ワインセラーがやってきた!

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

前日までの雨が上がって久しぶりに行楽日和の日曜となった6月1日、一日がかりの模様替えは午前9時頃から午後6時まで、断続的に9時間をかけてなんとか終了しました。

模様替えのきっかけとなったのは、この日やってきたワインセラーです。
デパートからワイン関連イベントの案内が来ると、いそいそと午前中からでかけてはたっぷりと試飲を楽しむのですが、そこは小心者なので飲むだけ飲んで帰るということもできず、だいたいは何本かを買うことになります。
だいたい、12本までは送料が同じなので、それじゃあとばかりにギリギリまで買ってしまうのは貧乏根性の表れでしょうか。いずれにせよ、飲むスピードよりも買うスピードが速くなってしまい、この冬で60本近くのワインが家に転がっている有様。

平均すれば2~3000円のワインばかりなので、全部飲んじゃえばいいのですが、結婚年のワインを見つける都度買ったり、上記のイベントでも一本くらいは値段の高いのを買うこともあります。少し高めのものは、誕生日とか記念日に開けたいと思えば、結局自宅である程度の期間は保管せざるをえません。
自宅で一夏置いちゃダメだよ、と言われたこともあったので、梅雨入り前には決着をつけようとサクラの咲く頃から本格的に検討を始め、4月の終わりには発注をしました。納期が少しかかってしまい、約1ヶ月後の日曜日にようやく到着。何とか入梅に間に合いました。

購入したのは「フォルスタージャパン」の70本収納可能なタイプ。ガラス扉は見栄えがよい一方で消費電力が跳ね上がるので(値段も多少)、扉タイプのものです。
冷静に考えれば、セラーに保管したいワインは10本程度なので、コンパクトな12~18本収納のタイプにしておけば良さそうなものです。とはいえ、3000円くらいのものでも買ってきてその場で飲むわけではないし、夏場の東京で室内に置いておけばまずくなるのは必至。
30本を超えると背が高くなるだけで、設置面積はそれほど変わらないこともあって「大は小を兼ねる」という結論に達したわけです。
ワインセラーの値段はピンキリですが、ネットで調べてみると安いものは安いなりの品質だという情報が多く、失敗しても捨てたり買い換えたりというのが簡単ではない(処分料もかかりますしね)ので、定評あるものにしておきました。

さて、東京にいれば実に多くのワインショップがあります。
飲みたいときに、ショップでしっかりと保管されていたものを買ってくれば良く、自宅でセラーを持つ必要なんかない、という考え方もあるでしょう。
一方で、思い立ったときにすぐ買いに行けるわけでもないし、上に書いたように結婚年のワインを記念日に、等といったときに確実に店頭在庫があるとは限りません。行きつけのレストランで、記念日に必ず予約を入れておいて...というライフスタイルでもないですしね。
収納本数の考え方はいろいろあるでしょうが、気に入ったものを自宅に置いておき、好きなときに飲めるようにしておける自宅セラーは、やはり便利じゃないでしょうか。
そんなこんなで、わが家には小振りな冷蔵庫サイズのセラーが居座ることとなりました。

配送のかたが設置後、1時間ほどおいてから電源を入れておいたところ、3時間ほど後には庫内温度が12~13℃を指すようになりました。
奥の部屋からワインを運び、ホコリをはらって収めます。買ったときの値段を忘れないよう、上部にカラーシールを貼り付けました(ちとセコいですが)。改めて全体を見ると、3000円くらいのワインが多いのに気がつきました。
店頭で試飲するとけっこうおいしくて、値段的にもそれほど抵抗がなく買えるのですが、いざ飲もうとするとデイリーにするにはちょっともったいないし、かといって記念日に開けるほどでもない、ということで残っちゃうのですね。逆に2000円くらいまでのワインは普段の食事で飲んじゃうので、かなり回転していてそれほどたくさんはありません。
これからは、気軽に開けられる2000円くらいまでと、がんばって(?)飲む5000円以上にはっきりと目的別に買ったほうが良いかもしれません。

さて、ワインセラー到着記念はもちろんワインを開けて祝ったのですが、室内に置いてあったものは少し温度が上がってしまっていたので、近いうちに飲もうと冷蔵庫に移してあった安いのを飲むことになっちゃいました。残念。
ワインのお供は、スーパーで特売になっていた牛肉を見つけたので、タマネギとマッシュルームを追加してビーフストロガノフにしました。味付けを考えるのが面倒だったので、今回は手抜きして市販のルーを使いました。タマネギを2倍にした以外は箱のレシピ通りに作って所要時間は1時間弱。もちろん、普通においしかったですよ。しかも簡単で、ワインにもあったし。

模様替えは食器棚の移動もあって、中身を出してしまってとけっこう面倒でしたが、なんとか日のあるうちに終わって良かった。
あまり高カロリー、高アルコールの食生活はよろしくないのですが、適度に楽しもうかと。とりあえず健康診断を乗り切ってからにしないといけませんが...

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/811

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月11日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一期一会であることの尊さ ~ P・ヤルヴィ指揮、フランクフルト放送交響楽団演奏会」です。

次のブログ記事は「パンケーキ ブルーベリークリーム乗せ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja