「復活」を生で聴きに行く 〜 アシュケナージ指揮 EUユース・オーケストラ演奏会

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

昨日の日曜日(2008年8月24日です)、朝から雨が断続的に降る中を横浜市の県民ホールへでかけてきました。目的は、EUユース・オーケストラによる演奏会。曲目はマーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」です。
冒頭に「君が代」とEU賛歌である(憲法が批准されてないので、未だ「国歌」としては非公式、なんでしょうか)「歓喜の歌」がありましたが、演奏会の曲目としては「復活」のみ、休憩なしという思い切りの良いプログラム。

繰り返し書いたかもしれませんが、私がもっとも愛する楽曲がこの「復活」です。
そのわりには、実際の演奏会でこの曲を聴いたのは、実は今回が初めて。この演奏会にしても、会場が横浜中華街の付近で自宅からかなり遠く、一度はやめとこう、と思ったのでした。
好きな曲であるだけに、慎重になってしまっていたのですが、何事も初回からうまくはいかないもの。言葉は悪いですが、ユースオケならば多少のアラがあるのは当然で、初回にはむしろふさわしいだろうと考え、サイトからチケットを申し込みました。席は3階の最前列です。

演奏のほうですが、事前の予想通り、ヨーロッパ各国から集まった有望な若手演奏家の集団だけに、基本技術は相当高い水準にあるようで、この長大な曲をきちんとまとまりのある演奏に仕上げていたと感じました。
指揮者は私の年代にとっては「やっぱピアニストだよなあ」という印象がぬぐいきれないウラディーミル・アシュケナージ。時にバーンスタインばりの腰つきも交えながらパワフルな演奏を引き出せていたと思います。
もちろん、100点満点の演奏とはいえず、金管・木管ともに柔らかく味わいのあるメロディが求められるところが雑になってしまったり、人数の多いホルンがしっかりとそろって音のベースを作るべきところで足並みに乱れが生じたりと、そこここに疵はありました。
しかし、若さの勢いというやつでしょうか、大音量で盛り上げるべき箇所ではさすがの迫力です。元来が多少の問題はあってもラストをしっかりと決めれば満足感を高められる曲ですから、この若いオーケストラとの相性は良かったのではないでしょうか。指揮者もそのあたりはわかっていて、繊細さや細部の完成度よりも、荒削りでも曲の魅力を表現することに注力していたように感じられます。
東京音大の合唱団も非常に良かったと思います。この曲ではダイナミックレンジの広さ、男声合唱の力強さ、雑にならない迫力などが求められますが、いずれの面でも満足の行く水準の演奏でだったと思います。

何せ長い曲ですし、会場にいた全員がこの曲を何度も「予習」してきたわけではないのでしょう。途中の2楽章から3楽章にかけてだんだんと観客の集中力が低下していくのが感じられました。4楽章から終楽章の前半にかけては、かなり咳払いが目立っていました。
また、第1楽章の終了後に2名のソリストが入場してきたため、拍手が。作曲者のマーラーはここで5分以上の休憩を指示していますからそれほど不自然ではないのでしょうが、やはり曲の途中で無意味な拍手(あまりの熱演に思わず、という拍手とは違いますから)を引き出すような入場方法には疑問の残るところです。
この第1楽章終了後の拍手に影響されたか、あるいは長大な5楽章の曲ではなく別の曲だ終わったと勘違いしたか、第2楽章の終了時にもかなりの拍手が。まあ、実演ではこういうことがあるのも仕方ないでしょう。

演奏上の問題としては、バンダの音が狭い舞台袖からのものだったので、天上遠くから響いてくる感じが出ていなかったことでしょうか。単にどこか裏で吹いている、というふうでした。静かに鳴らされる部分なのでミスがわかりやすく、少々気の毒。がんばったんでしょうけどね。
ソリストのお二人は合流しての練習時間があまり取れなかったのでしょうか。メゾ・ソプラノは低い音域が不安定でしたし、終楽章でソプラノが合唱に合流する冒頭では音程がずれちゃっていたように思います。これは残念な点でした。ちなみに、私は4楽章では特に、メゾではなくアルト歌手が、とくに低域に力強さのある歌手による演奏のほうがしっくりと来るのです。
演奏以外では、今回も終楽章の終わりを待っていたかのような「ブラボーおじさん」が二人ほど発生しました。こうした連中って音楽を聴きに来ているのではなく、「音楽をわかっている自分」に酔いに来ているだけなのじゃないかと。最後の最後で観客から感動を奪い取る自己満足は以後演奏会に立ち入り禁止でもかまわないと思うのですが、現実には対処のしようがないですね...

上述の通り、いくつかの疵はあったものの、全体としてはよくまとまった好演だったと思います。終楽章では指揮者も押さえきれずに多少走ってしまった感じもありましたが、そのぶん、力と勢いで押し切る強さは感じられました。この曲ではじゅうぶん「あり」じゃないでしょうか。
普段、セッション録音で整えられたCDを聴いていると、全体のまとまりがあって、弱音部の繊細さと強音部の迫力がきちんとバランスしているのが当たり前だと感じてしまいがちですが、実演ではどちらかを犠牲にせざるをえない場面もあるはずです。今回の演奏会でいえば、極めて残響の貧しいホールという制約条件がありました。
限られた条件の中で何を活かし、何を切り捨てるのか、その判断としては、うまくいった演奏ではなかったかと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/855

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年8月25日 18:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自宅のiTunesライブラリにiPhoneからアクセス」です。

次のブログ記事は「iPod用高性能イヤホンは高価な消耗品か?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja