Nikkor単焦点レンズリニューアルの始まり!?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ニコンから、「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」が発表されました。発売は12月とのこと。
これを皮切りに、2009年には単焦点レンズの大リニューアルがあるかも...とちょっと期待しています。

D3やD700など、従来のフィルムとほぼ同じサイズの「FXフォーマット」のカメラが発売されたものの、これらのカメラの性能を活かすにはそれなりのレンズが必要です。
14-24mm、24-70mmの高性能ズームレンズもD3と相次いで発売されたものの、これらはいずれも30万円に近い高額品。まあ、一度買えば一生ものかもしれませんから、消耗品とさえいえるボディに比べれば安いと考えられないこともありませんが、まあやっぱり高価です。

超望遠レンズのAF-S化はかなり進んでいましたし、望遠レンズでは、200mm/2.0や105mm/2.8のマクロレンズなどが出てきていました。一方で、50mmや35mm、あるいは85mmといった単焦点レンズのいわば「定番商品」の多くが、古いままで放置されてきたのです。
もちろん、これらのレンズがD3に全く対応できないのか、というとそうでもないでしょうが、新しいレンズではボディやソフトウェアでの収差補正などのアドバンテージがつけられています。多用される単焦点レンズのリニューアルは、いずれ必要に思えます。

今回発表されたのは、定番中の定番ともいうべき50mm/1.4です。
今ではほとんどの場合、Wズームキットか広角から望遠をカバーする高倍率のレンズが最初の一本ですが、かつて一眼レフを買うときの最初の一本といえば、50mmでした。私は中学から高校にかけてTOPCON(東京光学)のボディを使っていましたが、レンズはずっと50mm一本しか持っていませんでした。レンズ非交換一眼レフだったのです。

今回、50mmがリニューアルされましたが、まさかここで打ち切りということはないでしょう。
20mm、24mm、28mm、35mm、85mm、135mmと、このくらいはとりそろえていただきたいもの(まあ、いまのラインナップの置き換えですね。もっとも、そのうち何本を私が買うかってのは別の話なんですが)。
ニコンの場合、絞りリングのないGタイプが古いボディでは使用できないため、一気にラインナップを入れ替えて整理するのは難しいかもしれないのですが、商売上の効率を考えると、いつまでも過去の製品をフォローし続けることもできないでしょう。デジタル化にあたってマウント形状こそ変えなかったものの、実質的には別シリーズとして、切り替えるには「FXフォーマット」を投入した今が最適かもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/891

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 4日 21:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ケーブルテレビのセットトップボックスを交換」です。

次のブログ記事は「ユニバーサルのクラシックCDボックスセットが...」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja