そういえば、池袋での東京交響楽団

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

先週の土曜日(2008年7月12日です)に、池袋の東京芸術劇場で東京交響楽団の演奏会を聴きました。指揮は大友直人氏。
曲は、エルガーの威風堂々第4番、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番、コープランドの「アパラチアの春」そしてガーシュインの「パリのアメリカ人」という4曲。

この曲が聴きたい!とか、ピアノのセルメット氏がぜひ!といった理由じゃなく、コンサートを聴きに行くのにとても交通の便が良い東京芸術劇場で、何でも良いから一度観てみようよ、というのが今回の目的。
なので、チケットを買ったのは6月も終わりになってからで、3階のB席3,000円也。とっても安くてお気軽です。
夫婦で涼しく演奏会を聴いて、休憩時間のビールはちゃんと「プレミアムモルツ」を楽しんで、たったの6,600円(チケット送料が600円かかった)なのですから、すでに演奏を聴く前からモトは取れているようなものです。けれど、演奏の感想も少し。

冒頭の威風堂々は、とりあえず慣らし運転目的かと思ってましたが、失礼しました。
いや、たしかに「慣らし」の要素はありました。短い曲ですが終盤になるにつれてオーケストラ全体が暖まってきた感じで、演奏会の幕開けにちょうど良い感じ。とても快活で、でも威厳も残した演奏で引き込まれます。
同曲の1番から5番までを順次演奏する予定とのことですが、次回か次々回も聴いてみたくなりました。
問題があるとすれば、ラストで音が消えるか消えないかのうちに、3階席中央付近で「ぶらぼぉ~」と間抜けな声を張り上げた男性。あなた、音楽聴かずにタイミングはかってたでしょ。他にも2階・1階からだみ声があがりましたが、演奏会全体の序曲といって良いこの段階でのブラボー飛ばしって、なんだかヘン。

ステージ上でいすを並べ替え、ピアノを中央に移動して2曲目はモーツァルト。
1週間ほど前にWEBサイトをチェックしたら、25番から21番への変更が告知されていて、「え、21番ってどんな曲? 思い出せん」とあわてて予習した曲です。
でもまあ、例えなじみがなくても、この曲なら大丈夫。とても美しい響きで、ものすごく心地良いままに時間が過ぎていった感じ。思わずうとうとしたのは妻にしっかりばれてました。変更の理由はわかりませんが、あまりなじみのない曲にこうした実演で触れられるのは、良い機会となったように思います。
アンコールはブラームス。ピアノ曲には全く疎いので、出口の看板を見るまでブラームスということさえわかりませんでした(笑)。でも、とても心地良く聴けましたよ。最後に、セルメット氏が「ハイ、これでオシマイ」という感じでピアノの椅子を片付ける仕草がかわいらしかった。

休憩はプレミアムモルツでじっくり。
3階席は半分程度の入りだったこともあって、買うのも場所を落ち着く見つけるのもスムーズでした。こりゃ良いですね。トイレも空いてるし。

後半最初の曲はコープランドの「アパラチアの春」。
CD持ってたよな、と思いつつ、うまく見つけられずに予習なしで望みましたが、管と弦が交互に美しいメロディを重ね合わせ、フレーズを繰り返しながら進んでいく曲です。うまく流れの乗れたので、こちらも実に心地良く聴くことができました。あれ、終わるのかな、と思いきや終わらない曲だったので、本当のラストではちゃんと音が消えてから拍手が起こりました。やっぱりこうでなくちゃね。
残念だったのは、突然体調が悪くなった人が多く(笑)、演奏中にあちこちで咳が響いちゃったこと。生理現象は止められないけれど、明らかに集中力を失っていた人が多かったように感じられました。知らない曲だから仕方ないけど、でもたかが20分強、我慢できませんか。

ラストはガーシュインの「パリのアメリカ人」です。
楽器の種類も増えてステージ上も賑やかになり、曲自体も親しみがあってわかりやすいこともあって、当然のごとく咳もぐっと減りました。
大友氏の指揮はオーバーアクションに鳴らず、とても優雅でしたが、この曲では途中ダンスのステップを踏むような仕草もあって客席もステージも一緒に気分を盛り上げて行けた感じ。テイストとしてはクラシックというよりも、ビッグバンドジャズに近いものですから、わかりやすく乗りやすいのは当然です。
トランペットソロも含めて、曲の流れやテンポが切れることなく音が引き継がれ、最後まで雑になることなく、同時に乗りを維持しながら終盤へ。最後は音量もしっかりと上がって、大盛りの定食をしっかりと食べたような満腹感。
まあこの曲、この演奏ならブラボなんだかバワーなんだかよくわからないだみ声も許しましょう。でも、このノリが好きだったら、クラシックじゃなくてビッグバンドや吹奏楽の演奏会に行ったほうが幸せになれますよ。

アンコールを含めて全5曲、とても快適な会場で、気持ちの良い演奏が聴けて良い週末になりました。外へ出たら雨はすっかり上がっていて、もちろん寄り道をしてフィッシュ&チップスとキルケニーのドラフトを楽しんで帰宅しました。
いや、近いって良いですね。

次の演奏会の予定は、8月の終わりです(けっこうこれなら、というのもあるのだけど、月1くらいにしておこうと。11月にはアイスランド交響楽団のシベリウスを連続して聴きに行かなくちゃならないし)。
場所は横浜、曲は私のフェイバリット・シンフォニーであるマーラーの第2番。楽しみ楽しみ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/832

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月19日 13:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「みんなが同じ本を読んでいては、多様性なんて生まれないんじゃないか」です。

次のブログ記事は「「トークマスタースリム」で、ラジオを録音する」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja