[EPSON P-7000 Report Vol.4] 長期旅行も、PCレスで行く!

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

11月初旬までの2ヶ月間貸し出しを受けている、EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」ですが、残念なことにあと一ヶ月の期間で長期旅行にでかける予定は、今のところありません。
そこで、自分で購入したP-5000での経験も含めて、長期旅行とフォトビューワについてまとめてみます。

<旅行にPCは必携か?>
もちろん、PCはいろんな用途に使えます。
旅先でもネットにつながればメールも受け取れるし、最新ニュースも取り逃さずに済む。撮った写真を簡単にレタッチしてその場でブログに掲載したりとか、旅行記なんかもリアルタイムで書けますね。あとは気が進まないけど仕事も。

けれど、せっかく日常生活を離れてでかける旅行なのに、普段の週末と同じような生活をしていたのでは、ちょっとつまらないかも。何でもできるがゆえに、普段の生活をそのまま持ち運べてしまうPCって、便利だけど旅行の楽しさを殺いでしまう無粋さも、持ち合わせています。
それに、ノートPC本体とACアダプタとマウスと...と準備していると、旅の荷物が3kgよけいになるんですよね。しかも破損が怖いから持ち歩かなくちゃならないし。荷物検査では取り出さないといけないし、面倒がたくさんです。

<9日間のPCレス旅行>
昨年(2007年)の夏休み、試しに9日間の旅行へPCレスで行ってみました。
ちょうどノートPCが調子悪かったこともあったのですが、旅行先のホテルの多くがネット接続可能になることで、なんかダラダラとネットを眺めたりしちゃっていたので、それをやめてみようと思ったわけです。

PCの代わりに持参したのは、フォトビューワ「P-5000」と80GBの携帯外付けハードディスク、USB接続のカードリーダーです。
カードリーダーは、使用していた一部のコンパクトフラッシュとP-5000の相性が悪く、読めないものがあったために追加したもの。結局出番はありませんでした(問題なく読み込めるカードで足りてしまった)。

やってみた結論は、長期旅行だからといってPCを持って行く必要なんかない、ということでした。もうこれで重い荷物とはおさらば、と思ったら、2008年2月の旅行では途中で仕事が入る可能性が高くなってしまい、MacBookを持って行かざるを得なかったのですが...

<観る、バックアップ、流す>
PCと違ってP-5000なら遊ぶときにも気軽に持って歩けます。
撮影した写真は、バックアップしなくても直接カードから表示できるので、どんなふうに撮れたかを確認しながら食事をしたり、ビールを飲んだりと楽しめます。この機種には「差分バックアップ」がなかったので、都度ハードディスクにコピーすることはしませんでした。

また、妻が使っていた、サンヨーのxactiで撮影した動画も再生できます(SD画質の場合、HDの機種はどうなんでしょうか)から、ビデオも大きな画面で観られました。
xactiは便利ですが、バッテリが致命的にもたないという欠点があって、撮ったビデオをバッテリの消耗をあまり気にせず観られるのも、P-5000ならではといえます。

ホテルに戻ったら、その日の撮影分をバックアップします。ものの数分で終わるので、カードを挿してバックアップを指定したら、ちょっとトイレに行ったり顔を洗っているうちに完了。
今度は、外付けハードディスクをつないでP-5000からハードディスクへデータをコピーします。これで、二重のバックアップが取れることになり、安心感も倍増です。ちなみにUSB給電で動くハードディスクでも、P-5000との組み合わせでは動いたりダメだったりしましたので、念のためACアダプタを使いました(P-5000,ハードディスク両方で)。

バックアップ作業がすべて終わったら(といっても、10分くらいしかかかりませんが)、市販のAVケーブルで部屋のテレビにつないで、写真やビデオを映します。MP3ファイルが入っていれば、スライドショーにBGMをつけることもできます。
その日の行動が順に記録されているので、1日を振り返りながらいろいろと話したり、「明日は何をしようか」と相談したり。せっかくニュースなんか気にしないようにPCレスのしたので、テレビでも現地のニュースなど見ません(最近は海外のホテルでNHKなんかも見られるのですが、ほぼ100%かけません)。

ちなみに、RAWとJPEGを同時記録していると、同じ写真が2枚続くことになります。RAWとJPEGだと表示に時間もかかるので、スライドシューの前に表示順を「拡張子」にしておきます。
こうすれば、まずJPEGを表示してからRAWになるので、JPEGが終了したらフォルダを変えるなり、一番最初に戻せばOKです。

<PCレスの旅行スタイル>
いや、多くの人は旅行だからといってPC持って行ったりしないでしょうけどね。
デジタルカメラが好きで、毎日何百枚も撮影するとなると、PCをもってくケースが増えるんじゃないでしょうか。中には、普段自宅で使っている、2kg以上の重めのノートをがんばって持って行く、ということもあるでしょう(最近流行りのネットブックだって、1kgを切るのは少ないですよね)。

フォトビューワを導入することで、相当量の撮影をする人でも、現地でレタッチをしたりネットへの掲載をしなくて良いなら、PCレスで撮影旅行を楽しめるようになります。
P-7000/6000でRAW現像やレタッチ機能が強化されたことで、SDカードやコンパクトフラッシュが使える機械があれば、プリントまで簡単にできるようになっていますから、いまやPCレスにできる人のほうが多いのではないでしょうか。

国際線の預け入れ荷物の制限も年々厳しくなっていますし、それでなくても荷物は軽いほうが良いです。たまの旅行でしか使わないのに軽量ノートPCを買うくらいなら、フォトビューワの導入を考える余地はあるんじゃないかと。
PCレスによって、写真撮影の利便性は低下しないばかりじゃなく、むしろ、より一層旅行そのものを楽しむことができるように、私は思います。

<これまでのレポート>
[EPSON P-7000 Report Vol.1] フォトビューワはなぜ必要なのか?
[EPSON P-7000 Report Vol.2] 差分バックアップが便利!な理由
[EPSON P-7000 Report Vol.3] RAW現像を試してみよう
エプソンの「エプソン プロセレクション・ブログ」の関連最新記事「フォトストレージビューワの便利グッズ その2」にトラックバックします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/895

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年10月 6日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「METライブビューイング 7つ目は「トリスタンとイゾルデ」」です。

次のブログ記事は「オレは親のカネで大学を出たけど、息子には学費は出さない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja