2008年7月アーカイブ

【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

最近、書店の新書コーナーを眺めていつも思うのが、このことです。
店頭にある本はだいたいが「玉石混淆」です。これは新書に限ったことではありません。また、「玉だ」「石だ」といっても客観基準などなくて、私にとっての「玉」が他の人にはつまらぬ「石」ということは少なくありません。もちろん逆もあります。

とはいえ、かつて岩波、中公、講談社くらいだったものが急激に増え、いまや何種類あるのかわからなくなった昨今の新書棚を見ると、「石」の比率が高すぎて、なんだか石から玉を選り出すというよりも、砂金取りのような気分になってしまいます。
以前であれば別の体裁で出ていたであろう時流に乗っただけのテーマ、中を開けばインタビューの編集とすぐにわかる薄っぺらな言葉、行間を広げて無理矢理ページ数を稼いだ隙間だらけのページ、なんというか、見た途端にくたびれてしまって本を探そうという気持ちにならないのです。

毎月の新刊が10や20であれば、それぞれを手にとってページをパラパラとめくり、内容を吟味することも可能でした。しかし、いまや店頭の新刊コーナーに並ぶのは、そんな数ではありません。
同時に、「○○はなぜ××か?」等の安直なタイトルが増え、私の嫌いな品のない煽り文句をコシマキ(もちろん著者ご尊顔つき!)にまとった本ばかりになってしまいました。量の面だけでなく、タイトルや装丁などの見た目でも、とても関心の持てる状態ではなくなっています(その上、講談社現代新書のように購買意欲を減退させる装丁もあります)。

簡単にいっちゃうと、新書はすでに私が「玉」を探そうとする努力を放棄したくなるほど、「石」の比率を高めてしまっているように思えるのです。
当たり前の話で、毎月毎月これほど多くの新書が発刊されたからといって、そのすべてが(私にとって)関心を惹き、手に取らせるものであるわけがないのです。むしろ、全体量が多くなるほど、多くの読み手にとって本を探し、選ぶことは難しくなっているでしょう。

いま新書を真面目に作ろうとするなら、むしろ新書というパッケージを一度見直すことを優先すべきではないかな、と思います。
この商品カテゴリーは、いわば完全にコモディティになってしまって、差別化は極めて困難です。良質(何をもって、は人によりますが)な商品であっても、パッケージングの派手さやその時々の流行との親和性がなければ、売れにくいのではないかと。
あえて新書という形状、厚さ、売場から外した新カテゴリーに移ることで、新書を離れつつある読者を引き戻すことも、考えた方が良いんじゃないでしょうか。

幸か不幸か、日常の仕事では一切英語に触れずにすんでしまうので、私の英語学習の目的はもっぱら好奇心です。できなかったことができるようになること自体がうれしい。
この「うれしさ」には、旅行先で出会ったかたと数分話が弾んだ、とか、英語で書かれた雑誌やパンフレットでもそうストレスなく内容を把握できる、といったことも含まれます。

とはいえ、仕事で英語を使わねばならない、半年後に留学を控えている、といった状況ではありません。それゆえ、到達すべき英語コミュニケーション力のゴールも、そう明確ではありません(ない、といっても良い)。
そこで、最近はひとまず「Common European Framework of Reference for Languages(以下CEFR)」のB2レベルをゴールにおいています。現状の英語は、B1からようやくB2に手がかかったくらい。
CEFRでいう「B2」レベルの水準については、日向清人さんのブログに解説がありますので参考にしてください。特に下記のエントリ(上中下の三部作ですが)がわかりやすいかと思います。
 「(上)使える英語とは何か」(日向清人のビジネス英語雑記帳)

社会人の英語学習の手法として、やはりもっとも手っ取り早いのは英会話教室でしょう。
学校にもよるでしょうが、毎週1時間のレッスンならば月々1~2万円の出費ですから、安定した収入があれば何とかなる金額です。独習では続かない人でも強制的に学習時間が確保できますし、予習が必要だったり宿題が出されたりすれば、さらに学習時間が延びます。
とはいえ、これだけ多くの英会話教室がある一方で、掲示板やブログなどでは「英会話教室なんて無駄」あるいは「効率的とはいえない」といった評価をときおり見かけます。

仮に毎週1時間ずつ2回のレッスンを1年続ければ、2時間×45週(お休みもあるので)で、90時間の学習時間を確保できます。それぞれ1時間の予習・復習を加味すると135時間。
個人的な経験からは、中学・高校での最小限の文法知識と基礎的な単語力があれば、これくらいでTOEICであれば600~700点、CEFRでいえばA2レベルくらいには到達できるんじゃないでしょうか。

ひとつは、やはり強制的に学習する時間を確保することの大切さです。
日常的に英語を使わざるをえない環境に身を置くならともかく、そうでないのなら、仮に学習意欲と意思力に優れた人でも、自らに一定の枠をはめて行動した方が効率がよいことがあります。
ふたつめは、テキストです。
市販の本は駄目だと思ったらすぐに買い換えられます。「この本は全然駄目だよ」なんて否定するのも簡単。けれど、勉強ってちょっとあわないからといって乗り換えてばかりでは前進しないものです。好き嫌いはあっても、ひとつのテキストに沿って学習を進めることが、結果的には近道になります。
みっつめは、実践の中で文法を扱うことです。
文法無視でただただ単語羅列型の会話を続けることに重きを置いていたのではある程度以上の上達は望めないように思えます。会話を学びながら、完了形や仮定法がどんな場面で使われるのかを学ぶことで、使える表現のバリエーションを増やせます。

自ら英語を使う環境を獲得できる人にとっては、金を使って英語を話しに行くのなど、ばからしく思えるかもしれません。けれど、それって少数。
一方で、英会話教室にただ漫然と通い続け、予習の復習もせずにいたのではほとんど効果は望めません。当たり前ですよね。
英会話教室に否定的な意見って、そもそも英会話教室を必要としない環境の人たちからのものだったり、全く努力をせずに授業料をドブに捨ててしまったタイプの人たちからのものだったりしますので、鵜呑みにする前にちゃんと吟味したほうが良いかと思います。

もちろん、英会話教室にもいろいろなタイプがあるでしょう。
私がたまたま通っていた教室で、まあ割と効率よく学習が進められたからといって、その経験がすべての人に当てはまるわけではありません。
けれど、中学高校での記憶がうっすらと残っているけれどブランクがけっこう長くなってしまっていて、ひとまず旅行で楽しめる程度の英語を習得しようとするなら、英会話教室は有力な手だてといえるんじゃないかと思います。

技術の進歩やビジネスの拡大というのはめざましいもので、こうあってほしいなあ、と思っていることは、けっこう順番に実現するものです。私が考えつくことは、ずっと早くにだれかが考えていることなので、当たり前っていえば当たり前なんですが。

 映像ソフトからポータブルデバイスへ「転送」新潮流「デジタルコピー」の可能性を探る(AV Watch)

くわしくは上の記事を読んでください。
簡単にいうと、BDやDVDソフトを購入すると、iPodやPSPなどの携帯動画プレーヤで視聴できるデータが添付される、というものです(ソニーのSPEはiPod非対応らしい...)。「デジタルコピー」あるいは「セカンドセッション」と呼ばれるサービスで、アメリカの市場でいくつかのソフトに試験投入されている段階です。
iPod用のデータは、当然iTunes経由で転送するのですが、添付されてくるデータ用DVD-ROMには動画そのものは収録されておらず、オンラインでの認証後にダウンロードするようです。

あ、ちなみに私の希望は下記に。
「DVD買ったら、携帯プレーヤ用のデータくらいはおまけにつけてよ~、500円とか250円くらいなら追加でもいいからさぁ」てな感じです。

 映画はいいから、NHKスペシャルを売って下さい
 結局、iPodを新調

まだまだアメリカでの実験段階ということで、仮に旅行などで対応したソフトを購入しても、日本のiTSのIDではダウンロードはできないようです。残念。

日本では未だにiTSでの映画や番組の配信が本格的にはなっていませんし、すぐに実現できそうにも思えないのですが、記事によると12月発売の「マトリックス」のBD-BOXにはデジタルコピー用のDVD-ROMが添付されるんだとか。
どんなデータ形式で、どのような認証手続きが必要なのかはわかりませんが、ちょっと楽しみな話です。とはいえ、「マトリックス」ですか...きっと買わないだろうなあ。

日本ではiPodやPSPじゃなく、携帯電話への対応も考えないとユーザー層が拡がりませんね。
とはいえ、miniSDカードにさくっとコピーして、なんていう自由度の高いものにはできないでしょうし(というか、携帯メインのユーザーは、わざわざPCでの認証手続きとデータ転送なんか、やりたくない人が多そうだし)、まずは過度な期待控えつつも、12月を待ってみましょうか。
面倒になるんだったら、iPodとPSP専用で良いですよ、携帯無視無視...とかいっても、だめでしょうねやっぱり。

本日は朝から電車で錦糸町へ、トリフォニーホールのチケットセンターで、11月のアイスランド交響楽団(ペトリ・サカリ指揮)の演奏会チケットを購入しました。
11月4日から7日までの4日間連続で、はじめの3日間はシベリウスの交響曲連続演奏、4日目はアイスランドの楽曲の演奏です。

シベリウスといえば、昨年が没後50年ということで雑誌等でも盛んに取り上げられました。
以前はそれほど熱心には聴いていなかったのですが、2月にザンデルリンク指揮の安価な全集を買ってから本格的に聴き始めました。最初はわかりやすい2番からでしたが、7曲のそれぞれに個性があると同時にシベリウス独特の共通の響きもあり、どれも甲乙つけがたく気に入っています。

6月に発刊された「ぶらあぼ」で、今回の交響曲連続演奏を知り、はじめは最近よくチケット購入に使っている「e+」を見たのですが、4日間連続券の取り扱いはなく、どうやらトリフォニーホールのチケットセンターだけの取り扱いであるよう。
電話もなかなかつながらない状況だったので、多少面倒ではありましたが、錦糸町まで買いに出かけたわけです。結構買いに来ているかな、と思っていたら、他には誰もおらず拍子抜けしました。

問題は、火曜から金曜まで、4日間連続して18時半までにトリフォニーホールにたどり着けるかどうか。
この時期には夕方以降の予定を入れないよう、早いうちに上司や同僚に予定を伝えておかなければならないかもしれません。

酵母入りビールを使ったパンケーキ、前回作ったのは4月でしたので、ほぼ3ヶ月ぶりになります。
作り方がとくに面倒というわけではないのですが、朝からビール瓶を開けて、というのが行動としてはちょっと抵抗があるというか...レシピブックなんかには「飲み残しのビールを使いましょう」なんてありますが、そもそも「飲み残し」っていったい何? という感じですので。

さて、今日の生地は小麦粉とライ麦粉、そしてベーキングパウダーと塩です。
砂糖は、酵母ビール自体に苦みだけでなく甘みもあるので、別には入れていません。あとは卵。粉があわせて115gほどでしたが、ビールは150ccと少し多めにして、ゆるめの生地にしました。

焼き上がったら、あとは別に作ったハムエッグを乗せるだけ。コクがあってもっちりとして、とてもおいしいですよ。
あ、昨夜残しておいたルッコラの葉を添えるのを忘れてました...しまった。

やってみました。
ちなみに木曜日には全然通信簿が出てこなくて、きっとサーバの負荷が高くなりすぎていたんでしょう。

結果がこれ

ははは、なんと「女性、31歳」です。
誤解を招くといけないので書いておくと、どちらもあっていません。おそらく「です、ます」調なので女性の書く文章と判断されたのでしょう。どちらかといえばかなを多く使いますし、一人称も「私」だし、たしかに間違われるかも。
たまに「妻」が登場してますから、複数の記事を読むと誤解はないのでしょうが。

年齢的には、どうなんだろう。
最近10のエントリのテーマだと、英会話、パンケーキ、東京交響楽団、携帯電話、iPhone、ドイツ語ってなところですから、まあたしかにね。30代の関心分野だといわれても納得できるところかもしれません。それにしても、36,7歳ならともかく、31歳てのは若いですな。
仕事帰りには外国語を学び、趣味は週末の料理とお菓子作り、オーケストラとオペラ好きで新しいデジタルガジェットのチェックも忘れない31歳女性独身とか、なんかもてそうでいいっすね(笑)。

あれですかね、大分の教員採用だとか、竹島だとか、あるいは通り魔だとかにイカってみせると年相応になりますか。それともやっぱり大相撲にプロ野球でしょうか。
まあ、興味ないものはしょうがないですね。時事ネタに限られた知識であれこれと論評をしてみたところで、床屋政談の域を出ませんし。
あ、そうか、ニコンD700について熱く語れば、たちどころに「男性、52歳」とかになれるかもしれません。その方が気が楽だ。

もうすぐ週末がやってくるので、作ったパンケーキの写真をあげたところで再トライすると、また年齢が下がるんだろうか? クイジナートのハンドブレンダーを使ったレシピなんかも、要注意ですな。
なんだか、「こんなエントリじゃ、また女にされちゃうかも」とか気をつけながら、書くこと考えそうです。定点観測すると、面白いかも。「今日の性別と年齢」が常に出てるとか。

普通は長くて2~3年くらいだろ、とかいわれそうですが、いま通っている英会話スクールには6年半近くになります。
最初は職業訓練給付金の対象となる中級クラスから始めて、半年ごとにレベルを上げて4年半前からはほぼ同じ名称のクラスでテキストの難易度が少しずつあがってきました。でもさすがに同じような内容に飽きてきて、この春からは価格の安い会話中心にクラスに変更しています。

会話中心クラスなので、予習といっても半ページにも満たない文章を読んでディスカッションの準備をしておくだけのことなので、30分くらいで済んでしまいます。宿題もないので、前のクラスよりも数倍ラクになりました。以前は予習に1時間、宿題に30分は必要でしたから。
仕事はラクなほうがありがたいのですが、勉強はラクだと身につきません。
とりあえず現状維持はできていると思いますが、苦労していないぶん、得るものも小さいといったところでしょうか。これは授業料も半分ですから仕方ないでしょう。

英会話スクールのディスカッション中心のクラスでは、テキストの会話を読んだり与えられた課題をこなしたりしている間は気にならない問題が表面化してきます。
それは、「きっとこの人とは日本語で話していてもつまらないだろうな」という相手と政治やら社会やら文化やらのさまざまなトピックで会話を成立させなければならないことです。要するに、つまらない相手との会話は、使う言葉が日本語だろうが英語だろうがつまらないことに変わりはありません。

英語が下手なのはお互い様なので、表現が見つけられずに止まってしまったり、何を言っているのかわからなくなるのは気になりません(ただし、喋りながら突然沈黙して辞書をひき始めたり、指名されていきなりへらへらと笑い出すのは勘弁してね)。
ただ、テーマとまるで関係のない話を始めたり、ロクに準備もしてこないで手に余る話題を展開し始めたりするのにつきあうのは、少々我慢強さが必要です。英語にかける労力の半分でも、基礎教養を高めるのに費やしてくれないかな、と苛立つこともしばしばです。精神鍛錬のために授業料を払っているわけではないのでなおさら。
考えてみれば当たり前のことで、英会話スクールは英語を話し、聞く訓練をする場所であって、内容のある会話を楽しむ場所ではありません。きっとものすごい教養の持ち主がクラスに入ってきたら、私に対して似たような印象を持つでしょう。

英語を訓練するきっかけとなり、実際になんとか基礎的なコミュニケーションが取れる程度にしてくれたスクールには感謝しつつも、いまの契約期間が終わったら、よほどの新提案がない限りはお別れかな、と思ってます。
ここから先は、もう少し違った方法での訓練が必要でしょう。
とはいえ、日常的に英語を使う必要もなく、独習のみではすぐに元の木阿弥になっちゃうのでは、とも思うのですけどね。でもそれだけのために毎年10万円とか20万円をかけるのも、無駄なんでしょうね。

別記事で書いたとおり、NHKラジオの外国語講座の録音を始めました。

学生の頃は、レコードなど高価でなかなか買えませんでしたから、音楽といえばFM放送のエアチェックでした。録音媒体はもちろんカセットテープです(オープンリールのデッキ、ほしかったっけなあ...)。
最近ではラジオを聴く機会がほとんどなくなってしまい、妻が持っていたラジカセがあるのですが、スイッチを入れたのはこの数年で2回くらい。

ラジオの外国語講座を聴くにしても、リアルタイムでは聴けない(平日の昼間ですから)ので、録音は必須です。
今どきカセットテープというのもなんだし(うちに初代ウォークマンとか、あるんですけどね)、iPodで聴きたいとなるとMP3でタイマー録音ができて、パソコンへのデータ転送が簡単でないと困る。
となると、選択肢はそんなにありませんでした。ひとつはサン電子のの「トークマスター」、もうひとつはオリンパスの「ラジオサーバ」です。いずれも書店ルートで売られているので、存在自体はだいぶ以前から知っていたもの。

ハードディスク内蔵で録りためておけるうえ、タイマーで就寝時に音楽なんかも聴けそうな「ラジオサーバ」のほうが魅力的だったのですが(大杉先生のポッドキャストも聴いていますし)、やはりこれは据置で使うものです。
室内の一番電波状態の良い場所におけて、しかもPCの横に移動するのも簡単にできる、という観点で「トークマスタースリム」を選択しました。iPodとほぼ同じサイズなので、窓際の棚の上などに置いておくことも可能です(わが家は、リビングの奥の方だと携帯電話の電波さえ不安定になる、電波状況の悪い場所なのです)。

案の定、わが家では窓のすぐ横にあるテレビボードの一番上の棚におかないと、AM放送はノイズまみれになってしまいます。ラジオサーバでは大きくておけない場所でした。
メモリは2GBと、単体で放送を録りためるには不足しそうですが、PCにコピーしてiPodで聴くのが基本なので、せいぜい1週間分くらいが記録できれば良いので問題ありません。
Windows用のユーティリティソフトが添付されていて、PCにつないでタイマー録音の設定ができるのは大変楽ちんでした。予約毎にフォルダわけしてファイルを作ってくれるので、どの番組かがわかりやすい(でないと、録音時間から特定しなくちゃならない)のも便利です。

妻のリクエストでイタリア語とフランス語の講座も録音しているので、英語・ドイツ語とあわせて毎日けっこうな数になりますが、数日使った段階ではなんの問題もなく、きちんと録音できています。
単にラジオを録音するだけ、メモリもたったの2GBでSDカードはSDHC非対応、作りもとてもやすっぽくて高級感もありません。これで39,800円というのはかなり利益の乗ったお値段じゃないかと思うのですが、代替手段の少ないニッチな市場ですので仕方ないかな。あと1万円安ければ、かなりお買い得感があったのですけど。

先週の土曜日(2008年7月12日です)に、池袋の東京芸術劇場で東京交響楽団の演奏会を聴きました。指揮は大友直人氏。
曲は、エルガーの威風堂々第4番、モーツァルトのピアノ協奏曲第21番、コープランドの「アパラチアの春」そしてガーシュインの「パリのアメリカ人」という4曲。

この曲が聴きたい!とか、ピアノのセルメット氏がぜひ!といった理由じゃなく、コンサートを聴きに行くのにとても交通の便が良い東京芸術劇場で、何でも良いから一度観てみようよ、というのが今回の目的。
なので、チケットを買ったのは6月も終わりになってからで、3階のB席3,000円也。とっても安くてお気軽です。
夫婦で涼しく演奏会を聴いて、休憩時間のビールはちゃんと「プレミアムモルツ」を楽しんで、たったの6,600円(チケット送料が600円かかった)なのですから、すでに演奏を聴く前からモトは取れているようなものです。けれど、演奏の感想も少し。

冒頭の威風堂々は、とりあえず慣らし運転目的かと思ってましたが、失礼しました。
いや、たしかに「慣らし」の要素はありました。短い曲ですが終盤になるにつれてオーケストラ全体が暖まってきた感じで、演奏会の幕開けにちょうど良い感じ。とても快活で、でも威厳も残した演奏で引き込まれます。
同曲の1番から5番までを順次演奏する予定とのことですが、次回か次々回も聴いてみたくなりました。
問題があるとすれば、ラストで音が消えるか消えないかのうちに、3階席中央付近で「ぶらぼぉ~」と間抜けな声を張り上げた男性。あなた、音楽聴かずにタイミングはかってたでしょ。他にも2階・1階からだみ声があがりましたが、演奏会全体の序曲といって良いこの段階でのブラボー飛ばしって、なんだかヘン。

ステージ上でいすを並べ替え、ピアノを中央に移動して2曲目はモーツァルト。
1週間ほど前にWEBサイトをチェックしたら、25番から21番への変更が告知されていて、「え、21番ってどんな曲? 思い出せん」とあわてて予習した曲です。
でもまあ、例えなじみがなくても、この曲なら大丈夫。とても美しい響きで、ものすごく心地良いままに時間が過ぎていった感じ。思わずうとうとしたのは妻にしっかりばれてました。変更の理由はわかりませんが、あまりなじみのない曲にこうした実演で触れられるのは、良い機会となったように思います。
アンコールはブラームス。ピアノ曲には全く疎いので、出口の看板を見るまでブラームスということさえわかりませんでした(笑)。でも、とても心地良く聴けましたよ。最後に、セルメット氏が「ハイ、これでオシマイ」という感じでピアノの椅子を片付ける仕草がかわいらしかった。

休憩はプレミアムモルツでじっくり。
3階席は半分程度の入りだったこともあって、買うのも場所を落ち着く見つけるのもスムーズでした。こりゃ良いですね。トイレも空いてるし。

後半最初の曲はコープランドの「アパラチアの春」。
CD持ってたよな、と思いつつ、うまく見つけられずに予習なしで望みましたが、管と弦が交互に美しいメロディを重ね合わせ、フレーズを繰り返しながら進んでいく曲です。うまく流れの乗れたので、こちらも実に心地良く聴くことができました。あれ、終わるのかな、と思いきや終わらない曲だったので、本当のラストではちゃんと音が消えてから拍手が起こりました。やっぱりこうでなくちゃね。
残念だったのは、突然体調が悪くなった人が多く(笑)、演奏中にあちこちで咳が響いちゃったこと。生理現象は止められないけれど、明らかに集中力を失っていた人が多かったように感じられました。知らない曲だから仕方ないけど、でもたかが20分強、我慢できませんか。

ラストはガーシュインの「パリのアメリカ人」です。
楽器の種類も増えてステージ上も賑やかになり、曲自体も親しみがあってわかりやすいこともあって、当然のごとく咳もぐっと減りました。
大友氏の指揮はオーバーアクションに鳴らず、とても優雅でしたが、この曲では途中ダンスのステップを踏むような仕草もあって客席もステージも一緒に気分を盛り上げて行けた感じ。テイストとしてはクラシックというよりも、ビッグバンドジャズに近いものですから、わかりやすく乗りやすいのは当然です。
トランペットソロも含めて、曲の流れやテンポが切れることなく音が引き継がれ、最後まで雑になることなく、同時に乗りを維持しながら終盤へ。最後は音量もしっかりと上がって、大盛りの定食をしっかりと食べたような満腹感。
まあこの曲、この演奏ならブラボなんだかバワーなんだかよくわからないだみ声も許しましょう。でも、このノリが好きだったら、クラシックじゃなくてビッグバンドや吹奏楽の演奏会に行ったほうが幸せになれますよ。

アンコールを含めて全5曲、とても快適な会場で、気持ちの良い演奏が聴けて良い週末になりました。外へ出たら雨はすっかり上がっていて、もちろん寄り道をしてフィッシュ&チップスとキルケニーのドラフトを楽しんで帰宅しました。
いや、近いって良いですね。

次の演奏会の予定は、8月の終わりです(けっこうこれなら、というのもあるのだけど、月1くらいにしておこうと。11月にはアイスランド交響楽団のシベリウスを連続して聴きに行かなくちゃならないし)。
場所は横浜、曲は私のフェイバリット・シンフォニーであるマーラーの第2番。楽しみ楽しみ。

このところ、ビジネス雑誌でも一般書籍でも、「勉強法」が大流行のように見受けられます。「プレジデント」でも特集が組まれていますね(2008.8.4号)。
こうした記事などを眺めると、読んでおくべきお薦めの書籍の一覧などが出ていて、私などは「知っているけど絶対に読まない本」が上位に並んでいて笑えます。まあ、金持ち父さんとかチーズとかさおだけ屋とか品格とか、そんな類。

プレジデント誌の記事中に、「ベストセラーも読んでおかないと、話題に参加できない」といった主旨の発言が取り上げられていました。
たしかに、仕事をするうえで人付き合いというのは大事だし、共通の話題を見つけるのも大切なコミュニケーションのテクニックのひとつだと思います。現に、この手のコミュニケーションが決して得意ではない私は、相手の提示してくれる話題に乗ることでなんとかしのいでいることが多く、上の発言の主旨も良く理解できます。
取引先などで、ベストセラー(金持ち父さんとかチーズとか...です)の話が持ち出された時など、その場の会話を無難に進めることはかなり大事。間違っても小馬鹿にした態度を表してはいけません。嘘はつかずに、でも相手を不快にさせずに、にこやかに切り抜けねばなりません。取引先だけでなく、上司や同僚の場合でも同様です。あえて人間関係を悪化させる必要はありません。

私の場合、感情がすぐ態度に表れてしまう方なので、けっこう見破られていることでしょうが、それでも正面切って否定しなければ、ひとまず良いのです。
たとえベストセラーであっても、中には良いことも書いてあるのでしょうから、相手が読んで感心した部分について共感を示すことは可能です。著者の実際の主張やそれが売れている社会の文脈といったものへの意見はひとまず棚上げして、目の前の相手が読み取り、価値を感じている事柄に共感できれば、マイナスにはならないでしょう。
「僕は天の邪鬼なほうで、普段はベストセラーは読まないんですが、それはちょっと面白そうですね」くらいいっておくのは、本心ではなくても無難に会話を進める上では大切と思います(「じゃ、貸してあげるから読んでご覧よ」といわれて差し出されると、少し困りますけどね(笑))。

だいぶ横道にそれました。いいたいのは社会人の会話テクニックではないのです。
ベストセラーを読んでおくことは、たしかに共通の話題づくりいは有益かもしれません。けれど、毎月何十冊という本を読むならばともかく、月に5冊程度の読書量ならばベストセラーを「会話の仲間入り」のために割り込ませるのは、ちょっともったいないと思います。その程度ならば、ちまたにあふれる書評やブログの感想をいくつか拾い読みして、なんとなく内容を把握しておけば何とかなります。
なにより、ただでさえ同じようなテレビ番組を見て同じような新聞を読み、似たような服装で寄り集まった同質な集団になりがちな日本の企業や団体のメンバーが、さらに読んでいる本も同じというのは、ちょっと気持ち悪くないでしょうか(かなり強引に単純化しちゃってますけど)。

同質な集団は中にいると居心地が良いかもしれませんが、外から見ると少し異様です。
異様なだけなら離れていれば良いでしょうが、そこに参加して一緒に仕事をする必要があるとなると、集団の過度な同質化はマイナスに働く一方です。
組織の多様性なんていう話は当たり前に語られるようになっているのですから、読む本の選択や学ぶ領域なども、むしろ多様性を歓迎し、促進する方向でありたいもの。今回のプレジデント誌の記事でいえば、「年収1000万以上の1000人」が推す本と著者なんていう特集は、ちょっと違うんじゃないかな、という感想を持ちます。

ベストセラーを読むというのは、熱心に最新の情報を採り入れているのと同時に、選択を放棄している行為でもあります(もちろん、ベストセラー”も”読む、というかたはこの範囲ではありません)。
「ベストセラーだから読まない」という私もかなり偏っているし、消してほめられたものではないだろうと思うのですが、それでも、みんなが同じ本を読み、それで「勉強した」気になっているのは、かなりまずいのじゃないかな。あなたはあえて自らの中にある多様性の芽を摘んでいないか、と。そして、周囲にも同じ行動を期待していないか。
朝には日本経済新聞を読んで夕方は夕刊紙、毎晩欠かさずワールドビジネスサテライトをチェックして...というのも悪いとはいいません。けれど、自分の中にあえて多様性を残しておく努力を忘れないようにしたいもんだと思っているのです。
勉強と称してひたすら同質な情報を追いかけることは、本来の糸とは逆に、自分自身と周囲と人々の可能性を、殺してしまう結果を招かないとも、いいきれないのではないかと。

英語が不自由なく使えるようになったわけではないのですが、近頃少々伸び悩み気味。
当たり前のことで、実際に使う機会がなければ、言語の習得カーブなど早々急激に上昇するわけがありません。仕事で使わない私にとっては、英語でだれかと話す機会は毎週50分の英会話教室のみ。どうしても限界はあります。
また、私の英語へのモチベーションというのが、「旅行先のレストランやテーマパークでちょろっと世間話ができれば良い」という、極めていい加減で低レベルなものだけに、ある程度までできちゃうようになるとなかなか意欲を維持するのは難しいのです。

何事も停滞感が漂うときには気分を変えてみるのが一番、ということで、ドイツ語のテキストを買ってきました。
私は大学の第二外国語はドイツ語を選択していたので、これが初めてではありません。格変化やら名詞の性やらも、単位取得のためにがんばって暗記した記憶が多少は残っています。「der-des-dem-den」とかね。
買ってきたのは佐々木 庸一著の「新英語から入るドイツ語」です。ドイツ語の文法を基礎から英語と比較しながら解説しているので、大変わかりやすく読み進められます(もっとも、読んだのと理解したのと身についたのとは、それぞれ全然違うのですが)。1989年発行の古めの本ですが、内容的に古さが問題になるものではありません。

今年の初め頃、「ラテン語のはなし―通読できるラテン語文法」(逸身 喜一郎著)を読んだのがベースになっているのでしょう。有名な「Veni, vidi, vici」「Cogito, ergo sum」にしてもそうですが、主語を略することができるだけで、こんなにシンプルで美しい表現ができるのですね。
学生の頃には「なぜ格変化などするのだ!」とイカりの対象でしかなかったのですが、格の存在によって文章内の要素の順番が柔軟に変えられることは、確実に表現の豊かさをもたらしてくれるものだと実感できるようになりました。年かなあ。

脱線しましたが、そんなわけでドイツ語です。
たしか、大学1年で第二外国語としてドイツ語を選んだとき、私は「これで『魔笛』を字幕なしで見られるようになるのだ」「『ニーベルンゲンの歌』を読むのだ」とか思っていたのでした。
もちろん、教養課程で一通りドイツ語文法をさらい、薄っぺらいテキストを読んだだけではとても実現はできなかったのですが、「魔笛」にせよヴァーグナーにせよ、字幕への依存度が下がるのは悪いことじゃありません。
それに、ドイツ語が多少なりともできれば、いつかは行こうと思っているオクトーバーフェストをより楽しめるに違いありません。例え片言の挨拶くらいでも、できる言語は多いに越したことはない。

学習方法は手っ取り早い方法として、NHKのテレビ、ラジオの講座を利用することにしました。テレビは録画予約をするだけなので簡単です。
問題はラジオで、リアルタイムで聴けるわけではないので、iPodで聴けるよう環境を整えねばなりません。さして選択肢があったわけでもなかったので、半日ほど検討してサン電子のトークマスタースリムにしました。
毎日のタイマー録音を設定して、夜PCにデータをコピーしてiTunesに登録、問題なくiPodで聴けています。電波の状況から、ちょっと雑音が気になりますが、内容理解の妨げになるほどではありません。

次なる問題は辞書です。
もはや紙の分厚い苦手重たい辞書など持ち歩けませんから電子辞書が前提なのですが、思ったほど選択肢がなく、カシオかSIIからの選択となるようです。
すでにカシオの英語重視モデルを使っているので、ここにコンテンツ追加で考えていたのですが、追加コンテンツには「独和・和独」と「独独」はあっても、ドイツ語モデルに搭載されている「独英・英独」が入っていないのですね。
上述の「新英語から入るドイツ語」を読んでいて、英語と比較しながら考えると単語の意味合いなどが理解しやすかったので、「独英・英独」の辞書はぜひほしいところなのですが、これはドイツ語モデルの辞書を買わないと入手できません。これは困りました。

今のところは「新英語から入るドイツ語」を読むのと、NHKラジオ講座ですので辞書が今日明日必要なわけではありません。検討の時間はあるのですが、さて、どうしましょうかね。

レシピブック「エンジョイ! パンケーキデイズ」の43ページに掲載されている、コーンカレー・パンケーキを作ってみました。
れしぴではもちろん、パンケーキデイズのオリジナルミックスを使っていますが、前に買って手元に残ったのが中途半端な量だったので、薄力粉とコーンフラワーにベーキングパウダーと塩少々で代用しました。

あとは缶詰のコーンとカレーパウダーを適当に混ぜて焼くだけ。
普段から薄味好みなので、レシピよりも少しカレーパウダーを少なめにしましたが、それでもしっかりとカレーの香りと風味が楽しめます。

パンケーキのお供は、金曜日の夜に作っておいたカボチャのポタージュスープです。
こちらも作り方はすごく簡単で、カボチャの4分の1カットを適当に切り分けて電子レンジで3分ほど加熱(柔らかくなるまで適当に)。柔らかくなったら皮の部分をそいでおきます。
鍋にバターを溶かして薄切りにしたタマネギ2分の1コを炒め、透き通ってきたらカボチャも加えて混ぜ合わせます。ここに水を400cc、牛乳を200cc、コンソメを入れて弱火で暖めるだけ。

今回は固形コンソメを切らしていたので、お湯を入れるだけのJALコンソメスープを一杯分入れました。もちろん、クルトンはのぞきましたけど、入っちゃってもそう問題はないでしょう。
全体がなじんだところで、登場するのがクイジナートのハンドブレンダーです。ものの数十秒であっという間にカボチャもタマネギもすりつぶせますので、あとは小さく残った固まりが気にならない程度までブレンダーをこまめに使っておしまい。完成です。

本当ならここで濾し器を使った方がなめらかになりますが、ざらっとした感じが残るのも嫌いではないので、このままいただきます。
とはいえ、作ったその日に冷製スープにするのはちょっと大変なので、金曜日には温かいスープとしていただき、あら熱が取れたら冷蔵庫に保管して週末は冷製スープとして楽しみました。
上記の分量で、マグカップに5~6杯分になります(山盛りについだら4杯ないくらいですが)。

手順を見ると面倒に感じられるかもしれませんが、カボチャを切り始めるところから30分もかかっていません。
同じ要領で、ジャガイモやコーンでも作れるでしょう。
ハンドブレンダーがあれば、本格的なポタージュスープが簡単に作れるのは知っていましたが、やってみると本当に簡単でした。

先週とある日の昼飯中の話題です。
エアコンや冷蔵庫など、省エネ性能に優れた家電が毎年のように出ています。で、ちょっと古い機種を使っている場合、買い換えるのと使い続けるのとでは、どちらがより環境負荷が小さいのか。

古い機種を使い続けると、新しいものよりも電力消費が大きく、そのぶん発電のための温室効果ガス発生量は大きくなります。
では、買い換えるのが良いかとなると、古いものを廃棄するための諸々のコストがかかりますし、単純にゴミとなってしまえばそこに使われた資源の無駄ということに。しかもおかしな業者に処分を頼むと、不法投棄されちゃうかもしれない。

10年とか15年使い続けたもので、明らかに機能的にもエネルギー消費の面でも大きな差がある場合なら、まだ迷う度合いは少ないかもしれません。
それでも、「まだ使えるものを捨てる」ことには抵抗があります。あれこれ考えているうちに、「いまの最新機種と同等のものが、あと3年我慢すれば安くなるし」などという理屈も頭をもたげてきます(でも、その頃にはさらに優れた商品が出ているので、結局状況は変わらない)。

もちろん、平均的な製品寿命が切れるまで使用を続けることによる温室効果ガスの発生量と、廃棄にかかるそれとを算出し、比較することで合理的な判断が可能そうに思えます。
けれど、日常生活の中でそこまであれこれと考え、合理的に判断しているわけじゃありません。どちらかというと、「最近の冷蔵庫は長ネギがまるごと入れられる」「湿度をコントロールして快適に保てるエアコンなら暖房で乾燥しすぎない」など、新機能に関心があって買い換えたい、のですよね。それを省エネ性能が高いから...と正当化しようとしてるわけで。
豊かな社会に産まれた贅沢といえばそれまでなんですが。

6月に華々しく開業した東京メトロの副都心線、私もよく使っています。
ところで、この新路線の渋谷から小竹向原の全駅(池袋を除く)のホーム上で、auの携帯電話が使えないこと、ご存じでしたか?

正確には、サービスエリアを示すWEBページやカタログの片隅に小さく書かれている、次の一文がポイントです。

注1) こちらのエリアは以下のau電話・データ通信カードがご利用いただけます。
[au電話]INFOBAR 2、DRAPE、W6Xシリーズ、W56T、W55T、W54S、W54SA、W54T、Woooケータイ W53H、W53K、W53S、EXILIM ケータイ W53CA、W53T、W52CA、W52SH、W52H、ウォークマン・ケータイ W52S、W52SA、W47T
[データ通信カード(通話はご利用いただけません)] W05K

auの顧客サポートセンターに電話で問い合わせたところ、地下鉄副都心線に設置されている通信設備は、上記の「注」に該当するものであるとのこと。
これが一体何であるかについては、下記のサイトをご覧ください。

 800MHz帯周波数再編情報(携帯・PHS関連@Wiki)

さて、上記の中で一番型番の古そうな「W47T」の発売日が2006年12月です。すなわち、auのユーザーのうち、この1年半強のあいだに新規契約したか、あるいは機種変更を行ったかた以外は、現在副都心線の各駅では通話・通信ともにできていないことになります。
新たな地下鉄の駅がこれほどたくさんできることなど、東京ではそうそうないかもしれません。とはいえ、今後増えていくauのサービスエリアでは、同様のことが起こる可能性が高いといえるでしょう。

ひとつめの問題として、たった1年半ほど前の端末でさえ通話・通信が不能なエリアがあること(しかも、多くの人が利用することがわかりきっている地下鉄の駅です)を、既存ユーザーにしっかりと告知していないことがあります。
もちろん、上記の引用のように情報が全く隠されているわけではありません。ネットで少し検索すれば、どんなことが起こっているかは容易にわかります。
おそらく、広く公表すれば、実際の問題以上の騒ぎになることを恐れているのかと思いますが、あまりに消極的といえます。おそらく「まだアンテナがないんだね~」などと思っているユーザーは少なくないはず。

もうひとつの問題は、私がこの件について「メールでのお問い合わせ」にて質問をした際の、サポート担当者の対応ぶりです。
私は当初、上記の周波数再編についての情報を知りませんでしたので、アンテナが未設置なのかと思い質問を書き送ったのです。この際の回答は、「副都心線のあるエリアの幹線道路上は比較的良好である」「地下鉄駅は整備しているが、電波が不安定になることがある」というものでした。地下鉄のホームで圏外になると訴えているのに、その地上では良好であるというのはずいぶんと不思議な回答です。

一日経って、私は同じ駅のホームでauの端末を使って通話をしているひとを見かけました。3mも離れていないすぐ隣です。この件を追記して、私の使っている端末(W32H)だと受信性能が低いといった問題があり得るのかを問いました。
次に返ってきた答えでも、基地局については同じ内容を繰り返した上で、「auショップまで、点検・修理をご依頼ください」と、端末の故障であろうとの内容。

この段階で、不信感が強くなっていたため、ネットでの検索の結果上述した周波数再編についての情報を得ました。この件を書き加えて、私の端末が圏外となるのは、副都心線の駅に設置されている設備が旧機種には対応していないということではないか、という質問を再度送りました。
回答がふるっています。「EZweb閲覧やダウンロードが通常通りに行えない場合には」と、まるで見当はずれな仮定をした上で、電池パックを一度取り外してリセットすることで問題が解決する、というのです。これでダメなら、故障かもしれないので端末をショップに持ち込むようにと。
すばらしい。顧客がネットで問題の原因と思われる事柄を突き止め、その情報源まで示しているにもかかわらず、顧客の質問を全く別のものに読み替えてトンチンカンな回答を返してきたのです。
なお、この件に関しては並行して電話によるサポート窓口に確認したところ、ものの5分もかからずに周波数再編についての回答を得ました。

わかったことはみっつあります。
auのメールによる問い合わせ窓口には、PCや携帯電話で数分調べれば素人にもわかる程度の情報さえ、与えられていないこと。
問い合わせを受けて回答しているのは、顧客の問題を解決すべく訓練を受けた人員ではなく、マニュアルから近似した内容をコピーして送信するだけの、素人以下のスタッフであること。
問題解決の糸口を示されているにもかかわらず、主体的に情報を集めて適切な回答をすることは、彼/彼女らの業務には含まれておらず、推奨もされていないであろうということ。

結論として、つい最近まで「全国全エリアで顧客満足度No.1」を売り文句にしていたこの携帯電話サービス提供会社は、実際には顧客対応窓口への投資や権限の委譲、あるいは基礎的な情報提供さえ行っていないといえます。
要は何か答えておけばおけばいいのだろうという投げやりな姿勢、問題を解決できず顧客にストレスを与えているのが明白なのに適切な行動の取れない人員、これらはいずれもKDDIという会社が顧客サポートに求めている役割やサービス水準の低さと、投入している資源の少なさに起因しています。

やる気や意欲だけで仕事ができる人など少数です。社員や業者を動機づけるだけでは、効果は長持ちしません。
顧客サポートでいうならば、起こりうる問題とその原因、解決策に関する必要な情報を与える基盤、顧客への対応の統一化と教育、例外発生時の対応の標準化、そしてマニュアルを踏み越えて必要な判断のできる権限など、良い仕事ができる仕組みがあったこそ、従業員の意欲が生きるのではないでしょうか。
KDDIがどんな動機付けをしているのかは不明ですが、上記のような仕事を進める基盤が整備されていないことは明らかです。会社として顧客対応など重視していないことの表れといって間違いないでしょう。

私はこの7年間、auの携帯電話サービスにはおおむね満足していましたが、今回の対応によって信頼感は大きく殺がれました。遠隔地に住む母にも家族割でauの携帯電話を持たせている関係で、早急に他社への乗り換えはしにくい状態ですが、いずれ機会を見つけてそうするでしょう。
7年間不満もなく使い続けてきた顧客を自ら反対者に追いやってしまったのは、メールによる問い合わせ窓口の些細な不手際です。とはいえ、その背景には顧客軽視の姿勢が透けてみえます。貴重な反面教師といえるんじゃないかと思います。

最初に自分自身にクギを刺しておくと、今回あわててiPhoneを購入するつもりはありません。
理由は、「ソフトバンクが好きじゃないから」「auの家族割に遠隔地の母を人質に取られているから」「16GBじゃ不足なので、結局iPodを別に持ち歩くから」などなど。

それでも、「iPhoneいいかも」と思うのは、Appleが同時にスタートするサービス「MobileMe」のゆえ。
くわしくはAppleの解説サイトでビデオガイドを見てもらえると一目瞭然ですが、ようはWEB上のサーバをベースとしてPCやスマートフォンなどに情報を「プッシュ」することで、メールやコンタクト先、スケジュールなどを常に最新の状態に保つサービスです。
私は以前に、これをPCやPDA同志が定期的に無線通信で同期してくれないかな、と妄想していたことがあるのですが、Appleは私の妄想よりもずっとずっとスマートに、これを実現してくれたわけです(思えば、この妄想記事を書いてから4年で世の中はずいぶん変わったものです)。

先日、iPod touchを使っている妻から、「Google Calendarに登録しているスケジュールをiPodに同期して参照したい」と頼まれてちょっと調べたんですが、iCalを経由して実に簡単に同期できることがわかりました。
iCalからGoogle Calendarを参照に行き(公開していないカレンダーでも読みに行けるところが便利)、そのまま同期するだけで、あっけないほど簡単。この場合、あくまでデータの参照なので、iCalやiPodで追加や修正を行ってもGoogle Calenderには反映されませんが、妻は入力はすべてGoogleでやるので問題ないとのこと。
MacにiCalが標準でインストールされているからこそ簡単にできたことで、ここで「さて、OutlookとActiveSyncを買ってきて...」というハードルがあったなら、端からあきらめていたでしょう。

もちろん、私が使っているイーモバイルのEM・ONEでも、Outlookとのカレンダー等のデータ同期が簡単にできます。でも、OutlookはWindowsの標準アプリケーションではありません。
Google CalenderとEM・ONEとを同期させるにも、別途アプリケーションを探してきて設定する必要があります。
AppleとMicrosoftとでは事業領域も違い、置かれた環境も違いますから、一概に「Microsoftダメじゃん」とも言い切れないのはわかるのですが、Google Calenderと自宅のPCとiPod、という3つを連携させるための手順が、こうも圧倒的に違っているのは事実です。
ここにMobileMeというサービスが、手間なしのデータ同期手段を提供してしまっては、サービスパックひとつをあてるのに四苦八苦せざるをえないWindowsを我慢して使い続けるのが疑問に思えてきます。
もしかしたら、Macに乗り換えてiPod touchをPDAとして買っちゃう、なんていうのもアリかもしれません。

ここ数年、毎年行われている「100万人のキャンドルナイト」ですが、この夏は夏至に加えて、北海道洞爺湖サミットの初日でもある7月7日の夜にも照明を消す運動の呼びかけがありました。

普段はPCを使っている時間も長く(録画に使っているので、基本はスリープ状態で電源を切っていない)、ワインセラーなど家電製品も多いこともあって、地球温暖化の問題には常に後ろめたさを感じざるをえないわが家も、20時から22時のあいだ照明を消しました。
とはいえ、その間、星空を見上げながら夫婦で語っていたわけではなく(そもそも星空が見えない)、テレビを最小の明度にして録画してあった「朝比奈隆の芸術」を観ていたので、キャンペーン主旨から考えるとちょっと貢献度は微妙なところ。

昨夜はそれほど蒸し暑くなかったのも助かりました。窓を開けておけばそう不快ではないので、エアコンは切りっぱなしにできました。
この夏は室温が32℃を超えるくらいをエアコン使用の目処としているのですが、これまでのところ除湿が2回、冷房は一度1時間ほどにとどまっています。もっとも、これから先、本格的な夏を迎えると使用頻度は上がっちゃうでしょうね。
集合住宅にありがちな、窓と玄関を開けておいてもうまく空気が流れずに、外は比較的涼しい時間帯でも室内は蒸し暑いまま、という問題はなかなか解決できません(そのおかげで、冬の暖房はかなり控えめにできるのですが)。

まあそんなわけで、七夕の夜は早めに帰宅して19時半頃までに夕食を終え、照明を消しました。テレビは明度を最小に落とし、オーケストラの演奏風景ではちょうど良い感じの明るさに(わが家はもともとギラギラと明るい画面はきらいで、普段から明度は落としてます)。
電気使用量を減らすために、音もテレビから出します。AVアンプ経由でちゃんとしたスピーカで鳴らしたほうがずっと良いのですが(というより、わが家のテレビ内蔵スピーカではほとんどまともな音では聞こえません)、窓も開けっ放しで音量も絞っているので良しとしました。

ソースは上にも書いたとおり、早朝(というか、日曜の深夜ですね)に録画しておいた、「朝比奈隆の芸術」の第1回です。大阪フィルとの2000年の演奏から、ベートーヴェンの交響曲第3番、第5番、そして第7番。ずいぶんと一般ウケするというか、普段ならこれらを3曲続けては聴きませんよね(笑)。
私は朝比奈隆による演奏をあまりちゃんと聴いてこなかったこともあって、まあ3番が1時間弱、5番と7番が35~40分だから、2時間強で見終わると思っていました。19時半だったのでちょうど22時頃に鑑賞終了という予定です。
それがなんと、3番はもちろん1時間以上、5番も40分以上、そして7番が50分と、いずれも私の予想を大きく上回るゆったりとした演奏。スローな夜にスローなシンフォニーで、まさにスローライフになっちゃいました。正直にいうと、途中居眠りも。
3曲を聴き終えたのは22時40分ちかく。終わったら歯磨きしてさっさと寝てしまいましたので、たしかに省エネにはなったかもしれません。

演奏の好き嫌いは別として、たまに照明を落としてのんびりと音楽を聴くのも、またいいもんでした(ちなみに、土曜にあたった夏至の日にはやはり照明を消して、NHKで「フィガロの結婚」を観てました)。
普段使いたいときに電気を使い、それほど省エネについて思いをいたすこともなく暮らしているのですが、年に2度とか3度といわずに、もっと頻度多く意図的にエネルギー消費を抑える日を作るというのは良いかもしれません。

夕食を作るにあたって、せっかくなのでクイジナートのハンドブレンダーを使おう、と思い、考えついたのがこれです。
正確には、フードプロセッサとして使っただけなので、別にあの形じゃなくても良いんですけどね。

作り方は簡単です。
バジルの葉っぱを適量(今回は25~30枚くらい)洗って水切りしておき、煎った松の実(大さじ二つ分くらい)、ニンニク(小さいのふたかけ)、パルメザンチーズ(適当...たぶん大さじ2つから3つ)、オリーブオイル(結構入れたなあ...大さじ2つか3つ)を全部フードプロセッサでみじん切りにして混ぜ合わせるだけ。
あとはゆでたパスタと和えて完成。
今回は、和えるときにエビを一緒にしました。フライパンでやったので、パスタ投入の直前にジェノバソースと一緒にちょこっとだけ火を通します(というより、暖まればOKなくらい)。

市販のジャガイモのヴィシソワーズと一緒に、先週買ってきたロゼワインとともにいただきました。
ソースが作りたてで香りがしっかりとしていることもあって、レストランの味、という感じですよ。結構簡単な割にはおいしいので、一度おためしください。

...なんてタイトルをつけると、「MP3やAACでクラシックを聴いいて満足してる連中に、音楽なんてわかってたまるか!」みたいな論調になりそうですが、実はその反対です。
私のiPod(5.5Gの80GB)には128kbpsに圧縮されたAACのファイルがぎっしり。前のiPodを購入した直後にリッピングした一部のファイルが192kbpsのMP3になっている以外は、ほとんどすべてが128kbpsで圧縮されたファイルばかりです。

たしかに、圧縮音源よりも無圧縮のWAVファイル、もしくは可逆圧縮のファイルのほうがより良い音で聴けることは間違いないでしょう。いくら私の鈍感な耳でも、128kbpsのAACとCDをそのまま再生したのとでは、かなりの違いがあることはわかります
とはいえ、非圧縮のCDと128kbpsの圧縮データとの差はざっと9倍もあり、おおざっぱにいえば同じ容量のストレージに9分の1しか収録できません。

私はめんどくさがりなので、iPodのデータ管理に時間をかけるのは嫌です。ライブラリすべてを持ち歩いていたいと思えば、現状では128kbps程度で圧縮する以外に手段はありません。
たとえ圧縮音源であっても、イヤホンを高性能のものに替えることで、より良い環境環境を整えることも可能です。
いわば、128kbpsのAACファイルは、ベストではないけど私にとって現時点での最適解。

さて、いま私のiTunesフォルダにはおおよそ90GB程度の楽曲データがあります(つまりすでにiPodに入り切らなくなっている)。これらを仮に約半分になるAppleのロスレス圧縮データに置き換えた場合、5倍程度の500GB内外のデータ量になるはず。
ハードディスクはどんどんと低価格化していて、4TBのネットワークディスクも20万円もせずに買えます。となると、手持ちのCDをすべてiPod用の圧縮データと、自宅観賞用の高音質データとで二重に持つことも現実的になってきているといえます。
自宅での音楽鑑賞で音質を重視する場合でも、サーバ上の非圧縮音源をDLNAなどの規格で再生する、というのがそろそろ当たり前になるかも(iPodなどをスピーカにつないで再生するといったカジュアルな使い方なら、すでに当たり前でしょうし)。

このデータをWiFiやHSDPAなどの高速ワイヤレスネットワークで好きなときに読み出せるようになれば(まあ、多少のバッファは必要でしょうけど)、携帯プレーヤはデータ容量の呪縛から解放されます。さらにCD購入の認証が何らかの形でネットワーク上にもてれば、自宅サーバの必要さえないでしょう。
iPod touchが登場したとき、こんな妄想を書きましたが、ドコモが5月に「ポケットU」なるサービスを開始しました。ほとんどの動画や音声は3gpに変換が必要など、まだ制約は多く今のままでは使おうとは思えませんが、これがDLNAサーバのデータを(変換なしに)読めて、iPhoneのような高性能の端末から使えれば、かなり妄想に近い形態といえます。ソフトバンクさん、なんか考えてくれたら乗り換えますよ。いまのauには残念ながら期待しても無駄そうですし。

タイトルからはだいぶ離れて横道に来ちゃいました。
圧縮された音楽は、限られたメモリ容量の携帯プレーヤで持ち歩く場合の「最適解」だったわけですが、これはネットワーク経由で自宅サーバ(もしくはネットのストレージサービス)からデータを読み出して視聴する「最適解」ともいえます。
時間と場所と手荷物の制約を離れて、好きなときに手持ちのコンテンツが楽しめる世界、それはウォークマン以来の音楽鑑賞スタイルの進化のひとつの完成型ともいえるんじゃないでしょうか。
こうした世界が実現するのなら、多少音質が劣化するからと行って、それが何の問題なのか、と思うわけです(いや、問題なのだ! と思うかたがたくさんいても、それはそれで「最適解」の位置が違うだけなんでしょうけど)。

このアーカイブについて

このページには、2008年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年6月です。

次のアーカイブは2008年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja