クイジナートのハンドブレンダーを久しぶりに使う

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

本日は連投です。

アクセスログに出てくる検索語を見ていると、「クイジナートのハンドブレンダー」が意外に多いのですね。購入を検討している方が結構いるのでしょうか。
シチューを作った際に使って以来、フードプロセッサや泡立て器の代わりには使っているのですが、ブレンダー自体は動かしていませんでした。

そこで、今日の夕食にはカボチャの冷製スープを作ることに。
非常に簡単な作り方で、カボチャを適当に切ってレンジでチン、柔らかくなったところに他の材料を入れてブレンダーでつぶしながら混ぜるだけ。できあがったら冷蔵庫で冷やして完成です。
レシピは少し前に買った本、「クイーン・アリスの永久保存レシピ (別冊家庭画報)」に載っているものです。各材料の分量などはレシピ本を見ていただくとして、カボチャの他には砂糖、塩、牛乳、水、生クリームだけと至って簡単です。
本来はできあがったあとで裏ごしすればなめらかになったのでしょうが、多少カボチャの粒が残った状態も結構良いですよ。

なお、夕食のメインは同じ本の108ページに掲載されている「豚バラ肉の煮込み」です。
煮込み料理といっても、材料を耐熱容器に入れて1時間ほど電子レンジに入れておくだけ。下ごしらえは30分ほどかかりますが、あとは至って簡単。勝手においしくなってくれます。

このレシピブック、全ての料理のカラー写真が添えられていて、どれをとってもとてもおいしそうです。下ごしらえのテクニックなんかも紹介されていて、全てをその通りに実践するわけではないのですが、かなり参考になります。
こうしたレシピの多くは、オーブンが前提になっていたりするものですが、そればかりではなく手軽に試せるものが多いのも魅力です(手軽ではありますが、どれも本格的な料理ですので、家族に受けること確実です)。

週末の午後に自宅でゆっくりと、レシピブックを眺めながら夕食のメニューとあわせるワインを考えるのも、なかなか快適で気持ちの良い休日の過ごし方だと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/809

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月 8日 21:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「記憶なんてアテにならないもの ~ 初めて聞いたマーラー2番は、シカゴじゃなくロンドン」です。

次のブログ記事は「一期一会であることの尊さ ~ P・ヤルヴィ指揮、フランクフルト放送交響楽団演奏会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja