パスタ・ジェノベーゼ

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

夕食を作るにあたって、せっかくなのでクイジナートのハンドブレンダーを使おう、と思い、考えついたのがこれです。
正確には、フードプロセッサとして使っただけなので、別にあの形じゃなくても良いんですけどね。

作り方は簡単です。
バジルの葉っぱを適量(今回は25~30枚くらい)洗って水切りしておき、煎った松の実(大さじ二つ分くらい)、ニンニク(小さいのふたかけ)、パルメザンチーズ(適当...たぶん大さじ2つから3つ)、オリーブオイル(結構入れたなあ...大さじ2つか3つ)を全部フードプロセッサでみじん切りにして混ぜ合わせるだけ。
あとはゆでたパスタと和えて完成。
今回は、和えるときにエビを一緒にしました。フライパンでやったので、パスタ投入の直前にジェノバソースと一緒にちょこっとだけ火を通します(というより、暖まればOKなくらい)。

市販のジャガイモのヴィシソワーズと一緒に、先週買ってきたロゼワインとともにいただきました。
ソースが作りたてで香りがしっかりとしていることもあって、レストランの味、という感じですよ。結構簡単な割にはおいしいので、一度おためしください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/824

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月 5日 20:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?」です。

次のブログ記事は「スローな夜に、スローなシンフォニー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja