自宅のiTunesライブラリにiPhoneからアクセス

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

「こんなコトできたらいいな」があっという間に実現されていくのは、爽快なようでもあり、自分自身の想像力の限界を実感するのが残念なようでもあり...
下記の記事で少し前に書いたのですが、ようは「携帯電話から3Gの通信網で自宅のサーバにある音楽や動画を呼び出し、鑑賞できるようにしてくれたら、大容量のハードディスクつきiPodより便利なのに」という「できたらいいな」です。

 なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?

記事中にも書いてますが、ドコモの「ポケットU」は知ってます。でもあれ、ちょっと中途半端。わざわざ音楽や動画を変換しておかなきゃならないのはナンセンスですね。通信帯域に限界があるのはわかってますが。

で、先日見かけたニュースがこちら。

 自宅のiTunesライブラリを3G経由で再生するiPhone用ソフト(AV Watch)

こちらも再生できるのは音楽だけ、しかもDRM付きのはダメ、などの制限がありますから、まだ完璧というわけじゃありません。でも、普段PCに保存してある音楽がそのまま再生可能というのは、かなりの前進ですね。
ドコモのサービスも、せめて音楽は再変換なしで扱えればいいのに、と思います。音楽を聴くのは携帯電話だけ、という人はさすがに多くないでしょ。

AV Watchで紹介されているソフトも、送り出し側で再圧縮しているような記述がありますから、音質面での不安もありますし、地下鉄などの圏外で聴き続けられるほどのバッファはあるのか、といった疑問も残ります。
けれど、「できたらいいな」は確実に「もうできるよ」になっていくんですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/854

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年8月23日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワイシャツはもはや下着じゃないでしょ」です。

次のブログ記事は「「復活」を生で聴きに行く 〜 アシュケナージ指揮 EUユース・オーケストラ演奏会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja