一期一会であることの尊さ ~ P・ヤルヴィ指揮、フランクフルト放送交響楽団演奏会

| コメント(0) | トラックバック(0)
【大切なお知らせ】 このブログは、サーバのMovable Type不調のため、WordPressによる運営に移行しました。
変更後のブログはこちらです。過去の記事はすべて移動済みですので、新ブログのほうをご覧いただければ幸いです。

冒頭からいきなり演奏会の話題じゃないのですが、このオーケストラ、本当は「Das hr-Sinfonieorchester(hr交響楽団?)」というのですな。
この名前じゃ、どこの楽団なんだかわかりにくいので、「昔の名前で出ています」ということでしょうか。

さて、私が行ったのは6月7日(土)に横浜のみなとみらい大ホールで行われた、パーヴォ・ヤルヴィ指揮によるフランクフルト放送交響楽団の演奏会、ブラームス交響曲全曲演奏の初日です。第2番と第4番のほう。
日曜日の演奏会とだいぶ迷ったんですが、横浜まででかけて行くには、土曜日の方が良かろうということで選びました。3番よりは2番が好きでしたし。
5月も半ばを過ぎてから「なんか演奏会にでも行ってみようか」と動き始めたため、エレーヌ・グリモーとのベートーヴェンピアノ協奏曲第5番、CD発売したばかりのブルックナー交響曲第7番という、サントリーホールには間に合いませんでした。残念(きっと当日券もあったのでしょうけど)。

チケットを買ってからは、毎日の通勤時間はブラームスのヘビーローテーションにより予習を続けました。聴いたのは、ベーム、バリビローリ、ボールト、ヴァント、ベルグルンド、シャイーなど。
こうして毎日のように整えられたCDの(正確にはCDからリッピングしたAACの)音を聴いて過ごしたのは、あとで書くようにちょっと失敗だったかもしれません。
それでも、当日までには曲の流れや特長はほぼつかんだ状態には、なることができました。

もともとブラームスは、聴いていて不快ではないけど、ものすごく好きなわけじゃない、という位置づけの作曲家でした。
なんていうか、反ワーグナーの代表格にされちゃったとか、良く見かける髭面の肖像のイメージもあって、「頭の固い守旧派のじいさん」的な印象があるじゃないですか(私だけですか?)。クララとの仲がどうだったのかはわからないけど、結局独身だし。
中学校の頃に受けたそんなイメージが先行してしまい、あまり真剣に聴いてなかったのです。
最近になって、交響曲や協奏曲を中心に、ようやくちゃんと聴き始め、聴いてみるとかっちりとした構成の上のメロディの美しさや楽器の使い分け、音の受け渡しの巧みさなどの魅力がなんとなくわかってきたところ。
生の演奏に触れることで、ようやくきっかけができたブラームスとの仲を少し進展させられる(笑)のではないか、という期待もありました。

さて、上の方でCDを聴き続けたのは失敗だったかも、と書きました。
コンサートホールは久しぶりでしたし、席も直前に買ったのでA席の後方左側、それほど音響面では有利な場所ではなかったこともあって、バランス良く整えられたディスクの音に慣れきっていた私の耳には、最初のうちどうも違和感が残り続けました。
弦楽器と金管、木管とのバランスがときおり崩れて聞こえるように感じられるし、個々の音が突出しすぎる(視覚的に演奏者が見えているからというのもあります)ようでもあり、「あれれ、生演奏ってこんな感じだったっけか?」と軽いパニック。
おかげで前半の第4番の第1楽章は、こちらが調整しきれないままに終わってしまったように思います。席の問題から、思っていたよりも音が小さくしか聞こえなかったのも要因だったかもしれません。

それでも、曲の後半に進むにつれて、個々の要素を楽しみながら全体をとらえられるようになってきました。なんとか耳のほうも順応したみたいです。
第4番の後半はあまり感情過多にならず、抑え気味ながらしっかりと抑揚もある演奏は、奇をてらわず思いの外オーソドックスなものであったように感じられました。これはまあ、私の好みに合致していたから、ということなのかもしれません(ブラームスかくあるべし、という定見が私にあるわけではないので)。

プログラムの後半が第2番であることについては、当初「何でだよ、やっぱり4番があとだろ」などと思っていたのですが、これは大間違い。
後半の第2番は前半を上回る好演だったように感じられました。しっかりとそろって美しい音色の弦楽器がフルに活躍していましたし、管楽器も(ミスなしとは行きませんでしたが)最終楽章のラストに向かってどんどんとパワーを上げてきたよう。第2楽章の美しさも、第4楽章の大団円も、すべてを堪能できました。
たしかにこの順で聴くと、後半が第2番のほうがスッキリと終わりますし、プログラムとしては正解なのでしょうね。

さて、今回はA席で12,000円でしたが、この値段って最近の安くなったCDだと10枚分にもなる値段です。今回は二人で聴いたので、24,000円。たしかに安くはありません。
でも、演奏会はCDと違って再現のできないもの(収録されてCDになることも、あるでしょうけど)。オーケストラのメンバーも、指揮者も、才能に恵まれ努力も怠らずに成功を収めた演奏家が、ほんの2000人ほどのために演奏を披露してくれる一期一会の場といえるわけです。そう考えると、CDやiPodで1人で音楽を聴くのとは、異質の体験といわなければなりません。
演奏そのものだけでなく、会場の雰囲気や鑑賞側の姿勢など、二度と再現のできないその場限りの演奏会だからこそ、満足できるものだったときの感動は忘れがたいものになります。
久しぶりのコンサートで少しとまどいもありましたが、非常に満足の行く演奏会でした。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://dmate.world.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/810

コメントする

このブログ記事について

このページは、d-mateが2008年6月 9日 19:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「クイジナートのハンドブレンダーを久しぶりに使う」です。

次のブログ記事は「ワインセラーがやってきた!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja