プラハ室内歌劇場公演「魔笛」 東京文化会舘

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

本日は雨の中、15時から東京文化会舘でのモーツァルト「魔笛」を観てきました。
チケットを買ったのはいつだったか思えていないのですが、座席は1階席後方中央ブロックでしたので、ぶたんが見渡せるしそれほど遠くもないしで、なかなか良い席でした。オペラグラス代わりの双眼鏡を持っていったのですが、ほとんど必要がないくらい。せっかく持っていったのにもったいないので、ときおり歌手の表情を観るのに使いましたけど。

有名なオペラなのでストーリーはわざわざ書きませんが、何度観ても「支離滅裂」という印象ではあります。
前後半で善悪がキレイに入れ替わったり、夜の女王は結局ザラストロのもとでのタミーノの修行を助けるために魔法の笛を贈ったようなものだし、しまいにはラストでザラストロの城に侵入を試みながらあっけなく滅んじゃいます。
いささか整理のできていない、とっちらかったストーリーが、しかも2時間半にも満たない短いオペラになっているのですから、事前の知識なしに初めて観るとわけわかんないんじゃないでしょうか。あるいは、場面転換も多いし、オペラとしてはとてもスピーディに展開するので、むしろわかりやすかったりするのかも...

一流劇場の引越し公演とは違って、価格もお手頃ですし、有名スターが並んでいるわけでもありません。ザラストロを演じたイヴァイロ・グベロフなど、この大切な役なのに声が力不足、低音部の音程は怪しくかなり残念でした(「その音程の声が出せる」のと「歌える」ことには大きな違いがあることの、なによりの証拠です)。また、夜の女王役のエレナ・ガズディーコヴァーも無難に歌ってはいましたが、迫力不足はいなめません。
全体にもう少し荒っぽくても良いから力強さがほしい、と感じられたのは確かですが、この歌劇場の目指すのはそういった演奏ではなく、もっと小規模のホールで手軽に楽しめるオペラなのでしょう。その意味では、箱が大きすぎたのかもしれません。

舞台装置はとてもシンプルで、最近流行りの「読み替え演出」でもなく、とても普通に「魔笛」の世界を楽しむことのできる公演でした。
会場には多くのお子さんの姿も見られ、帰り際には小さな女の子が「おもしろかったね!」といっているのが聞こえました。テクニックや表現力に優れた超一流の演奏ばかりでなく、オペラの世界への入り口となる公演が多くあることもまた、重要なのだな、と思いました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/875

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月21日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハワイ風(?)ハムステーキのパンケーキ」です。

次のブログ記事は「Firefoxのスタートページにしている4つのWEBアプリケーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja