9月19日はマーラー交響曲第7番の日

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

昨日、9月19日はマーラーが作曲した交響曲第7番の日だったそうです。
ちょうど100年前の1908年9月19日に、この曲が作曲者自身の指揮するチェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されたんだとか。なるほど、記念すべき初演100年目の記念日というわけ。

この曲には、ときおり「夜の歌」なるタイトルがつけられています。私が最初に聴いたのは、NHK-FM放送でノイマン指揮チェコ・フィルの演奏だったように記憶していますが、そのときにもこのタイトルがつけられていました。
このタイトルはマーラー自身によるものではなく、第2・4楽章に「Nachtmusik」と付されていることからつけられたもののよう。作曲者自身がつけたわけではない名前で曲を呼ぶのは、あまり好ましくない上に、おかしな先入観となって鑑賞の妨げにもなるように思われます。
最初にそうおぼえてしまったおがけで、私はこの曲を聴くとき、どうしても「夜の歌」というタイトルを思い浮かべながら聴いてしまいます。

この曲は、第5番から第7番にかけての声楽を含まない三つの曲の中では、おそらくもっとも人気の薄い曲ではないでしょうか。私にとっても、所有CD数の少ない「大地の歌」と並んで、聴く回数の少ない交響曲です。
人気がないから「夜の歌」などというタイトルをつけて親しみやすくしようということなのか、単に習慣化してしまったのかはわかりませんが、わりと最近出たCDでもこのタイトルはついているようです。第4番を「大いなる喜びへの賛歌」とか、第3番を「夏の交響曲」とか呼ぶことはほとんどなくなってきているようなのに、なぜでしょうね。

さて、昨日は初演100年目の記念日だと知りましたので、通勤時間と休憩時間を使って聴いていました。まずはシノーポリとフィルハーモニア管弦楽団による演奏、そして、ノイマンとチェコ・フィルによるもの。後者はおそらく私が最初に聴いた演奏と同じものです(実は、第2番と違ってあまり印象に残っておらず、確信はありません)。
「Nachtmusik」と題されたふたつの楽章だけでなく、第1楽章と第3楽章も比較的ゆったりとした、明暗でいえば「暗」の曲想が続きます。このため、「夜の歌」というタイトルがけっこう合ってしまっているのですが、最終の第5楽章に至って急に「明」になるため、構成がうまくない、といった評価を受けることもあるようです。でも、「夜の歌」だなんて思わずに聴けば、そんなこともないんじゃないかな。

私の聴き方は、あまり分析的ではなく、流れる音楽の美しさや迫力に身を任せるほうなので、この最終楽章での転換はさほど奇異に感じたことがありません。まあ、こういう曲だとわかってて聴いているのもあるでしょうが。
たしかに唐突な印象はありますし、ベートーヴェンの交響曲のような流れのわかりやすさはありませんが、明解な流れと構成だけが良い交響曲の条件と決めつける必要もないように思います。音楽を聴くときに何らかの情景や感情を投影することは少なくありませんが、気分の流れのままに音楽が展開するのでは、下手をするとステレオタイプになりかねません。
また、第1楽章はたしかに「暗」ではあるものの、暗く沈鬱なのではなく、むしろ穏やかさとその背景にある起伏の予感を漂わせる音楽であるように感じられます。その起伏が、最終楽章に大きくなって戻ってくる、そんな聴き方もできるんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、不人気曲(と、勝手に決めつけちゃってますが...)にしておくのはもったいない、美しさ、心地よさ、驚きに満ちた音楽だと私は思います。
リンクにはわりと最近聴いた3つの演奏を挙げておきますが、これらがイチオシ、というわけでもなくて、どの演奏を聴いてもそれぞれの魅力があります。まだ聴いたことがないけど...というかたは、ひとまずわりと有名なものの中から求めやすいものを選べば良いのではないでしょうか。演奏による好みなんて、いくつか聴いてみてからでなければわかりませんしね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/872

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年9月20日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「そのCMはいったい何!? BS日テレのTANTOクラシック!って...」です。

次のブログ記事は「なんとなく、Ubuntuを試してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja