METライブビューイング「ラ・ボエーム」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

東銀座の東劇でのアンコール上映で一気見(?)中の「METライブビューイング」ですが、本日から全8作品の後半に突入してプッチー二の「ラ・ボエーム」です。
今シーズンの8作品にただ一人、二つの作品が採用されているプッチーニですが、今年は生誕150周年ということでの特別扱いでしょうか。まあ、ヴェルディと並んでこの人の作品なしには、オペラハウスのレパートリーが成立しないほどの存在ですから、不思議でもありませんね。

このアンコール上映の開始時に全日程を決めて座席指定もしてしまったのですが、今日の「ラ・ボエーム」と明日の「ロメオとジュリエット」は、けっこう混んでいたようです(チケットを買ってくれたのは妻でしたので、聞いた話ですが)。やはり、ゲオルギューとネトレプコという、ビジュアル系ソプラノが主役を努めるとなると、人気なのでしょうか。
とはいえ、観客の数は先々週末に行った「マクベス」と同じ程度でした。見逃していたファンが良い席を早い段階で買って、あとはボチボチ、というところだったのかもしれません。

さて、今回の作品の中では多分一番短いこの作品、2時間で4幕もあるのでテンポも良く、ミミとロドルフォに感情移入して観られればしっかりと感動できるという、個人的にはオペラ入門に最適な作品じゃないかと思ってます。
幕間のルネ・フレミングの説明によれば、METでもっとも多く上演されている作品でもあるようですが、さもありなん、という感じ。しかもゼフィレッリの演出による豪華な舞台装置、動きも多く、第2幕での群集シーンの迫力など、どこをとっても文句のつけようがない舞台です。安定した人気を誇るのもわかります。これは是非一度、METで本物を観てみたいですね。

ゲオルギューは1965年生まれの43歳だそうですが、失礼な話ですがもう少し上に見えました。アップ中心のHD映像はちょっとつらいかもしれませんね。
とはいえ、とてもきれいなかたですし、もちろん声ものびやかで美しく、彼女が若いミミに見えてくるのにそれほど想像力を総動員する必要は、ありません。ヴァルガスのロドルフォも人の良さそうな風貌が良くマッチしていましたし、若々しさを感じさせる声もとても良くあっていたように感じます。
もともとこの作品のヒロインであるミミは、清純で何も知らない娘というより、以前から気になっていたロドルフォとの距離を一気に縮めるための機会を伺って行動に移し、身勝手ということではないけれど自分の幸せをしっかりと追求する、ある意味現代的な女性であるように思えます。そんなミミのキャラクターが際立っていたんじゃないでしょうか。

主役の二人以外もさすがに粒選りの歌手ばかりで、仮に数万円のチケットを買って観に行っていた舞台であったとしても、満足行くものでした。
ムゼッタ役のアインホア・アルテタはちょっと蓮っ葉だけど根は暖かい人柄の現れる柔らかさのある歌でした。あと、マルチェッロを演じたルドビィク・テツィエールって、映画「ハリー・ポッター」シリーズのスナイプ先生役の役者に、ちょっと似ていました。いつ主人公に意地悪のするのかと気になって...(うそ)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/884

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月27日 20:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「[同感] 通勤は最短ではなく最快適ルートで」です。

次のブログ記事は「銀座山野楽器で見つけたお買い得CD、ギーレンのマーラー交響曲全集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja