不良CD交換記

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先日ネットで注文をしたCDが4セットほど届いたのですが、うち一枚が不良品でした。
CDプレーヤでは途中で止まってしまい、もちろんiTunesでのリッピングも、途中で雑音が入り始めて止まってしまいます。23分ほどの曲ですが、おおむね6〜10分くらいで力尽きる感じ。
盤面を見てみると、一部分が幅1ミリ、長さ5ミリほど歪んだようになっており、どうやら表面の歪みのせいで信号が読み取れなくなっているようです。

さっそくサポート窓口にメールを送り、交換の手続きをしました。
ゆうパックの着払いでとのことでしたが、郵便局の窓口は平日の日中だけの営業で、不良品交換のために有休を取るのもバカらしく感じられたため、ヤマト便にて(確認したところ、「可能ならゆうパックでお願いしたい」とのことだったのです)。
不良品交換は意外と多いのか、手続きもスムーズで、発送用の梱包を除いては特にストレスもなく完了しました。

送り返してから二日後、交換品が到着、さっそく試してみると、やはり同じ場所で止まってしまいます。
盤面を確認すると同じようなところに歪みが見えます。まるでこちらから返送した不良品をそのまま送り返してきたかのよう(もちろん、そんなことはないでしょうが)。
やれやれと思いつつ、再度サポートへのメールを送ったところ、「良品確保の確約ができないので返金を提案する」といった内容の返事がありました。

さほど気に入らないものならばそれで良かったのですが、4枚組うち無傷の3枚を聞いた範囲ではとても良い演奏で、是非手元に置いておきたいもの。
届いた2セットがいずれも同じ場所に不具合を抱えていたことから考えて、ロットまるごと不良という可能性も考えましたが、再度の交換を依頼しました。
返事はすぐにあり、代替品をすぐに発送するとのこと。不良品は配送のドライバーに渡してくれればよいということでした(返送が少々面倒、とメールに書き送ったことへの心遣いでしょう)。

さて、3セット目が届きました。
問題のディスクを見てみると、やはり同じ箇所に歪みがありました。残念ながら、入荷したロットまるごと、あるいはそのほとんどが同じ不良品であったようです。一応試してみましたが、同じように再生途中で止まってしまいます。
残念ですが、良品を入手するのは難しそう、今回は返金処理を申し出ることにしました。手許にあるCDセットを送り返せば、カードへの返金処理がなされるはずです。

上記の顛末があってちょうど一週間、実はまだCDは手許にあるのです。
良品確保を諦めてしまったので、こちらには急ぐ理由がなくなってしまったこともあるのですが、問題の一曲さえ諦めれば、他の演奏はとても素晴らしいものが多いため、いっそのことこれで納得してしまおうか、という気持ちもあります。
以前から評判の良い演奏ですが、店頭で在庫されているのを見かけたことがなく、ネットショップでの取り扱いも少ないようです(ざっと見た限りではなかった)。返品するということは、すでにリッピングしたものは消去しなければなりませんしね、それはちょっと惜しい。
ためしに問題の一曲だけをiTunes Storeで買えないか調べてみたのですが、アルバム単位のみの販売となっているようです。

件のCDセットは、「24時間以内に出荷」となっていたものが「お取り寄せ - 通常ご注文後 5-9 日以内に入荷します」に変わっています。
これって別ロットが1〜2週で届くということですかね、返品してから時間をおいて再度注文したら、今度は良品が届くだろうか、などとくよくよしているところです。
いずれにせよ、返品交換に関する購入店(HMV)の対応は満足できるものでした。すいませんが、あと少しだけ、返品かこのままか、迷う時間をください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/851

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年8月19日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真夏の枝豆カレーパンケーキ」です。

次のブログ記事は「ワイシャツはもはや下着じゃないでしょ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja