スローな夜に、スローなシンフォニー

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

ここ数年、毎年行われている「100万人のキャンドルナイト」ですが、この夏は夏至に加えて、北海道洞爺湖サミットの初日でもある7月7日の夜にも照明を消す運動の呼びかけがありました。

普段はPCを使っている時間も長く(録画に使っているので、基本はスリープ状態で電源を切っていない)、ワインセラーなど家電製品も多いこともあって、地球温暖化の問題には常に後ろめたさを感じざるをえないわが家も、20時から22時のあいだ照明を消しました。
とはいえ、その間、星空を見上げながら夫婦で語っていたわけではなく(そもそも星空が見えない)、テレビを最小の明度にして録画してあった「朝比奈隆の芸術」を観ていたので、キャンペーン主旨から考えるとちょっと貢献度は微妙なところ。

昨夜はそれほど蒸し暑くなかったのも助かりました。窓を開けておけばそう不快ではないので、エアコンは切りっぱなしにできました。
この夏は室温が32℃を超えるくらいをエアコン使用の目処としているのですが、これまでのところ除湿が2回、冷房は一度1時間ほどにとどまっています。もっとも、これから先、本格的な夏を迎えると使用頻度は上がっちゃうでしょうね。
集合住宅にありがちな、窓と玄関を開けておいてもうまく空気が流れずに、外は比較的涼しい時間帯でも室内は蒸し暑いまま、という問題はなかなか解決できません(そのおかげで、冬の暖房はかなり控えめにできるのですが)。

まあそんなわけで、七夕の夜は早めに帰宅して19時半頃までに夕食を終え、照明を消しました。テレビは明度を最小に落とし、オーケストラの演奏風景ではちょうど良い感じの明るさに(わが家はもともとギラギラと明るい画面はきらいで、普段から明度は落としてます)。
電気使用量を減らすために、音もテレビから出します。AVアンプ経由でちゃんとしたスピーカで鳴らしたほうがずっと良いのですが(というより、わが家のテレビ内蔵スピーカではほとんどまともな音では聞こえません)、窓も開けっ放しで音量も絞っているので良しとしました。

ソースは上にも書いたとおり、早朝(というか、日曜の深夜ですね)に録画しておいた、「朝比奈隆の芸術」の第1回です。大阪フィルとの2000年の演奏から、ベートーヴェンの交響曲第3番、第5番、そして第7番。ずいぶんと一般ウケするというか、普段ならこれらを3曲続けては聴きませんよね(笑)。
私は朝比奈隆による演奏をあまりちゃんと聴いてこなかったこともあって、まあ3番が1時間弱、5番と7番が35~40分だから、2時間強で見終わると思っていました。19時半だったのでちょうど22時頃に鑑賞終了という予定です。
それがなんと、3番はもちろん1時間以上、5番も40分以上、そして7番が50分と、いずれも私の予想を大きく上回るゆったりとした演奏。スローな夜にスローなシンフォニーで、まさにスローライフになっちゃいました。正直にいうと、途中居眠りも。
3曲を聴き終えたのは22時40分ちかく。終わったら歯磨きしてさっさと寝てしまいましたので、たしかに省エネにはなったかもしれません。

演奏の好き嫌いは別として、たまに照明を落としてのんびりと音楽を聴くのも、またいいもんでした(ちなみに、土曜にあたった夏至の日にはやはり照明を消して、NHKで「フィガロの結婚」を観てました)。
普段使いたいときに電気を使い、それほど省エネについて思いをいたすこともなく暮らしているのですが、年に2度とか3度といわずに、もっと頻度多く意図的にエネルギー消費を抑える日を作るというのは良いかもしれません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/825

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月 8日 22:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「パスタ・ジェノベーゼ」です。

次のブログ記事は「不覚にも、iPhoneにちょっと惹かれる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja