銀座山野楽器で見つけたお買い得CD、ギーレンのマーラー交響曲全集

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

週末の東劇でのMETライブビューイング上映は10時半から始まるので、14時〜15時くらいには終了して銀座の街で散歩が出きるのも楽しみの一つです。
で、今日も「ラ・ボエーム」を観た帰り、銀座の山野楽器に立ち寄りました。目的は、前回「マクベス」の帰りに見つけたものの即決せずに迷っていた、CDボックスセット、ミヒャエル・ギーレン指揮、南西ドイツ放送交響楽団によるマーラーの交響曲全集です。

このセット、少し以前にHMVのネット通販サイトで8,500円ほどになっていたときに買いそびれ(「お、下がったのでそのうちに買おう」と思っていたら、値段が戻ってしまった)、今ではマルチバイでの割引を使っても11,569円です。Amazon.co.jpにいたっては何と22,684円!
このセットが、山野楽器では8,400円で売られていました。買ったCDは概ね一度は聴いているとはいえ、マーラーの交響曲全集だけでも10種類にもなり、中にはまだ一度しか聴いていないものも残っているのに、さらに全集を買い足すのはさすがにはばかられ、前回は見送ったのでした。
とはいえ、これで売れてしまったら次に同じような値段で会えるとは限りません。今日も5分ほど迷いましたが、結局は買うことにしました。

帰宅してひとまずiTunesには取り込んだのですが、ケーブルテレビでヴェルディの「ルイザ・ミラー」が始まってしまい、まだ聴いていません。
マーラーの交響曲はさまざまなアプローチがあり、好き嫌いはともかくとしていろいろなタイプの演奏を聴いてみたいと思っています。この演奏は、HMVのユーザーレビューによれば「冷静」で「突き放した」演奏だとか。
私自身は、以前はバーンスタインに代表される、曲にどっぷりと浸かり込んだような演奏を好んでいたのですが、最近は距離を置いた演奏のおもしろさも感じられるようになりました。ギーレンはどのような演奏を聴かせてくれるのか、順番に楽しんで行きたいと思っています。
一応、Amazonのリンクを貼っておきますが、購入する歳にはHMVのほうが安いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/885

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月27日 21:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「METライブビューイング「ラ・ボエーム」」です。

次のブログ記事は「Movable Typeのバージョンを上げる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja