iPod用高性能イヤホンは高価な消耗品か?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

このブログで一番読まれている記事といえば、ズバリこれです。

 iPodにおすすめのイヤホンE3c

ちょっとGoogleで「iPod おすすめ イヤホン」と検索してみてください。なんと2番目に登場するのがこの記事なわけです(2008年8月25日現在)。Googleの力は偉大なり、毎日のようにコンスタントにアクセスがあります。
とはいえ、この中で私がおすすめしているイヤホン、「Shure E3C」っていまでは売っていないのですね。まあ、調べればモデルチェンジされた「SE310」があることがわかるでしょうし、実害はないでしょう。

さて、このE3Cですが、残念なことにネットでの評判通り使用開始後1年ほどで左側に断線が生じたようで、だんだんと雑音混じりになってあるときからは全く聞こえなくなってしまいました。
保証期間内だったのですが、生来の片付け下手のため保証書がどこからも出てこない。面倒になって買い換えちゃったのが昨年の2月で、このときには「E500PTH」という、同じShureのハイエンドモデルを選んだのでした。

あれから1年半、このハイエンドモデルの性能には大変満足しているのですが、なんと2回も新品に生まれ変わっています。
使用開始して半年強の昨年秋、片側のコード被覆が破れてより線が見えてしまったので(今回はさすがになくさなかった)保証書と一緒に修理に出したところ、2週間ほどで新品に交換されて戻ってきました。
そして今年のGW明けくらいでしょうか、ふたたびコード被覆が破れているのを見つけ(イヤホン本体に近い場所だったので、しばらく発見できていなかっただけかもしれません)、再度修理へ。今度は品番改訂後の「SE530-J」となって帰ってきました。箱ごと渡されたので最初は何事かと思いましたが...
問題のコード被覆ですが、なんとなく以前のものより柔らかくなった気もしますが、比較したわけではないので判然としません。2年の保証期間はあと半年弱残っていますが、また一冬で同じ状況になるのでは、という不安は尽きません。

私は「エージング」などはオカルトの類だと思っているので、新品になって戻ってきたことにはさして不満はありません。むしろ関心があるのは、わりと高い頻度で起こっているらしいこの被覆破れや断線による、修理という名の新品交換に耐えられるほどの利益率の設定です。
修理対応品を再生して出荷しているのでない限り、出荷した商品ひとつについて「(保証期間内の平均修理回数×製造コスト)÷出荷総数」のコストが予め上乗せされて価格が決定されているのでなければ、メーカーは大赤字となっているはずです。

約6万円のE530ですが、小売の粗利益を35%、流通マージンを20%とすると60000円×(100%−35%)×(100%ー20%)=31500円です。
おおむね3万円がメーカーないし一次代理店の卸値と考えると、上記の修理交換コストも考慮すると実際の工場での原価は1万円程度でなければとても引き合わないように感じます(日本法人にいくら落とすかとか、事情はいろいろあるでしょうけど)。kakaku.comでの最安値57,720円(2008年8月25日現在)のこのハイエンドイヤホン、工場原価はきっと1万円から、せいぜい1.5万円くらいです(shure.comをみても財務関係の情報開示が見つからなかったので、これは本との想像に過ぎませんけど)。

あ、誤解しないでいただきたいのは、私は「こんな安いものに高値をつけてしこたま儲けやがって!」などと怒るつもりは毛頭ありません。
むしろ、1万円でこれだけ高音質のイヤホンを作ってきちんと利益をあげているのなら、素晴らしいことと思います。6万円で売れるものを、わざわざ3万円にするのはちっとも正しいことじゃありませんから。

とはいえ、勝って使う立場からはこのイヤホン、もしかすると2年で保証期間が切れるまでの消耗品かも? と思うと心穏やかではありません。来年3月以降に類似の症状で修理に出した場合、対応はおそらく同じような新品交換でしょうが、一体いくらかかるのやら...
仮に上記の想像による計算が合ってるとして、Shureなり代理店なりが最小限のコストで対応してくれたとしても、1万円以上はかかるでしょうね。となると、毎日使うこのイヤホン、けっこう高価な消耗品と考えておいたほうが、良いのかもしれません。
まあ、5〜6万円で数年使うのと、2万円前後で毎年買い換えるのとでは、トータルのコストはあまり変わらないともいえますから、そのぶん、良い音で聴いたほうが良いよね、と納得はしていますけど。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/856

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年8月26日 21:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「復活」を生で聴きに行く 〜 アシュケナージ指揮 EUユース・オーケストラ演奏会」です。

次のブログ記事は「カラリオフォトビューワの新機種「P-7000」「P-6000」が登場」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja