買ったのはディスクか?それともデータか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

最近部屋の整理と模様替えをしました。
コンピュータをキューブ型自作機+CRTディスプレイの組み合わせから20インチ液晶のiMacに替え、壁に向けていた机の向きを90℃変更して壁側には薄型の収納家具を置いて床に積み上がっていた本やCDを収め、体感的には部屋が30%ほど広く感じられるようになり上機嫌です。

壁面の収納がすべて埋まったわけではないのですが、それでもここ2年ほどで買ったCDがかなりの場所をふさいでしまい、すでに不足感があります。どうしてCDってこんなに場所を食うんでしょうね。
おかげで、「週刊スタートレック」は行き場を失ってまだ床に積まれたままです。これが何とかなると思っていたのに...

さて、音楽CDを買うとき、私たちが買っているのは「ディスク」でしょうか、それともそこに収められた「データ」なのでしょうか。
CDをCDプレーヤでのみ聴いていた時代には、両者は不可分のものでしたから答えは簡単で、「あわせてひとつ」でした。しかし、いまやCDから音楽データだけを無劣化で取りだし、別媒体にコピーするのはとても簡単です。物理的なディスクという媒体は必要なものではありません。

極端な話、買ってきたCDをリッピングして、必要ならジャケットやら解説書もスキャンしたら、ディスクは中古で売り払っても音楽は聴けます。
下記の記事で指摘されているとおり、「データには中古はない」のです。

 中古CDはあっても中古データはない(CLASSICA - What's New!)

もちろん、売り払ったCDからリッピングした音楽を聴き続けるのは誉められた行為ではありません。権利者がその気になって訴訟を起こせば、きっと認められないでしょう。
たとえ訴訟にならなくても、上記の記事でも指摘されているとおり、いい大人の行動としては節度がありません。とにかく金のなかった学生時代ならば誘惑に負けたかもしれませんが、いちおう大人なので(笑)、矜持というものも大切にしないとね。

さて、普段は使わないのに場所ふさぎなCDですが、「そんなに邪魔なら捨てちゃおうか?」とはやっぱり思いません。
ひとつは、たぶん私が古い人間で、モノの所有ということにこだわってしまっていることがあります。かつてLPレコードは「データの入れ物」じゃなく、大切な財産でした。本もそうですね。いまや環境も収入も変わったのに、やっぱり本やCDが捨てられないのは、買ったのは「データ」じゃなくモノとしての「媒体」という認識が残っています。

もうひとつの理由は、媒体がなくなっちゃうと、私がその「データ」を利用できる正当性を証明しにくくなる、ということです。
ディスクを不燃ゴミとして処分しちゃったら、ハードディスクに保管されている音楽にきちんと対価を支払った、という証明は私の記憶だけになります(あとは、せいぜいCDショップのレシートとか、注文確認のメールとか)。本当に私がディスクを廃棄したのか、ブックオフに売ったのか、そんなのわかんない。
実際には、私が大々的に著作権違反の犯罪行為にでも手を染めない限り、そんなことに関心を持つ人なんていないのですけどね。だからといって一線を越えないのが、矜持ってもんでしょうと思うわけです。

本当は、iTunes Storeのように私の購入履歴がきちんと管理されていて、ディスクなしでもいつでも必要なときに必要なデータにアクセスが可能であれば、良いのですが。
さらにはデータも集中管理されていて、好きなようにオンラインで取り出せれば、自宅のハードディスクの故障を気にする必要もありません。部屋も広くなるし。

けれど、結局は「CDを買う」というのはただデータを買っているんじゃなく、探したり選んだり品定めしたり、という消費プロセスを楽しむ行為でもあるので、媒体が完全に不要っていうわけじゃ、ないんですよねえ。
食事をした帰りにちょっと店によって、前から気になってたCDを買う、といった楽しみもなくなっちゃうし。まあ、そんな感じ方も、少しずつ変わっていき、慣れていくものなのでしょうけどね。けれど、その代わりにせっかくの壁面収納をあっという間に埋め尽くしてしまったCDの山が増えることはなくなります。うーん、どちらかといえば、いまはモノがなくなることのほうがうれしいかな...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/858

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年8月27日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「カラリオフォトビューワの新機種「P-7000」「P-6000」が登場」です。

次のブログ記事は「ヨーグルトとメレンゲのパンケーキ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja