2008年8月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

夏休みに我が家に仲間入りしたiMac、長年のWindows使いとしては当然というか、BootCampでWindowsXPが使えるようにセットアップしました。
別にWindowsVistaもあるのですが、どうも動きが鈍くて不安定だし、Parallelsのような仮想化ソフトでMacOSXの中で動かすことを考えて、動作の軽快なXPを新規に購入してきました(というより、以前使っていた自作マシンも、最初からXPにしておくんでした。現在我が家には使っていないVistaが放置されてます)。

どうもBootCamp領域にWindowsをセットアップする段階でちょっと失敗したようで、ParallelsからはBootCamp領域のWindowsをうまく起動できません。「複数のWindows領域があって...」とかなんとか。
一度はうまくいったのに2度目からはダメで、とりあえずよくわからないので(笑)、VMWareを使ってひとまずうまく動いています。動作速度もそこそこです。
Parallelsで一度だけうまく起動できた際にマイクロソフトに電話をかけてアクティベートしたのですが、今度もまた3日以内にアクティベートするようにメッセージが出てしまいました。面倒だなあ。

とりあえず常用のFirefoxと秀丸をインストールしただけで、まだきちんと環境を整えていませんが、記念にブログに投稿してみます。
こんなこと、Macからやっても一緒なんですけどね...

リコッタチーズを使ったおいしそうなパンケーキのレシピを見かけました。
そのまま作るには準備時間が足りなかったので、リコッタチーズの代わりにヨーグルトを使って(全然違うじゃん!という指摘はおいといて)、ミルクも省いてしまいました。生地を用意している段階で、ミルクまで入れるとものすごく多くなってしまいそうだったので。

材料は薄力粉75g、ベーキングパウダー、塩を少々、卵白2個分のメレンゲ(もちろん、クイジナートのハンドブレンダーが大活躍)、卵黄2個分、ヨーグルト140gです。
適当に焼いて、適当にバターを塗り、トッピングはシンプルにバニラアイスとメープルシロップだけ。ボリューム感は出ますが、メレンゲでかさが出ているので実際にはそれほど多くありません。二人でちょうど良い朝食ではないでしょうか。

本当はフルーツでも添えれば良さそうなんですが、あいにく備蓄がありません。
思い立って適当に作るので、なかなかこったことはできませんね。
普段のパンケーキとは違った軽さが出ましたので、まあ、これはこれでよしとしましょう。おいしかったですよ。

最近部屋の整理と模様替えをしました。
コンピュータをキューブ型自作機+CRTディスプレイの組み合わせから20インチ液晶のiMacに替え、壁に向けていた机の向きを90℃変更して壁側には薄型の収納家具を置いて床に積み上がっていた本やCDを収め、体感的には部屋が30%ほど広く感じられるようになり上機嫌です。

壁面の収納がすべて埋まったわけではないのですが、それでもここ2年ほどで買ったCDがかなりの場所をふさいでしまい、すでに不足感があります。どうしてCDってこんなに場所を食うんでしょうね。
おかげで、「週刊スタートレック」は行き場を失ってまだ床に積まれたままです。これが何とかなると思っていたのに...

さて、音楽CDを買うとき、私たちが買っているのは「ディスク」でしょうか、それともそこに収められた「データ」なのでしょうか。
CDをCDプレーヤでのみ聴いていた時代には、両者は不可分のものでしたから答えは簡単で、「あわせてひとつ」でした。しかし、いまやCDから音楽データだけを無劣化で取りだし、別媒体にコピーするのはとても簡単です。物理的なディスクという媒体は必要なものではありません。

極端な話、買ってきたCDをリッピングして、必要ならジャケットやら解説書もスキャンしたら、ディスクは中古で売り払っても音楽は聴けます。
下記の記事で指摘されているとおり、「データには中古はない」のです。

 中古CDはあっても中古データはない(CLASSICA - What's New!)

もちろん、売り払ったCDからリッピングした音楽を聴き続けるのは誉められた行為ではありません。権利者がその気になって訴訟を起こせば、きっと認められないでしょう。
たとえ訴訟にならなくても、上記の記事でも指摘されているとおり、いい大人の行動としては節度がありません。とにかく金のなかった学生時代ならば誘惑に負けたかもしれませんが、いちおう大人なので(笑)、矜持というものも大切にしないとね。

さて、普段は使わないのに場所ふさぎなCDですが、「そんなに邪魔なら捨てちゃおうか?」とはやっぱり思いません。
ひとつは、たぶん私が古い人間で、モノの所有ということにこだわってしまっていることがあります。かつてLPレコードは「データの入れ物」じゃなく、大切な財産でした。本もそうですね。いまや環境も収入も変わったのに、やっぱり本やCDが捨てられないのは、買ったのは「データ」じゃなくモノとしての「媒体」という認識が残っています。

もうひとつの理由は、媒体がなくなっちゃうと、私がその「データ」を利用できる正当性を証明しにくくなる、ということです。
ディスクを不燃ゴミとして処分しちゃったら、ハードディスクに保管されている音楽にきちんと対価を支払った、という証明は私の記憶だけになります(あとは、せいぜいCDショップのレシートとか、注文確認のメールとか)。本当に私がディスクを廃棄したのか、ブックオフに売ったのか、そんなのわかんない。
実際には、私が大々的に著作権違反の犯罪行為にでも手を染めない限り、そんなことに関心を持つ人なんていないのですけどね。だからといって一線を越えないのが、矜持ってもんでしょうと思うわけです。

本当は、iTunes Storeのように私の購入履歴がきちんと管理されていて、ディスクなしでもいつでも必要なときに必要なデータにアクセスが可能であれば、良いのですが。
さらにはデータも集中管理されていて、好きなようにオンラインで取り出せれば、自宅のハードディスクの故障を気にする必要もありません。部屋も広くなるし。

けれど、結局は「CDを買う」というのはただデータを買っているんじゃなく、探したり選んだり品定めしたり、という消費プロセスを楽しむ行為でもあるので、媒体が完全に不要っていうわけじゃ、ないんですよねえ。
食事をした帰りにちょっと店によって、前から気になってたCDを買う、といった楽しみもなくなっちゃうし。まあ、そんな感じ方も、少しずつ変わっていき、慣れていくものなのでしょうけどね。けれど、その代わりにせっかくの壁面収納をあっという間に埋め尽くしてしまったCDの山が増えることはなくなります。うーん、どちらかといえば、いまはモノがなくなることのほうがうれしいかな...

日進月歩のデジタル機器ですが、頭が痛いのは買ったばかりの新商品があっという間に「旧機種」になってしまうところです。
ほとんどの場合、新機種といってもマイナーな機能追加や数パーセントの処理速度向上であったりするので、それほどの差ではないのですが、なにせピカピカの新商品が半年も持たずにカタログから消えていくのが悔しいですね。そんなことを気にしていたら、何も買えないのですが。

そんな中で、けっこう長い商品寿命を誇るのが、エプソンのフォトビューワです。
私が発売とほぼ同時に購入し、使っているのは「P-5000」という機種なのですが、なんと発売は2006年10月なので、かれこれ22ヶ月も前のことです。ほぼ2年にわたって現役であったというのは、このマーケットが必ずしも活発に動いてこなかったということはあるにせよ、商品の実力が相当高いものであったことを物語っています。

P-5000は、ようするに80GBのUSBハードディスクにVGAカラー液晶とSDカード・CFカードスロットが装備されたもの。デジタルカメラで撮影した写真をすぐにバックアップし、きれいな液晶で鑑賞できる便利な機器です。
私は購入以来、10日間ほどの海外旅行に3度行きましたが、毎回P-5000を持参して写真をバックアップし、ホテルの部屋のテレビで撮影した写真や動画を見直して楽しみました。少々かさばりますが、旅行後に友人に写真を見せるのもとても簡単です。

また、P-5000にはUSB機器のホストとして動作するという特長があります。
実は私の使っているCFカードのうち一部が、相性が悪いのかP-5000の内蔵カードスロットにさしても認識されないのですが、USBカードリーダーをつなぐことで問題なく読めます。メモリースティックなど本体にスロットがなくても使うことができるわけです。
また、USBハードディスクを接続して、双方向にデータをコピー可能です。すなわち、P-5000ともうひとつのバックアップを非常に簡単に作成できるわけです。もちろん、外付けハードディスクに保存された写真や動画、音楽を再生することだって簡単。
当たり前ですが、単純にUSB接続のハードディスクとして使うこともできます。

約2年ぶりに登場した新商品のP-7000はハードディスクが160GBと倍増、80GBのほうはP-6000としてラインナップされました。
新たな機能としては、PCレスの単体でのフォトレタッチやRAW現像ができるようになったとのこと。RAWの簡易表示は以前からできていた(簡易表示というのは、要するにRAWデータに含まれる表示用JPEGを呼び出すものらしいのですが)のですが、現像とレタッチが可能ということは、デジカメをPCレスで楽しむというスタイル提案でもあるようです。
これがどの程度こなれた操作方法で、現実的なスピードなのかは実物を触ってみないことにはわかりませんが、携帯電話も含めてデジカメがPC以上に普及していることを考えると、考え方としては面白いと思います(ただし、PCを持たないデジカメユーザーが、このフォトビューワを買って使おうとするかどうかは、少々疑問ですが)。

このブログで一番読まれている記事といえば、ズバリこれです。

 iPodにおすすめのイヤホンE3c

ちょっとGoogleで「iPod おすすめ イヤホン」と検索してみてください。なんと2番目に登場するのがこの記事なわけです(2008年8月25日現在)。Googleの力は偉大なり、毎日のようにコンスタントにアクセスがあります。
とはいえ、この中で私がおすすめしているイヤホン、「Shure E3C」っていまでは売っていないのですね。まあ、調べればモデルチェンジされた「SE310」があることがわかるでしょうし、実害はないでしょう。

さて、このE3Cですが、残念なことにネットでの評判通り使用開始後1年ほどで左側に断線が生じたようで、だんだんと雑音混じりになってあるときからは全く聞こえなくなってしまいました。
保証期間内だったのですが、生来の片付け下手のため保証書がどこからも出てこない。面倒になって買い換えちゃったのが昨年の2月で、このときには「E500PTH」という、同じShureのハイエンドモデルを選んだのでした。

あれから1年半、このハイエンドモデルの性能には大変満足しているのですが、なんと2回も新品に生まれ変わっています。
使用開始して半年強の昨年秋、片側のコード被覆が破れてより線が見えてしまったので(今回はさすがになくさなかった)保証書と一緒に修理に出したところ、2週間ほどで新品に交換されて戻ってきました。
そして今年のGW明けくらいでしょうか、ふたたびコード被覆が破れているのを見つけ(イヤホン本体に近い場所だったので、しばらく発見できていなかっただけかもしれません)、再度修理へ。今度は品番改訂後の「SE530-J」となって帰ってきました。箱ごと渡されたので最初は何事かと思いましたが...
問題のコード被覆ですが、なんとなく以前のものより柔らかくなった気もしますが、比較したわけではないので判然としません。2年の保証期間はあと半年弱残っていますが、また一冬で同じ状況になるのでは、という不安は尽きません。

私は「エージング」などはオカルトの類だと思っているので、新品になって戻ってきたことにはさして不満はありません。むしろ関心があるのは、わりと高い頻度で起こっているらしいこの被覆破れや断線による、修理という名の新品交換に耐えられるほどの利益率の設定です。
修理対応品を再生して出荷しているのでない限り、出荷した商品ひとつについて「(保証期間内の平均修理回数×製造コスト)÷出荷総数」のコストが予め上乗せされて価格が決定されているのでなければ、メーカーは大赤字となっているはずです。

約6万円のE530ですが、小売の粗利益を35%、流通マージンを20%とすると60000円×(100%−35%)×(100%ー20%)=31500円です。
おおむね3万円がメーカーないし一次代理店の卸値と考えると、上記の修理交換コストも考慮すると実際の工場での原価は1万円程度でなければとても引き合わないように感じます(日本法人にいくら落とすかとか、事情はいろいろあるでしょうけど)。kakaku.comでの最安値57,720円(2008年8月25日現在)のこのハイエンドイヤホン、工場原価はきっと1万円から、せいぜい1.5万円くらいです(shure.comをみても財務関係の情報開示が見つからなかったので、これは本との想像に過ぎませんけど)。

あ、誤解しないでいただきたいのは、私は「こんな安いものに高値をつけてしこたま儲けやがって!」などと怒るつもりは毛頭ありません。
むしろ、1万円でこれだけ高音質のイヤホンを作ってきちんと利益をあげているのなら、素晴らしいことと思います。6万円で売れるものを、わざわざ3万円にするのはちっとも正しいことじゃありませんから。

とはいえ、勝って使う立場からはこのイヤホン、もしかすると2年で保証期間が切れるまでの消耗品かも? と思うと心穏やかではありません。来年3月以降に類似の症状で修理に出した場合、対応はおそらく同じような新品交換でしょうが、一体いくらかかるのやら...
仮に上記の想像による計算が合ってるとして、Shureなり代理店なりが最小限のコストで対応してくれたとしても、1万円以上はかかるでしょうね。となると、毎日使うこのイヤホン、けっこう高価な消耗品と考えておいたほうが、良いのかもしれません。
まあ、5〜6万円で数年使うのと、2万円前後で毎年買い換えるのとでは、トータルのコストはあまり変わらないともいえますから、そのぶん、良い音で聴いたほうが良いよね、と納得はしていますけど。

昨日の日曜日(2008年8月24日です)、朝から雨が断続的に降る中を横浜市の県民ホールへでかけてきました。目的は、EUユース・オーケストラによる演奏会。曲目はマーラーの交響曲第2番ハ短調「復活」です。
冒頭に「君が代」とEU賛歌である(憲法が批准されてないので、未だ「国歌」としては非公式、なんでしょうか)「歓喜の歌」がありましたが、演奏会の曲目としては「復活」のみ、休憩なしという思い切りの良いプログラム。

繰り返し書いたかもしれませんが、私がもっとも愛する楽曲がこの「復活」です。
そのわりには、実際の演奏会でこの曲を聴いたのは、実は今回が初めて。この演奏会にしても、会場が横浜中華街の付近で自宅からかなり遠く、一度はやめとこう、と思ったのでした。
好きな曲であるだけに、慎重になってしまっていたのですが、何事も初回からうまくはいかないもの。言葉は悪いですが、ユースオケならば多少のアラがあるのは当然で、初回にはむしろふさわしいだろうと考え、サイトからチケットを申し込みました。席は3階の最前列です。

演奏のほうですが、事前の予想通り、ヨーロッパ各国から集まった有望な若手演奏家の集団だけに、基本技術は相当高い水準にあるようで、この長大な曲をきちんとまとまりのある演奏に仕上げていたと感じました。
指揮者は私の年代にとっては「やっぱピアニストだよなあ」という印象がぬぐいきれないウラディーミル・アシュケナージ。時にバーンスタインばりの腰つきも交えながらパワフルな演奏を引き出せていたと思います。
もちろん、100点満点の演奏とはいえず、金管・木管ともに柔らかく味わいのあるメロディが求められるところが雑になってしまったり、人数の多いホルンがしっかりとそろって音のベースを作るべきところで足並みに乱れが生じたりと、そこここに疵はありました。
しかし、若さの勢いというやつでしょうか、大音量で盛り上げるべき箇所ではさすがの迫力です。元来が多少の問題はあってもラストをしっかりと決めれば満足感を高められる曲ですから、この若いオーケストラとの相性は良かったのではないでしょうか。指揮者もそのあたりはわかっていて、繊細さや細部の完成度よりも、荒削りでも曲の魅力を表現することに注力していたように感じられます。
東京音大の合唱団も非常に良かったと思います。この曲ではダイナミックレンジの広さ、男声合唱の力強さ、雑にならない迫力などが求められますが、いずれの面でも満足の行く水準の演奏でだったと思います。

何せ長い曲ですし、会場にいた全員がこの曲を何度も「予習」してきたわけではないのでしょう。途中の2楽章から3楽章にかけてだんだんと観客の集中力が低下していくのが感じられました。4楽章から終楽章の前半にかけては、かなり咳払いが目立っていました。
また、第1楽章の終了後に2名のソリストが入場してきたため、拍手が。作曲者のマーラーはここで5分以上の休憩を指示していますからそれほど不自然ではないのでしょうが、やはり曲の途中で無意味な拍手(あまりの熱演に思わず、という拍手とは違いますから)を引き出すような入場方法には疑問の残るところです。
この第1楽章終了後の拍手に影響されたか、あるいは長大な5楽章の曲ではなく別の曲だ終わったと勘違いしたか、第2楽章の終了時にもかなりの拍手が。まあ、実演ではこういうことがあるのも仕方ないでしょう。

演奏上の問題としては、バンダの音が狭い舞台袖からのものだったので、天上遠くから響いてくる感じが出ていなかったことでしょうか。単にどこか裏で吹いている、というふうでした。静かに鳴らされる部分なのでミスがわかりやすく、少々気の毒。がんばったんでしょうけどね。
ソリストのお二人は合流しての練習時間があまり取れなかったのでしょうか。メゾ・ソプラノは低い音域が不安定でしたし、終楽章でソプラノが合唱に合流する冒頭では音程がずれちゃっていたように思います。これは残念な点でした。ちなみに、私は4楽章では特に、メゾではなくアルト歌手が、とくに低域に力強さのある歌手による演奏のほうがしっくりと来るのです。
演奏以外では、今回も終楽章の終わりを待っていたかのような「ブラボーおじさん」が二人ほど発生しました。こうした連中って音楽を聴きに来ているのではなく、「音楽をわかっている自分」に酔いに来ているだけなのじゃないかと。最後の最後で観客から感動を奪い取る自己満足は以後演奏会に立ち入り禁止でもかまわないと思うのですが、現実には対処のしようがないですね...

上述の通り、いくつかの疵はあったものの、全体としてはよくまとまった好演だったと思います。終楽章では指揮者も押さえきれずに多少走ってしまった感じもありましたが、そのぶん、力と勢いで押し切る強さは感じられました。この曲ではじゅうぶん「あり」じゃないでしょうか。
普段、セッション録音で整えられたCDを聴いていると、全体のまとまりがあって、弱音部の繊細さと強音部の迫力がきちんとバランスしているのが当たり前だと感じてしまいがちですが、実演ではどちらかを犠牲にせざるをえない場面もあるはずです。今回の演奏会でいえば、極めて残響の貧しいホールという制約条件がありました。
限られた条件の中で何を活かし、何を切り捨てるのか、その判断としては、うまくいった演奏ではなかったかと思います。

「こんなコトできたらいいな」があっという間に実現されていくのは、爽快なようでもあり、自分自身の想像力の限界を実感するのが残念なようでもあり...
下記の記事で少し前に書いたのですが、ようは「携帯電話から3Gの通信網で自宅のサーバにある音楽や動画を呼び出し、鑑賞できるようにしてくれたら、大容量のハードディスクつきiPodより便利なのに」という「できたらいいな」です。

 なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?

記事中にも書いてますが、ドコモの「ポケットU」は知ってます。でもあれ、ちょっと中途半端。わざわざ音楽や動画を変換しておかなきゃならないのはナンセンスですね。通信帯域に限界があるのはわかってますが。

で、先日見かけたニュースがこちら。

 自宅のiTunesライブラリを3G経由で再生するiPhone用ソフト(AV Watch)

こちらも再生できるのは音楽だけ、しかもDRM付きのはダメ、などの制限がありますから、まだ完璧というわけじゃありません。でも、普段PCに保存してある音楽がそのまま再生可能というのは、かなりの前進ですね。
ドコモのサービスも、せめて音楽は再変換なしで扱えればいいのに、と思います。音楽を聴くのは携帯電話だけ、という人はさすがに多くないでしょ。

AV Watchで紹介されているソフトも、送り出し側で再圧縮しているような記述がありますから、音質面での不安もありますし、地下鉄などの圏外で聴き続けられるほどのバッファはあるのか、といった疑問も残ります。
けれど、「できたらいいな」は確実に「もうできるよ」になっていくんですね。

この季節になると、ときおり見かけるのが汗でべっとりと濡れて肌が透けて見えるワイシャツの背中です。多くの人がスーツの上着を手にしていることから、営業などの上着が手放せない仕事なのだろうと思われます。
背中が透けて見えるということは、正面に回ればもちろんそれなりに見苦しい光景になっているわけで、他人事ながら「この人、これから客先行くまでにどうやってこの状態を修正するのだろうか」と疑問に思います。そういえば、私が大学を卒業してすぐに配属された事務所にもそんな人がいて、密かに「毎日ウェットスーツ」といわれていました。

ワイシャツ(というか、白以外のほうが多いのでビジネスシャツとでもいうのか)がもともとはジャケットの下に着るものであったことから、ファッションとしてはさらに下着シャツを着るものではない、という意見も根強いようです。
たしかに、薄手のシャツの下にTシャツが透けて見えているのは、ファッション的にはNGなのかもしれません。ときおり中高生が白のワイシャツの下に柄物のTシャツを着ているのを見かけますが、最近では目立たないものも増えてきています。

クールビズも定着してきて、夏場は上着なしのシャツ姿で通勤し、執務することが一般化してきています。「ワイシャツとは下着である」という原則論を振りかざせば、これはズボンを脱いでパンツを見せながら仕事をしているのと同じで、とんでもないことといえるのでしょう。
けれど、ここまで一般化している服装に対して原則論を振りかざしたってしょうがないですね。むしろ、スラックスや綿パンツとビジネスシャツという姿を、どう見苦しくしないかを考えるほうが生産的です。

街中でびっしょりと濡れたシャツ姿をさらしてしまっているかたがたが、「本来下着であるワイシャツの下に、さらに下着など言語道断」と信じているのでしたら、まあそれは勝手にやっていただきたいです。
でも、それなら人前でジャケットを脱いで下着姿になるのはやめたほうが良いんじゃなかろうかと思います。主張と行動は一致させるべき。
背中だけでなく、正面もいろいろと透けて見えたり、濃色のシャツで脇の下に汗染みを盛大に作ったり、半袖シャツの奧に脇毛を見せたりしながら歩くのは、「下着の重ね着」よりも見苦しい光景ではないのかな。紳士は見苦しい姿を人前にさらすものではないでしょ。

そうではなく、たんにファッション誌などからの「洗脳」や、一枚でも着衣を減らすことで涼しさを求めているのなら、通気性の高い下着シャツを着ることをおすすめします。
もちろん、この炎天下で出歩けば汗はかきます。けれど、下着が吸収した汗はわりとすぐに蒸散されるので、少し涼しいところで休憩を取れば肌が透けるような事態にはなりません。

本来ならこんな時期にスーツの上着を着て、ネクタイまで締めて外勤なんてやってられないと思いますが、2005年からの「クールビス」が4年目を迎えた今年になってもスーツ姿がやめられないのは、致し方ない事情もあるのでしょう。
ならば、「ワイシャツは本来下着だ」などとつまらない原理原則論を振りかざすより、高機能の下着を探して、少しでも不快感を軽減させるのが得策じゃないでしょうか。

不良CD交換記

| コメント(0) | トラックバック(0)

先日ネットで注文をしたCDが4セットほど届いたのですが、うち一枚が不良品でした。
CDプレーヤでは途中で止まってしまい、もちろんiTunesでのリッピングも、途中で雑音が入り始めて止まってしまいます。23分ほどの曲ですが、おおむね6〜10分くらいで力尽きる感じ。
盤面を見てみると、一部分が幅1ミリ、長さ5ミリほど歪んだようになっており、どうやら表面の歪みのせいで信号が読み取れなくなっているようです。

さっそくサポート窓口にメールを送り、交換の手続きをしました。
ゆうパックの着払いでとのことでしたが、郵便局の窓口は平日の日中だけの営業で、不良品交換のために有休を取るのもバカらしく感じられたため、ヤマト便にて(確認したところ、「可能ならゆうパックでお願いしたい」とのことだったのです)。
不良品交換は意外と多いのか、手続きもスムーズで、発送用の梱包を除いては特にストレスもなく完了しました。

送り返してから二日後、交換品が到着、さっそく試してみると、やはり同じ場所で止まってしまいます。
盤面を確認すると同じようなところに歪みが見えます。まるでこちらから返送した不良品をそのまま送り返してきたかのよう(もちろん、そんなことはないでしょうが)。
やれやれと思いつつ、再度サポートへのメールを送ったところ、「良品確保の確約ができないので返金を提案する」といった内容の返事がありました。

さほど気に入らないものならばそれで良かったのですが、4枚組うち無傷の3枚を聞いた範囲ではとても良い演奏で、是非手元に置いておきたいもの。
届いた2セットがいずれも同じ場所に不具合を抱えていたことから考えて、ロットまるごと不良という可能性も考えましたが、再度の交換を依頼しました。
返事はすぐにあり、代替品をすぐに発送するとのこと。不良品は配送のドライバーに渡してくれればよいということでした(返送が少々面倒、とメールに書き送ったことへの心遣いでしょう)。

さて、3セット目が届きました。
問題のディスクを見てみると、やはり同じ箇所に歪みがありました。残念ながら、入荷したロットまるごと、あるいはそのほとんどが同じ不良品であったようです。一応試してみましたが、同じように再生途中で止まってしまいます。
残念ですが、良品を入手するのは難しそう、今回は返金処理を申し出ることにしました。手許にあるCDセットを送り返せば、カードへの返金処理がなされるはずです。

上記の顛末があってちょうど一週間、実はまだCDは手許にあるのです。
良品確保を諦めてしまったので、こちらには急ぐ理由がなくなってしまったこともあるのですが、問題の一曲さえ諦めれば、他の演奏はとても素晴らしいものが多いため、いっそのことこれで納得してしまおうか、という気持ちもあります。
以前から評判の良い演奏ですが、店頭で在庫されているのを見かけたことがなく、ネットショップでの取り扱いも少ないようです(ざっと見た限りではなかった)。返品するということは、すでにリッピングしたものは消去しなければなりませんしね、それはちょっと惜しい。
ためしに問題の一曲だけをiTunes Storeで買えないか調べてみたのですが、アルバム単位のみの販売となっているようです。

件のCDセットは、「24時間以内に出荷」となっていたものが「お取り寄せ - 通常ご注文後 5-9 日以内に入荷します」に変わっています。
これって別ロットが1〜2週で届くということですかね、返品してから時間をおいて再度注文したら、今度は良品が届くだろうか、などとくよくよしているところです。
いずれにせよ、返品交換に関する購入店(HMV)の対応は満足できるものでした。すいませんが、あと少しだけ、返品かこのままか、迷う時間をください。

いやはや、暑いですね。
時折吹いてくる風が心地よいことはあるにせよ、基本的には蒸し蒸しとしていて日射しがあるところでは目をあけているのもつらいくらいです。

こんな日には食欲も減退してしまいがち、食べられなくなっては体力を消耗する一方ですので、こんなパンケーキを作ってみました。
枝豆パンケーキ、作り方はとても簡単で、普段通りに生地を作ったら枝豆とカレー粉を混ぜ合わせて焼くだけです。もちろん、枝豆は豆だけですよ、サヤごと入れると食べられません。

奥に乗っているのは生クリームにあらず、プレーンヨーグルトです。
割と味が単調になってしまうので、あわせながら食べると酸味が心地よいです。もちろん、別添えにして食べてもかまいません。(どちらかというと、撮影時の見栄えのためにのせたようなものです)

注意点としては、生地にはあまり砂糖を入れずに、カレー粉もあまり辛くならない程度に入れることでしょうか。あまり濃い味にすると途中で飽きると思いますよ。
私の夏休みも日曜日まで、あと二日となってしまいました。あまり精力的に遊んだ訳ではなく、自宅で片付けばかりしていたお休みでしたが、多分気分転換にはなっていると思います。
あまりくたびれないように、しっかり休んでしっかり食べて、暑い夏を乗り切りましょう。

いったいいくつめのコンピューターになるのか、数えるのも大変なのですが、我が家の最新コンピュータとして、本日iMacがやってきました。
昨年の夏頃に組み立てた、キューブ型べアボーンを使ったPC(OSはWindows Vista)がとにかく調子悪く、使っていると30分から数時間おきに勝手にリブートを繰り返し、しかもサービスパックがインストールできないなどの症状が治まらず、嫌になってしまったのです。

実はこれが我が家の最初のMacではなく、既に妻がMacBookをしばらく前から使っています。
見た目の美しさはもちろんのこと、iTunesでの同期の早さ、ネットワーク上のNASを参照するスピードと安定度など、調子を崩したままのVistaとはえらい違い。買い替えるならMacにしようというのは、しばらく前から決めていました。

とりあえずは標準アプリでwebを閲覧したりメールを読んでいるだけですので、Macならではの快適さを実感できている訳ではありません。
けれど、久しぶりのメーカー製のマシンということもあって、安定して動作しているだけでもとにかくありがたく感じられます。見慣れたiTumesやFirefox(これだけはとりあえず入れた)の画面も、ずいぶんと印象が違って見えるのが不思議。液晶画面が多少明るすぎるようにも感じられますが、調整方法はあるでしょう。

ずっとDOSとWindowsばかりを使ってきましたので、まだ勝手がわからないところが多いのですが、ネットで探せばたいがいの問題には解決策が見つかる時代です。あせらずのんびりと、このスタイリッシュなマシンとつきあってくことにします。

地下鉄副都心線の駅構内では、少し古いauの端末が「圏外」になってしまう話は書きました。
遠隔地に住む母にauの端末を渡してあり、ようやく操作方法にも慣れて楽しく使っているらしいこともあって、今このタイミングで他社への切り替えは難しく、不承不承ではありましたが、お金を払って機種変更をしてきました。気分悪いなあ。

何が気分悪いって、マイナスの情報であろうが、きちんと告知すべきじゃないの? と思うのですね。結果としてauを離れる顧客もいるでしょうが、機種変更で新しい端末が売れ、結果として音楽配信だ動画配信だといったサービスの利用も増えるかもしれないのだから。
リスクはリスクとして対応すべきであって、とりあえず積極的に告知せずに、本格的に古い端末が使えなくなる2012年まではそっとしておく、というのはどう見ても下策だと思います。
スマートフォンを「出す出す」と言い続けているオオカミ少年ぶり(2007年5月2008年1月)、iTunes Storeよりも高い値付けについての顧客に悪評を流してほしいかのような発言など、この会社の迷走ぶりはかなりのもの。その延長線上で考えればいまは期待する方がムリってもんでしょう。

まあとにかく、機種変更しました。auと契約してから3つめの端末です。
希望としては、ワンセグだのLISMOだのは不要だから、薄型でコンパクトで使いやすいのがほしかったのですが、なかなか希望通りのものはありません。
最終的にはW62SとW61Pの選択で、後者を選びました。前者はちょっとボタンが押しにくかったのです。あと、パナソニック製携帯電話のワンプッシュで開ける機構は便利です。
ワンセグは不要ですが、使わなければいいですし、何よりも最新モデルではなかったので機種変更の費用は安くすみました。

それにしても、地上波のテレビ番組に関心が薄く、携帯電話で音楽を聴いたり動画を観たりするわけでもなく、ゲームやおサイフケータイも使わないとなると、本当に最近の携帯電話端末には魅力がありません。auは特にですが、本当に金太郎飴のように違いのわからない端末ばかり、どうしてこんなに必要なんだろうかと思います。
薄くてコンパクトで、操作しやすく、メール作成時の日本語入力の効率さえ良ければ、それで良いのに。あとはカメラは200万画素くらいでそこそこきれいに撮れればOK。高機能ではないけれど基本機能はしっかりとつくって、価格は安めに設定してもらえば喜ぶ顧客はたくさんいると思います。まあ、auやドコモはそれじゃ喜べないんでしょうけどね。

だいたいにおいて買い物というのは楽しいものですが、なんだか無理矢理auに金を使わされたようで、かなり気分の悪い買い物になりました。まあ、ポイントを使ったのでそれほどの金額ではなかったんですけどね。不承不承買わされるものは、例えやすくても満足感は低いもの。
あ、副都心線ですが、ちゃんと使えましたよ。これで会社帰りの連絡がやりやすくなりました。

バナナ・パンケーキとはいっても、バナナが生地に練り込んであるとかいった工夫はしてません。
普通にパンケーキを焼いて、バナナをのせてココアを散らしただけ。とても簡単です。

今回は生地製作中に少々失敗をして、結果的に卵が一個半くらい入ったために、パンケーキというよりも卵パンといった感じの味になりました。こういったパンケーキでは、おとなしく市販のホットケーキミックスを使ったほうが無難な味にまとまるかもしれません。

そう甘くないバナナだったので少し味がもの足りず、食べるときにはバニラアイスを乗せました。ああ、またカロリーオーバー...

かれこれひと月近く迷っていたのですが、電子辞書を買いました。
これまで使っていた電子辞書、カシオのXD-LP9300は妻へお下がりに。発売予定のイタリア語辞書コンテンツを追加する予定です。2005年3月に買ったので、3年半弱使いました。
英語コンテンツ充実モデルということで、英英もOxfordのDictionary of EnglishやThesaurusがあったし、英和活用大辞典も重宝しました。

さて、今回買ったのは、同じくカシオのドイツ語モデル、XD-GP7150というモデル。41,800円で18%のポイントがつきました。
この辞書、ドイツ語に関しては和独・独和だけでなく独英大辞典やOxfordの独英・英独辞書が収録されています。独独がオプションですが、これはしばらくしてドイツ語がおおむね読んで意味が取れるようになった段階で追加しても良いでしょう。

問題は英語関連の辞書です。
カシオの第二外国語モデルに収録されている英語関連辞書はすべて共通で、英和中辞典はプログレッシブ、英英はOxfordのAdvanced Learner's Dictionaryで、英和活用大辞典もThesaurusもありません(英語類語辞典はありますが)。
ようは、英語に関しては並みの辞書ということになります。これでは、ドイツ語学習には良くても英語の学習にはちょっともの足りません。

電子辞書の多くは辞書コンテンツを追加することができるのですが、売られている追加コンテンツには限りがあります。
カシオでいえば、Oxfordの辞書は全く売られておらず、英英辞書は学習辞書が2種類あるのみ。私がよく使っていたOxford Dictionary of EnglishやThesaurusは追加できないのです。
一方で、英語重視モデルに追加できるドイツ語の辞書は独和・和独と独独のみ。やはり独英・英独はありません。「ドイツ語モデルへの英語辞書追加」「英語モデルへのドイツ語辞書追加」のどちらのアプローチを採っても、理想の組み合わせにはなりません。
ドイツ語を始めようか、と思って1ヶ月近くになり、すでに文法解説を読んだりNHKのラジオ講座を聴き始めているにもかかわらず、ずるずると辞書の購入を先延ばしにしていたのは、こんなわけでした。

問題が解決したわけではないのですが、いつまでも迷っていても仕方ありません。
結局は、英英関連の辞書が弱くなることを承知の上で、ドイツ語モデルを購入しました。追加した辞書は、英和活用大辞典とリーダーズ英和辞典/リーダーズ・プラスです。独独辞典は必要になったら購入することにして今回は見送りです。
英活とリーダーズは追加コンテンツの中でも値段の張るほうだったので、結局6万円近くの出費になってしまいました。語学ってお金かかりますね...って、紙の辞書ならもっと安いですが。

しばらくこれで使ってみて、どうしても不満が出るようならまた考えます。
おそらく、不満が出るようになる頃には、英語もドイツ語もそれぞれ少しマシになっていることでしょうし(そう願いたい)。
ひとまず目指すレベルとしては、英語ではそれほどストレスなく多様なトピックについての雑談ができる程度。ドイツ語は旅行時にレストランやお店での基礎的な会話ができて、現地の案内やパンフレットなどの短文を理解できる程度。来春までに、なんとかしたいと思ってます。
「Common European Framework of References for Languages」で考えると、英語ではB2レベル、ドイツ語はA2レベル、くらいでしょうか。これから5年くらいをかけて、ドイツ語とスペイン語くらいをB1レベルに到達されられたらと思っています。

このアーカイブについて

このページには、2008年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年7月です。

次のアーカイブは2008年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja