2008年9月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

今年の春先から、このブログに新規の記事をエントリしようとすると、3回に2回くらいはサーバの反応が返ってこなくなる症状が出ています。
MovableTypeのバージョンは3.32aと少し古いままだたのですが、何か設定をいじったということもなく、設置当初はスムーズにできていた操作に失敗するように。
なにせ、記事投稿のたびにエラーが出て何度か試しているうちに「記事は投稿されたけど、再構築されておらず反映されない」という状態になります。ひどいときには同じ記事が3つ投稿されているのが30分後にわかったりするので、削除して再構築。時にはその再構築がタイムアウトで失敗。
これでは不要な負荷がサーバにかかるばかりか、記事投稿したことがどこにも通知されないので、各種の検索に引っかからなくなってしまいます。

さてはniftyめLaCoocanのサーバにユーザーを詰め込んでサーバの負荷が高くなっているんじゃなかろうか、と疑っていました(正確には、いまでもどうだかと思ってますが)が、Niftyからは「何のトラブルもなくサーバは運営できてる」との返事(信じていませんが)。
とはいえ、やれそうなことはやってみようと、MovableTypeを4.21にアップグレードしてみることに。

ダウンロードして回答したファイル群をサーバにftpで移し、フォルダ名をこれまでバージョン3で使っていたものに変更、設定ファイルをコピーしてmt.cgiを開いたら、途中までは順調に。
けれど、既存ブログのデータベースをアップグレードする段階で、「使用されていないテンプレートマップを削除しています...」が表示されたきりストップ。一体なんでしょうか。
ウィンドウを閉じてmt.cgiを再度呼び出しても、mt-upgrade.cgiに飛ばされて毎回同じ箇所で止まります。これでは、新規投稿も何もできません。

こういう時は、問題のmt-upgrade.cgiを削除するとか、乱暴な方策しか思いつきません。もう少し穏やかな方法はないものかとネットを探ってみても、なかなかピッタリしたものは見つかっていません。
この文章も症状が改善されるまでは投稿できないわけで、さて、どうしたものか。

...と、書いたあとで、初心に帰って必要ファイルを再度FTPでアップロードしなおし、cgiを走らせました。
どうやら、今度はアップグレードに成功したみたいです。良かった良かった。
まずはこの記事をテスト代わりに投稿してみます。さて、気になるサーバの反応は、どうなっているでしょうか。

...やってみましたが、バージョンアップ前と全く状況は変わりません。
@niftyには問題を報告して改善の要望中ですが、LaCoocanを検討されているかたがありましたら、今しばらく様子を見たほうが良いかと思います。
無料で利用できるサーバ(たとえばXREA)よりも、有料サービスが不安定でエラーが多いというのはいかがなもんでしょうか。

<10月1日追記>
MovableTypeを4.21に変えてからの状況ですが、サイトのデザイン変更をしたあとでの全体再構築になんと47分かかりました。さすがにそれはないだろう、という感じです。以前はタイムアウトで止まる以外は、10分くらいでしたから。
もちろん、新規投稿がエラーになるのも相変わらずで、管理画面を表示するのさえ数分かかるありさま。サーバ変えようかと本気で悩むほどです。
一体何が原因なのか、ホントに他のユーザーからはなんの苦情もないとすれば、私がとんでもない設定のミスをしているのか、謎は深まります。

週末の東劇でのMETライブビューイング上映は10時半から始まるので、14時〜15時くらいには終了して銀座の街で散歩が出きるのも楽しみの一つです。
で、今日も「ラ・ボエーム」を観た帰り、銀座の山野楽器に立ち寄りました。目的は、前回「マクベス」の帰りに見つけたものの即決せずに迷っていた、CDボックスセット、ミヒャエル・ギーレン指揮、南西ドイツ放送交響楽団によるマーラーの交響曲全集です。

このセット、少し以前にHMVのネット通販サイトで8,500円ほどになっていたときに買いそびれ(「お、下がったのでそのうちに買おう」と思っていたら、値段が戻ってしまった)、今ではマルチバイでの割引を使っても11,569円です。Amazon.co.jpにいたっては何と22,684円!
このセットが、山野楽器では8,400円で売られていました。買ったCDは概ね一度は聴いているとはいえ、マーラーの交響曲全集だけでも10種類にもなり、中にはまだ一度しか聴いていないものも残っているのに、さらに全集を買い足すのはさすがにはばかられ、前回は見送ったのでした。
とはいえ、これで売れてしまったら次に同じような値段で会えるとは限りません。今日も5分ほど迷いましたが、結局は買うことにしました。

帰宅してひとまずiTunesには取り込んだのですが、ケーブルテレビでヴェルディの「ルイザ・ミラー」が始まってしまい、まだ聴いていません。
マーラーの交響曲はさまざまなアプローチがあり、好き嫌いはともかくとしていろいろなタイプの演奏を聴いてみたいと思っています。この演奏は、HMVのユーザーレビューによれば「冷静」で「突き放した」演奏だとか。
私自身は、以前はバーンスタインに代表される、曲にどっぷりと浸かり込んだような演奏を好んでいたのですが、最近は距離を置いた演奏のおもしろさも感じられるようになりました。ギーレンはどのような演奏を聴かせてくれるのか、順番に楽しんで行きたいと思っています。
一応、Amazonのリンクを貼っておきますが、購入する歳にはHMVのほうが安いです。

東銀座の東劇でのアンコール上映で一気見(?)中の「METライブビューイング」ですが、本日から全8作品の後半に突入してプッチー二の「ラ・ボエーム」です。
今シーズンの8作品にただ一人、二つの作品が採用されているプッチーニですが、今年は生誕150周年ということでの特別扱いでしょうか。まあ、ヴェルディと並んでこの人の作品なしには、オペラハウスのレパートリーが成立しないほどの存在ですから、不思議でもありませんね。

このアンコール上映の開始時に全日程を決めて座席指定もしてしまったのですが、今日の「ラ・ボエーム」と明日の「ロメオとジュリエット」は、けっこう混んでいたようです(チケットを買ってくれたのは妻でしたので、聞いた話ですが)。やはり、ゲオルギューとネトレプコという、ビジュアル系ソプラノが主役を努めるとなると、人気なのでしょうか。
とはいえ、観客の数は先々週末に行った「マクベス」と同じ程度でした。見逃していたファンが良い席を早い段階で買って、あとはボチボチ、というところだったのかもしれません。

さて、今回の作品の中では多分一番短いこの作品、2時間で4幕もあるのでテンポも良く、ミミとロドルフォに感情移入して観られればしっかりと感動できるという、個人的にはオペラ入門に最適な作品じゃないかと思ってます。
幕間のルネ・フレミングの説明によれば、METでもっとも多く上演されている作品でもあるようですが、さもありなん、という感じ。しかもゼフィレッリの演出による豪華な舞台装置、動きも多く、第2幕での群集シーンの迫力など、どこをとっても文句のつけようがない舞台です。安定した人気を誇るのもわかります。これは是非一度、METで本物を観てみたいですね。

ゲオルギューは1965年生まれの43歳だそうですが、失礼な話ですがもう少し上に見えました。アップ中心のHD映像はちょっとつらいかもしれませんね。
とはいえ、とてもきれいなかたですし、もちろん声ものびやかで美しく、彼女が若いミミに見えてくるのにそれほど想像力を総動員する必要は、ありません。ヴァルガスのロドルフォも人の良さそうな風貌が良くマッチしていましたし、若々しさを感じさせる声もとても良くあっていたように感じます。
もともとこの作品のヒロインであるミミは、清純で何も知らない娘というより、以前から気になっていたロドルフォとの距離を一気に縮めるための機会を伺って行動に移し、身勝手ということではないけれど自分の幸せをしっかりと追求する、ある意味現代的な女性であるように思えます。そんなミミのキャラクターが際立っていたんじゃないでしょうか。

主役の二人以外もさすがに粒選りの歌手ばかりで、仮に数万円のチケットを買って観に行っていた舞台であったとしても、満足行くものでした。
ムゼッタ役のアインホア・アルテタはちょっと蓮っ葉だけど根は暖かい人柄の現れる柔らかさのある歌でした。あと、マルチェッロを演じたルドビィク・テツィエールって、映画「ハリー・ポッター」シリーズのスナイプ先生役の役者に、ちょっと似ていました。いつ主人公に意地悪のするのかと気になって...(うそ)

下記の記事に賛成です。通勤ルートは最短ルートじゃなく、最快適ルートを選びたい。

 通勤は最短ではなく最快適ルートを選ぶ(Kousyoublog)

そもそも選ぶ余地があるか、という問題もあるのですが、賃貸住宅を探すのなら、比較的ラッシュの激しくない路線で検討するとか、各駅でも始発電車がある駅を選ぶとか、いろいろできます。
そもそも持ち家があって今からじゃ選べない場合でも、ひとまず最寄りの乗換駅について以降の選択肢がある場合も。

私の場合、会社からの通勤定期代は最短(というか、どちらかといえば最安値の)ルートでしか支給されませんが、差額を負担して別ルートでの通勤をする場合には、所定の書式で報告しておけばいいことになっています。
今の職場への通勤ルートは、幸運なことに「最短=最安値=最快適」なので何の問題もありませんが、複数のルートがあるときには、どれを選ぶかはけっこう大事です。
それが許されないケースもあるかと思いますが(たとえば定期券の現物支給とか)、もし選ぶ余地があるなら、ちょっと早起きしてでも通勤ルートを見直す価値は、大きいと思います。

首都圏で乗換のある通勤だと、1路線あたり20~30分くらいでしょうか。もっと長いかたもたくさんいると思いますが、これだけの時間を満員電車で身動きも取れずに移動するのは、やはりもったいないです。
たとえば合計で45分もあれば、手軽な本ならば往復で読み終えられますし、ラジオの語学講座は2回分聴けます。動画プレーヤがあれば往復で映画一本観られちゃう。まあ、お好きな方はゲームでも(でも、通勤電車で20分、30分とテトリスを続けているのを見かけることがありますけど、そんなに面白いんですかね? 他人事だから良いけど)。

良くあるじゃないですが、アンケートとかで「本を読まない理由」→「読む時間がない」「英語学習が進まない理由」→「勉強する時間がない」って。
でも、通勤ルートのひと工夫で毎日往復1時間程度を捻出できる人って、決して少数ではないはずです。私は以前、混雑で有名なJR埼京線を使っていましたが、朝6時半過ぎに家を出て始発電車を待ち、車両の一番端のつり革を確保することで読書できる環境を獲得していました(10分程度並んだだけじゃ、座れることは少ないのです)。
そのくらいの工夫もせずに、「時間がない」って嘆いていても、何もできないままに時間は過ぎていきます。

まあ、10分なり20分の早起きと、過酷な満員電車のどちらを選ぶかも、人それぞれの選択ですし、「最快適ルート」がすべての人に正解というわけではありません。
全員が同じように考えたら、今ある「最快適ルート」がそうじゃなくなってしまうし、結局状況が変わらないほうが、「最快適ルート愛好者」には望ましいのかも。

幸いなことに、仕事の話ではありません。
今週の月曜日から、とある大学の生涯学習講座でドイツ語の初級クラスに通い始めました。全12回なり。
案内文には春のコースの続きだが、過去にドイツ語学習の経験があれば大丈夫、とありました。あれば良いんですよね、ありますよ、はるか以前の大学の教養部でなら。ちゃんと成績だって「優」だったのです。

まあ、「なんとかなるっしょ」という根拠のないポジティブ精神で申し込み、初日なので事務所でテキストを購入し、教室へ。すでに3名ほどが座ってらっしゃる。しかも教室の前のほうから埋まってます。会社で着席自由のミーティングがあったら、確実に後方から埋まるのに...
どうやら、今回初めての受講者は私だけのようです。緊張して名札を取るのも出席簿に○をつけるのも忘れ、教えていただきました。ありがたや。

まずは自己紹介。先生、こっち見て喋らなくて良いです。ゆっくりと喋っていただいているのだが、半分もわかりません。わからないのは聞き取れていないのではなくて、聞き取った単語の意味がわからないので、ゆっくりでも無意味なのです。
今度は受講者の番、出身地、居住地、仕事、趣味、ドイツ語学習の目的なんかをヨロシク、ということで、ここはなんとか前に喋っていた人のを参考に切り抜けました。

テキストはそう厚いものではありませんが、全部で7つのレッスンに別れているうちの「Lektion5」から開始です。
でも、何ページを開けといっているのかがすでに曖昧です(笑) 幸い挿絵等があるのでそれを手がかりに目的のページを開きますが、全く情けない限り。英語でも読むほうは何とかなってもリスニングがからきしなんですが、ドイツ語でも耳の悪さ全開です。

二人ずつペアになって例文に別の単語をあてはめて喋る練習があるのですが、とりあえずは読めるのですが意味がわかりません(ドイツ語で良かった、フランス語だと読めもしません)。
ペアの相手は都合3人でしたが、どなたもちゃんと出てくる単語はわかっている。すごいなあ、と思ったのですが、よく考えると春の講座がついこの間終わったばかりで、単語も直前に出てきたものが多いのでした。それでも、一度習ってちゃんと覚えているんだからやっぱりすごいです。
最近はとにかく物覚えが悪くて、英単語でも何でも一度では何も記憶できません。下手に子供のころ記憶力が良かったので、ものを覚えるための工夫が必要なかった私は、いまや記憶力が衰えた上に何の工夫もできない大馬鹿者状態なんですね。これは語学の勉強にはかなりイタイです。

とにかく、1時間半の授業でペアの相手には迷惑をかけっぱなし。
とりあえず文法の基礎くらいは記憶に残っているので、機械的に例文の動詞や目的語を入れ替えることはできるんですが、これって意味もわからずに機械的に発話しているだけ。たぶんこのままではずっと同じことの繰り返しになるでしょう。
考えてみると、ある学習単位の中で自分がもっとも知識も訓練も不足している状態というのは、久しぶりのことです。学習単位とは違いますが、入社直後の職場での立場に似ています。
さすがにこれではマズイので、ちょっと時間をかけてでも予習復習をちゃんとやるようにしなければですね。それにしても、私はちゃんとミュンヘンに行ってビールの注文ができるように、なるんでしょうか。
この記事を最後に、私がドイツ語に一切触れなくなったら、それはきっと挫折した証拠です。

ATOKとのつきあいはかれこれ20年近くになります。

たしか会社にATOKが標準搭載された東芝のPCがあったのでした。だいぶ初期のバージョン、とはいってもATOK6から7くらいだったと思います。このころにスペースキーで変換、文節区切りの移動は左右矢印、下向き矢印で確定、という基本動作が身についちゃいました。
その後、自分で買ったマシンにはエーアイソフトの「WX」シリーズを買ったのですが(当時、ATOKの単体発売前だったと思います)、操作方法や表示色はATOK風にカスタマイズして使っていました。たしかWXはその柔軟なカスタマイズ(と、低価格)が売りだったはず。
自宅のマシンでは、ATOKを2バージョンおきくらいにアップグレードして、使い続けています。現在はATOK2006です。

前置きが長くなっちゃいましたが、Macを買ってわりと早い段階で探したのが、標準のかな漢字変換「ことえり」をATOK風のキー設定に変える方法です。
ところが、私にしてみれば「標準であって当然」のこの設定が、いくら探しても出てきません。調べてみると、設定ファイルを書き換えることで対応するんだとか。そんなめんどくさい。
やれば一瞬なのでしょうが、それが面倒でやらなくなるのが「老い」というものでしょうか。この段階で萎えてしまい、まだやってません(今度の週末にでもやろうかと思います)。
そんなわけで、未だにMacでは文章を書いておらず、VMWareでWindowsXPを動かし、秀丸エディタとATOKの最強コンビ(?)を使っています。

で、今回Ubuntuを設定してみて、かな漢字変換の設定を開いてみたところ、ちゃんと「ATOK風設定」が選べました。使ってみると、確かにあのキーバインドで、ほとんどストレスなく使えます。
エディタは「gedit」が標準で使えるのですが、あとはこれを普段使っている「秀丸エディタ」と同じ配色に変更すれば、ここ15年ほどの文章作成環境にだいぶ近づけることができます。ちなみに、私の秀丸エディタはずっと、背景色が黄色、文字色が濃紺、現在行は紅色の下線と決めています。なんか、背景が白だと文章が書ける気がしません。

現在のところ、私のiMacで文章を作成する環境としては、一番がWindowsXPとATOK、秀丸の組み合わせ、二番がUbuntuで標準のかな漢字変換とgedit、そして最下位がOSXでことえりとテキストエディットの組み合わせです。
OSXにとっては、「標準ならMS-IMEとメモ帳の組み合わせとの比較でなくちゃ」という感じでしょうか。その場合でも、標準で「ATOK風設定」ができるMS-IMEに、私は軍配を上げます。
AppleとしてはATOKに負けない環境を提供している自負があるのかもしれませんし、PCからの移行者対策はMS-IMEでことたれり、ということかも。けれど、ATOK風の設定ファイルひとつを追加することくらい、簡単だったんじゃないかと思うのですね。
たったこれだけのことで(面倒だからといじらずに済ませている私が横着なだけにせよ)、文章作成環境としてUbuntuに劣る評価を受けるのでは、Appleも本意ではないだろうと思うのですが...

ことえりのキー操作をATOK風に変更してみて、それでもだめなら、OSX用のATOKでも買いましょうか...なんか本末が転倒している気が、するのですが。

週末に観に行ったオペラの公演、プラハ室内歌劇場の「魔笛」での鑑賞「マナー」の悪さを指摘した記事を見かけました。

 魔笛(プラハ室内歌劇場?・東京文化会館・台東区上野公園)(道楽ねずみ)

まず、歌手についての感想については同感です。「この日,楽都プラハから一流歌手が消える・・・」なる宣伝文句は、ちと誇張が過ぎたんじゃないかと思います。

問題は鑑賞の「マナー」について。
4階席で身を乗り出して他の観客の視界を遮る親子というのはまあ、論外でしょう。これはマナーの問題(というより、社会常識の問題かな)。
けれど、残る指摘の2点、「アリアごとに拍手をして進行を妨げる」「ラスト演奏途中に拍手を始める」は、マナーの問題とするべき話でもなければ、「目を覆わんばかり」と形容するほどものでもないと思います(さすがに「目を覆わんばかり」という表現は削除されたようです)。

まずアリアごとの拍手ですが、私も「ちょっとやり過ぎじゃないの?」とは感じていました。
そのオペラの中でも聴かせどころだったり、特に素晴らしい歌唱に対して拍手が起こることはあっても、ジャズのソロ終了時の拍手のように毎回やるものではありません。
会場には「アリアが終わったら拍手」と思いこんでいたかたがそこそこいて、周囲の観客が釣られたのかもしれませんし、最初のアリアのあとの拍手で「そういうものなんだ」と思ったかたが多かったのかも。
けれどこれって、「マナーの善し悪し」ではなく「場慣れしているかどうか」の問題に過ぎないんじゃないかと。交響曲の楽章途中で拍手しちゃうのと同じで、慣れてない人、初めての観客がやっちゃうのは防ぎようがありません。それに、これって拍手すべきタイミングを厳密に定義できますか? そしてそれをすべての観客に予め告知できますか? 絶対無理。
それに、「魔笛」ですよ。しかも町の公会堂で気軽に楽しんでね、という感じのオーソドックスな舞台です。適当に楽しめばいいじゃないですか。

次にラストですが、この日は音楽が鳴りやまぬうちに幕が降りてきて、音楽が終わったときには完全に閉じた状態でした。このような場合、幕が下りかかったところで拍手がわき起こるのはむしろ当然だったと私は思います。
また、オペラにおいて完全に音楽が終了するまで拍手をしてはいけない、という「マナー」を浅学にして私は知りません。DVDで発売されている舞台や、NHKやCS放送で観る映像を観ても、最後の音楽に拍手がかぶっていることなど日常的な光景です(日常的だから「正しい」とか、主張するわけではありません)。
これをもって観客の「マナー」が「目を覆わんばかり」とフラストレーションを溜めていては、劇場を借り切って公演を観るしかなくなってしまうように思います。

マナー違反を定義することは難しいでしょうし、基準は人によって違います。
咳払い1回は大丈夫だけど、10秒間に1回以上になるとマナー違反とか、そんなふうに決められないもの。あまり厳格な「マナー」を他人に求めすぎても、せっかくお金を払ってオペラを楽しみに来ているのに、ストレスをためて帰るだけになってしまいます。

この日の観客についていえば、私の周囲にも「場慣れ」云々ではない、もうちょっと考えたほうが良いんじゃないの、と感じられる人はいました。
彼女につきあってきたらしいのだけど、明らかに飽きて(あの狭い席で)大股を広げてだらけていた男とか(隣じゃなくて良かった)、音楽の途中でもかまわずにぺちゃくちゃ喋ったり、なんども荷物をがさごそとさせていた後ろのオバチャン達とか、いろいろです。
けれど、秋の連休にリーズナブルな価格設定のオペラ公演を観に来たら、この程度は覚悟しておいたほうが良いんじゃないかな。あまりハードルを上げすぎると、楽しめずに損するのは自分自身ですから。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の試用レポート第3弾です。
第1弾第2弾>も併せてご覧ください。

<将来性を考えるとRAW>
従来のP-5000もかなりの完成度だったので、P-7000ではバックアップなら「差分バックアップ機能」、液晶画面ではAdobeRGB比の色域の拡大や視野角の拡大など、それなりに大きいけど改良の範囲に止まっています。
今回まったくの新機能として搭載されたのが、対応デジタルカメラでのRAWファイルの現像機能です。

RAWは高画質だけど、PCでの現像が前提になることやデータ量が大きくなることもあって、あまり使っていないかたも多いんじゃないでしょうか。私の使っているカメラはニコンのものですが、初期のD1のRAWファイルからも最新のD3やD300と同様の色合いでの現像が可能です(NikonのCaptureNXを使用)。
将来に渡って写真を楽しむためにも、使えるのならRAWで撮影をしておくと良いと思います。

一方で、RAWの現像にはPCが必要ですし、カメラメーカーによって方法も異なります(サードパーティのソフトウェアで現像すれば、同じ手順になりますが、多くはカメラに付属のソフトを使うでしょう)。
今回、P-7000で搭載されたRAW現像機能を使えば、さまざまなカメラのRAW現像を、同じ手順で行うことができます。これは、PCの操作に慣れないかたがたにとっては大きなメリットになります。

<では、手順を順番に>
まずはバックアップした写真の中から、現像するRAWファイルを選んで表示させます。
「Menu」ボタンを押して中から「編集」を選ぶと、「この画像を現像」という項目があります。これを選んで「OK」すると、「処理中です」というメッセージののちに現像操作の設定画面が出ます。


最初に出てくるのは、パラメータを選んで現像する簡易な操作画面です。
「標準」「人物」「風景」「夜景」「忠実」「モノクロ」という6つのパラメータを選ぶことで、面倒な設定なしで適切な条件が設定されます(「忠実」以外はJPEGからのレタッチでも使えるパラメータです)。
パラメータを選ぶと、右上に現像後の色合いをシミュレートした写真が表示されますから、個々のパラメータについて設定が頭に入っていなくても、好みの結果を探すことができます。

「マニュアル設定」も可能で、これを選ぶと今度は「ホワイトバランス」「露出・コントラスト・彩度」「カラーバランス」「シャープネス・ノイズリダクション」といった個々の条件設定ができるようになります。
それぞれの条件はスライダーで変更でき、数秒のタイムラグはありますが、左右に並んだ右側にレタッチ後の結果シミュレーションが表示されます。結果を常に確認しながら操作できますから、さまざまな条件を納得行くまで好きなように組み合わせてのレタッチが可能です。
設定が済んだら現像を開始します。1枚あたり現像には3分ほどかかります(パラメータを選んでの現像でも、マニュアル設定でも、あまり時間は変わりません)。現像・レタッチ後の写真を適当なフォルダを選んで保存して完了です(当然ですが、勝手に上書きしたりはしません)。

<手軽にレタッチの楽しさを>
デジタルカメラの性能がかなり向上して、カメラ任せで撮影したJPEGファイルをそのままプリントしても、相当満足できる結果が得られます。レタッチは必ずしも必要ではありません。
しかし、デジタル一眼レフはレタッチを色々と試しても色合いやコントラストが崩れにくい、高画質な写真を記録してくれます。レタッチによって露出の狂いを補正するだけでなく、よりイメージに近い写真に仕上げることができます。

多少の違いはあるものの、JPEGからのレタッチでも同じような操作ができます。
RAW現像だけでなく、JPEGでも簡易なレタッチ機能が使えることで、これまで「何となく面倒」とレタッチを敬遠してきたかたでも、気軽に試せるようになるでしょう。また、PCでのレタッチになれたかたにとっても、手元にPCがない場合でもある程度の作業をして店頭等でプリントできますから、撮影してからプリントにしたり、人に見せたりというタイムラグが大幅に縮まります。

単にバックアップするだけでなく、デジタル写真を楽しむための万能機に、「P-7000」は近づいたといえるのではないでしょうか。

EPSONのカラリオフォトビューワ「P-7000」の使用感レポートです。
Vol.1はこちらに。

<この機能を待っていた! ユーザーも多いのでは?>
P-5000はあえてモデルチェンジが不要なほど、完成度の高い商品だったと思っていましたが、今回の新機能のうち「差分バックアップ」は、「買い換えちゃおうかな?}と心が揺らぐほどの変化です。

以前の機種では、バックアップ機能はメモリカード内の写真まるごとを保存するように設計されています。
つまり、写真を撮っていてまだ一杯にならないうちにバックアップを取り、そのまま初期化せずに追加で撮影をすると、次のバックアップ時には先ほどすでにバックアップ済みの写真まで、再度取り込まれてしまうのでした。

これだと、使用方法は次の3つに限定されてしまいます。
 1.写真が二重、三重になるのは気にせずに都度バックアップを取る
 2.バックアップの都度、メモリカードを初期化して使う
 3.1日撮り終わるまで、バックアップしない

長期旅行中の私のスタイルは、1と3の混合でした。
でもこれだと、同じ写真が何度も保存されてディスク容量も無駄、バックアップ時間も無駄です。また、その日が終わってのバックアップでは、「さっきの写真、どうだったかな~」と確認する楽しみがありません。

<差分バックアップは必須の機能だったんだ>
P-7000が他のフォトストレージ商品と違うのは、なんといっても高性能の液晶画面がついているところです。
つまり、撮った写真をすぐに美しく(そこそこ)大きな画面で観られることが、この商品の大きな魅力なのですね。

けれど、差分ではない、フルバックアップしかできないとなると、撮ったらすぐにディスクに移して鑑賞、という使い方がちょっとやりにくい。
カードの写真をそのまま観ることは可能ですが、なにかあって写真が消えたりしたら嫌だし(漠然とした不安です)、とはいえ毎回バックアップするのは時間がかかります。メモリカードはあまり不要な初期化はしたくないし(これも実際には問題ないかもしれませんが)。

撮った写真のバックアップを作ることだけでなく、撮ったその場で観られる、という使い方をもっと気軽にできるようにするには、差分バックアップは必須の機能かもしれません。

<バッテリが不安、というかたのために>
バッテリそのものは以前の機種と同じものですが、カタログ上は、80GBぶん以上のデータ転送が可能になっています。
私の場合、プロカメラマンではないので、旅行中にたくさん撮るといっても毎日100~300枚の間。これは1200万画素のD300でも、4GBのカード一枚か、せいぜい2枚で足りる量です。

したがって、小分けにして500MBほどで10回バックアップを取ったとしても、液晶画面で写真を確認し、あるいは人に見せたりする余裕は十分にあります。
おそらく、ほとんどのユーザーにとっては予備バッテリは不要でしょう。バッテリの継ぎ足し充電による劣化を気にするのなら、ふたつあっても良いかな、という程度です。

1週間の旅行で充電器が不要、というわけにはたぶん行きませんが(バックアップ用途だけに絞れば、もしかしたら足りちゃうかも)、これまで4,5回旅行に持参して、バッテリ切れで肝心なときに...という経験はありません(P-5000での話ですが)。

<差分バックアップを使って、撮った写真をその場で楽しめます>
差分バックアップ機能で、写真を撮ったその場で、重複を気にせずにフォトビューワに移せるようになりました。
スナップ写真を撮った、すぐに撮った相手に確認してもらうことも簡単だし、相手がSDカードのカメラなどを持っていれば、その場でコピーしてあげるのもほんの数ステップでできます。この手軽さは、どんな小型ノートPCでもかなわないでしょう。

6~7万円という金額は、今だと「Eee PC」などの低価格ミニノートと競合する金額です。次の旅行に向けて、どちらにしようか迷っているかたも多いのではないでしょうか。
私は、使うときの手軽さ、コミュニケーションツールとしての使いやすさなど、いろいろな点で「撮った写真をあれこれ楽しむ」ことに特化して作られた「P-7000/6000」に軍配を上げます。2年もすればしょぼくれた旧機種になってしまうPCと違って、2年後にも快適に写真ライフを支えてくれること請け合いです。

今は、起動時に次の4つを同時に開いています。

 Things(Thn.gs)
 Google Reader
 Google Calender
 紙copi Net

紙copi Netは今日から使い始めてみましたが、簡単なメモや情報などをストアしておけば、別のPCからでも参照・加工できるので、ネットワークディスクよりも簡単手軽に情報の一時置き場として活用できそうです。
昼休みにブログ記事の草稿を書くこともあるのですが、これだとわざわざ自分宛にメールで送っておいたりしなくても、自宅で仕上げて掲載できます。便利そう。

閲覧しているサイトの情報をワンタッチでクリップする機能もあり、これも使いようで便利そうです。従来だとRSSリーダーならばスター(ピン)をつけたり、SBMでブックマークしたりしていましたが、短期的に参照して消しても良いタイプのクリッピングならば、これが手軽です。
あとはスマートフォンでも快適に動作すれば、いうことありません。iPhoneは動作確認対象のようですが、先日故障してしまったEM・ONEでは快適に使えたのだろうか...

ブログの草稿などを管理する場合に便利だと感じたのは、文中のURLをダブルクリックすると、ウィンド中でプレビューしてくれる機能です。
これで、リンクURLが意図通りのものになっているかどうかが簡単に確認できます。なんかこう、すごく便利で意味もなく使いたくなります。

ThingsはオンラインのTODO管理ツール(GTDツール)ですが、以前ちょっと書いたとおり公私わけることなく、とりあえず気になっていることやそのうちにやらなければならないことなどを記入しておけます。オフィスでも自宅でも、WEBにつながってさえいれば管理できるのが良いですね。

Googleのふたつのサービスは改めて説明の必要もないですね。
Calendarはもともと使い込んでいたわけではなかったのですが、上記の通りEM・ONEが壊れてしまったので、私的なスケジュール管理はGoogle Calenderのデータを取り込んだiCalと、iPodを同期させて参照しています。オフィスからはiCalに直接アクセスできないので、仕事の予定はGoogle Calenderに。
PDAないしスマートフォンをどうするか確定したら、Calendarのほうは不要になるかもしれません。
いずれにせよ、こうした普段使うアプリケーションの多くがネット上に置かれるようになると、Google ChromeのようにWEBアプリケーションをショートカットにして個々に起動して使うというのが当たり前の姿になっていくのかもしれません。

本日は雨の中、15時から東京文化会舘でのモーツァルト「魔笛」を観てきました。
チケットを買ったのはいつだったか思えていないのですが、座席は1階席後方中央ブロックでしたので、ぶたんが見渡せるしそれほど遠くもないしで、なかなか良い席でした。オペラグラス代わりの双眼鏡を持っていったのですが、ほとんど必要がないくらい。せっかく持っていったのにもったいないので、ときおり歌手の表情を観るのに使いましたけど。

有名なオペラなのでストーリーはわざわざ書きませんが、何度観ても「支離滅裂」という印象ではあります。
前後半で善悪がキレイに入れ替わったり、夜の女王は結局ザラストロのもとでのタミーノの修行を助けるために魔法の笛を贈ったようなものだし、しまいにはラストでザラストロの城に侵入を試みながらあっけなく滅んじゃいます。
いささか整理のできていない、とっちらかったストーリーが、しかも2時間半にも満たない短いオペラになっているのですから、事前の知識なしに初めて観るとわけわかんないんじゃないでしょうか。あるいは、場面転換も多いし、オペラとしてはとてもスピーディに展開するので、むしろわかりやすかったりするのかも...

一流劇場の引越し公演とは違って、価格もお手頃ですし、有名スターが並んでいるわけでもありません。ザラストロを演じたイヴァイロ・グベロフなど、この大切な役なのに声が力不足、低音部の音程は怪しくかなり残念でした(「その音程の声が出せる」のと「歌える」ことには大きな違いがあることの、なによりの証拠です)。また、夜の女王役のエレナ・ガズディーコヴァーも無難に歌ってはいましたが、迫力不足はいなめません。
全体にもう少し荒っぽくても良いから力強さがほしい、と感じられたのは確かですが、この歌劇場の目指すのはそういった演奏ではなく、もっと小規模のホールで手軽に楽しめるオペラなのでしょう。その意味では、箱が大きすぎたのかもしれません。

舞台装置はとてもシンプルで、最近流行りの「読み替え演出」でもなく、とても普通に「魔笛」の世界を楽しむことのできる公演でした。
会場には多くのお子さんの姿も見られ、帰り際には小さな女の子が「おもしろかったね!」といっているのが聞こえました。テクニックや表現力に優れた超一流の演奏ばかりでなく、オペラの世界への入り口となる公演が多くあることもまた、重要なのだな、と思いました。

ハムステーキにパインを乗っけたら「ハワイ風」では、ハワイの人たちに怒られますかね...
まあ、発想が貧困なのはお許しいただいて。

ここ数週間は、なんだか忙しかったり、午前中から出かけなければならず、朝食のパンケーキも簡単にミックスで作ってシロップをかけておしまい、ということが多くて紹介できませんでした。
これも何かを工夫した訳でもありませんが、頂き物のハムがあったのでフライパンでさっと焼き、缶詰のパインも焼いて乗っけただけ。サラダもベビーリーフのミックスで、味付けは適当に妻がやってました。なんだろう、オーリブオイルと酢とコショウくらいだと思います(ホントに適当)。

生地も至ってシンプルで、薄力粉とベーキングパウダーと塩を少々、全卵、牛乳と砂糖です。ちょっと固かったので缶詰のシロップで緩くしましたが、味にはあまり影響なし。
まあ、おかずパンケーキのときにはあまり凝らずにシンプルに作ったほうがおいしいみたいです。

さて、本日は午後から雨模様のようですが、東京文化会館にてプラハ室内歌劇場による「魔笛」です。場所は1階の後方で、舞台の見通しは良さそうですが歌手は小さくしか見えませんね。
妻が双眼鏡を取り出してきたら、ゴムの部分が劣化してベタベタになってしまっていました。うーん、なんか買わなくちゃ。

iMacを購入してすぐにやったことは、矛盾しているようですが一緒に買ってきたWindowsXPのインストールでした。
BootCampでは何の問題もなく動いているのですが、Parallelsではなぜかうまく起動できず、しかたがないのでVMWare Fusionを使って。Macを再起動せずにWindowsも使えるようにしています。

VMWareにせよParallelsにせよ、なにもWindows専用のユーティリティではありません。
朝からの二日酔いがなかなか抜けてくれないこともあって、気晴らしに他のOSも試してみようと思い立ち、Ubuntuをセットアップしてみました。
Ubuntu Japanese Teamのサイトからたどって日本語ローカライズされたISOイメージをダウンロードし、VMWareからセットアップします。ものの30分もかからずに簡単に、いささかあっけなく完了してしまいました。何だか簡単すぎて、拍子抜けするほどです。だいぶ以前、AT互換機にLinuxを(Laserだったか、Slackwareだったか...)セットアップした時には、ネットにつなぐまでも結構面倒だった記憶があったのですが、簡単になったものですね。開発メンバーに感謝です。

Firefoxなどのアプリケーションも既にインストール済みですので、本当に起動すればすぐに使えるようになっています。私がWindowsよりもMacを使っていて気持ち良く感じることの一つに、スクリーンフォントの美しさがあります。Ubuntuでもアンチエイリアスのかかった非常に美しいフォントで表示され、Windowsのビットマップフォントよりもずっと見やすく、きれいです。
いまこのテキストは「gedit」で書いていますが、表示用フォントは「VL Pゴシック」を使っています。フリーで利用できるのでWindowsでも使ったことがありますが、表示ははるかに美しく感じられます。

考えてみると、WindowsでもMacでも、使っているのはFirefoxがほとんど。どのOSを使っても、それほどやれることに違いはないわけです。
PCの性能はWEBサイトの閲覧などの基本的な用途ならば、ローエンドのマシンでも十分なほど高まっています。5万円台の低価格ノートの流行は、それらでも十分な性能を持っているからこそです。こうなると、PCの価格に占めるWindowsの価格は無視できない水準にあるといえます。OEM価格は私たちがパッケージで購入する金額とはもちろん違うでしょうが、低価格PCの原価に占めるWindowsの割合はかなりのものでしょう。
初心者のサポートなど、難しい問題もあるのでしょうが、これだけのOSが無償で使えるのに、いつまでもWindowsに拘泥する必要はないのだろうな、と思えます。

昨日、9月19日はマーラーが作曲した交響曲第7番の日だったそうです。
ちょうど100年前の1908年9月19日に、この曲が作曲者自身の指揮するチェコ・フィルハーモニー管弦楽団によって初演されたんだとか。なるほど、記念すべき初演100年目の記念日というわけ。

この曲には、ときおり「夜の歌」なるタイトルがつけられています。私が最初に聴いたのは、NHK-FM放送でノイマン指揮チェコ・フィルの演奏だったように記憶していますが、そのときにもこのタイトルがつけられていました。
このタイトルはマーラー自身によるものではなく、第2・4楽章に「Nachtmusik」と付されていることからつけられたもののよう。作曲者自身がつけたわけではない名前で曲を呼ぶのは、あまり好ましくない上に、おかしな先入観となって鑑賞の妨げにもなるように思われます。
最初にそうおぼえてしまったおがけで、私はこの曲を聴くとき、どうしても「夜の歌」というタイトルを思い浮かべながら聴いてしまいます。

この曲は、第5番から第7番にかけての声楽を含まない三つの曲の中では、おそらくもっとも人気の薄い曲ではないでしょうか。私にとっても、所有CD数の少ない「大地の歌」と並んで、聴く回数の少ない交響曲です。
人気がないから「夜の歌」などというタイトルをつけて親しみやすくしようということなのか、単に習慣化してしまったのかはわかりませんが、わりと最近出たCDでもこのタイトルはついているようです。第4番を「大いなる喜びへの賛歌」とか、第3番を「夏の交響曲」とか呼ぶことはほとんどなくなってきているようなのに、なぜでしょうね。

さて、昨日は初演100年目の記念日だと知りましたので、通勤時間と休憩時間を使って聴いていました。まずはシノーポリとフィルハーモニア管弦楽団による演奏、そして、ノイマンとチェコ・フィルによるもの。後者はおそらく私が最初に聴いた演奏と同じものです(実は、第2番と違ってあまり印象に残っておらず、確信はありません)。
「Nachtmusik」と題されたふたつの楽章だけでなく、第1楽章と第3楽章も比較的ゆったりとした、明暗でいえば「暗」の曲想が続きます。このため、「夜の歌」というタイトルがけっこう合ってしまっているのですが、最終の第5楽章に至って急に「明」になるため、構成がうまくない、といった評価を受けることもあるようです。でも、「夜の歌」だなんて思わずに聴けば、そんなこともないんじゃないかな。

私の聴き方は、あまり分析的ではなく、流れる音楽の美しさや迫力に身を任せるほうなので、この最終楽章での転換はさほど奇異に感じたことがありません。まあ、こういう曲だとわかってて聴いているのもあるでしょうが。
たしかに唐突な印象はありますし、ベートーヴェンの交響曲のような流れのわかりやすさはありませんが、明解な流れと構成だけが良い交響曲の条件と決めつける必要もないように思います。音楽を聴くときに何らかの情景や感情を投影することは少なくありませんが、気分の流れのままに音楽が展開するのでは、下手をするとステレオタイプになりかねません。
また、第1楽章はたしかに「暗」ではあるものの、暗く沈鬱なのではなく、むしろ穏やかさとその背景にある起伏の予感を漂わせる音楽であるように感じられます。その起伏が、最終楽章に大きくなって戻ってくる、そんな聴き方もできるんじゃないでしょうか。

いずれにせよ、不人気曲(と、勝手に決めつけちゃってますが...)にしておくのはもったいない、美しさ、心地よさ、驚きに満ちた音楽だと私は思います。
リンクにはわりと最近聴いた3つの演奏を挙げておきますが、これらがイチオシ、というわけでもなくて、どの演奏を聴いてもそれぞれの魅力があります。まだ聴いたことがないけど...というかたは、ひとまずわりと有名なものの中から求めやすいものを選べば良いのではないでしょうか。演奏による好みなんて、いくつか聴いてみてからでなければわかりませんしね。

本日は短めに。結構ハラたててます。
帰宅して食事の用意をしながらテレビ番組表を見ていると、BS日テレの「TANTOクラシック!」なる番組が目にとまりました。

ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番と第3番とのこと。お、やるじゃないかと選局してしばらく聴いていると...なんと、第3番の第2楽章が静かに終わったとたん「ぷらぁーいむ、しょっぴぃーんぐ!!!」という脳天気な男の声が。
何が「はるだけブラ」だ、このボケ。

アホちゃうか。もうこんな馬鹿テレビ局の番組など絶対観ない。まあ、日テレなんかこの程度か。期待するほうが間違ってました。

仕事に占める公式・非公式のミーティングの割合はかなり高いものです。
顧客との折衝だけでなく、さまざまな会議、小さな打合せなど、「特定の目的で誰かと話している時間」が、「1人で何かを考えている時間」よりも長い、というのが普通じゃないかと思えるほど。

けっこう長いミーティング時間で、私が考える最大の「困ったちゃん」が、他人の時間を浪費することに無頓着な人々です。単にルーズなだけでなく、自分のために他人の時間を浪費してしまう人々が、組織のあちこちにいるのです。
典型的なのは、たまたま暇なときにやってきた営業を四方山話の相手にしてしまう取引先ですが、まあ、これは関係強化の一環として目をつぶれないこともありません(実際には、無駄に訪問面談件数を減らされて良い迷惑だとしても)。
本当に困り、なおかつ腹が立つのは、社内の会議や打合せで、本来の目的を離れて自分自身の納得感や満足感のために時間を浪費してしまう人たち。比較的職層も高く、周囲が直接に注意もできず、自分でも迷惑さ加減に気づけない人である場合には、公害であるといっても過言ではありません。

無頓着の表れのひとつは、やはり時間のルーズさです。平気で遅刻する、自分の都合を優先させる、他人の都合は無視する、といった症状。
こんな人たちは連絡もせずに遅れてきて、「イヤー参っちゃったよ、○○さん(だいたい役員クラスの名前が使われる)に急につかまっちゃってさ」などと、なぜかうれしそうに言い訳をします。待たせたことを謝るでもなく、自分が重要人物で忙しいことをアピールするのです。
あるいは、予告もなしに急に中座してしまう。突然電話連絡が入ったわけでもないので、急な用事ができたのなら会議の冒頭で「申し訳ないのですが」と切り出しておけば済むこと。なのに、何もいわずに突然「悪いけどいまから行かなくちゃならないので」などと言い出す。もちろん、それまでに自分の意見は言いたい放題、人の意見も聞かず、議論もせずにその場を離れます。後日退出後に議論された件について報告すると、「えー、そんなこと話してなかったよな!」などと言い出すのです。

たとえば5人で2時間の打合せをするとき、そのミーティングには10時間分の資源が投じられています。その貴重な資源は、何らかの意思決定や、対面でないと難しい意見交換に使われるべきもの。
けれど、他人の時間の価値に無頓着な人々は、この資源を自身の意見開示とストレス発散に使おうとします。人の意見は聞かずにとにかく喋る、しかも共通の認識になっていることまでことこまかに触れるので話が無駄に長い、同じことを表現を変えて繰り返す、しまいにはよく考えずに喋っているのか前後で矛盾したことを言い始める始末です。
理由はいろいろあるかもしれませんが、他の参加者の発言機会を奪っていること、結果として議論も深まらず、堂々巡りのまま時間が経過するために意思決定ができないなど、重要な資源の無駄遣いであることは間違いありません。しかも、当人はその犯人である自覚をまるで持たないばかりか、活発な意見交換ができたとさえ勘違いしているのです。

こういった人の話というのは、得てして前後が全く矛盾しているものです。
しかし、その矛盾を突くのは得策ではありません。返ってくる反応はふたとおり、「これは議論を深めるためにあえていろんな例をもちだしてるんだ!」もしくは「どこが矛盾しているんだ、何もおかしくない(といいつつ、話題をそらす)」です。いずれにせよ得るところが何もないだけでなく、単に睨まれて終わることになります。相手が執念深いタイプだとあとあとの災難を招きかねません。

ではどうするか。
こうした時間泥棒を相手にするには、より上位の役職者に同席してもらい、くだらない話をピシッと切ってもらうようにするのが一番です。これがもっとも角が立ちません。もちろん、事前に打ち合わせておくことが重要で、あなたが上位役職者と問題の人物についての悩みを共有していることが条件となりますので、使えないケースも多いでしょう。

より現実的な解決策としては、会合の冒頭で(もちろん問題の人物がいる時間に)その日の会合の目的とテーマ、必要なアウトプットと個々の議題にかけるべき時間を紙に書いておき、読み合わせて確認することです。
これをやっても喋る人は喋りますが、何の制約もない状態に比べれば多少は緩和されるはずですし、議長(ないし進行役)が話を切る正当性が生まれます。

人の話を角を立てずに切るのは慣れないうちは難しいですが、たとえばまともな意見になった瞬間に「ああ、それは面白い視点ですね。○○さんはどう思われます?」などと話主を切り替えてしまうといった方法があります。もちろん、ニコニコしながらやりましょう。
話をかぶせて断ち切るのは非礼とされるケースが多いでしょうが、その際にはやはり相手の意見を引き継ぎながら「それ良いですよね。前からの議論とあわせると、こんな考え方があります...△△さんの前回の意見にもありましたよね」とやると、多少は負のインパクトが消えます。
いずれの場合でも、困ったちゃんを小馬鹿にした態度を取ったり、その意見をあからさまに無視するのは禁物です。そういう態度は、それが許される場合やむしろ必要とされる場面に取っておきましょう。

どんな組織にも困ったちゃんはいます。
けれど、大切なのはどんな困ったちゃんでも、わざわざ敵にする必要なんてないということです。たとえ全体から見れば些末な仕事であっても、誰かがやらなければならないものをうまく割り当てられるかもしれません。ご本人は無能でも、その部下には有能な人がいるかもしれません。どこで何が役に立つかわからないのです。
タイトルに書いたとおり、他人の時間を平気で浪費するのは、効率を求められる組織においては犯罪に等しいものです。とはいえ、それを正面から否定するのではなく、よけたりいなしたり時には利用したりするしたたかさを身につけたいものです。そうですねえ、35歳を過ぎたら、その辺を考えて行動し始めても、良いんじゃないでしょうか。

3連休の最終日は、またも東銀座の東劇にてMETライブビューイングの「マクベス」にでかけました。
11時からの上映だと早めに家を出て、終了しても14時前後と時間が有効に使えるのが良いですね。これが16時とかだと、結局家の中でダラダラと過ごしてしまいがちです。

アンコール上映での集中鑑賞となっているMETライブビューイングもこれで4作目、前半の終了となります。ちなみにこれまでに観たのが「マノン・レスコー」「ピーター・グライムズ」「連隊の娘」そして今回の「マクベス」。
これらの中で最も長い「マクベス」でも、オペラ自体は3時間を超えないのと、途中でしっかりと休憩時間があるので事前に思っていたほど身体はつらくありません。東劇の椅子がけっこう良かったのと、妻が直前にテンピュールの「トランジットランバーサポート」を買っておいてくれたのも良かったようです。

さて、「マクベス」ですが、シェイクスピアの戯曲でもそうなのですが、マクベスというひとがどこまで主体的な覚悟を持って王位を望んだのかが、よくわからないのです。
妻との関係や終盤までの展開を見ても、もともと野心はあったにせよ、その実現のためにいかなる行為も辞さない強さがあったようには思えません。魔女の予言という形で急に王位への展望が開けてしまったことを、うまく処理できないままに突き進んでしまったように思われます。
結果としてそれは悲劇に終わりますが、マクベスやマクベス夫人の野心がそれを引き起こしたというよりは、弱い人間に王位というエサを与えての実験であったようにしか見えないのです。

はからずして、望んでいなかったわけではないが、その準備ができていない立場に立たされることは、実生活でも良くあります。うまく適応し、成長していける人もあれば、押しつぶされて周囲を巻き込んで負の循環にはまりこむひともある。マクベスは後者の典型のようです。
暗殺などの手段の是非は別として、大きなチャンスが目の前にあるとき、自らの実力を鑑みて手を伸ばすのをやめるというのは難しい。この作品では、先に手を伸ばしたのはマクベス夫人でしたが、彼女に背を押されなくても、マクベスは王位に手をかけたでしょう。短剣を手にしたとき、彼は己が王冠にふさわしい実力と覚悟を持つと確信でいていたのでしょうか。

チャンスにとりあえず手を伸ばしたマクベスとは違い、マルコムやマクダフ、そしてバンクォーも、すぐには手を出そうとしません。
戯曲では、彼らがマクベスを疑い始めるまでにはしばらく時間がかかっているようですが、これは多少不自然です(特にバンクォーならばすぐにぴんと来るはず)。今回のオペラではダンカン王の葬儀の段階で、マクダフやバンクォーがマクベスを疑っていることが示され、この点の不自然さは解消されています。ではなぜ、ここで彼らは行動を起こさないのでしょう。

マルコムに関しては明らかにまだ子供で、主体的に行動できずに逃げること(ひとまず生き延びること)しか念頭になさそうであることが原作では示されています。逃亡によって王暗殺の黒幕とされたことで、ひとまず出番がなくなるのは仕方ありません。
しかし、マクベスも王の臣下の1人であるなら、マクダフやバンクォーにもチャンスはあるはず。彼らが王位を望まないのは、マクベスとの内戦に立ち至ることを恐れたのか、野心がなかったのか、はたまた己の王としての資質を信じられなかったのか...

原作にないことまで立ち入ってあれこれと考えても、それほど意味はありませんね。
しかしながら、この作品は暗殺による権力奪取という暗く残酷な題材を用いながら、転がり込んできたチャンスに手をかけるかどうか、そのための犠牲を受け容れるかどうか、という日常的なテーマとの重ね合わせが可能だからこそ、現代の我々にも理解しやすい悲劇になっているのではないかと思えます。

さて、肝心の音楽のほうですが、やはり前半でのマクベス夫人役、マリア・グレギーナは圧巻でした。
さすがにあの声量であの長時間歌い詰めということか、歌い出しがかすれ気味になったりといった疵が皆無ではありませんが、マクベス以上にひとの強さと弱さの振幅を表すキャラクターを歌いきっていたように思えます。
次は少し間をおいて「ラ・ボエーム」と「ロメオとジュリエット」です。それぞれゲオルギューとネトレプコですね、週末でもあり、もう少し劇場もにぎわうことでしょう(ちなみに「マクベス」では4〜50名ほどの入りでした。「ピーター・グライムズ」なんか10名強で、興行的に成り立つのかちょっと不安です)。

東銀座の東劇で9月から10月にかけて、METライブビューイングのアンコール上映が始まっています。

初回の上映時にはなかなか事前に予定を立てられずに観られなかったのですが、今回は一つの劇場でまとまって上映されるのであらかじめ行ける日を選んでおき、8作品を順に「観劇」することにしました。回数券を買うと1作品あたり2500円で観られるので、すでに全作品の予定が決まっています。
というわけで、9月10日水曜日の「マノン・レスコー」を皮切りに、12日金曜の「ピーター・グライムズ」、そして14日日曜の「連隊の娘」と、これまで3作品を観終わりました。

とはいえ、金曜日の「ピーター・グライムズ」に関しては、苦手の現代作品ということもあって、全部で2時間半ほどのうちあわせて30分ほどはうつらうつらとしてしまいました。横にいた妻はちゃんと起きていて「結構良かったのに」といってましたが、起きていられなかったのは仕方ありません。
一番の危機は、第一幕の終盤、嵐の夜にエレンがジョン少年を迎えに行き、連れてくるまでの間です。すぐに連れてくるかと思っていたら、結構長い間あれやこれやと村人がしゃべっていて、つい睡魔に負けてしまいました。あのシーンって重要でしたか?
そんなわけで、この作品についてはノーコメントです。

もちろん、「連隊の娘」ではそんな心配も無用です。
なんといっても、主役の二人はナタリー・デセイとファン・ディエゴ・フローレス、侯爵夫人はなんと金曜日に噂好きで詮索好きな村人を演じていたェリシティ・パルマーでした。確かに同じ顔ですが、別人のよう。
フローレスのトニオは前にも別プロダクションで観ていますが、同じようにすばらしい歌唱でした。この収録があったためか、第一幕でのアリアは観客の大声援にもかかわらずアンコールなし。ため息が聞こえてきました。

もともとコメディタッチの作品なのに加えて、デセイが舞台を走り回り、全身でマリーの感情を表す熱演にほとんど5分おきに笑わせてくれます。この作品、オペラ初心者にはうってつけではないでしょうか。
前半が1時間半弱、後半が50分ほどで休憩は一度でしたが、退屈する時間は皆無です。私は「ピーター・グライムズ」で眠っちゃったように、そうそう集中力の続くほうではありません。その私が保証するのですから、まあたいがいの人は大丈夫でしょう。

この公演の感想をあちこちのブログで見ていたら、「ハイCは自分でも出るから、フローレスなんてたいしたことない」なとという無謀な意見を見つけました。
ハイCが出せる人はたぶん何人もいるでしょうが、あのつややかな声で、あの声量で、音程をしっかりととらえて歌える人などごく少数だからこそ、彼はスター歌手であり、このアリアが難しいものと評価されているのでしょうに。批判をするには3割の能力で足りるといいますが、3%でも可能なんでしょう(「MET 連隊の娘」で検索すると、このびっくりする意見が見つかります...と思ったら、一日にしてGoogle検索から消えちゃいました。そんなことって可能なんでしょうかね。ま、いいか。)。

もちろん、ハイCを出せるからフローレスがすごい! と騒ぐのもどうかとは思います。そもそも、フローレスの歌唱を高音部の伸びだけで語るべきでもありません(上記ブログでも、本来いいたいことは同じようなことかもしれませんが、私も高音が出せるから云々では痛々しさしか感じられません)。
とはいえ、「連隊の娘」の成功は、やはりデセイの演技と歌にあります。相手が仮にフローレスでなくても、舞台のすばらしさはさほど毀損されなかったでしょう。
デセイの演じるマリーは非常に単純化されたキャラクターではありましたが、単純であるが故に上質なエンターテインメントを提供していたように思います。

上記の信じがたいご意見の持ち主によれば、デセイは異なる身分をうまく演じられていなかったそうですが、この舞台は終始平民である兵士たちとともにあることを望み、そのようにしか行動できなかった女性としてマリーを描いているのではないでしょうか。身分差というものがリアリティを失っている現代に、この作品をどう見せていくかも、提供側にとって大きなテーマであるはず。
それが成功したかどうかの判断は人それぞれですが、自分が当てはめた枠組みにあわなかったからといってしたり顔で評論を始めるのは、どうも私には苦手です。
残念なことに、クラシック音楽のブログを拝見していると、さかんに「評論家」になりたがっているようなのを見かけることもあって、そんなときはげんなりしてしまいます。こういった「お芸術」な雰囲気が、オペラやクラシック作品の敷居をあげているようにも思われます。

さて、素人評論家さんのご意見はどっかにおいといて(笑)、明日は「マクベス」です。
オペラそのものも初めてではありませんが、一応、原作を再度読み直しておきました。ヴェルディによるオペラが、シェークスピアの戯曲を読むのとどのように違った印象を与えてくれるか、楽しみです。

9月10日の夕方から、東銀座の東劇にて、METライブビューイングのアンコール上映「マノン・レスコー」を観てきました。
18時半から開始で、休憩をはさんで全4幕が終了したのは21時50分、3時間20分ほどの長丁場でしたが(オペラ自体は200分弱)、椅子がわりと良かったのと30分の休憩のうち15分はインタビュー映像などもなく身体の伸ばせたので、それほど苦痛ではありませんでした。

画面の大きさはIMAXなどのような巨大なものではなく、ごく普通の映画館サイズですので、それほど大迫力というわけにも行きませんが、自宅でテレビを観るのとは大違いです。
HD映像をDLP上映しているので、衣装の布地の感じや舞台装置のディテール、そして歌手の表情や皺までがかなり鮮明に見えます。普段はSD画質のテレビを観ており、その差は歴然としたものです。
あまりに細部までよく見えるものだから、主役のカリタ・マッティラとマルチェロ・ジョルダーニがとても18歳の娘と学生には見えず(オペラなんてそんなもんですが)、もしかしたらSD画質のほうがイメージが壊れなくて良いかも、等と思ったほど。

期待以上の(私が普段HD画質を見慣れていないだけでしょうけど)映像に比べると、音声のほうは多少迫力不足。フォルテ部分だと辛くなってしまうほどの大音量を期待していたのですが、かなり控えめでした。
それえも、会場の咳払いや衣擦れの音などがとてもリアルに感じられましたので、音自体は悪くなかったのではないかと思います。もう少し音量があれば良かったのに。

肝心の中身ですが、舞台装置、演出ともにオーソドックスなので安心して鑑賞できます。やはり内容までいじってしまう読み替えは、その舞台を何度も観たあとでないと楽しめません。
ただ、マノンを演じるカリタ・マッティラの表情がちょっと必死に見えすぎたかな。マノンという女性は相当近視眼的で愚かなキャラクターだと思うのですが、とても素直そうなひとでもありますので、少々ギャップが感じられました。一方のマルチェロ・ジョルダーニは、ろくな目に遭わないとはわかっているのにマノンから離れられないお人好しな面が、上品な声でうまく伝わってきたように感じられます。

上述したとおり、休憩がかなりたっぷりとありましたので、長時間でもあまり疲労はありません。とはいえ自宅にたどり着いたのは23時近くになっておりやはり2008/2009シーズンは週末を中心にしないと辛そう。
というか、日曜の16時から開始の「トリスタンとイゾルデ」がすでに心配です。月曜日は仕事にならんだろうなあ...

音声が小さいとか文句も書きましたが、自宅でDVDやテレビを観ているのとは、やはり全然違います。自宅だとお茶入れたりワイン飲んだりしてあまり真剣に観ないし(「マノン・レスコー」もDVDで観たときには、「水夫にしてくれ」から「水を探してくる」まで記憶が飛んでました(笑))。
アンコール上映があと7回あって、11月には「サロメ」を皮切りに次のシーズンが始まりますが、やはりすべて観ようと思います。

とにかく先々の予定を立ててきちんと準備をするのが苦手です。
これは私だけでなく、夫婦そろってなもので、週末はいつも土曜日の朝食を食べながら「今日はどうしよっかー」などと話し始めるのです。
一週間の海外旅行でさえ、直前になってから検討を始めるくらいです。普段の週末のために前々から計画を立てるなんて考えられません(なにせ、年末年始の旅行を11月中旬を過ぎてから手配し始めたことがあるくらい)。

そんなわけで、今年の「METライブビューイング」も、「気がついたら今日じゃない」といったことばかりで、ひとつも観に行くことができませんでした。
まあ、半分くらいはNHKで放映してくれるだろうし、しょうがないか、などと思っていたら、アンコール上映があるじゃありませんか。

 METライブビューイング&シネマ歌舞伎特集上映決定!

9月初めから(というか、昨日から始まってますな)10月中旬までの1ヶ月半で、今年の8作品をすべて再上映してくれます。しかもすべて同じ劇場(東銀座の「東劇」)で週末を含めて3回〜6回あるので、無精で計画下手な私たちにも何とかなる(笑)範囲。
ちゃんとDLP上映なので高画質で楽しめるようですし、うれしいことに1回3,000円のところを回数券を使えば4回で10,000円とお得でもあります。

月曜の夜、早めに帰って夕食を済ませたあとに家族会議(参加者2名)を開催。週末をベースに予定を立てました。もちろん、8本すべてを観る予定です(よほど劇場の状況に不満があるとか、人気のためチケットが取れないといったことがなければ、ですが)。
一応、演目を書き出しておきます。

 グノー「ロメオとジュリエット」
 ヴェルディ「マクベス」
 ブリテン「ピーター・グライムズ」
 プッチーニ「ラ・ボエーム」
 フンパーディンク「ヘンゼルとグレーテル」
 プッチーニ「マノン・レスコー」
 ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」
 ドニゼッティ「連隊の娘」

ちなみに、今年11月からの来シーズン(2008/2009)の上映予定もすでに公表されています。
今度は複数の劇場で、一週間続けて同じ時間帯で上映されますので、計画的に観に行きやすくなっています。不精者にはありがたい方法ですね。

下記のリンク先で紹介されていた、WEBのTODO管理ツール「Things」を使い始めました(「Thin.gs」じゃなく「Thn.gs」なのでお間違えのないよう)。

 メーラーのようにフォルダで管理できるGTDツール『Things』(CREAMU)

最初にどうでも良い話から。
上で「TODO管理ツール」と書きましたが、最近は「GTD」のツールといった方が通りが良いんでしょうか。どうやらGTDはただのTODO管理ではなく、物事を前に進める思考法とテクニックが合わさったようなもののようには見えますが...

まあとにかく、Thingsを始めました。
最初に登録が必要ですが、メールアドレスと名前と好きなパスワードを入れるだけ。すぐに使い始められます。
操作方法も直感的でわかりやすく、今日から始める緊急度の高いことなら「Today」を選んでから画面下にある「New」ボタンをクリックして、やるべき事柄と期日を書き入れるだけ。
緊急度がそれほどなければ「Next」、まあそのうちにという程度なら「Someday」を選んで入力しますが、ドラッグ&ドロップで変更も簡単にできます。

タグも入れられて、タグ単位で表示したりもできます。複数タグはカンマで区切ればOK、タグ一覧がウィンドウの上部に並ぶので、クリックするだけで表示の絞り込みができます。
GTDは気になっていることをとにかく書き出すものらしいので、テレビの買い換えとかもう少し先で良いことも入力しちゃえば良いんでしょうね。

期日を入れると、「left ○ days」と表示が出ます。ちなみに過ぎちゃうと「overdue ○ days」になってますね(すでに積み残しがある...)。overdueの部分は地の色もピンク色になって、いかにも「急いでね」という感じでナイスです。

タグによる分類だけでなく、プロジェクトごと(Projects)や領域ごと(Areas)の分類も可能です。それぞれ箱を作って、アイテムをドラッグ&ドロップするだけ。
同じ箱に分類すると、TodayやNextの画面でもひとまとまりで表示されますので、仕事が順番に進んでいる感じが出てグッド。ただし、あまりにたくさんたまっていくと戦意喪失してしまい逆効果かもしれません。

実は、私はPDAや管理ツールでのTODO管理をきちんと運用できたことがありません。
過去にはLotus Organiserを使ったり、Linux Zaurus上でPIMソフトウェアを使ってみたりしましたが、どれも長続きしませんでした。TODOリストを作る前に手をつけた方が早いし、逆にリストに延々と残っている項目があると嫌になってしまうし。
なので、今度の「Things」も続くかどうかはわかりません。
けれど、これまでと違うのはネットにつながっていればどこからでも管理が可能だということです。オフィスと自宅の双方で使えるというのは、会社で急にプライベートな用事を思い出したときにメモしておけるし、逆もありで便利そうです。TODO項目なので、仮にだれかに見られても内容がわからないように記述することも簡単です。

WEBアプリであるということは、逆にいえば、ネット接続環境がないと全然使えないということを意味します。
実はつい先週まで使っていたイーモバイルの「EM・ONE」が故障してしまっています、症状は電源が入らなくなるというもので、まだ修理にも出していません。なので、PDA(スマートフォン)のWEBブラウザでも快適に使えるかどうか、まだ検証できていないのです。
iPhone/iPod touch用のアプリケーションとしても用意されているようなんですが、こちらも常時接続を前提にしているんでしょうかね。軽くサイトを読んだのだけどわかっていません(同じ名前だけど全然関係ないもの,という情報も見かけました)。
もうしばらく使ってみて、どんな運用にしていくか、あるいはやめちゃうか、考えてみようと思います。

先日報告のとおり、エプソンの新商品「カラリオフォトビューワ P-7000」の発売記念のブロガーイベントに参加し、2ヶ月間「P-7000」をお借りできることになりました。
すでに前機種の「P-5000」を使っていますので、その経験も含めて、何度かにわけてレポートをしようと思います。
エプソンのかたによれば、「まだまだ認知自体が不足している商品ジャンル」とのこと。認知を広めるのに多少なりともお役に立てれば。

<メモリは安くなりました>
さて、メモリーカード、特にSDカードが安いです。
数ヶ月前に秋葉原のショップで4GBのコンパクトフラッシュカードを買ったのですが、なんと3000円弱でした。愛用のニコンD300でなんの問題もなく動いています。SDカードならたぶん2000円以内で買えるでしょう。8年くらい前に、妻に誕生日のプレゼントとして「64MBのコンパクトフラッシュ」を1万数千円で買ってもらったのがうそのようです。

これだけ安くなると、旅行時には必要なぶんのメモリーカードを持って行けば良いようにも思えます。フィルムの何分の一の重さですからね。
一回の旅行でどれほどの写真を撮るかは個人差が激しいと思いますが、写真好きならば毎日100カットというのも珍しくないでしょう。撮影ポイントの多い海外旅行だと、気がついた200カット300カット、なんていうこともあるんじゃないでしょうか。1週間の旅程ならば1000カット以上にもなります。
1000万画素のデジタル一眼レフカメラで、RAWデータで撮影していると、1000カットのためにはおそらく20GBぶんのカードが必要です。4GBのカードを5枚持って行くのは可能ですし、たとえ倍の10枚でもさしたる負担ではないでしょう。

<たくさんのメモリーカードがあっても解決しないこと>
けれど、それでは解決しない問題もあります。
ひとつは、大切な写真のバックアップを作成すること、そしてもうひとつが旅行中に撮った写真を見たり、人に見せたりすることです。
バックアップの重要さは説明不要かと思います。メモリーカードの紛失や破壊、何らかのトラブルによるデータの消失などリスクはたくさんあります。

後者についていえば、現像やプリントといったステップが不要なデジタルカメラの利点である、「撮ったらすぐに見られる」が、カメラの背面にある小さな液晶では十分には活かせません。複数名で同時に見るには小さく、一部を除いては視野角も色の再現性にも限界があります。
一昨日撮った写真を、となると、当該カードを探し出してカメラにセットし、写真を探して...といった作業が必要ですから、およそ現実的ではありません。
こうした作業の多くは小型のPCを持ち歩けば解決できますが、PCは思い立ったときにさっと取りだして使うには、少々大げさで起動にも時間がかかってしまいます。

そこで、フォトビューワの出番です。
エプソンがけっこう長い年月をかけて(最初のP-1000が出たのは2003年のこと)熟成させてきたフォトビューワは、写真の撮影と鑑賞のさまざまな場面で、相当オールマイティに使えるものです。

<まずはデータのバックアップ>
私の経験では、PCを起動してカードスロットやカードリーダーを介して写真をハードディスクにコピーするのよりも、ずっと早くバックアップが取れます。
なんといっても、スイッチオンして6秒で使えるようになりますから、早い。カードを差し込むとデータを見るのか、バックアップするのかが選択できてボタンを押すとバックアップを開始します。データの読み込みもずっと早く、取りだしてカードを挿してバックアップ完了までのトータルの時間では、PCなど足元にも及びません。
たとえそのカードは初期化せずに持ち帰るのだとしても、簡単にバックアップが取得できるのは精神衛生上とてもよろしいものです。逆にいえば、バックアップというのは不測の事態への備えですから、手間なく簡単にできなければおっくうになってしまうものです。

<次に撮った写真の確認です>
一度店頭で見比べればわかりますが、カメラの背面にある液晶は、「P-7000」のそれに比べれば「単なる構図確認用の小窓」に過ぎないといっても良いほど、発色も視認性も劣るものです。
最近でこそ、ニコンのデジタル一眼レフのように背面液晶の品質の高いものも増えてきましたが、さすがに4インチの画面で、しかもAdobeRGB対比94%という広い色の再現性で見ると、その印象は全く違います。「P-7000」の液晶で見ると、自分の撮った写真が実際よりも5割増しで傑作に思えるほどです(これ、大げさじゃありません)。
画面が大きくて拡大表示もワンタッチですから、ピントや手ぶれ・被写体ブレの確認もすぐにできます。撮って、確認して、また撮ってというサイクルが、その場でできるのも大きなメリットでしょう。

<そして撮った写真はひとに見てもらいましょう>
撮った写真を背面液晶ですぐに見てもらっている光景は、デジタルになって当たり前になりました。「P-7000」なら、これまでよりずっと見やすくきれいな液晶で、写真を複数人が同時に見ることができます。
前機種の「P-5000」でも液晶の美しさは相当なものでしたが、残念なことに斜めからのぞき込んだときには色合いが極端に変わってしまっていました。今回はその点でもかなり改善されています。4〜5人で同時にのぞき込んでも、これなら大丈夫です。
もちろん、一般的なAVケーブルでテレビに映すこともできます。予め保存してある音楽をBGMにしながらのスライドショーが簡単にできますし、レーティング機能で選んでおいた自信作だけを見せることもできるようになりました。
旅行後は自信作だけをセレクトして「P-7000」に保存しておき、いろんな場面で見てもらうことができます。いうなれば何十冊ものポートフォリオを持ち歩いているのと同じです。

<え、ケータイ写真と似ている?>
撮った写真をすぐに確認できて、いつでも人に見せながら話題にできる...あれ、なんかに似ていますね。そう、携帯電話での写真の楽しみ方と一緒ですね。
写真は撮るだけじゃなく、コミュニケーションのツールでもあるわけです。ケータイのすごいところは、写真を撮って、保存して、人に見せるというすべての作業を、たった一台で実現できてしまうところ。
手軽さ、コンパクトさではカメラと「P-7000」の組み合わせはケータイには絶対かないません。けれど、世の中のデジタルカメラがすべてケータイになってしまうわけじゃない。やはり撮影用に作られた機材だからこそ撮れる写真があります。そして、高性能の液晶を備えたストレージだからこそ可能な、鑑賞の仕方があります。

カメラ付きケータイが一気に広めた、写真を介したコミュニケーションを、写真が従来持っている映像としての高いクオリティで実現してくれるのが、「P-7000」を初めとしたフォトビューワだ、というわけです。

<写真がコミュニケーションの真ん中に>
9月5日のブロガーミーティングに登場した、自称「EPSONでNo.1の写真好き」のE部長のプレゼンに、こうした特長をうまく表す言葉がありました。
【写真がコミュニケーションの真ん中にある世界】
これこそが、フォトビューワという商品を、すべての写真好きにおすすめしたいエプソンの気持ちでしょう。「P-5000」を2年ほど使ってきた私も、全く同感です。

もともとはメモリーカードの高価さや、プロの現場での必要性から生まれ、育ってきた商品といえるフォトビューワは、ケータイ写真によって「コミュニケーションの真ん中にある写真」が存在感を増しているいまこそ、真価を発揮できるんじゃないかと思います。

<おまけ 過去の当ブログでの関連記事>
 Sad iPod + 復活 = P-5000 !?(2006年10月30日)
 エプソンP-5000を動画ビューワとして使う(2006年11月1日)
 エプソンP-5000は写真の新しい鑑賞デバイスだ(2006年11月25日)
 P-5000と、メモリーカードの相性(2006年11月28日)
 カラリオフォトビューワの新機種「P-7000」「P-6000」が登場(2008年8月26日)
 エプソン「P-7000」ブロガーミーティングに、行ってきました(2008年9月5日)

<おまけ2 エプソンプロセレクションブログでのブロガーミーティングレポート>
 フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その1
 フォトストレージビューワ「P-7000」ブロガーミーティングを開催!その2

9月4日に発売されたばかり、まだ湯気のたっている新商品のエプソン「カラリオ・フォトビューワP-7000」の体験ができるブロガーイベントに行ってきました。
アジャイルメディア・ネットワークでの募集数は10名で、多数の場合は抽選とのことだったので、くじ運の悪い私はあきらめていたのですが、珍しくも当選して参加してきたという次第です。参加された他のブロガーの多くが、かなり著名なサイトでしたので、バランスを取るために無名ブログ代表としての選出かもしれませんが。

会場は西新宿にある高層ビルのオフィス。入ったとたんにエプソンのかたがた10名近くに出迎えられ、ちと焦りました(せいぜい2,3名くらいかと思っていたので)。
約2時間の内容は、販売部門の部長さんのご挨拶、開発部門の部長さんによる商品紹介、ゲストの写真家/柳本史歩氏によるトークセッション(進行はエプソンの「けんたむ」氏)、そして実機の体験と懇親です。
こうしたイベントの常として、最後は時間が不足気味ではありましたが、あっという間に感じられました。最後にいただいたドーナツもうまかったです。

実機を試す時間帯では、二人がけのテーブルごとに社員のかたがついてくださり、質問に答えたり使用法を教えたりとフォローしてくださいました(それで人数が多かった訳です)。
もともと前機種の「P-5000」を使っていましたので基本操作は慣れていましたが、本体のみによるRAWの現像、トリミング・レイアウトしてのプリントアウトといった一連の操作をタイミングよくサポートいただき、短時間でしたが新機能についても大まかに確認することができました。

こうしたイベントに参加するのは初めてでしたが、この商品カテゴリーの認知を高めて、一人でも多くのカメラマン(プロ、アマ問わず)に使ってほしいという、エプソンの意気込みが実感できるものでした。後片付けまで考えるとおそらく23時頃までかかったでしょうし、長野からのメンバーは今日は帰れなかったんじゃないでしょうか。
開発部門の部長さんによるプレゼンからは、本当に写真が好きで、この商品が好きで、自信を持って送り出していることがよく伝わってきました。営業担当による立て板に水型のプレゼンも気持ちの良いものですが、気持ちの入ったプレゼンはしゃべりのテクニックどうこうというのには関係なく、共感できるものです。

今回のイベント参加の特典として、2ヶ月間「P-7000」を貸し出していただけるので、個々の機能については順次使いながらレポートをしたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2008年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年8月です。

次のアーカイブは2008年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja