METライブビューイング「マクベス」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

3連休の最終日は、またも東銀座の東劇にてMETライブビューイングの「マクベス」にでかけました。
11時からの上映だと早めに家を出て、終了しても14時前後と時間が有効に使えるのが良いですね。これが16時とかだと、結局家の中でダラダラと過ごしてしまいがちです。

アンコール上映での集中鑑賞となっているMETライブビューイングもこれで4作目、前半の終了となります。ちなみにこれまでに観たのが「マノン・レスコー」「ピーター・グライムズ」「連隊の娘」そして今回の「マクベス」。
これらの中で最も長い「マクベス」でも、オペラ自体は3時間を超えないのと、途中でしっかりと休憩時間があるので事前に思っていたほど身体はつらくありません。東劇の椅子がけっこう良かったのと、妻が直前にテンピュールの「トランジットランバーサポート」を買っておいてくれたのも良かったようです。

さて、「マクベス」ですが、シェイクスピアの戯曲でもそうなのですが、マクベスというひとがどこまで主体的な覚悟を持って王位を望んだのかが、よくわからないのです。
妻との関係や終盤までの展開を見ても、もともと野心はあったにせよ、その実現のためにいかなる行為も辞さない強さがあったようには思えません。魔女の予言という形で急に王位への展望が開けてしまったことを、うまく処理できないままに突き進んでしまったように思われます。
結果としてそれは悲劇に終わりますが、マクベスやマクベス夫人の野心がそれを引き起こしたというよりは、弱い人間に王位というエサを与えての実験であったようにしか見えないのです。

はからずして、望んでいなかったわけではないが、その準備ができていない立場に立たされることは、実生活でも良くあります。うまく適応し、成長していける人もあれば、押しつぶされて周囲を巻き込んで負の循環にはまりこむひともある。マクベスは後者の典型のようです。
暗殺などの手段の是非は別として、大きなチャンスが目の前にあるとき、自らの実力を鑑みて手を伸ばすのをやめるというのは難しい。この作品では、先に手を伸ばしたのはマクベス夫人でしたが、彼女に背を押されなくても、マクベスは王位に手をかけたでしょう。短剣を手にしたとき、彼は己が王冠にふさわしい実力と覚悟を持つと確信でいていたのでしょうか。

チャンスにとりあえず手を伸ばしたマクベスとは違い、マルコムやマクダフ、そしてバンクォーも、すぐには手を出そうとしません。
戯曲では、彼らがマクベスを疑い始めるまでにはしばらく時間がかかっているようですが、これは多少不自然です(特にバンクォーならばすぐにぴんと来るはず)。今回のオペラではダンカン王の葬儀の段階で、マクダフやバンクォーがマクベスを疑っていることが示され、この点の不自然さは解消されています。ではなぜ、ここで彼らは行動を起こさないのでしょう。

マルコムに関しては明らかにまだ子供で、主体的に行動できずに逃げること(ひとまず生き延びること)しか念頭になさそうであることが原作では示されています。逃亡によって王暗殺の黒幕とされたことで、ひとまず出番がなくなるのは仕方ありません。
しかし、マクベスも王の臣下の1人であるなら、マクダフやバンクォーにもチャンスはあるはず。彼らが王位を望まないのは、マクベスとの内戦に立ち至ることを恐れたのか、野心がなかったのか、はたまた己の王としての資質を信じられなかったのか...

原作にないことまで立ち入ってあれこれと考えても、それほど意味はありませんね。
しかしながら、この作品は暗殺による権力奪取という暗く残酷な題材を用いながら、転がり込んできたチャンスに手をかけるかどうか、そのための犠牲を受け容れるかどうか、という日常的なテーマとの重ね合わせが可能だからこそ、現代の我々にも理解しやすい悲劇になっているのではないかと思えます。

さて、肝心の音楽のほうですが、やはり前半でのマクベス夫人役、マリア・グレギーナは圧巻でした。
さすがにあの声量であの長時間歌い詰めということか、歌い出しがかすれ気味になったりといった疵が皆無ではありませんが、マクベス以上にひとの強さと弱さの振幅を表すキャラクターを歌いきっていたように思えます。
次は少し間をおいて「ラ・ボエーム」と「ロメオとジュリエット」です。それぞれゲオルギューとネトレプコですね、週末でもあり、もう少し劇場もにぎわうことでしょう(ちなみに「マクベス」では4〜50名ほどの入りでした。「ピーター・グライムズ」なんか10名強で、興行的に成り立つのかちょっと不安です)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/868

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月16日 21:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「METライブビューイング、「ピーター・グライムズ」と「連隊の娘」」です。

次のブログ記事は「他人の時間を浪費するな! 組織の「時間泥棒」対策」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja