ケーブルテレビのセットトップボックスを交換

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

だいぶ以前から、わが家のセットトップボックスは突然ハングアップして番組の途中で音声と画像が固まるという症状に悩まされてきました。
ぶつくさと書いたエントリはこちら。

 セットトップボックスのリモコンがひどい

で、今年の夏休み、ようやくこのセットトップボックスを新しいものに替えてもらいました。
リモコン感度が悪いとかハングアップするとか、不満たらたらなのになぜ2年も放置したのかといえば、ようは「J:COMのサービス員に入ってもらえる状態にまで、家を片付けるのが大変だった」から(笑)。ようやく何とかしたというわけです。
もうひとつは、J:COMのサポートセンターに相談したところ、「リセットをしてからしばらく様子を見てほしい」といわれ、確かにちょっとのあいだ落ち着いたように思えたことです。それでも、数回のハングアップが発生したので、これは何らかの不具合だろうと判断したわけです。

以前のHUMAXから、今度はPioneer製です。
J:COMのおすすめはハードディスク内蔵で録画もできるセットトップボックスでしたが、HDで録画できてもテレビが昔のブラウン管ではさしたる感動もないので、録画機能のない、通常のセットトップボックスにしました。
裏の端子を見るとHDMIがあるなど、時代はすっかりHD解像度の液晶やプラズマが標準のようです。困ったことに、画面で観る番組表も高解像度前提の文字が多いものになり、古いブラウン管ではとてつもなく読みにくくなってしまいました。これはちょっとつらいです。テレビを買い換えろということでしょうか。

ハングアップの症状は交換以来一度も出ていません。
このかん、それなりに暑い日もあり、しかも冷房の使用は最小限にしてきたので、問題は改善されたものと判断して良さそう。
他にありがたい機能としては、タイマー視聴予約で毎週曜日指定などの繰り返し設定ができるようになったことです。これでレギュラー番組の録画(たとえばNHKの語学番組などです)を失敗する心配がなくなりました。

他にも、2年ですっかりと慣れたリモコンの操作が微妙に変わってしまい、今ひとつ使いにくく感じるなど、問題はゼロではありません。
けれど、ハングアップするといった致命的な問題がなくなったのは、精神衛生上とてもよろしいことです。あとは、ケーブルでもHD放送が増えてきたころに、テレビの買い換えを考えようかと思います。
でも、「クラシカ・ジャパン」のHD化は、しばらくないだろうなあ。「METライブビューイング」を立て続けに観ていて、やはりHD映像はきれいです。そうなると録画環境も...となってしまいそうで、もうしばらくは我慢しないと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/890

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 4日 08:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オンラインサービスの「Things」は「Somethings」に ~ タスク管理を考える 」です。

次のブログ記事は「Nikkor単焦点レンズリニューアルの始まり!?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja