METライブビューイング、「ピーター・グライムズ」と「連隊の娘」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

東銀座の東劇で9月から10月にかけて、METライブビューイングのアンコール上映が始まっています。

初回の上映時にはなかなか事前に予定を立てられずに観られなかったのですが、今回は一つの劇場でまとまって上映されるのであらかじめ行ける日を選んでおき、8作品を順に「観劇」することにしました。回数券を買うと1作品あたり2500円で観られるので、すでに全作品の予定が決まっています。
というわけで、9月10日水曜日の「マノン・レスコー」を皮切りに、12日金曜の「ピーター・グライムズ」、そして14日日曜の「連隊の娘」と、これまで3作品を観終わりました。

とはいえ、金曜日の「ピーター・グライムズ」に関しては、苦手の現代作品ということもあって、全部で2時間半ほどのうちあわせて30分ほどはうつらうつらとしてしまいました。横にいた妻はちゃんと起きていて「結構良かったのに」といってましたが、起きていられなかったのは仕方ありません。
一番の危機は、第一幕の終盤、嵐の夜にエレンがジョン少年を迎えに行き、連れてくるまでの間です。すぐに連れてくるかと思っていたら、結構長い間あれやこれやと村人がしゃべっていて、つい睡魔に負けてしまいました。あのシーンって重要でしたか?
そんなわけで、この作品についてはノーコメントです。

もちろん、「連隊の娘」ではそんな心配も無用です。
なんといっても、主役の二人はナタリー・デセイとファン・ディエゴ・フローレス、侯爵夫人はなんと金曜日に噂好きで詮索好きな村人を演じていたェリシティ・パルマーでした。確かに同じ顔ですが、別人のよう。
フローレスのトニオは前にも別プロダクションで観ていますが、同じようにすばらしい歌唱でした。この収録があったためか、第一幕でのアリアは観客の大声援にもかかわらずアンコールなし。ため息が聞こえてきました。

もともとコメディタッチの作品なのに加えて、デセイが舞台を走り回り、全身でマリーの感情を表す熱演にほとんど5分おきに笑わせてくれます。この作品、オペラ初心者にはうってつけではないでしょうか。
前半が1時間半弱、後半が50分ほどで休憩は一度でしたが、退屈する時間は皆無です。私は「ピーター・グライムズ」で眠っちゃったように、そうそう集中力の続くほうではありません。その私が保証するのですから、まあたいがいの人は大丈夫でしょう。

この公演の感想をあちこちのブログで見ていたら、「ハイCは自分でも出るから、フローレスなんてたいしたことない」なとという無謀な意見を見つけました。
ハイCが出せる人はたぶん何人もいるでしょうが、あのつややかな声で、あの声量で、音程をしっかりととらえて歌える人などごく少数だからこそ、彼はスター歌手であり、このアリアが難しいものと評価されているのでしょうに。批判をするには3割の能力で足りるといいますが、3%でも可能なんでしょう(「MET 連隊の娘」で検索すると、このびっくりする意見が見つかります...と思ったら、一日にしてGoogle検索から消えちゃいました。そんなことって可能なんでしょうかね。ま、いいか。)。

もちろん、ハイCを出せるからフローレスがすごい! と騒ぐのもどうかとは思います。そもそも、フローレスの歌唱を高音部の伸びだけで語るべきでもありません(上記ブログでも、本来いいたいことは同じようなことかもしれませんが、私も高音が出せるから云々では痛々しさしか感じられません)。
とはいえ、「連隊の娘」の成功は、やはりデセイの演技と歌にあります。相手が仮にフローレスでなくても、舞台のすばらしさはさほど毀損されなかったでしょう。
デセイの演じるマリーは非常に単純化されたキャラクターではありましたが、単純であるが故に上質なエンターテインメントを提供していたように思います。

上記の信じがたいご意見の持ち主によれば、デセイは異なる身分をうまく演じられていなかったそうですが、この舞台は終始平民である兵士たちとともにあることを望み、そのようにしか行動できなかった女性としてマリーを描いているのではないでしょうか。身分差というものがリアリティを失っている現代に、この作品をどう見せていくかも、提供側にとって大きなテーマであるはず。
それが成功したかどうかの判断は人それぞれですが、自分が当てはめた枠組みにあわなかったからといってしたり顔で評論を始めるのは、どうも私には苦手です。
残念なことに、クラシック音楽のブログを拝見していると、さかんに「評論家」になりたがっているようなのを見かけることもあって、そんなときはげんなりしてしまいます。こういった「お芸術」な雰囲気が、オペラやクラシック作品の敷居をあげているようにも思われます。

さて、素人評論家さんのご意見はどっかにおいといて(笑)、明日は「マクベス」です。
オペラそのものも初めてではありませんが、一応、原作を再度読み直しておきました。ヴェルディによるオペラが、シェークスピアの戯曲を読むのとどのように違った印象を与えてくれるか、楽しみです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/867

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月14日 22:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「観てきました、METライブビューイング「マノン・レスコー」」です。

次のブログ記事は「METライブビューイング「マクベス」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja