音楽の鑑賞「マナー」の基準を引き上げすぎると、自分が不快になるだけ

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

週末に観に行ったオペラの公演、プラハ室内歌劇場の「魔笛」での鑑賞「マナー」の悪さを指摘した記事を見かけました。

 魔笛(プラハ室内歌劇場?・東京文化会館・台東区上野公園)(道楽ねずみ)

まず、歌手についての感想については同感です。「この日,楽都プラハから一流歌手が消える・・・」なる宣伝文句は、ちと誇張が過ぎたんじゃないかと思います。

問題は鑑賞の「マナー」について。
4階席で身を乗り出して他の観客の視界を遮る親子というのはまあ、論外でしょう。これはマナーの問題(というより、社会常識の問題かな)。
けれど、残る指摘の2点、「アリアごとに拍手をして進行を妨げる」「ラスト演奏途中に拍手を始める」は、マナーの問題とするべき話でもなければ、「目を覆わんばかり」と形容するほどものでもないと思います(さすがに「目を覆わんばかり」という表現は削除されたようです)。

まずアリアごとの拍手ですが、私も「ちょっとやり過ぎじゃないの?」とは感じていました。
そのオペラの中でも聴かせどころだったり、特に素晴らしい歌唱に対して拍手が起こることはあっても、ジャズのソロ終了時の拍手のように毎回やるものではありません。
会場には「アリアが終わったら拍手」と思いこんでいたかたがそこそこいて、周囲の観客が釣られたのかもしれませんし、最初のアリアのあとの拍手で「そういうものなんだ」と思ったかたが多かったのかも。
けれどこれって、「マナーの善し悪し」ではなく「場慣れしているかどうか」の問題に過ぎないんじゃないかと。交響曲の楽章途中で拍手しちゃうのと同じで、慣れてない人、初めての観客がやっちゃうのは防ぎようがありません。それに、これって拍手すべきタイミングを厳密に定義できますか? そしてそれをすべての観客に予め告知できますか? 絶対無理。
それに、「魔笛」ですよ。しかも町の公会堂で気軽に楽しんでね、という感じのオーソドックスな舞台です。適当に楽しめばいいじゃないですか。

次にラストですが、この日は音楽が鳴りやまぬうちに幕が降りてきて、音楽が終わったときには完全に閉じた状態でした。このような場合、幕が下りかかったところで拍手がわき起こるのはむしろ当然だったと私は思います。
また、オペラにおいて完全に音楽が終了するまで拍手をしてはいけない、という「マナー」を浅学にして私は知りません。DVDで発売されている舞台や、NHKやCS放送で観る映像を観ても、最後の音楽に拍手がかぶっていることなど日常的な光景です(日常的だから「正しい」とか、主張するわけではありません)。
これをもって観客の「マナー」が「目を覆わんばかり」とフラストレーションを溜めていては、劇場を借り切って公演を観るしかなくなってしまうように思います。

マナー違反を定義することは難しいでしょうし、基準は人によって違います。
咳払い1回は大丈夫だけど、10秒間に1回以上になるとマナー違反とか、そんなふうに決められないもの。あまり厳格な「マナー」を他人に求めすぎても、せっかくお金を払ってオペラを楽しみに来ているのに、ストレスをためて帰るだけになってしまいます。

この日の観客についていえば、私の周囲にも「場慣れ」云々ではない、もうちょっと考えたほうが良いんじゃないの、と感じられる人はいました。
彼女につきあってきたらしいのだけど、明らかに飽きて(あの狭い席で)大股を広げてだらけていた男とか(隣じゃなくて良かった)、音楽の途中でもかまわずにぺちゃくちゃ喋ったり、なんども荷物をがさごそとさせていた後ろのオバチャン達とか、いろいろです。
けれど、秋の連休にリーズナブルな価格設定のオペラ公演を観に来たら、この程度は覚悟しておいたほうが良いんじゃないかな。あまりハードルを上げすぎると、楽しめずに損するのは自分自身ですから。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/879

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月23日 15:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[EPSON P-7000 Report Vol.3] RAW現像を試してみよう」です。

次のブログ記事は「長文テキストを書くなら、OSXよりUbuntu(本当はATOKさえあればいい) 」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja