Movable Typeの設定は続く

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

事前によく調べずにエイヤッとシステムを入れ替えちゃう私も悪いんですが、新たな問題が発生。
サイトのテンプレートを入れ替えた際、再構築にあまりに時間がかかっていたのでそのまま放置して外出し、帰宅後にアクセスログを見てみると、なぜか集計ができています。テンプレートを入れ替えたばかりなので、アクセス集計のタグがまだ書かれていないはずなのになぜ?
アクセスが記録されているURLをクリックすると、デザイン変更前の見にくいページが表示されます。前後のページに飛ぶと、新デザインだったり旧デザインだったりとまちまち。

一体何が起こっているのかとしばらく考えたのちにわかりました。
Movable Typeの3では生成された記事別アーカイブファイル名に「_(アンダースコア)」が使われていたところを、Movable Type 4では「-(ハイフン)」を使うようにデフォルト値が変わっていたのでした。つまり、古いアーカイブがそのまま残っていて、各種検索サイトではそちらが引っかかるので、旧アーカイブへのアクセスが記録されていた、というわけ。
設定画面をあちこち探って、個々のテンプレートの編集画面から設定変更ができることを突き止め、ただいま記事アーカイブを再構築中です。経験上、1時間弱かかるはず。

なにか合理的な理由があってのデフォルト値変更なのでしょうが、記事の中で別の記事にリンクを張っていた場合に、自動的に修正してくれるわけではないので、常にファイルが二重になっていないとリンク切れを起こしてしまいます。
さらに深刻なのは、記事単位に検索エンジンに拾われている以上、URLが変わってしまうと検索サイトからたどり着く読者はしばらくのあいだ旧アーカイブでしかアクセスができないことになってしまいますね。
パーマリンクといっておきながら、買ってに書き換えちゃ、いかんように思います。少なくとも、テンプレート変更作業の際に「ファイル名変わるけど良いかな?」と聞いてほしかった(まあ、テンプレート一覧画面にきちんと書かれているんですけどね、そもそも変わっちゃうなんて思っていないし)。

とりあえず再構築が終わったら、ちゃんと旧アーカイブ名に統一されているかの検証です。面倒だなあ。おかげでシステム部門の苦労がちょっと体験できましたけどね(そんなもんじゃないよって叱られそうですが)。

...ひとまず、必要なアーカイブとインデックスページの再構築が終わって、サイト内部でのリンクも正常になり、検索結果から記事アーカイブを開いても最新の状態で開けるようになりました。記事アーカイブの再構築は、案の定何度もタイムアウトになってリロードを繰り返し、都合2時間近くかかってしまいました。
@niftyのLaCoocanサーバの処理能力不足なのか、Movable Typeの問題か、あるいは私の凡ミスなのか、未だによくわかりませんが、もうちょっといろんなことがスムーズに動いてほしいな、と思ってます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/888

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 2日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「液晶フォトフレームは、正方形にできないもんか」です。

次のブログ記事は「オンラインサービスの「Things」は「Somethings」に ~ タスク管理を考える 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja