2008年10月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今年に入ってから、頻繁に記事投稿時のエラーが続き、思い切ってMovable Typeのバージョンを上げがてら新規に設定したにもかかわらず、状況は改善されません。
なんの問題もなく投稿できており、システムの入替なども全く行っていなかったのに突然エラーが頻発するようになり、最近では新規の記事の投稿自体が苦痛になってきています(そのわりには、頻度は以前よりも上がっているのですが)。

まったくゼロから設定し直せば何とかなるのかもしれませんが、記事投稿やレイアウト変更のたびに長時間をかけて再構築を必要とするシステムそのものが無駄ではないか、という結論に達しました。
ためしにWordpressを導入し、これまでの記事をすべてインポートしてみたところ、ほぼ問題なく動いているようです。サーバの処理能力の問題か、記事投稿時に多少もたつくことはあっても、数時間にわたって何度繰り返してもエラーメッセージを返し、しまいにはLaCoocan自体のエラー表示(ページが存在しない)を返してくるようなことはありません。
投稿だけでなく、レイアウト変更やデザイン変更などでも再構築がないぶん、気軽に修正できますし、精神衛生状態編よろしいように思えます。

時間が十分にあれば、サーバの設定を一からやり直すなり、WEBで情報を集めて解決策を探るなりといったことができるのでしょうが、そういうわけにも行きません。
そんなわけで、今後はWordpressで運用しているほうをメインに更新していきます。

 引越先「d-mate weblog」(Wordpressによる運営)

このブログの読者の80%はGoogleやYahoo!などの検索エンジンの結果からのものです。
したがって、旧記事は消さずにそのまま残しておきます。以前にもXREAからこのLaCoocanに引っ越したことがあるのですが、検索結果が新しいものに入れ替わるのに、だいたい1年以上かかりました。たぶん今回もそうでしょう。
引越が落ち着くころに、今度はWordpressで問題が発生しないことを願うばかりです。

本日、昼食を隣で食べていた勤め人らしきグループ。
うち、ごろっと太っていてメガネをかけた40~45歳くらいのオッサンがリーダー格で良く喋る。明らかに他のメンバー(女性を含めて3名)は、このオッサンが喋る出すと聞き役に回ります。
女性が海外旅行の話をすると1分も喋らせずに奪い取って自分の旅行話を、そして、一番年かさの男性が「息子が今年から大学生なんだけど、勉強もせずにバンドばっかりでねえ」とちょっとうれしそうにこぼしたのを、すかさず奪い取るや、大学生について持論を披露。

上記のオッサンAによると、「大学生なんて親から学費を出してもらうとありがたみがなくて、授業なんかでないで遊びまくるに決まってる。オレがそうだった。なので、この経験を活かしてうちの息子には入学金以外一切払ってない。あとは全部バイトしてやらせてる。そのおかげで、うちの息子は休講になると怒るほど立派だ。」

たしかに、アルバイトで学費を稼いで、親に負担をかけず、しかも休講になると喜ぶのではなく怒っている息子さんはかなり立派だと思います。
でも、自分が怠惰だったから息子も怠惰だと決めつけて、学費も払ってやらないのはどうなのよ。しかも、それを手柄話のように店中に響く大声で話のもどうなのよ。しかもそれって、「オレが怠惰なのは学費を出してくれた親の責任なんだ」てなことになりません?

そのあとはお決まりの展開が待っていました。
「だいたい、アメリカなんかは学生が自分で稼いで大学出るのが当たり前だよ。オバマなんかはそうやって大学出てるから根性あるんだ。リンカーンだって奴隷の家に生まれて奴隷を解放したんだ。日本の学生だって、親が金を出すべきじゃないんだよ」
えっと、リンカーンの家は奴隷でしたっけか? しかも学費と関係ないし。
さらにはオバマのようなアメリカの大統領になろうかという人と、一般人の日本人大学生を比較したってしょうがないと思います。ハイ。
あと、返済の不要な奨学金があったり、ステューデント・ローンが充実しているアメリカと、奨学金という名前の貸付と、親を対象にした学費ローンくらいしかない日本との環境の違いを無視して同じに語るのはいかがなもんでしょうか。

オッサンAが息子に苦労をさせて、お金の大切さを学ばせ、大学生活の充実させたいと願いのは勝手なのですが、かなり乱暴な論理展開でそれを日本人一般に適用すべきだと主張するのは、ランチタイムじゃなくてアフター6の居酒屋にしておいたほうが、無難だと思います。
こういうしょうもないブログでネタにされるだけですので。
そんなわけで、ランチタイムに周囲の雑談を聞いていると、けっこうこれに類したしょうもなくて、乱雑な意見をいろいろと聞けます。もちろん、それが同僚だったりするとけっこうもの悲しくもなるのですが(オッサンAはどっかべつの会社の人でしたが)。

11月初旬までの2ヶ月間貸し出しを受けている、EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」ですが、残念なことにあと一ヶ月の期間で長期旅行にでかける予定は、今のところありません。
そこで、自分で購入したP-5000での経験も含めて、長期旅行とフォトビューワについてまとめてみます。

<旅行にPCは必携か?>
もちろん、PCはいろんな用途に使えます。
旅先でもネットにつながればメールも受け取れるし、最新ニュースも取り逃さずに済む。撮った写真を簡単にレタッチしてその場でブログに掲載したりとか、旅行記なんかもリアルタイムで書けますね。あとは気が進まないけど仕事も。

けれど、せっかく日常生活を離れてでかける旅行なのに、普段の週末と同じような生活をしていたのでは、ちょっとつまらないかも。何でもできるがゆえに、普段の生活をそのまま持ち運べてしまうPCって、便利だけど旅行の楽しさを殺いでしまう無粋さも、持ち合わせています。
それに、ノートPC本体とACアダプタとマウスと...と準備していると、旅の荷物が3kgよけいになるんですよね。しかも破損が怖いから持ち歩かなくちゃならないし。荷物検査では取り出さないといけないし、面倒がたくさんです。

<9日間のPCレス旅行>
昨年(2007年)の夏休み、試しに9日間の旅行へPCレスで行ってみました。
ちょうどノートPCが調子悪かったこともあったのですが、旅行先のホテルの多くがネット接続可能になることで、なんかダラダラとネットを眺めたりしちゃっていたので、それをやめてみようと思ったわけです。

PCの代わりに持参したのは、フォトビューワ「P-5000」と80GBの携帯外付けハードディスク、USB接続のカードリーダーです。
カードリーダーは、使用していた一部のコンパクトフラッシュとP-5000の相性が悪く、読めないものがあったために追加したもの。結局出番はありませんでした(問題なく読み込めるカードで足りてしまった)。

やってみた結論は、長期旅行だからといってPCを持って行く必要なんかない、ということでした。もうこれで重い荷物とはおさらば、と思ったら、2008年2月の旅行では途中で仕事が入る可能性が高くなってしまい、MacBookを持って行かざるを得なかったのですが...

<観る、バックアップ、流す>
PCと違ってP-5000なら遊ぶときにも気軽に持って歩けます。
撮影した写真は、バックアップしなくても直接カードから表示できるので、どんなふうに撮れたかを確認しながら食事をしたり、ビールを飲んだりと楽しめます。この機種には「差分バックアップ」がなかったので、都度ハードディスクにコピーすることはしませんでした。

また、妻が使っていた、サンヨーのxactiで撮影した動画も再生できます(SD画質の場合、HDの機種はどうなんでしょうか)から、ビデオも大きな画面で観られました。
xactiは便利ですが、バッテリが致命的にもたないという欠点があって、撮ったビデオをバッテリの消耗をあまり気にせず観られるのも、P-5000ならではといえます。

ホテルに戻ったら、その日の撮影分をバックアップします。ものの数分で終わるので、カードを挿してバックアップを指定したら、ちょっとトイレに行ったり顔を洗っているうちに完了。
今度は、外付けハードディスクをつないでP-5000からハードディスクへデータをコピーします。これで、二重のバックアップが取れることになり、安心感も倍増です。ちなみにUSB給電で動くハードディスクでも、P-5000との組み合わせでは動いたりダメだったりしましたので、念のためACアダプタを使いました(P-5000,ハードディスク両方で)。

バックアップ作業がすべて終わったら(といっても、10分くらいしかかかりませんが)、市販のAVケーブルで部屋のテレビにつないで、写真やビデオを映します。MP3ファイルが入っていれば、スライドショーにBGMをつけることもできます。
その日の行動が順に記録されているので、1日を振り返りながらいろいろと話したり、「明日は何をしようか」と相談したり。せっかくニュースなんか気にしないようにPCレスのしたので、テレビでも現地のニュースなど見ません(最近は海外のホテルでNHKなんかも見られるのですが、ほぼ100%かけません)。

ちなみに、RAWとJPEGを同時記録していると、同じ写真が2枚続くことになります。RAWとJPEGだと表示に時間もかかるので、スライドシューの前に表示順を「拡張子」にしておきます。
こうすれば、まずJPEGを表示してからRAWになるので、JPEGが終了したらフォルダを変えるなり、一番最初に戻せばOKです。

<PCレスの旅行スタイル>
いや、多くの人は旅行だからといってPC持って行ったりしないでしょうけどね。
デジタルカメラが好きで、毎日何百枚も撮影するとなると、PCをもってくケースが増えるんじゃないでしょうか。中には、普段自宅で使っている、2kg以上の重めのノートをがんばって持って行く、ということもあるでしょう(最近流行りのネットブックだって、1kgを切るのは少ないですよね)。

フォトビューワを導入することで、相当量の撮影をする人でも、現地でレタッチをしたりネットへの掲載をしなくて良いなら、PCレスで撮影旅行を楽しめるようになります。
P-7000/6000でRAW現像やレタッチ機能が強化されたことで、SDカードやコンパクトフラッシュが使える機械があれば、プリントまで簡単にできるようになっていますから、いまやPCレスにできる人のほうが多いのではないでしょうか。

国際線の預け入れ荷物の制限も年々厳しくなっていますし、それでなくても荷物は軽いほうが良いです。たまの旅行でしか使わないのに軽量ノートPCを買うくらいなら、フォトビューワの導入を考える余地はあるんじゃないかと。
PCレスによって、写真撮影の利便性は低下しないばかりじゃなく、むしろ、より一層旅行そのものを楽しむことができるように、私は思います。

<これまでのレポート>
[EPSON P-7000 Report Vol.1] フォトビューワはなぜ必要なのか?
[EPSON P-7000 Report Vol.2] 差分バックアップが便利!な理由
[EPSON P-7000 Report Vol.3] RAW現像を試してみよう
エプソンの「エプソン プロセレクション・ブログ」の関連最新記事「フォトストレージビューワの便利グッズ その2」にトラックバックします。

今回のアンコール上映全作品鑑賞の中で、一番の不安要素がこの「トリスタンとイゾルデ」。
なんといっても、日曜日の16時からのスタートで休憩をはさんで5時間20分以上、終了は21時22分です。普通にやっていてもたびたび睡魔に襲われるこの作品(「そんな奴は観るな!」というワグネリアンのお言葉もありましょうが)、さて、映画館のシートではどうなることやら、と思っていました。

結論からいいますと、第3幕のトリスタンによる長大なアリアの途中でフッと意識が遠のく場面もありましたが、一度も眠らずに完走しました。やったね。
演奏、歌ともになかなか良かったと思います。トリスタンは急遽代役だった上に、あわせてのリハーサルはなかったとのこと。まあ、動きの多い舞台とは到底いえませんが、それにしても時間のない中でよくぞ、と思わせてくれます。まあ、歌手も「ワーグナー歌手」といった呼びかたもされるし、舞台装置も多くの場合はとてもシンプル、動きも少なく、「トリスタン」がオペラの中でも異質なもの、といえるかもしれません。

イゾルデを演じたデボラ・ヴォイトはさすがのできで、ラストは長かった時間が一瞬に感じられ、もうちょっと長く歌ってほしいと感じるほど。今回は結構ちゃんと集中して観ていたこともあって、最後はかなり感動しました。やっぱりこれ生の舞台で観たいです。
トリスタン、マルケ王とブランゲーネについては、いぜんテレビで観たグラインドボーン音楽祭での舞台に軍配を上げますが、かなり良い舞台であったように思います。途中のインタビューで指揮者のレヴァインが「すべてがうまくいくことなんて滅多にない」といった発言をしていましたが、かなりの水準であったことは確かだと思います。

問題があったのはカメラワーク、というかビデオ収録の演出です。
画面を分割して動きを出そうとしているのですが、正直なところ余計なお世話。せっかくの大画面なのに、小さく分割された画面をいくつも並べられても困ります。ラストのイゾルデの歌については、下手な小細工は不要で、音楽だけで充分感動的です。意気込みは買いますが、これは外れでした。
どうやら、最後に観る予定の「ヘンゼルとグレーテル」でも同じようなことをやっているらしく、ちょっと気持ちが萎えちゃっています。まあ、チケットも買ってあるので観ますけどね。

なお、今シーズンからの4作品(「ロメオとジュリエット」「マクベス」「ヘンゼルとグレーテル」「連対の娘」)に「セヴィリアの理髪師」を加え、明日から5日間連続でNHKのBS Hiで放映されます。もちろん録画しつつ観る予定。でも、家で観るとSD画質の古いテレビなんですけどね。

ドイツ語講座の第3回目を明日に控えて、あわててテキストの該当ページを予習中です。
一応、ベートーヴェンの交響曲第3番を「クラシカ・ジャパン」で聴きながら、気分はドイツってことで。BGMをかけながらの勉強では、ちゃんとおぼえられないかもしれませんが。

春の初級講座の続きなので、初回から「ABC」からではなく、いきなり助動詞の「möchten」「können」「müssen」が始まって結構のけぞりました
もちろん、遠いむかし大学の教養部で受けた第二外国語での記憶がうっすらとあったので、何となくついていくことはできたのですが、動詞の変化だって忘却の彼方だし(不思議なことに当時丸暗記したものは覚えているのですな。ビバ暗記!)、やはり英語と一緒でわかっているからといってもとっさに口からは出てきません。

第2回目の講義は時刻の表現の仕方でしたので、事前に準備することで何とかなりました。
けれど、数字の読み方が意外と怪しく、「58...ええっとぉ、acht...und...fünfzehn、ちがったfünfzig」てな具合。英語教室で15と50がどっちだかわかんなくなっている人を笑えません。
で、第3回は過去形の前に現在完了形です。たしかにドイツ語会話だと、単純過去の話をする際に過去形ではなくて現在完了を良く使うそうですから、順番としてはこれで良いのかもしれません。

それはそうと、さすがに不規則変化動詞なんてすっかり忘れてます。sein支配とhaben支配も完璧にどっかに飛んでいて、なぜ「Er hat ferngesehen.」で「Er ist spazieren gegangen.」なのか、文法解説を読むまで悩んでました。
うーん、もうちょっと真面目にドイツ語やっておくか、せめて10年前に始めておけば良かった。オクトーバーフェストもザルツブルク音楽祭も、果てしなく遠いです。

いつもCDを購入するサイトのHMVを見ていて驚きました。
ユニバーサルによるCDボックスセットの大セールが始まっており、従来3セット以上のマルチバイによる25%オフの価格よりも、さらに安くなっています。例を上げると、ハイティンク指揮コンセルトヘボウ管のマーラー交響曲全集、シャイー指揮コンセルトヘボウ管のブルックナー交響曲全集が、いずれも6,590円というお値段。いずれも8,000円を越える値段だったものです.

ちょうど、月曜日に有効期限のくるポイントがあったこともあり、一部をHMVマネーに替えて注文しました。
上記の2点に加えて、そのうちに買おうと思っていたブロムシュテット指揮サンフランシスコ響によるシベリウスの交響曲全集をあわせて。うち2点が在庫品ではなかったので、届くのは早くても木曜か金曜、おそらくは来週末になるでしょう。
到着はそんなに急ぎませんから、ゆっくりと他のCdを聞きながら待つこととしましょう。なにせ、先日購入したギーレン指揮のマーラー全集だって、1番〜8番を一度ずつ聴いただけで、9番と10番(アダージョ)がまだ手つかずですから。

さて、こうしたセールが突然実施されると、儲からないセットの見切りで廃盤になってしまうのか、あるいは利益率の高い高音質CDで出し直すのか、気になるところです。手に入らなくなってしまうのは困るし、値段が上がるのも困る。
まあ、既に経費のかからなくなった旧録音とはいえ、10枚セットで6,000円なんていう値段では利益はかなり薄いでしょう。買うほうとしてはありがたい限りですが、やってるほうはあほらしくなるかもしれませんね。

このセール、期日の表記はありませんが、適度に在庫がはけたころには終わるでしょう。
まだポイントも残っていますし、もう少し迷いながらもう何セットか、入手しようと思ってます。本当はドイツ語の勉強もしなくちゃだし、音楽ばかり聴いているわけにはいかないのですが。

ニコンから、「AF-S NIKKOR 50mm F1.4G」が発表されました。発売は12月とのこと。
これを皮切りに、2009年には単焦点レンズの大リニューアルがあるかも...とちょっと期待しています。

D3やD700など、従来のフィルムとほぼ同じサイズの「FXフォーマット」のカメラが発売されたものの、これらのカメラの性能を活かすにはそれなりのレンズが必要です。
14-24mm、24-70mmの高性能ズームレンズもD3と相次いで発売されたものの、これらはいずれも30万円に近い高額品。まあ、一度買えば一生ものかもしれませんから、消耗品とさえいえるボディに比べれば安いと考えられないこともありませんが、まあやっぱり高価です。

超望遠レンズのAF-S化はかなり進んでいましたし、望遠レンズでは、200mm/2.0や105mm/2.8のマクロレンズなどが出てきていました。一方で、50mmや35mm、あるいは85mmといった単焦点レンズのいわば「定番商品」の多くが、古いままで放置されてきたのです。
もちろん、これらのレンズがD3に全く対応できないのか、というとそうでもないでしょうが、新しいレンズではボディやソフトウェアでの収差補正などのアドバンテージがつけられています。多用される単焦点レンズのリニューアルは、いずれ必要に思えます。

今回発表されたのは、定番中の定番ともいうべき50mm/1.4です。
今ではほとんどの場合、Wズームキットか広角から望遠をカバーする高倍率のレンズが最初の一本ですが、かつて一眼レフを買うときの最初の一本といえば、50mmでした。私は中学から高校にかけてTOPCON(東京光学)のボディを使っていましたが、レンズはずっと50mm一本しか持っていませんでした。レンズ非交換一眼レフだったのです。

今回、50mmがリニューアルされましたが、まさかここで打ち切りということはないでしょう。
20mm、24mm、28mm、35mm、85mm、135mmと、このくらいはとりそろえていただきたいもの(まあ、いまのラインナップの置き換えですね。もっとも、そのうち何本を私が買うかってのは別の話なんですが)。
ニコンの場合、絞りリングのないGタイプが古いボディでは使用できないため、一気にラインナップを入れ替えて整理するのは難しいかもしれないのですが、商売上の効率を考えると、いつまでも過去の製品をフォローし続けることもできないでしょう。デジタル化にあたってマウント形状こそ変えなかったものの、実質的には別シリーズとして、切り替えるには「FXフォーマット」を投入した今が最適かもしれません。

だいぶ以前から、わが家のセットトップボックスは突然ハングアップして番組の途中で音声と画像が固まるという症状に悩まされてきました。
ぶつくさと書いたエントリはこちら。

 セットトップボックスのリモコンがひどい

で、今年の夏休み、ようやくこのセットトップボックスを新しいものに替えてもらいました。
リモコン感度が悪いとかハングアップするとか、不満たらたらなのになぜ2年も放置したのかといえば、ようは「J:COMのサービス員に入ってもらえる状態にまで、家を片付けるのが大変だった」から(笑)。ようやく何とかしたというわけです。
もうひとつは、J:COMのサポートセンターに相談したところ、「リセットをしてからしばらく様子を見てほしい」といわれ、確かにちょっとのあいだ落ち着いたように思えたことです。それでも、数回のハングアップが発生したので、これは何らかの不具合だろうと判断したわけです。

以前のHUMAXから、今度はPioneer製です。
J:COMのおすすめはハードディスク内蔵で録画もできるセットトップボックスでしたが、HDで録画できてもテレビが昔のブラウン管ではさしたる感動もないので、録画機能のない、通常のセットトップボックスにしました。
裏の端子を見るとHDMIがあるなど、時代はすっかりHD解像度の液晶やプラズマが標準のようです。困ったことに、画面で観る番組表も高解像度前提の文字が多いものになり、古いブラウン管ではとてつもなく読みにくくなってしまいました。これはちょっとつらいです。テレビを買い換えろということでしょうか。

ハングアップの症状は交換以来一度も出ていません。
このかん、それなりに暑い日もあり、しかも冷房の使用は最小限にしてきたので、問題は改善されたものと判断して良さそう。
他にありがたい機能としては、タイマー視聴予約で毎週曜日指定などの繰り返し設定ができるようになったことです。これでレギュラー番組の録画(たとえばNHKの語学番組などです)を失敗する心配がなくなりました。

他にも、2年ですっかりと慣れたリモコンの操作が微妙に変わってしまい、今ひとつ使いにくく感じるなど、問題はゼロではありません。
けれど、ハングアップするといった致命的な問題がなくなったのは、精神衛生上とてもよろしいことです。あとは、ケーブルでもHD放送が増えてきたころに、テレビの買い換えを考えようかと思います。
でも、「クラシカ・ジャパン」のHD化は、しばらくないだろうなあ。「METライブビューイング」を立て続けに観ていて、やはりHD映像はきれいです。そうなると録画環境も...となってしまいそうで、もうしばらくは我慢しないと。

下記で簡単に紹介したWEBサービス「Things」に10月2日にログインしてみると、見た目がすっかり変わって、グレーとブルーを基調としたデザインになっていました。
画面左上のロゴも、「Somethings」に変わっていて、まさに一新した感じです。

 Thingsというサービスを試用中です
 Firefoxのスタートページにしている4つのWEBアプリケーション

ただし、ボタンの位置や機能などは全く変化していないので、使うぶんにはなんの問題もありません。見た目が変わってちょっと慣れないのと、全体にハードで暗めの印象になったのとで、とまどいはありますが。
変化の理由ですが、ようはデスクトップアプリケーションの「Things」とは別物である、ということを明らかにするためのようです。勝手に似せたWEBサービスをスタートして、「提携できなかったのはぼくらのせいじゃないよ」って言っているようにも見えるんですが(苦笑)。なんにせよ、良いサービスに仕上げていってほしいですね。

 Our recent updates(Thinkers)

企画の仕事にいると(といっても「企画」にもいろいろですが)、普段の仕事ではそう多くの締切に追われるわけではなく、数ヶ月とか半年の期間で進めるものが多いです。
このため、ある程度のスパンで何らかのマイルストーンを設定しておかないと、ギリギリになってから「あ、あれやっておけば良かったのにもう間に合わないよ!」と後悔することになります。というか、何度も後悔してます。
GTDという考え方はいくつかのサイトやブログでの解説を読んだだけですのできちんと理解しているとはいえませんが、とりあえず思いついたステップを書き出しておいて順番に片付けていく、という考え方は有効でしょうね。

もともとは記憶力と馬力に自信があったこともあり、若いころはあまり細かくタスク管理をしなくてもなんとかなっていました。
当時は、それほど大がかりで責任のある仕事をしていなかったことも大きいでしょうね。いまやっている仕事の中では、タスクを切り分けて部下や同僚に任せることも多いのですが、当時はその一つを担当していたにすぎない、ともいえます。
年を取って、一応は仕事の責任範囲が拡がってきて(といっても職場によります。本社の企画部門よりも、小規模事業部門のトップのほうが個人の責任は広かったりする)、さすがに記憶と馬力を頼りにはできなくなりました。タスク管理なんかは、本来ならもっと若いころに体質化しておかなきゃならないのですが、まあ、今さらながら手をつけざるを得なくなってきたというわけです。

以前の部下の1人は、不要コピー用紙(いわゆる裏紙)を裁断したメモ用紙にタスクをどんどんと書き出し、終わるとシャッシャッと線で消していました。けっこう細かいことまで貸し出していて、本人が記憶力の良いほうだけに「君ならそんなんいらんだろうに」と思ってました。
けれど、あと10年経つとみんな記憶力は低下するわけで、こういうクセがついていることはある程度の年齢になってから苦労しないで済むだろうな、と思います。

さて、タスク管理といえば自分でやる仕事だけでなく、部下の管理でもあります。
部下に任せるとはいっても、自分のタスク全体を部下に放り投げて結果だけを受け取るなんていうのはやっぱりナンセンスで、タスクを切り分けた上で適切な意思決定の範囲と困難度のあるまとまりで任せるのが重要です。その意味で、私がつきあっていた上司はなかなかの「任せ上手」でした。
そのもので育った私も任せ上手だったら良かったのですが、マネジメントというのは経験して失敗しないと身につかないことも多いもんです。部下や同僚のタイプによって、タスクの渡しかたも変えなきゃなりませんし、けっこうやってみると難しいもんです。
ある程度区切って渡しておけば、周辺まで含めて出してくるのもいれば、本当にいったことしかやらないのもいます。途中でアウトプットを出しながら適宜相談をかけてくるタイプもあれば、ギリギリまで相談もせずにどかんと出してくるのも。相手の行動パターンを見てちょっかいを出す方法やタイミングをはかるのも、それなりのスキルが必要。
いちいち考えながらやっているようではまだまだ甘くて(しかも考えた結果があたるとは限らない)、良いマネージャはこのあたりの切り替えが体質化されているというか、考える前にやれている感じです。

最近はまた「自分でやる」領域が比較的多い仕事になっているのですが、上述のとおり記憶力と馬力は劣化することはあっても逆はなかなかないので、けっこう苦労してます。
GDTって、若いころには「そんなのなくたって仕事はできる」「忘れっぽい人には便利だろうね」などとなりがちかもしれません(きっと20年前の私なら、そういってたでしょう)。けれど、若いころの能力はいつか必ず劣化する、という前提に立てば、こうした思想やツールを使えるようになっておくのは、とても大事なことだと思います。

事前によく調べずにエイヤッとシステムを入れ替えちゃう私も悪いんですが、新たな問題が発生。
サイトのテンプレートを入れ替えた際、再構築にあまりに時間がかかっていたのでそのまま放置して外出し、帰宅後にアクセスログを見てみると、なぜか集計ができています。テンプレートを入れ替えたばかりなので、アクセス集計のタグがまだ書かれていないはずなのになぜ?
アクセスが記録されているURLをクリックすると、デザイン変更前の見にくいページが表示されます。前後のページに飛ぶと、新デザインだったり旧デザインだったりとまちまち。

一体何が起こっているのかとしばらく考えたのちにわかりました。
Movable Typeの3では生成された記事別アーカイブファイル名に「_(アンダースコア)」が使われていたところを、Movable Type 4では「-(ハイフン)」を使うようにデフォルト値が変わっていたのでした。つまり、古いアーカイブがそのまま残っていて、各種検索サイトではそちらが引っかかるので、旧アーカイブへのアクセスが記録されていた、というわけ。
設定画面をあちこち探って、個々のテンプレートの編集画面から設定変更ができることを突き止め、ただいま記事アーカイブを再構築中です。経験上、1時間弱かかるはず。

なにか合理的な理由があってのデフォルト値変更なのでしょうが、記事の中で別の記事にリンクを張っていた場合に、自動的に修正してくれるわけではないので、常にファイルが二重になっていないとリンク切れを起こしてしまいます。
さらに深刻なのは、記事単位に検索エンジンに拾われている以上、URLが変わってしまうと検索サイトからたどり着く読者はしばらくのあいだ旧アーカイブでしかアクセスができないことになってしまいますね。
パーマリンクといっておきながら、買ってに書き換えちゃ、いかんように思います。少なくとも、テンプレート変更作業の際に「ファイル名変わるけど良いかな?」と聞いてほしかった(まあ、テンプレート一覧画面にきちんと書かれているんですけどね、そもそも変わっちゃうなんて思っていないし)。

とりあえず再構築が終わったら、ちゃんと旧アーカイブ名に統一されているかの検証です。面倒だなあ。おかげでシステム部門の苦労がちょっと体験できましたけどね(そんなもんじゃないよって叱られそうですが)。

...ひとまず、必要なアーカイブとインデックスページの再構築が終わって、サイト内部でのリンクも正常になり、検索結果から記事アーカイブを開いても最新の状態で開けるようになりました。記事アーカイブの再構築は、案の定何度もタイムアウトになってリロードを繰り返し、都合2時間近くかかってしまいました。
@niftyのLaCoocanサーバの処理能力不足なのか、Movable Typeの問題か、あるいは私の凡ミスなのか、未だによくわかりませんが、もうちょっといろんなことがスムーズに動いてほしいな、と思ってます。

液晶画面を使ってデジタル写真を鑑賞できる「フォトフレーム」には、多少の興味があります。
Macの画面でスライドショーをするのは電気の無駄っぽいし、いざMacを使おうとすると肝心の写真は見えません(そのためにデュアルディスプレイにするのも...)。
DLNAでテレビに表示もできますが、わが家のテレビは13年前のブラウン管なので、アナログ放送の画質はともかくJPEGを表示させるには不向きです。

たとえばこんな商品だと、画面はきれいそうだし、外部メモリカードやUSB機器にも対応していて、HDMI端子があるので大型テレビにもつなげます。ちょっと重たいけど、目的があれば持って行くこともできそうです。
欲をいえばネットワーク上の写真を表示するDLNAクライアント機能もほしいところですが、まあ、購買を検討しても良いかな、という商品です。ちなみに9インチ液晶の「DPF-V900」でも実売で3万円前後のよう(2008年10月現在)ですので、そんなに高価なもんじゃありません。

でも、私にとっては致命的な問題が。
私は縦位置の写真、好きなんですよ。撮った写真の30%~40%くらいが縦位置だと思います。で、800×480ピクセルのワイド液晶で表示される縦位置写真の解像度は...480×320ピクセル(アスペクト比は3:2ですので)。対角は9インチ液晶の場合で5インチ強、7インチの場合だと4インチ強ですか。これでは、迫力不足も甚だしい。
もちろん、天下のソニーがそのくらい考えていないわけではなくて、フレームを90度回転させてタテにすると、ちゃんと画面一杯を使って縦位置写真が表示されます。けれど、縦横が切り替わるたびにフレームをいじらなくちゃならない。

高品質の液晶画面は高いのでしょうし、他の機器で使われている汎用のものを使うからこそ安く作れるのでしょう。
けれど、「縦位置」というモノが存在する写真の鑑賞では、いちいちフレームを回すのではなく、最初から「正方形」の液晶に縦でも横でも同じ大きさで表示させる、というのがありがたいです。なんとかなりませんか。ならないだろうなあ...
しかも、「高価なもんじゃない」のなら、縦用と横用にふたつ買っておいとけば良いじゃないかとか、指摘されそうですね(笑)。