METライブビューイング 7つ目は「トリスタンとイゾルデ」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今回のアンコール上映全作品鑑賞の中で、一番の不安要素がこの「トリスタンとイゾルデ」。
なんといっても、日曜日の16時からのスタートで休憩をはさんで5時間20分以上、終了は21時22分です。普通にやっていてもたびたび睡魔に襲われるこの作品(「そんな奴は観るな!」というワグネリアンのお言葉もありましょうが)、さて、映画館のシートではどうなることやら、と思っていました。

結論からいいますと、第3幕のトリスタンによる長大なアリアの途中でフッと意識が遠のく場面もありましたが、一度も眠らずに完走しました。やったね。
演奏、歌ともになかなか良かったと思います。トリスタンは急遽代役だった上に、あわせてのリハーサルはなかったとのこと。まあ、動きの多い舞台とは到底いえませんが、それにしても時間のない中でよくぞ、と思わせてくれます。まあ、歌手も「ワーグナー歌手」といった呼びかたもされるし、舞台装置も多くの場合はとてもシンプル、動きも少なく、「トリスタン」がオペラの中でも異質なもの、といえるかもしれません。

イゾルデを演じたデボラ・ヴォイトはさすがのできで、ラストは長かった時間が一瞬に感じられ、もうちょっと長く歌ってほしいと感じるほど。今回は結構ちゃんと集中して観ていたこともあって、最後はかなり感動しました。やっぱりこれ生の舞台で観たいです。
トリスタン、マルケ王とブランゲーネについては、いぜんテレビで観たグラインドボーン音楽祭での舞台に軍配を上げますが、かなり良い舞台であったように思います。途中のインタビューで指揮者のレヴァインが「すべてがうまくいくことなんて滅多にない」といった発言をしていましたが、かなりの水準であったことは確かだと思います。

問題があったのはカメラワーク、というかビデオ収録の演出です。
画面を分割して動きを出そうとしているのですが、正直なところ余計なお世話。せっかくの大画面なのに、小さく分割された画面をいくつも並べられても困ります。ラストのイゾルデの歌については、下手な小細工は不要で、音楽だけで充分感動的です。意気込みは買いますが、これは外れでした。
どうやら、最後に観る予定の「ヘンゼルとグレーテル」でも同じようなことをやっているらしく、ちょっと気持ちが萎えちゃっています。まあ、チケットも買ってあるので観ますけどね。

なお、今シーズンからの4作品(「ロメオとジュリエット」「マクベス」「ヘンゼルとグレーテル」「連対の娘」)に「セヴィリアの理髪師」を加え、明日から5日間連続でNHKのBS Hiで放映されます。もちろん録画しつつ観る予定。でも、家で観るとSD画質の古いテレビなんですけどね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/894

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 5日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おっと、いきなり完了形だ」です。

次のブログ記事は「[EPSON P-7000 Report Vol.4] 長期旅行も、PCレスで行く!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja