Booksの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日取り上げた週刊東洋経済の特集、『最強の「読書術」』で紹介されていたのがきっかけになったのか、この数日間で「Soundview Summaries」「Soundview Executive Book Summaries」といった検索語でたどり着くかたが多いようです。
Google検索でなんとトップに表示されるのが、下記のページです。

 「ビジネス書ダイジェストのススメ ~ Soundview Executive Book Summaries」

上の記事にも書きましたが、このサービスは毎月2~3冊ずつ、アメリカで話題のビジネス書を8ページのサマリーにして届けてくれるというものです。
サマリーの内容は、PDFファイル、HTML、マイクロソフトのeBook、PalmのPDAで読むdoc形式、そしてサマリーを朗読した音声ファイルがMP3で提供されます(なお、4ページの書評については朗読データはありません)。この中から自分にあったものを選んで読めば(聴けば)、あまたも今日から国際ビジネスマン...かも。
東洋経済では、日本語だけでは周回遅れ、なんていう刺激的な文字も躍っていましたが、たしかに翻訳を待たずに話題の本を「読んだ気になれる」というのは大きいでしょうね。サマリーでも中心となるアイディアはちゃんと理解できますし。

1年契約で、価格は情報を届けてもらう媒体によって変わります。
一番高いのは、サマリーの印刷物とCDのセットで$199、続いてCDのみが$189、印刷物のみが$179、そしてお得なオンライン契約が$119です。2年契約、3年契約ならばここから割引があり、さらにお得です。
CDはEnhanced CDになっていて、上記のファイルが収められているほか、CDプレイヤーで音声を聞くことができます(もちろん、iTunesなどでリッピングして携帯プレーヤへの転送も可能...てか、MP3ファイルも入ってますけどね)。

私は前回の更新からCD送付からオンライン版へ変更しました。なんといってもこれだけで$70の差は大きいです。
PDFファイルも好きなときにオンラインで取り出せるので、メディアなど不要(契約したときには、オンラインのみという形態はなかったのです)。
申込はとても簡単で、Soundviewのサイトからすべてオンラインで済ませることができます(右端にある、「Subscribe Now, Click here」というバナーからどうぞ)。クレジットカード決済ができますので面倒はほとんどありません。

Subscribeすると、オンラインでのユーザー登録ができるようになります。
だいぶ前なので手順は忘れてしまいましたが、たしか契約時のNo.を入れてメールアドレスやらを登録した記憶があります。ユーザーIDとパスワードは、自分で設定できます。
私の場合、CD送付の契約後にオンラインサービスが始まったので、最初からオンライン版で申し込むと手順は少し違っているかもしれません。

以後は、サインインすると好きなときに「My online summaries」にアクセスして契約が始まってからのすべてのサマリーを好きなときに取り出すことができます。
私の場合、2005年12月分からの契約ですので、これまで32ヶ月分のサマリーにアクセスができます(残念なことに、さらにさかのぼってアクセスが可能になるサービスは、今のところありません)。
PCでの利用はもちろんですが、普段持ち歩いているイーモバイルのEM・ONEでもサイトへのアクセス、データのダウンロードともに問題なくできます。携帯電話でも可能だとは思いますが、PDFファイルは600~700KBあるので試したことはありません。PDFファイルを携帯電話で表示させてみたことはありますが、画面サイズや表示領域の点であまり実用的とはいえませんでした。
MSのeBook形式ならずっと小さくなるようですから、試してみても良いかもしれません。Pocket PC用のReaderもありますし。私が以前PCで試したときには、フォントサイズの調整がうまくいかなかった記憶があります。もちろん読む分にはちゃんと読めました。

私の場合、アナログではありますが(あと、環境にも優しくないのですが)、PDFファイルをプリントアウトして読むことが多いです。もとがレターサイズなのでA4に印刷するとちょっとだけ小さくなりますが(97%くらい)、読むのに不便なほどではありません。
画面で読めないことはないのですが、EM・ONE程度の表示領域ではどうしても拡大表示しないと辛いですし、途中でどこを読んでいたかわからなくなってしまったり。やはり紙はラクです。
もしPDAや形態で読もうとするならば、一手間かかりますが、HTML形式から文字情報だけを(サマリーではイラストや図はまず使われないので)コピーしてテキストファイルにしてしまうのが一番かもしれません(PDFからも選択してコピーできますが、HTMLからのほうが改行などが入っていて読みやすいです)。

英語が不得手で、というかたには、HTML形式がおすすめです。
ブラウザで表示させてから、Googleツールバーのボタン一発で翻訳すれば、まあなんとか内容の理解の助けになる程度の日本語にはなります(もっとも、一度に翻訳できる分量に制限があるのか、後ろのほうが英語のままだったりしますが)。
このあたりは、英語リーディングの訓練と情報収集とを同時にやろうとするか、情報だけを効率よく採り入れるかによって選べば良いと思います。

さて、音声ファイルのほうですが、私はたまにしか聞きません。
さすがに英語圏で売ることを前提とした商品なので、読むスピードはもちろん速いです。よほどがんばらないと、途中で呪文になってしまいます。通勤中に聞いていても、ふと車内アナウンスに気を取られた瞬間に話が見えなくなることも。
テキストを眺めながら音を聞くという方法ならば、ついて行けるんじゃないかと思います。ただし、サマリーそのものを読むのではなく、いちぶ表現が違っていたりするので要注意(おそらく朗読は最終稿じゃなく手前くらいの原稿をもとに吹き込んでるんじゃないかと推測)。

良いことずくめのようなサービスですが、送られてくるサマリーは向こうで決められていて、選ぶことはできません。
アメリカでの流行り廃りがあるのか、最近ではリーダーシップに関する本がやたらに多いのですが、ジャンルを絞ることもできません。年に30冊ほどのビジネス書サマリーが来るけれど、そのすべてが苦労して英語を読んだ甲斐があったものになるとは限りません。むしろ、5冊に1冊くらい自分の問題意識にあっていたものがあれば、良しとする程度かも。
さらには、ちょっとぼーっとしていると積ん読(実際には積まれてもいませんけど)になっちゃう危険性もありますので、$119の価値があるかどうかは活用次第です。

300ページの原書を読むには、たとえば私の場合だと(他の読書も並行していることもあって)半月くらいかかっちゃいます。
本当にしっかりと読み込みたい本があればそれでもかまいませんが、まずは主たるアイディアだけを拾うことが目的ならば、サマリー送付サービスはそれなりにリーズナブルな選択ではないかと思います。月々にしたらたかだか1,000円ちょっとの出費ですから、ちょっと無駄遣いを減らせば良いくらい。
興味があるなら、まずは1年間、契約してみて判断してはいかがでしょうか。

その昔は雑誌が好きで、カメラ、PC、文具など興味ある分野のものを良く買っていました。狭い部屋の中でうずたかくバックナンバーが積まれ、読み返すでもなく引越の都度捨ててきたのは、いまでもなんだか申し訳ない感じがしてます。
WEBで多くの情報が入手できるようになり、こうした商品情報系の雑誌を買うことはほとんどなくなりました。もっとも、めざす情報や商品がぼんやりしているときなど、かつての情報誌のほうが便利だったので、完全な代替にはなっていないのですが。

で、いま現在、定期購読をしている雑誌はひとつだけ。「Harvarad Business Review」です(以下、長いのでHBRと略します)。日本語の「ダイヤモンド・ハーバード・ビジネス・レビュー」(これも長いので、日本語HBRとします)ではなくて英語で書いてあるほう。
わざわざ英語のを購読している理由は三つあります。

ひとつは、英文リーディングの訓練用として。
私の英語力は、リスニングとスピーキングは人並み(ヨーロッパ共通参照枠でいうと、B2以上B1未満、くらいです)、ライティングはかなり訓練不足・経験不足、けれどリーディングはかなり頑張れます、というくらいです。
で、苦手を克服するよりも得意を伸ばすのがラクだし楽しいので、趣味と実益を兼ねて関心あるテーマの論文が多いHBRの購読を始めたというわけです。日本語でさえ、通読するのには2時間以上かかる雑誌のですので、毎月読み切る論文は3つくらいでしょうか。

ふたつ目の理由は、お値段が安いから。
日本語HBRは一冊あたり2,000円、年間定期購読料は20,000円です。2ヶ月分お得ですな。これに対してHBRは年間購読料が17,777円です。両者とも税・送料は込みのお値段なので、英語版の方が安いのですね(ちなみに、アメリカとカナダでは$99なのでさらに安いです)。
紙質も良くしっかりとした作りの日本語HBRと比較すると、雑誌の体裁などはだいぶ落ちるのですが、通勤時に持ち運ぶことを考えると逆に軽くて扱いやすかったりもします。値段のチープさだけでなく、質のチープさも実はメリット。
日本語HBRは、どうも「購読していると箔がつく」みたいな効果を狙っているのか、無駄に上質で重たいように思うのですけどね。

そして大切な三つ目の理由は、過去の論文へのアクセスです。
HBRはその掲載論文全てをWEBに掲載し、検索によって求める論文を探すことができます。もちろん、リプリントの注文もすぐに可能です。また、太っ腹なことに最新号の論文の多くがWEBならば無料で読めるのです。ためしにHBRのサイトをご覧ください。最新号の目次の横に「FREE」と書いてあり、これらは実際に無料で読めますし、プリント用のページもあります。
さらに、上記の17,777円の「Basic Subscription」では、過去1年間のバックナンバーを同様に読むことができます。上記サイトには「Readers' Most Recommended」というカラムがあり、最近の記事の中からの読者推奨論文が並んでいます。定期購読していれば、雑誌が手許になくてもここから人気の記事を見つけて読めるわけです。
そして、私が契約している「Premium Subscription」ならば、5,000円アップの22,777円にはなりますが、さらに過去のバックナンバーの論文を読めてしまうのですね。これはもう、出血大サービスと言って過言じゃありません。
ためしに「Michael E. Porter」で検索してみると、1979年3月号の「How Competitive Forces Shape Strategy」から2008年1月号掲載の「The Five Competitive Forces That Shape Strategy」まで、20の論文がリストアップされており、Premium Subscriptionの契約者である私はこれらを全てWEBで、あるいはプリントアウトして読むことができるのです(なぜか、両論文のタイトルが似てますね...)。
日本語HBRは買った雑誌をずっと保管しておかなければ論文は読めなくなっちゃうけど、HBRならばPremium Subscriptionを続ける限り、古い雑誌は捨ててもOK、というわけ。

最近の日本語HBRは人気の論文がすぐ翌月には訳出されることもあって、けっこう良い雑誌だと思います。価格差だって、翻訳の手間と日本語オリジナル論文があることを考えれば、むしろ安いといえるかもしれません。
けれど、上記3つめの過去論文の検索と全文閲覧サービスの存在は決定的です。読み捨ててしまう雑誌とは違って、過去の論文であっても良いものは繰り返し読まれるHBRだからこそのキラーコンテンツ/キラーサービスといっても過言ではないでしょう。異動になって急にHRM関連の知識が必要、といった際にも、ひとまず検索で論文を一覧で出し、ポピュラーなものからつまんでいく、ということができるのです。
もちろん、こうして閲覧できる記事を勝手にコピーして配布することは禁じられており、あくまで読めるのは購読者本人。とはいえ、システム的に歯止めがあるわけではありません。不正コピーのデメリットと、読者サービスによる顧客維持のメリットとを判断した結果なのでしょう。

日本だと類似の存在は「一橋ビジネスレビュー」あたりでしょうか? でも、日本語HBRと同様に定期購読で2割ほどお得になりますよ、という以外のサービスは実施していないようです。
妨げになっているのは不正コピーか、権利関係か、はたまた業界常識なのか、よくわかりません。リプリントの販売がどれほどの規模で、不正コピーが脅威になるのかどうかも、私には材料がなく判断はできませんし、あとで書籍にして売る妨げになる、という判断が働いているのかも。はたまた広告主への配慮かな。
けれど、その日、その週、その月に消費されて捨てられるものならばともかく、数年後にも参照されうるコンテンツを持っている雑誌ならば、その特性を活かしたサービスをなぜやろうとしないのか、疑問に思われてなりません。
言葉という参入障壁を良いことにイノベーションを怠ると、環境変化には対応できないこと、ビジネス誌こそが良くわかっていると思うのですが...

私は小説を読むのは好きですが、小説読みとしては大きな欠点、というか弱点をひとつ持っています。
それは、「物語の世界に入り込むまでに時間がかかる」のです。

SFやファンタジーによくある、現実世界とは大きく異なった世界の場合だけでなく、時代が違うとか、場所や文化が大きく異なるといった場合も含めて、その小説が舞台としている世界をおおまかに理解するまでにかなりの時間を要するのです。
具体的には、最初の30~40ページは悪戦苦闘、この山を越えられずに頓挫してしまうものも相当たくさんあります。中高生の頃など、少ない小遣いの中から吟味を重ねて買ったにもかかわらず、山を越せずについに読めなかった本があって、我ながらどうしてこんなにも読書能力が低いのだろう、と思ったことが一度や二度ではありません。
余談ながら、そのようにして読めずに放置した一冊、「楽園の泉(アーサー・C・クラーク)」を先日ようやく読み終えました。

けれど、一度その山を超えてしまえば、あとは物語世界に没入してしまい、ラストまでは一気に読み切れます。これは小学校低学年の頃からほとんど変わっていません。
物語世界に没入できやすい傾向を「物語没入力」とでも名付けると、この力は次の要素からなるように思えます。
1.物語世界に没入するまでのスピード(没入速度)
2.物語世界に没入する度合い(没入深度)
3.現実と異なる世界に没入できる度合い(没入許容度)

上記の通り、私は2の深度はそれなりに高い一方で、1の速度に弱く、しかも年を取るにつれて3の許容度が衰えてきている感じ。
読書を趣味としていて、中でも強者の小説読みのかたがたは、おそらくトータルでの没入力がかなり高いのではないかと思います。三つの力のどこが強いのかはそれぞれでしょうが、私としては、速度に優れたかたが大変うらやましい。

多読派は速度が特に強いのかもしれないし、味読派はどちらかといえば深度か。速度と深度の両立度合いはどのくらいなのか、等、他の小説読みがどんなタイプなのか、けっこう気になります。
ある特定のジャンルや特定のタイプの物語にしか関心のないタイプ、あるいはSFやファンタジーにはどうしても関心が持てないのは、3の許容度によるものかもしれません。SFの中でも、大作になるほど巨大な世界観を作り上げて読者をそこに引き込むものが多いように思いますから、読むために求められる没入力のハードルが高くなるんじゃないでしょうか。

ケータイ小説に限らず、よく売れる本、広く読まれる本には、読者に高い没入力を求めないものが多い、といっても良いかも。ハードルを低く設定するほど、その小説を読める母数は増えますし、途中で挫折せずに読み通す読者の数も増えます。
対象読者にとって身近な舞台、現実とは限らないけれどどこかできいたことのある設定、「泣ける」設定、そして予想の範囲内の「泣ける」展開...いずれも高い没入力を必要としないものです。
必然的に高い没入力を持った読者にとっては物足りないものでしょうから、ベストセラーが年季の入った本読みからは評判が悪いのも当たり前かもしれません。

先日のiPodによる英語リスニングのエントリで参考にさせていただいた「しぬまでいきる」を少しさかのぼって読んでいたところ、2005年10月のエントリで以下のように書かれているのを見かけました。

聞くコンテンツはSoundviewのサマリー。「ユーザー・イリュージョン」を読んでから、無意識でもリスニングの効果はあるのではないかと思った。

私のエントリではichiyuさんの題材がわかりませんが...などと書いていたのですが、おそらく聴かれているもののひとつはここでも触れられている「Soundview Executive Book Summaries」のデータなんですね。ichiyuさんがSoundviewの購読者なのは、大前研一氏の「The Next Global Stage」の紹介エントリで知っていたはずなのに、全然つながっていませんでした。

さて、私もこの1月からSoundviewの購読者です。
このサービスは、読んで字のごとくビジネス書の内容を要約して送ってくれるサービス。1冊の本が8ページにまとめられており、CDにほぼ同内容のナレーションとPDFファイル、MicrosoftのeBookリーダーやPalmで読めるPDB形式などがおさめられて届きます。PDFをプリントして読み、前後してiPodでナレーションを聴くのが私のスタイルで、順序はまちまちですが、「聴く」と「読む」の両方で同コンテンツを採り入れるのは、けっこう良い訓練になっているように感じます。
これまでに契約時のおまけを除いて1月と2月分としてあわせて5冊分のサマリーを受け取り、順に読んでいます(契約が12月だったので、昨年12月分からWEBサイトでダウンロードできるようにもなっています)。

こちらで「今年は英語の本は一休みにする予定です(それでも、ゼロにするつもりはなく、ちょっとした工夫をしました。この話はまた後日エントリします)。」と書いたのは、このサービスに申し込んで時間を節約しながら英文でビジネス書を読んだのに近い効果を得よう、としていることを指していたわけです。

私はもともと読書に関しては保守的なので、以前なら、1冊の本を8ページに要約したものを読むなんて、なんだかズルをしているように感じて見向きもしなかったかもしれません。現に、「世界の名作をあらすじで読もう」といった本はいまでも小馬鹿にしています。
けれど、ビジネス関連の本はそもそも中にあるエッセンスを獲得して仕事のノウハウを高めるために読むものですし、昨年の経験から英語の本を読み切ろうとすると読書量を激減させるというコストがかかってしまうことを実感しました。
同じ読書でも、シェイクスピアやドストエフスキーをあらすじで読むのとは、ちょっと性格が違うだろうと思っています(単なる言い訳?)。

これなら毎月2~3冊分のダイジェストが読めますから、けっこう効率的に情報を獲得することができて、しかもリスニング+リーディングで英語のトレーニングにもなります。一石三鳥というわけ。これに、昨年から定期購読している「Harvard Business Review」を加えれば、これ以上無理して英語を読む必要もないでしょう。
そんなわけで、このサービスで読んだ内容なども、ときおり紹介していければと思います。

I found this book on the author’s weblog 'OnlyOnce.' The author of the weblog, Matt Blumberg is a CEO of ReturnPath, a consultant of e-mail marketing.
I like his weblog because his articles are really impressive and informative one about online communication and start-up.
I'm also reading "Beyond Bullet Points" by Cliff Atkinson who is the author of nice weblog 'beyond bullets.' These are the first and second book I found from weblog, bought and read.

This book is the good guide for marketers who want to be an expert in e-mail marketing.
I know some books published in Japan that describe how to write individual e-mails, but don't know ones that illustrate the basis on the e-mail marketing. I think this book is the best one about fundamental of online promotion.

It has three parts. I was really impressed by the first part, 'Content Strategies.' Since there are some differences in list building method and regulation between the US and Japan, the second part is partly useful. But contents the customer needs are the almost same.
I think I can use the first part of this book as a textbook for e-mail marketing. This part is really practical and useful.
And the third part about measurement of e-mail marketing is also good. There are many practical methods.

It seems that e-mail is facing its crisis because of increasing spam.
In fact, I receive over 100 spams a day and my spam filter is incapable. They say in this book that spam blocking technology is getting better, but I feel situation is getting worse day by day.
E-mail is really useful and one of the most important infrastructure in our life. I really want the technologies that can eliminate spam. Without anti-spam technologies, e-mail could be a garbage can.

Even though I'm not so good English reader, I read it in a short term because authors write in very simple and easy to read sentences.
I recommend this book to all marketers.

I read a book named 'Connective Selling' by John Timperley.
Since I'm a marketing staff, I don't know much about a practice in selling. But I occasionally feel that I should understand about exercises in selling especially when I talk with co-workers from sales force.
This is why I'm interested in this book.

In my opinion, this is a very practical book to understanding practices in selling. There're a large amount of experienced know-hows to nurture a good relationship with a customer.
As a headquarters staff, I sometimes have a visiting of a variety of sales people. I think there are very few people who prepare for the meeting with me. They don't understand our business and seldom read our website or an annual report.
They only talk about them, their products and services. Off course it's a really boring meeting for me, and almost all of them cannot make any deals.

In this book, author emphasizes a significance of learning about customer in advance.
Yes! I think if sales people were more sensitive about understanding us, we could have a meaningful meeting and solve some problems.

I can also adapt know-hows in this book for my work as a marketing staff.
There is a similarity between selling process and proposing marketing plans. Using know-hows in this book, I may be able to improve my propositions. This could be a practical textbook not only for sales people but almost all business people.

Connective Selling: The Secrets Of Winning 'Big Ticket' Sales
by John Timperley
Capstone (August 13, 2004)

Review in Japanese