おっと、いきなり完了形だ

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ドイツ語講座の第3回目を明日に控えて、あわててテキストの該当ページを予習中です。
一応、ベートーヴェンの交響曲第3番を「クラシカ・ジャパン」で聴きながら、気分はドイツってことで。BGMをかけながらの勉強では、ちゃんとおぼえられないかもしれませんが。

春の初級講座の続きなので、初回から「ABC」からではなく、いきなり助動詞の「möchten」「können」「müssen」が始まって結構のけぞりました
もちろん、遠いむかし大学の教養部で受けた第二外国語での記憶がうっすらとあったので、何となくついていくことはできたのですが、動詞の変化だって忘却の彼方だし(不思議なことに当時丸暗記したものは覚えているのですな。ビバ暗記!)、やはり英語と一緒でわかっているからといってもとっさに口からは出てきません。

第2回目の講義は時刻の表現の仕方でしたので、事前に準備することで何とかなりました。
けれど、数字の読み方が意外と怪しく、「58...ええっとぉ、acht...und...fünfzehn、ちがったfünfzig」てな具合。英語教室で15と50がどっちだかわかんなくなっている人を笑えません。
で、第3回は過去形の前に現在完了形です。たしかにドイツ語会話だと、単純過去の話をする際に過去形ではなくて現在完了を良く使うそうですから、順番としてはこれで良いのかもしれません。

それはそうと、さすがに不規則変化動詞なんてすっかり忘れてます。sein支配とhaben支配も完璧にどっかに飛んでいて、なぜ「Er hat ferngesehen.」で「Er ist spazieren gegangen.」なのか、文法解説を読むまで悩んでました。
うーん、もうちょっと真面目にドイツ語やっておくか、せめて10年前に始めておけば良かった。オクトーバーフェストもザルツブルク音楽祭も、果てしなく遠いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/893

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 5日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ユニバーサルのクラシックCDボックスセットが...」です。

次のブログ記事は「METライブビューイング 7つ目は「トリスタンとイゾルデ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja