blogとコミュニケーションの最近のブログ記事

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今年に入ってから、頻繁に記事投稿時のエラーが続き、思い切ってMovable Typeのバージョンを上げがてら新規に設定したにもかかわらず、状況は改善されません。
なんの問題もなく投稿できており、システムの入替なども全く行っていなかったのに突然エラーが頻発するようになり、最近では新規の記事の投稿自体が苦痛になってきています(そのわりには、頻度は以前よりも上がっているのですが)。

まったくゼロから設定し直せば何とかなるのかもしれませんが、記事投稿やレイアウト変更のたびに長時間をかけて再構築を必要とするシステムそのものが無駄ではないか、という結論に達しました。
ためしにWordpressを導入し、これまでの記事をすべてインポートしてみたところ、ほぼ問題なく動いているようです。サーバの処理能力の問題か、記事投稿時に多少もたつくことはあっても、数時間にわたって何度繰り返してもエラーメッセージを返し、しまいにはLaCoocan自体のエラー表示(ページが存在しない)を返してくるようなことはありません。
投稿だけでなく、レイアウト変更やデザイン変更などでも再構築がないぶん、気軽に修正できますし、精神衛生状態編よろしいように思えます。

時間が十分にあれば、サーバの設定を一からやり直すなり、WEBで情報を集めて解決策を探るなりといったことができるのでしょうが、そういうわけにも行きません。
そんなわけで、今後はWordpressで運用しているほうをメインに更新していきます。

 引越先「d-mate weblog」(Wordpressによる運営)

このブログの読者の80%はGoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果からのものです。
したがって、旧記事は消さずにそのまま残しておきます。以前にもXREAからこのLaCoocanに引っ越したことがあるのですが、検索結果が新しいものに入れ替わるのに、だいたい1年以上かかりました。たぶん今回もそうでしょう。
引越が落ち着くころに、今度はWordpressで問題が発生しないことを願うばかりです。

事前によく調べずにエイヤッとシステムを入れ替えちゃう私も悪いんですが、新たな問題が発生。
サイトのテンプレートを入れ替えた際、再構築にあまりに時間がかかっていたのでそのまま放置して外出し、帰宅後にアクセスログを見てみると、なぜか集計ができています。テンプレートを入れ替えたばかりなので、アクセス集計のタグがまだ書かれていないはずなのになぜ?
アクセスが記録されているURLをクリックすると、デザイン変更前の見にくいページが表示されます。前後のページに飛ぶと、新デザインだったり旧デザインだったりとまちまち。

一体何が起こっているのかとしばらく考えたのちにわかりました。
Movable Typeの3では生成された記事別アーカイブファイル名に「_(アンダースコア)」が使われていたところを、Movable Type 4では「-(ハイフン)」を使うようにデフォルト値が変わっていたのでした。つまり、古いアーカイブがそのまま残っていて、各種検索サイトではそちらが引っかかるので、旧アーカイブへのアクセスが記録されていた、というわけ。
設定画面をあちこち探って、個々のテンプレートの編集画面から設定変更ができることを突き止め、ただいま記事アーカイブを再構築中です。経験上、1時間弱かかるはず。

なにか合理的な理由があってのデフォルト値変更なのでしょうが、記事の中で別の記事にリンクを張っていた場合に、自動的に修正してくれるわけではないので、常にファイルが二重になっていないとリンク切れを起こしてしまいます。
さらに深刻なのは、記事単位に検索エンジンに拾われている以上、URLが変わってしまうと検索サイトからたどり着く読者はしばらくのあいだ旧アーカイブでしかアクセスができないことになってしまいますね。
パーマリンクといっておきながら、買ってに書き換えちゃ、いかんように思います。少なくとも、テンプレート変更作業の際に「ファイル名変わるけど良いかな?」と聞いてほしかった(まあ、テンプレート一覧画面にきちんと書かれているんですけどね、そもそも変わっちゃうなんて思っていないし)。

とりあえず再構築が終わったら、ちゃんと旧アーカイブ名に統一されているかの検証です。面倒だなあ。おかげでシステム部門の苦労がちょっと体験できましたけどね(そんなもんじゃないよって叱られそうですが)。

...ひとまず、必要なアーカイブとインデックスページの再構築が終わって、サイト内部でのリンクも正常になり、検索結果から記事アーカイブを開いても最新の状態で開けるようになりました。記事アーカイブの再構築は、案の定何度もタイムアウトになってリロードを繰り返し、都合2時間近くかかってしまいました。
@niftyのLaCoocanサーバの処理能力不足なのか、Movable Typeの問題か、あるいは私の凡ミスなのか、未だによくわかりませんが、もうちょっといろんなことがスムーズに動いてほしいな、と思ってます。

今年の春先から、このブログに新規の記事をエントリしようとすると、3回に2回くらいはサーバの反応が返ってこなくなる症状が出ています。
MovableTypeのバージョンは3.32aと少し古いままだたのですが、何か設定をいじったということもなく、設置当初はスムーズにできていた操作に失敗するように。
なにせ、記事投稿のたびにエラーが出て何度か試しているうちに「記事は投稿されたけど、再構築されておらず反映されない」という状態になります。ひどいときには同じ記事が3つ投稿されているのが30分後にわかったりするので、削除して再構築。時にはその再構築がタイムアウトで失敗。
これでは不要な負荷がサーバにかかるばかりか、記事投稿したことがどこにも通知されないので、各種の検索に引っかからなくなってしまいます。

さてはniftyめLaCoocanのサーバにユーザーを詰め込んでサーバの負荷が高くなっているんじゃなかろうか、と疑っていました(正確には、いまでもどうだかと思ってますが)が、Niftyからは「何のトラブルもなくサーバは運営できてる」との返事(信じていませんが)。
とはいえ、やれそうなことはやってみようと、MovableTypeを4.21にアップグレードしてみることに。

ダウンロードして回答したファイル群をサーバにftpで移し、フォルダ名をこれまでバージョン3で使っていたものに変更、設定ファイルをコピーしてmt.cgiを開いたら、途中までは順調に。
けれど、既存ブログのデータベースをアップグレードする段階で、「使用されていないテンプレートマップを削除しています...」が表示されたきりストップ。一体なんでしょうか。
ウィンドウを閉じてmt.cgiを再度呼び出しても、mt-upgrade.cgiに飛ばされて毎回同じ箇所で止まります。これでは、新規投稿も何もできません。

こういう時は、問題のmt-upgrade.cgiを削除するとか、乱暴な方策しか思いつきません。もう少し穏やかな方法はないものかとネットを探ってみても、なかなかピッタリしたものは見つかっていません。
この文章も症状が改善されるまでは投稿できないわけで、さて、どうしたものか。

...と、書いたあとで、初心に帰って必要ファイルを再度FTPでアップロードしなおし、cgiを走らせました。
どうやら、今度はアップグレードに成功したみたいです。良かった良かった。
まずはこの記事をテスト代わりに投稿してみます。さて、気になるサーバの反応は、どうなっているでしょうか。

...やってみましたが、バージョンアップ前と全く状況は変わりません。
@niftyには問題を報告して改善の要望中ですが、LaCoocanを検討されているかたがありましたら、今しばらく様子を見たほうが良いかと思います。
無料で利用できるサーバ(たとえばXREA)よりも、有料サービスが不安定でエラーが多いというのはいかがなもんでしょうか。

<10月1日追記>
MovableTypeを4.21に変えてからの状況ですが、サイトのデザイン変更をしたあとでの全体再構築になんと47分かかりました。さすがにそれはないだろう、という感じです。以前はタイムアウトで止まる以外は、10分くらいでしたから。
もちろん、新規投稿がエラーになるのも相変わらずで、管理画面を表示するのさえ数分かかるありさま。サーバ変えようかと本気で悩むほどです。
一体何が原因なのか、ホントに他のユーザーからはなんの苦情もないとすれば、私がとんでもない設定のミスをしているのか、謎は深まります。

やってみました。
ちなみに木曜日には全然通信簿が出てこなくて、きっとサーバの負荷が高くなりすぎていたんでしょう。

結果がこれ

ははは、なんと「女性、31歳」です。
誤解を招くといけないので書いておくと、どちらもあっていません。おそらく「です、ます」調なので女性の書く文章と判断されたのでしょう。どちらかといえばかなを多く使いますし、一人称も「私」だし、たしかに間違われるかも。
たまに「妻」が登場してますから、複数の記事を読むと誤解はないのでしょうが。

年齢的には、どうなんだろう。
最近10のエントリのテーマだと、英会話、パンケーキ、東京交響楽団、携帯電話、iPhone、ドイツ語ってなところですから、まあたしかにね。30代の関心分野だといわれても納得できるところかもしれません。それにしても、36,7歳ならともかく、31歳てのは若いですな。
仕事帰りには外国語を学び、趣味は週末の料理とお菓子作り、オーケストラとオペラ好きで新しいデジタルガジェットのチェックも忘れない31歳女性独身とか、なんかもてそうでいいっすね(笑)。

あれですかね、大分の教員採用だとか、竹島だとか、あるいは通り魔だとかにイカってみせると年相応になりますか。それともやっぱり大相撲にプロ野球でしょうか。
まあ、興味ないものはしょうがないですね。時事ネタに限られた知識であれこれと論評をしてみたところで、床屋政談の域を出ませんし。
あ、そうか、ニコンD700について熱く語れば、たちどころに「男性、52歳」とかになれるかもしれません。その方が気が楽だ。

もうすぐ週末がやってくるので、作ったパンケーキの写真をあげたところで再トライすると、また年齢が下がるんだろうか? クイジナートのハンドブレンダーを使ったレシピなんかも、要注意ですな。
なんだか、「こんなエントリじゃ、また女にされちゃうかも」とか気をつけながら、書くこと考えそうです。定点観測すると、面白いかも。「今日の性別と年齢」が常に出てるとか。

Googleのブログ検索はRSSをフィードしてくれるので、日付順に取得したフィードをRSSリーダーに登録しておくと、気になるワードを含むブログ記事が割と簡単に読めます。
もちろん、玉石混淆になりますし、あまりに取り上げられることの多いワードでは情報が多くなりすぎて機能しないかもしれませんけれど。

で、私の好きなとある作曲家の名前での検索結果をフィードで取得しているのですが、毎日の新着が5~10本程度と、ほどよい感じです。
もちろん、別のワードに部分的に同じ文字列が含まれているケースなどもあって、ノイズがないわけではありません。これは概要をみれば判断できるので、問題ないのです。

問題は、この作曲家の名前と同じ文字列を使った筆名で書かれている、エロブログ(と思われる、フィードのタイトルと概要だけで、本体は見に行く気にもなれないので未確認)があることなんですわ。
10か20にひとつ、そこにあるだけで眉間にしわが寄ってしまうようなタイトルが画面に表示されるわけで、これはとても不愉快。
とはいえ、どんな筆名を着けようと、あるいはブログのタイトルをつけようと、商標の侵害といった問題さえなければ自由といえば自由。私が不快だという理由で、変更を求める筋合いはありません。

あー、でもほんとに何とかならないのですかね。
エロサイトだけでなく、単に商品を並べているだけのアフィリエイトブログも、検索結果からとりあえずはずしておきたいノイズのひとつです。
評判を調べようと商品名で検索をかけると、なんの情報も付加せずにただアフィリエイトのリンクとAmazonの評価などが並んでいるサイトばかりが並びます。こんなのいらない。

フィードを取得する際に、指定したドメインからのものは最初からはじくように、なっていれば良いのですが。つまり私のRSSリーダーでは指定したURLのものは表示しない、という設定があるとすごくうれしい。
サーバの負荷とか、ネットワークの負荷とか、そもそも技術的な困難とか、実はニーズは少ないとか、いろいろ事情はあるのかもしれませんが、なんとかならないもんでしょうか。
まさに「臭いものにフタをする」行為に他ならないわけですが、ネットから気に入らないものを追い出すことなどそもそもできないのだから、せめてフタくらいはさせてよ、と思うのです。

<追記>
とりあえず、検索の段階で当該エロサイトの名称を除くことでRSSフィードから除くことはできています。でも、これではアフィリエイトブログが排除できないんですよね...

RSSリーダーを使っているユーザーは、2007年1~2月の調査では12.8%なんだそうです(Japan.internet.comの記事より)。認知度も36.27%と高まってきており、あと1,2年のうちには極めてポピュラーなツールになりそう。
私は最初「Bloglines」を使い始め、続いて「Livedoor Reader」に乗り換え、さらには「Livedoor Reader」のメンテナンスの間に試したのをきっかけに現在は「Google Reader」を使っています。「Livedoor Reader」はけっこう気に入っていたのですが、「Google Reader」の広告のない、シンプルな画面に慣れてしまうと、戻れませんね。

登録しているフィードは150程度で、中にはたまにしか更新のないものもあるので常にチェック対象となるのは50ほどになると思います。
一度登録したフィードを解除することはあまりありません。関心がなくなっても、解除してしまうのはそのサイトへの縁切り宣言になるかのように感じ、たまっていく未読を放置しているのが現状です。すなわち、フィードの登録を解除するのは、よほど腹に据えかねたり、二度とそのサイトとは関わりたくないほどの嫌悪感を抱いた場合に限られます。これまでに5つほどしかありません。

で、登録しているブログのひとつに、先日こんな記事が掲載されました。
 購読解除される34の理由(POLAR BEAR BLOG)
ここで挙げられている理由の中で、私が登録解除をした際の理由は「内容がネガティブ 」「内容が攻撃的/個人攻撃/差別的」「内容が低すぎ」あたりです。私の基準はそれほど厳格ではないので、よほどひどくない限りは解除まではしませんが、何事にも限度はあります。複数の書き手がいるブログなどでは、ときおりとんでもないエントリが混じることがあっても、全体としては面白く読めるのもあれば残しています(著者別のRSSを配信してくれると、良いんですけどね)。

興味深いのは、理由の3番目に挙げられている「全文フィードではない」です。
たしかに、読み手の利便性としては全文がフィードされていれば、いちいち当該記事を別ウィンドウ(タブ)で開いて読みに行く手間がありませんので楽です。
ブロガーやニュース作成者の立場からは、自サイトに来てもらわないことには広告を見てもらえないし、アクセスログによって読者が増えた実感がないなど、不都合もあるでしょう。なので、全文をフィードしたくない、というのも理解できます。

けれど、私の場合、登録したサイトが増え未読記事がたまってくると、全文配信されない記事は読まずにすませてしまうことが増えてしまいます。
都度相手のサイトを開かなければ読めないので、かなりの興味がなければわざわざ開かずにすませてしまうのですね。特に、タイトルだけの場合にはその傾向が強まります。部分のみフィードでも確実に読むのは、たとえば「On Off and Beyond」のように、書かれている記事の水準にかなりの信頼を置いているケースに限られます。
タイトルのうまさに釣られて開くこともけっこうありますが、肝心の記事がたいしたことがなかった場合、サイトへの信頼度はかなり低下してしまって「なんとなく面白そうなんだけど、まただまされるだけだろうから読まない」なんてことも発生します。ものすごく思わせぶりなタイトルだけど、読みに行ってみると本文3行、みたいな場合ですね。

全文がフィードされていれば、その場で全て読めますし、面白ければ当該サイトを開いて過去記事のアーカイブを読んだりします。全文フィードはたしかにサイトへのアクセス絶対数を減らしてしまうかもしれませんが、チラ見して逃げていくのではなく、「読者」を獲得するにはむしろ有効なのではないでしょうか。
また、RSSリーダーの画面よりも読みやすいレイアウトにしておけば(特に長文では大事ですね)、読者は全文がフィードされていてもサイトを開くんじゃないでしょうか。少なくとも私はそうです(逆に、サイトがとても読みにくいとRSSリーダーオンリーになっちゃうことも)。

タイトルや最初の数行で読者の関心をがっちりとつかむことのできる書き手や、すでに一定の評価を得た書き手ならばともかく、これから読者を獲得していこうとする場合には、RSSには全文をフィードしたほうが良いんじゃないのかな、というのが今の私の考え方です。
そのサイトをひいきにしてくれる読者が増えれば、結果として広告やアフィリエイトの効果も高まるでしょう。逆にあからさまにサイトに誘導すると、読むけど広告は避ける、という行動を招くことも。フィードに広告を仕込んでしまう、というのもありでしょうけど、私の場合には、これまでのところフィード内の広告を意図的に開いたことはありません。バランスはけっこう難しそうですね。

私もはてなブックマークのユーザーですし、毎日楽しみにしているブログの多くが「はてなダイアリー」を使っているので、「はてな」を非難するつもりは毛頭ありません。
ただ、はてなダイアリーで公開されているブログのかなり多くが、キーワードのリンクを目立つ状態のままにしているのは、「文章の読みやすさ」の観点からは好ましくないのではないだろうか、と思うのです。

この傾向は、エントリの文章量がページをスクロールして読むくらいになると顕著です。
私はひとまず全体をざっとスキャンして、おおまかに何が書かれているかを把握してからじっくりと読むかどうかを判断することが多いのですが、このスキャンの段階でキーワードリンクされた語だけが目に飛び込んできてしまうのですね。
しかも、文章によってはキーワードリンクはけっこうな分量になります(各行に2~3以上あることも)から、結局キーワードだけが目立って、エントリが何を書いていたかは皆目頭に入ってこない、なんていうこともあります。

今日も「はてなブックマーク」の注目エントリに上がっていたあるエントリを見たら、全体が薄いグレー地に黒の文字なのにキーワードリンクは濃いエンジ色になっており、14行に50個以上もあるリンクだけが目立っていました。この文章、私にはかなり気を入れないと読めません。
結局、開いた1秒後には「読みにくっ」と判断。タブを閉じてしまいました(実際にはリンク数を数えるために再度開き、今度は読んだのですけど)。

もちろん、私自身の文章を読むときの集中力が衰えてしまっている、ということも一因であろうと思います。
けれど、文章中の語句の意味や使われかたなどを気軽に参照し、文章を読む手助けとなるであろうキーワードリンクが、肝心の文章よりも目立ってしまっているのは、やはり本末転倒というべきでしょう(もちろん、それを意図しているのだ、というかたもあるでしょうが)。
キーワードリンクうざったいからやめて、という意図はありません。あまりに主張しすぎるキーワードリンクは、ブログのエントリを読みにくくしている一因かもしれませんよ、ということです。
もしそれを意図しているわけではないのなら、ご一考をおすすめします。

mixiが上場するなど、SNSがこの1年ほどで本格的に広がってきた感じがしますが、私はどこにも参加していないだけでなく、ほとんど関心がありません。
だいぶ前にも複数の知人から「mixiに招待しようか?」と誘われたんですが、断ってしまいました。入会しても使い続けるようには思えないから。

理由はごく個人的な問題で、私はもともと人付き合いを好まず、交友関係を広げるほうではないこと、あと雑談がそれほど好きではないことです。
学校や会社でも、大人数でワイワイとやる場が苦手で、気心の知れた数人の人間関係があればそれでよい、と思ってしまうほう。立場上、100人規模の幹事やとりまとめをやることはありますが、それは決して心地良いものではありません。
ネット上の有益な情報のほとんどがSNSに移動してしまい、会員にならなければ見られなくなってしまうとしたら、さすがにだれかに頼んででも参加するでしょうが、そんなことはなさそう。SNSに新たな情報や、新たな人間関係を求めて参加しても、おそらく無駄だろうな、というのが私の判断です。

かつて、パソコン通信のフォーラムは私にとってかなり居心地の良いコミュニティでした。
たしかにフォーラムメンバーは数万人いたものの、電子会議室でのアクティブな発言者は数十人から百人程度ですから、ほぼ相手の見えた場所だったといえます。こういう言い方をすると反発を招くかもしれませんが、そこには"お子さま"が少なかったのも幸いでした(Nifty-ServeのID取得にはクレジットカードが必要だったのです。もちろん、精神的に"お子さま"なオトナは多少は混じっていましたが、S/N比は圧倒的に良かった)。

ブログでもソーシャルブックマークでもそうですが、S/N比が悪い前提でどうやって自分なりに情報を選り分けるか、あるいはノイズと思われるような情報から何かを得られるか、というのが現在のネット利用の技術なのでしょう。
とはいえ、一日の大半をネットで過ごせるならともかく、平日に1時間ほど、週末もせいぜい2~3時間の中では、あまりノイズに悩まされたくないのが自然なんじゃないかと思います。
招待制のSNSは、ノイズを排除する手段になり得ますが、それはあくまでも目的に応じて確立された人間関係を持ち込んで、しかもその後のメンバー追加時の選別機能が働くことが前提でしょう。
友達同士という気安さが、ノイズだらけのコミュニケーションに傾く要因になるのは、ネット以前に普段の人間関係から容易に想像できます。ましてや参加者がどんどんとふくれあがっている今のmixiは、決して選ばれた少人数のコミュニティとはいえないでしょう。

まあそんなわけで、私は今のところSNSには全く関心ありません。
なんというか、友達の友達は...という乗りで雑談と浅いコミュニケーションを広げるのではない、差別化された場があれば、有料でも参加するとは思うのですけどね。

私は自分自身もデザインの才能があるほうでもないし、ブログのデザインには割と無頓着。よほど読みにくくなければ2カラムだろうが3カラムだろうが、気にしません。
けれど、最近「これはいやだな」と思うレイアウトがひとつだけあるのです。

それは、エントリ本文の真上に大きな広告スペースがあるもの。
多くはグーグルのアドセンスなのですが、エントリのタイトルの下に、本来ならエントリの本文があるべき場所に3~4アイテムの広告が並びます。広告ごとに3~4行が費やされますから、「Ads by Goooooogle」とあわせて17行が消費されると、縦に768ピクセルしかない私のノートPCの画面では本文はスクロールしなければ読むことができません。

この手のレイアウトが増え始めたころ、私はリンクをたどって開いた途端に「あ、広告だけのアフィリエイト目的サイトじゃん」と判断してすぐに閉じていました。
そんなことが2~3回続いて、営業目的ブログがSBMの注目エントリに登場するのは不自然だと気がつき、実はエントリ本文が広告の下に存在し、スクロールすれば読めることに気がついたというわけです。何とも間抜けな話ですが、開いた画面に広告以外のものはブログタイトルとエントリのタイトルだけ、というレイアウトでは、誤解を受けるのも仕方がないのではないか、と思います。

人気ブログともなればけっこうな広告収入が得られるのでしょうし、それが質の高いブログを維持する糧にもなるのかもしれません。
映画館で本編の前に延々と10分近くも映される次回作の宣伝もうっとうしいものですが、こうしたブログも同様。「俺様の質の高いエントリを読みたければ、金を払え」といわれている感じ(実際には、広告をクリックしなければ良いわけですが)。
広告媒体としての価値を作り出し、維持している才能と持続力には敬意を払うことにやぶさかではありませんが、なんだか店に入った途端に手もみしながら店主が近づいてくるようで、個人的にはあまり気持ちの良いものではありません。ブログを訪問する読者が求めているのは、広告ではなくエントリを読むことなのですから。

役不足

| コメント(0) | トラックバック(0)

役不足という言葉が、かなり多くの場面で誤用されているのは、ご存じの通りです。
もともと「役が不足している」のですから、本来の実力に比べてつまらない役割を与えられている状態を指すわけです。これが、反対にある役割には実力が足りないといった誤用が目立ちます。
例えば、こんな感じ。

 正「たったこれだけの仕事では、彼女には役不足じゃないかな」
 誤「こんな大切な仕事を任せるには、彼女は役不足だと思うよ」

こんな誤用してみっともなーい、といいたいわけではありません。ありがちな間違いですから、気がついたらなおせばいいわけで。

今日、とあるブログをみていたのですが、やはり文中に上記と同じ「役不足」の誤用がありました。
はてなダイアリーではキーワードには自動的にリンクが張られるのですが、この「役不足」にもリンクを示す下線が引かれていました。ははーん、と思いリンク先を開いてみると、案の定、この言葉の本来の意味と誤用についての解説が出てきました。

はてなダイヤリーというしくみを使っていたために、自らの言葉の誤用を強調する結果を招いてしまったわけです。便利なようで、使う側を裏切ってしまう道具。

私はATOKを使っていますが、入力中の言葉に文法上や表記上のミスがあると指摘してくれます。これはこれで重宝するのですが(ようは、けっこう間違っているわけですね)、そのうちに文章表現にも口出しをしてくるんじゃないかというのが心配。
文章は下手なら下手なりにその人の個性ですから、あまり道具が修正してしまうのはどうかと思います。どこのブログをみても同じような文章が並び、「あ、これはATOKで書いたな」「こっちはMS-IMEだな」などと推理するのが流行り始める...かもしれません。

このブログは、「Movable Type 3.2-ja-2」を使っています。
以前のバージョンとの最大の違いが、コメントやトラックバックで寄せられるスパムを自動判別してくれる機能です。前はこれがないために、ちょっとサボると20,30というトラックバックスパムがたまってしまい、手動でひとつひとつ削除するのが面倒でした。

いまでは、怪しいものは勝手にはじいて隔離してくれますから、ときおり覗いてチェックするだけでOKです。これまでのところ、ちゃんとしたトラックバックやコメントがスパム判定されてしまっていたこともありません(逆に、スパムが判定を漏れて保留状態になっていることは、時折あります)。

スパムで多いのは、無差別にやってくる海外からのものです。中身はオンラインカジノやらポルノサイトでしょう、いちいち確認していませんけど。
あとは、国内のアフィリエイトサイトからのもので、検索した文中のキーワードでやはり無差別に送りつけてくるものが多いですね。英会話教材やら家電品やら、世の中にはこんなにもたくさんの中身のない宣伝サイトがあるのだな、と感心するほどです。
中でも間抜けだったのは、「オーネット・コールマン」と書いたエントリから「コールマン」を拾い出してスパムを送ってきたアホなアフィリエイトサイトがあったこと。このサイトって、世の中のジャズ関連ブログに日々スパムを送り続けては顰蹙を買っているんでしょうね。
機械的にスパムを送りつけてくるサイトがたくさんあるのは、それが商売として成り立っているからなんでしょうね。全く不思議です。

この手のスパムについては、今後とも断固として削除しますし、送りつけてきたサイトは私から大いに軽蔑されます。そこんところよろしくお願いしますね(といっても読んでるわけがないのですが)。

スパムとは違って、毎回躊躇しつつも削除しているのは、このブログのエントリには全く言及していなくて、単に同じもの(本とか映画とかですね)を題材にしているということで送ってくるトラックバック。検索トラックバックというやつですね。
おそらく送ってくるかたは、相手に迷惑がられるとは思っていないのでしょう。悪意がないだけにこちらも躊躇するんですが、まあ、自分のブログに送られてきたトラックバックを残すかどうかは、私が判断してかまわないだろう、ということで消してます。実際には読みもせずに大量に発信して場合も多いようで、苦情がきたことはありません。

言及のないトラックバックを受け入れるかどうか、あるいは送信を是とするかどうかは、個々の感覚や周辺のコミュニティの文化によってさまざまでしょう。それを無理に統一しようというのはさすがに無理。
なので、検索トラックバックを送ってきたかたがたに文句を言ったことはなく、「困ったな、もう」と思いながら削除しているだけ。ことさらに問題にするつもりも、実のところそう腹を立てているわけでもありません。
ブログを始めて間もないころは、類似したテーマについて書いたエントリで言及なしのトラックバックを送ったことがありました。言及なしのトラックバックがやってきても、腹が立たないのはこのためでもあります。

トラックバックにおいて、対象エントリへの言及を求める立場から、検索トラックバックの送り主へ”なぜ私はあなたからのトラックバックに困惑しているのか”を伝える、非常に良いブログエントリを見かけましたので、リンクしておきます。
こういう文章が「検索トラックバック」という語句での検索結果の上位に出てくるのは、とてもほっとすることでもあります。

 検索トラックバックありがとうございます。(304 Not Modified)

公開以来、はてなブックマークやスラッシュドットなどで話題沸騰といっても良いRSSリーダー「Livedoor Reader」を試してみました。
しばらく使ってみないと判断できないこともありますが、1年以上使っている「Bloglines」からメインのRSSリーダーを乗り換えても良いと思えるほど。評判に違わぬ使いやすさです。

まずは画面のデザインが華やかで楽しい。
長い間使うものだけに、あまり派手なデザインでも飽きが来てしまうのでしょうが、いかんせん、Bloglinesの画面があまりにも素っ気ないものです。Livedoor Readerは派手ではないものの、適度に色味があって新鮮です。
ノートPCのXGA解像度ではフィードを表示する部分がちょっと手狭に感じられますが、フォントサイズをワンタッチで切り替えられるアイコンがあるので、それほど不便ではありません。

次に、キーボードショートカットが充実しており、手早く使えることです。
RSSリーダーというのは、登録した大量のフィードをざっとブラウズしながら気になる記事を探すものですから、マウスとキーボードとをとっかえひっかえして、というのはストレスがたまるものです。
もちろん、Bloglinesにもキーボードショートカットはありますが、Livedoor Readerではキーボードだけで一通りの操作ができる上、忘れても簡単にヘルプを呼び出して参照できます。

そして、動作が軽快なことも重要です。
これは、まだβ版ということでサービスを利用しているユーザーが少ないことも要因として大きいのでしょうが、使っていてストレスを感じる待ち時間がほとんどありません。
上述の通り、手早く情報をスキャンするのがRSSリーダーの使い道ですから、フィードを切り替えるのにいちいち一呼吸おかれるのはかなり苛立つものです。

小さな不満は、気になった記事をあとで読むための「ピン」機能です。
ショートカットで「o」を押すとピンをつけた記事が別ウインドウで次々と呼び出されじっくりと読めるのは良い機能だと思います。しかし、一度呼び出してしまうとピンが全部はずれてしまうのですね。これでは、気になった記事はその場でブックマークしておかなければあとで見つけるのが面倒になります。
Bloglinesでいう「Keep New」のように、ユーザーが自分でピンをはずすまではブックマークした状態を維持してくれ、必要に応じて呼び出せる仕様を望みたいと思います。

いずれにせよ、Livedoor Readerはかなり注目すべきRSSリーダーです。
これがもっと多くのユーザーに使われるようになり、RSSの便利さが認知されていくと、より多くのサービスが生まれてくるように思えます。

Livedoor Reader

はっきりとスパムだとわかるものについては問答無用としても、「一応、関係ある内容」「けれど、こちらへの言及は何もない」トラックバックを削除するのは、なかなか気を遣います。
一応方針を上げているとはいえ、現状ではトップページからでないと見えないため、これを振りかざして「言及なしトラックバックは削除」というのも大人気がないように思えます(条件に当てはまったら必ず消すとは、書いていませんし)。

とはいえ、言及のないトラックバックは、単なる先方からの宣伝である、といっても良いわけで、削除できる=拒否権はある、とは思っています。
先日削除したものは、とあるテレビ局のサイトに掲載されているコラムの内容がひどい、という主張をするサイトからのもので、珍しくも一晩に3つも飛んできました。迷いましたが、先方での言及がないことと、私の意図は当該コラムを書いた人物を非難する包囲網づくりにはなかったので削除しました(一方で、当方への言及があり、文章の本来の意図と関連のあるものは、当然残してあります)。

また、別のエントリに対しては感想を書いた書名を検索したのでしょう、その戯曲の公演とイベントを紹介するブログからのトラックバックがやってきました。先方での言及は全くありません。
内容としては別段問題もありませんし、腹が立つものでもないのですが、単なる宣伝であることは確かです。宣伝の内容が私好みなら残し、そうでなければ削除、というのでも別段かまわないかとも思いましたが、削除しました。聞くところによると、観た映画のタイトルなどで検索を欠け、手当たり次第にトラックバックを発信するブロガーもいるのだとか。内容によって削除したりしなかったりでは、その手のトラックバックを受け取ったときにめんどくさい、ということも考えました。

まあ、こんな方針など気分によって多少はぶれるものですから、あまり厳格にやる気もないのですが、トラックバックを受け取るというのは「書いた内容に何らかの反応があった」と期待するものです(少なくとも私はそうです)。
それがなんの言及もないのではやはりつまらないですね。言及がなくても、私が書いたテーマについての別の知見が含まれているなど、とにかく内容に関してrelevantであってくれれば、それでいい、ということなんですが...

なんやわかりにくいタイトルを付けてしまいましたが...
私自身が「エスタブリッシュメント」の一員なのかどうかは別としても、梅田さんの指摘のように『エスタブリッシュメント社会の戦士たちの日常は忙しすぎ「ネットに住むようにして生きる」ことなんてできない。(「ウェブ進化論」asahi.comインタビュー裏話』より)わけで、新たなリソースを最小限の労力で探したい、というのはかなり強いニーズであるわけです。
ならば、私よりもずっとネットでの情報探索能力と感度の高い人々に頼ろう、というわけで、はてなブックマークでの人気エントリや注目エントリはけっこうまめにチェックしています。

もちろん、そこら中で指摘されているとおり、はてなブックマークでの人気エントリはテーマや内容に一定の偏りというか、ブックマーカーの全体としての特徴が反映されているわけで、ここだけで情報収集が事足りるわけではありません。むしろ私には全く関心のないタイプのエントリが大半を占めることだって少なくありません。
とはいえ、関心ある語句によるタグ検索を組み合わせると、かなりの発見があるのも間違いなく、目下のところ私の主要な情報探索のリソースであることに変わりはないわけです。

しかし、人気エントリのチェックにも少々困った問題はあります。
ようやくタイトルにつながるのですが、読んで後悔するような不快な文章を「発見してしまう」ことにもつながりやすい、というのがそれ。
自分なりの情報源だけで探索していれば、まず読むことのなかったであろう不快な文章、あるいは悪意や無知に満ちた文章を、なんとなくタイトルに惹かれて読んでしまうのですね。結果としてはすごく不愉快になるわけですが、もう読んでしまったものを記憶から消すわけにはいかないので後の祭り。せいぜい、ブログ名や作者名を脳内のブラックリストに追加し、そのサイトには近づかないようにできる程度です。

このエントリのきっかけになった「不快な文章」はこれです。
武田薫のフジテレビ・スポーツコラム『考えて欲しいNHKのカーリング』
<2006年2月25日追記>このコラムは削除されたようです。保存されたページは見つけてあってリンクを張り直そうかとも思いましたが、やめておきます。内容について知りたい方は、グーグルやテクノラティなどで検索すればいくらでも出てくると思います。<追記ここまで>
そもそもこの短い文章の中で、前後のつながりがまったくない。なぜ報知新聞がキヤノンを使い続ける一貫性から、日本人のスポーツへの姿勢に話が移り、しまいにはカーリングを中継するNHK批判になってしまうのでしょう。
冒頭から4分の3は単なる前振りですか? NHKのオリンピック報道に「一貫性がない」と主張するなら、かつてのNHKはどんな姿勢で報道をしていたのか、それとカーリングに長い時間を割くことにどのような矛盾があるのかをきちんと示さねばなりません。
この文章にはその肝心の部分はなく、いくら頭をひねっても「俺はカーリングは嫌いなんだ」といっているようにしか見えませんし、これをきっかけにNHK批判をしてやろう、という意図が先だったように思えます。

このかたのコラムをいくつかさかのぼって読んでみましたが、出てくるたとえ話や導入のための逸話などが、本論とはあまりつながりがないというのは変わらぬ特徴のようです。
私はフジテレビって好きじゃありませんから、おそらくこの記事が人気エントリに登場しなければ、武田薫という人物の文章など読まずに生きていけたでしょう。けれど、読んじゃいました。たぶん、あと数時間はちょっと不快な気分が続きます。もちろん、このコラムは脳内ブラックリストの上位に追加です。

はてなブックマークに限らず、リンクをたどって次々とつながっていくWEB上の文章(に限りませんが)を読む上では、突然読みたくもない文章に出くわすことはあります。
それでも、自分の意思でたどるよりも、こうしたリンク集やソーシャルブックマークでのほうが、その確率は高まります([これはひどい]タグのあるエントリは表示しない、といったことができればいいんですが...)。
まあそれでも、新たなリソースを見つける上でのコストとしては低いわけで、ソーシャルブックマークなんて使えない、などという結論にはならないのですけどね。
それに、一度ブラックリストに追加したサイトの文章でも、[これはひどい]の晒し上げではなく取り上げられる機会が多ければ、それなりに貴重な情報となるかもしれません。自分の狭量なフィルターとは別に、頼りになる情報源をもつことはけっこう大事なんじゃないかと思っています。

あ、拡大被害をもたらさないためにご注意。上記の武田氏のコラムは、報知新聞が大好きでカーリングが大嫌い、というかた以外は本当に読まない方がいいですよ。

<2月21日 21:30すぎ追記>
エントリを掲載して少ししてから、武田氏のコラムに関する批判エントリからのトラックバックを受信しました。少し迷いましたが、以下の理由により削除しました。
・当該エントリには私のエントリへの言及はなく、武田氏のコラムを扱っているという点のみが共通であること
・私の意図は武田氏を非難することではなく、ブログで武田氏の包囲網をつくることには関心がないこと
もちろん、このようなコラムを平然と公表した武田氏は、スポーツライターとしては相当間抜けで無能で無神経だと思いますが、今回はトラックバックに関する自分自身の方針に従うこととしました。せっかく送信してくれたSさん、すみません。エントリの内容には同感です。
<2月21日 23:30すぎ追記>
上記と同じ理由により、もうひとつトラックバックを削除しました。
再度書きますが、武田氏への非難をエスカレートさせたり、フジテレビに抗議したりといった行動には私は関心がありませんし、現段階では支持もできません。

2004年3月2日にスタートした「d-mate weblog」は2005年4月5日のエントリ最後に更新が滞ってしまいました。
何があったわけでもないのですが、ちょうどGWに長期旅行にでかけたり、この時期に異動となって仕事の内容がかなり変わったことなどもあって、なんとなく放置してしまったという次第です。
放置している間に、海外からのトラックバックスパムが山のように押し寄せ、あっという間に手の施しようがなくなりました。おそらく毎日数十件ものスパムが書き込まれていたと思います。これらをかなり時間をかけて消し、バックアップしたエントリやコメントを新しいサーバにインポートしてようやく復旧できました。こちらは、MovableTypeも新バージョン(3.2-Ja-2)ですので、ある程度のスパムを防げるのではないかと思っています。
せっかく引っ越しましたので、またボチボチと再開したいと思います。ちょっと文体もかわってしまいましたが、このあたりは今後もこのままか、元に戻るかは未定。気分次第というところでしょうか。

「beyond bullets」が元気だ。このところ立て続けにコミュニケーションの基本やノウハウについての興味深いエントリが掲載されており、目が離せない。

3月13日のエントリ「What Speakers Can Learn from Bloggers (and Vice Versa)」では、講演者(もしくはプレゼンター)がbloggerから学べること、そして逆にbloggerが学べることが4点ずつ並ぶ。
前者はともかく、後者はweblogの多くが共通して持っている弱点(その克服を目指すかどうかは別にしても)を、Cliffが良く把握しているのがわかる。blogger必読、といって良いのではないか。
以下に挙げてみよう。各項目の和訳は私なりの意訳で、続く文章は私の解釈である。毎度のことだが、ぜひ原文を参照いただきたい。

1.焦点化せよ(Find your focus)
日本ではweblogが個人の日記から普及し始めたこともあって、身辺雑記が多い。もちろん、それを面白く読ませる書き手が少なくないのだが、やはり暇つぶし程度の扱いになってしまうのはやむを得ないだろう。自分が強いテーマに焦点化することは、weblogの魅力に直結する。

2.ポイントを語れ(Look for the story)

書いているうちに散漫になってしまい、長い割には何を言いたいのかわからないエントリを書いてしまいがち。このweblogにも散見されるだろうし、あちこちを見て回ってもかなりの頻度でそんな文章に出くわす。
その文章では何がいいたいのか、にきちんと集中することが、短文の連続で構成されるweblogでは特に重要だ。

3.経験を共有せよ(Make the personal universal)
度が過ぎる自分語りというのが嫌われるweblogのパターンであるらしい。たしかにテーマによらず自分の経験や感情だけがダラダラと並んでいるのでは、読んでいて得るところが少ないであろうことは容易に理解できる。自分語りというのは油断すると首をもたげてくるものであり、自戒する必要がありそう。

4.技術を磨け(Develop your craft)
先日紹介した「How to Write Compelling Blog Posts」ときれいに重なる項目といえる。伝わりやすい文章を書くための技術をきちんと学び、訓練した書き手の文章は、素人芸とは明らかに違う。
文章に限らず、音声でもビデオでも同じ。学校に通うまでしなくても、きちんとしたテキストに依った訓練がかなり有益だろう。

講演会で話すつもりで自分のweblog記事を読み返してみると、レベルの差こそあれ、上記の4つの項目のいずれもが不足していることを思い知らされる。
文章の長さについては最近意識しているが、他の点についてもどんどんと改善していきたい。


「psychic.goo:1008」経由で読んだ"How to Write Compelling Blog Posts"。タイトルの通り、説得力ある、”伝わる”blogの文章作法を簡潔に箇条書きで20項目、さらにコメントをつける際のアドバイスが二つ。
いずれもなるほどと頷けるし、毎日読んでいるweblogの多くはこれらの要件に合致したものが多い。

極めて平易な英文なので、ぜひ原文をご覧いただきたいが、いくつかをピックアップする。

リンクしまくれ(Link like crazy) リンクによって、自身の主張を補強する情報を提供することが、次の簡潔で短い文章を実現できるカギなのだな、と納得できる。

書きすぎるな(Write less)250語前後を目処というから、おそらくスクロールせずに読める程度。私の文章はどれも失格。リンクせずに単体で伝えようとすることも長くなる原因のひとつだし、きちんとした推敲も必要。

余白を大切に(White space is your friend)正直なところ、画面での読みやすさを考慮したことはなかった。

このところ、私の長文癖は悪化している。
エントリの作成にあまり時間を割いていないため、推敲がほとんどできていないことも大きな原因だ。長い割には無駄が多く、読んでも得るところが少ないとなれば、いわばマーケティング不在ということ。読まれない文章はすなわち悪文だ。

リンクについてはこれまであえて積極的にしてこなかった。複数のサイトを見て回ることを読者に強要するようで嫌だったのだ。過去の自分のエントリを参照することも、同様の理由で避けてきた。
けれど、読者として考えると、必要なリンクをたどるのはむしろ新たなサイトとの出会いのきっかけでもある。

上記に引用はしなかったが、ジャーゴンを用いずにそのトピックに不案内な読者でも理解できるように書くべし、という指摘もある。短く簡潔に、しかしあれこれとリンクをたどらねば理解不能な文章にしないこと。簡単ではないが、良い文章とはそういうものだ。
我が文章に当てはめると、「耳が痛い」どころではなく頭痛がしてくるのだが、今後の改善にご期待ください。

@niftyが、Nifty-Serveとして運営してきたパソコン通信サービスの「TTYフォーラム」を全廃すると発表した。
私がNiftyの会員となったのは1989年か90年頃。当時のパソコン通信における最大の魅力は、数多くのフォーラム(特定のテーマに沿った電子会議室群)にあったといって良く、いくつかのフォーラムに登録した。雰囲気に合わずに読まなくなったものも多かったが、あるフォーラムではSysOpグループと呼ばれる運営スタッフの一員にもなった。私の20代の少なからぬ時間は、Niftyのフォーラムとともにあったといえる。
そのフォーラムに静かに幕が引かれようとしている。

「<癒し>のナショナリズム」に関するエントリでも書いたが、自分を”健全な”とか”普通の”と形容することは実に危なっかしい。
何を持って普通で健全とするのかを示さずに、漠然と私は普通です、と規定してしまうことは、自分とは違う存在を”あれは異常、普通じゃない”と否定する態度に簡単に変化しかねないものだ。
こんなことを書くのも、「情報ライブEZ!TV」なる不快なTV番組の不快な特集を観てしまったから。


「技術系サラリーマンの交差点」経由で、知った「Life is beautiful」での呼びかけ。『「お題」は「自分が少数派になるだろう項目ベスト10」である』とのことで、考えてみた。

昔、といってもほんの10年くらい前、電子メールや掲示板といえばパソコン通信を指していた頃、特定テーマごとの電子会議室の集合体であるフォーラムの運営者にとって、”どこまでローカルルールを作るか”がひとつの悩みどころだった。
まったく定めなければパソコン通信事業者の規約だけがルールとなるが、規約がきちんと読まれていないケースへの対応や、各フォーラムの事情によって、まったくゼロというわけにはいかなかった。一方で、事細かくルールを作り、コミュニケーションを阻害するようなものにはしたくないという感覚も、かなり共通したものだったと思う。
当時から大手パソコン通信以外にも草の根BBSが多く存在していたが、個人が思い立ってすぐに掲示板や電子会議室のサービスをもつことは難しかった。あるテーマについて話したいと思えば、それを扱うフォーラムを見つけて入会するのが近道だったので、自然と雑多な考えをもつメンバーが集まり、諍いを防ぎながら活発に議論をする知恵が共有されていったように記憶している。
今や、掲示板を個人で運営することは極めて簡単、weblogというコミュニケーション機能を組み込んだWEB構築の仕組みも気軽に使えるようになり、いわばだれもがコミュニティを形成でき、コミュニティ同志が緩やかにつながることでさらに拡大している。これは、パソコン通信のような限られた場において発達した知恵の有効性を大きく後退させもした。

前回のエントリは、いつもの悪い癖で長い割には内容が薄かったと反省している。”コンテンツをできるかぎり自己のサイトに置く”というステートメントへの共感だけで書いてしまった。
トラックバック先の「自分の足跡を管理する」に「酔うぞ」さんが書き込んでおられたコメントに触れて考えたことを書いてみたい。

自サイトで書く

| コメント(0) | トラックバック(1)

「技術系サラリーマンの交差点」でのエントリ「自分の足跡を管理する」を読み、私自身が掲示板や他のweblogにコメントを残すことに抵抗を感じている理由を解き明かしてもらったように感じた。

記事が消える

| コメント(0) | トラックバック(0)

weblogをスタートしてもうすぐ半年になる。当初から毎日の更新などはできないと思っていたし、実際に週に2,3回というペースで落ち着いてきている。
夏休み中は時間があるのでいくつか書こうと思っていたのだが、かえって時間があると良くないようで、結局は何もせずじまい。weblogに手を入れたことといえば、コメントスパムを見つける都度削除したことと、「Living in Clover」エントリ「2929BLOG」エントリを元に、登録した記事をカテゴリ別に一覧できるサイトマップを置いた程度(上記のweblogに感謝いたします)。

特に根拠はないのだが、高校の歴史の授業が嫌いだった、というかたはかなり多いのではないか。世界各地で(といっても、ヨーロッパと東アジアが中心なのだが)起こった出来事をただ時系列的に暗記させられるのが苦痛で、しかも何の役にも立たない、という意見は私の周囲でも多い。たしかに、ウェストファリア条約が1648年、フランス革命が1789年、ワーテルローの戦いが1815年...とただただ暗記するのは苦痛だし、さして役にも立たないことは間違いない。
役に立つ立たないという話を始めると、結局のところ教養は不要なのか、という話に落ち着いてしまいそうなので深入りはしない。ただ、少なくとも小説や映画を楽しむ上でも歴史や古典に関する知識の有無は実感できると思うし、歴史によらず基礎教養のレベルがあっていない相手と話すとき、たとえ世間話程度でもお互い疲れるのは事実だ。

最近は国語辞典を引くことが極端に減ってしまった。もともと、文章を読んでいてうまく理解できない言葉に出会ったときや、文章作成時に使おうとしている表現が正しい意味かどうかを確かめたいときなど、辞書を引く必要は多いものだ。けれど、年を取ると悪賢くなるというか、労力を惜しむ傾向がひどくなり、できるだけ辞書を使わずにすませようとしてしまう。たとえば、読んでいる文章中の特定の言葉がうまく理解できなくても文脈からおおまかな意味を推し量ることはできるし、書くときにも理解できている表現だけを使うことで、辞書なしでもなんとかなるものだ。

宴会でも会議でもそうだが、一方的にしゃべり続けて反論も意見も聞こうとしない人ほど鬱陶しいものはない。「北風と太陽」の話ではないが、話というものは無理に押し付けようとすればするほど相手の耳をふさがせてしまいがちだ。たとえ内容に傾聴すべきものがあったとしても、先に拒否されてしまっては何も伝わらない。双方向だからこそのコミュニケーションであり、一方的にしゃべるのは単なる放送と同じ、チャンネルを合わせてもらえなければ、どんなにすばらしい番組を放送しても伝わることはないのだ。

同じ誤字でも

| コメント(2) | トラックバック(1)

面白いweblogの条件として、そのエントリーの読み応えだけではなく、トラックバックやコメントの質、そしてそこで紹介されるサイトの質などがある。これだけ多くのweblogがあると、面白いサイトや読み続けたいサイトを自力で見つけるのは至難の業だ。

このweblogを初めてもうすぐ2ヶ月になる。最近になってようやくあちこちのweblogにコメントを書いたり、トラックバックを送ったりし始めた。あまり手を広げるとタイミング良く反応ができなくなるかもしれないが、もともとトラックバックやコメントの先は選ぶ方なのでそうそう多くはならないだろう。

何を求めて

| コメント(0) | トラックバック(0)

以前のエントリーでも触れたが、アクセス解析サービスのおかげで、weblogへの訪問者がどんな検索語による結果からおいでになったのか、知ることができる。予想通りの語句もあれば、驚くようなものもあって毎日楽しみだ(左上のカウンタでお気づきの通り、このサイトは毎日10名の訪問があるかないかの超マイナーサイトである。したがって検索語も多くて10種類程度なので細かく見ることができるのだ)。

私は民間企業に勤めており経験はないが、公務員とはやっかいな仕事だと思う。なにごとにもタテマエは付き物だが、公務員はは清廉潔白で、国民(もしくは市民など)に奉仕するために不断の努力をする、ということになっており、このタテマエのゆえに公務員の不正や怠慢な職務態度が槍玉に上げられることが多い。しかし、公務員が決して高給の職業ではなく、最大限の行政サービス提供のために深夜まで働き続けても十分な報酬は得られないこともまた、かなり広く知られている事実だ。もちろん、それよりも低い給与水準の民間企業はいくらでもあるし、倒産や解雇のリスクが極めて小さいというメリットも公務員には存在する。しかし、その代償として公務員が世間から要求されている「タテマエ」は、果たして妥当なものなのだろうかと私は以前から疑問視していた。

誰でも経験していると思うが、読み始めた途端に「これはまずい」と気付いてしまう文章に出くわすことがある。途中でやめてはそれこそ時間の無駄なので通読するのだが、やはり残されるのは不快感である。単に間違いを気付かずに書いているものもあれば、ひどい偏見に基づいて人の行動論理を決めつけ断罪するもの、あるいは大本から勘違いをして論を組み立てているために失笑を買うだけのものなど、その内容はさまざまで、残される不快感の程度も大きく異なる。

weblogは毎日更新しなければならないものではない。
しかし、読者の立場からはなるべく頻繁に、しかも読んでおもしろい内容で更新されているのが望ましいのは自然なことだ。数日ぶりにアクセスしたものの、内容が全く変わっていないのでは期待外れだろう。となると、毎日更新するに越したことはない。
個人のWEBサイトはあくまでも趣味であり、いつどんな内容で更新し、あるいはサイトを閉鎖しようと作者の自由だ。しかし、書いて公開するという行為は読者を想定したコミュニケーションの形態であり、読者の期待に応えることもまた、サイト運営の重要な要素であると思う。

私が初めてコンピュータをネットワークにつなげてから、もう15年ほどになる。ヨドバシカメラで2,400bpsのモデムを購入してEPSONのPC-386Mというパソコンにつなげ、「Nifty-Serve」に加入したといえば、古くからのパソコンユーザーには「ああ、あのころか」と納得いただけるだろう。ちょうど、パソコン通信が新しいコミュニケーションとして市民権を得つつある時期であったように思う。

発信形態としてblogを使ってみようと思ったきっかけはいくつかある。
ひとつは、メインのサイト(http://www.d-mate.com/)でのエッセイがいくつかのblogサイトで採り上げられ、各サイトの作者とのコミュニケーションが生まれたこと。かつてのパソコン通信と違い、あまりに広範囲に広がったインターネットでのコミュニケーションには積極的にはなれなかったのだが、blogの記述からある程度は「顔が見えている」相手との共通の話題をベースにしたコミュニケーションであれば、それほど時間を割けなくなった現在でも続けられるのではないかと感じられたのだ。トラックバックを使えば、コミュニケーションと自サイトでのパブリッシングとを同時に行えるという実感も得られた。そのためにはこちらもblogという仕組みを利用するのが手っ取り早い。
そしてもうひとつは、ディズニーのテーマパークの写真を中心としたサイトではコンテンツの拡がりには限界があること。もちろん、書いて公開する分にはどんなコンテンツでも可能なのだが、ミッキーマウスの写真を求めてサイトを訪れるゲストには全く関心のないテキストを増やすのは、八百屋で唐突にスーツを販売するかのような居心地の悪さが感じられるのだ。ターゲット顧客が違うのであれば、やはりブランドや店舗は別にすべきだろう。そして別サイトを設けるなら、テキストを書き、テンプレートに当てはめてhtml化してサーバにアップロードし、インデックスを書き換えるといった流れも簡略化したい。
こんな訳で、従来のサイトでエッセイと称して掲載していたコンテンツを、今後はblogで公開していこうと思う。エッセイとなるとそれなりのまとまった文章にしなければならないという意識が働いたが、長短にかかわらず簡単に掲示できれば更新頻度も上げられるだろう。自分自身の経験からも、更新頻度はサイトを訪れる上で極めて重要だ。とはいえ、断片的な文章やニュースへの一行コメントなどを載せるつもりはなく、多少はまとまった内容にしたいと思っている。また、従来サイトにエッセイとして掲載するものも残るだろうが、今の時点ではあまり厳密な方針は持っていない。
blogでコミュニケーションを意図するからには、かなり頻繁に更新しなければならない。コメントやトラックバックによるコミュニケーションを意図するのだから、それに耐えられるコンテンツを、ある程度広い範囲に届けることが肝要で、月に数回といった頻度では固定客はおろか、フローの訪問者すら増えないだろう。それなりの内容あるコンテンツを高頻度で送り出し続けることは容易ではないだろうから、できない約束ならしない方が良いのだが、仕事や私生活と仲良く同居できる範囲で続けていきたいと思っている。

blog名:d-mate weblog
作成者:d-mate
メールアドレス:kimihiko@d-mate.com(@は半角に)

主として読んだ本の感想や趣味の写真の話などを書いています。
特に、Harvard Business ReviewやSnoundview Executive Book Summariesなどの英語によるマーケティング/ビジネス情報の紹介には力を入れていきます。

作者は一介の勤め人です。
主に新規事業企画やマーケティングなどを担当してきたほか、人事制度や人材育成、業績管理制度や諸々の事業企画プロジェクトに呼び出されこき使われ、それなりに充実した仕事人生です。

このブログでの、リンクおよびコメントとトラックバックについての見解を明記しておこうと思います。
基本的にエントリの内容に関連したコメント、エントリに言及くださったトラックバックは歓迎します。
もちろんリンクはご自由にどうぞ、当方からのリンクもよほどの事情がない限り勝手にやります。「相互リンク」を前提としたリンク依頼は遠慮します。当方からリンクを行うかどうかは、個別に私が判断させていただきます(こんなことをわざわざ宣言しなければならないのも、ヘンな話だと思いますが)。

次のようなコメントについては、予告・連絡なしに削除することがあります。
・エントリと無関係なもの
・関係はあっても極めて希薄なもの
・特定の個人や法人などを誹謗中傷するのが目的のもの
・個人情報などの公開することが望ましくないであろう情報が含まれるもの
・単なる混ぜっ返し、揚げ足取り、嫌がらせ等と判断されるもの
・その他、私がこのブログに掲載するコメントとしてふさわしくないと感じたもの
お名前の欄に「名無し」「通りすがり」などとあったら、かなりの確率で削除します。また、一行コメントもかなりの確率で削除します。

次のようなトラックバックについては、予告・連絡なしに削除することがあります。
・エントリと無関係なもの
・関係はあっても極めて希薄なもの
・トラックバック先のエントリないしはブログ自体へのリンクを含まないもの
・特定の個人や法人などを誹謗中傷するのが目的のもの
・個人情報などの公開することが望ましくないであろう情報が含まれるもの
・単なる混ぜっ返し、揚げ足取り、嫌がらせ等と判断されるもの
・その他、私がその記事へのリンクを私のブログから張りたくないと感じたもの
・その他、私のそのサイトへのリンクを私のブログから貼りたくないと感じたもの

ずいぶんと勝手な俺様ルールのように感じられるかもしれませんが、あまりひどいものでない限り削除はしません(ひどいかどうかの基準が人によって違うのでトラブルになるわけですが)。
とはいえ、アフィリエイトによる収入のために集客を狙うのが目的だとはっきりしているサイトからのトラックバックは容赦なく削除します。なんの言及もないリンク集なども、削除するケースが多いと思います。

いわゆる、「お返しトラックバック」はしません
その記事が面白ければ、改めて何かを書いてトラックバックするかもしれませんし、リンク付きで書き足した上でトラックバックするかもしれません。とはいえ、リンクなしに機械的にトラックバックを返すことはしませんので、ご了承ください。
いただいたお返しトラックバックについては、上記の基準をベースに個々に判断します。

なお、サーバの設定によりコメントやトラックバックは管理者(私)の承認を経るまで公開されないことがありますので、こちらもご了承ください。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちblogとコミュニケーションカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはPCとPDAです。

次のカテゴリはその他ビジネス情報です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja