なんでクラシックを圧縮音源で聴くわけ?

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

...なんてタイトルをつけると、「MP3やAACでクラシックを聴いいて満足してる連中に、音楽なんてわかってたまるか!」みたいな論調になりそうですが、実はその反対です。
私のiPod(5.5Gの80GB)には128kbpsに圧縮されたAACのファイルがぎっしり。前のiPodを購入した直後にリッピングした一部のファイルが192kbpsのMP3になっている以外は、ほとんどすべてが128kbpsで圧縮されたファイルばかりです。

たしかに、圧縮音源よりも無圧縮のWAVファイル、もしくは可逆圧縮のファイルのほうがより良い音で聴けることは間違いないでしょう。いくら私の鈍感な耳でも、128kbpsのAACとCDをそのまま再生したのとでは、かなりの違いがあることはわかります
とはいえ、非圧縮のCDと128kbpsの圧縮データとの差はざっと9倍もあり、おおざっぱにいえば同じ容量のストレージに9分の1しか収録できません。

私はめんどくさがりなので、iPodのデータ管理に時間をかけるのは嫌です。ライブラリすべてを持ち歩いていたいと思えば、現状では128kbps程度で圧縮する以外に手段はありません。
たとえ圧縮音源であっても、イヤホンを高性能のものに替えることで、より良い環境環境を整えることも可能です。
いわば、128kbpsのAACファイルは、ベストではないけど私にとって現時点での最適解。

さて、いま私のiTunesフォルダにはおおよそ90GB程度の楽曲データがあります(つまりすでにiPodに入り切らなくなっている)。これらを仮に約半分になるAppleのロスレス圧縮データに置き換えた場合、5倍程度の500GB内外のデータ量になるはず。
ハードディスクはどんどんと低価格化していて、4TBのネットワークディスクも20万円もせずに買えます。となると、手持ちのCDをすべてiPod用の圧縮データと、自宅観賞用の高音質データとで二重に持つことも現実的になってきているといえます。
自宅での音楽鑑賞で音質を重視する場合でも、サーバ上の非圧縮音源をDLNAなどの規格で再生する、というのがそろそろ当たり前になるかも(iPodなどをスピーカにつないで再生するといったカジュアルな使い方なら、すでに当たり前でしょうし)。

このデータをWiFiやHSDPAなどの高速ワイヤレスネットワークで好きなときに読み出せるようになれば(まあ、多少のバッファは必要でしょうけど)、携帯プレーヤはデータ容量の呪縛から解放されます。さらにCD購入の認証が何らかの形でネットワーク上にもてれば、自宅サーバの必要さえないでしょう。
iPod touchが登場したとき、こんな妄想を書きましたが、ドコモが5月に「ポケットU」なるサービスを開始しました。ほとんどの動画や音声は3gpに変換が必要など、まだ制約は多く今のままでは使おうとは思えませんが、これがDLNAサーバのデータを(変換なしに)読めて、iPhoneのような高性能の端末から使えれば、かなり妄想に近い形態といえます。ソフトバンクさん、なんか考えてくれたら乗り換えますよ。いまのauには残念ながら期待しても無駄そうですし。

タイトルからはだいぶ離れて横道に来ちゃいました。
圧縮された音楽は、限られたメモリ容量の携帯プレーヤで持ち歩く場合の「最適解」だったわけですが、これはネットワーク経由で自宅サーバ(もしくはネットのストレージサービス)からデータを読み出して視聴する「最適解」ともいえます。
時間と場所と手荷物の制約を離れて、好きなときに手持ちのコンテンツが楽しめる世界、それはウォークマン以来の音楽鑑賞スタイルの進化のひとつの完成型ともいえるんじゃないでしょうか。
こうした世界が実現するのなら、多少音質が劣化するからと行って、それが何の問題なのか、と思うわけです(いや、問題なのだ! と思うかたがたくさんいても、それはそれで「最適解」の位置が違うだけなんでしょうけど)。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/823

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月 2日 19:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ブルーベリーのパンケーキふたたび」です。

次のブログ記事は「パスタ・ジェノベーゼ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja