすサラリーマンの姿が重なって見える。
滅私奉公における”公”とはなんだろう。上記のイメージを想起するとき、公とは政府や会社といった組織を指している。組織全体の目標達成や成果を優先するあまり、個人の意見や幸福の追求を自ら押し殺しあきらめるさまなど、滅私奉公にはマイナスのイメージがつきまとう。もちろん、新規事業の立ち上げや会社設立など、一時的に仕事が忙しい時期に文字通り私心を押し殺して働くということはあるだろうし、それは決して悪いこととは言いきれない。だが、そんな場合でも仕事での成功が自己の達成感につながっているという点で、滅私ではない。滅私奉公の典型とみなされがちな高度成長期のサラリーマンにしても、決して個人の幸福を捨てたわけではなく、とにかくいわれるがままに動き続けることが、個人の幸福追求と重なると信じられた時代の行動様式だったにすぎないだろう。

本を買うときに、フィーリングでさっと選べるだろうか? 私はこの選択があまり得意ではない。タイトルや帯で選んだ本にはハズレが多い、というのが私の偽らざる実感だ。
本書を買ったのは出張時に立ち寄った東京駅構内の書店、「イラク建国」を手に取った後でどうも一冊だけというのが落ち着かず、かといって時間もあまりなかったので目についた中から選んだのだが見事に失敗。

「ドイツ3B政策」については世界史の授業で当然習っていたし、3Bとは「ベルリン、ビザンティウム、バグダッド」のことだとはわかっていた。同じように、「フセイン=マクマホン書簡」だの「バルフォア宣言」といった個々のファクターについての記憶もあるし、これら英国の二枚舌、三枚舌が現在の混迷する中東情勢の直接原因であることも。
だが、悲しいかな高校の授業における第一次世界大戦前後の位置づけは、卒業を控え受験以外の目標が見えにくくなっている時期にほんの一コマが割かれる程度のもので、帝国主義的拡張政策が現代に落とし続けている陰について十分な認識を得るには不足している。私にしても、散発的に中東やパレスチナに関する本を読むことはあるものの、イラクがなぜ現在のような版図をもつ国家として成立したのかについては、ほとんど知識がなかった。

前作「週末起業」をかなり楽しく読んだので、店頭で見つけてすぐに購入した。著者の経験を元に、ビジネスパーソンが会社から自立するための週末起業のノウハウが豊富に紹介されている。
もっとも、読み始めてしばらくはかなり不安だった。これも著者自身の経験による、会社は社員を都合の良いように扱い社員の都合など考えもしないこと、会社に依存した会社員は唯々諾々とそれに従うしかないことなどが書かれている。

太平洋戦争に敗れていなかったら、今の日本はどうなっていたかを考えるのは難しい。首尾良くアメリカとの妥協に成功してアジアに覇を唱えたとしても、帝国主義的施策がそう続いていたとは思えずさらなる戦争の後に結局は敗戦と戦後の価値観の大転換を余儀なくされ、今と似たような状況が訪れていたのではないかとも思える。

先日読んだ「9・11ジェネレーション」の著者による、アメリカ合衆国での学校生活を描いた作品。16歳のデビュー作ということになる。
著者が通うのは、プレップスクールと呼ばれる、大学進学に向けて学ぶスキルと知識をつけるために優秀な高校生(日本でいう中2から高3まで)たちが集う私立学校。その入学のための課題を見るだけでも寒気がする難関だ(課題とされているエッセイ類を、たとえ日本語でも書くことは中学校時代の私には無理だったろう)。

全く自慢にならないのだが、ブランドもののバッグを見ても一体何がどう魅力的なのか全くわからない。街を歩くとほとんど数十秒おきに同じようなヴィトンのバッグを抱えた女性とすれ違うほどだが、みんなが同じものを持ち歩くのを喜ぶ心理というのを私は理解できない。中学高校のころも、規則を守りたくない不良グループ(ちょっとレトロな響きさえある言葉だが)が、判で押したように同じ服装をするのが不思議でならなかった。

このところ、東京では外資系ホテルの進出や老舗のリニューアルが続き、ホテル業界が活況を呈している。私は実はホテル好きで、旅行の際に居心地の良いホテルに滞在できるのが何より楽しみだ。

書店店頭で本が手に取られるか否か、これは本の売れ行きに大きな影響を及ぼす。何せあれだけ多くの本や雑誌の中で興味を惹くことがなければ、どんなに素晴らしい内容であってもあっという間に消えてしまう。最近のエントリーの素材となった本の中では「なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか」だったが、これは少々期待はずれだった。

昨年3月からのイラク戦争の報道には、多くの人が疑問を感じただろう。テレビクルーが米英群の各部隊に”配属”され、その管理の下で戦争を報道する。私たちはその映像をほぼリアルタイムで眺めながら、米英群が優勢のまま、しかもさしたる戦闘もなくイラクを”解放”していく様を見せられた。しかし、それが本当にイラクで起こっていたことだと誰が信じただろう?

読み始めて数ページ、私が最初に覚えた感情は何を隠そう「嫉妬」だ。
おそらくは全体の構成を考え、何度も書き直した序章かもしれないし、場合によっては編集者の助言もあった可能性もある。しかし、彼女の文章には言葉の紡ぎ手としてのあふれる才能があり、伝えるべき思いがあり、そして説得するための技術がある。

どんな組織にもタテマエは存在し、その構成員の行動に影響を与えている。公務員を呪縛するタテマエについては別のエントリーで触れたが、会社組織にもそれはたくさんあり、しかも現実(あるいはホンネ)との乖離はますます大きくなっている。

書店で何げなく手にとって購入したのだが、じつは「ビジネスジャンプ」でマンガとしても連載中でかなり話題になっているらしい。コミック誌などかれこれ15年近く手にしていないので、全く知らなかった。
これを読んだのは、出張帰りに肩の凝らない読み物がほしかったことと、粉飾決算などの手口や会計処理についてわかりやすく人に解説する際の参考になるのではないかと思ったからだ。

若者は苦労して仕事を続けることができず、楽な方へと安易に流れてフリーターの道を選んでいる。長年真面目に務めてきた中高年が、不況のために会社から人員整理の対象とされ、悲劇が続いている...昨今の労働事情について、こんな印象を持つ人が多いのではないだろうか。実際、私もそうだった。

最初に一言、この光文社のペーパーバックシリーズ、たしかに軽くて携帯しやすくカバーがないために扱いも楽だ。しかし、この表紙のセンスは何とかならないのだろうか。どの本の装丁も、かなり下品で頭が悪そう。これで買うのをためらう人も多いのではないかな。もっとも、何も考えずにデザインをしているわけではないだろうから理由はあるのだろうけれど、ちょっと私には理解できない。
それはそうと、このタイトルを見て私はとあるご近所を思い出した。

店頭で見かけて気になっているものの、つい買いそびれている本というのがある。光文社新書の「イタリア人の働き方」もそのひとつで、発売から2カ月ほどの間に3~4回ほど手にとっては棚に戻すということをしていた。
そうこうしているうち、このエントリーに対して、私の行きつけ(というのも変な感じだが)のweblog「blog::TIAO」のMAOさんからいただいたトラックバック記事に、紹介が載った。MAOさんが通う書店でご主人のお勧めだという。さっそく、会社近くの書店で購入し、読了した。

最近出張が多くなり、平均するとほぼ毎週新幹線か飛行機に乗っている。新幹線での時間のつぶし方といえば、「読書」「雑誌」「睡眠」「仕事」「ゲーム」といったところだろうが、今日のテーマは雑誌のエロ記事である。

雑誌にもいろいろあって、ここ数年で本当に増えたと思うのはパソコン関連の雑誌だ。新商品の紹介やテストなどの掲載された、比較的薄手の(それでも広告が多いためか全般に厚いのだが)ものに人気があるように思える。仕事に役立つオフィススイートの使い方なども載っているので出張の行き帰りにはちょうどよいバランスなのかもしれない。
もちろん、自動車や釣り、アウトドアやスポーツなどの趣味の雑誌も多い。どちらかといえば夜の移動に多いように思えるが、一仕事を終えた後で週末の予定に思いを巡らせるのは楽しい。タフな仕事の後であればなおさらのことだ。

私が普段使っている検索エンジンはGoogleだ。いささか多くのサイトが引っかかりすぎるのは事実だが、Yahoo! Japanのディレクトリのようにスタートのころに登録されたと思しき、すでに更新の行われていないサイトばかりが並ぶのに比べるとずっと早く目的の情報に行き着ける。
このGoogleだが、私がこのweblogをスタートした翌日には、すでにロボットが訪れていた。たしかd-mate.comの開設時にも、ほんの数日でロボットによるアクセスがあり、1週間程度で検索結果に現れるようになったと記憶している。実感として、新鮮な情報がきちんと登録されているのがわかるのだ。

マーケティングの4Pといえばすでに古典的な概念だが、その要素であるプライスについては流通やプロモーションほど重視されてこなかったといえるのではないだろうか。
価格決定の手法として、未だに多くの企業で用いられているのがコストプラス法だろう。ようは、原価に利益を乗せて価格とする方法で、一方的な供給者の論理による価格の決定であるといえる。もう一つが競合他社の同等品と同じ値づけをする方法で、市場の成熟化が進み商品毎の差別性が小さくなった状態ではかなり広く用いられているものではないかと思う。

この本では、戦略的に重要な顧客(Strategic Account)に対しての営業戦略として、顧客への提供価値と多層的なリレーションシップの構築と、それを支える全社的なアライメントの重要性が説かれている。その活動をSAM(Strategic Account Management)と呼ぶ。
戦略的に重要な顧客と大口顧客とが必ずしも一致していないことは、本書でも難度も強調されている。量的な購買力を背景に価格引き下げのみを求める顧客は、戦略的に重要な顧客とはいえない。彼らをSAMプログラムの対象とするのは、「暖をとるために1,000ドル紙幣を燃やすようなもの」、つまり投下資本の無駄であるとされている。

ノートパソコンと書類を詰め込んだ私のカバンはかなり重い。計ったことはないが常時6~7kgくらいにはなっているだろう。重量物のベスト(ワースト?)3といえば、冒頭に上げたノートパソコン、会社の書類、そして移動中に読むための本となる。
特に出張時など、読む物がなくなってしまう恐怖は極めて大きい。本がなければないで、愛用のPDAであるZaurus SL-C750でこのweblogのエントリーでも書いていればよいのだし、実際にそうしていることも多い。だが、私は「今この瞬間、何も読むものがない」という状態に耐えられないのだ。

私はどうやら雑誌にとっては疫病神であるらしい。
私が毎号購入する雑誌の多くが休刊してしまうのだ。「The BASIC」「PC WAVE」「Super ASCII」ときて、今回は「パソコン批評」がその歴史を閉じた。もっともこの10年ほどで休廃刊となったパソコン雑誌はこんなものではないから、私が読むとなくなるというのは言い過ぎかもしれない。

きっかけは「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー」の2月号の広告だった。
1月下旬に購入して、ちょうど2月の上旬にかけて国内の7,8箇所に立て続けに出張の機会があり、機内などで読んでいたところ、この本の広告が目に入ったのだ。

 ピーターの法則 創造的無能のすすめ
 ローレンス・J・ピーター/レイモンド・ハル著
 渡辺伸也訳

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち書評と感想カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは旅行と出張です。

次のカテゴリは経営&経済です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja