エプソン「P-7000」ブロガーミーティングに、行ってきました

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

9月4日に発売されたばかり、まだ湯気のたっている新商品のエプソン「カラリオ・フォトビューワP-7000」の体験ができるブロガーイベントに行ってきました。
アジャイルメディア・ネットワークでの募集数は10名で、多数の場合は抽選とのことだったので、くじ運の悪い私はあきらめていたのですが、珍しくも当選して参加してきたという次第です。参加された他のブロガーの多くが、かなり著名なサイトでしたので、バランスを取るために無名ブログ代表としての選出かもしれませんが。

会場は西新宿にある高層ビルのオフィス。入ったとたんにエプソンのかたがた10名近くに出迎えられ、ちと焦りました(せいぜい2,3名くらいかと思っていたので)。
約2時間の内容は、販売部門の部長さんのご挨拶、開発部門の部長さんによる商品紹介、ゲストの写真家/柳本史歩氏によるトークセッション(進行はエプソンの「けんたむ」氏)、そして実機の体験と懇親です。
こうしたイベントの常として、最後は時間が不足気味ではありましたが、あっという間に感じられました。最後にいただいたドーナツもうまかったです。

実機を試す時間帯では、二人がけのテーブルごとに社員のかたがついてくださり、質問に答えたり使用法を教えたりとフォローしてくださいました(それで人数が多かった訳です)。
もともと前機種の「P-5000」を使っていましたので基本操作は慣れていましたが、本体のみによるRAWの現像、トリミング・レイアウトしてのプリントアウトといった一連の操作をタイミングよくサポートいただき、短時間でしたが新機能についても大まかに確認することができました。

こうしたイベントに参加するのは初めてでしたが、この商品カテゴリーの認知を高めて、一人でも多くのカメラマン(プロ、アマ問わず)に使ってほしいという、エプソンの意気込みが実感できるものでした。後片付けまで考えるとおそらく23時頃までかかったでしょうし、長野からのメンバーは今日は帰れなかったんじゃないでしょうか。
開発部門の部長さんによるプレゼンからは、本当に写真が好きで、この商品が好きで、自信を持って送り出していることがよく伝わってきました。営業担当による立て板に水型のプレゼンも気持ちの良いものですが、気持ちの入ったプレゼンはしゃべりのテクニックどうこうというのには関係なく、共感できるものです。

今回のイベント参加の特典として、2ヶ月間「P-7000」を貸し出していただけるので、個々の機能については順次使いながらレポートをしたいと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/862

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月 5日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Parallelsが動かないので...」です。

次のブログ記事は「[EPSON P-7000 Report Vol.1] フォトビューワはなぜ必要なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja