DVDやBDを買えば、iPodでも見られる「デジタルコピー」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

技術の進歩やビジネスの拡大というのはめざましいもので、こうあってほしいなあ、と思っていることは、けっこう順番に実現するものです。私が考えつくことは、ずっと早くにだれかが考えていることなので、当たり前っていえば当たり前なんですが。

 映像ソフトからポータブルデバイスへ「転送」新潮流「デジタルコピー」の可能性を探る(AV Watch)

くわしくは上の記事を読んでください。
簡単にいうと、BDやDVDソフトを購入すると、iPodやPSPなどの携帯動画プレーヤで視聴できるデータが添付される、というものです(ソニーのSPEはiPod非対応らしい...)。「デジタルコピー」あるいは「セカンドセッション」と呼ばれるサービスで、アメリカの市場でいくつかのソフトに試験投入されている段階です。
iPod用のデータは、当然iTunes経由で転送するのですが、添付されてくるデータ用DVD-ROMには動画そのものは収録されておらず、オンラインでの認証後にダウンロードするようです。

あ、ちなみに私の希望は下記に。
「DVD買ったら、携帯プレーヤ用のデータくらいはおまけにつけてよ~、500円とか250円くらいなら追加でもいいからさぁ」てな感じです。

 映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい
 結局、iPodを新調

まだまだアメリカでの実験段階ということで、仮に旅行などで対応したソフトを購入しても、日本のiTSのIDではダウンロードはできないようです。残念。

日本では未だにiTSでの映画や番組の配信が本格的にはなっていませんし、すぐに実現できそうにも思えないのですが、記事によると12月発売の「マトリックス」のBD-BOXにはデジタルコピー用のDVD-ROMが添付されるんだとか。
どんなデータ形式で、どのような認証手続きが必要なのかはわかりませんが、ちょっと楽しみな話です。とはいえ、「マトリックス」ですか...きっと買わないだろうなあ。

日本ではiPodやPSPじゃなく、携帯電話への対応も考えないとユーザー層が拡がりませんね。
とはいえ、miniSDカードにさくっとコピーして、なんていう自由度の高いものにはできないでしょうし(というか、携帯メインのユーザーは、わざわざPCでの認証手続きとデータ転送なんか、やりたくない人が多そうだし)、まずは過度な期待控えつつも、12月を待ってみましょうか。
面倒になるんだったら、iPodとPSP専用で良いですよ、携帯無視無視...とかいっても、だめでしょうねやっぱり。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/840

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年7月29日 21:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「11月のシベリウス演奏会チケットを購入」です。

次のブログ記事は「英会話教室に通うのは本当に無駄なのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja