イタリア・スポレート歌劇場「チェネレントラ」

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

金曜の夕方からのオペラ鑑賞でしたので、まず問題は開演に間に合うこと。
会社をジャスト定刻に出て電車に伸び乗り、なんとか軽食を取って開演前に席に着くことができました。私よりも少し通勤時間の長い妻は、残念ながら空腹での第一幕に。

演目はロッシーニの「チェネレントラ」、ただし会場となったホールの宣伝用バナーには「シンデレラ(チェネレントラ)」となっていました。このほうがお客が多くなると踏んだのでしょうか。ディズニー映画の内容を期待されて、逆効果じゃないかと思うんですが。
第一幕の開始直前で、会場は7分の入りといったところ。中央ブロックの4~5列目でさえ空席が目立ちます。今頃イライラしながら電車に揺られているのか、しつこい上司に心の中で悪態をついているのか...

私が行ったのは、東京文化会館などのメインの会場ではありませんでした。S席で13,000円という高コストパフォーマンスです。
もとよりバルチェッローナもシラグーザも登場予定のない回でしたので、来日直前になっての怪我によるバルチェッローナのキャンセルは影響ありません。他の会場では払い戻しなどもあったようですが、たしかに特定の歌手目当てならば気持ちはわからないでもありません。
とはいえ、それならソロリサイタルを聴きに行けばいいのであって、歌手一人でステージの価値が決まるわけでもないでしょうに、とも思います。

初めての会場でしたが、ついて最初に思ったのは「オーケストラピットが小さい!」でした。
まあ、あまり大人数のオケが入っても歌とのバランスが崩れてしまうでしょうけど、たかだか20人程度しか入りそうにないピットには少々不安を感じざるをえませんでした。
不安はある程度あたっていて、どうしても弦の音が管にかき消されてしまったり、その管がときおりとちったりとオーケストラに関しては決して高水準とはいえない演奏であったといわざるをえません。

とはいえ、オペラの場合は演奏会とは違って、歌を楽しめるかどうか、舞台が楽しめるかどうかのほうが重要です。
その点では、ダンティーニ、ドン・マニフィコあたりの重要な脇役がしっかりと歌える人たちだったので、次第にオケの弱さは気にならなくなっていきました(このオペラの場合、この二人がしっかりしていればだいたいうまくいくように思います)。主役のチェネレントラも出だした固かったのか、声の通りが悪かったように感じられましたが、後半は見違えるように。もしかしたら力を温存していたのかと勘ぐりたくなるほど。
王子が少々弱かったのが残念でしたが(というか、直前に「クラシカ・ジャパン」で録画しておいたフローレスで予習したのがいけなかった)、全体としては満足の行く水準でした。もちろん、チケットが安いというのもありますが。

私はこのオペラ、どうも終盤の展開がかったるく感じられるのですが(最後の披露宴のシーンはまるごと要らないんじゃ? と思ってしまう。お説教臭いし、チェネレントラが偽善っぽいしね)、実演で観ると、テレビ鑑賞よりもずっと引き締まって感じられました。テレビではそれほど集中していないということの表れかも。
音のバランスがしっかり取られていて、歌もしっかりと聞こえるテレビ鑑賞も良いのですが、実演の迫力にはかないませんね。

さて、歌手陣の中でのMVPはなんといってもダンディーニ役のオマール・モンタナーリでした。カーテンコールでの拍手ももちろんひときわ大きく、この舞台の満足感の半分くらいは彼の功績といって良かったかも。
終演後も自宅まではすぐ近くでしたから、3時間弱の演奏時間が全く苦にならなかったのも大きいですね。心にゆとりがあると音楽を楽しめる度合いも違います。
椅子の座り心地が悪く、翌日の夜まで背中が痛かったのが最大の問題だったかも。次の機会があったらクッション持参しようかな。

<2008.6.26追記>
トラックバックが一件届きましたが、当記事への言及を全く含まないものでしたので、私の基準により削除しました。
同じ「チェネレントラ」公演についての評でしたので多少迷ったのですが、まったく言及のないトラックバックでは単なる宣伝と同じですので。あしからず。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/817

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月23日 18:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「フルーツゼリーパンケーキ」です。

次のブログ記事は「ビジネスパーソンの「読書術」とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja