コーンカレー・パンケーキとカボチャのポタージュ

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

レシピブック「エンジョイ! パンケーキデイズ」の43ページに掲載されている、コーンカレー・パンケーキを作ってみました。
れしぴではもちろん、パンケーキデイズのオリジナルミックスを使っていますが、前に買って手元に残ったのが中途半端な量だったので、薄力粉とコーンフラワーにベーキングパウダーと塩少々で代用しました。

あとは缶詰のコーンとカレーパウダーを適当に混ぜて焼くだけ。
普段から薄味好みなので、レシピよりも少しカレーパウダーを少なめにしましたが、それでもしっかりとカレーの香りと風味が楽しめます。

パンケーキのお供は、金曜日の夜に作っておいたカボチャのポタージュスープです。
こちらも作り方はすごく簡単で、カボチャの4分の1カットを適当に切り分けて電子レンジで3分ほど加熱(柔らかくなるまで適当に)。柔らかくなったら皮の部分をそいでおきます。
鍋にバターを溶かして薄切りにしたタマネギ2分の1コを炒め、透き通ってきたらカボチャも加えて混ぜ合わせます。ここに水を400cc、牛乳を200cc、コンソメを入れて弱火で暖めるだけ。

今回は固形コンソメを切らしていたので、お湯を入れるだけのJALコンソメスープを一杯分入れました。もちろん、クルトンはのぞきましたけど、入っちゃってもそう問題はないでしょう。
全体がなじんだところで、登場するのがクイジナートのハンドブレンダーです。ものの数十秒であっという間にカボチャもタマネギもすりつぶせますので、あとは小さく残った固まりが気にならない程度までブレンダーをこまめに使っておしまい。完成です。

本当ならここで濾し器を使った方がなめらかになりますが、ざらっとした感じが残るのも嫌いではないので、このままいただきます。
とはいえ、作ったその日に冷製スープにするのはちょっと大変なので、金曜日には温かいスープとしていただき、あら熱が取れたら冷蔵庫に保管して週末は冷製スープとして楽しみました。
上記の分量で、マグカップに5~6杯分になります(山盛りについだら4杯ないくらいですが)。

手順を見ると面倒に感じられるかもしれませんが、カボチャを切り始めるところから30分もかかっていません。
同じ要領で、ジャガイモやコーンでも作れるでしょう。
ハンドブレンダーがあれば、本格的なポタージュスープが簡単に作れるのは知っていましたが、やってみると本当に簡単でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/829

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月13日 20:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もったいないから使い続ける? 省エネ機器に買い換える?」です。

次のブログ記事は「ドイツ語を囓ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja