観てきました、METライブビューイング「マノン・レスコー」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

9月10日の夕方から、東銀座の東劇にて、METライブビューイングのアンコール上映「マノン・レスコー」を観てきました。
18時半から開始で、休憩をはさんで全4幕が終了したのは21時50分、3時間20分ほどの長丁場でしたが(オペラ自体は200分弱)、椅子がわりと良かったのと30分の休憩のうち15分はインタビュー映像などもなく身体の伸ばせたので、それほど苦痛ではありませんでした。

画面の大きさはIMAXなどのような巨大なものではなく、ごく普通の映画館サイズですので、それほど大迫力というわけにも行きませんが、自宅でテレビを観るのとは大違いです。
HD映像をDLP上映しているので、衣装の布地の感じや舞台装置のディテール、そして歌手の表情や皺までがかなり鮮明に見えます。普段はSD画質のテレビを観ており、その差は歴然としたものです。
あまりに細部までよく見えるものだから、主役のカリタ・マッティラとマルチェロ・ジョルダーニがとても18歳の娘と学生には見えず(オペラなんてそんなもんですが)、もしかしたらSD画質のほうがイメージが壊れなくて良いかも、等と思ったほど。

期待以上の(私が普段HD画質を見慣れていないだけでしょうけど)映像に比べると、音声のほうは多少迫力不足。フォルテ部分だと辛くなってしまうほどの大音量を期待していたのですが、かなり控えめでした。
それえも、会場の咳払いや衣擦れの音などがとてもリアルに感じられましたので、音自体は悪くなかったのではないかと思います。もう少し音量があれば良かったのに。

肝心の中身ですが、舞台装置、演出ともにオーソドックスなので安心して鑑賞できます。やはり内容までいじってしまう読み替えは、その舞台を何度も観たあとでないと楽しめません。
ただ、マノンを演じるカリタ・マッティラの表情がちょっと必死に見えすぎたかな。マノンという女性は相当近視眼的で愚かなキャラクターだと思うのですが、とても素直そうなひとでもありますので、少々ギャップが感じられました。一方のマルチェロ・ジョルダーニは、ろくな目に遭わないとはわかっているのにマノンから離れられないお人好しな面が、上品な声でうまく伝わってきたように感じられます。

上述したとおり、休憩がかなりたっぷりとありましたので、長時間でもあまり疲労はありません。とはいえ自宅にたどり着いたのは23時近くになっておりやはり2008/2009シーズンは週末を中心にしないと辛そう。
というか、日曜の16時から開始の「トリスタンとイゾルデ」がすでに心配です。月曜日は仕事にならんだろうなあ...

音声が小さいとか文句も書きましたが、自宅でDVDやテレビを観ているのとは、やはり全然違います。自宅だとお茶入れたりワイン飲んだりしてあまり真剣に観ないし(「マノン・レスコー」もDVDで観たときには、「水夫にしてくれ」から「水を探してくる」まで記憶が飛んでました(笑))。
アンコール上映があと7回あって、11月には「サロメ」を皮切りに次のシーズンが始まりますが、やはりすべて観ようと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/866

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月11日 20:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「METライブビューイング アンコール上映」です。

次のブログ記事は「METライブビューイング、「ピーター・グライムズ」と「連隊の娘」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja