ビジネスパーソンの「読書術」とは

| コメント(2) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

「週刊東洋経済」2008年6月21日号の特集、『最強の「読書術」』を読みました。
感想は、私が取る立場によって大きくふたつの方向に分かれます。

ひとつは、会社員として仕事を進める上での情報収集手段として本を読む立場です。ここに立ち止まっている限りにおいては、特集記事にはそれほどの違和感はありません。
おそらく「週刊東洋経済」の読者のほとんどはこの立場から記事を読んでいるのでしょう。ここでいう「読書」とは、仕事のために情報や手法を吸収するための手段に過ぎません。ものすごく乱暴な表現になりますが、「金儲けの手段としての読書」といえます。

違和感こそないものの、個人的には金儲けのために本を読むことは、決して得意ではありません。面白くもない本を勉強と称して読むのは昔から嫌でしょうがありませんでした。読書感想文を課せられると、どんな本でも灰色に見えるのと同じです。
こうした週刊誌の特集記事だけでなく、速読術や読書術の本が売れたり、その手のブログ記事が人気を博したりしているのを見ると、多くのビジネスパーソンや起業家およびその予備軍が必死になって「勉強」しているのが実感できます。勉強が好きで得意な人はともかく、嫌いな人たちは大変ですね。
仕事をする上での情報収集をサボるわけにもいかない会社員としての私は、こうした特集記事を否定しませんし、実際に似たような読み方もするのですが(事実、1時間もかけて読むのは単なる時間の無駄、という本もたくさんあるので)、どこかにひっかかりが残ります。

東洋経済の記事の中では、最初に登場する本田直之氏や3人目の佐藤優氏など、何の疑いもなく金儲けのために本を読み続けているようで、むしろうらやましささえ感じます。
本田氏などは、読書術で一山あてたと思ったら、時間術だの英語勉強法だのと良くやるわ、と感心します。立派な商人です(皮肉ではなく、本当に立派だと思います。ただしとうてい友人にはなれそうにありませんが)。
もちろん、雑誌に掲載された彼らの「読書」はほんの一面でしかない可能性はありますので、記事だけから判断してもいけないんでしょうけどね。

さて、本を読むもうひとつの立場は、もちろん仕事のためとか出世のためとか考えずに、ひたすら読むことを楽しむというものです。
この立場に立ってしまうと、この特集記事は気持ち悪さと居心地の悪さのあまり鳥肌が立つ代物とさえいえます。

書いてある内容が何であれ、読んでいる時間を純粋に楽しめるのが読書。
もちろん、書店で見かけてから実際に読むまでの時間や、読後の疲労と満足感のあい混じった気分、そして時間が経ってから残るフレーズや光景やアイディアなど、すべてのプロセスにも読書の楽しみはあります。
仕事のためにひたすら効率を追い求める「読書」は、こうした楽しみ方を捨て去って成立しているものです。雑誌に登場する齋藤孝氏などは、「人間力を鍛える読書」にも3色ボールペンなどという「情報管理技法」を持ち込んでしまう。それは効率的かもしれないけれど、趣味や楽しみに効率やテクニックを持ち込んでしまうことは、本好きとしての私には耐えがたいことです。だいたいにおいて「よーっし、本を読んで人間力を鍛えるぞうっ」などと気合いを入れているひとなんて、個人的にはおつきあいしたくありません。
ボールペンを片手にニーチェを読むなんて、何をそんなにがっついてるんだか、と考えてしまう私は、本読みとしてはかなり保守的で頑固なほうなのでしょう。

単純化してしまうと、金を稼いで資産を増やすための投資活動としての読書と、時間と小遣いの消費活動としての読書との間には、とてつもなく大きな断層があります。
最近は本を読むことの大切さが強調されることが多いように感じられますが、いささか前者が強すぎるように、私には感じられます。「読書」などという、時間と金の無駄でさして役にも立たない割にはやたらと理屈っぽく湿っぽい人間を作り出してしまう、けれど(だからこそ?)私がこよなく愛する行為を、投資だのレバレッジだの3色ボールペンだのくだらないもので飾り付けるんじゃないよ、と思う。

東洋経済の記事によれば、親が読書に親しんでいればその子も読書好きになる確率が高いそうですが、親の「読書」が消費ではなく投資一辺倒だったとき、その子は本を楽しいものと感じるでしょうか? それって、学校の勉強と変わらないのでは?
読むきっかけが仕事上の焦りや将来への恐怖でああったとしても、読むことそのものへの愛情が生まれなければ、長続きはしないでしょう。部長になった途端に勉強をやめちゃうだけ。
その意味からは、速読術やフォトリーディング、3色ボールペンなどのテクニックを示すのは、雑誌を売る、ノウハウ本を売るという商売としては理解できても、ものすごく短期的な付け焼き刃に過ぎないようにしか思えません。本来は子供に対するのと同じで、本を読んで新たな知識を得ること、新たな価値観や世界観に触れることの楽しさを、伝えるべきなのではないでしょうか。記事に登場したかたがたや、紹介されたブログの書き手からも、そうした観点での発言を引き出すことは、決して不可能ではなかったはずです。

結論としては、この特集記事は雑誌の寿命と同じく、せいぜい1週間しかもたない、蜻蛉のような存在であったというべきかもしれません。

短時間で検索をしてみたところ、読書が「自己投資」のためのものとして語られることの多さに疑問を呈している記事が見つかりました。
「自分がマイノリティなのか、マジョリティなのか。。。(改行)気になるところです。」とのことですが、「自己投資」のためにしか本が読めないひとは短期間で本を読まなくなるでしょう(きっと自分が満足する程度まで出世したり、稼ぎが増えたりしたら面倒なことはやめちゃうでしょ)。なので、人生80年で考えれば、ひたすら楽しんで読むひとのほうが、マジョリティだと私は思いますよ。

 「読書術って。。。」(乱読日記)

※ トラックバックしようとしたら、受け付けてませんでした...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/819

コメント(2)

ものすごくご無沙汰しています、Vins-Tです。

>読書術
 ビジネス書なんかを読んでなんとか術って言ってる人の多くは、実際にはそれを生かしているというよりも、読んでいる時間を楽しんでいるというか酔っているというか、そういうことが多いんじゃないですかね。多色ボールペンで線引きながらだと、なんかすごく知的作業をした気になる、的な。正直、そのTodoメモしてる間に終わるだろ的な。
 生来の本好きには、ちょっと違和感のある時代なのかもしれませんね。

ご無沙汰です

たしかに、「将来のためになんかしなくちゃ」という気持ちが「何とか術」を読むだけで満たされちゃう、というのはあるかも。

私も仕事のために本を読むことがない訳じゃないので、全面否定するつもりはないんですが、どちらも同じように「読書」とくくられると、どうも居心地が悪くなるのです。

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月24日 20:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イタリア・スポレート歌劇場「チェネレントラ」」です。

次のブログ記事は「Soundview Executive Book Summariesとはどんなものか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja