オンラインサービスの「Things」は「Somethings」に ~ タスク管理を考える

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

下記で簡単に紹介したWEBサービス「Things」に10月2日にログインしてみると、見た目がすっかり変わって、グレーとブルーを基調としたデザインになっていました。
画面左上のロゴも、「Somethings」に変わっていて、まさに一新した感じです。

 Thingsというサービスを試用中です
 Firefoxのスタートページにしている4つのWEBアプリケーション

ただし、ボタンの位置や機能などは全く変化していないので、使うぶんにはなんの問題もありません。見た目が変わってちょっと慣れないのと、全体にハードで暗めの印象になったのとで、とまどいはありますが。
変化の理由ですが、ようはデスクトップアプリケーションの「Things」とは別物である、ということを明らかにするためのようです。勝手に似せたWEBサービスをスタートして、「提携できなかったのはぼくらのせいじゃないよ」って言っているようにも見えるんですが(苦笑)。なんにせよ、良いサービスに仕上げていってほしいですね。

 Our recent updates(Thinkers)

企画の仕事にいると(といっても「企画」にもいろいろですが)、普段の仕事ではそう多くの締切に追われるわけではなく、数ヶ月とか半年の期間で進めるものが多いです。
このため、ある程度のスパンで何らかのマイルストーンを設定しておかないと、ギリギリになってから「あ、あれやっておけば良かったのにもう間に合わないよ!」と後悔することになります。というか、何度も後悔してます。
GTDという考え方はいくつかのサイトやブログでの解説を読んだだけですのできちんと理解しているとはいえませんが、とりあえず思いついたステップを書き出しておいて順番に片付けていく、という考え方は有効でしょうね。

もともとは記憶力と馬力に自信があったこともあり、若いころはあまり細かくタスク管理をしなくてもなんとかなっていました。
当時は、それほど大がかりで責任のある仕事をしていなかったことも大きいでしょうね。いまやっている仕事の中では、タスクを切り分けて部下や同僚に任せることも多いのですが、当時はその一つを担当していたにすぎない、ともいえます。
年を取って、一応は仕事の責任範囲が拡がってきて(といっても職場によります。本社の企画部門よりも、小規模事業部門のトップのほうが個人の責任は広かったりする)、さすがに記憶と馬力を頼りにはできなくなりました。タスク管理なんかは、本来ならもっと若いころに体質化しておかなきゃならないのですが、まあ、今さらながら手をつけざるを得なくなってきたというわけです。

以前の部下の1人は、不要コピー用紙(いわゆる裏紙)を裁断したメモ用紙にタスクをどんどんと書き出し、終わるとシャッシャッと線で消していました。けっこう細かいことまで貸し出していて、本人が記憶力の良いほうだけに「君ならそんなんいらんだろうに」と思ってました。
けれど、あと10年経つとみんな記憶力は低下するわけで、こういうクセがついていることはある程度の年齢になってから苦労しないで済むだろうな、と思います。

さて、タスク管理といえば自分でやる仕事だけでなく、部下の管理でもあります。
部下に任せるとはいっても、自分のタスク全体を部下に放り投げて結果だけを受け取るなんていうのはやっぱりナンセンスで、タスクを切り分けた上で適切な意思決定の範囲と困難度のあるまとまりで任せるのが重要です。その意味で、私がつきあっていた上司はなかなかの「任せ上手」でした。
そのもので育った私も任せ上手だったら良かったのですが、マネジメントというのは経験して失敗しないと身につかないことも多いもんです。部下や同僚のタイプによって、タスクの渡しかたも変えなきゃなりませんし、けっこうやってみると難しいもんです。
ある程度区切って渡しておけば、周辺まで含めて出してくるのもいれば、本当にいったことしかやらないのもいます。途中でアウトプットを出しながら適宜相談をかけてくるタイプもあれば、ギリギリまで相談もせずにどかんと出してくるのも。相手の行動パターンを見てちょっかいを出す方法やタイミングをはかるのも、それなりのスキルが必要。
いちいち考えながらやっているようではまだまだ甘くて(しかも考えた結果があたるとは限らない)、良いマネージャはこのあたりの切り替えが体質化されているというか、考える前にやれている感じです。

最近はまた「自分でやる」領域が比較的多い仕事になっているのですが、上述のとおり記憶力と馬力は劣化することはあっても逆はなかなかないので、けっこう苦労してます。
GDTって、若いころには「そんなのなくたって仕事はできる」「忘れっぽい人には便利だろうね」などとなりがちかもしれません(きっと20年前の私なら、そういってたでしょう)。けれど、若いころの能力はいつか必ず劣化する、という前提に立てば、こうした思想やツールを使えるようになっておくのは、とても大事なことだと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/889

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 3日 21:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Movable Typeの設定は続く」です。

次のブログ記事は「ケーブルテレビのセットトップボックスを交換」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja